検索 - みる会図書館

全データから 214477件ヒットしました。

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


「 人 は な ぜ 星 を 見 上 げ る の か : : : 高 橋 真 理 子 の 仕 事 の す べ て は 、 こ の 問 い に こ た え よ う と す る 試 み な ん だ ね 。 」 と 、 大 切 な 友 人 が 言 っ て く れ た こ と が あ る 。 そ の 試 み か ら 、 「 星 で 人 と 人 を つ な ぎ 」 、 「 星 と 人 を つ な ぐ ー 仕 事 が 生 ま れ た の だ ろ う 。 本 書 は 、 そ の 仕 事 に 至 っ た 背 景 と 、 年 間 の 多 く の か け が え の な い 出 逢 い に よ っ て 生 み 出 さ れ た 仕 事 の 記 録 集 で あ る 。 そ こ に は 、 私 自 身 が 、 科 学 の 成 果 や 、 人 々 か ら 教 え ら れ た 「 星 空 を 見 上 げ る 意 味 ー が た く さ ん 詰 ま っ て い る 。 こ れ を 読 ん で く だ さ っ た あ な た が 、 今 夜 星 を 見 上 げ 、 少 し 新 し い 視 点 を 得 て 何 か を 感 じ 、 そ れ を 誰 か に 伝 え て く れ る こ と を 願 っ て い る 。

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


目 次 / 人 は な ぜ 星 を 見 上 げ る の か ー ー ー 星 と 人 を つ な ぐ 仕 事 プ ロ ロ ー グ ー ー ー 年 前 の 手 紙 か ら 3 そ 、 つ だ ミ ュ ー ジ ア ム を つ く ろ 、 つ 2 子 ど も た ち の 字 宙 を 原 点 に 2 」 が 生 み 出 し た も の 3 「 オ ー ロ ラ ス ト ー リ ー 4 心 の 中 の 星 空 を ド 1 ム に ー ー プ ラ ネ タ リ ウ ム ・ ワ 1 ク シ ョ ッ プ 5 星 空 が 教 え る め ぐ る 時 ば く と ク ジ ラ の も の が た り 6 星 を 頼 り に 星 つ む ぎ の 歌 6 7 星 で 心 を つ む ぐ 8 見 え な い 字 宙 を 共 有 す る

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


人 は な せ 髙 橋 真 理 子 げ る の か 星 と つ な ぐ 仕 事 新 日 本 出 版 社

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


9 星 か ら 生 ま れ る 私 た ち 川 遠 く を 見 る こ と 、 自 分 を 見 る こ と 戦 争 と 星 空 ー ー 戦 場 に 輝 く べ ガ 星 が む す ぶ 友 情 ー 。 ー 宮 沢 賢 治 と 保 阪 嘉 内 ほ し に む す ば れ て ー ー ー 人 と 宇 宙 の ド ラ マ 震 災 の 日 の 星 空 手 紙 を 書 く こ と 、 見 上 げ る こ と 立 日 木 と と 、 も に 羽 宙 を み て い の ち を 想 う ー ー ー 医 療 ・ 福 祉 と 宇 宙 を つ な ぐ 星 を 「 と ど け る 」 仕 事 へ エ ピ ロ ー グ ー ー 星 つ む ぎ の 村 へ ー 65

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


よ う に 、 六 つ の 点 で 一 つ の 文 字 を 表 す 。 そ れ 一 つ ひ と つ は ま さ し く 「 星 」 に な る わ け で 、 点 図 を つ く れ る 方 に お 願 い し て 、 多 く の 凸 凹 の あ る 星 図 を つ く っ て も ら っ た 。 見 え る 人 も 見 え な い 人 も 、 一 番 直 観 的 に 理 解 で き る も の は 、 街 中 か ら 見 え る 星 空 と 、 満 天 の 星 空 の 比 較 だ っ た 。 街 中 の 星 空 は 、 3 等 星 ぐ ら い ま で の ま ば ら な 星 の パ タ ー ン 、 一 方 、 ラ イ ト ダ ウ ン し て 見 え る は ず の 満 天 の 星 空 は 、 6 等 星 ま で の 星 が す べ て 入 っ た 、 紙 一 面 に ぼ つ ぼ つ が あ る よ う な パ タ ー ン 。 プ ラ ネ タ リ ウ ム の 中 で 、 お 客 さ ん が 一 番 感 動 の た め 息 を つ く の は 、 ラ イ ト ダ ウ ン し て 、 満 天 の 星 空 が 浮 か び 上 が る 瞬 間 だ 。 そ の 時 間 を 共 有 す る の に 、 こ の 星 図 は だ い ぶ 活 躍 し た 。 そ ん な 活 動 を し て い る う ち に 、 プ ラ ネ タ リ ウ ム に 来 な い 人 た ち に も も っ と 広 く 星 空 の こ と を 伝 え よ う 、 と い う 想 い が 芽 生 え た 。 zæo 法 人 ュ ニ バ ー サ ル デ ザ イ ン 絵 本 セ ン タ ー に 企 画 を 持 ち 込 み 、 「 星 の 語 り 部 」 と 彼 ら と 協 働 で 、 『 ね え お そ ら の あ れ な あ に ? 』 ※ と い う ュ ニ バ サ ル デ ザ イ ン 絵 本 の 制 作 が 実 現 し た 。 点 字 や 点 図 だ け で は 、 見 え る 人 に は な か な か わ か り に く 弱 視 の 人 に も 不 都 合 だ 。 こ の 本 は 、 ふ つ う の 絵 本 と 同 じ く 墨 字 で 書 か れ た 文 字 や 絵 が あ る と こ ろ に 、 透 明 の ア ク リ ル 素 材 で 凸 図 を 描 き 、 触 っ て 絵 が わ か る よ う に し て あ る 。 こ の 絵 本 で は 、 街 に い る 人 間 の 親 子 、 里 に い る き つ ね の 親 子 、 山 に い る 熊 の 親 子 が 、 そ れ ぞ れ に 見 上 げ る 星 空 が あ り 、 そ こ で は 星 の 数 の 圧 倒 的 な 違 い が 表 現 さ れ て い る 。 そ こ に 大 き な 流 れ 星 が 流 れ て 、 み ん な が 見 上 げ る 星 空 は 一 つ 、 空 は つ な が っ て い る と い う こ と を 伝 え る ス ト ー 79 8 見 え な い 宇 宙 を 共 有 す る

日経サイエンス 2016年 9月号


様 々 な タ イ プ の 超 新 星 星 の 最 期 で あ る 超 新 星 爆 発 は , こ れ ま で 考 え ら れ て い た よ り も し か な い よ う な 暗 い 超 新 星 が 見 つ か っ て い る 。 こ の よ う な 普 通 と は る か に 豊 か な 多 様 性 が あ る よ う だ 。 最 近 の 観 測 で , 普 通 よ り は 違 っ た 特 異 な 超 新 星 爆 発 が ど の よ う な 種 類 の 星 の , ど の よ う な 100 倍 も 明 る い 超 新 星 や , 爆 発 が 不 十 分 で 明 る さ が 通 常 の 1/100 状 況 で 生 じ る の か , い く つ も の 理 論 モ デ ル が 提 唱 さ れ て い る 。 マ グ ネ タ ー 型 疑 似 的 超 新 星 中 性 子 星 連 星 の 対 不 安 定 型 超 新 星 不 発 超 新 星 普 通 の 超 新 星 超 新 星 超 新 星 爆 発 を 起 こ し か 超 大 質 量 星 の 高 温 の コ 最 重 量 級 の 大 質 量 星 は 典 型 的 な 超 新 星 で は , け た 星 か 外 層 を 部 分 的 そ の 自 重 に よ る 強 大 な 太 陽 の 10 倍 以 上 の 質 量 ア で は 粒 子 ・ 反 粒 子 へ 中 性 子 星 連 星 が 衝 突 ・ 高 速 自 転 し て い る 恒 星 を 持 つ 恒 星 の コ ア が 崩 に 吹 き 飛 ば し , 再 ひ 平 ア か 生 成 さ れ , こ の ヘ 重 量 に よ っ て , ほ と ん 合 体 す る と , 質 量 の ほ か 崩 壊 す る と , 強 い 磁 壊 を 起 こ す 星 の 中 心 衡 状 態 に 戻 る こ と が あ ど 全 質 量 が 凝 集 さ れ , ア か 原 因 て , 核 燃 料 か と ん ど は ブ ラ ッ ク ホ ー 場 を 持 つ 中 性 子 星 「 マ 部 て は 中 性 子 星 と 呼 ば る こ の よ う な 星 が 最 ま た 残 っ て い る 段 階 で 中 性 子 星 を 超 え る 超 高 ご く 一 部 グ ネ タ ー 」 が 誕 生 す る ル に な る が , れ る 高 密 度 天 体 が 形 成 終 的 に 爆 発 す る と , 飛 超 新 星 爆 発 が 生 し る 密 度 天 体 , ブ ラ ッ ク ホ ー は 逃 げ 出 し て 超 新 星 ほ そ の 強 磁 場 の 働 き で . び 散 っ た 残 骸 が 以 前 に さ れ , 星 の 外 層 は 超 音 大 き な 爆 発 の エ ネ ル ル に な る た め , 爆 発 に ど は 明 る く な い 「 キ ロ 自 ら の 自 転 エ ネ ル ギ ー 速 の 衝 撃 波 に よ っ て 吹 吹 き 飛 ば さ れ た か け ら ギ ー に よ っ て 星 は 完 全 至 る こ と な く 最 期 を 迎 ノ ウ ア 」 を 生 じ さ せ る が 吸 い 上 げ ら れ , 超 高 き 飛 ば さ れ る の 層 に ぶ つ か っ て 非 常 に 吹 き 飛 ひ , フ ラ ッ ク え る 輝 度 超 新 星 の エ ネ ル と み ら れ て い る に 明 る く 光 る ホ ー ル は 形 成 さ れ な い 。 ギ ー 源 と な る 。 中 性 子 星 お お も と の 星 : お お も と の 星 : お お も と の 星 : お お も と の 星 . 10 太 陽 質 量 以 上 10 太 陽 質 量 以 上 70 ~ 150 太 陽 質 量 150 ~ 300 太 陽 質 量 0 お お も と の 星 . 300 ~ 1000 太 陽 質 量 中 性 子 星 コ ア 内 部 て 粒 子 ・ 反 粒 子 ヘ ア が 生 成 0 ブ ラ ッ ク ホ ー ル 何 も 残 ら な い 中 性 子 星 ブ ラ ッ ク ホ ー ル マ ク ネ タ ー 中 性 子 星 超 高 輝 度 超 新 星 こ れ ら の シ ナ リ オ で は 普 通 よ り も は る か に 明 る い 超 新 星 が 出 現 す る 0 1 兆 倍 マ グ ネ タ ー 型 超 新 星 疑 似 的 超 新 星 対 不 安 定 型 超 新 星 倍 明 る さ ( 太 陽 光 度 ) 暗 い 超 新 星 中 性 子 星 連 星 が 合 体 す る 際 や , 宇 宙 最 重 量 級 の 恒 星 が 最 期 を 迎 え る 際 , 不 発 の 花 火 の よ う な 暗 い 超 新 星 が 出 現 す る 不 発 超 新 星 普 通 の 超 新 星 中 性 子 星 連 星 の 合 体 ( キ ロ ノ ヴ ァ ) 100 万 倍 N3SNVlISlH 工 N 山 「 1000 1 OO 明 る く 輝 く 期 間 旧 ) 0 http ・ //www nikkei-science.com/

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


世 界 初 の 人 工 衛 星 は 、 旧 ソ 連 ( 現 ロ シ ア ) が 1957 年 川 月 4 日 に 打 ち 上 げ た 「 ス プ 1 ト ニ ク 1 号 」 。 競 争 に 負 け た 米 国 も 1 年 遅 れ で 打 ち 上 げ に 成 功 し た 。 東 京 大 学 宇 宙 航 空 研 究 所 ( 現 在 の 字 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 ) の 「 お お す み ー が 打 ち 上 げ ら れ た の は 1970 年 。 こ れ に よ っ て 、 日 本 は 旧 ソ 連 、 米 、 仏 に 次 ぐ 、 4 番 目 の 衛 星 打 ち 上 げ 国 に な っ た 。 人 工 衛 星 と い う 言 葉 は 、 地 球 を 周 回 し て い る 人 工 天 体 に 限 っ て 用 い 、 他 天 体 を 調 査 す る た め に 打 ち 上 げ ら れ る 「 宇 宙 探 査 機 ー と 区 別 す る 。 た だ し 、 そ れ ら の 中 に は 火 星 や 土 星 を 周 回 す る 「 人 工 衛 星 ー に な っ て い る も の が あ る 。 字 宙 ス テ ー シ ョ ン や ス ペ 1 ス シ ャ ト ル も 広 い 意 味 で は 人 工 衛 星 の 定 義 を 満 た し て い る が 、 通 常 は 人 工 衛 星 と し て は 扱 わ れ な い 。 衛 星 が 通 る ル ー ト ( 軌 道 ) は さ ま ざ ま だ 。 「 軌 道 は 衛 星 の 仕 事 の 中 身 で 決 ま り ま す 」 と 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 の 渡 辺 勝 巳 ・ 広 報 主 幹 。 代 表 格 が 「 静 止 軌 道 」 。 赤 道 の 上 空 約 3 万 6000 キ ロ 識 に あ る 円 形 の 軌 道 だ 。 の こ の 軌 道 の 衛 星 は 、 1 日 で 地 球 を 1 周 す る 。 地 球 の 自 転 と 同 じ ペ ー ス な の で 、 地 上 か ら は 、 同 じ 場 所 に 止 ま っ て 見 え る 。 放 送 、 通 信 衛 星 の 仕 事 場 が こ の 軌 道 。 日 本 で や 0co の ア ン テ ナ を 南 に 向 け る の は 、 衛 星 が 章 赤 道 方 向 に あ る か ら だ 。 2005 年 2 月 % 日 に 打 ち 上 げ ら れ た 「 ひ ま わ り 6 号 」 も こ の 軌 道 に い 6 第 て 、 日 本 か ら 目 を 離 さ な い

力学


6.2 惑 星 の 運 動 (Edmund Halley) 107 ハ レ ー は 1656 年 の 秋 ロ ン ド ン に 生 れ , 1742 年 の 1 月 に そ の 生 涯 を 閉 じ た . オ ク ス フ ォ ー ド の Queen's CoIIege に 学 び , そ こ で そ の 当 時 第 一 の 天 文 学 者 John Flamsted に 出 会 っ た . そ の 頃 の 大 き な 問 題 は 海 洋 で 自 分 の 船 の 位 置 , 特 に 経 度 を き め る こ と で あ っ た . HaIley は Astronomer Royal と い う 地 位 を FIamsted か き き ◆ き ら 継 ぐ こ と に な る . オ ク ス フ ォ ー ド 卒 業 後 セ ン ト ヘ レ ナ (St. Helena) に 赴 き , 南 半 球 の 星 の 表 を 作 る こ と に 従 事 し た . そ こ で 水 星 が 地 球 か ら み て 太 陽 面 を 通 過 す る 現 象 を 観 測 し , 天 文 単 位 (). u. 地 球 の 太 陽 の ま わ り の 公 転 半 径 1.5 ><108km) の 大 体 の 値 を き め た . 1682 年 に 後 に ハ レ ー 彗 星 と よ ば れ る 彗 ー 星 の 観 測 を し , 複 雑 な 計 算 の 後 に そ れ が 楕 円 軌 道 で あ る こ と を 見 出 し た . Newton は す べ て の 彗 星 の 軌 道 は 放 物 線 で あ る と 考 え て い た よ う で あ る . 実 際 , そ れ ま で 知 ら れ て い た 彗 星 の 軌 道 は 放 物 線 に 近 い も の で あ っ た . Halley は こ の 彗 星 の 周 期 を 75 年 と き め て , 1758 年 の 12 月 と 予 言 し た が , Halley は こ れ を 見 る こ と な く 1742 年 の 1 月 に の 世 を 去 っ て い る . Halley は Newton に プ リ ン キ ピ ア の 出 版 を 勧 め , ま た そ の た め の 資 金 を 提 供 つ ぎ に 地 球 を 訪 れ る 時 を ニ ュ ー ト ン プ リ ン シ ピ ア 」 ( 講 談 社 , 1977 ) 643 ペ ー ジ ). も の で あ る と す る な ら ば 75 年 の 間 に 1 公 転 す る も の で あ ろ う と し て い る ( 中 野 猿 現 わ れ た 彗 星 ) に つ い て の Halley の 仕 事 が 紹 介 さ れ , こ の 2 つ の 彗 星 は 同 一 の Newton の プ リ ン キ ピ ア に は ハ レ ー 彗 星 ( 1607 年 に 現 わ れ た 彗 星 と 1682 年 に 思 い 出 さ れ て い る . 子 を も う け た . 後 に 76 年 ご と に ハ レ ー 彗 星 の 訪 問 に よ っ て 広 く 世 界 中 の 人 び と に ろ な 仕 事 を な し と げ た . 1682 年 に MaryTooke と 結 婚 し 2 人 の 女 子 と 1 人 の 男 Halley は ま た 外 交 界 で も 手 腕 を 示 し , 生 命 保 険 事 業 の た め 表 を 作 る な ど い ろ い

ミリタリー・イラストレイテッド2⃣ 最新米軍サバイバル・マニュアル


北 極 星 が 天 の 北 極 か ら お よ そ 一 度 と す れ る こ と は 決 し て な い 。 い い か え れ は 、 北 半 球 か ら 北 極 星 を 観 宗 丁 る 人 の 目 線 は 、 決 し て 真 北 か ら 一 度 以 上 は 離 れ な い と い う こ と だ 。 北 極 星 を 探 す に は 、 ま す 天 の 北 極 に 近 い 一 一 つ の 星 座 、 北 斗 七 星 か カ シ オ ペ ア 座 を 見 つ け る 。 北 斗 七 星 の 外 側 に 位 置 す る 一 一 つ の 星 は 、 ほ ば ま っ す ぐ に 北 極 星 を 指 す の で 〃 ポ イ ン タ ー 〃 と 呼 ば れ て い る 。 こ の ポ イ ン タ ー を 形 成 す る 一 一 つ の 星 の 間 隔 を 、 カ シ オ ペ ア 座 の 方 へ 向 か っ て 五 倍 に 延 長 し た と こ ろ に 北 極 星 が 位 置 し て い る の で あ る 。 も し 、 ポ イ ン タ ー が 雲 に 邪 魔 さ れ て も 、 カ シ オ ペ ア 座 と の 位 置 関 係 か ら 北 極 星 を 見 わ け る こ と が で き る 。 図 は 、 そ う し た 北 斗 七 星 、 北 極 星 、 カ シ オ ペ ア 座 の 位 置 関 係 を 示 し た も の で あ る 。 観 穴 衾 の 子 午 線 ( 観 測 者 の 位 置 を 通 過 す る 南 北 の 線 ) か ら の 北 極 星 の 角 距 離 も 、 カ シ オ ペ ア 座 と 北 斗 七 星 の 位 置 関 係 に よ っ て 決 め る こ と が で き る 。 図 は 、 北 極 星 の 位 置 の 最 大 誤 差 と 最 小 誤 差 を し め し た も の 。 こ れ ら 両 極 端 の 間 の 位 置 に お い て は 、 北 極 か ら の 北 極 星 の 角 距 離 は 暗 算 で 割 り 出 す ( 図 参 照 ) 。 ( オ リ オ ン 座 に よ る 方 位 ) オ リ オ ン 座 は 、 七 つ の 星 に よ り 構 成 さ れ る 。 三 つ 集 ま っ て い る の は オ リ オ ン の 三 つ 曇 図 の 南 北 線 上 の 星 は 、 天 の 赤 道 上 に あ る 。 地 球 上 の ど こ か ら 見 て も 、 こ の 星 は 東 か ら 昇 っ て 西 へ 沈 む 。 ( 南 十 に よ る 方 位 ) 南 半 球 で は 、 北 極 星 は 見 え な い 。 か わ っ て 南 十 字 星 が 、 特 有 の 星 座 195

人はなぜ星を見上げるのか―星と人をつなぐ仕事


手 だ っ た 。 一 人 と 一 一 人 は だ い ぶ 違 う 。 正 直 な と こ ろ 、 彼 も 私 が 何 に 興 奮 し て い る の か 理 解 で き な か っ た 、 と い う 。 た だ 、 「 高 橋 さ ん が こ ん な に う れ し そ う に し ゃ べ っ て い る の だ か ら 、 き っ と 何 か 面 白 い 企 画 に な る の だ ろ う 」 と 思 っ た 、 と 。 こ の 企 画 を 後 押 し し て も ら っ た こ と が 、 の プ ち の 大 き な 仕 事 の 数 々 に 結 び つ い て い っ た 。 シ ク ワ ☆ 星 を 見 て 何 を 想 う ム ウ こ れ を 、 あ ら た め ダ 人 々 に と っ て 「 星 を 見 上 げ る 」 と い う こ と は 、 ど う い う こ と な の か : プ て 考 え さ せ て く れ た の は 、 こ の ワ 1 ク シ ョ ッ プ か ら 出 て き た 、 参 加 者 の 言 葉 に よ る も の が 大 き 。 「 思 い 出 の 星 空 を 語 ろ う 」 と い う テ ー マ で 行 っ た ワ ー ク シ ョ ッ プ で は 、 ま ず は 、 二 人 一 組 ム で 星 を 見 上 げ た 記 憶 を ひ き だ し 合 い 、 そ の 思 い 出 の 日 の 星 空 を 映 し 出 し な が ら 、 皆 の 前 で 語 る を 空 と い う 時 間 を 持 っ た 。 中 学 生 の 男 の 子 が 、 友 達 と 見 た 流 星 群 が わ す れ ら れ ず 、 そ の 友 達 と は 一 星 生 つ き あ っ て い け る と 確 信 し た 話 。 母 親 と 一 緒 に 富 士 山 の ふ も と で 満 天 の 星 を 見 て 、 そ こ に 流 れ た 星 が 死 ん だ お 父 さ ん だ っ た ね 、 と 確 認 し あ っ た 話 。 全 盲 の 女 性 が 富 士 山 に 登 っ た と き 、 一 緒 に い た 友 人 が 、 そ の 頭 上 に 広 が る 満 天 の 星 を 見 て 「 す ご い 星 。 と に か く 、 す つ ご い 星 ー と 何 度 も 言 う の を 聞 き 、 彼 女 を そ こ ま で 感 動 さ せ る 星 っ て い っ た い ど ん な も の な ん だ ろ う と 思 っ た 、