検索 - みる会図書館

検索対象: 東風西雅抄

東風西雅抄から 317件ヒットしました。

東風西雅抄


ろ 28 そ れ な り に 使 い 途 は ま だ 残 さ れ て い る と 思 う 。 〔 『 中 央 公 論 』 一 〇 八 三 号 、 一 九 七 七 年 六 月 〕

東風西雅抄


ろ ろ 2 滝 の よ う に 垂 れ 下 る 。 宮 崎 は 箱 根 丸 で 渡 欧 し て か ら 四 十 年 後 、 筑 摩 書 房 刊 の 『 展 望 』 一 九 七 六 年 十 月 号 か ら 、 六 カ 月 に 亘 っ て 〈 東 と 西 と の 交 錯 〉 と 題 す る 連 載 を し た 際 、 横 光 の 『 旅 愁 』 を 額 縁 代 わ り に 使 っ て 、 日 本 人 の ヨ ー ロ ッ パ 旅 行 記 の 名 著 を 紹 介 し た 。 そ の 第 一 回 「 横 光 利 一 と 歴 史 」 で 、 と 名 乗 り を あ げ て 周 囲 の 人 び と を 驚 『 旅 愁 』 の 主 人 公 矢 代 の モ デ ル は 自 分 か も 知 れ な い 、 か せ た 。 東 洋 史 家 宮 崎 が 生 前 に 世 に 間 う た 随 想 集 は 、 随 筆 風 の 史 論 『 日 出 づ る 国 と 日 暮 る る 処 』 ( 星 野 書 店 、 一 九 四 三 年 。 の ち 中 公 文 庫 に 再 録 ) を 別 に す る と 、 古 稀 を 迎 え た 時 季 か ら 始 ま る の で あ っ て 、 『 中 国 に 学 ぶ 』 ( 一 九 七 一 年 ) と 『 木 米 と 永 翁 』 ( 一 九 七 五 年 。 と も に 朝 日 新 聞 社 刊 、 の ち 中 公 文 庫 に 再 録 ) 、 『 東 風 西 雅 』 ( 一 九 七 八 年 ) と 『 独 歩 吟 』 ( 一 九 八 六 年 。 と も に 岩 波 書 店 ) 、 最 後 は 逝 去 の 直 前 に 上 梓 さ れ た 『 遊 心 譜 』 ( 中 央 公 論 社 、 一 九 九 五 年 。 ご く 最 近 、 中 公 文 庫 に 再 録 ) の 合 わ せ て 五 冊 で あ る 。 『 中 国 に 学 ぶ 』 は 、 題 名 通 り 中 国 の 歴 史 と 文 化 に 焦 点 を 合 わ せ た 堅 い エ ッ セ イ を 集 録 し た も の で 、 江 戸 後 期 の 京 焼 の 陶 工 を 主 題 に 掲 げ た 『 木 米 と 永 翁 』 が 、 日 本 文 化 の 諸 相 へ の 対 応 の 仕 方 を 綴 っ た も の で あ っ た の で 、 第 三 の 随 想 集 の 出 版 を 岩 波 書 店 か ら 慫 慂 さ れ た 際 、 宮 崎 は 連 載 を 終 え た ば か り の 〈 東 と 西 と の 交 錯 〉 と 、 そ の 数 年 前 に 平

東風西雅抄


2 ろ 2 従 っ て 私 の こ の 小 論 の 目 的 も 、 現 今 中 国 に 行 わ れ つ つ あ る 批 林 批 孔 の 運 動 を あ げ つ ら い そ の 価 値 を 計 り 、 正 し い か 誤 り か を 判 定 し 、 日 本 が そ れ に 追 随 す べ き か 反 対 す 。 へ き か の 結 論 を 下 す た め で は な い 。 私 は 歴 史 学 の 学 徒 と し て 、 こ の 運 動 を 歴 史 の 流 れ の 中 に お い て 観 察 し よ う と す る 。 こ こ に 言 う 歴 史 と は 単 に 大 昔 の 過 去 ば か り で な く 、 い わ ゆ る 現 在 の 時 点 を 含 み 、 更 に 多 少 は 将 来 に も 関 わ り を も つ 。 そ し て 現 在 を 問 題 と す る 時 、 必 ず 起 る 困 難 は 、 現 在 で あ る が 為 に 、 反 っ て 必 要 と す る 史 料 が 不 足 す る と い う 現 象 で あ る 。 こ の 不 足 は 仮 説 を 以 て 埋 め る の で な け れ ば 、 総 体 と し て の 輪 郭 を 見 届 け る こ と が で き な い 。 仮 説 を 以 て 補 っ た 観 察 の 結 果 が 時 に は 誤 り を 生 ず る こ と は む し ろ 当 然 の 運 命 で あ る 。 併 し な が ら 、 そ う す る こ と が 歴 史 家 の 任 務 で あ る 以 上 、 逃 げ 足 を 早 め て 全 然 近 寄 ら ず に す ま す こ と が 許 さ れ ぬ 場 合 も 生 ず る 。 望 む と こ ろ は そ う す る こ と に よ っ て 、 現 在 を 長 い 時 間 の 経 過 の 中 に 起 っ 歴 史 家 に だ け 許 さ れ た 観 察 の 結 果 を 世 人 に 伝 え る こ と に あ る 。 た 事 件 と し て 眺 め る と い う 、 更 に 私 の 願 い は 、 こ の よ う な 立 場 、 こ の よ う な 観 点 が 存 在 す る 権 利 が あ る こ と を 、 広 く 一 般 に 知 っ て 貰 い た い こ と に も あ る の で あ る 。 〔 『 中 央 公 論 』 一 九 七 四 年 十 一 月 〕

東風西雅抄


し た 。 こ の 三 枚 を 並 。 へ て 見 た 時 、 が < の 裏 返 し で あ る こ と は 、 そ の 背 景 に よ っ て す ぐ 察 知 さ れ る 。 次 に 0 は < と 人 物 の 向 き が 殆 ん ど 同 一 で あ る に 拘 わ ら ず 、 そ れ は 間 接 的 な 関 係 に す ぎ ず 、 実 は 直 接 的 に の 裏 返 し で あ る こ と は 、 人 物 の 靴 の 先 き の 隠 見 、 侍 女 の 指 先 き と 女 主 人 公 の 肩 と の 触 れ 具 合 い 、 裳 の 引 き ず り 方 な ど を 比 較 す る と 、 争 え ぬ 事 実 で あ る こ と が わ か る 。 こ ん な も の は フ ラ ン ス へ 手 紙 を 一 本 書 け ば 、 も っ と 完 全 な 材 料 が す ぐ 揃 う の だ が 、 し か し こ う い う 間 題 は あ ま り 完 璧 で は 反 っ て 面 白 く な い 。 私 の 端 本 で や っ と 間 に あ わ せ た 所 が 反 っ て ミ ソ な の で あ る 。 因 み に こ の 次 に は 一 七 四 九 年 版 で 挿 絵 が 大 修 正 を 加 え ら れ 、 一 七 七 二 年 版 に な る と 、 す つ か り 変 っ た 別 の 絵 で 置 き か え ら れ て し ま う 。 〔 『 中 国 古 典 文 学 大 系 』 「 清 末 民 国 初 政 治 評 論 集 」 月 報 菊 、 一 九 七 一 年 八 月 〕 起 承 転 結 四 と い う 数 は 日 本 語 で は 死 と 同 音 な の で 縁 起 の 悪 い 数 と さ れ る 。 特 に 病 院 な ど で は 三 号 室 の 次 に は 四 号 を と ば し て 、 五 号 で 受 け る の が 慣 習 に な っ て い る 。 私 が 演 習 召 集 中 に 腸 チ

東風西雅抄


し て い る と こ ろ だ と い う 。 ど ん な こ と を す る の だ ろ う と 好 奇 心 を 起 こ し て 見 物 に 出 か け た の が 、 と ん だ 騒 動 を 惹 き お こ す 原 因 に な ろ う と は 、 露 し ら な か っ た 。 宮 城 前 へ 出 る と 群 衆 で 身 動 き も な ら ぬ ほ ど 埋 ま っ た 広 場 の 中 央 に 高 々 と 楼 を 組 み 、 柱 と い わ ず 屋 根 と い わ ず 、 金 銀 綵 帛 で 装 飾 を 施 し て い る が 、 そ の 最 上 層 は 吹 き さ ら し で 四 方 八 面 か ら 丸 見 え で あ る 。 や が て そ こ へ 国 王 の 愛 女 、 公 主 姫 君 が 現 わ れ 、 手 に 刺 繍 し た 手 毬 を 持 っ て 、 き っ と 身 構 え る 。 こ の 毬 を 抛 っ て あ て ら れ た 幸 運 者 が 、 公 主 娘 々 の 婿 殿 に 選 ば れ る と い う の で あ る 。 公 主 娘 々 は 芳 紀 正 に 二 十 歳 、 花 の か ん ば せ 月 の 眉 、 玉 の 肌 香 ぐ わ し く 、 柳 の 腰 な ま め か し い 美 人 で あ る 。 と こ ろ が 実 は こ の 公 主 は 本 物 で な く 、 妖 怪 が 化 け た 姫 君 で あ っ た の だ 。 妖 怪 は 玄 弉 が こ の 日 に 天 竺 国 を 通 る の を 予 め 見 通 し て 、 こ こ に 網 を は っ て 待 ち 伏 せ し て い た わ け で あ る 。 録 そ こ で 楼 の 上 の 公 主 は 玄 弉 が 近 付 く の を 見 す ま し て 、 毬 を と っ て 発 止 と 投 げ る と 、 狙 い 風 あ や ま た ず 、 毬 は 玄 弉 の 頭 巾 に 当 っ て 跳 ね 上 が 。 た 。 驚 い た 玄 弉 が 頭 に 手 を や 「 て 毬 を 払 東 い の け よ う と す る と 、 毬 は 反 っ て 袖 の 中 に こ ろ げ こ ん で し ま っ た 。 万 事 休 す 。 玄 弉 は 役 人 た ち に 取 り か こ ま れ 、 び っ た て ら れ て 宮 中 に つ れ こ ま れ 、 妖 怪 公 主 と 三 三 九 度 の 盃 を か わ

東風西雅抄


5 5 東 と 西 と の 交 錯 よ う な 洗 脳 さ れ な い 歴 史 家 が い る 。 政 治 家 か ら 始 ま っ て 、 人 物 の 点 で 日 本 は 、 だ ん だ ん 中 国 に 後 れ を と る こ と 必 至 の 運 命 の よ う に 思 わ れ る 。 〔 『 展 望 』 第 二 一 九 号 、 一 九 七 七 年 三 月 〕

東風西雅抄


山 県 有 朋 公 の 別 荘 、 無 鄰 庵 が あ る 。 有 朋 の 名 は 言 う ま で も な く 論 語 に 、 朋 有 り 遠 方 よ り 来 る 、 か ら 出 て い る が 、 無 鄰 庵 の 方 は 扇 形 の 敷 地 が ぐ る り と 道 路 で 囲 ま れ て い る か ら で あ る 。 公 は 日 露 開 戦 の 前 年 、 元 老 た ち を 此 処 に 集 め て 、 ど こ か ら も 覗 き 見 さ れ る 心 配 な く 密 議 を こ ら し た と 伝 え ら れ る 。 今 は 市 の 所 有 に 帰 し 、 訪 間 者 は 、 な だ ら か な 傾 斜 を も っ た 芝 生 に 面 し た そ の 建 物 を 参 観 す る こ と が で き る 。 無 鄰 庵 を 出 て 、 疏 水 に 沿 っ て 西 へ 進 む と 、 流 れ が 北 に 曲 が る あ た り に 、 今 度 は 北 京 の 故 宮 と 同 じ 黄 色 の 屋 根 瓦 で 葺 い た 白 堊 の 殿 堂 が あ っ て 、 こ れ が 有 鄰 館 で あ る 。 設 立 者 は 日 中 貿 易 に 活 躍 し た 藤 井 善 助 翁 で あ り 、 有 鄰 と は 、 こ れ も 論 語 に 、 徳 は 孤 な ら ず 必 ず 鄰 有 り 、 か ら 出 て い て 、 日 中 友 好 を 念 願 し た 命 名 で あ る 。 翁 は 多 数 の 中 国 古 美 術 品 を 購 求 し た が 、 当 時 の 俗 信 と し て 宝 物 は 他 人 に 見 せ る た び に 値 打 ち が 減 る と 言 わ れ て い た の を 排 し 、 あ え て 公 開 に 踏 み 切 り 、 財 団 法 人 と し て こ の 館 を 建 て た 。 現 在 は 毎 月 第 一 、 第 三 日 曜 が 開 放 日 で あ る 。 今 年 は 本 館 が 武 田 伍 一 博 士 の 設 計 に よ っ て 完 成 し た 大 正 十 五 年 か ら 五 十 周 年 に 当 た る の で 、 去 る 五 月 の 第 一 土 ・ 日 曜 の 両 日 、 記 念 の 特 別 展 観 を 行 い 、 所 蔵 す る 古 銅 印 三 千 余 顆 の 中 か ら 優 品 五 十 点 を 選 び 、 印 影 と 共 に 陳 列 し て 、 多 く の 研 究 者 の 関 心 を 惹 き つ け た 。

東風西雅抄


2 2 8 康 煕 帝 か ら 乾 隆 帝 に か け て の 間 で あ る 。 康 煕 帝 が 天 山 北 路 の ガ ル ダ ン を 敗 死 せ し め 、 一 先 ず 外 蒙 古 を 完 全 に 支 配 下 に お い た の は 一 六 九 七 年 で 、 こ れ は 東 洋 史 の 上 で は 極 め て 新 し い 時 代 の よ う に 感 ぜ ら れ る が 、 こ れ を 欧 米 の 年 表 に 比 較 す る と ア メ リ カ 合 衆 国 の 独 立 、 フ ラ モ ン ゴ ル ン ス 革 命 よ り も 百 年 近 く 以 前 の 史 実 な の で あ る 。 然 る に こ の 外 蒙 古 が 現 在 は 、 蒙 古 人 民 共 和 国 の 名 に お い て 独 立 し 、 実 際 に は ソ 連 領 と 変 ら ぬ 衛 星 国 と な っ て い る 。 こ れ に 対 し て 中 国 人 民 が 釈 然 と し な い の は 当 然 で あ る 。 恐 ら く ソ 連 に 詐 取 さ れ た と い う の が そ の 実 感 で あ ろ 、 つ 。 或 い は 理 論 家 た ち は 、 中 共 が 既 に そ の 独 立 を 承 認 し 、 条 約 ま で 締 結 し た 以 上 は 、 問 題 は 解 決 ず み だ と 言 う か も 知 れ ぬ 。 併 し そ う 一 言 え ば 清 末 か ら 民 国 に か け て 問 題 と な っ た 租 界 、 租 借 地 、 領 土 、 関 税 等 は 何 れ も 理 論 的 に は 解 決 ず み で な い も の は な い 。 或 い は そ の 中 に は 武 力 に よ っ て 強 制 さ れ た も の が あ っ た と 言 う か も 知 れ な い 。 併 し 考 え て み れ は 歴 史 上 に 武 力 に よ っ て 強 制 さ れ な か っ た 重 要 な 条 約 が ど れ だ け あ る だ ろ う か 。 そ し て 不 可 思 議 な こ と に は 、 こ の 時 代 の 中 国 の 反 帝 運 動 に 賛 成 す る 日 本 の 理 論 家 が 、 日 本 の 北 方 間 題 に な る と 、 反 っ て 条 約 だ と か 、 公 法 だ と か 、 専 ら 理 論 で 割 切 ろ う と す る 向 き が 少 く な い こ と で あ る 。 一 九 七 二 年 二 月 北 京 に て 出 版 の 『 世 界 地 図 冊 』 の 蒙 古 の 条 に は 次 の よ う に 記 さ れ て い る 。

東風西雅抄


に 向 っ て 、 十 九 日 、 ー に 着 い た 。 こ の 船 の 一 等 船 客 八 十 四 名 中 、 日 本 人 は 五 人 で あ っ た 。 日 本 領 事 の 出 迎 え を 受 け 、 翌 日 、 カ ナ ダ 太 平 洋 鉄 道 の 特 別 室 に 納 ま り 、 二 十 五 日 、 モ ン ト リ オ ー ル 着 、 そ こ で ア メ リ カ 中 央 鉄 道 に 乗 り 換 え て 同 夜 ニ ュ ー ヨ ー ク 着 、 数 日 ー ニ ュ 号 に て 出 帆 、 船 中 に は や は り 五 人 の 日 本 人 が 滞 在 の 後 、 三 十 日 、 フ ラ ン ス 船 ガ ス コ の サ ン ・ ラ ザ ー い た 。 八 月 七 日 、 ル ・ ア ー プ ル 着 、 汽 車 に 乗 り か え て 、 翌 八 日 未 明 に パ リ ル 駅 に 到 着 し た 。 横 浜 出 帆 以 来 、 満 一 カ 月 、 こ の 方 が イ ン ド 洋 航 路 よ り も ず っ と 早 い の で あ っ た 。 帰 路 を 見 る と 、 明 治 三 十 三 年 十 二 月 二 十 二 日 、 日 本 郵 船 の 備 後 丸 で ロ ン ド ン 出 帆 、 地 中 海 を 何 処 へ も 寄 港 せ ず に 通 り 抜 け て 、 イ ン ド 洋 へ 出 て 、 コ ロ ン ボ 、 香 港 に 立 寄 り 、 翌 三 十 四 年 二 月 八 日 に 神 戸 港 に 帰 着 し た 。 こ の 航 程 、 四 十 九 日 で あ る 。 錯 国 文 学 者 が 何 故 に フ ラ ン ス 留 学 を 思 い 立 「 た か と 言 え ば 、 こ れ も 時 勢 の 流 れ が そ う さ せ と た の で あ 。 た 。 池 辺 は 熊 本 の 人 で 、 元 治 元 ( 一 八 六 四 ) 年 生 れ 。 少 年 の 折 に 神 風 党 、 つ づ い と て 西 南 の 役 で 戦 災 を 被 む り 、 家 は 兵 火 に か か り 、 父 母 兄 弟 ち り ち り に な っ た 。 彼 が 国 文 学 東 に 志 し た の は 、 全 く 自 発 的 な 意 志 で あ っ て 、 当 世 の 趨 向 は 専 ら 洋 学 、 で な け れ ば 漢 学 と い う の が 常 道 で あ っ た が 、 彼 は 五 箇 条 御 誓 文 の 中 に 、 大 い に 皇 基 を 振 起 す べ し 、 と あ っ た の

東風西雅抄


男 に 河 上 肇 に 限 っ た こ と で し い 。 日 本 人 は 海 外 へ 出 る と 、 全 員 が 愛 国 者 に な っ て し ま い 、 リ は な い 。 恐 ら く 藤 村 は 河 上 の 言 動 の 中 に 教 祖 的 性 格 を 認 め た か ら に 違 い あ る ま い 河 上 も 旅 愁 に と り つ か れ た 一 人 で あ っ た の だ 。 併 し 私 は 晩 年 の 武 装 し た 闘 士 、 河 上 法 学 博 士 よ り も 、 こ の よ う に 弱 点 を さ ら け 出 し た 、 裸 の ま ま の 河 上 さ ん の 方 が ず っ と 好 き で あ そ れ に し て も こ の 中 し 分 な い 愛 国 者 、 河 上 肇 に 討 手 を 差 向 け 、 最 後 に 牢 屋 へ ま で ぶ ち こ ん で し ま う と は 、 何 と し た 事 だ 。 単 に 軍 部 や 、 官 憲 だ け を 悪 者 に し て 済 む こ と で は な い 。 そ れ は む し ろ 体 制 の 問 題 よ り も 、 日 本 人 の 体 質 の 中 に そ の 原 因 を 尋 ね て み る 。 へ き 事 柄 で は あ る ま い か 河 上 肇 と 、 橋 本 邦 助 と 、 横 光 利 一 と 、 そ れ ぞ れ 事 情 は 異 り な が ら も 、 日 本 と い う 国 は 、 錯 何 と い う 働 き 甲 斐 の な い 国 だ 「 た か と 、 呆 れ な が ら 死 ん で 行 「 た で あ ろ う 点 は 、 三 者 に 共 の 通 す る 。 し 」 西 〔 『 展 望 』 第 二 一 七 号 、 一 九 七 七 年 一 月 〕 と 東 7 ・ カ リ ス マ