検索 - みる会図書館

検索対象: 週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号から 88件ヒットしました。

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


尾 木 の マ マ て ひ と つ 。 大 量 生 産 す れ ば コ ス ト も 安 若 者 た ち に 世 界 珍 食 一 位 ? 猛 毒 フ グ の 卵 巣 く な る じ ゃ な い 。 デ ザ イ ン も 、 エ ン 制 服 の 自 由 を ! じ ゃ な い か 。 ほ ん の 少 し で も 毒 が 残 プ レ ム 付 き の プ レ ザ ー み た い な 凝 0 章 の っ て い れ ば ア ウ ト な の だ 。 他 に も 食 経 済 格 差 が 広 が る な か 、 「 中 学 校 た も の で は な く 、 シ ン プ ル で 着 や す . 家 - 何 い も の に す れ ば い し べ 物 が た く さ ん あ る わ け だ し 、 ど う 0 の 制 服 の 価 格 が 高 す ぎ る 」 こ と が 問 。 「 標 準 服 は 黒 ・ 検 ′ 探 秀 い パ ン ツ と 白 い シ ャ ッ 」 と い っ た 規 章 ウ 貴 し て そ こ ま で し て フ グ の 卵 巣 に 執 念 題 に な っ て い る わ ね 。 冬 服 ・ 夏 服 か を 燃 や し た も の か わ か ら な い 。 ら 体 操 着 ま で 一 式 揃 え る と 、 公 立 校 定 を 決 め て 、 購 入 先 は 自 由 に 選 べ る ・ キ 里 先 生 が お 土 産 に ビ ニ ー ル バ ッ ク さ ( ) で も 十 万 円 近 く か か る 場 合 が あ る と よ う に す れ ば 、 ユ ニ ク ロ な ん か で も ・ 2 一 0 回 れ た 商 品 〈 ( 株 ) あ ら 与 「 ふ ぐ の 子 黌 か 。 双 子 と か 年 子 が い る 家 庭 は ホ ン 買 え て 、 家 計 も 随 分 助 か る は ず よ 。 ぬ か 漬 」 〉 を 一 つ く れ た の で 、 家 に 0 ト に つ ら い ! 似 た よ う な 声 は 昔 か 中 古 の 制 服 を リ サ イ ク ル す る 活 動 も 0 先 日 、 某 誌 の 企 画 で 、 発 酵 学 の 大 持 ち 帰 っ て 食 べ て み た 。 色 は 合 わ せ ら あ っ た け ど 、 「 六 人 に 一 人 の 子 ど 全 国 に 広 が っ て ほ し い わ ね 。 家 ・ 小 泉 武 夫 先 生 と 「 世 界 の 珍 食 奇 味 噌 程 度 の 色 、 大 き さ や 形 状 は 明 太 も が 貧 困 」 と い わ れ る 今 日 、 問 題 が も う ひ と つ 見 落 と し て は い け な い . の が 、 制 服 問 題 は 人 権 問 題 で も あ る . 食 ラ ン キ ン グ 」 を 決 め る と い う 対 談 子 か カ ラ ス ミ 。 口 に 含 む と か な り 塩 こ と 。 「 女 の 子 は ス カ ー ト 、 男 の 子 章 を 行 っ た 。 そ れ ぞ れ が 過 去 に 食 べ た 辛 い が 、 同 時 に 乳 酸 発 酵 な ら で は の 、 弾 け る よ う な 旨 味 が 押 し 寄 せ は パ ン ツ 」 と い う ル ー ル の 押 し 付 け ゲ テ モ ノ や 臭 い 食 品 な ど を 挙 げ て い が 実 は ( 性 的 少 数 者 ) の 子 ・ つ た の だ が 、 最 終 的 に 一 位 を 獲 得 し る 。 な る ほ ど 、 こ れ は 酒 の あ て に も ど も た ち を 苦 し め て い る の 。 章 た の は 小 泉 先 生 が 推 し た 石 川 県 産 ご 飯 の 供 に も よ さ そ う だ 。 実 際 、 熱 々 の 「 身 体 は 女 の 子 だ け ど 、 心 は 男 子 」 ・ 「 猛 毒 フ グ の 卵 巣 の 糠 漬 け 」 。 と い う 子 は 、 制 服 の ス カ ー ト を は い ・ フ グ の 中 で も 卵 巣 は 最 も 危 険 な 部 ご 飯 に こ れ を 載 せ お た 途 端 、 拒 否 反 応 か ら 身 体 が 動 か な 位 で 、 一 匹 分 で 三 十 人 を 殺 せ る ほ ど 湯 を か け る と 、 塩 気 中 く な る 場 合 も 。 制 服 の せ い で 不 登 校 ・ の 毒 が あ る そ う だ 。 そ ん な も の を ど と 旨 味 が ほ ど よ く ご ス に な っ て し ま う 子 が 本 当 に 多 い 。 ・ う や っ て 食 べ る の か と い う と 、 ま ず 飯 に 染 み 渡 り 、 最 高 「 十 三 人 に 一 人 が 」 と 言 わ 章 卵 巣 を 三 5 五 カ 月 ほ ど 塩 漬 け に し た 0 感 心 し つ つ も 、 私 よ り 切 実 に な っ た と い う こ と ね 。 れ る な か 、 こ れ は 無 視 で き な い 問 題 ・ あ と 、 糠 味 噌 樽 の 中 に 漬 け て お く 。 ア ン ケ ー ト 調 査 な ど を 見 る と 、 制 よ ! 女 の 子 で も バ ン ツ を 選 べ る と 章 す る と 、 糠 味 噌 の 乳 酸 菌 に よ る 分 解 は 何 か 奇 妙 な 既 視 か 、 ジ ャ ー ジ ・ で 毒 が 少 し ず つ 減 り 、 三 年 後 に は す 感 、 い や 「 既 味 感 」 誉 服 自 体 に 反 対 し て い る 人 は 少 な い 。 カ に 襲 わ れ て い た 。 「 こ れ 、 ど こ か で 子 登 校 を 認 め る ・ つ か り 無 毒 か っ 美 味 し い 卵 巣 漬 け に ・ 価 格 が 高 い こ と 、 デ ザ イ ン や 購 入 手 は 携 の 0 食 べ た こ と が あ る : : : 」 。 数 十 秒 考 」 提 と か 、 学 校 側 ・ な っ て い る と い う 。 段 に 選 択 肢 が な い こ と が 問 題 な の 。 0 制 服 が 高 く な る 主 な 原 因 は 、 指 定 い 【 生 一 も 柔 軟 な 対 応 . こ ん な 異 常 に 高 度 な 技 術 が 江 戸 時 え て わ か っ た 。 「 そ う だ 、 ア シ ュ バ 学 力 ル だ ! 」 業 者 か ら 買 う と い う 仕 組 み が あ る か 公 一 を と る べ き 。 ・ 代 か ら 培 わ れ て い た と い う か ら 、 日 0 菅 メ ア シ ュ バ ル と は 、 中 東 の イ ラ ン で 「 服 制 服 に も 多 様 章 本 人 の 食 い 物 に 関 す る 貪 欲 さ は 恐 ろ ら 。 競 争 原 理 が 働 か ず 、 価 格 が 下 が 1 刃 性 が 求 め ら れ ・ し ・ ら な い 。 例 え ば 地 域 で デ ザ イ ン を 統 . い 。 だ っ て 、 技 術 が 確 立 す る ま で 作 ら れ て い る 卵 巣 の 漬 け 物 だ ( 以 0 下 、 次 号 ) 。 業 ジ る 時 代 ね 。 ・ に 何 人 が 犠 牲 に な っ た か わ か ら な い 一 し 、 競 争 入 札 を 行 う の も 解 決 策 の 0 た か の ひ で ゆ き 1966 年 生 ま れ 。 ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 作 家 。 最 新 刊 は 「 謎 の ア ジ ア 納 豆 」 。 尾 木 直 樹 ( お ぎ な お き ) 一 九 四 七 年 滋 賀 県 生 ま れ 。 教 育 評 論 家 、 法 政 大 学 教 職 課 程 セ ン タ ー 長 ・ 教 授 。 ・ 、 一 00 せ ス 食 べ も の 連 載

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


Close Up 舁 ビ で 」 出 ナ 子 か 味 な つ 日 月 公 白 国 に レ に 使 4 テ ⑩ デ 谷 鱈 全 度 気 を ~ o 比 真 & 一 イ も こ 日 / 栗 塚 旭 日 海 が 」 の 2 »- 生 へ 剣 「 年 京 道 界 よ 画 ( 周 遮 な 鍋 鍋 き 月 海 世 え 映 イ の な の 也 一 ・ 2 ゴ の 燃 も イ 活 ヴ 城 鍋 慢 タ 菜 臼 / 年 居 「 後 フ 生 ン テ 宮 岩 自 ご イ 野 。 ä 川 端 康 成 の 『 古 都 』 へ の 思 い を 1 こ 価 そ イ 芸 グ 節 フ 鍋 冫 当 フ 魚 お 新 季 鍋 っ 麓 ご ン 「 肉 わ 細 次 の 世 代 へ と つ な い で ゆ く ひ 彳 の 驪 も た べ 7 の 味 詳 か 校 且 三 、 月 一 の 岡 す 豪 製 ろ の 公 「 岩 下 志 麻 さ ん 主 演 の 『 古 都 』 七 年 後 、 「 日 本 人 の 心 の 精 髄 方 。 シ 北 鍋 ら わ や る た 日 を 、 当 時 、 劇 団 員 だ っ た 僕 は 何 を 、 す ぐ れ た 感 受 性 を も っ て く 年 「 土 演 一 度 も 映 画 館 で 観 た も の で す 。 表 現 し 、 世 界 の 人 々 に 深 い 感 い 訪 よ 塚 制 す 一 生 き 別 れ と な り 京 の 室 町 と 北 銘 を 与 え た 」 と し て 、 日 本 人 初 た こ と が あ っ た 。 恐 ろ し い ほ ど に 変 化 し て い た 。 添 を に 長 ラ を ホ ス 晩 こ 声 。 ペ ン 大 ビ 山 で そ れ ぞ れ 暮 す 双 子 の 姉 妹 の ノ ー ・ ヘ ル 文 学 賞 を 受 賞 し た 。 「 例 え ば 、 夕 方 に 店 を 閉 め た 「 六 十 年 前 、 す で に 西 陣 、 室 ペ オ 女 一 そ 歌 だ オ ヨ 一 が 、 祇 園 祭 で 偶 然 に 出 会 い な 今 作 は 、 そ れ そ れ 母 と な っ 呉 服 屋 さ ん が 二 階 に 明 か り を 町 は 斜 陽 で し た 。 そ れ で も 機 と 。 る ラ の シ 館 サ が ら も 、 そ の 後 は 互 い の 運 命 た 双 子 の 姉 妹 ( 二 役 と も 松 雪 灯 し て 、 そ こ か ら 生 活 の 時 間 織 り の 音 は ま だ 聞 こ え た も の 色 れ る 密 相 る ル ポ 文 ケ を 悟 り 別 れ て ゆ く 。 そ こ に 切 泰 子 さ ん ) と 娘 の 暮 ら し を 、 が 始 ま る 。 こ の 光 景 は 千 年 則 で す 。 京 都 が 変 わ っ て ゆ く さ 異 ・ 眠 秘 、 れ 大 テ 京 チ の で う が さ か 東 同 な さ や 悲 し み を 感 じ た も の で 現 代 の 京 都 を 通 し て 描 い て ゆ か ら 変 わ っ て い な い ん じ ゃ な ま を 、 川 端 先 生 は 当 時 か ら 痛 成 ラ 裸 わ 語 現 ら コ す 。 そ の 『 古 都 』 が 現 代 を 舞 。 栗 塚 旭 さ ん が 演 じ る 、 双 い か 。 ま た 、 御 所 の そ ば を 歩 感 さ れ て い た の だ と 思 い ま す 」 康 へ 咥 味 物 表 子 の 日 隲 オ 性 悦 人 川 美 異 台 に 蘇 る と 聞 き 、 ど ん な 作 品 子 の 姉 の 舅 ・ 水 木 は 、 室 町 で く と 〃 光 る 君 ″ が 現 れ る よ う 栗 塚 さ ん が 、 今 作 を 演 じ る 】 「 男 愉 老 カ 田 と 1 た て ロ リ 原 ち 月 に な る の だ ろ う と 思 い ま し た 」 大 店 の 呉 服 問 屋 を 守 る 主 人 だ 。 な 錯 覚 を 覚 え 、 こ の 街 の 土 に な か で 意 識 し た こ と は 何 か 。 ー レ エ リ - ・ . 臼 ・ 0 ペ 老 を て 三 者 十 二 月 三 日 に 全 国 公 開 さ れ 栗 塚 さ ん 自 身 、 京 ・ 東 山 で は 人 の 生 活 や 魂 が 染 み こ ん で 「 店 を た た ん だ 呉 服 屋 さ ん や 年 寝 れ つ 京 作 る ル い る ん だ る 映 画 『 古 都 』 の 原 作 は 、 五 の 暮 ら し は 六 十 四 年 に な っ た 。 、 そ う 感 じ た ん 帯 屋 さ ん の 友 人 を 何 人 も 知 っ 十 五 年 前 の 一 九 六 一 年 に 朝 日 「 十 五 の と き に 札 幌 か ら 移 り で す 。 こ れ は 凄 い こ と で す よ て い ま す 。 そ う い う 人 た ち の 刃 然 晩 い た 作 し 自 。 深 れ で ら 日 新 聞 で 連 載 さ れ た 川 端 康 成 の 住 み ま し た 。 札 幌 の モ デ ル に ね 。 そ の 京 都 も 、 時 代 と と も " 想 い 。 を 表 現 し よ う と 考 え ′ 、 ル に 6 、 、 、 照 5 、 ー - の 深 一 ミ 生 ゴ を 月 貶 代 表 作 の ひ と つ 。 川 端 は こ の な っ た 京 の 街 並 み は 、 ど ん な に ビ ル や マ ン シ ョ ン 化 が 進 ま し た 。 こ の 作 品 で は 、 次 の 、 レ ゴ ら 何 2 海 . で る か の 、 年 古 都 会 な の だ ろ う と 期 待 を 胸 に み 、 大 き く 変 わ っ て し ま い ま 世 代 で あ る 娘 た ち が 、 『 日 本 せ 中 そ は 列 車 を 降 り た ん で す 。 と こ ろ し た 」 の 文 化 』 を 継 い で く れ る で あ 一 レ く カ 寄 た 。 品 囲 7 念 セ わ づ 一 ち め る 作 ~ 5 が 寺 社 や 町 屋 の 瓦 屋 根 が 広 が 服 ョ 打 集 れ の 〔 開 日 ご と 失 わ れ る 古 都 の 面 影 ろ う 未 来 を 感 じ さ せ て く れ ま 成 」 故 に い さ 明 。 館 公 国 る ば か り で 、 日 没 時 に は ど こ を 書 き 留 め て お き た い す 。 街 並 み が 変 わ る こ と は 止 の し た 岸 拾 示 照 術 全 か き 海 て 展 い 美 か ら か 鐘 の 音 が 聞 こ え 、 ネ オ 川 端 が 作 品 に 込 め た 想 い だ め よ う の な い こ と で す 。 で 期 ・ 物 舌 て の じ が し 一 つ 代 土 最 新 お っ 島 感 品 美 ろ 現 ン も な い か ら 、 す っ と 薄 暗 く が 、 ス ク リ ー ン に 映 し 出 さ れ も 、 そ の 思 い を 受 け 継 ぐ 人 が 材 合 垣 を 作 」 だ 市 日 会 素 き 石 み ト た の 田 な る 。 落 胆 し ま し た ね え 」 る 今 作 の 古 都 の 姿 は 、 我 々 が 、 れ ば 、 そ れ は 我 々 の 希 望 と 覧 然 向 、 し 一 れ す 和 益 ロ 都 展 天 と 年 悲 ア ら 出 十 な る の で は な い で し よ う か 」 だ が 、 街 を 歩 く と 、 気 付 い 頭 で イ メ ー ジ す る 京 都 か ら 、 ( 俳 優 ) Pick U

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


出 演 を 強 要 さ れ た と 女 優 か 候 補 と し て 、 世 論 調 査 で 文 在 で の 歯 に 衣 着 せ ぬ " 暴 言 。 ゅ ら 相 談 を 受 け 、 保 安 課 は 六 月 、 寅 「 共 に 民 主 党 」 前 代 表 、 潘 え だ 。 朴 大 統 領 に 対 し て 〈 大 " 吉 原 の ド ン 逮 捕 の ウ ラ に こ の 芸 能 プ ロ を 本 番 行 為 の 撮 基 文 国 連 事 務 総 長 に 次 ぐ 三 位 統 領 で は な く 日 本 の ス パ イ 〉 影 と い う 「 有 害 業 務 」 に 派 遣 に 急 浮 上 し た 李 在 明 城 南 市 長 と 発 言 し た こ と も 。 警 視 庁 「 <> 強 要 」 取 締 り 方 針 引 ) に ス ポ ッ ト を 当 て た 。 同 「 そ う し た 暴 言 が 朴 政 権 に 失 し た と し て 摘 発 。 不 起 訴 に は ( 「 業 界 や 、 そ の 周 辺 の 風 も 本 業 だ け で 生 活 す る の は 苦 な っ た が 、 七 月 八 日 ま で に 屋 紙 は 李 氏 を 、 〈 既 得 権 勢 力 に 望 し た 人 た ち の 支 持 を 集 め て い る 。 ま た 日 本 に 対 し て 、 俗 業 界 に 違 法 状 態 が 蔓 延 し て し く 、 ソ ー プ ラ ン ド で 自 ら 志 外 で 撮 影 を 行 っ た と し て 対 抗 す る 人 〉 と 評 し て " 韓 国 ″ 日 本 は 安 保 に お け る 敵 ″ と い る と 考 え た 警 視 庁 の 幹 部 願 し て 働 い て い た よ う で 、 な 公 然 わ い せ つ ほ う 助 の 容 疑 で の ト ラ ン プ 。 に な ぞ ら え た 。 が 、 『 一 罰 百 戒 』 を 狙 っ て 徹 か に は 月 に 四 百 万 円 以 上 稼 い 書 類 送 検 し て い る 。 そ れ が 今 李 氏 は 一 九 六 四 年 、 慶 北 安 公 言 し て い る こ と も 、 韓 国 の 東 市 の 貧 し い 家 庭 に 生 ま れ ネ ッ ト ユ ー ザ ー を 中 心 に ウ ケ 回 の 検 挙 の 前 段 に あ る 。 だ 女 優 も い た よ う で す 」 底 摘 発 を 指 示 し た と 聞 い て い た 。 小 学 校 を 卒 業 後 に 工 場 で て い ま す 」 ( 同 前 ) こ の 二 店 舗 は 女 優 の 在 「 保 安 課 は 風 俗 取 締 部 署 で 、 る 」 ( 捜 査 関 係 者 ) 警 視 庁 保 安 課 は 十 一 月 二 十 籍 を 売 り に 人 気 を 集 め 、 人 気 ソ ー プ ラ ン ド や ス ト リ ッ プ 、 働 き な が ら 大 検 認 定 を 受 け 大 慰 安 婦 問 題 を め ぐ っ て は 、 二 日 、 東 京 ・ 吉 原 の ソ ー プ ラ 女 優 は 「 プ レ ミ ア 」 と 称 し て 裏 ビ デ オ を 主 に 捜 査 対 象 と し 学 に 進 学 、 司 法 試 験 に 合 格 し 李 氏 は 一 四 年 に 城 南 市 役 所 前 て き ま し た が 、 へ の 出 演 た 。 弁 護 士 時 代 は 、 市 民 運 動 に 新 し い 慰 安 婦 少 女 像 を 建 ン ド に 女 優 を 派 遣 し た と 二 時 間 八 万 円 を 取 っ て い た 。 し て 、 芸 能 プ ロ 社 長 ら 三 人 を 高 額 料 金 に も か か わ ら ず 客 は 強 要 の 実 態 を 弁 護 士 な ど に 聞 家 と し て も 活 躍 し た 。 〇 五 年 立 。 日 韓 慰 安 婦 合 意 は 無 効 全 国 か ら 集 ま り 、 昼 間 か ら 行 き 、 業 界 も 取 締 り の 対 象 政 界 を 目 指 し 、 城 南 市 長 選 に だ 、 と も 主 張 し て い る 。 逮 捕 し た 。 列 が で き る 盛 況 ぶ り 。 約 七 年 に 加 え る べ き だ と の 判 断 に 変 挑 戦 す る も 落 選 。 一 〇 年 に 再 李 氏 が 大 統 領 候 補 に な る こ 警 視 庁 担 当 記 者 が 話 す 。 と は あ り う る の だ ろ う か 。 挑 戦 し て 初 当 選 を 果 た し た 。 「 社 長 ら が 問 わ れ た の は 職 業 で 計 十 億 円 以 上 を 売 り 上 げ て わ っ た よ う で す 」 ( 同 前 ) 人 口 九 十 七 万 人 の 城 南 市 長 「 実 は 彼 に は 、 弱 点 も 多 い い た と い う 。 実 質 経 営 者 ・ 南 業 界 の 対 応 が 注 目 さ れ る 。 安 定 法 違 反 で す 。 同 法 で は と し て の 行 政 手 腕 は ど う な の 側 近 が 何 人 も 不 正 事 件 で 逮 捕 『 有 害 な 業 務 』 に 労 働 者 を 供 雲 豊 作 容 疑 者 ( ) は 、 吉 原 ポ ス ト 朴 に 急 浮 上 さ れ て お り 、 私 生 活 で も 不 倫 給 す る こ と を 禁 じ て お り 、 ソ で 数 十 年 に わ た り 性 風 俗 店 を 「 中 学 の 新 人 生 の 制 服 購 入 費 疑 惑 や 飲 酒 運 転 、 経 歴 詐 称 な ー プ ラ ン ド は 売 春 を し て い る 営 業 す る ″ 吉 原 の ド ン ″ と し 韓 国 の ト ラ ン プ を 支 給 し た り 、 青 年 た ち に 年 ど の 前 科 が あ る 。 論 文 剽 窃 で か ら 『 有 害 』 と 認 定 さ れ た の て 知 ら れ て い た 。 間 二 十 万 円 程 度 の 手 当 を 支 援 修 士 号 が 取 り 消 さ れ た こ と も で す 。 十 月 に は 女 優 ら の 受 け 「 女 優 を 紹 介 す る と 、 芸 能 プ と は 何 者 な の か ? す る な ど 、 前 例 の な い 政 策 を あ り ま す 。 民 主 党 の 候 補 選 で 口 に は 女 優 が 客 を 取 る た び に 入 れ 先 だ っ た 吉 原 の 『 ラ テ ン ク オ ー タ ー 』 『 オ ー ト ク チ ュ 五 千 円 が 入 る 仕 組 み 。 人 気 店 「 チ ェ ・ ス ン シ ル ゲ ー ト 」 に 推 進 し ま し た 。 人 気 取 り と の は 苦 戦 は 必 至 で す 」 ( 同 前 ) て ″ ト ラ ン プ ・ シ ョ ッ ク ″ は 悪 言 ー ル 』 な ど を 売 春 防 止 法 違 反 な の で 、 芸 能 プ ロ に し て み れ 揺 れ る 韓 国 で 、 " ポ ス ト 朴 槿 批 判 も あ り ま す が 、 若 者 の 支 明 を 柳 で 摘 発 し て い ま す 。 女 優 ば 、 派 遣 す る だ け で コ ス ト も 恵 。 と し て に わ か に 注 目 を 集 持 を 得 る こ と に は 成 功 し ま し 評 を も 吹 き 飛 ば す の か 。 馬 た 。 た だ 実 績 と 呼 べ る よ う な か か ら な い た め 本 業 よ り 儲 か め て い る 人 物 が い る 。 出 返 の る ほ ど で し よ う 」 ( 同 前 ) 十 一 月 二 十 五 日 、 プ ル ー ム も の は 、 ほ と ん ど あ り ま せ へ の 選 ー グ 通 信 は 〈 有 権 者 の 怒 り ん 」 ( 現 地 記 者 ) 実 は 、 今 年 夏 前 に 別 の 芸 能 交 プ ロ を 労 働 者 派 遣 法 違 反 容 疑 に ポ ピ ュ リ ズ ム 台 頭 韓 国 版 経 歴 で は ト ラ ン プ 氏 と 真 逆 大 大 ト ラ ン プ の 支 持 率 が 上 昇 〉 と の 李 氏 が " 韓 国 の ト ラ ン プ ″ で 摘 発 し た と き か ら 、 徹 底 摘 氏 原 李 発 の 流 れ は 始 ま っ て い た 。 い う 記 事 を 掲 載 。 次 期 大 統 領 と 称 さ れ る の は 、 な ど

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


神 戸 の お 嬢 様 女 子 校 龕 壟 べ っ ぴ ん さ ん の 鞄 」 か 超 カ ワ イ イ 制 服 姿 の 少 女 や 犬 の ア ッ プ リ ケ に 、 「 Y-OZ<Z 」 の 文 字 愛 ら し い デ ニ ム 鞄 を 手 に ポ ー ズ を 決 め る の は 、 神 戸 市 東 灘 区 に あ る 甲 南 女 子 中 高 等 学 校 出 身 の 三 人 の 女 子 大 生 で あ る 神 戸 を 中 心 に 、 芦 屋 や 西 宮 の 私 立 女 子 中 高 生 か ら 絶 大 な 支 持 を 得 る こ の 鞄 は 、 の 朝 ド ラ 「 べ っ ぴ ん さ ん 」 の モ デ ル と し て 話 題 沸 騰 中 の 子 供 服 メ ー カ ー 「 フ ァ ミ リ ア 」 の ロ ン グ セ ラ ー 。 昭 和 三 十 ニ 年 に 子 供 の ピ ア ノ レ ッ ス ン 用 の 鞄 と し て 誕 生 し 、 親 子 三 代 に 渡 っ て 青 春 時 代 に 愛 用 し て い る と い う OO も 少 な く な い 「 中 学 に 入 学 し て す ぐ 、 学 校 、 「 の 購 買 で 買 い ま し た 。 新 作 も 可 愛 く て 、 中 高 の 六 年 間 愛 用 し ま し た 」 ( 帝 塚 山 大 学 ニ 年 尾 方 伽 衣 さ ん ・ 右 ) 「 友 達 と 高 校 時 代 の 制 服 を 着 て ユ ニ バ ー サ ル ス タ ジ オ に 行 く ク 制 服 ュ ニ / ヾ に ハ マ ッ て い る の で す が 、 そ の 時 は 必 ず こ の 鞄 で す 」 ( 甲 南 女 子 大 学 ニ 年 西 田 梨 香 さ ん ・ 中 央 ) 「 結 婚 し て 子 供 が 出 来 た ら マ サ ー ス パ ッ グ と し て 使 い た い 」 ( 同 ニ 年 下 村 明 加 さ ん ・ 左 ) 細 か い 描 写 の 一 つ 一 つ ま で 、 す べ て 手 縫 い 。 ま さ に 「 べ っ ぴ ん さ ん 」 魂 が 縫 い 込 ま れ た 、 神 戸 の ク レ ガ シ ー % な の で あ る 。 撮 影 根 本 好 伸

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


に 、 カ タ を つ け る こ と に な に 寄 与 し た の が 、 ゲ リ ラ 戦 ど 年 末 に 向 け 、 イ ・ ヘ ン ト 目 ニ ッ ポ ン 』 で 夏 目 本 人 に " 否 の で す 。 年 内 結 婚 の 予 定 も 、 定 。 さ せ た う え で 、 日 刊 に 夏 目 の お 腹 が 大 き く な る こ 白 押 し の 芸 能 界 で 、 田 辺 を つ た の で す 」 ( 芸 能 関 係 者 ) 闘 員 だ っ た 五 〇 年 代 以 来 、 と も な く 、 日 刊 と し て は 立 " 敵 。 に 回 し て い る と 仕 事 二 人 の " ド ン ″ に 翻 弄 さ 慣 れ 親 し ん だ 緑 色 の 戦 闘 服 2 - 対 し て 、 『 妊 娠 し て い な い 姿 だ っ た 。 だ が 晩 年 の カ ス に な ら な い 。 十 一 月 の う ち れ た と い う こ と か 。 》 証 拠 を 出 し て 数 億 円 請 求 の つ 瀬 が な く な っ た 。 紅 白 な ト ロ が 好 ん で 着 た の は 、 意 似 訴 訟 を 起 こ す 』 と 伝 え た ん 外 に も 敵 対 し て き た は ず の で す 」 ( ス ポ ー ツ 紙 関 係 者 ) 資 本 主 義 社 会 の シ ン ポ ル の 最 大 の 疑 問 は 「 な ぜ 本 人 キ ュ ー バ カ ス ト ロ 前 議 長 が 一 つ 、 「 ア デ イ ダ ス 社 」 の ま た は 事 務 所 に 確 認 し な か ジ ャ ー ジ だ っ た 。 っ た の か 」 と い う こ と だ 。 「 〇 六 年 頃 か ら 会 談 な ど の 実 は 、 日 刊 が 報 じ る 前 日 場 に ト ラ ッ ク ス ー ツ を 着 て の 八 月 二 十 三 日 、 「 週 刊 ポ ス ト 」 が 、 夏 目 本 人 に 交 際 「 飛 行 機 の タ ラ ッ プ を 降 り わ た り ″ 独 裁 者 。 と し て 君 り 、 同 氏 の 死 去 か ら 三 日 後 出 席 す る よ う に な り 、 戦 闘 ・ 妊 娠 に つ い て 直 撃 取 材 。 る と 、 参 加 国 の 首 脳 を 待 っ 臨 し た フ ィ デ ル ・ カ ス ト ロ の 二 十 八 日 に は 、 早 速 " 米 服 と の ギ ャ ッ プ が 話 題 と な む そ の 後 両 者 の 事 務 所 に 事 実 力 ス ト ロ が 目 の 前 に 立 っ て 前 国 家 評 議 会 議 長 ( 囲 ) の 国 に と っ て よ り 良 い 条 件 で り ま し た 。 国 家 評 議 会 議 長 た い た の で す 。 イ メ ー ジ し て 死 去 が 伝 え ら れ た の は 、 十 の 再 交 渉 が 受 け 入 れ ら れ な 確 認 の 取 材 を し て い る 。 と い う 第 一 線 を 退 い た ケ ジ 談 会 い 場 合 に は 合 意 を 打 ち 切 メ と も 言 わ れ て い ま す 。 当 一 月 二 十 五 日 の こ と 。 い た カ ス ト ロ の 姿 よ り 太 っ 「 情 報 が 駆 け 巡 る な か 、 日 と そ の 功 罪 は 相 半 ば す る 。 る 。 意 向 を ツ ィ ッ タ ー に 投 初 は 『 フ ィ ラ 』 や 『 ナ イ 相 刊 の 記 者 が 、 も う ひ と り の て い る 印 象 を 受 け た の で す キ 』 を 好 ん だ よ う で す が 、 倍 「 〇 三 年 の 来 日 で 広 島 の 原 稿 し て い ま す 」 ( 同 前 ) ″ 芸 能 界 の ド / 、 バ ー ニ ン が 、 彼 が 日 頃 か ら 防 弾 チ ョ 旧 ソ ビ エ ト の 庇 護 の 下 、 そ の 後 『 ア デ イ ダ ス 』 に 定 グ プ ロ ダ ク シ ョ ン の 周 防 郁 ッ キ を 着 こ ん で い る こ と を 爆 慰 霊 碑 に 献 花 し た り 、 今 月 年 九 月 に は 安 倍 晋 三 首 相 を 冷 戦 時 代 を 切 り 抜 け た カ ス 着 し ま し た 」 ( 米 国 在 住 記 者 ) 矢 ら さ れ ま し た 」 雄 社 長 の 関 係 者 か ら 、 『 間 ロ 年 も と も と は 一 二 年 ま で ア 今 ト ロ 氏 は 、 ア メ リ カ に と っ 違 い な い 。 書 い て 大 丈 夫 』 一 九 七 九 年 、 非 同 盟 諸 国 私 邸 に 招 く な ど 親 日 家 の イ と 言 わ れ た そ う で す 。 こ の 首 脳 会 議 の 議 長 と し て 各 国 メ ー ジ が 強 い カ ス ト ロ 氏 で て ″ 目 の 上 の タ ン コ プ ″ 以 ー ニ ン グ か の 首 脳 を ハ バ ナ に 迎 え た フ す が 、 米 国 で は 国 内 で 一 言 論 外 の 何 物 で も な か っ た 。 業 界 で は 、 『 バ ら が 出 た も の は 、 個 別 イ デ ル ・ カ ス ト ロ を 取 材 し 弾 圧 を 徹 底 的 に 行 っ た 『 独 「 は 彼 の 暗 殺 を 試 み た ば か り か 、 『 カ ス ト ロ の に 確 認 す る 必 要 が な い 』 と た ジ ャ ー ナ リ ス ト の 古 森 義 裁 者 』 と 位 置 づ け ら れ て い 髭 を な く せ ば カ リ ス マ 性 を 第 ラ 、 ・ 。 鰍 一 ( ~ い う の が 暗 黙 の 了 解 に な っ 久 氏 は 、 稀 代 の 革 命 家 に し ま す 」 ( 外 信 部 記 者 ) 削 ぐ こ と が 出 来 る 』 と 特 殊 て い る ん で す 」 ( 同 前 ) て 独 裁 者 で も あ っ た 男 の 素 そ れ だ け に 一 四 年 に オ バ と の 国 な 薬 物 を 用 い て 彼 の 髭 を な マ 大 統 領 が キ ュ ー バ 当 初 は 抗 議 を 受 け て 立 っ 顔 を そ う 振 り 返 る 。 く さ せ る 作 戦 を 実 際 に 決 行 交 回 復 に 合 意 し た こ と は 、 姿 勢 だ っ た 日 刊 だ が 、 数 週 し ま し た 。 そ れ ほ ど 米 国 は な 間 後 に 潮 目 が 変 わ っ た 。 一 九 五 九 年 、 時 の バ テ ィ 米 国 内 で 批 判 を 浴 び た 。 「 周 防 社 長 が 、 『 ど う も 違 ス タ 政 権 を 倒 し て 、 社 会 主 「 ト ラ ン プ 次 期 大 統 領 は カ 彼 の 存 在 を 恐 れ た の で す 」 ス ト ロ 氏 を 『 野 蛮 な 独 裁 ( 前 出 ・ 古 森 氏 ) っ て い た み た い だ な 』 と 話 義 国 家 を 樹 立 さ せ た キ ュ ー そ の カ リ ス マ 的 イ メ ー ジ を ひ っ く り 返 し て し ま っ た バ 革 命 以 降 、 半 世 紀 近 く に 者 』 と 繰 り 返 し 批 判 し て お 。 乙 等 ダ ス 138

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


た か 、 い よ い よ 番 組 の テ コ で 、 Z 0 幹 部 の 男 性 に よ る バ ラ エ テ ィ 番 組 「 フ ル タ ヨ ー を 制 作 す る 情 報 制 作 関 る の も 当 然 か 。 、 こ こ 入 れ に 向 け 動 き 始 め た と 別 る 上 限 を 超 え る 二 百 万 円 の チ さ ん 」 ( フ ジ テ レ ピ 系 日 係 の 構 成 作 家 が そ れ ぞ れ 大 深 刻 な 数 字 を 前 に ー テ ィ 券 の 購 入 が 指 摘 さ に き て 局 内 で は 毎 日 の よ う の フ ジ 関 係 者 が 明 か す 。 曜 午 後 七 時 5 ) に 早 く も 暗 勢 入 り 、 人 件 費 も か な り か か っ て い ま し た 」 ( 同 前 ) 雲 が 立 ち 込 め て い る 。 に 対 策 会 議 が 行 わ れ て い る 「 古 舘 さ ん は 『 一 週 間 で 起 れ た 。 二 〇 一 三 年 一 月 、 山 こ っ た 世 の 中 の 出 来 事 に つ 梨 県 の 副 代 表 の 氏 そ の 結 果 、 初 回 視 聴 率 こ と い う が は 、 自 身 が 経 営 す る ホ テ 同 番 組 は 、 古 舘 が 「 世 の そ 八 ・ 二 % だ っ た が 、 三 回 「 会 議 で は 『 何 が 悪 い の か い て き ち ん と 報 道 し て い く 知 人 の 公 認 会 計 士 名 義 中 の ″ ひ っ か か る ″ こ と を 目 に し て 五 ・ 八 % と 急 落 。 各 々 最 低 三 つ は 原 因 を あ げ べ き で は ? ウ チ の 事 務 所 ル 、 ゲ ス ト と し ゃ べ り 倒 す 」 こ 同 時 間 帯 の 視 聴 率 で 全 局 最 て く れ 』 と 言 わ れ た こ と も の ス タ ッ フ は 報 道 ス テ ー シ で バ ー 券 を そ れ ぞ れ 百 万 あ っ た 。 『 そ も そ も サ ザ 工 と を テ ー マ に し て い る 。 ョ ン で 慣 れ て い る 。 予 算 内 円 、 計 二 百 万 円 を 購 入 。 政 低 を 記 録 し た 。 「 制 作 側 は 『 自 由 に ト ー ク 「 今 さ ら バ ク チ ー や 江 戸 時 さ ん と か ぶ せ る 必 要 が あ つ で 収 め る か ら や ら せ て く れ 治 資 金 規 正 法 で 定 め ら れ た た の か 』 、 『 ス タ ッ フ を 減 ら な い か 』 と 打 診 し て き て ま 百 五 十 万 円 の 上 限 を 超 え て し た い 』 と 願 う 古 舘 を 口 説 代 の 画 家 ・ 伊 藤 若 冲 が プ ー ム と 言 わ れ て も 、 、 か に も し て は ど う か 』 な ど 身 も フ す 。 フ ジ と し て も 、 三 顧 の お り 、 ま た 本 人 以 外 の 名 義 い て 、 鳴 り 物 入 り で ス タ ー で の 購 入 を 禁 じ る 同 法 に 抵 ト さ せ た 。 番 組 タ イ ト ル の ネ タ が 古 い 。 他 に も 『 Z>- タ も な い 意 見 ば か り 出 る 始 礼 を も っ て 迎 え た だ け に 、 『 フ ル タ チ さ ん 』 は 直 前 に で 人 気 の レ イ ン ポ ー ベ ー グ 末 で す 」 ( 前 出 ・ 制 作 関 係 者 ) ム ゲ に は で き な い 。 た だ 、 触 す る 疑 い が あ る の だ 。 冒 頭 の よ う に 二 年 も た 日 曜 夜 の フ ジ は 既 に 『 「 飲 食 店 の 運 営 や 、 観 光 振 放 送 さ れ て い る 『 サ ザ 工 さ ル の 七 色 の 秘 密 』 を 探 る た サ ン デ ー 』 と い う 報 道 興 の ZA-O の 幹 部 を 務 め る ん 』 に 因 ん で い ま す 」 ( フ め に 現 地 に ス タ ッ フ を 派 遣 ず に 打 ち 切 り へ の 危 機 感 ジ 関 係 者 ) し た が : 企 業 秘 密 だ と 言 も 露 わ だ と い う 。 系 バ ラ エ テ ィ が あ り 、 今 さ 氏 は 、 元 々 、 山 梨 の 長 崎 古 舘 自 身 も 十 一 月 二 十 七 ら 『 報 ス テ 』 の よ う な 番 組 に 幸 太 郎 氏 の 支 援 者 で し た 。 同 番 組 の 裏 に は 、 常 に 視 わ れ て 、 わ か ら ず じ ま い と 聴 率 二 〇 % 前 後 を 記 録 す る さ す が に 出 演 者 か ら も 『 Z 日 の 放 送 の 冒 頭 で 「 毎 回 最 す べ き か 疑 問 は あ り ま す 」 し か し 、 一 二 年 の 衆 院 選 を そ ろ そ ろ 、 報 道 へ の こ だ き っ か け に 鶴 保 事 務 所 と 関 る お 化 け 番 組 「 ザ ! 鉄 腕 ! ま で 行 く 必 要 あ っ た ? 』 終 回 の つ も り で や っ て お り す 係 を 深 め て い く の で す 。 当 」 や 「 世 界 の 果 て と ツ ッ コ ミ が 入 り ま し た 」 ま す 」 と 自 虐 ネ タ で 笑 わ せ わ り を ス テ る 時 で は ? 時 の 鶴 保 氏 は 、 国 土 交 通 副 出 ま で イ ッ テ ! 」 ( と も に 日 ( テ レ ビ 誌 記 者 ) ど う し て こ ん な こ と に な 心 大 臣 で 、 バ ー 券 購 入 の 五 日 ダ 本 テ レ ビ 系 ) が 控 え る だ け 「 3 年 間 で 850 万 円 氏 後 、 氏 は ZA«O 代 表 ら と 秘 に 、 当 初 は フ ジ と し て も カ っ て し ま っ た の か 。 ニ 副 大 臣 室 を 訪 れ 面 会 。 す る の 「 番 組 開 始 前 か ら 局 内 に は 録 が 入 っ て い た と い う 。 収 「 バ ラ エ テ ィ 畑 と ワ イ ド シ 『 古 舘 さ ん な ら 何 と か し て と 、 そ の Z 0 は 翌 月 に 募 一 沢 集 が 始 ま っ た 観 光 庁 の 補 助 く れ る 』 と い う 空 気 が 漂 っ て い た 。 他 局 の 番 組 で ゲ ス 「 女 性 問 題 や 『 土 人 』 擁 護 ( 政 治 部 記 者 ) 金 ( 最 大 一 千 五 百 万 円 ) の 対 保 象 事 業 に 選 ば れ た の で す 。 ト 出 演 す る と 視 聴 率 が 良 か 発 言 な ど 、 大 臣 就 任 直 後 か っ た か ら で す 。 要 は 誰 も ほ ら ス キ ャ ン ダ ル が 続 出 。 閣 鶴 保 庸 介 沖 縄 ・ 北 方 担 当 さ ら に 翌 年 に と ん ど 何 も 考 え て な か っ た 議 で は 、 失 言 連 発 の 山 本 有 大 臣 ( ) に 、 「 政 治 と カ ネ 」 は 追 加 補 助 の ん で す 」 ( フ ジ 局 員 ) ニ 農 水 大 臣 と と も に 誰 か ら の 問 題 が 新 た に 浮 上 し た 。 対 象 に も な っ こ れ で は 視 聴 率 が 低 迷 す も 相 手 に さ れ て い ま せ ん 」 十 一 月 二 十 日 、 毎 日 新 聞 た 。 鶴 保 氏 や 毒 ま ん じ ゅ う

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


を 実 定 タ 京 科 セ 属 セ 年 し た 海 外 臨 床 実 習 の 調 整 や カ リ ロ ス 東 究 究 附 総 6 科 科 充 予 科 。 研 研 部 一 5 学 科 学 キ ュ ラ ム 編 成 な ど を 行 い ま す 。 覚 覚 学 覚 卒 学 系 際 学 タ 2 ム 持 を 0 聴 回 【 ・ - 回 部 留 学 国 医 任 語 一 を 院 人 間 性 豊 か で グ ロ ー バ ル な 並 〈 学 医 育 同 修 職 言 業 チ 一 病 本 医 默 院 教 研 等 現 科 科 学 一 学 学 教 合 長 ら 新 時 代 の 医 師 を 育 成 学 学 科 法 ヒ 大 オ 大 医 一 総 一 か 法 療 法 学 京 フ 学 属 タ 院 タ 月 業 療 東 ン 大 附 ン 病 ン 9 業 業 市 療 ー ー め ざ す 医 師 像 と は 。 作 原 学 ) 市 ) ) 斗 、 理 市 市 原 学 科 / 対 応 し た ス タ ッ フ 配 置 、 ハ ラ ル 食 北 村 デ イ プ ロ マ ポ リ シ ー ( 卒 足 が 深 刻 て す 。 連 床 合 職 / 岡 日 科 田 法 学 刈 市 設 で 種 臨 成 験 蹴 大 療 科 ジ 田 新 学 県 科 福 学 【 0 【 0 ム 職 な 試 業 時 の 到 達 目 標 ) に 掲 げ た も 大 友 成 田 キ ャ ン パ ス が あ る の 対 応 な ど 、 東 京 オ リ ン ピ ッ ク ・ パ 県 学 報 ネ 成 月 法 川 学 県 県 法 一 連 富 觚 家 木 理 情 マ 県 4 療 奈 護 岡 岡 療 チ 関 豊 o 国 9 葉 年 科 学 鰰 看 科 学 の に 、 ま ず 医 師 と し て 一 番 大 切 千 葉 県 は 特 に 顕 著 で す 。 今 春 開 ラ リ ン ピ ッ ク も 見 据 え 、 日 本 の 優 の 「 や 2 の 率 。 断 る 院 ス 職 , セ セ な 「 心 」 で あ る ProfessionaIism 学 し た 2 学 部 5 学 科 で は 年 間 れ た 医 療 と サ ー ビ ス を 提 供 す る こ 横 す 病 。 ラ 就 在 が あ り ま す 。 医 療 人 と し て の 責 340 人 を 輩 出 し ま す が 、 医 学 部 と で 世 界 的 な ハ ブ 病 院 を め ざ し ま 任 や 高 い 倫 理 観 、 豊 か な 人 間 性 の 140 人 が 加 わ る こ と で 人 材 す 。 数 年 後 に は 外 国 人 患 者 さ ん も 原 療 祉 】 キ 】 護 健 査 原 保 キ 護 キ 健 査 部 場 っ 実 国 5 一 2 畑 響 田 晋 岡 看 川 保 岡 検 学 現 4 の 全 ☆ 年 い 5 を 1 年 次 か ら 教 育 し ま す 。 次 に 不 足 解 消 へ の 貢 献 も め ざ し ま す 。 多 数 お ら れ る で し よ う か ら 、 新 し 保 見 医 薬 医 成 成 2 3 福 . 福 す 0 ト ト Active lea 「 ning ( 能 動 的 な 学 北 村 本 学 が め ざ す 国 際 性 と 地 い 病 院 で 充 実 し た 臨 床 実 習 が 受 火 み 水 み 効 し 1 セ セ 0 の 以 有 1 け ら れ ま す 。 習 ) 。 自 ら 主 体 性 を 持 ち 生 涯 に わ 域 医 療 貢 献 は 、 矛 盾 す る こ と な く / 9 ン % を 効 日 な ー ラ ッ プ し ま す 。 国 内 で 先 ー ー ー 医 学 部 を め ざ す 方 々 へ メ ッ た っ て 学 び 続 け る 姿 勢 が 大 切 で オ ー 有 8 異 料 試 0 。 名 印 0 付 6 消 1 入 間 6 付 田 無 0 部 部 抜 期 2 受 成 出 に す 。 さ ら に 、 流 暢 で な く て も 世 界 進 医 療 に 対 応 で き る 医 師 は 、 上 下 セ ー ジ を お 願 い し ま す 。 願 書 0 学 学 ロ 於 於 1 ー ー / 学 願 ・ 医 他 で コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 取 れ る 水 道 の 未 整 備 と い っ た 行 政 的 イ 北 村 来 春 い よ い よ 世 界 最 高 生 内 話 号 の 学 で 付 1 原 学 田 留 学 料 料 奨 部 受 切 日 Glob 一 sh で あ る こ と 。 百 人 百 様 の ン フ ラ が 原 因 で 感 染 症 が 発 生 す 水 準 の 国 際 医 療 拠 点 が 成 田 で ス 業 の 学 願 験 大 資 地 ・ 福 田 授 額 全 出 締 試 さ 験 京 ・ ラ イ フ プ ラ ン や 価 値 観 に 寄 り 添 る 国 で も 活 躍 で き る で し よ う 。 そ タ ー ト し ま す 。 国 や 人 種 、 宗 教 や - 旧 た 試 東 阪 成 0 0 5 認 田 1 0 か 学 続 は 能 の 逆 も あ り 、 海 外 で 活 躍 で き る 人 文 化 が 異 な る 人 達 が 集 ま る キ ャ え る 医 師 を 育 成 し ま す 。 中 „-: 奨 継 額 の 名 の も 金 0 4 は 当 然 国 内 で も 活 躍 で き ま す 。 ン パ ス は 、 お 互 い に 刺 激 し 合 え 北 島 臨 床 医 に は 、 質 の 高 い 項 4 者 5 , 度 付 2 2 を 要 進 格 棚 円 年 給 日 集 る 理 想 的 な 環 境 で す 。 6 年 間 の 医 療 を 提 供 す る Ar ( ( 技 術 ) と 7 8 出 れ 万 の 合 1 翌 去 募 で 、 つ 学 1 す 0 位 タ 9 世 界 的 な ハ ブ 病 院 を め ざ し 生 0 0 。 合 1 い 5 費 学 火 れ 学 費 も 私 立 医 学 部 で 最 も 安 い そ れ を 支 え る Science ( 科 学 ) 、 8 学 大 細 成 田 に 附 属 病 院 を 新 設 2 成 銘 当 ま 詳 1850 万 円 に し た の で 、 ぜ ひ 多 室 Human 一 ( y ( 人 間 性 ) が 必 要 で 考 一 考 文 で 安 務 験 祉 年 ら 欠 5 、 次 / 明 6 さ す 。 こ れ ら を 兼 ね 備 え た 医 師 を 育 北 島 年 に は 成 田 市 畑 ケ 田 地 く の 方 に め ざ し て ほ し い で す 。 様 一 口 田 試 せ 務 棚 抜 授 に 学 安 る せ 入 わ 事 北 島 先 見 の 明 と 責 任 感 を 持 っ 雕 成 し 、 国 家 試 験 に も 万 全 に の ぞ む 区 へ 、 国 際 遠 隔 画 像 診 断 セ ン タ ー 、 一 火 選 英 2 も れ 験 を 業 位 入 わ 部 哈 試 1 次 最 さ 入 試 生 に 授 社 忠 験 接 で 抜 厂 = め 、 日 本 の 医 学 教 育 を 牽 引 し て や 感 染 症 国 際 研 究 セ ン タ ー も 設 た 奴 雁 を た る 医 学 部 か ら 、 ビ ジ 「 一 学 生 部 試 面 部 選 カ 人 学 に 匚 き た 北 村 教 授 を 医 学 部 長 に 、 九 置 し た 642 床 の 附 属 病 院 を 新 ン を 持 ち な が ら 自 分 で 考 え 行 動 「 学 個 医 生 医 学 学 ゼ 待 給 の ′ 試 、 試 ン 入 ャ 大 奨 州 大 学 か ら 吉 田 素 文 教 授 を 副 医 設 す る 予 定 で す 。 す る こ と で リ ー ダ ー シ ッ プ を 発 揮 鹸 試 部 特 付 も 仕 物 際 立 待 入 学 部 給 後 給 で 入 ヤ の キ 餌 年 分 試 般 学 を 笋 て 大 部 キ 部 原 7 区 入 大 友 医 学 部 の フ ラ ッ グ シ ッ ブ 病 で き る 医 師 が 数 多 く 羽 ば た い て が 一 入 生 タ 用 国 含 試 般 一 ら 医 金 入 し 最 学 田 学 田 れ 国 学 部 長 に 迎 え ま す 。 費 学 医 成 他 大 群 0 学 医 い く こ と を 期 待 し て い ま す 。 セ ー ー ・ 首 都 圏 は 医 療 福 祉 専 門 職 不 院 と し て は も と よ り 、 9 か 国 語 に 2 阯 ル 国 際 医 療 福 祉 大 医 学 部 長 予 定 者 「 チ ー ム 医 療 ・ チ ー ム ケ ア 」 を 担 う 医 療 福 祉 の エ キ ス パ ー ト を 養 成 田 成 特 待 奨 学 生 特 別 選 抜 入 試 ( 医 学 部 除 く ) 医 学 部 特 待 奨 学 生 制 度 国 際 医 療 福 祉 大 学 の 特 長

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


2016.12.8 美 容 機 器 " の 歴 史 を 目 覚 ま し い ス ピ ー ド で 進 化 さ せ た YA ー M A N H i s t 0 r y ェ ス テ テ ィ シ ャ ン 向 け の 美 容 機 器 を 製 造 し て き た 技 術 力 を 活 か し 、 脱 毛 ・ 痩 身 ・ 美 顔 に お い て 自 宅 で 体 験 で き る 、 数 々 の 美 容 機 器 を 世 に 送 り だ し て き た 。 そ の 中 で も 、 時 代 の ニ ー ズ に 応 え 、 ア イ デ ア を 素 早 く 商 品 化 し て き た 美 顔 器 " に ス ポ ッ ト ラ イ ト を あ て て 、 最 新 モ デ ル ま で の 変 遷 を た ど る 。 摘 要 出 来 事 1 978 、 ヤ ー マ ン 株 式 会 社 設 立 1999 家 庭 用 美 容 機 器 開 発 ・ 販 売 開 始 レ ー ザ ー 脱 毛 器 を 販 売 「 フ ォ ト イ オ ン 』 発 売 週 刊 文 春 日 本 に は 今 、 か っ て の ソ ニ ー く り は も ち ろ ん の こ と 、 全 く ス を す る の が 美 容 機 器 な わ け だ が 、 済 的 だ ろ う 。 例 え ば 使 っ て す ぐ 、 ス イ ッ チ 一 つ で 締 ま っ た 体 が 作 ト レ ス の な い 脱 毛 器 の 開 発 に も の よ う な 世 界 に 誇 れ る 企 業 が 少 成 功 し て い て 、 来 年 に は 革 新 的 な く な っ た 。 し か し こ の ジ ャ ン 上 向 き の 明 る い 透 明 肌 が 出 来 上 れ る 機 能 が 満 載 。 そ の 機 能 は 化 粧 品 は も ち ろ ん 、 ル は 、 日 本 が 先 行 し て お り 、 こ が り " シ ン デ レ ラ リ フ ト ″ の 異 そ し て 今 や 男 性 も 手 足 を 脱 毛 な 製 品 が デ ビ ュ ー す る ら し い エ ス テ も 飛 び 越 え 美 容 ク リ ニ ッ れ か ら が 本 番 と 一 一 = ロ わ れ る 分 野 だ ク を 下 地 に し て い る 。 フ ォ ト フ 名 も 取 る 最 新 鋭 の ポ ー テ し 、 女 性 は デ リ ケ ー ト ゾ ー ン を と も か く 、 同 じ こ と を や ら な い 。 け に 、 ヤ ー マ ン あ た り が 世 界 に ド ラ イ ヤ ー に も 頭 皮 ェ ク サ サ イ ェ イ シ ャ ル や サ ー マ ク ー ル 、 ラ フ ォ ト プ ラ ス が 、 高 級 ク リ ー ム 全 て 脱 毛 す る と い わ れ る 時 代 。 ジ オ 波 な ど の プ チ 整 形 プ ロ グ 一 フ 1 個 分 、 4 万 円 前 後 で 買 え る の 脱 毛 サ ロ ン が 急 増 す る 一 方 、 自 ズ 機 能 を 搭 載 、 水 素 水 を 作 る 機 誇 れ る 次 な る 企 業 と し て 注 目 を ム を 家 庭 用 に し た 機 器 を 、 1 台 だ 。 一 方 、 " 痩 身 。 で も 、 キ ャ 分 で で き る 脱 毛 の 進 化 が 急 が れ 器 も ス チ ー マ ー を 合 体 さ せ 、 浴 び る こ と に な っ て も 不 思 議 じ に 多 機 能 で 搭 載 、 週 に 3 度 の 使 ビ テ ー シ ョ ン Ⅱ 脂 肪 溶 解 や 揉 み て い る 。 ャ ー マ ン は す で に 安 全 " 飲 む 。 と " 潤 す 。 が 同 時 に 出 や な い 。 そ の く ら い 底 知 れ な い 実 力 を 持 っ た プ ラ ン ド な の だ 。 用 で 1 回 数 十 万 の 施 術 と 同 じ 効 出 し 、 な ど 、 ジ ム 通 い の 性 や ツ ル ツ ル に 仕 上 げ る 美 肌 づ 来 る 機 器 に し て し ま っ た 。 ズ ヒ サ の ク 売 工 本 筋 万 情 0 累 4 つ の フ ォ ト モ ー ド 2 0 0 4 イ オ ン 導 入 ・ 導 出 ク レ ン ジ ン グ 、 マ ッ サ ー ジ イ オ ン 導 入 、 リ フ テ ィ ン グ 超 音 波 & EMS イ オ ン 導 入 「 イ オ ン DUO 』 発 売 2 0 0 5 「 イ オ ン マ グ ソ ニ ッ ク 』 発 売 2 0 0 5 2007 『 プ ラ チ ナ ゲ ル マ ロ ー ラ ー 』 発 冗 3 つ の フ ォ ト モ ー ド 「 ト リ フ ォ ト 』 発 売 2 0 0 9 イ オ ン 導 入 ・ 導 出 目 元 ケ ア フ ェ イ ス リ フ ト 「 42 ℃ HSP 」 ( ヒ ー ト シ ョ ッ ク プ ロ テ ィ ン ) い 台 5 役 】 イ オ ン 導 入 、 イ オ ン 導 出 ラ ジ オ 波 、 EMS 、 ク ー ル 2 0 1 0 「 プ ラ チ ナ ホ ワ イ ト ソ ニ ッ ク 』 発 売 2 0 1 3 『 プ ラ チ ナ ホ ワ イ ト RF 』 発 売 い 台 6 役 】 イ オ ン 導 入 、 イ オ ン 導 出 ラ ジ オ 波 、 EMS 、 フ ォ ト 、 ク ー ル 2 0 1 5 『 RF Beauté フ ォ ト PLUS 』 発 売 ア リ バ バ グ ル ー プ 「 T-mall ( 天 猫 ) 』 T-maII: 7 万 を 超 え る 店 舗 、 会 員 数 6500 万 人 、 流 通 総 額 は 8 兆 3325 億 円 2 0 1 6 . 7 T-mall( 天 猫 ) の 美 顔 器 部 門 に て 販 売 実 績 第 1 位 を 獲 得 iIIustration:hipBORNtwin 73 提 供 / ャ ー マ ン 制 作 / 文 藝 春 秋 メ デ ィ ア 事 業 局

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


こ の ヤ ー マ ン 、 市 場 を 常 に リ ー ド し 、 今 あ る 美 容 機 器 の 多 く 能 性 を 持 っ こ の 分 野 で 、 世 の 中 ン の 進 化 が 早 す ぎ て ユ ー ザ ー を は こ こ が 発 明 し た と い っ て も い に 無 い も の を 作 る こ と が 面 白 く 戸 惑 わ せ 、 今 " 下 取 り 制 度 。 も い バ イ オ ニ ア 。 技 術 力 も 発 想 の て し よ う が な い 、 だ か ら 美 容 機 模 索 中 だ と か 。 豊 か さ も 、 も う 別 格 な の だ 。 そ 器 な の だ と 思 え て く る 。 誰 も 発 と こ ろ で 美 容 機 器 に つ い て は 、 れ も そ の は す 、 も と も と は 先 端 想 で き な い こ と を ア ッ と い う 間 多 く の 人 が そ の 効 果 を 知 ら な い 。 電 子 機 器 メ ー カ ー 。 例 え ば 、 世 に 形 に で き る 実 力 派 ゆ え に 、 そ 安 全 性 に す ら 、 ま だ 誤 解 が あ る 。 界 最 大 級 1 万 2000 メ ー ト ル の 選 択 と な っ た の で は な い か 。 し か し こ の 分 野 、 い つ の 間 に か を 超 す " 瀬 戸 大 橋 。 建 設 で 、 橋 と も か く ャ ー マ ン は 、 こ の 世 驚 く べ き 進 化 と 拡 大 を 見 せ て い 画 企 ネ の し な り を 非 接 触 で 測 り 、 維 に 既 に あ る も の に は 全 く 興 味 が た 。 ャ ー マ ン が 手 が け る の は 、 持 ・ 安 全 管 理 に 貢 献 し た レ ー ザ な い 、 発 明 し か 考 え て い な い 。 リ フ ト ア ッ プ 、 痩 身 、 脱 毛 、 髪 事 鶴 - 三 ロ ー 式 変 位 計 を 開 発 し た の は こ こ 。 だ か ら 特 許 の 数 140 以 上 。 常 質 改 善 。 そ れ そ れ に お い て 、 革 容 い 、 お 手 に 持 っ て 測 る 初 の 体 脂 肪 計 も に 革 命 的 新 製 品 で 衝 撃 を も た ら 命 的 な 商 品 を 次 々 生 み 出 し て い 他 愛 こ こ の 発 明 だ 。 そ の 後 、 業 務 用 し 、 作 っ た 製 品 も 目 覚 ま し い ス て 、 そ の レ ベ ル は 私 た ち が 想 像 つ は の エ ス テ 機 器 を 作 っ て き た 経 緯 ピ ー ド で 進 化 さ せ 続 け て い る 。 も し な い と こ ろ ま で 到 達 し て い イ ど か ら 、 家 庭 用 美 容 機 器 の 開 発 を ま さ に ス マ ホ が 早 く も ″ 7 。 を た の だ 。 ま す 〃 リ フ ト ア ッ プ 気 セ さ 一 工 手 掛 け る よ う に な る の だ 。 載 の モ す で に 世 の 中 に あ る も の に は 数 男 多 の ジ ム も 美 容 ク リ ニ ッ ク も 、 エ ス テ も 、 ス イ ッ チ 1 つ 、 興 味 が な い 圧 倒 的 な パ イ オ 一 一 て て い め み ん な 家 の 中 に 持 っ て し ま う 幸 せ ー ア 精 神 。 世 の 中 が つ い て こ ら お 初 れ な い 斬 新 発 想 い わ ゆ る ヒ ッ ト 商 品 の ヒ ッ ト の ゲ ル マ ロ ー ラ ー が 生 ま れ た 。 誌 は 性 刊 に マ グ レ 当 た り は な い 、 必 ず そ 正 直 「 ど こ の が い い 」 と い う 話 な ぜ 業 務 用 か ら 家 庭 用 ? と 女 新 。 最 の 陰 に 確 固 た る 必 然 が あ る も の で は な く 、 こ れ は ず ば り 「 ヤ ー 思 う だ ろ う が 、 考 え て み て 欲 し 立 独 躍 だ け れ ど 、 記 憶 に 新 し い の が 、 マ ン 」 と い う プ ラ ン ド の ″ 産 い 。 靴 箱 み た い に 大 き か っ た 最 て 活 経 で を ゲ ル マ ロ ー ラ ー の 大 ヒ ッ ト 。 社 物 。 、 類 似 品 が 出 て く る や 否 や 、 初 の 携 帯 電 話 が 今 や カ ー ド の よ 者 な 会 現 象 と も な っ た か ら 、 男 性 も ャ ー マ ン は や が て そ の 細 い 棒 に う に 薄 く 小 さ い ス マ ホ へ と 進 化 。 編 ザ 存 在 は 知 っ て い る は ず 。 表 情 筋 新 機 能 を 5 つ も 6 つ も 一 気 に 搭 小 型 軽 量 化 こ そ 、 こ う し た 先 端 誌 イ ( 顔 に あ る 筋 肉 ) を 鍛 え る " 棒 載 し た 新 機 種 を 開 発 、 他 を 圧 倒 電 子 機 器 の 技 術 力 の 見 せ ど こ ろ 状 の 美 容 機 器 。 で 、 顔 の 上 で コ し た 。 200 万 本 を 超 え る 大 ヒ な の だ 。 そ れ に し て も な ぜ 美 容 お 発 ロ コ ロ 転 が す だ け の 新 し さ か ら 、 ッ ト と な っ た の は 、 あ く ま で 機 器 ? こ れ も 不 思 議 だ が 、 ヤ か 開 う の " コ ロ コ ロ 。 の 愛 称 で も 親 し ま 「 ヤ ー マ ン の ゲ ル マ ロ ー ラ ー 」 ー マ ン の モ ノ づ く り の す さ ま じ レ 」 ロ れ た 。 結 果 、 数 え 切 れ な い ほ ど な の だ 。 い 速 さ 、 驚 く べ き 斬 新 さ を 見 る 齋 藤 薫 の 人 間 ・ 見 た 目 学 シ ン デ レ ラ の 先 端 電 子 機 器 the beauty vol. 4 0 一 三

週刊文春 平成12月8日号 第58巻 第47号


ッ チ ャ イ い る し 、 物 理 学 も 素 粒 子 か も 丸 呑 み し て い る が 、 彼 ら き て い る で は な い か 。 ポ す ら 宇 宙 ま で 名 前 な し で 表 現 も 食 っ て る だ ろ う 」 と 文 句 大 幅 に 単 純 化 す る に は 種 で 各 富 し て い る の だ か ら 。 を 一 言 う だ ろ う 。 「 経 団 連 」 や 「 就 活 」 の よ 授 庫 。 し し オ 教 在 た と え ば 刑 務 所 の よ う に そ れ を 聞 い た 人 間 ポ ン プ う に 略 語 を 使 え ま 、 、 。 こ 服 に 番 号 を つ け る か 、 い つ の 芸 人 は 「 お れ は 毎 日 金 魚 と え ば 「 い た だ き ま す 。 う 名 新 学 文 う 思 っ て テ ス ト は や め た が 、 そ 名 前 は だ れ に も 覚 え ら れ を 呑 ん で 出 し て い る が 、 金 わ っ 美 味 し い ! ( 食 べ 終 わ 大 春 子 文 困 る の は 人 に 話 す と き だ 。 な い 複 雑 な 名 前 に す る か 魚 を 食 べ て い る の か ? 毎 る と ) ご ち そ う さ ま 。 あ な 女 ( 「 あ の 番 組 の 司 会 の 、 ほ ( 最 近 は 読 め な い 名 前 が 増 日 晩 酌 を し て い る が 、 お れ た の よ う な き れ い な 人 に 美 6 格 茶 の ら 、 何 だ っ け 、 昔 見 た 映 画 え て い る か ら 、 あ と 一 歩 は ビ ー ル を 〈 食 べ 〉 て い る 味 し い 物 を 作 っ て も ら っ て ャ 。 チ に 出 て た ろ 、 映 画 館 で 、 ど だ ) 、 自 由 に ど ん な 名 前 で の か ? 」 と 一 一 一 口 う だ ろ う 。 ば く は 世 界 一 の 果 報 者 で 者 ッ こ の 映 画 館 だ っ け 、 池 袋 か 呼 ん で も い し し 、 と 、 う 仕 組 み も ち ろ ん 「 嚼 」 「 嚥 下 」 す 」 の 略 語 を 「 わ ん 」 に 決 学 『 。 員 に で き な い も の か 。 ら 何 線 だ っ け 、 そ れ に 乗 っ な ど の こ と ば も 思 い 出 せ な め て お け ば 、 食 事 の 前 に れ 会 他 ま ド て 、 何 駅 だ っ け : : : 」 近 い 将 来 、 人 工 知 能 で 顔 い だ ろ う か ら 、 そ れ ら も 同 「 わ ん 」 と 言 え ば い い 。 年 カ 実 生 活 で も 同 じ だ 。 を 認 識 し て メ ガ ネ に 名 前 を じ 調 子 で 説 明 す る 必 要 が あ の 語 は 忘 れ 放 題 に な る 。 屋 ン だ が こ れ で も 、 肝 心 の 「 ほ ら 、 あ の 目 つ き が 悪 く 表 示 す る よ う に な れ ば 問 題 る 。 説 明 し て い る 間 、 何 を て 鼻 が 低 く て 色 黒 で 、 オ オ は 円 満 に 解 決 す る 。 つ い で 説 明 し て い る か を 覚 え て い 「 わ ん 」 が 思 い 出 せ ず 、 「 え 最 近 、 名 前 が 思 い 出 せ な カ ミ の 顔 を つ ぶ し た よ う な ー と 〈 き ゃ ん 〉 だ っ け 、 に 自 分 を 攻 撃 す る 可 能 性 の ら れ た ら 奇 跡 だ 。 い 。 記 憶 力 を テ ス ト す る た 威 嚇 的 な 顔 を し て い る の 有 無 が 表 示 さ れ れ ば 、 ま わ そ も そ も 単 語 の 数 が 多 す 〈 ニ ャ ー 〉 だ っ け 」 と な る め 、 テ レ ビ に 出 て い る 芸 能 に 、 内 面 は 絶 対 に 顔 に 出 る り が 敵 だ ら け だ と 分 か っ て ぎ る 。 「 中 学 生 の 英 語 で 十 恐 れ が あ る 。 思 い 出 し て 人 の 名 前 を 言 お う と す る と と 言 い 張 り 、 胴 長 短 足 で 、 緊 張 感 が 生 ま れ 、 認 知 症 の 分 」 と 言 わ れ る が 、 実 際 、 「 わ ん 」 と 言 っ て も 、 妻 が 「 ガ オ ー ツ ま ず 思 い 出 せ な い 。 半 日 か 険 悪 な 雰 囲 気 で お れ の 前 に 進 行 を 防 ぐ こ と が で き る 。 ほ と ん ど こ と ば を 知 ら な い ! 」 と 吠 え 返 す け て や っ と 思 い 出 せ て も 、 座 っ て い る 女 」 と 言 っ た ら 名 前 以 外 の こ と ば も 思 い 幼 児 も 大 人 よ り 楽 し げ に 生 恐 れ が あ る 。 一 時 間 後 に は 思 い 出 せ な 妻 は 激 怒 す る だ ろ う 。 出 せ な く な っ た ら 大 変 だ 。 名 前 の シ ス テ ム は 脆 弱 な た と え ば 「 食 べ る 」 と い う い 。 そ の 番 組 の も っ と 有 名 な 芸 能 人 の 名 前 も 出 て こ 記 憶 力 に 頼 っ て い る 。 記 憶 こ と ば を 忘 れ た ら 、 ず 、 次 々 に 名 前 が 思 い 出 せ 力 の せ い で 家 庭 崩 壊 や 小 遣 「 え ー と 、 ほ ら 、 体 内 に ロ 2 石 に え ん か そ し や く な い こ と が 判 明 す る 。 芋 づ い 減 額 を 招 い て い い の か 。 か ら 入 れ て 咀 嚼 し て 嚥 下 す ん 忘 る 式 に 出 て こ な い の だ 。 首 脳 会 談 で 相 手 国 の 名 や 首 る 動 作 が あ る だ ろ う ? 」 世 な こ ま 記 憶 力 の テ ス ト は 記 憶 力 脳 の 名 前 を 忘 れ て 戦 争 に 発 と 言 う だ ろ う が 、 咀 嚼 と 嚥 下 で 説 明 す る と 、 蛇 や 鳥 が な い こ と を 確 認 す る 意 味 展 し て も い い の か 。 し か な い 。 不 合 格 に な る と も っ と シ ン プ ル な シ ス テ が 「 わ れ わ れ は 噛 ま ず に 丸 分 か っ て い る テ ス ト を 受 け ム が あ る は ず だ 。 動 物 も 名 呑 み し て い る が 、 食 べ て い る の は 学 校 時 代 だ け だ 。 こ 前 な し に ち ゃ ん と 生 活 し て な い の か ? 早 食 い の 人 間 田 ま じ 、 出 せ な 976 ぞ す い : 宅 な い 1 ユ よ み 。 イ ラ ス ト レ → ョ ン ・ ヨ シ タ ケ シ ン ス ケ