中 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
962663件見つかりました。

1. 空戦 メッサーシュミット対スピットファイア

スビットファイア Mk. IA の馬力をくした Mk. 2A 戦闘機 ・スピットものしりコーナー ☆スヒット 1 部隊のマーグ スビットファイアの胴体の横には、中隊別のコ なにちゅうたい ド・ネームがついていた。これを見ると、何中隊のス 。くドル・オプ・プリテ ヒットであるか、すぐにわかるノ ふた、 っひょう ンのときのスビット部隊は、次の表のとおりである。 ハ隊」隊隊隊冖隊」隊隊」隊」隊 4 中ゲ中ゅ中ゅ中ゅ中中わ中霍中ゅ中 ちちち ちちち ワ」っ 0 -0 一 1 ワ」っ 0 っ乙ワ」ワ」 8 8 6 6 な隊 ~ 隊 ~ 隊」隊 ~ 隊隊」隊冖隊隊中 中霍中 4 中 4 中の中物霍中ゅ中ゅ中 2 ・ 1 4 ・一 4 LC ワ」 -4 ワ」 0 n 0 ちゅうたいべっ 154

2. きょうの料理1

り、さじ大さじカップ . 200C0 5 c.c 15cc 水、酒、酢、精製塩 みりん、ショウュ、みそ、 トマトケチャップ ( 8 ) : お ; 、るし、に かけた直後 1 2 薄カ粉 / ト麦粉 強力粉 ン粉 コーンスターチ、片栗粉、 1 1 ーく一キング′ヾウダー、重。曺 しよう、カレー ) 、カ、 ・らし粉、わさび粉 脱脂粉乳 粉ゼラチン マヨネ 豆、あずき 煎・茶、 0. . 一 ココア 計量と目安 。 ( 単位はグラム ) ・後 0 -0 0 0 4 り -0 0 前。 0- 8 2 1 0 2 5 0 ~ っ】 1- 1 よワ】 本個個個本株個個個個個個個個本個個本枚本 イ 1 1 よ 1 よ 1 よ 1 1- ・ 1 ー - 、 1 1 亠 中 1 中 1 宀 -1 生中生中中中中中 1 中中生中中 1 中 1 生 しキナモゴけり んぎトす : 菜一んルんン ラかプ かモ梅干がナ まの寒 玉トなね白カ夏ネみレ梅甘バモ 5 0 8 0 8 4 2 1 よ 1 よ ラ 130 ~ 150 4 6 5 0 0 -0 約え 0 0 ( 0 0 0 1 0 L-O 0 ( 0 0 0 0 0 0 7 へ 0 4 2 8 ~ 0 4 ~ 0 1 米に 5 ~ 5 5 5 5 0 ~ 0 2 0 2 3 1 0 0 0 プ斤玉玉プ枚個個丁枚個プ個本本枚本本大 1 亠、よ 1 セチ 中中中親 切 1 中 飯ンんばかちくも芋腐げ腐豆んどッり、つが 揚豆 んや う中ぬもこじ里豆油東の納にうキきごし 、ー・ノと すど 7 尾はっ 0 一別 0 0 0 0 0 7 0 0 0 0 -0 0 0 0 5 ど 6 も約・ 5 4 ・ 1 0 LD 7 1 5 0- ・ 1 LD 0 ・ 3 も約 0 8 1 2 -1 0- 0 っ 0 プ束枚尾尾尾本枚尾き個身個尾尾尾尾個個個 1 よ 1 よ 1 ・ 14 1- 、刀′ 1 ・ 11 1 よ 殻中中 1 ・ 1 よ 1 1 ムー」 生生中生中中中中中 乾串中生 りるら きめ干生干ぎわんう貝びえりびびびに 力と ぐえ ひす まえばわ わざ じかし んし ませる 芝た ひわあ煮うちはど赤あさはい

3. シナリオ 2016 2月号

四べッドルーム三バスルーム二百三十平米、 中井戸は唇を噛むが、自分をはげますよ 『タルキスタン建国一二周年』「ムイニット 家賃三万ダッカ、六万円か」 、つに語調を変える 将軍に栄光あれ』ほかのたれ幕が、タル キスタン語と英語であちこちにさがって中井戸「優秀なんだな、高橋君は。課長の代高橋「 ( 広さに嬉々としながら ) 中井戸さん、 いる ここに一人で : : : 」 理か」 行進する兵隊や戦車を、大半の市民は無高橋「このていどのプロジェクトだから任さ中井戸「娘が受験でな、中学の」 ーレムですね」 視している れたんです、僕なんかまだまだ」 高橋「 ( 女中たちをこなし ) 靴磨きの少女が、そっほむいて手鼻をか 謙遜のつもりのクこのていどクという言中井戸「この部屋、使え。電気ガス水道完備、 んだ。 もっとも水道は半期に一度コレラ菌が入っ 葉に中井戸はひそかに傷つく 中井戸の声「ムイニットがクーデターで独裁 突然、タルキスタン語の怒声が聞こえる てるし停電も時報がわりだ」 体制を敷いて三年。この国もやっと人なみ 渡し船の船頭が、二人を指してなにごと高橋「 ( 顔をしかめ ) ・ かわめいている。 中井戸、出張者に見栄を張りたくなる の発展途上国になった。日本の開発援助も 本格化する」 中井戸は顔をしかめ、高橋をうながして中井戸「これくらいの広さで、初めて家って セーナが、待つべンツにむかう 言えるんだ。三年住んでると馴れちゃって一 ね、日本は息がつまる」 街はすれの川っぷち 高橋「なんですか」 水上生活者や渡し船が行き来する、幅中井戸「 ( 詰まるが ) ・ : ・喜んでるんだ。橋高橋「人もみんな素朴な感じですよね」 二百メートルほどの川 ができて便利になるって」 中井戸「 ( 頷きたいが ) ・ ・ ( 頷けない ) 」 高橋と中井戸が設計図を見ながら歩く 高橋は釈然としないが、まあいいか、と高橋「暮らしものどかだし」 中井戸「・ : ( やはり頷けない。話題を変え 中井戸「 ( 誇らしげに ) その第一弾が、俺た 中井戸に従う。 ちかここにかける橋だ」 て ) 君も来ないか自分の裁量で動ける。 上役の顔色うかかうことないんだ、ここ 高橋「 : : : 入札、さ来週でしょ ? 」 中井戸家・外観 ( 夕方 ) る じゃ」 拳銃をさげたガードマンが立つ、プール 中井戸「 ( 顔が曇る ) 一次入札で、うちと— て き 高橋「 ( 上役で思い出して ) 吉田部長」 が残った。金曜の技術者プレゼンが最 つきのお屋敷。 生 中井戸、ビクッとする。 後の勝負だ。 ( どう切り出したものか、迷 はかまだ ん み : 設計一課には、袴田課長を貶 同・中 ( 夕方 ) 高橋「中井戸さんによろしくって」 いながら ) しばらく間がある、中井戸は、どう切り 眼もくらむほど美しい女中、、 O が 引送るよう頼んだが」 出したものか迷っている 控える中、中井戸が高橋を案内する 高橋「課長、ベトナム沖の石汕プラントが忙 みせ しくて」 中井戸「築四年、支店からべンツで二十分、中井戸「 : : : で」 : コレラ」

4. 図解わかる相続・相続税

Section2 財産の評価の仕方 類似業種比準価額方式と純資産価額方式の併用 ( 取引相場のない株式 ) Key Co 〃“ 中会社は、類似業種比準価額方式と純資産価額方式の併用で評価 されます。中会社は大、中、小に分けて分類します。 中会社の株式は、類似業種比準価額方式と純資産価額方式の併用によっ て、評価されます。 中会社といっても、規模は幅広く、さまざまです。大会社に近い規模の 中会社もあれば、小会社に近い規模の中会社もあります。そこで、中会社 を、さらに大、中、小の 3 つの種類に分けて、それぞれの会社の株式の評 価をすることになっています。大会社に近い中会社は類似業種比準価額方 式にウェイトを置き、小会社に近い中会社には、純資産価額方式にウェイ トを置くことになっています。 この " ウェイト " の割合は、 " L " という記号で表されます。この L には 0.9 、 0.75 、 0.6 の 3 つの種類があり、中会社の大には 0.9 、中会社の中には 0.75 、中会社の小には 0.6 の数値がそれぞれ適用されることになっています。 併用方式は、株価 = 類似業種比準価額 >< L + 純資産価額 >< ( 1 ー L ) の計算式によって、それぞれの評価が求められます。 参とめ・中会社の 1 株当たりの評価額の求め方 ( 併用方式 ) 1 株当たり の評価額 0 66 類似業種 純資産 x ( 1 —L ) X L 十 比準価額 価額 L の数値は会社の規模によって 3 つに区 分することになっています。 右に分類表があるので見てみましよう !

5. ラブ♡ユー ぴかぴかドットコム

181 ラブ C) ューびかびかドットコム 光司狼の背中が黙。 考え中考え中考え中考え中考え中考え中考え中考え中・ ふつ。↑とりあえず思考停止・決定の音。 光司狼は佑に背中を向けたまま。 言った。 「変えてや 0 てもいいぜ。おまえが嵐も水月も切 0 て、俺だけの必人になれる 0 てんならな」 ↑ワープロってべンリだよねえ。

6. シナリオ 2016 2月号

高橋「 ? 中井戸「差別じゃないぞ。区別だ」 むな、まだ話し中だ。国際電話は半日待た 中井戸「部長、ほかには」 高橋は中井戸を見送り、困ったおっさん、 せるくせに市内は一分で切るのか : : : あ、 高橋「 : : : ( 首をふる ) 」 と、女中たちと笑いあう ガルシアスか ? だからカツツ大佐に面会 中井戸「・ : 女中たちの笑顔が嬉しくて、高橋は軽い したいんだ : : : 」 沈んだ気分を悟られまいと、案内を再開 タップなど踏んで見せ、さらに美しい笑 して声をはりあげる。 顔に興奮する 中井戸家・プールサイド ( 夜 ) 中井戸「ここからプールに出られる」 「ロン ! 」 高橋「 ( 電話を見つけて ) 国際電話、大丈夫昭 同・高橋の部屋 ( 夜 ) 中井戸の部屋では、中井戸が雀崎 ( 四 ) 、 ですよね」 荷物をほどいた高橋が、美由紀の写真を その妻昭子 ( ) 、助手のピラ ( ) と 中井戸「 : : : 5 、 6 時間で通じりやラッキー 飾り、箪笥にアルマーニを吊るす。 麻雀をして盛りあがっている 電話をかけようと受話器を取るが、時計雀崎「ひどいよ、中井戸さん」 高橋「 ( 耳を疑、つ ) 5 、 6 時間 : : : 」 を見る。 昭子「下請けいじめないでくださいよお」 中井戸「 ( 皮肉に ) オペレーターが優秀でね。高橋「 : : : 6 時間」 アロハ姿の高橋はプールサイドで女中 < 一 ( 窓辺に行き ) そっちは女中部屋だ」 苦笑して、諦める。 CQO と、鼻の下を伸ばしてトランプをし 外をのぞいた高橋、眼が点になる。 ている 庭の隅に、家畜小屋のようなみすばらし三星建設・オフィス ( 翌日 ) 高橋 f(—) ( ロづてにタルキスタン語を教わ い建物 だだっ広い部屋にビデオ、テレビ、テレッ りながら ) 私、フンちゃん、仲良し仲良し」 中井戸「どうした」 クス、そして神棚。 黄色い声に囲まれてトロピカルドリンク 高橋「 : : : あんまりで」 高橋がフロッピイを四散させ、中古のパ をかたむけ、天国にいるようだ。 中井戸「 ? 」 ソコンにデータを入力しながらプレゼン 高橋「余ってる部屋いつばいあるんだから の英語を練習する横で、中井戸は電話に 陸軍基地の中 ( 金曜日 ) がなっている ・ ( 女中たちに ) ねえ」 セーナのべンツから手分けしてパソコン こひるよ、つに、笑いかける。 中井戸「 ( みごとなプロークン・イングリッ を担いだスーツ姿の高橋と中井戸が降り る。 中井戸「偉そうにしろ、ナメられる。奴らに シュ ) そうだ、カツツ大佐に面会したい。 やこれでも上等だ」 ・ : 二、三日あとってなんだよそれは、軍中井戸「頼むぞ、今日が勝負だ」 あさって 高橋「そういうの、なんか : : : ( 言いよど はいつもそうだ。きちんとアポイントメン高橋「明後日は日本か : む )- トを : ・・ : もしもしツ、おい交換手、割り込 のんびりしてきたいな」 6 あと五、六日、

7. 現代日本の文学 Ⅱ― 6 石坂 洋次郎 集

青年は青い木の葉を石中少年に握らせておいて、別な暗示にふりかけさせ、自分は所構わず石中少年の身体を・ヒシャ を与えた。 リピシャリ殴りつづけた。その間には、股ぐらの小さな肉 「そら、だんだん熱くなるそ。手がやけどする。そら、火塊をグイグイ曳つばったりもした。 の塊まりになった、熱い熱い」 「石中 ! 石中 ! 目を覚ませ ! 」 「アッチチチ : ・・ : 」 矢川も子供たちも泣き声で代るがわる叫んだ。と、石中 石中少年は目を閉じたまま、あわてて木の葉をほうり捨少年は「ウーム」と苦しげにうめいて、ようやく目を開い てた。仲間はまたドッと笑い出した。石中少年は、それぎた。そして、暗示の覚めきらない鈍い目つきで、流し台の りガックリ首を垂れて、前にのめりそうになった。矢川は上に裸で転がっている自分や、それを心配そうに見守って なが あわててそれを支えて、つぎの十和田湖の暗示にかかった いる矢川や仲間の顔を、不思議そうに眺めまわした。頭が が、もう石中少年はなんの反応も示さなくなった。そして、石ころを縫いこまれたように重く痛んだ。やっと事情が分 しゅうら 目も見えず、ロも利かず、ただ呼吸だけしている、柔らか りかけると、石中少年は烈しい恐怖と羞恥の情に襲われて、 い一個の肉塊になってしまった。矢川は真青になった。 びつくりするような、甲高い、鋭い声でオイオイ泣き出し 「おい。石中。石中。一二三 ! で目を開くんだそ。一、 た。それはしかし、まわりの者には、かえって安心させる おい、石中 ! 」 効果をもたらしたのであったが : 矢川は焦って、片手で被術者の肩を抑え、片手で被術者 いまみてるのは夢なんだが、夢の中の出来事はほん の頬べたに・ヒシャリ ! と平手打ちを喰わせた。それでも とにあったことなんだ。そしてそれが自分の生涯にどんな 石中少年は目を覚まさなかった。仲間の子供たちは・フル・フ影響を及・ほしているというのか。 : ラムネの玉 : ・ : ・青い ル慄え出した。 ・ : 。なんだか混沌としてるなあ、と夢 滑らかなガラス玉 : 「だから、ふざけるなと言ったんだ、強くかかるからっての中の石中先生は思ったりした。 。おい、お前たちは水を汲み上げろ。早くだぞ」 ふと石中先生は目を覚ました。うす目をあいて、広間の ざんがい 矢川は石中少年を地面に転がして、帯を解き、着物を脱中を眺めると、飲み食いの残骸がいつばいに散らばり、男 からだ がせ、素ッ裸にして、意識のないその身体を抱え上げて、 も女も、同窓生の姿は一つも見えなかった。そして、庭先 やみ には鼠色のうす闇がせまって来ていた。 流し台の上に魚のように横たわらせた。そして子供たちに、 あきかん 井戸から汲み上げた水を、そこらの空罐で石中少年の身体石中先生はもっと重大なことに気がついた。それは、自 かた ほっ ふる あ ささ ねすみ かん こんとん

8. 完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠

351 年立 。三月、父大臣心痛の余り病に倒れ、広沢の別荘に移る。大君同行。〔一〇〇〕 。宰相中将ら、人目を避けるため出産間近の中の君の石山参籠を計画。〔一〇一〕 。三月二十五、六日頃、中の君石山に移り、さらに、宰相中将の乳母の尼君の家に隠される。 〔一〇二〕 。四月五、六日頃、大納言心配のあまり石山に赴き、重態の中の君に対面。〔一〇三〕 。翌々日、中の君、女児 ( 石山の姫 ) を出産。大納言、姫君を引き取る準備を進める。〔一 。父大臣、大納言に中の君の後見を依頼して出家。〔一一七〕 。中の君、一条邸に戻る。姫君の車も人目を忍んで続く。〔一一 。その日の暮、大納言、姫君に対面。姫君、ひとまず大納言の乳母のもとに引き取られる。〔一 二五〕 。中の君、広沢を訪れ、父入道と再会。大君は夫大納言の迎えを受けて帰京。大納言は広沢に残 る中の君を思う。〔一二八〕 巻。四月末日、大納言、石山の姫を自邸 ( 関白邸 ) に伴う。関白夫妻喜び慈しむ。〔一三一〕 。中の君、大君夫妻の住む京の自邸に戻る。〔一三三〕 。関白家、石山の姫の五十日を盛大に祝う。大君、夫への不信に苦しむ。〔一三四〕 。石山の姫の成長を見るにつけ、大納言の中の君への思慕ますますつのる。〔一三六〕 。七月七日 ( 十七日ノ誤リカ。一三七注一九参照 ) 夜、大納言、中の君方に近づき歌を詠みかけ る。二人の仲、大君側の人々に見咎められる。〔一三七〕 。大君、夫と味の仲を疑い苦悩。長兄左衛門督に訴える。〔一三八〕 。左衛門督驚き、中の君側を強く非難。父人道に悪しざまに報告する。〔一四一〕 。入道心痛深く、真偽を宰相中将に問う。中将、噂を否定し、中の君を広沢に呼ぶよう勧める。 〔一四五〕 。中の君に対する大君側の悪口つのる。大納言、思い余り、中の君をひそかに、連れ出すことを 計画。中の君付女房の少将などに協力を依頼。〔一四八〕 。九月、中の君、広沢に赴く。父入道、久々に対面し、悲運を慰め世話をする。〔一五九〕 。大納言、中の君が無断で広沢に移ったことを恨み、文を送る。〔一六四〕 。雪の日、大納言、思慕に堪えず広沢を訪問するが中の君には逢えず。その日宮の中将も広沢を

9. 料理読本

丸やき芋 炒大豆 炒落花生 ロールキャベツ一三五 豆一一四七 種里芋 ( 皮付 ) 鶏の丸焼き一三八 十 ロ スト三八鍋又は蓋 を熱する たこ丸むし いか丸むし 四 いかみそむし一四一一 まんじゅう一一二三 お赤飯 炊きおこわ スウィートボテト三一一蓋と共に三、〇 熱する 文化饅頭一三三蓋と共に = 「〇 熱する 餅一五七一と共に二、〇 カステラ三一蓋を下にして鍋と 共に熱する一一、〇 茶わんむし一六九 南瓜・里芋 まんとう一二三 用 熱する の豆湯 八はを 割固沸 中中高局七に 中 ・ゆ 五で てよそ のもサ水 紙くの を底ま 網水 水ちナを しにま ' 、れ水塩 入水れサ油せたをケ る皿入直 で米を人 をを をを入タ いサ紙 をれ接 れ五るナをる上反ー すふれ一る少を てナを 入入 炊を入れ もをし る勺をひに転キ 入る鍋 しふ ーるりる大 れれ く入れる よ反い 程入くのし型 入る い転て るる れる 匙 蒸十分蒸 五五六五分一四蒸二五蒸七七約十十十七 分気五 - に祭〇分分分分 ~ 沸分気十分気分分一分分五分十 ーしが分が返時 分 分 てで 四て 分八て て て てて 強蒸 其気 中中帛名中中中中弱中中の中の中 のる 弱迄 水乱むラ卵油 水水 を切し五を なな 少又方ケか しはが分け れい法カつ るまあス焼 まるテく 中 湯を沸す 中 中 中 高 と高 はじめ中、あ一直径卵大 太ければ切る 強 強 中の下 材料は鍋の半分以上、以下 の時は少し水を入れる 丸のまま の / く とタ はを - ノ、い口

10. 完訳 日本の古典 第二十五巻 夜の寝覚 ㈠

夜の寝覚 350 第五年中の君一七歳一 権中納言一一〇歳 石山の姫一歳 年 主要人物の年齢巻 事 項 。中の君病づき、日毎に病状悪化。大君の婚儀延期される。〔三七〕 。但馬守の三女の出仕決り、権中納言その日を待望。〔四一〕 。九月、対の君、中の君の懐妊を見知り、驚き嘆く。〔四二〕 。十月一日、婚儀成り、権中納言、大君のもとに通い始める。〔四三〕 。対の君、中の君に忍んだ男が権中納言であることを知り驚愕。中の君に真相を告げる。〔四三〕 。対の君、思い余り、法性寺の僧都に事情を打ち明けて頼る。〔四七〕 。真相を知って以来、中の君の病重る。人々憂慮。〔四八〕 。十一月一日頃、但馬守の三女出仕。権中納言、別人と知って驚き落胆するが、あの夜の女の素 姓を聞き出すため娘の世話をする。娘、新少将の女房名で中宮の御前勤めを許される。〔五〇〕 。雪の夜、権中納言、新少将の局を訪れ、面影の女性が中の君であると知らされる。〔五四〕 。権中納言、中の君への思いを自制しえず、密かに訪うが反応なし。〔五九〕 巻。中の君の病状悪化。父太政大臣の悲嘆は深い。対の君苦慮しつつも中の君を励ます。〔六二〕 。一月一日、華やかな大君方と対照的に寂しく新年を迎えた中の君のもとに、一家の人々見舞い 集う。中の君、昔の春を偲び悲運を嘆く。〔六三〕 。三日過ぎ、権中納言、年賀に事寄せて中の君を訪い、日頃のつれなさを恨む。〔六六〕 。対の君、中の君の出産が近づいたため僧都に相談。九条で権中納言に会い、一部始終を語る。 〔六九〕 。権中納言、中の君の懐妊を知り驚く。さまざまな祈疇をさせるが、なお思い余り中宮に事情を 告白。〔七一一〕 。春の司召に、権中納言、大納言に昇進。〔七七〕 0 あるタベ、大納言、中の君のもとに忍び人るが、束の間の逢瀬に心を残して去る。〔七八〕 。翌日、大納言、想いに堪えず改めて中の君を見舞う。中の君の次兄宰相中将応対し、大納言の 傷心を不審に思う。〔八四〕 。二月下旬、対の君、宰相中将に中の君の大事を打ち明け、援助を求む。〔八八〕 。中の君の容態ますます悪化。故母君の領していた一条邸に移る。〔九九〕