検索 - みる会図書館

検索対象: パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)から 195件ヒットしました。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


パ ニ ッ ク ・ 裸 の 王 様 276 煉 瓦 を お ろ し 、 砂 漠 へ 行 こ う 。 ( 「 中 央 公 論 」 文 芸 特 集 号 、 昭 和 三 十 四 年 一 月 )

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


「 。 ハ ニ ッ ク 」 「 巨 人 と 玩 具 」 「 裸 の 王 様 」 は 文 藝 春 秋 新 社 刊 『 裸 の 王 様 』 ( 昭 和 三 十 三 年 三 月 ) 、 「 流 亡 記 」 は 中 央 公 論 社 刊 『 屋 根 裏 の 独 白 』 ( 昭 和 三 十 四 年 八 月 ) に そ れ ぞ れ 収 め ら れ た 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


あ る 事 件 が 発 生 し た 。 巨 人 の 一 人 が 戦 線 を 後 退 し た の で あ る 。 三 人 の う ち で も っ と も 才 智 に は た ん 長 け た ア ポ ロ が 予 想 外 の 破 綻 を お こ し て 失 脚 し た の で あ る 。 そ の こ と の た め に 彼 ら は 大 衆 か ら 不 安 と 恐 怖 を 買 う こ と と な っ た 。 七 月 の あ る 日 、 一 人 の 小 学 生 が ト ン ポ 釣 り か ら 帰 っ て き て 昼 寝 を し た 。 夕 方 、 母 親 が お こ し に い く と 彼 は 意 識 を 失 っ て い た 。 顔 が 青 ざ め 、 く ち び る を か ん だ 歯 は 乾 い て い た 。 医 者 は 薬 品 中 毒 だ と い っ た 。 中 和 剤 の 注 射 で 少 年 は 回 復 し た が 、 は げ し い 頭 痛 を 訴 え て 床 を は な れ る こ と が で き な か っ た 。 し ら べ て み る と 、 ぬ い だ ズ ボ ン の ポ ケ ッ ト か ら ア ポ ロ の ド ロ ッ プ が 王 で て き た 。 裸 こ れ が 発 端 だ っ た 。 母 親 に か わ っ て 医 者 が 新 聞 の 調 査 室 欄 に 投 書 し た 。 彼 の 抗 議 書 が 新 聞 ク 社 に 配 達 さ れ た と き 、 お な じ 日 の 午 前 中 に 編 集 部 は す で に 類 似 の 症 状 を 訴 え た 手 紙 を 何 通 も 」 」 受 け と っ て い た 。 た だ ち に 調 査 が 開 始 さ れ た 。 記 者 は ド ロ ッ プ を も っ て ア ポ ロ に 走 っ た 。 ア ひ づ け ポ ロ は ド ロ ッ プ の 製 品 番 号 を し ら べ て 製 造 の 日 附 を 知 る と 工 場 に 自 動 車 を と ば し た 。 ド ロ ッ み ず あ め プ の 原 料 は 水 飴 と 甘 味 剤 と 香 料 と 食 用 色 素 で あ る 。 工 場 の 技 師 長 は 問 題 の ド ロ ッ プ に 用 い た 原 料 を ひ と つ ず つ 微 細 に 分 析 し 、 食 用 色 素 に 顕 著 な 反 応 を 発 見 し た 。 ア ポ ロ は そ の 日 の 夕 刊 で 謝 罪 文 を 発 表 し 、 薬 品 検 査 の 不 行 届 を 率 直 に 認 め た 。 彼 ら の 公 開 し た 食 用 色 素 の 分 析 表 は 工 業 試 験 所 の も の と 完 全 に デ ー タ が 合 致 し て い た 。 お そ ら く 徹 夜 の 重 役 会 議 が そ の 夜 ひ ら か れ た の で は な い か と 思 う 。 翌 日 の 朝 刊 で 彼 ら は 販 売 店 か ら の 回 収 が 完 了 す る ま で ア ポ ロ ・ ド ロ ッ プ を ぜ っ た い 買 わ な い よ う に と い う 警 告 を 発 表 し た 。 そ の 日 ア 114 さ い ち

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


と な っ て い る こ と に ふ れ ま い と 神 経 を 使 っ て い る よ う だ っ た 。 町 角 や 公 会 堂 の 弾 劾 者 た ち が 彼 の 名 を ま た た く 間 に せ ま い 田 舎 町 に ひ ろ め て し ま っ た の で 、 彼 自 身 は 役 所 内 で 苦 し い 立 場 に お か れ る 結 果 と な っ て い た 。 彼 の 背 後 に あ る 勢 力 の は げ し さ と 大 き さ の た め に う つ か り 口 し っ と に だ す こ と は で き な い も の の 、 同 僚 た ち は 嫉 妬 を 、 上 役 た ち は 反 感 の 感 情 を 抱 い て 彼 を 眺 め て い た 。 そ の 事 情 を 知 っ て 局 長 は 会 話 に こ ま か い 気 を 配 る 様 子 だ っ た 。 俊 介 は 鼠 害 の 本 質 を 局 長 に 説 明 す る た め に 試 験 林 の 結 果 を 引 用 し た 。 研 究 課 で は 去 年 の 冬 、 い っ た ん ぶ 官 有 林 の 一 反 歩 ほ ど の 面 積 を ト タ ン 板 で か こ っ て 実 験 を し た 。 雪 の ふ る ま え に 課 員 た ち は そ 王 の プ ロ ッ ク 内 の ネ ズ ミ を 一 匹 の こ ら ず 殺 し 、 巣 穴 と い う 巣 穴 を 破 壊 し 、 下 草 を す べ て 刈 り と 裸 っ て か ら ト タ ン 板 で 周 囲 を か こ い 、 雪 が す っ か り 積 っ た と こ ろ を 見 は か ら っ て ト タ ン 板 を は ク ず し た の で あ る 。 何 カ 月 か し て 春 に な り 、 雪 が と け た 。 実 地 検 証 の 結 果 、 は っ き り し た 結 論 」 が で た 。 林 は そ の プ ロ ッ ク だ け ほ ば 完 全 に 生 き の こ り 、 あ と は 全 滅 だ っ た 。 「 : : : と い う こ と は 、 つ ま り 、 冬 の 雪 の し た で は ネ ズ ミ の 行 動 範 囲 が せ ま い 。 そ の た め 巣 穴 附 近 の 木 を 手 あ た り 次 第 、 集 中 的 に か じ る と い う こ と な ん で す 。 ト タ ン 板 を は す し て い る の に 侵 入 し な い の で す か ら ね 。 植 栽 林 は 結 局 、 冬 の 間 に す っ か り や ら れ て い た ん で す よ 。 春 に な っ て か ら い く ら ネ ズ ミ を や つ つ け た と こ ろ で 、 何 に も な ら な い の で す 。 も ち ろ ん 無 視 は で き ま せ ん 。 連 中 は 飢 え て 気 ち が い じ み て い ま す か ら ね 」 ス ト レ ー ト ・ グ レ ー ン 局 長 は 話 の 途 中 で ポ ケ ッ ト か ら パ イ プ を と り だ し た 。 み ご と な 柾 目 模 様 の ダ ン ヒ ル で あ し か が わ る 。 俊 介 の 話 を 聞 き な が ら 局 長 は せ っ せ と そ れ を 鹿 皮 で み が い た 。 癖 な の か も し れ な い が

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


く は 自 分 に む か っ て 肉 薄 の 姿 勢 を と っ た 重 い 体 を い く つ も ひ し ひ し 感 じ た 。 誰 か が 声 を だ せ ば ば く は た ち ま ち 告 発 の 衝 動 に 走 っ た だ ろ う 。 ぼ く は か っ て そ の と き ほ ど 濃 密 な 感 情 で 太 郎 を 愛 し た こ と は な か っ た 。 審 査 員 た ち は 息 苦 し い 沈 黙 の な か で た が い に 顔 を み あ わ せ 、 山 口 を み た 。 彼 は さ き ほ ど の は げ し い ま な ざ し を 失 っ て 肩 を お と し 、 み す ぼ ら し げ に 髪 を か き あ げ た 。 壇 上 か ら 審 査 員 を げ ん き 侮 蔑 し 、 画 家 を の の し っ た 自 信 と 衒 気 は も う ど こ に も な か っ た 。 彼 は 細 い 首 で 大 き な 頭 を 支 え た 、 み じ め な ひ と り の 青 年 に す ぎ な か っ た 。 す で に 彼 は 画 家 で も な く 教 師 で す ら な か っ た 。 様 彼 は 苦 痛 に 光 っ た 眼 で ば く を み る と 、 な に か い お う と し て 口 を ひ ら い た が 、 言 葉 に は な ら な 王 か っ た 。 の 緊 張 は す ぐ と け た 。 審 査 員 た ち は 山 口 を 見 放 し た 。 彼 ら は そ っ と 背 を む け 、 ひ と り 、 ふ た り と 礼 儀 正 し く 壇 を お り て い っ た 。 画 家 は ハ ン カ チ で ひ っ き り な し に 顔 を ぬ ぐ い 、 教 育 評 論 ね こ ぜ 家 は つ ん と 澄 ま し 、 指 導 主 事 は 世 慣 れ た 猫 背 で 、 そ れ ぞ れ 大 田 氏 に か る く 目 礼 し な が ら 去 っ て い っ た 。 大 田 氏 は な に も 知 ら ず に い ち い ち て い ね い に 頭 を さ げ 、 満 足 げ に 微 笑 し て 全 員 が 立 去 る の を 見 送 っ た 。 は げ し い 贈 悪 が 笑 い の 衝 動 に か わ る の を ば く は と め る こ と が で き な か っ た 。 窓 か ら 流 れ こ こ う し よ う む 斜 光 線 の 明 る い / 丿 ー の な か で ば く は ふ た た び 腹 を か か え て 哄 笑 し た 。 ( 「 文 學 界 」 昭 和 三 十 一 一 年 十 二 月 号 ) 209

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


さ し え 文 部 省 内 児 童 美 術 協 会 御 中 」 と 宛 名 を 書 き 、 ア ン デ ル セ ン の 童 話 の 挿 画 を 交 換 し よ う で は な い か と い う 内 容 の 原 稿 を 書 い た の だ 。 コ ペ ン ハ ー ゲ ン が デ ン マ ー ク の 首 都 で あ る こ と を の ぞ く と 、 あ と は す べ て 一 杯 の 焼 酎 の 創 作 で あ っ た 。 と に か く 誰 か が 読 ん で く れ た ら い い の だ 。 返 事 が こ な け れ ば く る ま で 何 回 で も 書 い て や れ と ば く は 辞 書 を ひ き な が ら 酔 い に ま か せ て 考 え た 。 原 稿 は 翌 日 、 図 書 館 へ も っ て い き 、 タ イ プ ラ イ タ ー を 借 り て 正 式 の 手 紙 に 打 っ た 。 が じ ゅ く そ の 手 紙 の な か で ば く は 自 分 の 立 場 と 見 解 を つ つ ま ず の べ た 。 自 分 が 画 塾 を ひ ら い て い る こ と 、 そ の 生 徒 の 数 、 年 齢 、 教 育 法 。 ば く は で き る だ け く わ し く そ れ を 説 明 し 、 創 造 主 義 の 様 立 場 か ら 空 想 画 が 児 童 の ひ と つ の 重 要 な 解 放 手 段 で あ る と 思 う こ と を フ ラ ン ツ ・ チ ゼ ッ ク の く そ む し 王 実 験 な ど を 引 用 し て 説 明 し た 。 こ ん な と き は 地 を 這 う よ う な 、 糞 虫 の よ う な 誠 実 さ よ り ほ か の に 迫 力 を 生 む も の は な に も な い と 思 っ た の で 、 ば く は な り ふ り か ま わ ず く ど く ど し ゃ べ っ た 。 そ し て 、 結 論 と し て 、 子 供 に ア ン デ ル セ ン の 童 話 を 話 し て 挿 画 を 描 か せ 、 お た が い 交 換 の う え で 比 較 検 討 し よ う で は な い か と 提 案 し た の で あ る 。 共 通 の テ ー マ を あ た え れ ば 、 風 土 や 慣 習 の 相 違 が も た ら し や す い 誤 解 を さ け て 、 か な り 公 平 に 画 の 背 後 に あ る も の を 観 察 し あ え る の で は な い か と ぼ く は 考 え 、 ま た そ の よ う に 手 紙 に も 書 い た 。 第 一 便 に 対 し て は な ん の 答 も 得 ら れ な か っ た 。 第 二 便 に つ い て も 同 様 だ っ た 。 あ と も う 一 回 書 い て 断 念 し よ う か と 考 え て 送 っ た 第 三 便 に 対 し て 返 事 が も ど っ て き た 。 差 出 人 は 、 「 デ エ ス デ ル ガ ー デ ン マ ー ク 、 コ ペ ン ハ ー ゲ ン 、 東 通 り 筋 、 ア ン デ ル セ ン 振 興 会 」 。 署 名 は ヘ ル ガ ・ リ ー ベ フ ラ ウ 。 内 容 は 全 面 的 受 諾 の 吉 報 で あ っ た 。 こ れ を 受 け と る と ば く は ま た あ わ て て 辞 書 を 繰 り 、

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


2 は だ か お う さ ま パ ニ ッ ク ・ 裸 の 王 様 新 潮 文 庫 カ 昭 和 三 十 五 年 六 月 二 十 五 日 発 行 昭 和 六 十 二 年 五 月 二 十 日 四 十 五 刷 改 版 平 成 三 年 五 月 十 五 日 五 十 三 刷 会 こ う た け し 著 者 高 健 株 ね c-' 製 4 2 ノ 発 行 者 佐 藤 亮 一 本 株 式 発 行 所 新 潮 社 会 社 社 6 1 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 金 O 業 務 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 一 一 一 会 1 電 話 編 集 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 四 四 〇 式 ⅷ - 振 替 東 京 四 ー 八 〇 八 番 株 4 ⑥ m 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 通 信 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


解 283 説 定 着 し よ う と し て い る 点 に お い て 、 典 型 的 な 現 代 の 作 家 で あ る 。 し か し 、 組 織 と 人 間 の 物 理 き よ う じ ん ど ん ら ん 的 運 動 に 内 蔵 さ れ た 恐 る べ き エ ネ ル ギ ー を 、 た じ ろ が ず 見 つ め る そ の 強 靱 な 視 力 と 、 貪 婪 か っ 刺 た る 好 奇 心 は 、 彼 が ま た 未 来 の 作 家 に な り う る 可 能 性 を 予 告 し て い る よ う に も 思 わ れ る 。 ( 昭 和 三 十 五 年 六 月 、 文 芸 評 論 家 )

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


こ の 声 は み す ば ら し い 。 好 意 が わ ざ と ら し さ に み ち て い る 。 老 人 は 壁 の グ ラ フ に 背 を む け た が っ て い る の だ 。 た し か に 、 ト ラ ッ ク は 製 品 を 満 載 し て 街 へ で て ゆ く 。 キ ャ ン デ ー ・ ス ト ア に は 一 日 じ ゅ う 足 音 が あ る 。 公 園 に は 空 箱 が 散 乱 し て い る 。 日 曜 の 動 物 園 の 埃 り は 甘 い 匂 い が す る 。 寝 床 の な か で 本 を 読 む 少 女 の 手 は た え ず ワ ッ ク ス ・ パ ラ フ ィ ン 紙 を 剥 い で い る だ ろ う 。 こ れ ら は 信 じ て よ い 現 実 で あ る 。 キ ャ ラ メ ル は 売 れ て い る の だ 。 し か し 、 私 の 机 に は 一 枚 の 紙 が あ る 。 収 支 決 算 書 で あ る 。 ト ラ ッ ク や 足 音 や 甘 い 埃 り や 少 王 女 の 手 は こ の 紙 の う え で こ と ご と く 死 ん で し ま う 。 こ の 紙 は 窓 べ り か ら も ど っ た 私 に そ っ と 裸 耳 の う し ろ に ひ そ む 不 安 の き ざ し を 教 え て く れ る の だ 。 私 は 月 間 成 績 報 告 書 を と り あ げ て 壁 ク の グ ラ フ 用 紙 に 短 い 線 を 書 き た す 。 線 は か す か な 下 向 き の 芽 を の ば す 。 過 去 数 年 の 現 実 は こ 」 の 線 に 要 約 さ れ て い る 。 曲 折 に 富 ん だ 長 い 線 は ず っ と ま え に 山 頂 を 発 し て 以 来 、 流 れ つ ば な し に な っ て い る の だ 。 私 た ち は 平 野 を 歩 い て い る の で も 坂 を の ば っ て い る の で も な い 。 多 少 お う と っ の 凹 凸 は あ っ て も ハ ッ キ リ と 道 は 海 を め ざ し て い る の で あ る 。 工 場 設 備 費 や 宣 伝 費 、 人 件 費 な ど を 集 計 し て 利 潤 率 を 割 り だ し 、 こ の 線 に か ら み あ わ せ て み れ ば サ ム ソ ン の 病 い の 深 さ が い っ そ う よ く わ か る だ ろ う 。 二 度 と 窓 べ り に た っ 必 要 は な い 。 広 場 の 群 集 よ り 私 た ち は 数 字 と 線 を 相 手 に し な け れ ば な ら な い の だ 。 し か も 傷 は サ ム ソ ン だ け で は な い 。 ア ポ ロ も ヘ ル ク レ ス も 、 ま た あ ら ゆ る 中 小 メ ー カ ー を ふ く め て 、 と に か く キ ャ ラ メ ル そ の も の が 売 れ な く な っ た の だ 。 子 供 の 舌 に ど ん な 変 化 が 起 っ た の だ ろ う か 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


土 木 事 業 費 に く る し め ら れ 、 重 税 と 夫 役 義 務 を 人 民 に 負 わ せ て 内 乱 の 原 因 の 大 き な ひ と つ を ほ ろ つ く っ て い た 。 彼 ら は た い て い 国 境 を 壁 で 蔽 い き る ま え に 内 乱 か 隣 国 の 王 に よ っ て 亡 ば さ れ て い っ た の で 、 壁 は 国 境 線 の あ ち ら こ ち ら で ば ら ば ら に 切 れ た ま ま に な っ て い る 。 そ れ を 改 築 し 、 補 修 し て 、 何 万 キ ロ と 果 知 れ ぬ 壁 を つ く ろ う と い う の で あ る 。 広 大 な 黄 土 地 帯 が お わ っ て 中 央 ア ジ ア の 高 原 が は じ ま ろ う と す る 地 域 で あ る 。 草 原 と 山 岳 と 砂 闃 を つ ら ぬ い て 壁 は も う て ん 地 平 線 を 蔽 う の で あ る 。 皇 帝 は 蒙 恬 将 軍 に 三 〇 万 の 辺 境 守 備 隊 の 出 動 を 命 じ た 。 建 設 大 臣 は ば う だ い 何 カ 月 に も わ た る 計 算 の 末 に 厖 大 な 労 働 軍 の 必 要 を 具 申 し た 。 そ の 数 字 に し た が っ て 国 務 大 王 臣 は 総 動 員 令 の 発 布 を 請 求 し 、 人 民 を 徴 集 す る た め の 、 あ ら ゆ る 法 律 と 手 段 を 考 え る た め 、 裸 お び た だ し い 会 議 を ひ ら い た 。 大 蔵 大 臣 、 国 税 庁 長 官 は 労 働 部 隊 と 辺 境 守 備 隊 を 連 送 し 、 維 ね ん し ゆ っ ク 持 す る た め の 巨 額 の 経 費 を 捻 出 す る 徴 税 対 策 に 没 頭 し た 。 首 都 の 全 官 庁 は 書 類 と 数 字 を 相 手 」 に 想 像 を 絶 す る 管 理 戦 を 開 始 し た の だ 。 首 都 に 到 着 し て 宮 殿 前 広 場 の 閲 兵 式 に 参 加 す る ま で に 私 た ち は 無 数 の 町 を 通 過 し た 。 皇 帝 の 新 し い 不 浸 透 性 へ の 衝 動 が お よ ぼ し た 影 響 を 私 た ち は あ ら ゆ る 町 に 見 る こ と が で き た 。 こ れ は 新 し い 戦 争 の 開 始 で あ っ た 。 ど の 町 も 焼 け ず 、 崩 れ ず 、 裂 け た 畑 や 街 道 の 遺 棄 死 体 を 見 す な ぼ こ る こ と は な か っ た が 、 穀 物 倉 は か ら つ ば で 、 商 店 の 窓 に 砂 埃 り が た ま り 、 広 場 に 人 影 の な い の は か っ て の 軍 閥 時 代 そ の ま ま だ っ た 。 私 た ち は 長 途 の 徒 歩 旅 行 に 疲 れ き っ て い た の で 、 畑 の か な た に 黄 土 の 壁 が あ ら わ れ る と 軍 歌 や 労 働 歌 を 大 声 で 合 唱 し な が ら 進 ん で い っ た が 、 町 だ れ の 人 間 は 誰 ひ と り と し て 出 迎 え に あ ら わ れ な か っ た 。 ど の 町 も 私 た ち が 到 着 す る よ り ま え に 244 お お