検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮45 2016年7月号 新潮社

新潮45 2016年7月号 新潮社から 335件ヒットしました。

新潮45 2016年7月号 新潮社


「 鳥 瞰 」 高 木 亮 新 潮 2016 年 7 月 号 新 潮 社

新潮45 2016年7月号 新潮社


い し 、 ま た 、 生 命 や 自 由 の 擁 護 と い う 人 だ か ら 、 今 日 、 必 要 な も の は 、 ま さ に か け が な さ れ て い た 時 代 で あ っ た 。 そ し 権 主 義 で も な い 。 た だ 、 「 人 間 と は 自 ら シ = ー マ ッ ハ ー が 述 べ た よ う に 、 価 値 の て 、 も し も 、 今 日 、 シ = ー マ ッ ハ ー が 新 の 営 為 の 音 味 を 問 う も の で あ る 」 と い う 、 観 点 か ら 経 済 学 の 理 論 を 相 対 化 す る よ う 鮮 に 響 く の だ と す れ ば 、 わ れ わ れ は 、 し ご く 当 た り 前 の 人 間 観 か ら 出 て く る も な 「 メ タ 経 済 学 」 な の で あ る 。 経 済 に 関 年 代 と 同 様 の 、 大 き な 社 会 的 な 転 換 点 に す る 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク ス ( 形 而 上 学 ) 」 さ し か か っ て い る こ と に な る の で あ ろ う 。 の で あ る 。 に も か か わ ら ず そ れ は 、 経 済 学 の よ う と い っ て も よ い 。 人 間 に と っ て 「 よ き こ の 「 反 ・ 幸 福 論 」 で 、 し ば ら く 、 そ の な ~ 科 学 か ら は で て こ な い の で あ る 。 生 」 と は い か な る も の か 、 「 よ き 仕 事 」 よ う な 問 い を 発 し て み た い 。 十 分 に 答 え む し ろ 、 的 学 問 は 時 と し て そ の 障 害 と は 、 「 よ き 物 的 生 活 」 と は 、 「 よ き 組 を 見 出 す こ と は 不 可 能 だ と し て も 、 ど こ に さ え な る 。 な ぜ な ら 、 ~ 科 学 は 、 事 織 」 と は 、 と い っ た 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク に 考 え る べ き 鬮 が あ る の か 。 ど う 考 え 実 と 価 値 の 分 離 を こ そ 最 大 の 身 元 証 明 に ス 」 ( の 問 い か け を 決 し て 怠 ら な い 経 済 る べ き な の か 。 読 者 の 皆 さ ん に も 投 げ か け て み た い と 思 う 。 使 い 、 そ の う え で 、 価 値 に つ い て は 咸 ~ 学 が 求 め ら れ て い る の で あ る 。 確 か に 、 E 年 代 と は 、 そ の よ う な 問 い し よ う と す る か ら で あ る 。 7 月 号 2016 第 35 巻 第 7 号 ・ 通 巻 第 411 号 平 成 28 年 7 月 18 日 発 行 ( 平 成 28 年 6 月 18 日 発 売 ) ( 禁 無 断 転 載 ) 定 価 880 円 編 集 兼 発 行 者 三 重 博 一 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 〒 162-8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 電 話 [ 編 集 ] 0 5266-5445 [ 営 業 ] 03 弓 266-5111 印 刷 者 北 島 義 俊 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 @2016 SHINCHOSHA Printed ⅲ Japan 来 月 8 月 号 は 、 7 月 19 日 発 売 で す 。

新潮45 2016年7月号 新潮社


分 に は 縁 の な い 話 だ ろ う と 思 っ て い た が 、 エ デ ィ ン グ 事 業 を や り た い と い う 元 夫 の 降 っ て わ い た 「 奇 奇 怪 怪 な 話 」 状 を み て び つ く り し た 。 九 州 出 張 か 意 回 を う け 、 米 国 の ア ル フ レ ッ ド ・ ア ン 朝 日 新 聞 会 部 よ り 書 が 届 い た ら 帰 京 し た 週 明 け に 、 朝 日 新 聞 社 と 共 同 ジ ェ ロ 社 の ウ ェ デ ィ ン グ ド レ ス の 輸 人 卸 の は 、 4 月 幻 日 の こ と だ っ た 。 私 が 代 表 通 信 社 ( 二 社 は 国 際 調 査 報 道 ジ ャ ー ナ リ 売 販 売 を 営 む よ う に な り 、 2007 年 に 取 締 役 を 務 め る 会 社 の 社 員 か ら ~ が あ ス ト ロ Ⅱ — o— に 加 盟 し 、 独 占 取 材 私 が 元 夫 か ら 会 社 を 引 き 継 い だ 頃 に は そ り 、 ア イ ス ラ ン ド の 首 相 、 キ ャ メ ロ ン 英 を 行 っ て い た ) の 共 同 取 材 を 受 け る こ と ち ら が 本 業 に な っ て い た 。 年 商 国 首 相 の 父 親 、 習 近 平 甲 国 国 家 主 席 の 親 に し た 。 万 円 の 小 さ な 会 社 で 、 現 在 は 新 宿 区 内 に 戚 、 オ 1 ス ト ラ リ ア の 首 相 な ど 次 々 に 政 今 回 パ ナ マ 文 書 で 関 係 が あ る と 報 道 さ オ フ ィ ス を 構 え 、 通 常 3 名 の ス タ ッ フ が 財 界 の 要 人 が 各 国 で 関 与 し 国 際 的 な ス キ れ た の は ト ラ ン ス 。 ハ シ フ ィ ッ ク ・ エ デ ュ 日 々 ウ ェ デ ィ ン グ ド レ ス の 卸 売 営 業 を し ャ ン ダ ル に 発 展 し て い る 、 あ の 。 ハ ナ マ 文 ケ ー シ ョ ン ・ ネ ッ ト ワ ー ク 株 式 会 社 と い て い る 零 細 企 業 で あ る 。 書 に つ い て 、 朝 日 新 聞 社 か ら 問 い 合 わ せ う 会 社 で 、 も と も と は ハ ー バ ー ド を 卒 業 私 は 代 表 取 締 役 を 務 め て は い る が 、 売 が き て い る と い う 。 し た カ ナ ダ 人 の 元 夫 と 私 が 1989 年 に 上 が 低 い の で 役 員 報 酬 を い た だ い て お ら 私 は タ ッ ク ス へ イ プ ン ( 租 税 回 避 地 ) 資 本 金 10 0 0 万 円 で 立 ち 上 げ た も の 。 ず 、 会 社 に は 隠 す よ う な 売 上 な ど な い 。 に 隠 す よ う な 大 き な 所 得 も な い た め 、 自 当 初 は 調 査 業 務 を お こ な っ て き た が 、 ウ 取 材 に 応 じ る に あ た り 、 私 は 通 常 業 務 に ス ナ マ 文 書 」 の 風 評 被 害 加 藤 。 ま っ た く 身 に 覚 え 世 界 を 揺 る が す 騒 動 に ま さ か 自 分 が 巻 き 込 ま れ る と は の な い こ と で 「 名 指 し 」 を さ れ た 内 閣 参 与 が 、 憤 懣 や る か た な い 思 い を 綴 る 0 19 5 9 年 生 ま れ 。 慶 應 義 塾 大 学 文 学 部 卒 米 、 ー バ ー ド 大 学 大 学 院 都 市 経 済 学 修 士 課 程 修 了 。 一 般 財 団 法 人 産 業 遺 産 国 民 会 議 の 専 務 理 事 も 務 め る 。 著 書 に 「 産 業 遺 産 「 地 域 と 市 民 の 歴 史 」 へ の 旅 」 。 か と 、 つ こ う July 2016 102

新潮45 2016年7月号 新潮社


現 在 、 今 治 造 船 陸 上 部 監 督 を 務 め る 滝 分 の 目 で 確 か め な い と 今 後 の 練 習 方 法 が 陸 上 へ の 情 熱 は さ ら に ヒ ー ト ア ッ プ し た 。 田 剛 は 、 千 葉 ・ 佐 拿 咼 校 で 小 出 の 指 導 を 作 れ な い 。 人 任 せ に は で き な い ん で す 」 「 金 メ ダ ル が 欲 し い 」 と い う の が 実 業 団 夫 人 が 一 鷽 な 病 で 長 期 人 院 中 も 、 小 出 に 転 身 し た 理 由 で あ る 。 そ し て 、 そ れ は 仰 い だ 。 「 高 校 1 年 の 時 、 監 督 が 胃 潰 瘍 で 人 院 し は 休 ま な い 。 早 朝 4 時 に は 起 床 し 、 幼 稚 高 橋 尚 子 を し て シ ド ニ ー で 実 現 し た の だ ま し た 。 医 者 か ら 絶 対 安 静 を 言 い 渡 さ れ 園 を 頭 に 3 人 の 娘 の 食 事 の 世 話 と 弁 当 作 が 、 こ の 金 メ ダ ル も 、 小 出 と 高 橋 と の 絶 て い る に も か か わ ら ず 、 穀 目 は 放 課 後 の り を し 、 6 時 半 か ら の 朝 練 に 向 っ た 。 授 対 的 信 頼 関 係 が も た ら し た も の で あ る 。 練 習 時 間 に 合 わ せ て 病 院 を 抜 け 出 し 、 私 業 後 、 夫 人 の 人 院 先 に 顔 を 出 す も の の 練 そ の た め の 指 導 手 法 の 一 つ に ″ ホ メ 殺 た ち と 一 緒 に ジ ョ ギ ン グ し て い た 。 白 い 習 時 間 と な る や 病 院 を 後 に し た 。 し か も 、 し 〃 が あ る 。 「 ち ゃ ん 、 い い よ 、 い い よ 」 丸 首 の グ ン ゼ の 肌 着 に プ リ ー フ と い う 恰 夫 人 が 音 不 明 2- 状 態 に 陥 り 、 こ こ 好 。 本 人 は シ ャ ツ に ラ ン ニ ン グ パ ン ツ が 山 か と 思 わ れ た 時 も 、 「 じ ゃ あ 、 行 っ 走 る 高 橋 の 後 ろ か ら 車 の 助 手 席 か ら 顔 の つ も り だ っ た の で し よ う が 、 ど う 見 て て く る 」 と 義 母 に 任 せ て 練 習 に 出 か け た 。 を 出 し 、 小 出 の 激 励 が 飛 ぶ 。 「 女 房 の 病 気 を 理 由 に 練 習 を 人 任 せ に な 「 ち ゃ ん 、 ま た 強 く な っ ち ゃ う よ 」 も 病 院 か ら の 脱 走 者 か 変 質 者 の な り で 、 と ″ ホ メ 殺 し 〃 に 追 い 打 ち を か け る 。 今 な ら 間 違 い な く 通 報 さ れ て い ま す よ 」 ん て で き な い 。 選 手 だ っ て 命 懸 け で や っ 高 橋 は ど ん な に 苦 し く て も 、 こ の 声 に 応 風 邪 で 明 度 の 熱 が あ っ て も 、 グ ラ ウ ン て い る ん だ か ら 」 小 出 に は 世 間 の 常 識 は 通 用 し な い 。 選 え る べ く プ レ ー キ を か け る こ と が で き な ド 内 の べ ン チ に 横 に な り な が ら 選 手 の 走 手 も 小 出 の 異 様 と も と れ る 陸 上 へ の 鬼 気 い 。 彼 女 の 性 格 を 見 越 し て の 小 出 流 の 駆 る 姿 を 見 て い た こ と も あ る 。 「 ウ ケ 狙 い の 。 ハ フ ォ ー マ ン ス で 出 来 る こ 迫 る 情 熱 に 圧 倒 さ れ 、 「 俺 た ち も 負 け て け 引 き で あ る 。 世 界 一 の 厳 し い 練 習 を 課 す と 一 一 一 口 わ れ る と で は な く 、 こ う ま で し て 見 守 っ て く れ ら れ る か 」 と 背 中 を 押 さ れ て い た 。 こ の 時 に 小 出 が 指 導 に あ た っ て い た 市 小 出 は 、 シ ド ニ ー 五 輪 以 降 、 " 世 界 に 敵 る の か と 熱 い も の が 込 み 上 げ た 」 ( 滝 田 ) 高 校 の 指 導 者 時 代 か ら 「 駆 け っ こ 好 立 船 橋 高 の 男 子 は 全 国 高 校 駅 伝 を 大 会 記 な し 〃 の 高 橋 に ジ ョ ギ ン グ を 含 め 月 に 1 200 キ ロ の 練 習 量 を 課 し た 。 日 に 換 算 録 で 駆 け 抜 け 、 優 勝 し て い る 。 き 」 の 情 熱 は 伸 び 盛 り の 選 手 た ち の ハ す る と 叩 キ ロ 、 つ ま り 、 毎 日 マ 一 フ ソ ン を ト を 鷲 掴 み に し て い た の だ 。 ホ メ 殺 し 指 導 走 っ て い た 計 算 に な る 。 大 の 練 習 好 き で 出 は こ う る 。 「 選 手 の 好 不 調 、 徴 妙 な 変 化 は 実 際 に 自 社 会 人 チ ー ム の 監 督 に な っ て 、 小 出 の 練 習 量 に 音 を あ げ た こ と の な い 高 橋 だ が 、 July 2016 196

新潮45 2016年7月号 新潮社


》 集 甲 管 理 は し て い な い 。 リ ス ト 自 体 が な に は 銀 行 口 座 誉 万 や そ の 取 引 内 容 、 乗 っ わ か っ て い た オ フ シ ョ ア の 危 険 性 い 以 上 、 そ れ を 持 ち 出 す 人 間 も い な い 」 て い る 車 や ナ ン バ 、 お ま け に 健 康 状 態 と 言 う の だ っ た 。 そ れ ら の 証 一 一 一 一 口 が 事 実 な ど の セ ン シ テ イ プ 情 報 や 買 い 物 ア ー タ 「 実 は わ が 社 も か っ て 人 件 費 の 安 い 中 国 と す る な ら ば 、 ど う し て エ ー ジ ェ ン ト ら な ど ま で 容 易 に 把 握 で き 、 そ れ ら を 氏 名 で 現 地 法 人 を 作 り 、 そ こ で デ ー タ 人 力 な に よ っ て 名 寄 せ 、 あ る い は マ イ ナ ン バ ど を 委 託 し ま し た 。 オ フ シ ョ ア と 名 付 け は 即 刻 、 拘 束 さ れ て し ま っ た の か 。 謎 が 深 ま る 中 、 あ ら ぬ 方 向 か ら 由 々 し を 使 っ て 統 合 す れ ば 、 情 報 面 に お い て ら れ 、 業 界 全 体 に 広 く 浸 透 し て い る や り き 証 言 が 寄 せ ら れ た 。 個 々 人 を 丸 裸 に で き て し ま う の で す 。 こ 方 で す が 、 中 国 に デ ー タ が 抜 け る 仕 組 み 「 大 多 数 の 日 本 人 の 個 人 情 報 が 中 国 に 漏 れ を 政 府 規 模 で 行 い 、 公 安 部 で デ ー タ ベ は こ こ に あ る の で す 」 報 れ 、 把 握 さ れ て い ま す 。 人 国 時 点 で す ぐ ー ス 化 し て 使 っ て い る の が 中 国 で す 。 だ と 言 っ て 、 黛 が ど ん な ふ う に 行 わ れ 情 に 身 元 確 認 が で き て し ま う ほ ど 深 刻 な 状 か ら 、 日 本 人 工 ー ジ ェ ン ト ら は す ぐ に 正 る の か を 詳 細 に 説 明 し 始 め た 。 た と え ば 、 況 に あ る の で す 」 体 が ば れ 、 捕 ま っ て し ま っ た 。 人 国 管 理 生 命 保 険 会 社 の 場 合 は こ ん な 具 合 だ と い 出 そ う 語 っ た の は 、 日 本 有 数 の 企 業 局 の デ ー タ と リ ン ク さ せ て お け ば 、 入 国 う 。 国 現 地 法 人 で は 、 中 国 人 た ち が 、 日 本 か で シ ス テ ム 設 計 等 を 行 っ て い る 氏 だ 。 時 点 で ど ん な 人 物 か 容 易 に 判 別 が っ き ま 同 社 の 顧 客 に は 国 民 の 各 種 情 報 を 有 し て す 。 あ と は 当 局 が 尾 行 し て 、 適 当 な 時 ら フ ァ イ ル 等 の 形 で 送 ら れ て き た い る 官 公 庁 は も ち ろ ん 、 銀 行 や 生 命 保 険 間 ・ 場 所 で 身 柄 を 拘 束 す る だ け で す 」 手 書 き の 保 険 の 申 込 書 を 前 に 、 氏 名 ( 漢 べ 会 社 、 損 害 保 険 会 社 、 ク レ ジ ッ ト 会 社 、 氏 に よ る と 、 日 本 人 は " 総 丸 裸 〃 状 字 ・ か な ) ・ 住 所 ・ 生 年 月 日 ・ 年 齢 ・ 電 一 デ は て は コ ン ビ ニ チ ェ ー ン な ど も 含 ま れ て 態 に あ る と い う 。 だ が な ぜ 中 国 が そ ん な 話 番 号 ・ 軍 請 誉 万 ・ 職 業 ・ 役 職 ・ 配 公 い る と い う 。 そ の 業 務 を 前 提 に 、 氏 は こ と を で き る の か 。 情 建 呂 理 の 厳 し い 昨 偶 者 や 子 供 の 氏 名 ・ 銀 行 口 座 ・ ク レ ジ ッ 線 こ う 言 う の だ っ た 。 今 、 し か も 情 建 呂 理 の プ ロ と 言 う べ き — ト カ ー ド 情 報 ・ 身 長 ・ 体 重 ・ 既 往 症 ・ 病 「 わ が 社 の 顧 客 だ け に 限 っ て も 、 そ の 気 企 業 か ら た や す く 情 報 を 抜 く こ と な ど 歴 ・ 手 術 歴 ・ 通 院 歴 : : : と 一 文 字 一 文 字 、 工 。 ハ ソ コ ン に 打 ち 込 ん で い く 。 で き な い の で は な い か 。 に な っ て デ 1 タ を 悪 用 し よ う と 思 え ば 、 住 所 ・ 氏 名 ・ 年 齢 ・ 生 年 月 日 、 電 話 誉 万 し か し 、 氏 は 「 簡 単 に で き る 」 と 断 そ し て 、 一 日 の 作 業 が 終 了 す る と 、 そ 国 に 始 ま り 、 。 ハ ス ポ ー ト ・ ナ ン バ ー や 指 言 す る 。 そ し て 、 こ れ ま た 亠 舜 な 事 実 を の デ ー タ を ホ ス ト ・ コ ン ピ ュ ー タ ー に 保 存 し 、 翌 日 の 禾 に 備 え る 。 記 体 な 紋 ・ 虹 彩 と い っ た 生 体 認 証 デ ー タ 、 さ ら 明 か し た の で あ る 。

新潮45 2016年7月号 新潮社


任 は 「 政 府 に あ る 。 県 に も 県 警 に も 、 地 り 組 み に 対 し て 「 一 般 的 な 犯 罪 抑 止 対 策 係 者 に は 、 公 正 な 投 票 、 正 確 な 開 票 が 行 元 の 警 察 に も あ る 」 と 述 べ て 一 部 か ら 批 の 延 長 線 で 、 米 軍 関 係 者 の 事 件 事 故 の 抑 わ れ な け れ ば 民 主 主 義 は 成 り 立 た な い こ 判 を 浴 び 、 外 務 省 か ら 「 注 意 」 を 受 け た 止 に は 日 米 地 位 協 定 の 抜 本 的 改 定 が 必 と を 強 く 認 識 し て も ら い た い も の だ 。 が 、 水 上 氏 の 認 識 こ そ 正 論 で あ る 。 要 」 ( 6 月 4 日 付 「 沖 縄 タ イ ム ス 」 ) と 批 定 数 絽 の う ち 、 翁 長 与 党 ( 「 オ ー ル 沖 判 す る が 、 地 位 協 定 の 抜 本 的 改 定 よ り も 、 縄 し は 現 有 議 席 を 4 議 席 上 回 る 議 席 事 件 と 選 挙 と 「 オ ー ル 沖 縄 」 一 般 的 な 犯 間 止 対 策 に も な る 今 回 の 取 を 獲 得 ( 社 民 6 、 共 産 6 、 社 会 大 衆 党 3 、 政 府 は 、 今 回 の 事 件 を 受 け て 、 関 係 省 り 組 み の ほ う が 、 県 民 の い の ち と 暮 ら し 県 民 ネ ッ ト 3 、 無 所 属 9 ) 、 引 き 続 き 安 庁 の 局 長 級 で つ く る 「 沖 縄 県 に お け る 犯 を 守 る 上 で は る か に 効 果 的 で あ る こ と は 定 多 数 を 維 持 す る こ と に な っ た 。 野 党 で 罪 抑 止 対 策 推 進 チ ー ム 」 を 立 ち 上 げ 、 防 明 白 だ 。 地 位 協 定 の 見 直 し が 不 要 だ と は あ る 自 民 党 は 、 公 認 ・ 推 薦 の 人 を 擁 立 犯 。 ハ ト ロ ー ル 隊 の 創 設 な ど の 対 策 を と り い わ な い が 、 そ の 「 抜 本 的 改 定 」 な ど を し 、 1 議 席 増 の 議 席 ( 自 民 県 辨 属 ま と め た 。 対 策 は 防 犯 。 ハ ト ロ ー ル 体 制 強 待 っ て い た ら 、 沖 縄 の 犯 罪 や 殺 人 事 件 は 、 1 ) を 獲 得 し た が 、 少 数 野 党 の 立 場 は 変 化 と 安 全 ・ 安 心 な 環 境 敕 黹 の 2 本 柱 だ 。 一 向 に 減 ら な い ま ま に 終 わ る 。 政 府 や 米 わ ら な い 。 公 明 党 、 お お さ か 維 新 の 会 な 。 ハ ト ロ ー ル 体 制 の 強 化 で は 、 沖 縄 総 合 事 軍 を 批 判 し て い れ ば 、 県 民 の い の ち と 暮 ど 中 立 派 は 8 か ら 2 減 っ て 6 議 席 ( 公 明 務 局 が 非 常 勤 職 員 を 雇 い 、 車 両 100 台 ら し を 守 る こ と が で き る と い わ ん ば か り 4 、 お お さ か 維 新 の 会 2 ) と な っ た 。 規 模 の 。 ハ ト ロ ー ル 隊 を 結 成 し 、 繁 華 街 な の 報 道 婆 勢 に は 、 呆 れ る ば か り だ 。 7 月 川 日 に 投 票 さ れ る 参 院 選 ( 改 選 ど を 巡 回 す る こ と に し て い る 。 6 月 中 に 県 民 の い の ち と 暮 ら し を 破 壊 す る の は 、 1 ) で は 、 県 議 選 の 勢 い を 駆 っ て 、 「 オ 車 両 約 台 で 発 足 し 、 本 年 度 中 に 警 呂 も つ ば ら 政 府 と 米 軍 で あ る 、 と い っ た 姿 ー ル 沖 縄 」 の 候 補 ・ 伊 波 洋 一 氏 ( 元 宜 野 を 100 人 、 。 ハ ト カ ー を 幻 台 増 や し て 、 勢 を と っ て い る 点 で は 、 翁 長 知 事 も 沖 縄 湾 市 長 ) が 、 現 職 の 沖 縄 ・ 北 方 担 当 大 臣 。 ハ ト ロ ー ル 体 制 の 充 実 を 図 る エ 疋 だ 。 の マ ス コ ミ と 同 様 だ が 、 6 月 5 日 を 投 票 で あ る 島 尻 安 伊 子 氏 と 議 席 を 争 う が 、 安 全 ・ 安 心 な 環 境 と し て は 、 防 犯 日 と し た 沖 縄 県 議 選 で は 、 そ う し た 対 決 「 オ ー ル 沖 縄 」 と の 対 決 姿 勢 を 強 め つ つ 灯 や 防 犯 カ メ ラ 盥 を 進 め 、 学 校 で の 姿 勢 が 功 を 奏 し て 、 事 仕 訓 に は 退 潮 も 予 あ る 沖 縄 経 資 の 動 き が 、 今 後 の 政 界 を 防 犯 教 育 や 学 校 の 安 〈 諟 昌 理 体 制 の 充 実 も 想 さ れ て い た 翁 長 試 兄 が 、 結 果 的 に 議 席 占 う 一 つ の ポ イ ン ト と な る 可 能 性 が あ る 。 盛 り 込 ま れ て い る 。 を 増 や す こ と に 成 功 し た 。 な お 、 今 回 の 沖 縄 県 最 大 の ゼ ネ コ ン で 、 沖 縄 経 済 界 沖 縄 の マ ス コ ミ は 、 政 府 の こ う し た 取 選 挙 で は 集 計 ミ ス が 異 常 に 目 立 っ た 。 関 を リ ー ド す る 國 場 組 は 、 琉 球 新 報 の 新 社 July 2016 84

新潮45 2016年7月号 新潮社


丸 デ ィ ア の 運 間 大 流 イ 人 教 「 デ 学 督 に メ 大 基 書 と 家 園 際 著 道 学 国 。 報 論 女 。 了 発 泉 授 修 原 い 恵 教 科 「 等 ・ 科 究 」 学 研 ル ナ 会 ヒ ク 論 ま 社 ニ 景 ャ 生 代 較 ロ 風 ジ 京 現 比 ク 、 @ド ワ ン ゴ が 創 出 し た コ ミ ュ ニ テ ィ 武 東 部 院 学 力 年 学 学 類 曝 電 王 戦 、 Z 高 等 学 校 、 ニ コ ニ コ 超 会 議 : : : ネ ッ ト と リ ア ル の 間 に 生 ま れ る 新 し い 関 係 性 田 会 大 人 社 学 行 ア ネ ッ ト メ デ ィ ア の 大 海 に コ ン テ ン ツ が 溶 け 出 し て ゆ く 中 、 メ デ ィ ア は ど こ へ 向 か う の か ? コ ン ピ ュ ー タ と 棋 士 が 戦 う 「 電 王 戦 」 「 す ご い な と い う 感 情 と 、 悔 し い と い う 保 科 は 4 年 前 に イ ン タ ー ネ ッ ト 系 広 告 代 理 店 か ら 転 職 。 当 初 ス ポ ー ツ の ニ コ 生 は 日 本 犬 ム 長 ( 当 時 ) だ っ た 永 世 感 情 が 半 々 ぐ ら い で し た ね 」 。 前 回 か ら 引 き 続 き 、 ニ コ 一 一 コ 動 画 の ド 番 組 を 制 作 す る エ 疋 だ っ た が 、 人 艢 2 棋 聖 の 米 長 邦 雄 が 『 中 央 公 論 』 2 011 ワ ン ゴ を 取 材 し て い る 。 今 回 、 歌 舞 伎 座 週 間 後 に 突 然 「 今 日 か ら 囲 碁 当 を 年 1 月 万 に お け る 梅 田 望 夫 と の 対 談 で 述 べ た 言 葉 に 端 を 発 す る 。 そ の 前 に 清 水 市 タ ワ ー 階 の ド ワ ン ゴ 本 社 応 接 室 で 話 し て 欲 し い 」 と 言 わ れ た 。 戸 惑 い が な か っ た と は い え な い 。 小 学 代 ( 当 時 女 流 王 位 ・ 女 流 王 将 ) と コ ン ピ を 聞 い た 相 手 は 教 育 事 業 本 部 ・ 事 業 企 ュ ー タ ソ フ ト の 対 局 が あ り 、 コ ン ピ ュ ー 画 部 部 長 の 保 科 昌 孝 。 冒 頭 の セ リ フ は 校 の 時 、 羽 生 善 治 が 七 冠 に 輝 き 、 ク ラ ス タ の 勝 利 に 終 わ っ て い た 。 そ こ で 米 長 は 、 Goog 一 e 傘 下 で 人 工 知 能 研 究 開 発 に 携 内 も ち ょ っ と し た プ ー ム に 沸 い た 。 わ る DeepMind 社 が 作 っ た 「 と phaGo 」 そ の 時 、 ル ー ル は 覚 え た つ も り だ っ た が 、 次 は 自 分 が 「 引 退 士 代 表 」 と し て コ ン が 、 実 力 世 界 一 と 言 わ れ る 棋 士 イ ・ セ ド 辞 令 が 出 た 時 、 脳 裏 を か す め た の は 「 そ ピ ュ ー タ と 対 局 す る と 表 明 し た の だ 0 う い え ば 銀 っ て 後 ろ に 下 が れ た か な 」 。 そ し て 2012 年 1 月 日 に 世 界 コ ン ピ ル を 破 っ た こ と へ の 感 想 だ 。 「 悔 し い と い う の は 囲 碁 の 人 間 対 コ ン ピ ュ ー タ の 頂 だ い ぶ 記 憶 が 怪 し く な っ て い る こ と に 気 ュ ー タ 送 手 権 の 優 勝 ソ フ ト の 「 ポ ン 上 決 戦 は ニ コ ニ コ で や り た か っ た か ら で づ い て 一 抹 の 不 安 を 感 じ た が 、 業 務 に 没 ク ラ ー ズ 」 と 米 長 の 対 局 が 「 プ ロ 棋 士 対 コ ン ピ ュ ー タ 黽 王 戦 」 と 銘 打 た れ て 頭 し 始 め る と そ れ も ~ 霰 し て い た 。 す 」 と 言 う 。 0 だ と お る July 2016 216

新潮45 2016年7月号 新潮社


れ た 墮 疋 で 、 在 日 米 軍 の 法 的 地 位 や 基 地 件 を 機 に 運 用 が 改 善 さ れ 、 重 罪 犯 に つ い 彼 ら が 今 回 の 事 件 を 勢 力 挽 回 の チ ャ ン ス の 管 理 ・ 運 用 に 必 要 な 規 定 を 定 め た も の て は 、 日 本 側 の 身 柄 拘 束 や 裁 判 権 が 優 先 と 見 る の は 当 然 の こ と か も し れ な い が 、 だ 。 発 効 し た 1960 年 以 来 一 度 も 改 定 的 に 認 め ら れ る よ う に な っ た が 、 地 位 協 被 害 者 女 性 が 、 辺 野 古 移 設 推 進 派 で 知 ら さ れ た こ と は な く 、 日 米 両 政 府 は 、 運 用 定 を 改 定 し て 日 本 側 の 裁 判 権 を よ り 尊 重 れ る 前 名 護 市 長 ・ 島 袋 吉 和 氏 の 親 類 筋 で あ る こ と も 併 せ て 考 え る と 、 「 政 治 」 の す べ き だ 、 と い う 声 は 依 然 と し て 強 い 。 の 改 善 に よ っ て 対 応 し て き た 。 し か し な が ら 、 今 回 は 、 軍 人 で は な く 情 や 操 に 慨 嘆 せ ざ る を え な い 。 日 本 の 識 者 や ジ ャ ー ナ リ ズ ム が た び た た だ し 、 そ う し た 「 オ ー ル 沖 縄 」 の 動 び 鬮 に す る の は 、 裁 判 権 を 定 め た 同 協 民 間 人 が 関 わ っ た 公 務 外 の 事 件 で あ り 、 ~ 条 で あ る 。 同 条 項 で は 、 日 本 の 法 身 柄 も 沖 縄 県 擎 に 拘 束 さ れ て い る の で 、 き や そ れ と し た 県 民 感 情 に 敏 感 に な 体 系 を 尊 重 す る と さ れ て い る も の の 、 事 米 軍 側 の 裁 判 権 な ど は 当 初 か ら 鬮 に な る あ ま り 、 沖 縄 県 に 対 す る 「 誠 実 さ 」 を 強 調 し た 政 府 の 対 応 に も 疑 問 符 が つ く 。 件 や 事 故 を 起 こ し た 軍 人 ・ 軍 属 が 「 公 務 っ て い な い 。 中 」 と さ れ れ ば 、 第 一 次 裁 判 権 は 米 し た が っ て 、 地 位 協 定 が 、 事 件 の 捜 査 な ぜ な ら ば 、 シ ン ザ ト 容 疑 者 は 、 に 側 に あ る と さ れ て お り 、 「 公 務 中 」 「 公 務 や 司 法 手 続 き を 阻 む 可 能 性 は な く 、 事 件 は 「 軍 属 」 で は な く 米 国 籍 の 「 民 間 人 」 外 」 の も 米 国 に 依 存 し て い る 。 公 務 を 拠 り 所 に 地 位 墮 疋 の 改 定 を 求 め る 議 論 に す ぎ な い か ら で あ る 。 外 の 犯 罪 で も 米 軍 側 が 容 疑 者 の 身 柄 を 確 に は 大 き な 違 和 感 が 伴 う が 、 そ の 背 示 に な ぜ 犯 人 は 「 軍 属 」 と さ れ た か 保 し て い れ ば 、 起 訴 さ れ る ま で 日 本 側 に は 、 翁 長 知 事 半 い る 「 オ ー ル 沖 縄 」 と 反 マ ス コ ミ は 、 シ ン ザ ト 容 疑 者 を 「 軍 翁 長 派 が 対 峙 す る 県 議 選 ( 6 月 5 日 投 票 引 き 渡 さ な く て よ い と の 定 め も あ る 。 一 1 0 年 代 半 ば ま で は 、 米 側 の 裁 判 / 結 果 は 後 述 ) と 参 院 選 ( 7 月 川 日 投 属 ー と し て 報 道 し 、 政 府 も そ れ を 否 定 し 権 が 優 先 さ れ る ケ ー ス が 頻 発 し 、 重 罪 犯 票 ) を 控 え て 、 県 民 の 反 基 畿 ~ 情 を 意 図 な い ま ま 対 応 し た が 、 日 米 地 位 協 定 第 1 が 本 国 に 逃 亡 し た り 、 容 疑 者 の 身 柄 を 日 的 に 高 め よ う と す る 「 オ ー ル 沖 縄 」 の 側 条 に 基 づ く 「 軍 属 」 は 、 「 合 衆 国 の 国 籍 を 有 す る 文 民 で 日 本 国 に あ る 合 衆 国 軍 隊 本 側 が 拘 束 で き な か っ た り 、 米 国 側 が 裁 の 政 治 的 な 田 が 見 え 隠 れ し て い る 。 判 権 を 行 使 し て 、 日 本 の 国 民 感 情 を 害 す 今 年 1 月 の 宜 野 湾 市 長 選 で 「 オ ー ル 沖 に 雇 用 さ れ 、 こ れ に 勤 務 し 、 又 は こ れ に る よ う な 軽 い 量 刑 が 下 さ れ た り す る 事 案 縄 」 の 候 補 が 敗 北 し 、 「 オ ー ル 沖 縄 」 内 随 伴 す る も の ( 通 常 日 本 国 に 居 住 す る 者 部 の 亀 裂 が 明 る み に 出 る な ど 、 「 オ ー ル 及 び 第 条 1 に 掲 げ る 者 を 除 く 。 ) を い が あ っ た こ と は 事 実 で あ る 。 う 」 と 定 め ら れ て い る 。 1995 年 に 沖 縄 で 起 き た 少 女 暴 行 事 沖 縄 」 の 退 潮 が 指 摘 さ れ て い た だ け に 、 JuIy 2016 80

新潮45 2016年7月号 新潮社


率 化 が 大 事 。 価 格 は き ち ん と つ い て く る 。 ッ プ 、 横 山 ノ ッ ク 、 野 末 陳 平 。 こ の 6 人 の ん な 一 一 一 〕 葉 を 使 う か 。 今 日 の 原 形 は 佐 ゑ す そ う 言 っ て 押 し 切 る 。 自 由 か 統 制 か 、 市 う ち 、 ノ ッ ク と 陳 平 以 外 の 4 人 が 型 代 に し つ か り あ る 。 し か も 敗 戦 か ら ま だ 山 場 原 理 か 指 導 原 理 か 、 ど ち ら が た く さ ん と い う 。 異 常 な 偏 り 。 偶 然 と は 思 わ れ ぬ 。 四 半 世 紀 前 後 。 「 戦 前 ・ 戦 中 」 が と て も 筆 荷 物 を 速 く 運 べ る か 、 価 格 は ど ち ら が 安 型 は 個 性 的 ! 日 本 社 会 に お け る 周 近 い 。 佐 藤 が 裏 で 相 談 す る 相 手 は 安 岡 正 く な る の か 、 限 り あ る 国 力 が フ ル 稼 働 し 囲 か ら の 強 力 な レ ッ テ ル 貼 り が 人 間 形 成 篤 。 北 一 輝 や 大 川 周 明 と 一 時 は 行 動 を 共 て い る と 言 え る の は ど ち ら か 。 こ の 種 の に 作 用 し て 、 第 一 一 院 ク ラ ブ に 集 ま る よ う に し た 「 歴 代 首 相 の 指 南 番 」 。 ま た た と 争 い が 敗 戦 ま で 経 済 の 全 領 域 で 繰 り 広 げ な 人 々 が で き た の か も 。 血 液 型 の 後 天 的 え ば 昭 和 芻 年 8 月 絽 日 の 佐 藤 は 夏 季 休 暇 擲 潤 の 部 ら れ た の が 国 家 雋 員 時 代 と い う も の 。 作 用 。 石 原 慎 太 郎 も 型 だ そ う な 。 中 の 軽 井 沢 で 、 東 京 裁 判 の 「 級 戦 犯 」 こ 渡 と に か く こ の 法 案 は 成 立 し 、 国 営 統 轄 会 第 6 月 6 日 『 楠 田 實 日 起 ( 中 央 公 論 新 の 鈴 木 貞 一 や 「 革 新 官 僚 」 と し て 昭 和 川 社 が 誕 生 。 戦 後 に 民 営 化 。 駅 と 言 え ば 日 社 、 2001 年 ) を 読 む 。 サ ン ケ イ 新 聞 年 代 の 国 家 員 体 制 作 り を 担 っ た 奥 村 本 通 運 で す 。 ( 現 産 経 新 聞 ) 記 者 か ら 佐 藤 栄 作 首 相 に 喜 和 男 と 、 川 魚 料 理 に 舌 鼓 を 打 つ 。 と は 第 6 月 5 日 能 見 正 比 古 『 血 液 型 政 治 請 わ れ て そ の 秘 書 官 に 転 じ た 楠 田 實 の 日 い え 佐 藤 は 、 兄 の 岸 信 介 が 「 復 古 路 線 」 学 』 ( サ ン ケ イ 出 版 、 1978 年 ) を 読 む 。 記 。 昭 和 犯 年 か ら 貯 年 ま で 。 大 阪 万 博 や で し く じ っ た の を 目 の 当 た り に し て い る 。 国 会 議 員 に ア ン ケ ー ト 調 査 。 血 液 型 で 政 三 島 由 紀 夫 事 件 や 沖 縄 返 還 な ど 。 楠 田 の そ こ で 「 改 憲 」 を 封 じ 、 「 富 の 平 等 な 分 界 を 展 望 。 血 液 型 と 気 質 を 結 び 付 け る の 担 当 の 主 た る 部 分 は マ ス コ ミ 対 策 。 政 治 配 」 に 心 を 砕 い て 社 会 主 義 の お 株 も 幾 分 は 非 科 学 的 と い う の が 今 日 の 常 識 と 思 う 記 者 が 秘 書 官 に 惰 さ れ る 所 以 だ 。 新 聞 奪 い つ つ 、 兄 流 の 「 復 古 日 本 」 と は 違 う が 、 そ れ で も 日 本 人 は 今 な お 血 液 型 が 大 や 放 送 の 記 者 と 頻 繁 に 食 事 。 z=x の 海 「 保 守 日 本 」 を 求 め る 。 適 度 に 右 よ り だ 好 き 。 昭 和 年 代 で は な お さ ら 。 佐 藤 栄 老 沢 勝 一 一 な ど が 選 挙 関 連 情 報 と か を 真 っ が 、 お お む ね 現 実 主 な 中 道 の 日 本 と 作 は << 型 だ か ら 粘 り 腰 で 長 期 政 権 。 三 木 先 に 報 せ て く る 。 首 相 官 邸 の 情 報 収 集 力 い う こ と 。 そ の た め に 若 い プ レ ー ン も 集 武 夫 も 型 だ か ら 一 一 枚 腰 。 万 事 こ の 論 法 。 と は つ ま り こ う い う こ と だ 。 ま た 佐 哇 自 め る 。 高 坂 正 堯 や 水 井 陽 之 助 や 山 崎 正 和 で も な お 興 味 を 惹 か れ る 部 分 は あ る 。 参 相 は 月 に 一 度 、 テ レ ビ で レ ギ = ラ ー 番 組 や 江 蔭 浮 。 刺 激 に 乏 し い が 、 安 心 な 保 守 。 議 院 の 第 一 一 院 ク ラ ブ の こ と 。 個 性 の 強 さ を 持 つ 。 『 総 理 と 語 る 』 。 学 者 や 文 化 人 が 政 治 。 政 治 は 退 屈 で い い 。 劇 場 で な く て で 売 る 非 政 党 型 議 員 の 集 ま り 。 市 川 房 枝 、 お 相 手 。 メ デ ィ ア を い か に 手 懐 け る か 。 い い 。 鉄 道 省 出 身 の 政 治 家 、 佐 藤 栄 作 の 青 島 幸 男 、 喜 屋 武 眞 榮 、 コ ロ ム ビ ア ・ ト そ れ を 通 じ て 大 衆 を い か に つ か む か 。 ど 時 代 が 妙 に 懐 か し い こ の 頃 で す 。

新潮45 2016年7月号 新潮社


統 領 ) の 広 島 訪 問 と 続 い て 支 持 率 が % ま で 上 が っ た と き 、 あ の 高 揚 感 で 解 散 に 打 っ て 出 る と 思 っ た ん だ け ど な あ 。 ネ ッ ト 衆 院 選 を や れ ば 負 け る か ら な 。 0 は 議 席 が 減 る 見 込 み だ っ た 。 新 聞 安 倍 は 外 交 で の 得 点 ア ッ プ は 「 ひ と 月 も 続 か な い 」 と 読 ん で い た よ 。 テ レ ビ 実 際 、 ワ イ ド シ ョ ー や ニ ュ ー ス で も 、 外 交 ネ タ は 1 週 間 と モ た な か っ た 。 安 倍 、 冷 静 じ ゃ な い か 。 雑 誌 第 一 次 政 権 の と き に 参 院 選 で ポ ロ 負 け し た の が 心 の 傷 だ か ら ね 。 麻 生 ( 太 郎 副 総 理 兼 財 務 ・ 金 融 担 当 相 ) や 谷 垣 雑 誌 い や あ 、 参 院 選 だ け っ て い う の は ( 自 民 ) 党 人 事 ま で ネ タ が な い し で 。 諜 だ わ 。 兄 が 過 平 数 を 割 る よ う な 可 テ レ ビ 解 散 へ の 期 待 が 大 き か っ た の は ( 禎 一 自 民 党 幹 事 長 ) の よ う に 、 総 選 挙 を や っ て 現 有 の 290 議 席 が 270 議 席 能 性 は 低 い し 、 そ も そ も ( 衆 参 ) 選 の お っ さ ん の 管 理 職 だ ろ ? 若 い 記 者 は ハ プ ニ ン グ 解 散 の 後 に 大 平 ( 正 芳 元 首 相 ) に 減 っ て も 勝 ち だ と は 、 安 倍 は 思 わ な い 。 お 祭 り を 期 待 し て い た か ら な あ 。 が 急 死 し た と き と か 、 中 曽 根 ( 康 弘 元 首 新 聞 麻 生 や 谷 垣 が 「 何 を ビ ビ っ て る ネ ッ ト そ の 方 が 週 刊 誌 は 売 れ た ね 。 新 聞 同 日 選 の 目 が 消 え て き た 頃 か ら 相 ) の 死 ん だ ふ り 解 散 と か を 経 験 し て い の ? 」 と イ ラ だ っ て い て も 、 安 倍 は 同 日 ″ 政 局 記 者 〃 に 脱 力 感 が 漂 っ て い た よ 。 は 参 院 選 ・ 衆 院 選 で 戦 う 野 党 じ ゃ な く 、 参 院 選 で は 自 民 が 単 独 過 平 数 に 届 く だ け 知 ら な い も の 《 」 〈 0 、 、 一 0 " 00 。 000 = 0 」 ~ 。 〈 = 《 〈 0 〈 。 000 00 の 議 席 ( 議 席 以 上 ) を 取 れ る か 、 民 進 新 聞 確 か に で も 、 現 場 の 記 者 た ち は 2 年 3 カ 月 後 の 義 選 で 戦 う 自 民 党 。 今 が 自 民 を 上 回 れ る か の 勝 敗 ラ イ ン が 見 ど 安 倍 ( 晋 一 一 首 相 ) を 降 ろ し た が っ て い る 回 衆 院 選 を や っ て 議 席 減 ら せ ば 党 内 で こ ろ で は あ る け れ ど 、 そ れ こ そ 諜 だ し 、 か ら 、 同 日 選 で の 一 を 期 待 し て い た 。 の 影 響 力 が 落 ち て 、 挙 に は 勝 っ た が 選 挙 の 後 は 秋 の 臨 時 国 会 前 の 内 閣 改 造 ・ 雑 誌 伊 勢 志 摩 サ ミ ッ ト 、 オ バ マ ( 米 大 義 選 で 負 け る 羽 目 に な り か ね な い 。 記 者 住 名 座 談 会 消 費 税 増 税 を 先 送 り に す る 保 身 政 治 家 た ち July 2016 304