検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第33号

人民の敵 第33号から 42件ヒットしました。

人民の敵 第33号


人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 第 33 号 2017 年 6 月 1 日 今 号 の 内 容 〈 対 談 〉 with 藤 村 修 2017. 6. 8 福 岡 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 with 高 山 祐 司 2017. 7.13 東 京 頒 価 1000 円 02

人民の敵 第33号


人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 第 33 号 2017 年 6 月 1 日 今 号 の 内 容 〈 対 談 〉 with 藤 村 修 2017. 6. 8 福 岡 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 with 高 山 祐 司 2017. 7.13 東 京 頒 価 1000 円 02

人民の敵 第33号


人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 第 33 号 2017 年 6 月 1 日 今 号 の 内 容 〈 対 談 〉 with 藤 村 修 2017. 6. 8 福 岡 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 with 高 山 祐 司 2017. 7.13 東 京 頒 価 1000 円 02

人民の敵 第33号


外 山 ん ? 教 養 部 っ て 、 入 学 し て 最 初 の 1 、 2 年 に 全 外 山 自 治 会 の 名 称 が " 自 治 会 ~ で は な く : い う こ と で 、 総 会 で 決 議 し て " む つ め 祭 ″ に は 関 わ れ な 員 が 行 く と こ ろ じ ゃ な い ん で す か ? 高 山 そ う だ ね 。 " 全 執 。 と 略 し て 呼 ば れ て た 。 正 確 に は 、 い よ う に し て あ っ た 。 そ の 4 団 体 と い う の が 、 ま ず 全 学 じ ぶ ん け ん 高 山 そ れ は 教 養 " 部 。 で 、 そ れ と は 別 に 埼 玉 大 に は 教 我 々 は " 全 執 イ コ ー ル 日 共 民 青 。 と フ ル で 云 う こ と が 多 執 行 委 員 会 。 そ れ か ら " 児 文 研 と 略 称 さ れ て た 児 童 文 養 " 学 部 ~ と い う の が あ っ て 、 文 化 人 類 学 だ と か 何 だ と か っ た け ど ( 笑 ) 。 民 青 は 教 育 学 部 を 本 拠 地 と し て た 学 研 究 会 、 部 落 研 究 会 、 そ し て マ ル ク ス ・ レ ー ニ ン 研 究 か 妙 ち く り ん な 学 問 を や っ て る : ・ : ・ ( 笑 ) 。 ん で す 。 学 生 全 体 の 7 割 が 教 育 学 部 生 な ん じ ゃ な い か と 会 で 、 要 す る に こ れ ら は 全 部 、 日 共 系 な ん だ 。 こ の 4 団 外 山 ″ 人 文 系 全 般 み み た い な 学 部 ? い う ぐ ら い 、 教 育 学 部 は 埼 玉 大 の 中 核 を 成 し て い て 、 建 体 に つ い て は 、 は っ き り と 排 除 決 議 を 出 し て 、 " む つ め 祭 を 高 山 そ ん な 感 じ 。 八 島 な ん て 、 卒 論 を 唐 ( 十 郎 ) か 何 物 も 多 く て デ カ い ん だ け ど 、 そ の 教 育 学 部 エ リ ア の ど 真 に は 参 加 さ せ な い こ と に な っ て た ん で す 。 逆 に 云 え ば そ か を テ ー マ に 書 い て る ぐ ら い で 、 そ ん な こ と が 許 さ れ る ん 中 の 建 物 の 中 に 全 執 の 部 屋 も あ っ て さ 。 れ 以 外 の サ ー ク ル や 団 体 は す べ て ″ む つ め の 側 に つ い よ う な 学 部 ( 笑 ) 。 例 の 吉 村 ( & っ て 教 授 が や っ て た " 政 外 山 な る ほ ど 、 自 治 会 の ボ ッ ク ス は プ レ 八 プ に で は な て て 、 そ の 結 果 、 原 理 研 ま で こ っ ち に 入 っ ち ゃ っ て た わ 策 科 学 研 究 科 。 っ て の も あ っ た な 。 く 別 の 場 所 に あ る の か 。 け だ よ 。 外 山 何 だ っ け 、 そ れ ? 高 山 し か も 教 育 学 部 を 構 成 す る 建 物 の 中 に あ る 。 い っ ぽ 外 山 原 理 研 は 、 ま ず は 共 産 党 と の 対 決 を 優 先 し て い て 、 高 山 も ら っ た や っ ( 第 号 ) に 話 が 出 て た じ ゃ な い か 。 う 我 々 は 大 学 の そ う い う 正 規 の シ ス テ ム の 外 に い る ( 笑 ) 。 " 敵 の 敵 ~ で あ る " む つ め 祭 設 と は コ ト サ ラ に 敵 対 し な の ち に " 政 策 研 究 大 学 院 大 学 。 と し て 埼 玉 大 か ら 独 立 す 外 山 民 青 と し て は 当 然 、 " ニ セ 左 翼 暴 力 集 団 の 巣 窟 。 い よ う に 気 を 遣 っ て た 、 と 。 る 、 怪 し げ な セ ク シ ョ ン 。 で あ る プ レ 八 プ の サ ー ク ル 小 屋 な ん か 潰 し て し ま い た 高 山 敵 対 し な い 。 ど こ ろ か 、 原 理 研 は 完 全 に " む つ め 。 外 山 あ あ 、 そ ん な 話 を 聞 き ま し た ね 。 、 : ・ : プ レ ハ ブ の い っ て と こ で 、 当 局 側 と 思 惑 が 一 致 す る わ け で す ね 。 に 盲 従 し て い た と 云 っ て い い ぐ ら い な ん だ 。 も ち ろ ん そ サ ー ク ル 小 屋 は 、 今 は も う な い ん で す よ ね ? 高 山 そ う い う こ と で す 。 プ レ ハ プ が 潰 れ る っ て こ と は 、 れ は 彼 ら の 作 戦 だ っ た と 思 う け ど 、 「 そ う で す よ ね 、 日 高 山 う ん 、 な く な っ て し ま っ て 、 正 門 を 入 っ て す ぐ 右 " む つ め ~ の 独 立 し た 拠 点 が な く な る っ て こ と だ も ん 。 共 は ろ く で も な い で す よ ね 」 、 「 " む つ め 祭 ″ は 素 晴 ら し 手 の 、 広 場 だ っ た と こ ろ に 学 生 会 館 が で き て 、 サ ー ク ル 各 サ ー ク ル が " む つ め 。 か ら 切 り 離 さ れ て 新 し い 学 生 会 い 学 園 祭 で ご さ い ま す 」 っ て ぐ ら い の ( 笑 ) 、 と に か く " む の 部 屋 も 全 部 そ っ ち に 移 っ た 。 そ れ は も う オ し た ち の 館 に 移 っ て く れ ば 、 そ れ ら を 自 分 た ち が 取 り 込 め る と 民 つ め 。 側 に す り 寄 っ て き て た 。 そ う い う 事 情 は 、 オ レ が 頃 か ら 、 当 局 側 は あ の プ し 八 プ 小 屋 が 邪 魔 で 、 目 障 り 青 は 考 え て た わ け だ 。 ・ " む つ め 祭 と い う の は 、 当 3 年 生 に な っ て 劇 研 に 入 っ て 、 隣 の 部 屋 の ″ む つ め 祭 ん で 仕 方 な か っ た ん だ よ 。 そ れ で 「 学 生 会 館 を 作 り ま す か 時 で さ え す で に 珍 し く な っ て た 、 花 時 間 ノ ン ス ト ッ プ の 常 任 委 員 会 の 連 中 と も 仲 良 く 一 緒 に 麻 雀 と か や る よ う に ら 、 み ん な で そ っ ち に 移 っ て 快 適 な サ ー ク ル ・ ラ イ フ を " オ ー ル ナ イ ト 学 園 祭 だ っ た ん だ よ 。 も ち ろ ん 完 全 な な っ て 、 初 め て オ レ に も 分 か っ た こ と で さ 。 当 時 の ″ む せ ん し つ 云 々 」 っ て 学 生 た ち を 誘 惑 す る ん だ け ど 、 全 執 の 連 中 も 自 治 学 園 祭 で 、 あ の 当 時 と し て は も う 画 期 的 な こ と だ つ つ め 祭 常 任 委 員 長 は オ レ と 同 じ 3 年 生 の 坪 井 君 っ て 人 「 そ う で す よ 、 あ ん な 汚 な い プ レ 八 プ 小 屋 で は な く 、 立 た と 思 う 。 も っ と 昔 は ど こ の 学 園 祭 で も そ う い う も の だ っ た 。 劇 研 、 落 研 、 ジ ャ ズ 研 、 旅 研 の 4 サ ー ク ル か ら 派 な 学 生 会 館 を 作 っ て も ら っ た ほ う が い い で す よ 」 っ て だ っ た は す だ け ど 、 ど ん ど ん 当 局 側 に 押 し 切 ら れ て 、 夜 代 わ る 代 わ る 委 員 長 を 出 し て た と い う の は 、 そ う い う 取 当 局 の 策 略 に 乗 っ か る 。 8 時 を 過 ぎ た ら 締 め 出 さ れ る と か 、 す っ か り 管 理 さ れ た り 決 め に な っ て た わ け で は な く 、 な ん と な く 慣 例 で そ う 外 山 ″ ゼ ン シ ッ ″ と い う の は : 学 園 祭 が 当 た り 前 に な っ て き て た か ら ね 。 で 、 そ の " む な っ て た に す ぎ な い ん だ が 、 と に か く ″ む つ め 祭 の 常 高 山 全 学 執 行 委 員 会 。 要 す る に 自 治 会 だ ね 。 代 々 木 ( 共 つ め 祭 み か ら 排 除 さ れ て る 団 体 が 4 つ あ っ て 、 そ れ ら は 任 委 員 長 っ て 仕 事 は 大 変 な も の で ね 。 1 回 の 祭 の た め に 産 党 “ 民 青 ) の 自 治 会 な ん だ 。 過 去 に " む つ め 祭 ″ の 運 営 に 対 し て 敵 対 行 為 を 働 い た と 1 年 間 ず っ と 、 そ れ に か か り つ き り に な ら な き ゃ い け な

人民の敵 第33号


藤 村 こ な い だ ( 6 月 4 日 ) の 読 書 会 の テ ー プ 起 こ し ( ウ ェ て ) あ 、 出 て き た 。 「 浅 田 彰 の 超 ジ ャ ー ナ リ ズ ム ・ ゲ ー ム 」 笑 あ す ま ひ ら き プ 版 「 人 民 の 敵 』 で 全 文 公 開 し た 東 浩 紀 ・ 他 の 「 ゲ ン ロ ン 」 創 刊 号 の " 第 6 回 ~ が 、 年 3 月 9 日 号 に 掲 載 っ て 書 い て あ る 。 す で の 座 談 会 「 昭 和 批 評 の 諸 問 題 」 の 読 書 会 ) を 読 ん で た ら 、 オ 藤 村 あ れ れ 、 や つ ば り そ う ? じ ゃ あ : : : い や 、 隔 週 ま あ き ら し レ が 浅 田 彰 の 「 OOLO 」 ( 小 学 館 ・ 59 2 年 ) で の 連 載 を だ か ら " 第 1 回 。 は 年 の ア タ マ っ て こ と に な る よ ね ( 実 も 初 め て 読 ん だ の は 大 学 生 の 時 だ と い う こ と に な っ て た け 際 、 年 1 月 1 日 号 」 か ら 連 載 が 開 始 さ れ た よ う だ ) 。 雑 誌 は " 1 人 気 月 号 。 と か だ っ た ら 、 1 月 に 入 っ て か ら じ ゃ な く て 月 る ど ( こ の 後 に 公 開 に 際 し て 訂 正 ) 、 実 際 は 高 校 生 の 時 で す 。 の 外 山 そ う な の か 。 ネ ッ ト で 調 べ た ら 、 そ の 連 載 が お こ の う ち に 刊 行 さ れ る か ら 、 オ レ の 記 憶 も 合 っ て る ん だ 。 な わ れ た の は 年 か ら み た い だ か ら 、 そ う い う ふ う に 藤 外 山 問 題 解 決 、 と 。 ラ 藤 村 そ も そ も 大 学 受 験 の 直 前 の 時 期 だ っ た こ と は 間 違 村 君 の セ リ フ を 補 っ と い た ん だ け ど ュ ギ 況 藤 村 田 年 だ っ た は ず だ よ 。 だ っ て 昭 和 天 皇 が 御 不 例 の い な い 。 イ 後 時 ( " 御 不 例 。 は 、 員 人 が 病 に 倒 れ た り す る こ と 。 具 体 的 に は 、 昭 外 山 今 後 は 藤 村 君 の こ と は " 高 校 時 代 か ら 浅 田 彰 を 読 和 天 皇 が 吐 血 し て 危 篤 状 態 と な っ た 年 9 月 四 日 か ら 、 翌 年 1 月 ん で た 人 。 と 云 い ふ ら そ う 。 我 々 の 世 代 に し て は 東 浩 紀 そ 7 日 の 死 去 ま で の 期 間 ) だ も ん 。 オ レ が 初 め て 読 ん だ 回 が 連 な み の " 早 熟 な イ ン テ リ 少 年 。 だ っ た み た い だ ( 笑 ) 。 8 藤 村 し か し 浅 田 彰 が そ う い う " ェ ロ 本 ″ に 連 載 を 持 っ ん 載 第 1 回 で も あ っ た 。 外 山 じ ゃ あ 年 の ア タ マ だ っ た の か も し れ な い ね 。 て い た と い う 事 実 は 、 も っ と 広 く 認 識 と し て 流 通 す べ き 村 一 月 。 天 だ と 思 う 。 載 っ て る 原 稿 は 田 年 中 に 書 い た も の で : ・ れ と 藤 村 い や 、 読 ん だ の 自 体 が 田 年 の う ち だ っ た は す 。 と に 外 山 ぼ く は ま っ た く 知 ら な か っ た な 。 か く オ レ は そ れ 以 来 、 大 学 に 入 学 し て 以 降 も 藤 村 ェ ロ 本 に 、 落 合 信 彦 と 共 に 連 載 を 持 っ て た ( 笑 ) 。 0 の 浅 田 彰 の 連 載 は ず っ と 読 み 続 け て た ん だ 。 隔 週 の 刊 行 で 、 外 山 も う ち ょ っ と 後 の 時 代 に な る け ど 、 福 田 和 也 も 長 7 が 毎 号 と っ て も 楽 し み に し て た 。 浅 田 彰 の 連 載 と 、 あ と 「 狼 い こ と エ ロ 本 に 連 載 し て た し 、 少 な く と も 昔 の エ ロ 本 っ む さ た ち へ の 伝 巨 っ て い う 落 合 信 彦 の 連 載 ( 笑 ) 。 そ の 2 つ を て 、 意 外 と ち ゃ ん と し た " 読 む べ ー ジ ~ が あ っ た よ ね 。 お 0 陬 毎 号 、 心 待 ち に し て た っ て い う : : : 狂 っ て る で し ょ ? ( 笑 ) 。 藤 村 も っ と も 福 田 和 也 が 連 載 し て た の は : : : あ れ は 何 む い て 雑 誌 だ っ け ? 外 山 そ も そ も 『 OOLO 」 っ て そ う い う 雑 誌 じ ゃ な じ で 外 山 な ウ ォ ー ~ と か い う や っ ( 福 田 の 「 人 で な し 稼 業 」 は サ よ ね ( 笑 ) 。 談 藤 村 し か し " 年 ~ っ て の は 外 山 君 が 改 め て 調 べ た ん ン 出 版 の 「 マ ガ ジ ン 。 。 。 。 お よ び 「 ウ ォ ー < 組 』 に 年 放 だ ろ う か ら 、 そ っ ち が 正 し い の か な あ 。 6 月 か ら 年 5 月 ま で 連 載 さ れ 、 「 人 で な し 稼 業 “ 年 ・ 新 潮 文 庫 、 事 の ざ ざ 年 け つ う る く 外 山 年 で も 3 月 ま で な ら " 高 校 生 の 時 ~ っ て い う 記 「 乃 木 坂 血 風 録 」 5 年 ・ 同 、 「 俺 の 大 東 亜 代 理 戦 争 』 年 ・ ハ ル キ 文 憶 の ほ う は 間 違 っ て な い わ け だ し ・ : : ・ ( と ネ ッ ト で 検 索 し 庫 と し て ま と め ら れ て い る ) 。 一 三 0

人民の敵 第33号


そ ん た く シ で し よ う 。 金 田 で も 稲 田 よ り は マ シ だ と 思 う 。 な い 。 す ご い と 思 う 。 安 倍 ち ゃ ん は 完 全 に 、 飛 ス ト ・ ト ウ る 。 そ の 安 倍 ち ゃ ん の 熱 い 思 い を 、 官 僚 が " 忖 度 ~ し た っ 外 山 だ か ら 入 れ 替 え ろ 、 と 。 ル ー ス 。 の 世 界 の ほ う に 舵 を 切 っ て る 。 て い う だ け の 話 だ ( 笑 ) 。 そ の こ と で 安 倍 ち ゃ ん は 1 円 も 藤 村 今 す ぐ 入 れ 替 え る べ き だ 。 そ ん な く だ ら ん こ と で 外 山 な ん で こ う な っ た の か : : : 日 本 が 土 人 国 家 な の は 儲 か っ て な ん か い な い 。 加 計 学 園 も 、 単 に 昔 か ら の 親 し わ ざ わ ざ 認 証 式 に ま た お 出 ま し い た だ く の は 陛 下 に 対 し 今 に 始 ま っ た こ と じ ゃ な い し 、 イ ン チ キ な 議 論 も 昔 か ら い 友 人 だ か ら 、 何 と か や つ ば り 無 償 で 便 宜 を 図 っ て や り て 畏 れ 多 い け れ ど も ( 笑 ) 。 今 こ の 瞬 間 か ら 入 れ 替 え た つ ま か り 通 っ て た け ど 、 最 低 限 の 体 裁 と い う か 、 見 た 目 だ た い と 思 っ て た ら 、 そ れ を 官 僚 が " 忖 度 。 し て : て 、 た ぶ ん こ れ ま で よ り は 何 の 問 題 も 起 き な い 。 で も け で も 近 代 国 家 ぶ り た く て 頑 張 っ て き た わ け じ ゃ ん 。 " 自 外 山 た し か に 人 民 の 反 感 を 買 う の は 、 舛 添 み た い な : 入 れ 替 え な い ん だ よ ね え 。 民 党 300 議 席 。 と か 昔 も あ っ た し 、 や ろ う と 思 え ば 野 分 っ か り や す い 私 利 私 欲 に よ る 不 正 だ よ な 。 外 山 だ っ て こ な い だ ウ = ブ 版 「 人 民 の 敵 』 ( 5 月 田 日 付 ) 党 が 吹 っ か け て く る 議 論 な ん か 全 部 テ キ ト ー に 茶 化 し て 藤 村 し か も 今 は " 内 閣 人 事 局 。 な ん て も の が で き て に 書 い た と お り 、 今 や も う 閣 僚 の 発 言 の " 筋 が 通 っ て る ~ " 数 の 論 理 ~ で 押 し 切 れ た は ず で し ょ ? な ん で こ こ に ( 年 設 置 ) 、 審 議 官 以 上 の 官 僚 人 事 は 内 閣 が 全 部 握 っ て と か " 通 っ て な い ″ と か 、 ど ー で も い い ん だ も ん ( 笑 ) 。 き て 急 に " ポ ス ト ・ ト ウ ル ー ス 〃 な の か : 。 ま 、 何 を る 。 も ち ろ ん 加 計 学 園 問 題 で も 明 ら か な よ う に " 人 情 に 藤 村 そ う そ う ! あ れ は ま っ た く そ の と お り だ と 思 っ や ろ う が 反 対 運 動 な ん か 盛 り 上 が ら な い か ら か ( 笑 ) 。 厚 い 。 安 倍 ち ゃ ん が 、 そ う い う 制 度 を 悪 用 し て ″ 報 復 人 藤 村 ミ も フ タ も な い け ど 1 つ に は そ れ は 確 実 に あ る で 事 。 な ん か や る と は 思 え な い が ( 笑 ) 、 や つ ば り 首 相 が 願 っ も り と も し ょ 一 つ 。 外 山 そ れ が " ポ ス ト ・ ト ウ ル ー ス な ん だ し 。 そ れ に し て も 安 倍 ち ゃ ん っ て 、 森 友 学 園 問 て い る こ と に は な る べ く 応 え な け れ ば と い う 官 僚 ゴ コ ロ か け 藤 村 安 倍 内 閣 は 完 全 に 開 き 直 っ て る よ な あ 。 " 共 謀 罪 ~ 題 に し て も 加 計 学 園 問 題 に し て も 、 安 倍 ち ゃ ん 自 身 は が 働 い て 、 " 忖 度 っ て 現 象 も 生 ま れ る ん で し よ う 。 以 上 に " 憲 法 改 正 。 は 典 型 的 だ よ 。 ま ず " 教 育 の 無 償 化 。 ま っ た く 私 腹 を 肥 や し て な い ん だ よ ね 。 外 山 美 し い 国 。 だ ! ( 笑 ) を 憲 法 に 書 き 加 え よ う 、 と か 云 い 出 し た で し ょ ? そ ん な 外 山 む し ろ " 美 し い 友 情 。 と い う か : : : ( 笑 ) 。 藤 村 " ア ベ を 倒 せ ! 。 の 運 動 が 盛 り 上 が ら な い の も 仕 こ と の た め に 憲 法 な ん か い じ る 必 要 が そ も そ も あ る わ け な 藤 村 " 信 念 。 に 生 き る 男 、 安 倍 晋 三 で す よ ( 笑 ) 。 方 が な い 。 云 っ て る こ と が ど ん な に デ タ ラ メ で も : 。 そ れ か ら " 9 条 第 3 と か 云 い 出 し た 。 第 1 項 は い 外 山 つ ま り 単 に " 同 志 。 が や っ て る こ と を : 外 山 そ れ で 安 倍 ち ゃ ん が 私 腹 を 肥 や し た り は し て な い い と し て も 、 第 2 項 は 変 え な き ゃ い け な い っ て こ と で 何 十 藤 村 手 伝 っ て あ げ た り 、 さ ら に は 森 友 に 関 し て は 、 寄 ん だ か ら 、 と 。 年 も 改 憲 論 議 を や っ て き た は ず な の に 、 第 2 項 も そ の ま ま 付 金 ま で あ げ て る 。 藤 村 : : あ と 、 こ れ は 私 の そ も そ も の 持 論 で す け ど 、 に し て 第 3 項 で 自 衛 隊 の 存 在 を 明 記 す れ ば い い と か 云 っ て 外 山 そ う だ よ な あ 。 逆 に 賄 賂 と か 受 け 取 っ て 便 宜 を 日 本 に は 2 大 政 党 制 は そ ぐ わ な い ん で す 。 ど う し て も " 利 る 。 ど っ ち も 目 的 は 見 え 見 え な ん だ 。 ″ 教 育 の 無 償 化 ″ は 図 っ て や っ た わ け じ ゃ な い ん だ も ん な あ 。 権 共 同 体 ~ を 作 っ ち ゃ う 国 民 な ん だ か ら 、 そ れ を 体 現 す 維 新 の 会 が 云 っ て る こ と で 、 " 9 条 第 3 は 公 明 党 が ず つ 藤 村 安 倍 ち ゃ ん の 側 が カ ネ を も ら っ て 私 服 を 肥 や し て る 政 党 の " 1 強 。 に 最 後 は 必 す 行 き 着 い て 、 も し 仮 に 政 と 云 っ て た " 加 ′ 論 そ の も の だ よ ね 。 要 す る に そ の 2 党 た ん な ら 、 ま だ 国 民 の 批 判 も 少 し は 高 ま る と 思 う ん だ 。 権 交 代 が 時 々 あ り う る よ う な " 日 本 的 2 大 政 党 制 。 を 想 ま す ぞ え に 完 全 に 改 憲 賛 成 に 回 っ て も ら う た め に 云 っ て る わ け で 、 だ っ て 舛 添 ( 要 一 ・ 前 都 知 事 ) の ど ー で も い い レ ベ ル の 政 像 す る と す れ ば : : : 。 単 に " 数 ″ を 確 保 す れ ば い し " 議 論 。 と か す る 気 は ま っ 党 交 付 金 の 着 服 で も 、 大 衆 は そ れ を 許 さ な か っ た ん だ か 外 山 2 つ の 政 党 が 利 権 共 同 体 を 奪 い 合 う 形 で : た く な い っ て こ と で す 。 そ こ ま で 含 め て 全 部 が 見 え 見 え な ら さ ( 笑 ) 。 森 友 問 題 な ん か 、 単 に " 教 育 の 理 想 像 。 を 同 藤 村 そ う そ う 。 だ か ら い っ そ 民 進 党 も も う 開 き 直 っ て 、 ん だ け ど 、 そ の こ と 自 体 を 安 倍 ち ゃ ん は も う 何 も 気 に し て じ く し て る 人 に 、 安 倍 ち ゃ ん の 側 が お 金 を あ げ た り し て 「 我 々 は " 抵 抗 勢 力 ~ だ ! 」 と か 「 " 既 得 権 益 層 。 の 利 益 0 ′

人民の敵 第33号


外 山 で 、 『 逃 走 論 」 を 読 ん で み て 、 ど う だ っ た の ? 草 書 房 ・ 田 年 ) と 「 逃 走 論 」 の 2 冊 し か な い と 云 っ て も い ん 相 手 に 吹 き 込 ん で た け ど : : : ( 笑 ) 。 藤 村 も ち ろ ん 分 か り ま せ ん で し た ( 笑 ) 。 何 を 云 っ て る い ぐ ら い で し よ 。 他 は ″ 対 談 集 ~ と か ぐ ら い で 、 ま あ 「 へ 外 山 そ れ は 失 礼 し ま し た 。 こ の 対 談 が 載 る 号 で き ち ん の か 、 さ つ ば り 分 か ら ん 。 そ り や 表 面 的 な と こ ろ で は 、 " 逃 ル メ ス の 音 楽 」 ( 年 ・ ち く ま 学 芸 文 庫 ) っ て 美 術 評 論 だ か と 訂 正 し て お か な け れ ば ! ( 笑 ) 走 せ よ ! 。 み た い な こ と が 云 わ れ て る ら し い こ と は 分 か 音 楽 評 論 だ か の 本 は 1 冊 あ る み た い だ け ど 、 単 著 扱 い の 藤 村 そ も そ も デ ィ ア ス テ ー ジ で の イ ベ ン ト は 1 週 間 る し 、 「 こ の 負 け 犬 め ! 」 と ( 笑 ) 。 や つ ば り 左 翼 っ て の 対 談 集 を 入 れ て も 全 部 で 5 冊 か 6 冊 か 、 そ れ ぐ ら い し か ぶ つ 続 け の も の で ね 。 外 山 何 で す か そ の " デ ィ ア ス テ ー ジ 〃 と い う の は ? は こ う い う 根 性 ナ シ で 、 何 を 書 い て あ る の か よ く 分 か ら な い よ ね 、 数 年 間 で ( 笑 ) 。 な い 箇 所 も 、 き っ と そ う い う ヒ ョ ワ な こ と を 云 っ て る に 藤 村 ま っ た く フ ザ け た 人 だ よ ( 笑 ) 。 で も プ ロ グ は や っ 藤 村 秋 葉 原 に あ る 、 も と も と ″ で ん ば 組 ″ の 拠 点 に な っ て る よ う な イ ベ ン ト 会 場 。 違 い な い と 思 っ て さ 。 で も 一 方 で 、 そ の 頃 は ま だ 「 OO て た り す る 。 何 だ っ け 、 " ナ ン ト カ 京 都 宿 っ て い う ・ : ( 「 REALKYOTOJO た だ し " 浅 田 彰 の プ ロ グ 。 で は な く 、 同 サ イ ト 外 山 の 劇 場 み た い な も ん だ ? «-O 」 で の 連 載 も 続 い て る わ け だ か ら : 外 山 そ っ ち は 分 か り や す い 文 章 な ん だ ? に よ れ ば 、 「 京 都 を 中 心 と し た 関 西 圏 の カ ル チ ャ ー イ ベ ン ト 情 報 と 、 藤 村 規 模 は は る か に 小 っ ち ゃ い け ど さ 。 で 、 そ の 1 週 藤 村 分 か り や す い し 、 す ご く シ ャ ー プ な こ と を 毎 回 書 し ビ ュ ー や 批 評 を 掲 載 す る ウ エ ブ マ ガ ジ ン 」 と の こ と 。 2 つ の 運 営 間 の う ち 、 ″ で ん ば 組 〃 の メ ン バ ー が 出 演 す る の は 5 日 間 だ け だ っ た ん で す 。 い て た 。 面 白 く て 、 し か し 右 翼 と し て は や つ ば り ム カ っ 主 体 の 1 つ で あ る 「 京 都 造 形 芸 術 大 学 大 学 院 学 術 研 究 セ ン タ ー 」 の さ と し は り や く っ て い う ( 笑 ) 。 毎 回 ム カ つ く わ け で も な い け ど 、 回 に 所 長 は 浅 田 彰 で 、 も ち ろ ん 同 サ イ ト に 浅 田 の 文 章 も 時 々 掲 載 さ れ る 外 山 で 、 空 い た 2 日 間 に ヒ マ な ん で 佐 藤 悟 志 や 針 谷 ( 大 よ っ て は ね 。 よ う だ ) 。 だ け ど そ れ も 年 に 3 回 ぐ ら い し か 書 い て な い し 、 輔 ) 議 長 に も 会 い に 行 っ た 、 と 。 外 山 そ の 連 載 は 単 行 本 化 さ れ て な い ん で し ょ ? 丸 々 1 年 間 、 何 も 書 い て な い 年 も あ っ た 気 が す る 。 藤 村 い や い や 、 だ か ら そ う じ ゃ な く て ( 笑 ) 。 そ の 5 藤 村 そ う な ん だ よ な あ 。 外 山 考 え て み れ ば 、 こ れ だ け 著 作 も 出 さ ず に 、 そ り や 日 間 っ て の が 月 曜 か ら 金 曜 ま で だ っ た か ら 、 そ の た め に 対 談 や 座 談 会 の 本 は い つ ば い 出 て る け ど 、 デ ビ ュ ー か ら 行 っ て た ん な ら 土 曜 に は 福 岡 に 帰 っ て く れ ば い い じ ゃ な 外 山 隔 週 で 1 年 間 な ら 回 ぶ ん ぐ ら い あ る よ ね ? 藤 村 う ん 。 オ レ も て つ き り 単 行 本 化 さ れ る も ん だ と 年 以 上 ず っ と " 日 本 を 代 表 す る 思 想 家 。 の 1 人 で あ り い で す か 。 そ れ を オ レ は 帰 ら ず に : ・ 外 山 せ つ か く 来 た し 佐 藤 悟 志 に で も 会 っ と く か 、 と 。 思 っ て て 、 だ か ら 手 元 に あ っ た 『 OOt10 」 も 、 引 っ 越 続 け て る と い う の は 、 と ん で も な い こ と だ よ な あ 。 : ・ 。 ほ ん と は 土 曜 日 に " ゲ ン ロ ン す 時 に 捨 て ち ゃ っ た ん だ 。 そ し た ら い つ ま で 経 っ て も 単 藤 村 珍 し い 人 だ 。 藤 村 い や い や い や : 行 本 に な ら な い ん だ も ん 。 カ フ ェ ″ ( 東 浩 紀 ら が 主 宰 す る イ ベ ン ト ・ ス ペ ー ス ) で 例 の 、 浅 外 山 ち ょ っ と 尊 敬 の 念 が 湧 い て き た ( 笑 ) 。 外 山 今 度 、 東 京 に 行 っ た 時 に で も 探 そ う か な 。 「 OO 藤 村 : : と こ ろ で 、 何 度 か 云 っ て る よ う に 、 2 、 3 ケ 田 彰 の 還 暦 を 祝 う イ ベ ン ト が あ っ て ( 3 月 日 ) 、 そ れ に LO 』 に は そ う プ レ ミ ア も つ い て な い だ ろ う し 、 1 年 ぶ 月 前 に 東 京 に 、 右 か ら 考 え る 脱 原 発 の デ モ に 参 加 す も 行 く つ も り だ っ た ん だ 。 外 山 赤 い チ ャ ン チ ャ ン コ を 着 せ ら れ た 写 真 が ネ ッ ト に ん ぐ ら い な ら 頑 張 っ て 買 え な い こ と も な い か も 。 る た め に 行 っ て き た ん だ け ど さ 。 藤 村 今 か ら 思 え ば 単 行 本 が 出 な い の も 当 然 だ け ど さ 。 外 山 " そ の た め に 。 ね 。 そ の つ い で に ア イ ド ル の イ ベ 出 回 っ て た や つ ね 。 年 前 の 写 真 と 見 た 目 が ま っ た く 変 外 山 ち っ と も 本 を 出 さ な い 人 だ も ん ね 、 浅 田 彰 っ て 。 ン ト に も 行 っ て き た 、 と 。 わ っ て な さ す ぎ て ビ ビ っ た ( 笑 ) 。 藤 村 な ん で あ ん な に 出 さ な い ん だ ろ う 。 藤 村 「 人 民 の 敵 」 の 新 し い 号 ( 第 号 ) を 読 ん だ ら 、 ま 藤 村 だ け ど 定 員 制 で 、 あ っ と い う ま に ソ ー ル ド ・ ア ウ す が 0 で み 外 山 " マ ト モ な 著 作 ″ っ て 、 ほ と ん ど 『 構 造 と カ 』 ( 勁 る で 正 反 対 で あ る か の よ う な 悪 質 な デ マ を 経 ( 秀 実 ) さ ト に な っ て て 、 行 け な か っ た ん で す 。 せ つ か く 東 京 に 来 け い 4

人民の敵 第33号


外 山 原 理 研 の 霊 感 商 法 と か 批 判 し て る 場 合 か 、 と ( 笑 ) 。 高 山 田 年 の ⅱ 月 の " む つ め 祭 公 演 。 の 時 に 、 劇 団 を " 花 を 貯 め る ぞ ! 」 と い う 流 れ に な る わ け さ ( 笑 ) 。 高 山 ま さ に 原 理 研 な み の " 上 納 金 ~ ( 笑 ) 。 そ れ を み ん 組 。 と " 雪 組 ~ の 2 つ に 分 け て 、 " 花 組 。 は 山 田 零 の 脚 外 山 「 毒 劇 團 子 』 の 号 外 的 な 総 括 文 集 を 年 2 月 に 出 ア ン バ ラ ン ス な で 必 死 に な っ て 1 年 半 、 働 き づ め に 働 い て 、 ど う に か 本 で 「 非 均 衡 人 形 館 」 っ て い う 芝 居 を や っ た ん だ 。 そ っ し て 、 こ の 直 後 か ら " 1 年 半 の 活 動 休 止 。 の 期 間 に 入 る ち は ″ む つ め 祭 ~ だ け の 、 埼 大 構 内 で の 野 外 公 演 。 我 々 の か な ? 目 標 額 の 1 千 万 を 貯 め た ん だ よ 。 あ げ の ひ る し 外 山 『 人 民 の 敵 」 が " 高 い ~ と か ヌ 力 し て る コ コ ロ ザ の ほ う は " 雪 組 ~ と 称 し て 、 揚 野 浩 の 「 ゲ リ ラ の 棲 む 岸 壁 」 高 山 そ こ ら へ ん は 記 憶 が 曖 昧 な ん だ が 、 た ぶ ん そ う 。 シ の 低 い 連 中 に フ ル ・ ボ リ ュ ー ム で 聞 か せ て や り た い 話 と い う 小 説 を 元 に し た 、 ほ ぼ 原 作 そ の ま ま の 語 り 芝 居 の そ の 期 間 は ま っ た く 活 動 し て な く て 、 も ち ろ ん 公 演 も 1 ・ : う ん 、 や つ ば り こ の " 雪 組 。 の 旅 役 度 も や っ て な い 。 よ う な 台 本 を 作 っ て 、 そ れ は 佐 藤 が 演 出 し た ん だ が 、 , だ ( 笑 ) 。 高 山 そ れ で ま あ 、 自 前 の テ ン ト を 特 注 し て 作 っ て 、 機 者 は 伊 能 と 健 ち ゃ ん と オ レ と オ レ の カ ミ さ ん の 4 人 で 、 で 手 応 え を 感 じ て 、 「 じ ゃ あ や つ ば り テ ン ト だ べ 」 、 「 テ " 旅 公 演 。 と い う も の の 模 索 を す る た め に 、 当 時 は ま だ ン ト 旅 公 演 を や る た め に は ど う す る べ 」 、 「 そ り や 活 動 を 材 を 買 っ て : 外 山 そ の " 約 1 年 半 ~ と い う の は 、 具 体 的 に は い っ 頃 テ ン ト を 持 っ て な い し 、 各 地 何 ヶ 所 か の 小 さ い 会 場 を 借 休 む し か ね え べ 」 っ て 流 れ で 、 こ こ か ら 1 年 半 は 事 務 所 か ら い っ 頃 ま で と い う こ と に な る ん で す か ? さ っ き は り て 、 そ れ ぞ れ の 会 場 に 合 わ せ た 大 道 具 を 作 っ た り し な で 会 議 ば っ か り し な が ら 、 あ と は ひ た す ら 働 い て た ん だ 年 秋 の " む つ め 祭 公 演 ~ の 「 淫 蕩 の エ ピ グ ラ ム 」 の 話 が ら 、 す で に 佐 藤 が サ ラ リ ー マ ン に な っ て た こ と も あ っ ( 註 、 こ の あ た り ま で 記 憶 違 い で 、 年 9 月 沼 日 発 行 の 毒 劇 團 子 」 て 、 土 日 だ け の 週 末 公 演 を し て 回 っ た わ け よ 。 ス タ ー ト 通 算 第 8 号 の 記 述 や 、 ネ ッ ト で 検 索 し て 出 て く る 占 い 情 報 を 総 合 す ま で 来 て い て 高 山 「 淫 蕩 の エ ピ グ ラ ム 」 は 、 東 洋 大 の 演 劇 部 か ら テ は 浦 和 で 、 こ れ は " 花 組 。 と 同 じ く " む つ め 祭 。 で の 公 る と 、 年 4 月 に 埼 大 構 内 お よ び 練 馬 東 映 大 泉 撮 影 所 で の テ ン ト 公 お や ま 演 ね 。 で 、 横 浜 に 行 っ て 、 松 本 ( 長 野 県 ) に 行 っ て 、 小 山 ( 栃 演 で あ る " 公 演 第 8 番 。 「 反 シ ミ ュ ラ ー ク ル 宣 = ど ( 山 田 零 に よ る オ ン ト を 借 り て 上 演 し た ん だ よ な 。 外 山 そ の 時 点 で は 、 ~ テ ン ト 公 演 。 と い う も の に 関 心 木 県 ) に 行 っ て 、 中 野 に 行 っ て 、 名 古 屋 に 行 っ て 、 そ ん リ ジ ナ ル 脚 本 ) を も っ て 活 動 に 一 区 切 り を 打 ち 、 高 山 氏 の 云 う " プ を 強 め つ つ も 、 そ っ ち に 特 化 し て い こ う と い う つ も り で で 浦 和 に 戻 っ て き て 、 今 は も う な い 「 マ チ ェ ッ ク 」 と い ロ ジ ェ ク ト 期 間 。 に 突 入 し て い る 。 ま た そ の " 1 年 半 。 も 完 全 な 活 う オ レ ら の 拠 点 の 1 つ に な っ て た 喫 茶 店 で ラ ス ト っ て い 動 停 止 期 間 で は な く 、 高 山 氏 の 回 想 の と お り 、 同 年 ⅱ 5 月 の " 花 も な か っ た ん で し ょ ? ″ 本 格 的 な 旅 公 演 の 準 月 か ら 月 に か け て 週 1 で 公 演 & " 雪 組 公 演 な ど 、 " プ ロ ジ ェ ク ト 。 高 山 あ 、 " プ ロ ジ ェ ク ト 期 間 ~ は " 雪 組 。 の 後 だ ( 註 ・ う 、 7 ヶ 所 公 演 だ な 。 ⅱ 間 違 い 。 後 述 ) 。 " 雪 組 ~ と い う の は 、 さ っ き の " 3 ペ ー ジ し て 、 1 月 に は 総 括 の 会 議 を 続 け て る わ け だ か ら 、 か な 備 。 に は 、 単 に 資 金 を 貯 め る こ と 以 外 に 、 「 劇 団 の 中 で 、 い く つ か の の 総 括 文 集 。 の や つ ね 。 こ の 時 に オ レ ら は 初 め て 、 小 さ り 長 い こ と 取 り 組 ん で る 。 バ ン 1 台 で の 旅 公 演 。 屋 根 に 上 演 実 行 委 ( 「 組 」 ) を 形 成 し 、 比 較 的 小 部 隊 に よ る 公 演 」 を お こ な い 、 ル ー フ ・ キ ャ リ ア を つ け て 車 体 が 歪 む ぐ ら い 鉄 パ イ プ を 引 き 続 き 表 現 の 質 の 向 上 を 模 索 し た り 、 各 地 に 将 来 の 協 力 者 を 探 し な 旅 公 演 を や っ た ん で す 。 外 山 こ れ は 年 の " 春 旅 ~ ( 年 秋 に 最 初 の 本 格 的 な テ ン ト 積 み ま く っ て ( 笑 ) 、 大 道 具 も 衣 装 も そ の 他 の 機 材 も 、 4 求 め た り す る こ と も 含 ま れ て い た よ う だ ) 。 旅 公 演 を や る た め の 、 簡 易 セ ッ ト に よ る 室 内 劇 や 野 外 劇 で の 準 備 ツ 人 の 役 者 も 演 出 も 全 部 1 台 に 詰 め 込 ん で さ 。 し か し こ の 外 山 学 外 に 事 務 所 を 設 け る の は い つ で す か ? ア ー 公 演 ) の こ と じ ゃ な い ん だ ? " 春 旅 。 で も ナ ン ト カ 試 み に よ っ て 、 " 旅 公 演 。 っ て も の へ の 確 か な 手 応 え を 高 山 ど う だ っ た か な あ : : : そ れ も こ の 頃 か も し れ な 。 活 動 を 1 年 半 も 休 む と な る と 、 学 内 の 状 況 も い ろ い 組 、 カ ン ト カ 組 っ て ユ ニ ッ ト に 分 か れ て 全 国 に 散 っ た と 感 じ と っ た ん だ 。 そ れ ま で も さ ん ざ ん オ レ ら は 「 旅 だ 、 い う 話 を 聞 い て た ん で 、 て つ き り そ れ の こ と か と 思 っ て 旅 だ 」 と 絵 空 事 と し て ホ ザ い て た ん だ け ど 、 初 め て 本 当 ろ 変 わ っ ち ゃ う 可 能 性 も あ る っ て こ と で 学 外 に 拠 点 を 設 け た ん だ っ た よ う な 気 も す る 。 国 道 号 沿 い の マ ン シ ョ : ( 確 認 し て ) ほ ん と だ 、 年 2 月 8 日 の 発 行 に な つ に 小 規 模 な が ら も " 旅 公 演 。 を や っ て み て 、 「 こ れ だ ! 」 と 確 信 し た ん だ ね 。 そ れ で 、 「 活 動 を 一 時 休 止 し て カ ネ ン だ っ た 。 学 内 の 公 認 サ ー ク ル で も あ る 状 態 は こ の 後 も て る 。 " 春 旅 ~ よ り 前 だ 。

人民の敵 第33号


外 山 い や 、 訊 こ う と し た の は 、 単 に 劇 研 が 改 称 し た と 高 山 " 芝 居 部 門 ~ と し て 「 ど く ん ご 」 が あ る よ う な 感 外 山 そ う い う 単 発 の 人 た ち の 芝 居 を 観 に 行 っ た り も し た ん で す か ? い う 体 裁 で 、 も し そ う で あ れ ば 大 学 当 局 の 公 認 サ ー ク ル じ だ ね 。 当 時 は 「 ど く ん ご 」 っ て 枠 以 外 で も 、 小 ュ ニ ッ の ま ま で い ら れ る の か な と 思 っ て : ・ ト の よ う な も の が 動 き 始 め た り も し て い て 、 佐 藤 と 健 高 山 ど っ ち も " む つ め 祭 ″ の 時 に や る か ら 、 観 に 行 け 高 山 そ う で す 。 「 ″ 演 劇 研 究 会 ″ 改 め ″ 劇 団 ど く ん ご ち ゃ ん が 2 人 組 で 、 " う ぬ け け ″ だ っ た か な あ 、 な ん か な い ん だ よ 。 で す 」 っ て い う 形 に し た 。 そ ん な 名 前 で 芝 居 を し た り さ 。 外 山 : : : 時 系 列 の 話 に 戻 す と 、 年 秋 の " む つ め 祭 ~ 外 山 じ ゃ あ 劇 研 は も う 、 ま っ た く 消 滅 す る わ け で す 外 山 そ れ も ま た 「 黄 色 い 複 素 平 面 社 」 の : " 下 部 組 で の 公 演 第 7 番 「 淫 蕩 の エ ピ グ ラ ム 」 が あ り 、 そ の 後 は ね ? つ ま り 「 ど く ん ご 」 の 他 に ″ 埼 大 劇 研 ″ な り " 埼 織 〃 ? ( 笑 ) ど う な る ん で す か ? 大 演 劇 部 み な り っ て も の は 存 在 し な い 高 山 そ う い う " 別 働 隊 ~ 的 な 芝 居 だ け で 、 結 局 は " 芝 高 山 大 き な プ ラ ン ク の 期 間 が あ る ん だ 。 " プ ロ ジ ェ ク 高 山 う ん 、 オ レ の 代 の 他 の 連 中 が 全 員 卒 業 し た 瞬 間 に 、 居 ~ 以 外 の こ と に ま で は 手 を 広 げ ら れ な か っ た ん だ け ど 、 ト 期 間 。 と 称 し て 、 1 年 半 に わ た っ て 活 動 を 休 止 し た 期 「 演 劇 研 究 会 」 が 「 黄 色 い 複 素 平 面 社 内 ・ 劇 団 ど く ん ご 」 そ う い う 可 能 性 を 残 し つ つ 、 っ て い う ね 。 そ れ が 今 で も 、 間 が あ る 。 伊 能 か ら も 聞 い た と 思 う け ど 、 自 前 の テ ン ト と 改 称 し て 、 そ の こ と を 正 式 に 大 学 当 局 に も 届 け 出 た 。 ま あ " 「 ど く ん ご 」 の 制 作 を 担 当 す る 組 織 。 と し て 名 前 を 持 と う と い う 話 に な っ た の 。 自 前 の 機 材 で テ ン ト 公 演 外 山 あ 、 そ れ も 謎 だ っ た ん だ 。 「 黄 色 い 複 素 平 面 社 」 が 残 っ て る わ け だ 。 を や る と し て 、 い く ら カ ネ が か か る の か 、 テ ン ト 屋 そ の と い う の は 一 体 何 な ん で す ? ( 笑 ) 外 山 ・ 「 ど く ん ご 」 が 埼 大 の 公 認 サ ー ク ル で あ っ た 他 に 見 積 も り を 出 し て も ら っ た ら 、 合 計 で 1 千 万 ち ょ っ 高 山 そ れ は 半 分 冗 談 み た い な も ん な ん だ が : 時 代 に は 、 そ れ と は 別 の 演 劇 サ ー ク ル が 登 場 し た り は し と 必 要 な こ と が 分 か っ た 。 テ ン ト だ け で な く 照 明 機 材 や 外 山 ″ 上 部 団 体 み と か で す か 、 架 空 の ? ( 笑 ) な か っ た ん で す か ? ら 何 や ら 、 ジ ェ ネ レ ー タ ー と か 、 一 式 全 部 合 わ せ て ね 。 高 山 そ う そ う ( 笑 ) 。 今 で も ず っ と 、 そ の 名 前 が あ ち こ 高 山 し な か っ た ね え 。 そ れ は 逆 に 不 思 議 な 気 も す る 。 最 小 限 必 要 な 設 備 に 1 千 万 だ よ 。 当 時 は 人 ぐ ら い の メ ち に 出 て く る で し ょ ? 単 発 で 1 回 だ け 芝 居 を や る よ う な 人 た ち は 時 々 い た け ン バ ー が い た ん だ け ど 、 そ れ だ け の 人 数 で 、 ど う す れ ば 外 山 「 ど く ん ご 」 の チ ラ シ と か に 常 に そ の 言 葉 が 入 っ ど 、 継 続 性 の あ る 集 団 と し て 第 2 の 演 劇 サ ー ク ル を 立 ち そ ん な 大 金 を 用 意 で き る の か ? 芝 居 な ん か や っ て た ら て て 、 ず っ と 気 に な っ て た ん だ け ど 、 年 ぐ ら い 聞 き そ 上 げ よ う と す る 奴 は 出 て こ な か っ た 。 か と い っ て 、 じ ゃ 永 久 に カ ネ は 貯 ま ら な い ( 笑 ) 。 び れ て た ( 笑 ) 。 あ 演 劇 を や り た い 埼 大 生 が 次 々 に 「 ど く ん ご 」 の 門 を 叩 外 山 出 て い く ば っ か り で す も ん ね 。 高 山 つ ま り 〃 芝 居 だ け で な く 他 の こ と も い ろ い ろ 、 く と い う こ と も な い ( 笑 ) 。 高 山 こ こ は 断 腸 の 思 い で 活 動 を 一 時 休 止 し て 、 全 員 で 面 白 い こ と を や れ る ん じ ゃ な い か と い う 志 向 が あ っ て 外 山 伊 能 さ ん が 云 う に は 、 自 分 た ち が 「 劇 団 ど く ん ご 」 バ イ ト を し て 毎 月 積 み 立 て て い く し か な い だ ろ う 、 と 。 さ 。 ま ず は と り あ え ず " 芝 居 。 で は あ る け ど 、 そ れ 以 外 と 名 乗 る こ と で 、 埼 大 の 中 に 他 に も " 劇 団 ナ ン ト カ 。 が 計 算 し た 結 果 、 1 人 5 万 ず つ 出 そ う と い う こ と に な っ た 。 に も 、 例 え ば コ ン サ ー ト を 企 画 し た っ て い い し 、 面 白 2 っ 3 っ 生 ま れ て 、 早 稲 田 と か に 複 数 の 劇 団 が あ っ て 切 月 に 、 だ よ ? そ う だ と 思 え ば 何 で も や っ て み て も い い ん じ ゃ な い か 、 磋 琢 磨 し 合 っ て る よ う な 状 況 に 埼 玉 大 が な る こ と も 期 待 外 山 → 人 民 の 敵 』 が い か に 安 い か と い う こ と で す ( 笑 ) 。 と 。 「 劇 団 ど く ん ご 」 が す べ て 、 と い う ふ う に す る よ り し て た 、 と い う こ と だ っ た ん だ け ど : 高 山 バ ブ ル の 当 時 と い え ど も 、 そ れ は 大 変 な 額 な ん だ 。 高 山 オ レ ら の 議 論 の 中 で は そ う い う 目 論 見 も た し か に だ っ て オ レ ら 、 み ん な 月 1 万 5 千 円 ぐ ら い の ア バ ー ト に 外 山 も っ と 大 き な 枠 組 を 作 っ て 、 「 ど く ん ご 」 も そ の あ っ た ん だ 。 で も 現 実 に は そ う い う 展 開 に は な ら な か っ 住 ん で る よ う な 貧 乏 人 だ っ て い う の に さ ( 笑 ) 。 月 5 万 と 中 の 1 っ と し て 位 置 づ け る よ う な ? た 。 た ま に 出 て き て も 、 " 2 回 目 ″ が な い 。 い う の は あ ま り に も :

人民の敵 第33号


あ さ 高 山 ウ チ に あ っ た 資 料 を 、 ち ょ っ と 漁 っ て 出 て き た ぶ ん だ け で す が 、 持 っ て き た よ 。 外 山 お お っ ー ど く げ き だ ん ご 高 山 こ れ は 「 毒 劇 團 子 』 ( 埼 玉 大 時 代 の 「 ど く ん ご 」 の 機 関 誌 ) の " 第 3 期 ・ 5 号 み だ な 。 外 山 こ っ ち に は 「 第 3 号 」 と あ り ま す ね 。 高 山 い や 、 そ れ も だ い ぶ 後 の も の な ん だ 。 埼 玉 大 時 代 の 「 ど く ん ご 」 に は ″ 第 何 期 ~ っ て の が あ っ て ( 本 稿 で ン も そ れ そ れ 言 及 さ れ る 、 年 3 月 の " 首 都 圏 連 続 街 頭 劇 。 以 降 が " 第 メ 立 2 期 気 年 4 月 以 降 の " プ ロ ジ ェ ク ト 期 間 ~ が " 第 3 期 と さ れ て い る よ う だ ) 、 そ れ も た ぶ ん " 第 3 期 の ″ 3 号 目 。 高 山 ペ ー ジ も あ る ( 笑 ) 。 ご ん 外 山 ほ ん と だ 。 「 通 算 第 8 号 」 っ て 書 い て あ る 。 年 外 山 大 ボ リ ュ ー ム で す ね 。 「 毒 劇 團 子 編 集 部 革 命 左 ど 派 」 っ て : : : み ん な 若 い 頃 は 似 た よ う な セ ン ス だ ( 笑 ) 。 9 月 沼 日 発 行 と な っ て ま す 。 劇 高 山 " 第 3 期 ・ 5 号 々 も 通 算 で は 第 2 号 。 そ っ ち に あ 創 刊 号 と い う カ zr- 」 に 「 編 集 委 員 」 に 名 を 連 ね て し よ ば な や し ま ビ 山 祐 る " 01 、 ″ 02 ″ は 、 ほ ん と に 初 っ 端 の 2 冊 だ ね 。 る 5 人 の う ち 、 伊 能 さ ん と ヤ ッ シ ー ( 「 八 島 」 。 今 年 の ツ ア ー 5 つ ば か げ ろ う 外 山 そ れ は す ご い 。 : 後 で コ ピ ー を と っ て き て も ? 前 半 の メ ン バ ー で も あ る 空 葉 景 朗 の こ と 。 外 山 が 初 め て 「 ど く ん 高 山 渡 し と く ん で 、 ゆ っ く り 読 ん で 後 日 ま た 返 し て も ご 」 を 観 た 6 年 の 「 踊 ろ う せ 」 ま で 全 公 演 に 参 加 し て い る 他 、 ⅱ 年 タ ⅵ 山 一 ら え れ ば い い 。 の 「 A く ital Sign 5 た だ ち に 犬 」 に も 2 年 ぶ り に 復 帰 し て い た ) は 外 山 ま あ た し か に 、 今 年 も あ ち こ ち の 公 演 地 で 何 度 も 分 か る し 、 こ の 「 佐 藤 ( 泰 ) 」 ( 佐 藤 泰 博 氏 。 や が て テ ン ト 劇 団 か つ じ ん ◆ く ゅ 会 う に 決 ま っ て ま す も ん ね ( 笑 ) 。 「 活 人 ( 塾 ) 」 を 経 て 、 年 に 劇 団 「 蜂 蜜 劇 場 」 旗 揚 げ ) と い う の ま 7 高 山 そ れ か ら こ れ が 、 最 後 の 時 期 に 出 し た ″ 雪 組 ″ の も 初 期 に そ う い う 人 が い た と は 聞 い て る け ど 、 あ と の 2 や 人 が 分 か り ま せ ん 。 総 括 。 0 外 山 劇 団 を い く つ か の ユ ニ ッ ト に 分 け て 、 担 当 エ リ ア 高 山 「 福 島 」 は 山 田 零 ( 年 の 「 サ ク ラ ガ サ イ タ 」 ツ ア ー の に し 容 ご い 2 を 決 め て 全 国 に 散 っ て 、 本 格 的 な 旅 公 演 を ス タ ー ト す る 後 に 退 団 し 、 劇 団 「 阪 通 信 」 を 経 て 、 年 に 劇 団 「 錦 鯉 タ ッ タ 」 旗 揚 げ 。 現 在 も 「 ど く ん ご 」 公 演 地 に 出 没 し 、 外 山 と も 面 識 が あ る ) 。 ・ ( 間 違 い 。 後 述 ) 。 準 備 を し た っ て い う : い の う な つ お ・ 「 佐 藤 」 さ ん と い う の は 、 名 前 は 高 山 ″ 雪 組 ″ は 伊 能 ( 夏 生 。 「 ど く ん ご 」 の 演 出 家 ・ ど い の 氏 外 山 な る ほ ど 。 ・ の こ と 。 本 稿 で は 以 下 「 伊 能 」 に 統 一 ) た ち の ユ ニ ッ ト だ ね 。 界 隈 で よ く 聞 く け ど 、 ぼ く は 会 っ て る の か な あ 。 外 山 『 毒 劇 團 子 , 雪 組 総 括 し ジ ュ メ 合 本 」 、 年 2 月 8 高 山 佐 藤 が 初 代 の 団 長 な ん だ よ 。 外 山 へ ー 、 そ う な ん で す か ! 日 発 行 、 と 。 こ 号 デ 5 イ ル : 前 く ど 団