検索 - みる会図書館

検索対象: 相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのかから 266件ヒットしました。

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


論 考 井 上 雅 人 現 在 、 階 層 化 が 進 み 、 格 差 が 生 ま れ て い る と も 指 摘 さ れ る 。 格 差 が 生 ま れ る の は 、 個 性 を 発 揮 で き た 結 果 で は な い か と い う 考 え 方 も あ ろ う 。 し か し 、 格 差 を 生 み 出 す 「 個 性 」 は 資 産 を 生 む 「 個 性 」 で あ り 、 資 産 を 生 ま な い 「 個 性 」 は 存 立 が 怪 し く な っ て い る 。 「 個 性 」 が 、 一 つ の 尺 度 で 計 ら れ つ つ あ る よ う で も あ る 。 そ う い っ た 状 態 は 、 社 会 全 体 、 あ る い は 世 界 全 体 が 、 階 級 章 だ け を 違 え た 制 服 を 着 て い る に 等 し い だ ろ う 。 む し ろ 身 体 は 地 域 差 や 性 差 を 失 い 、 す べ て の 空 間 は 均 質 化 に 向 か っ て い る と 考 え た 方 が よ さ そ う だ 。 も ち ろ ん 、 均 質 化 、 つ ま り 平 等 化 が 悪 い こ と で は な い と い う こ と は 、 こ れ ま で 見 て き た 通 り で も あ る 。 社 会 や 世 界 の 全 員 が 、 ま っ た く 同 じ 生 活 を 送 り 、 な お か っ 幸 福 感 に 満 た さ れ る こ と は 、 革 命 以 来 の 「 平 等 」 が 目 標 と し て き た 究 極 の 理 想 な の だ 。 あ ら た め て 、 こ の 200 年 程 度 の フ ァ ッ シ ョ ン の 歴 史 を 考 え る と 、 低 価 格 で 同 じ 商 品 を 世 界 中 に 展 開 す る フ ァ ス ト フ ァ ッ シ ョ ン は 、 工 業 生 産 品 と し て の 衣 服 の 大 量 生 産 と い う 夢 、 し か も モ ダ ン ・ デ ザ イ ン 思 想 を 十 分 に 汲 ん だ 夢 の 、 一 つ の 到 達 点 と 言 え る 。 ナ ポ レ オ ン の 軍 服 と は 違 っ て い て も 、 「 平 等 」 の 極 み で は あ る 。 フ ァ ス ト フ ァ ッ シ ョ ン と ブ ラ ン ド バ ッ グ の 関 係 を 、 制 服 と 階 級 章 の 関 係 に な ぞ ら え る こ と も で き る だ ろ う 。 4 制 服 化 す る 世 界 の な か で 102

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


論 考 平 芳 裕 子 と 生 み 出 さ れ る レ デ ィ ス ・ コ レ ク シ ョ ン の 速 度 と 異 な り 、 多 く は ス ー ツ の ヴ ァ リ エ ー シ ョ ン で し か な い 。 「 レ デ ィ ス ・ コ レ ク シ ョ ン と 「 メ ン ズ ・ コ レ ク シ ョ ン 」 の 枠 組 み は む し ろ 強 化 さ れ た と さ え 言 え る だ ろ う 。 流 行 に 身 を 包 む 女 性 と ス ー ツ を 着 続 け る 男 性 。 こ の 構 図 は 四 世 紀 ほ ど 堅 固 で は な い に し ろ 、 い ま だ に 健 在 だ 。 △ フ も フ ァ ッ シ ョ ン は レ デ ィ ス と メ ン ズ に 分 か れ た 世 界 各 地 の コ レ ク シ ョ ン に 基 づ い て 、 毎 年 更 新 さ れ て い く 。 そ の よ う な 産 業 構 造 や 流 行 の サ イ ク ル に 依 拠 す る こ と の な い 、 芸 術 的 活 動 と し て の 服 作 り を 追 求 す る 試 み も 盛 ん に は な っ た 。 し か し 制 度 か ら 容 易 く 外 れ る の で は な く 、 「 男 性 的 ー な フ ァ ッ シ ョ ン や 「 女 性 的 」 な フ ァ ッ シ ョ ン を 生 産 し 続 け る 制 度 と し て の フ ァ ッ シ ョ ン シ ス テ ム そ れ 自 体 を 問 う こ と 。 そ れ は 既 存 の 「 男 性 性 」 「 女 性 性 」 の イ メ ー ジ を 再 生 産 す る の で は な く 、 男 性 服 と 女 性 服 の 構 成 要 素 を 作 り 直 し 、 時 に は 相 互 の 要 素 を 組 み 替 え 、 制 度 そ の も の を 露 呈 さ せ る こ と で あ る 。 透 明 な も の と し て 存 在 す る コ ー ド に ず れ が 生 じ た と き に 初 め て 、 私 た ち は フ ァ ッ シ ョ ン が 作 り 出 す 「 女 ら し さ 」 と 「 男 ら し さ 」 の 仮 面 に 、 は か ら ず も 全 幅 の 信 頼 を 置 い て い た こ と に 気 づ か さ れ る 。 し か し な が ら コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の 内 在 的 問 い か け が 意 義 を 持 ち 続 け る の は 、 そ れ が 歴 史 的 に 構 築 さ れ て き た 「 制 度 」 と し て の フ ァ ッ シ ョ ン だ け で は な く 、 衣 服 自 体 が 孕 む 根 源 的 な 問 題 を 突 い て い る か ら だ 。 布 を 切 り 込 む こ と が 性 を 分 か っ こ と で あ る な ら ば 、 布 を 縫 い 合 わ せ て 衣 服 に 仕 立 て る と は 常 に 男 性 服 を 作 り 、 女 性 服 を 作 る 行 為 で あ る 。 西 洋 の 衣 服 制 作 は 、 身 体 に フ ィ ッ ト す る 裁 断 と 縫 製 の 技 術 を 発 展 さ せ る こ と に よ っ て 、 時 代 に よ っ て 男 性 服 と 女 性 服 の 差 異 を 狭 め た り 広 げ た り 166

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


論 考 井 上 雅 人 こ の 文 章 を 読 む か ぎ り 、 吉 本 は 衣 服 を 「 制 服 」 と 「 フ ァ ッ シ ョ ン 」 と い う ニ 項 対 立 で 捉 え て い た よ う だ 。 そ れ は 前 述 の よ う な 、 「 平 等 」 と 「 自 由 」 と い う 考 え に も 近 い が 、 フ ァ ッ シ ョ ン と は 押 し 付 け ら れ た 「 制 服 」 を 個 人 レ ベ ル で 切 り 崩 す こ と と い っ た よ う な 、 フ ァ ッ シ ョ ン を 「 個 性 ー と の み 同 一 視 す る よ う な 定 義 に は 、 こ の と き す で に 限 界 が 見 え て い た 。 「 み ゆ き 族 」 の ヴ ァ ン に し て も 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン を は じ め と す る a O ブ ラ ン ド の プ レ タ ポ ル テ に し て も 、 あ る い は 暴 走 族 の 特 攻 服 に し て も 、 消 費 社 会 の な か の フ ァ ッ シ ョ ン は 、 消 費 者 と し て の 若 者 た ち が 、 自 分 た ち の 「 制 服 」 を 望 ん だ 成 果 で も あ っ た か ら だ 。 現 に コ ム デ ギ ャ ル ソ ン や ワ イ ズ を 着 た 若 い 女 性 た ち は 、 「 カ ラ ス 族 」 と 命 名 さ れ 、 集 団 と し て 認 識 さ れ る こ と に な っ た 。 吉 本 の 捉 え 方 で は 、 高 田 賢 三 の よ う に プ レ タ ポ ル テ と は 何 か を 掴 む こ と は で き な か っ た で あ ろ 一 つ 。 た だ 興 味 深 い の は 、 吉 本 が こ の 記 事 を き っ か け に し て 起 き た 、 埴 谷 雄 高 と の 、 い わ ゆ る 「 コ れ な か っ た あ の 戦 争 時 代 に は 、 男 性 に は 二 種 類 く ら い の 国 民 服 が 制 定 さ れ 、 女 性 は モ ン ペ 姿 が 唯 一 の 晴 れ 着 で あ り 、 作 業 衣 服 で あ り 、 ふ だ ん 着 だ っ た 。 女 性 た ち は わ す か に 生 地 の 模 様 を 変 化 さ せ る く ら い が フ ァ ッ シ ョ ン 感 覚 の 解 放 に あ た っ て い た 。 統 制 と 管 理 と 、 そ れ に た い す る 絶 対 の 服 従 が 必 要 な 権 力 に と っ て は 、 制 服 は 服 従 の 快 い 象 徴 に み え る し 、 フ ァ ッ シ ョ ン は い わ ば 秩 序 を 乱 す 象 徴 と し て 、 い ち ば ん 忌 み 嫌 わ れ る も の だ っ た 。 ( 吉 本 隆 明 「 フ ァ ッ シ ョ ン 」 『 ア ン ア ン 』 4 4 6 号 、 19 8 4 年 、 富 頁 ) 8

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


サ ー チ し 、 そ れ に 基 づ い て 作 成 し た プ ロ グ 川 久 保 玲 」 「 ラ グ ジ ュ ア リ ー ペ シ ャ ル ) お よ び 「 今 美 の 変 革 者 が 語 り 始 め た フ ァ ッ シ ョ ン デ サ イ ナ ー 川 久 保 玲 フ ァ ッ シ ョ ン の 欲 望 」 京 都 服 飾 文 化 研 究 財 ラ ム を 「 平 面 プ ラ ン ( 図 式 ) 」 に 反 映 さ せ て い く 姿 勢 の こ と で あ り 、 そ の 結 果 と し て の 世 界 」 ( ハ イ ビ ジ ョ ン ス ペ シ ャ ル ) の 内 団 ( 2009 ) 、 名 . 一 8 ・ 20 容 を 書 籍 化 し た も の 。 川 久 保 玲 の イ ン タ 年 お よ び 2010 年 に 開 催 さ れ 「 衣 服 」 や 「 建 築 」 の か た ち が 立 ち 上 が る ビ ュ ー や 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 関 係 者 お よ た 「 ラ グ ジ ュ ア リ ー フ ァ ッ シ ョ ン の 欲 望 」 と い う 制 作 手 法 の こ と で あ る 。 ( ぜ い た び 、 バ イ ヤ ー 、 ジ ャ ー ナ リ ス ト 、 デ ザ イ ナ ー 展 の 主 題 で あ る 「 ラ グ ジ ュ ア リ ー 2 平 芳 裕 子 「 抵 抗 す る 衣 服 、 あ る い は 未 と い っ た フ ァ ッ シ ョ ン 業 界 人 か ら の コ メ ン く ) 」 と の 関 係 か ら 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン に つ い て 考 察 し た 論 考 。 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 熟 な 身 体 コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン の セ ク シ ュ ト な ど が ふ ん だ ん に 掲 載 さ れ て い る 。 に お け る 「 ラ グ ジ ュ ア リ ー 」 と は 、 「 豊 か さ 」 ア リ テ ィ 」 小 林 康 夫 ・ 松 浦 寿 輝 編 表 象 の ア 能 澤 慧 子 『 ニ 十 世 紀 モ ー ド 肉 体 の 解 で も な く 、 「 差 異 」 の 戯 れ で も な く 、 む し デ ィ ス ク ー ル ③ 身 体 皮 膚 の 修 辞 学 」 東 ろ そ れ ら に 迎 合 す る こ と な く 、 自 ら が 「 意 京 大 学 出 版 会 ( 2000 ) 、 . 一 99 ・ 222 放 と 表 出 」 講 談 社 ( 1994 ) 「 社 会 に お け る モ ー ド の 意 味 に 変 革 を も た 味 の 生 産 者 」 で あ り 続 け ら れ る よ う な 衣 服 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン に お け る 「 女 」 の 問 題 に つ い て 、 「 こ ぶ ド レ ス 」 ( 年 春 夏 コ レ ク ら し た 現 象 や 人 物 、 ス タ イ ル 」 に 焦 点 を 絞 っ を 創 造 す る こ と に 見 出 す こ と が で き る 。 て ま と め た 世 紀 モ ー ド 史 の 本 。 川 久 保 玲 「 形 ( 構 成 、 パ タ ー ン ) と 生 地 ( マ テ リ ア シ ョ ン ) に お け る 「 こ ぶ 」 を 中 心 に 論 が 展 ル ) に お い て 決 し て 同 じ も の が 繰 り 返 さ れ 開 さ れ て い る 。 に つ い て は 、 第 6 章 の 一 節 「 貧 し さ の 美 学 と 川 久 保 玲 」 ( 00.243 ・ 254 ) に お い て 、 シ ャ な い 、 し か も そ の 川 久 保 か ら の プ ロ ポ ー ザ 「 コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン の 衣 服 の ほ っ れ 、 ル を 受 け て 「 自 分 」 ( 着 る も の ) が 現 実 の 個 々 ほ こ ろ び 、 ほ ろ 、 穴 、 皺 、 突 起 、 不 均 衡 な ネ ル 以 後 の 「 イ ク ス ペ ン シ ヴ リ ー ・ プ ア ・ ル ッ ク ( ぜ い た く な 貧 乏 ル ッ ク ) 」 の 一 人 人 の 行 為 の レ ベ ル で 意 味 作 用 に 接 続 す る こ ど と い っ た 完 結 す る こ と の な い 縫 製 と 構 造 と が で き る 「 特 権 」 こ そ が コ ム ・ デ ・ ギ ャ は 、 女 性 を 女 性 と し て 完 結 さ せ な い こ と に と し て 説 明 さ れ て い る 。 「 彼 女 の 服 は ど れ を と っ て も 、 上 流 の 流 行 で ル ソ ン に お け る 「 ラ グ ジ ュ ア リ ー 」 で あ る 。 」 よ っ て 、 「 女 」 で は な く 「 男 」 で は な く 、 「 女 」 で も あ り 「 男 」 で も あ る よ う な 発 育 不 全 の は な く 、 庶 民 の 風 俗 と し て 、 ひ そ か に 、 け れ ど も 長 ら く 根 づ い て い た 感 性 と 美 意 識 が 9 長 谷 川 祐 子 「 発 展 的 忘 却 の 技 川 久 少 年 の よ う な 存 在 を 指 向 し て い る 。 コ ム ・ → ア ・ ギ ャ ル ソ ン の ・ 衣 服 を ま と - っ と い - っ こ と 一 貫 し て 見 い だ せ る 。 ( 中 略 ) 巧 ま ず し て 生 保 玲 と 妹 島 和 世 に つ い て 」 •¯*] は 、 自 ら の 身 体 に 性 差 の 未 然 を 引 き 受 け る ま れ 、 長 い 年 月 の 間 に 精 錬 さ れ た 、 な に げ 2006 年 く 0 一 .4 NO. 4 、 ア ー ト イ ッ ト こ と な の だ 。 」 な い 、 ど こ に で も あ る 形 態 、 だ れ も か っ て ( 2006 ) 収 録 、 PP. 一 34 ム 35 美 と 呼 ぶ こ と の な か っ た 、 日 常 的 な 暮 ら し 建 築 家 ・ 妹 島 和 世 と 川 久 保 玲 の 共 通 点 と し 深 井 晃 子 「 ジ ャ ポ ニ ス ム イ ン フ ァ ッ の な か の あ り ふ れ た 造 形 を 、 彼 女 は 近 代 的 て 、 「 平 面 性 」 を 指 摘 し て い る 。 そ れ は 、 な 技 術 を 用 い て 、 人 工 的 に 造 り だ し た の だ 。 」 川 久 保 に お い て は 「 パ タ ー ン ( 製 図 ) 」 と シ ョ ン 海 を 渡 っ た キ モ ノ 」 平 凡 社 い う 衣 服 の 原 型 を 徹 底 し て 追 及 す る 姿 勢 の ( 1994 ) こ と で あ り 、 妹 島 に お い て は 利 用 者 を リ フ ァ ッ シ ョ ン の 観 点 か ら 、 西 洋 の 「 ジ ャ ポ 8 長 谷 川 祐 子 「 抵 抗 と し て の ラ グ ジ ュ 3

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


性 差 を 突 き つ け る / 突 き 破 る し て き た 。 つ ま り い つ の 時 代 に も 衣 服 に お け る 性 差 は 存 在 し た が 、 そ の 差 が 特 に 開 い た 時 代 が 近 代 な の で あ る 。 衣 服 と は 差 異 を 作 り 出 す シ ス テ ム で あ る 。 そ し て こ れ ま で 見 て き た よ う に 、 現 代 の 制 度 化 さ れ た フ ァ ッ シ ョ ン 産 業 も 、 衣 服 が 差 別 化 す る 「 性 」 の 枠 組 み を 基 盤 と し て 成 立 し て い る 。 衣 服 は 自 己 と 他 者 を 、 男 性 と 女 性 を 差 別 化 す る 。 身 体 表 面 を 覆 う 徹 底 的 な 薄 さ に お い て 、 衣 服 は 私 た ち の ア イ デ ン テ ィ テ ィ の 形 成 に 深 く 関 わ っ て い る 。 と は い え 、 私 た ち は い っ か ら 服 を 着 る よ う に な っ た の だ ろ う 。 こ の 世 に 生 を 享 け て 初 め て 、 誰 か の 手 に よ り 私 た ち は 服 を 着 せ ら れ る 。 そ う 、 誰 も 最 初 に 自 分 で 服 を 着 た こ と は な い 。 失 わ れ た 母 の 皮 膚 を 取 り 戻 す か の よ う に 、 布 を 与 え ら れ る の だ 。 そ し て い ま だ 記 憶 の な い 誕 生 の と き か ら 、 私 た ち の 身 体 は 「 性 」 に 分 か た れ る 。 性 的 身 体 を 衣 服 が な ぞ る と き に は 、 す で に 差 異 化 は 遂 行 さ れ て い る 。 こ う し て 「 女 性 ら し さ 」 や 「 男 性 ら し さ 」 は 、 あ ま り に も 自 然 に 私 た ち の 身 体 に 刷 り 込 ま れ て い く 。 な ら ば 、 私 た ち の 身 体 を 覆 う 布 の ラ イ ン を 切 り 込 み な が ら 逸 れ て い き 、 と き に は 性 を 饒 舌 に 語 ら せ 、 と き に は 沈 黙 さ せ よ う 。 そ れ は 男 性 服 / 女 性 服 を 作 り つ つ 、 作 ら な い こ と で あ る 。 ほ っ れ 、 つ ぎ は ぎ 、 で こ ば こ 、 組 み 替 え ー ー ー コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の フ ァ ッ シ ョ ン で 繰 り 返 さ れ る こ れ ら の 諸 特 徴 は 、 差 別 化 が 完 了 さ れ る こ と へ の 飽 く な き 抵 抗 の 跡 な の だ 。 性 差 の 未 然 に お い て 抵 抗 す る 衣 服 コ ム 一 、 ア ギ ャ ル ソ ン の フ ァ ッ シ ョ ン を ま と う と き 、 私 た ち は 自 ら の 身 体 の 未 熟 さ が も つ 新 た な 可 能 性 に 気 づ く の で あ る 。 167

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


コ ム デ ギ ャ ル ソ ン を 読 み 解 く た め の ブ ッ ク ガ イ ド 26 作 成 = 菊 田 琢 也 浅 子 佳 英 「 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の イ ン 服 は 着 物 か ら 着 想 を 得 て い る と 評 さ れ て 、 し エ ル ゴ ー ト と い っ た 写 真 家 た ち の 作 品 が 掲 テ リ ア デ ザ イ ン 「 表 層 」 か ら 「 接 面 」 へ 」 る が 、 む し ろ 大 量 生 産 品 と 身 体 の 個 人 差 が 載 さ れ て お り 198 0 年 代 初 期 の デ ザ 東 浩 紀 編 「 思 想 地 図 宿 > 。 ー ・ 1 』 コ ン テ も た ら す 問 題 を 克 服 す る デ ザ イ ン と し て 評 イ ン を ま と め て 閲 覧 す る こ と が で き る 。 編 ク チ ュ ア ズ ( 2011 ) 、 00.295 ・ 3 一 0 価 さ れ る べ き で あ ろ う 。 」 集 を 小 指 敦 子 が 、 ア ー ト デ ィ レ ク タ ー を 村 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の 服 が 置 か れ る 環 境 田 東 治 が 担 当 し た 。 Ⅱ イ ン テ リ ア デ ザ イ ン に つ い て 考 察 し た 論 3 柏 木 博 「 フ ァ ッ シ ョ ン の 世 紀 都 市 ・ 5 考 。 「 コ テ ン ン ツ 型 」 「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 型 」 消 費 ・ 性 」 日 本 放 送 出 版 協 会 ( 1998 ) Ⅱ 村 由 仁 夜 「 「 バ リ 」 の 仕 組 み フ ァ ッ 「 マ ー ケ ッ ト 型 」 「 グ ラ ミ ン フ ォ ン 型 」 の 四 フ ァ ッ シ ョ ン ・ デ ザ イ ン と い う 視 点 か ら 、 シ ョ ン で 頂 点 を 保 つ 理 由 が こ こ に あ る 」 日 つ の 形 式 に 分 類 し 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の 世 紀 の 時 代 性 に つ い て 考 察 し た 書 籍 。 5 本 経 済 新 聞 社 (cvoo«) 商 業 空 間 に み ら れ る 特 徴 的 な パ タ ー ン や 制 章 の 「 装 う こ と へ の 無 限 運 動 都 市 東 京 パ リ ・ コ レ ク シ ョ ン を 中 心 に 展 開 さ れ る 西 約 と い っ た も の が 、 服 作 り と い か に 結 び つ フ ァ ッ シ ョ ン 」 に お け る 「 川 久 保 玲 衣 服 洋 の 「 フ ァ ッ シ ョ ン シ ス テ ム 」 に つ い て 社 い て い る の か に つ い て 論 じ て い る の メ ッ セ ー ジ 戦 略 」 ( 00 」 88 ・ 202 ) に 次 の 会 学 的 な 観 点 か ら 分 析 し た 書 籍 。 第 4 章 よ う な 一 言 及 が あ る 。 の 「 「 パ リ 」 を 制 し た 日 本 人 デ ザ イ ナ ー 」 2 井 上 雅 人 「 プ レ タ ポ ル テ フ ァ ッ シ ョ 「 川 久 保 は 、 あ ら ゆ る 空 間 を 、 す な わ ち ブ ( 」 33 ム 83 ) に お い て 、 高 田 賢 三 、 森 英 恵 、 ン の 大 量 生 産 と ブ ラ ン ド の 創 成 」 水 野 誠 一 テ ィ ッ ク の 空 間 も 印 刷 媒 体 の 空 間 も 、 そ し 三 宅 一 生 、 山 本 耀 司 、 川 久 保 玲 と い っ た 5 企 画 監 修 「 ー 世 紀 DESIGN INDEX 」 て 都 市 空 間 も 、 す べ て を い わ ば メ デ ィ ア と 名 の 日 本 人 デ ザ イ ナ ー が そ れ ぞ れ ど の よ う —Z<>< 出 版 ( 2000 ) 、 pp. 一 28 ム 29 し て 捉 え る こ と に よ っ て 、 自 ら の イ メ ー ジ な 方 法 で 西 洋 の フ ァ ッ シ ョ ン シ ス テ ム へ の 世 紀 と い う 時 代 の タ ー ニ ン グ ボ イ ン ト を メ デ ィ ア の 中 で ど の よ う に 表 現 す る か と 介 入 に 成 功 し た の か 、 に つ い て 論 じ て い る 。 と な る 「 デ ザ イ ン 」 の 幾 つ か を 起 点 に 、 い う こ と を 、 徹 底 的 に 戦 略 化 し た と も 言 え 三 宅 、 山 本 、 川 久 保 の 三 名 は 、 「 日 本 人 ア 世 紀 デ ザ イ ン 史 に つ い て 概 観 し た 書 籍 。 コ る だ ろ う 。 衣 服 だ け で は な く 、 メ デ ィ ア に / ン ギ ャ ル ド フ ァ ッ シ ョ ン 」 と い う 枠 組 み ム デ ギ ャ ル ソ ン に つ い て は 、 「 プ レ タ ポ お け る フ ァ ッ シ ョ ン の イ メ ー ジ を 総 合 的 に を 作 り 出 す こ と に よ っ て 、 つ ま り は 、 西 洋 ル テ 」 の 項 で 触 れ ら れ て い る 。 デ ザ イ ン し て い る と い う 言 い 方 も で き る 。 」 フ ァ ッ シ ョ ン に お け る 「 ア ウ ト サ イ ダ ー 」 「 コ ム ・ デ ・ ギ ャ ル ソ ン の 衣 服 は 、 プ レ と し て 容 認 さ れ る に 到 っ た の だ 。 タ ポ ル テ に よ る 衣 服 が オ ー ト ク チ ュ ー ル に 久 保 玲 監 修 「 COMME des よ る 衣 服 の よ う に 、 顧 客 そ れ ぞ れ の 身 体 に GARQONSJ 筑 摩 書 房 ( 1986 ) 6 清 水 早 苗 ・ z 番 組 制 作 班 編 「 ア 合 わ せ て 作 る こ と が で き な い と い う こ と を 1981 年 か ら 1986 年 の 間 に 撮 影 さ ン リ ミ テ ッ ド 】 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 」 平 凡 逆 手 に と り 、 モ ダ ン デ ザ イ ン の も っ シ ン プ れ た コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の カ タ ロ グ 写 真 か 社 ( 2005 ) リ シ テ ィ と 結 び つ け た も の で あ る 。 コ ム ・ ら 、 川 久 保 玲 自 ら が 選 別 し 、 構 成 し た 写 真 2002 年 に 放 映 さ れ た テ レ ビ 番 組 「 世 デ ・ ギ ャ ル ソ ン の 作 り 出 す 、 誰 の 身 体 に も 集 。 ピ ー タ ー ・ リ ン ド バ ー グ 、 パ オ ロ ・ ロ 界 は 彼 女 の 何 を 評 価 し た の か フ ァ ッ シ ョ 合 わ ず 、 そ れ 故 に 誰 の 身 体 に も 合 致 す る 衣 ベ ル シ 、 ス テ ィ ー ヴ ン ・ マ イ ゼ ル 、 ア ー サ ー ン デ ザ イ ナ ー 川 久 保 玲 の 挑 戦 」 (ZIX ス 382

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


自 由 ・ 平 等 ・ コ ム デ ギ ャ ル ソ ン コ ム デ ギ ャ ル ソ ン と 制 服 の 思 想 井 上 雅 人

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


復 さ れ た 厳 密 な グ リ ッ ド と か の 方 が 面 徹 底 さ せ た も の は な か っ た と 思 う ん で の 作 り 方 も 、 布 と い う 、 幅 が 2 メ ー ト 白 い と 思 っ て い ま し た 。 た と え ば 、 チ ュ す 。 そ し て 、 こ ち ら の 方 が 、 デ リ ダ が ル な ら 2 メ ー ト ル と 決 ま っ て い る も の ミ の ラ ・ ヴ ィ レ ッ ト 。 グ リ ッ ド は 非 常 当 初 考 え て い た 脱 構 築 的 な コ ン セ プ ト を 、 人 体 に か ぶ せ た と き に 、 あ る い は に 単 純 な も の だ し 、 そ こ ら あ た り に あ に よ り 近 づ い て い る ん じ ゃ な い か 。 だ 縫 い 合 わ せ を ど う す る か を 考 え た と き り ふ れ て い る と 僕 ら は 思 っ て い る の だ か ら 、 妹 島 さ ん を 見 る と き も 、 白 く て に 、 合 理 的 に や れ ば や る ほ ど 全 然 違 う け ど 、 厳 密 な グ リ ッ ド っ て 現 実 の 世 界 抽 象 的 で か わ い い 、 と い う と こ ろ で 留 か た ち が 生 ま れ て し ま う 瞬 間 が あ っ に は な か な か 存 在 し な い ん で す よ ね 。 ま る の で は な く 、 あ る 種 の 規 制 と か て 、 そ れ を 徹 底 し て い る か ら こ そ 新 た だ か ら 、 あ る 種 の ル 1 ル を 徹 底 す る と 、 ル ー ル を 徹 底 し た が ゆ え に ぜ ん ぜ ん 違 な 形 が 生 ま れ て い る 。 斬 新 的 な 服 だ と グ リ ッ ド も 全 然 違 う も の に な る 。 と い う も の が 生 ま れ た の が 面 白 い な と 思 っ か 、 脱 構 築 的 な 服 だ と か 、 穴 が あ い て う と こ ろ ま で は 面 白 い ん だ け ど 、 そ れ た ん で す 。 い る 、 破 壊 し て い る と い 、 つ と こ ろ だ け 以 降 が な か な か 出 て こ な か っ た 。 そ し さ ら に 、 そ れ は 実 は コ ム デ ギ ャ ル ソ に 注 目 し て し ま 、 つ と 、 実 は ど ん ど ん 見 て 、 表 層 的 に は ま っ た く 脱 構 築 風 に は ン の 服 の 作 り 方 と 、 結 構 似 て い る ん 極 め た い と こ ろ か ら ズ レ て い っ て し ま 見 え な い ん だ け れ ど 、 実 は 違 う か た ち じ ゃ な い の か 、 と い う の が 、 僕 が コ う で や り 始 め た の が 妹 島 さ ん な の か な と ム デ ギ ャ ル ソ ン と 妹 島 さ ん を 結 び っ と も か く 、 二 人 に 共 通 し て 面 白 い の は 、 思 っ た ん で す 。 け た く な っ た 出 発 点 な ん で す 。 「 コ ム 非 常 に 規 制 さ れ た 状 態 の 中 で も 、 そ れ 妹 島 さ ん に 関 し て 言 う と 、 た と え ば デ ギ ャ ル ソ ン の イ ン テ リ ア デ ザ イ ン 」 を 徹 底 さ せ る こ と で そ れ ま で 想 像 で き 真 っ 白 で 、 抽 象 的 で 、 透 明 な 建 築 と い で も 、 そ こ は 触 れ て い ま す 。 僕 は 服 の な か っ た よ う な 新 し い も の を 作 り 出 せ う の は 、 い わ ゆ る モ ダ ニ ズ ム 以 降 、 非 方 は そ こ ま で く わ し く な い の で 、 下 手 る と い う 可 能 性 を 呈 示 し て い る と こ ろ 常 に 凡 庸 と い う か 、 あ り ふ れ た テ 1 マ に 言 及 す る と つ つ こ ま れ そ う で 嫌 な ん な ん じ ゃ な い か だ け れ ど 、 あ そ こ ま で 異 常 な か た ち で で す が ( 笑 ) 、 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン の 服 対 談 126

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


自 由 ・ 平 等 ・ コ ム デ ギ ャ ル ソ ン 上 げ た 。 そ の 直 後 に 、 卓 越 し た 「 個 性 」 を 認 め て 自 分 た ち の 上 に ナ ポ レ オ ン を 戴 い た 。 「 国 民 」 と し て の ナ ポ レ オ ン が 誰 も と 同 じ 制 服 を 着 て い る の も 、 「 皇 帝 」 と し て の ナ ポ レ オ ン が 他 の 誰 も 着 る こ と の で き な い 衣 裳 を 着 て い る の も 、 「 平 等 」 と 「 自 由 」 と い う イ デ オ ロ ギ ー を 反 映 し て の こ と で あ る 。 こ う し て 、 近 代 の は じ ま り に 、 フ ァ ッ シ ョ ン は そ の 触 れ 幅 の 極 端 か ら 極 端 ま で を 、 ひ と り の 人 間 の 上 で 見 せ る こ と に な っ た 。 こ れ 以 降 の 全 て の 服 は 、 ナ ポ レ オ ン の 軍 服 と 皇 帝 の 衣 裳 の あ い だ に あ る と 一 言 え る 。 制 服 と 唯 一 無 比 の 服 の あ い だ に 、 近 代 人 は い る の だ 。 リ 服 は 時 と し て 、 着 用 の 強 制 と い う 形 を と っ て 、 弱 者 に 対 す る 権 力 行 使 と し て 行 な わ れ る 。 し か し そ こ で 押 し 付 け ら れ る の は 「 平 等 」 の 思 想 に 他 な ら な い 。 も ち ろ ん 、 そ れ は 押 し 付 け ら れ る 側 の な か で の 「 平 等 」 で あ っ て 、 押 し 付 け る 側 と 押 し 付 け ら れ る 側 と の 「 平 等 」 で は な い た め に 、 た び た び 問 題 が 起 こ る こ と に な る 。 あ る い は 、 制 服 を 着 用 し て い る 但 が 制 服 を 示 威 的 に 用 い て 、 弱 者 に 権 力 行 使 を 行 な う 場 合 も あ る 。 そ の と き で も 、 権 力 行 使 を 行 う 制 服 の 着 用 者 同 士 に は 、 互 換 の 効 く 存 在 と し て の 平 等 が 要 求 さ れ る 。 近 代 に お け る 「 制 服 」 は 、 平 等 思 想 と 不 可 分 の 存 在 な の だ 。 日 本 に お い て 、 学 校 の 制 服 や 企 業 の 制 服 が 、 戦 後 の 社 会 に 歓 迎 さ れ た と い う こ と も 忘 れ て は り よ い 。 団 年 代 か ら 年 代 に か け て の 洋 裁 文 化 の 時 代 に お い て は 、 一 定 の 品 質 を 保 証 し た 制 服 は 、 労 働 者 の 生 活 の 質 を 保 障 し 平 等 に す る た め の 手 段 で も あ っ た 。 あ る い は 、 そ の 少 し 前 総 動 員 体 制 の な か で 、 女 性 た ち が 自 分 た ち の 制 服 と し て 「 割 烹 着 」 を 選 ん だ の も 同 じ で あ っ た 。

相対性コム デ ギャルソン論 なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか


井 上 雅 人 ( い の う え ・ ま さ ひ と ) ン 批 評 関 連 の 論 文 に 「 シ ア タ ー プ ロ ダ ク ッ ケ ー シ ョ ン デ ザ イ ン ・ セ ン タ ー 特 任 准 教 授 。 1974 年 東 京 生 れ 。 東 京 大 学 大 学 院 博 の 方 法 論 」 ( 蘆 田 裕 史 ・ 水 野 大 ニ 郎 責 任 編 神 戸 芸 術 工 科 大 学 大 学 院 修 了 。 専 門 は 士 課 程 満 期 退 学 。 文 化 服 装 学 院 一 一 部 服 装 科 集 [fashionista] 第 1 号 ) な ど 。 現 在 は ヨ ー 現 代 芸 術 、 事 業 企 画 制 作 、 文 化 政 策 等 。 卒 業 。 社 会 学 修 士 。 京 都 造 形 芸 術 大 学 、 京 ロ ッ パ を 中 心 と す る 建 築 ・ 都 市 表 象 を 主 に 19 9 6 ー 2 0 0 5 年 神 戸 ア ー ト ビ レ ッ ジ 都 精 華 大 学 を 経 て 、 現 在 、 武 庫 川 女 子 大 学 研 究 し て い る が 、 院 試 の 際 に 提 出 し た 論 文 セ ン タ ー 美 術 プ ロ デ ュ ー サ ー ( 年 よ り 非 生 活 環 境 学 部 講 師 。 専 門 は 歴 史 社 会 学 、 デ は 「 フ セ イ ン ・ チ ャ ラ ヤ ン 試 論 」 だ っ た 。 常 勤 ) を 経 て 現 職 。 主 な 企 画 展 や ア ー ト プ ザ イ ン 史 。 特 に 、 日 本 の 近 代 化 の 過 程 に お 昔 は 背 伸 び し て ゴ ル チ ェ な ど を 着 て い た け ロ ジ ェ ク ト に 、 若 手 芸 術 家 育 成 企 画 『 神 戸 け る 、 物 と 身 体 の 関 係 性 の 変 容 に つ い て 。 ど 、 今 は も つ ば ら 着 て い て 安 ら げ る ヴ ィ ア ー ト ア ニ ュ ア ル 一 996 ・ 2005 」 、 現 代 美 単 著 に 『 洋 服 と 日 本 人 』 ( 廣 済 堂 出 版 ) 、 共 ン テ ー ジ 服 が 多 い 。 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン で 術 家 の 個 展 「 松 井 智 惠 展 」 、 「 島 袋 道 浩 展 」 。 著 に 「 近 代 デ ザ イ ン 史 」 ( 武 蔵 野 美 術 大 学 は 丸 襟 ブ ラ ウ ス が 年 来 の 愛 用 品 で 、 モ ー 都 市 や 近 代 産 業 遺 産 等 で の ア ー ト プ ロ ジ ェ 出 版 局 ) 、 テ レ ビ ・ コ マ ー シ ャ ル の 考 古 学 デ ィ ッ シ ュ で は な く あ え て ス ク ー ル ガ ー ル ク ト 「 湊 町 ア ン ダ ー グ ラ ウ ン ド プ ロ ジ ェ ( 世 界 思 想 社 ) 、 『 現 代 写 真 の リ ア リ テ イ 』 風 に 着 る の が 自 分 な り の 定 番 ク ト 」 、 「 NAMURA ART MEETING -04 ・ ( 角 川 書 店 ) 、 「 生 活 の 美 学 を 探 る 」 ( 光 生 館 ) い 4 」 、 「 水 都 大 阪 2009 「 ヤ ノ ベ ケ ン ジ ・ プ な ど 。 コ ム デ ギ ャ ル ソ ン は 、 パ タ ン ナ ー 菊 田 琢 也 ( き く た ・ た く や ) ロ ジ ェ ク ト 」 」 。 企 業 と 大 学 と za-o に よ の 採 用 試 験 に 落 ち ま し た 。 今 で も 悔 し い 思 1979 年 山 形 生 ま れ 。 縫 製 業 を 営 む 両 る コ ミ ュ ニ テ ィ ー ス ペ ー ス 「 ア ー ト エ リ ア い 出 で す 。 親 の も と 、 布 に 囲 ま れ た 環 境 の 中 で 育 つ 。 BI 」 。 ケ ス ト キ ュ レ ー タ ー 「 六 本 木 ク ロ ッ 2003 年 筑 波 大 学 卒 。 在 学 時 に フ ァ ッ シ ン グ 290 / 芸 術 は 可 能 か ? 」 。 書 籍 等 入 江 徹 ( い り え ・ と お る ) シ ョ ン 研 究 を 志 す 。 2010 年 、 文 化 女 執 筆 ・ 企 画 監 修 ・ 編 集 に は 島 袋 道 浩 〕 見 1974 年 生 ま れ 。 建 築 家 。 琉 球 大 学 工 子 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 を 修 了 ( 被 服 環 え な い と こ ろ に 行 け る け ど 、 見 え て る と こ 学 部 環 境 建 設 工 学 科 建 築 コ ー ス 准 教 授 。 横 境 学 博 士 ) 。 現 在 、 文 化 学 園 大 学 非 常 勤 講 師 、 ろ に な か な か 行 け な い 」 、 「 湊 川 新 開 地 ガ イ 浜 国 立 大 学 大 学 院 修 了 。 作 品 〕 「 skins 」 「 「 ed 女 子 美 術 大 学 ラ イ テ ィ ン グ ・ ア ド バ イ ザ ー ド ブ ッ ク ま 「 ア ー ト ツ ー リ ズ ム プ ッ ク 「 大 white 」 。 共 著 〕 「 建 築 ・ 都 市 ブ ッ ク ガ イ 専 門 は 文 化 社 会 学 ( 消 費 文 化 論 、 メ デ ィ ア 阪 考 観 」 」 な ど が あ る 。 ド 幻 世 紀 」 ( 五 十 嵐 太 郎 編 、 彰 国 社 ) 。 沖 縄 論 ) 。 近 著 に 「 ア ン ダ ー カ バ ー と ノ イ ズ の と 東 京 を 行 き 来 し な が ら 活 動 中 。 美 学 」 ( 西 谷 真 理 子 編 『 フ ァ ッ シ ョ ン は 語 工 藤 雅 人 ( く ど う ・ ま さ と ) り は じ め た 』 フ ィ ル ム ア ー ト 社 所 収 ) 、 「 や 1981 年 米 沢 市 生 ま れ 。 東 京 大 学 大 学 小 澤 京 子 ( お ざ わ ・ き よ う こ ) く し ま る え っ こ の 輪 郭 素 描 さ れ る 少 女 院 学 際 情 報 学 府 博 士 課 程 在 籍 、 文 化 フ ァ ッ 1976 年 群 馬 県 生 ま れ 。 東 京 大 学 大 学 像 」 (( ュ リ イ カ 』 第 巻 第 号 所 収 ) な ど 。 シ ョ ン 研 究 機 構 共 同 研 究 員 、 武 蔵 大 学 社 会 院 総 合 文 化 研 究 科 博 士 課 程 単 位 取 得 退 学 。 学 部 非 常 勤 講 師 。 専 門 は 文 化 社 会 学 、 メ 現 在 埼 玉 大 学 非 常 勤 講 師 。 著 作 に 『 都 市 の 木 ノ 下 智 恵 子 ( き の し た ・ ち え こ ) デ ィ ア 史 、 フ ァ ッ シ ョ ン 論 。 論 文 に 「 回 解 剖 学 」 ( あ り な 書 房 ) 、 最 近 の フ ァ ッ シ ョ ア ー ト プ ロ デ ュ ー サ ー ・ 大 阪 大 学 コ ミ ュ こ 帰 と 更 新 の 果 て に ANREALAGE が 見 た 景 396