検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第35号

人民の敵 第35号から 43件ヒットしました。

人民の敵 第35号


人 民 の 敵 第 35 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 2017 年 8 月 1 日 今 号 の 内 容 く 対 談 〉 with 経 秀 実 2017- 9 . 1 2 埼 玉 く 新 著 刊 行 記 念 〉 外 山 恒 ー ト ー ク ラ イ プ 前 篇 2017. 9 コ 3 東 京 頒 価 1000 円 02 30

人民の敵 第35号


人 民 の 敵 第 35 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 2017 年 8 月 1 日 今 号 の 内 容 く 対 談 〉 with 経 秀 実 2017- 9 . 1 2 埼 玉 く 新 著 刊 行 記 念 〉 外 山 恒 ー ト ー ク ラ イ プ 前 篇 2017. 9 コ 3 東 京 頒 価 1000 円 02 30

人民の敵 第35号


人 民 の 敵 第 35 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 2017 年 8 月 1 日 今 号 の 内 容 く 対 談 〉 with 経 秀 実 2017- 9 . 1 2 埼 玉 く 新 著 刊 行 記 念 〉 外 山 恒 ー ト ー ク ラ イ プ 前 篇 2017. 9 コ 3 東 京 頒 価 1000 円 02 30

人民の敵 第35号


め の 左 翼 入 門 』 だ っ た ん で す 。 イ メ ー ジ と し て は " 右 翼 中 川 " 自 分 が い ち ば ん 正 し い 。 と 思 い 込 む の が 左 翼 思 っ い て は 知 ら な か っ た し 、 今 さ ら 他 人 に 訊 け な い よ う な の た め の 左 翼 入 門 。 な ん で す け ど 、 " 右 翼 。 呼 ば わ り す 想 の 基 本 で ご さ い ま す か ら ね 。 " 極 端 な こ と ~ を 云 っ て こ と が た く さ ん 書 い て あ っ て : る と 機 嫌 を 損 ね る 右 翼 も 多 そ う な の で ( 笑 ) 、 彼 ら の セ る の は 全 部 問 違 っ た 連 中 で 、 自 分 た ち だ け が 正 し い 。 そ 中 川 『 今 さ ら 聞 け な い 左 翼 入 門 』 で も よ か っ た ん じ ゃ ル フ ・ イ メ ー ジ で あ ろ う " 愛 国 者 。 っ て こ と に し て 、 そ れ が 左 翼 思 想 、 そ れ が 共 産 主 義 で す 。 そ ん な こ と は ま あ な い ? ( 笑 ) の 上 で " 敵 を 知 れ ″ と い う コ ン セ プ ト で 書 い た 。 全 4 章 い い と し て : : : さ っ そ く 質 問 タ イ ム に し ま し よ う か 。 観 客 1 で 、 ひ と っ 質 問 が あ る ん で す が ・ の う ち 最 初 の 3 章 は 、 延 々 と " 左 翼 運 動 の 歴 史 ″ を 解 説 外 山 ま あ 、 そ れ で も い い で す よ ( 笑 ) 。 中 川 お 、 企 画 の 意 図 を 分 か っ て る じ ゃ な い で す か 。 素 し て ま す 。 第 1 章 は 、 " 左 翼 ~ と い う の は そ も そ も ど う 中 川 こ の 本 を す で に 読 ん だ 方 は ? 晴 ら し い ー い う 立 場 で 、 ど う い う 経 緯 で 生 ま れ て き た の か 。 第 2 章 ( か な り 手 が 挙 が る ) 観 客 1 私 は 「 名 も 無 き 市 民 の 会 」 と い う ネ ッ ト 右 翼 団 は 、 戦 後 の 学 生 運 動 の 歴 史 で 、 つ ま り い わ ゆ る ナ ン ト カ 外 山 結 構 い ま す ね 。 体 に 入 っ て い る ん で す け ど 、 私 の 周 り の そ う い う 、 " フ ァ 派 が ど う こ う と か " 全 共 闘 。 と か の 話 を し て る 。 第 3 章 は 、 中 川 で は 、 読 ん だ 方 か ら 順 番 に 、 「 素 晴 ら し い 本 だ ! 」 シ ス ト ち つ く み な 人 た ち を 見 て い る と : そ れ ら が 一 段 落 し た 年 代 以 降 、 今 の 反 原 連 と か シ ー ル と い う 宣 伝 を し て い た だ き ま し よ う ( 笑 ) 。 今 日 の 趣 旨 に 中 川 フ ァ シ ス ト ち つ く ( 笑 ) 。 ズ と か 、 あ る い は こ の 会 場 の す ぐ 隣 に " 号 店 ~ ( イ ベ ン 合 っ た 発 言 を ね 。 「 ぜ ひ 、 み ん な に 読 ん で 欲 し い ! 」 と 観 客 1 や は り 皆 さ ん 、 左 翼 的 な 心 情 か ら 出 発 し て 、 「 な ト ・ ス ペ ー ス ) が あ る 「 素 人 の 乱 」 と か 、 最 近 の 新 し い 運 い う 思 い を 語 っ て く だ さ い 。 は い 、 じ ゃ あ 一 番 向 こ う 側 ん か 違 う 」 と い う 過 程 を 経 て 、 " フ ァ シ ス ト 。 と か 、 あ 動 の 話 で す 。 で 、 最 後 の 第 4 章 で 、 そ れ ら を 踏 ま え た 上 で 手 を 挙 げ て た 方 、 ど う そ 。 る い は ネ ッ ト 右 翼 に な っ て る ん で す 。 で 、 " 愛 国 者 。 の 皆 さ ん は ど う す れ ば " 反 日 極 左 。 の 連 外 山 マ イ ク は 回 せ る ん で す か ? 外 山 こ の 佐 藤 悟 志 も そ う で す ね 。 中 を 叩 き 潰 せ る の か 、 と い う 提 起 を お こ な う 、 と い う 本 。 奥 野 ( 店 長 ) 回 せ ま す 。 す み ま せ ん 、 バ ケ ツ リ レ ー 方 式 観 客 1 え え 、 佐 藤 さ ん も 含 め て 、 そ う い う 人 が 多 い よ 中 川 素 晴 ら し い 。 : い ろ ん な 議 論 を 見 て い て も 、 お で 回 し て い た だ け る と 助 か り ま す 。 う に 見 受 け ら れ る 。 し か し 一 方 、 今 の ネ ト ウ ョ の 人 た ち っ 互 い に 使 っ て る = 呂 葉 の 定 義 が 違 う か ら 何 に も 話 が 噛 み 合 中 川 " 読 者 の 声 。 と い う の が 一 番 、 販 売 に 繋 が り ま す か て 、 ネ オ リ べ の 人 が 多 い 気 が す る ん で す よ 。 そ し て ネ オ わ な い 、 と い う 場 面 が よ く あ る 。 「 お ま え は 極 左 だ ろ 」 、 「 い ら 、 今 日 は 何 よ り も " 販 売 促 進 企 画 。 と い う こ と で : リ べ の 人 た ち を 説 得 す る の っ て 、 か な り 難 し い よ う に 感 や 、 オ レ は 極 左 じ ゃ な い 」 と い う よ う な ね 。 そ も そ も こ 観 客 1 発 売 初 日 に 池 袋 の ジ ュ ン ク 堂 で 買 い ま し て 、 今 じ ら れ ま す 。 な の で 、 ネ ト ウ ョ を 説 得 し て フ ァ シ ス ト に の " 極 左 。 と い う の は 公 安 用 語 で あ っ て 、 極 左 の 運 動 を 日 ま で に 2 回 読 ん で い ま す 。 な っ て も ら う よ り 、 左 翼 を 説 得 し て フ ァ シ ス ト に な っ て や っ て い る 人 が 自 分 で 「 オ レ は 極 左 だ 」 な ん て 云 う こ と 一 同 お お ー っ ! 宿 手 ) も ら う ほ う が 、 ラ ク だ し 確 実 だ と 思 う ん で す 。 そ れ な の は あ り ま せ ん ( 笑 ) 。 中 川 誤 字 と か 探 し て た り し て ね ( 笑 ) 。 に 、 こ う い う 本 を 出 し た の は 、 や は り 版 元 の 関 係 な ん で 外 山 自 嘲 的 に 云 う 場 合 は 別 と し て ね 。 外 山 誤 字 ・ 脱 字 等 を 発 見 し て く れ た 方 に は 、 本 来 は し よ う か ? 中 川 そ う 、 冗 談 で 「 オ レ た ち は ど う せ 極 左 だ か ら よ お 」 5 千 円 を 出 さ な き や 入 手 で き な い 「 人 民 の 敵 」 を 、 バ ッ 外 山 え ー と : : : ま ず 、 2 回 も 読 ん で い た だ い て あ り が と か 云 う こ と は あ っ て も 、 「 オ し は 極 左 運 動 を や っ て る ク ナ ン バ ー か ら ど れ で も 1 冊 、 無 料 で 進 呈 し ま す 。 と う ご さ い ま す ( 笑 ) 。 も ち ろ ん 、 " 青 林 堂 に 持 ち 込 む れ ん だ ! 」 と 云 う バ カ は い な い わ け で す ( 笑 ) 。 観 客 1 誤 字 は 今 の と こ ろ 見 当 た り ま せ ん で し た が ( 笑 ) 、 と い う こ と を 思 い つ い た 段 階 で 、 ″ 青 林 堂 か ら 出 す 。 と 外 山 " 極 左 ~ ど こ ろ か 、 「 自 分 た ち こ そ 正 し い ド 真 ん 中 、 私 は ネ ッ ト に 上 が っ て る 外 山 さ ん の 記 事 な ど は 全 部 ひ と し た ら ど う い う も の が い い か 、 と い う 発 想 は し ま す よ ね 。 王 道 の 左 翼 だ 」 と 、 左 翼 は み ん な 思 っ て る 。 通 り 読 ま せ て い た だ い て ま す 。 私 は 歳 で 、 昔 の こ と に 版 元 の カ ラ ー と は 無 関 係 に " 外 山 恒 一 入 門 。 的 な も の を

人民の敵 第35号


水 田 宗 子 を 放 逐 す る こ と に 成 功 し た わ け で す 。 き 知 っ て た は す な の に 、 水 田 宗 子 が 解 雇 さ れ る と 連 名 で た け ど 、 そ れ は 小 野 田 系 ノ ン セ ク ト が 中 核 派 を 排 除 す る こ 外 山 つ い に " 民 主 化 ~ が : : : ( 笑 ) 。 反 対 声 明 な ん か 出 し て し ま う 。 文 科 省 官 僚 が リ べ ラ ル な と に 成 功 し た と い う こ と だ っ た の か も し れ ま せ ん ね 。 経 だ け ど 今 度 は 日 本 の 左 派 を 代 表 す る 錚 々 た る 面 々 、 水 田 さ ん を 放 逐 し た 、 と か さ 。 あ り え ま せ ん よ 。 経 小 野 田 派 が 埼 大 の 文 化 系 サ ー ク ル 連 合 に ず っ と 影 響 有 名 な と こ ろ で 云 う と 、 柄 谷 さ ん 、 鵜 飼 さ ん 、 も ち ろ ん 外 山 フ ァ シ ス ト な ら 思 想 的 節 操 と か 社 会 的 責 任 よ り 身 力 を 保 持 し 続 け て た の は 、 オ レ も 聞 い て ま す 。 だ か ら 埼 上 野 千 鶴 子 、 伊 藤 比 呂 美 と か : ・ 内 の 利 害 を 優 先 し て も い い け ど 、 左 翼 が そ ん な こ と を し 大 ノ ン セ ク ト の 中 か ら や が て 、 ど く ん ご が 登 場 す る 背 景 外 山 日 本 の 左 派 論 客 が 総 結 集 、 と ( 「 水 田 理 事 長 の 追 放 と 城 ち ゃ い け ま せ ん ね ( 笑 ) 。 に も 、 そ う い う 埼 大 学 生 運 動 の 歴 史 が あ る と 思 う ん だ け 西 大 学 の 混 乱 を 憂 慮 す る 」 と 題 す る 5 月 8 日 付 の " 緊 急 声 明 ~ に は 他 経 声 明 文 も ネ ッ ト の 片 隅 に 転 が っ て る だ け で 、 た い し ど 、 そ こ が う ま く つ な が っ て い か な い 。 み な と こ た に 産 う に 、 船 橋 邦 子 、 樋 口 恵 子 、 川 村 湊 、 小 森 陽 一 、 小 谷 真 理 、 中 沢 け い 、 て 話 題 に も な っ て な い か ら 、 ま だ 左 派 は 救 わ れ て る 。 こ 外 山 ど く ん ご の 人 た ち も 、 た ぶ ん 知 ら な い ん で す 。 第 た つ み た か 臀 た 物 に 巽 孝 之 、 多 和 田 葉 子 、 北 野 圭 介 ら が 名 を 連 ね て い る ) 。 れ が も っ と 大 問 題 に な っ て 世 間 の 注 目 を 集 め て た ら ・ : 号 で イ ン タ ビ ュ ー し た 高 山 ( 祐 司 ) さ ん と い う の が 、 ど 経 う ん 、 " 総 結 集 。 し て 、 水 田 宗 子 の 解 雇 に 反 対 し て る 外 山 日 本 の 左 派 の 存 亡 に 関 わ る 大 ス キ ャ ン ダ ル で し よ く ん こ の 最 年 長 で 、 そ れ で も 四 年 入 学 な ん で す か ら 。 ん で す よ 。 日 本 の リ べ ラ ル 左 派 っ て 本 当 に ダ メ な ん だ な う 。 経 オ レ は 年 前 後 に 埼 大 の 文 連 を 仕 切 っ て た 小 野 田 派 と 思 い 知 っ た 。 経 壊 滅 し ち ゃ う よ 。 の 奴 と 付 き 合 い が あ っ た ん だ 。 小 野 田 は 麿 赤 児 と 付 き 合 外 山 そ ん な 人 た ち に 政 権 な ん か 任 せ た ら 腐 敗 す る に 決 外 山 柄 谷 行 人 も 上 野 千 鶴 子 も 、 信 用 を 一 気 に 失 い ま す ね 。 い が あ っ た り し て 、 だ か ら 小 野 田 派 と ア ン グ ラ 演 劇 と は ま っ て ま す ね ( 笑 ) 。 経 こ こ ま で ダ メ に な っ て る の か と 唖 然 と し た 。 : ・ 話 親 和 的 で も あ る し 、 そ う い う 要 素 が 埼 大 の 文 化 サ ー ク ル 経 オ レ は も う 2 数 年 前 か ら " 水 田 フ ァ シ ズ ム 体 制 ~ の は ま た 変 わ る が 、 「 劇 団 ど く ん ご 」 が 生 ま れ た 埼 玉 大 っ て 、 の 中 に は そ の 後 も 受 け 継 が れ て い る だ ろ う と い う 感 触 を 、 お の だ し よ う じ 話 を 聞 か さ れ 続 け て た ん だ も ん ( 笑 ) 。 そ れ で も 城 西 大 な 小 野 田 襄 ニ が い た と こ ろ じ ゃ な い で す か 。 革 共 同 の 拠 点 オ レ は ず っ と 持 っ て た ん で す よ 。 し か し 『 人 民 の 敵 』 の ん て u- ラ ン 大 学 に は 、 有 名 教 員 も い な い し 、 実 態 を 対 外 に な っ た の も か な り 早 く て 年 ぐ ら い か ら だ し 、 小 野 田 イ ン タ ビ ュ ー を 読 ん で も 、 そ こ ら へ ん が 分 か ら な か っ た 。 的 に 発 信 で き な か っ た 。 が 中 核 派 を や め て 発 行 し 始 め た 『 遠 く ま で 行 く ん だ ・ : 」 外 山 だ け ど 、 、 と く ん ご を や が て 立 ち 上 げ る 人 た ち が 埼 い し 第 ラ 外 山 そ れ を い い こ と に : の 熱 心 な 支 持 者 ・ 関 係 者 も 多 く て 、 そ れ は つ ま り 反 戦 連 大 演 劇 部 に 蝟 集 し 始 め た の は 田 年 と か 年 と か で 、 大 多 経 私 腹 を 肥 や し ま く っ て た わ け で す よ 。 : : : 実 は 『 批 合 ( 早 大 全 共 鬪 で も 中 心 的 な 役 割 を 担 っ た 小 野 田 系 ノ ン セ ク ト ・ グ ル ー 数 の 部 員 た ち は 、 当 時 は " 野 田 秀 樹 ~ と か の 大 ブ ー ム の 評 空 間 』 も 、 城 西 大 か ら 出 そ う と し て た こ と が あ る ん で す 。 プ ) の 拠 点 校 で も あ っ た と い う こ と で す 。 要 す る に 中 核 派 時 期 だ し 、 も っ と ラ イ ト な も の か 、 あ る い は 逆 に 教 科 書 太 田 出 版 か ら は も う 出 せ な く な っ た 時 に ( 8 年 頃 か ? ) 、 城 と 小 野 田 系 ノ ン セ ク ト と が 、 8 年 代 末 か ら 拮 抗 し て た わ 的 に " サ ル ト ル と か ( 笑 ) 、 そ う い う の を や り た い 人 た 西 大 が 雑 誌 ご と 買 い 取 る と い う 話 が あ っ て 、 こ れ は 金 銭 け で す よ 。 だ か ら 非 常 に 特 殊 な 運 動 展 開 が あ っ た 大 学 だ ち ば っ か り で 、 今 も 演 出 を や っ て る 、 も と も と 黒 テ ン ト 的 な 問 題 で 実 現 し な か っ た ん だ け ど 、 と に か く そ れ ぐ ら ろ う と 思 う 。 と こ ろ が 『 人 民 の 敵 』 で の 初 期 劇 団 員 へ の の 熱 心 な シ ン バ で ア ン グ ラ 志 向 だ っ た 伊 能 ( 夏 生 ) さ ん は い 柄 谷 さ ん も 関 係 が 深 か っ た と い う こ と で す 。 ま あ 、 柄 イ ン タ ビ ュ ー ( 第 号 ) を 読 ん で も 、 そ こ ら へ ん の 経 緯 が 当 初 、 突 然 変 異 的 な 異 端 分 子 と し て 、 か な り 浮 き ま く っ め い お 第 谷 さ ん は 、 最 初 の 奥 さ ん ( 冥 王 ま さ 子 。 955 ・ 。 3 9 生 作 家 ) が む あ ま り 出 て こ な い 。 て た ら し い で す か ら 、 年 前 後 か ら の ア ン グ ラ 的 な 流 れ し ろ 親 し か っ た ん だ ろ う け ど 。 そ ん な ふ う に 柄 谷 さ ん を 外 山 学 園 祭 実 行 委 員 会 が ノ ン セ ク ト の 結 集 軸 に な っ て は い っ た ん 途 切 れ か か っ て た ん じ ゃ な い か と 思 い ま す 。 含 め 、 い ろ ん な 人 が 水 田 宗 子 に 関 係 し て る 。 も ち ろ ん 彼 て 、 そ れ は 8 年 代 末 だ か R 年 代 初 頭 だ か に 党 派 を 排 除 す る 経 た し か に 小 野 田 派 の ア ン グ ラ と の 親 和 性 は 、 黒 テ ン ら も " 水 田 フ ァ シ ズ ム 体 制 ~ に つ い て は 何 ら か の 形 で 聞 し く み が 作 ら れ た た め で も あ る ら し い 、 と い う 話 は 出 て き ト で は な く 、 唐 ( 十 郎 。 紅 テ ン ト 状 況 劇 場 の 主 宰 者 ) で す も ん ひ ろ み

人民の敵 第35号


出 す こ と も 考 え て た し 、 い ず れ 早 い う ち に ま ず そ う い う り ま す け ど ( 笑 ) 。 あ る と は い え 、 私 た ち の 場 合 は 、 む し ろ 関 西 の ほ う と っ も の を 出 さ な き ゃ な ら な い の は 現 時 点 で も そ う な ん で す 観 客 1 あ り が と う ご さ い ま し た 。 な が り が あ り ま し た 。 私 の 在 学 期 間 は 年 か ら 年 ま で け ど 、 青 林 堂 が " 外 山 恒 一 入 門 ~ に あ ま り 気 乗 り し な い 中 川 ・ : じ ゃ あ 次 は 、 近 く で 手 を 挙 げ て い た あ な た 、 で 、 そ の 間 に 京 大 と か 同 志 社 と か と 行 き 来 が あ り ま し た よ う で あ れ ば 、 や つ ば り " 右 翼 の た め の 左 翼 入 門 ~ か な 、 お 願 い し ま す 。 ね 。 : : : 自 分 の 話 が 長 く な っ て 申 し 訳 な い ん で す が 、 大 と 。 実 際 、 " 外 山 恒 一 入 門 ~ 的 な も の に は 難 色 を 示 さ れ 観 客 2 国 分 寺 の ほ う で 反 原 発 の テ モ を 主 催 し て い る 、 学 を 出 て 、 バ ン ド を 一 生 懸 命 や る よ う に な っ た り し て 、 た の で 、 じ ゃ あ っ て こ と で 、 青 林 堂 か ら 何 か 出 す こ と 自 c.n と い う 者 で す 。 年 生 ま れ で 、 年 に 中 央 大 学 に 入 学 だ か ら 年 以 降 は 運 動 は ち ょ っ と 離 れ て た ん で す 。 イ ラ 体 は 決 ま っ て か ら 、 書 き 始 め ま し た 。 し ま し た 。 中 央 大 の ノ ン セ ク ト ・ ラ ジ カ ル と い う か 、 ま ク 反 戦 と か あ り ま し た が 、 私 は 全 然 タ ッ チ し な か っ た 。 フ ァ シ ズ ム 運 動 と い う の は イ タ リ ア で 始 ま っ た わ け で あ プ ン ト 系 で す ね 。 中 大 に は プ ン ト と 革 マ ル が い た ん で ず っ と 続 け て る 友 達 も い た の で 、 動 向 は あ る 程 度 は 把 握 す が 、 そ の も っ と 前 に 、 実 は フ ラ ン ス で 同 じ よ う な 運 動 す 。 中 大 は 一 部 ( 昼 間 部 ) の 自 治 会 が 停 止 さ れ て ま し て 、 し て た ん で す け ど ね 。 で 、 3 、 ⅱ が あ っ て 、 私 も 地 元 の が 生 ま れ て い る ん で す 。 ま だ " フ ァ シ ズ ム 。 と い う 名 私 が 入 学 し た 頃 に そ の 再 建 を 目 指 す 団 体 が 準 備 さ れ て い 国 分 寺 で 活 動 を 始 め た と い う 、 ま あ 私 自 身 は そ う い う 感 前 が つ い て な か っ た だ け で 、 そ の フ ラ ン ス の 運 動 に し て た の で 、 私 も そ こ に 参 加 し て 活 動 し ま し た 。 で 、 私 た ち じ で す 。 で 、 外 山 さ ん の 本 は 素 晴 ら し か っ た ん で す が 、 も 、 " フ ァ シ ズ ム 。 と い う 名 前 が つ い た イ タ リ ア の ム ソ が や っ て た こ と と 通 し る よ う な と こ ろ も あ る 、 高 円 寺 界 私 は 一 応 左 翼 で : : ・ ・ ( 笑 ) 。 そ れ で も 最 近 は " フ ァ シ ズ ム ~ リ ー ニ の 運 動 に し て も 、 左 翼 の 一 部 が 左 翼 を 見 限 っ て 始 隈 と か 、 法 政 大 の 松 本 ) さ ん と か 、 つ ま り 外 山 さ ん を 掲 げ る 方 々 の 動 向 に も 注 目 し て て 、 千 坂 ( 恭 ニ ) さ ん め た り 、 あ る い は 既 成 の 左 右 の 運 動 に 限 界 を 感 じ た 左 右 の お っ し や る 、 当 時 の い わ ゆ る 「 ド プ ネ ズ ミ 系 」 で す ね 、 の 本 も 読 ん で ま す 。 や つ ば り 左 翼 の 限 界 点 と い う か 、 行 の 活 動 家 が 手 を 結 ん で 始 め た り す る の が 、 フ ァ シ ズ ム 運 " 鍋 闘 争 ~ を や っ た り と か の 。 外 山 さ ん の 今 回 の 本 に よ き 詰 ま り と い う の は 、 反 差 別 闘 争 の 問 題 で す よ ね 。 " 反 動 で す 。 そ う い う 歴 史 的 経 緯 か ら 考 え て も 、 " 左 翼 を 説 れ ば 、 年 あ た り が そ の 後 退 期 と い う か 、 " ど ん 底 。 だ っ 差 別 ~ を 立 脚 点 と し た 運 動 の 立 て 方 が 、 完 全 に 行 き 詰 ま っ 得 し た ほ う が 早 い 。 と い う の は 、 ま あ そ の と お り な ん で た と 書 か れ て ま し た け ど : ち ゃ っ て て 、 ど う 云 え ば い い の か : す 。 で も 結 局 は 両 方 を 説 得 し な き ゃ い け な い 。 で 、 右 翼 外 山 そ れ は 今 回 の 本 で は な く て 、 ネ ッ ト 上 に 発 表 し た 外 山 反 感 を 買 っ ち ゃ っ て ま す よ ね 。 を 説 得 す る 場 合 : : : 日 本 の ネ ト ウ ョ に は 、 こ れ ま た お っ " ウ エ プ 版 「 人 民 の 敵 』 。 の 座 談 会 ( 8 月 2 日 付 「 タ ン ロ ン 』 観 客 2 そ う で す ね 、 本 当 に ド ン 詰 ま り と い う か ( 笑 ) 。 私 し や る と お り ネ オ リ べ 的 な 人 が 多 い ん で す け ど 、 フ ァ シ 「 平 成 批 評 の 諸 問 題 1989 ・ 20 。 1 」 を 読 む ( 4 ) 」 ) じ ゃ な い も 左 翼 で す し 、 的 な 意 識 は あ っ て 、 反 差 別 闘 争 の 文 脈 ズ ム と い う の は ナ シ ョ ナ リ ズ ム と 確 信 犯 的 に 結 託 す る わ か な ? で 云 わ れ て る こ と は も ち ろ ん 分 か る し 、 正 し い と 思 う 。 だ け で 、 当 然 、 反 ネ オ リ べ で あ り 反 グ ロ ー パ リ ズ ム で す よ 観 客 2 あ 、 す み ま せ ん ( 笑 ) 。 : と も か く そ の 年 け ど も 何 と 云 う か 、 展 望 が 見 え て こ な い と い う : ・ ね 。 ネ ト ウ ョ だ っ て お そ ら く 、 主 観 的 に は 自 分 た ち は " 愛 頃 に 、 中 大 は か な り 盛 り 上 が っ て た ん で す 。 八 王 子 の 田 外 山 @(_) っ て 、 い ろ い ろ 問 題 は あ る ん だ け れ ど も 、 云 っ 国 者 。 だ と 思 っ て い る は す な の で 、 " 愛 国 。 と ネ オ リ べ 、 舎 だ っ た か ら タ イ ム ラ グ が あ っ た の か も し れ ま せ ん が 、 て る こ と 自 体 は 正 し い っ て と こ ろ が 最 大 の 問 題 点 で も あ グ ロ ー バ リ ズ ム は 両 立 し な い ん だ 、 さ あ ど っ ち を 取 る ん 1 号 館 占 拠 ~ と か や っ ち ゃ っ た り と か し て ま し た ( 笑 ) 。 る ( 笑 ) 。 だ 、 と 突 き つ け な き ゃ い か ん 、 と 。 た だ そ れ 以 前 に 、 ネ 機 会 が あ れ ば 、 そ こ ら へ ん に つ い て 個 人 的 に お 話 し し た 観 客 2 そ う い う 問 題 が 今 回 の 本 に も 書 か れ て あ い て 、 ト ウ ョ の 人 た ち が 左 翼 を あ ー だ こ ー だ 非 難 し て る ん で 、 い で す 。 ま さ に そ の と お り だ な あ 、 と 。 で も ″ 左 翼 枠 の 中 か ら は 、 ″ 非 難 す る の は い い し サ ど 、 必 要 な 知 識 , ま 押 さ え た 上 で 、 外 山 ぜ ひ 『 人 民 の 敵 」 の コ ン テ ン ツ に さ せ て く だ さ い ( 笑 ) 。 な か な か そ う い う 問 題 は 提 起 で き な い 、 と い う こ と も ち ゃ ん と 的 確 に 非 難 し ま し よ う ~ と い う 段 階 の 本 で は あ 観 客 2 八 王 子 の ほ う っ て 、 都 内 と も 断 続 的 に は 交 流 が あ っ た り す る 。 し か し " 反 差 別 。 の 問 題 っ て 、 フ ェ ミ ニ

人民の敵 第35号


外 山 「 劇 団 ど く ん こ 」 の 強 力 な サ ポ ー タ ー で も あ り ま す 。 東 浩 紀 っ て 、 そ も そ も は " 運 動 家 体 質 。 の 持 ち 主 で す よ ね ? 評 シ ー ン ~ に つ い て 座 談 会 を や っ て る 新 書 ( 北 田 ・ 栗 原 裕 一 経 ら し い ね 。 佐 々 木 敦 は 、 政 治 的 な 運 動 に し ろ 文 化 的 経 そ う そ う 、 活 動 家 タ イ プ な ん で す 。 政 治 向 き の こ と 郎 ・ 後 藤 和 智 「 現 代 ニ ッ ホ ン 論 壇 事 情 社 会 批 評 の 年 史 』 ィ ー ス ト 新 な 運 動 に し ろ 、 ア ン テ ナ だ け は ち ゃ ん と 張 っ て る ん だ 。 に も 口 を 出 し た が る 。 だ け ど し よ っ ち ゅ う 判 断 を 間 違 え 書 ・ 年 6 月 ) が 出 て い て : ・ し か も 本 を 読 む の が 速 い ん だ よ 。 内 容 を 理 解 し て く れ て る ん だ ( 笑 ) 。 近 年 で 云 え ば 、 " 原 発 ~ で 間 違 え 、 " 猪 瀬 経 読 ん で な い け ど 、 愚 著 ら し い で す よ 。 ア マ ゾ ン ・ レ こ や の 第 っ し る の か ど う か は 分 か り ま せ ん が ( 笑 ) 、 オ し の 本 も 読 ん で で 間 違 え : ビ ュ ー で の 小 谷 野 敦 に よ る 酷 評 が 妥 当 な と こ ろ で し よ う 。 る み た い だ 。 外 山 " し ば き 隊 。 で 間 違 え : 北 田 も 北 田 で 民 進 党 の プ レ ー ン と か に な り た い ん だ 。 北 外 山 東 座 談 会 の 第 3 回 に 参 加 し て て 、 ど く ん ご の サ ポ ー 経 " 小 池 ~ で も 間 違 え て 、 と に か く 問 違 い だ ら け ( 笑 ) 。 田 も リ フ レ 派 に 転 向 し て て 、 民 進 党 は 安 倍 ち ゃ ん 以 上 の タ ー で あ る 佐 々 木 敦 の 悪 口 は 云 い に く い な あ と 焦 っ た ん も と も と は 政 治 家 に な り た か っ た よ う な 人 な ん じ ゃ な い 分 配 政 策 を 掲 げ ろ っ て 云 う し さ 。 し か し そ ん な 提 言 に 意 で す け ど 、 読 ん で み る と 佐 々 木 敦 が や つ ば り 一 番 マ ト モ か な 。 お そ ら く 、 猪 瀬 に も っ と 長 く 続 け て も ら っ て 、 東 味 は な い よ 。 で し た 。 京 オ リ ン ピ ッ ク の " 総 監 督 ~ ぐ ら い の 地 位 に 就 き た か っ 外 山 自 民 党 が 2 つ で き る だ け で す よ ね 。 経 情 報 を 広 く 集 め て る か ら で し よ う 。 し か し 東 浩 紀 も 、 た ん じ ゃ な い か と 思 う 。 あ る い は " 副 知 事 ~ と か を 狙 っ 経 う ん 。 だ っ た ら 安 倍 ち ゃ ん を 、 " も っ と や れ ! 。 と 応 あ の 世 代 の 批 評 家 の 中 で は 相 対 的 に だ い ぶ マ シ と は い え 、 て た か も し れ な い し 、 あ れ だ け 公 然 と 支 持 を 表 明 し て た 援 す れ ば い い 。 安 倍 ち ゃ ん だ っ て 一 所 懸 命 や っ て る ん だ や つ ば り 東 で は ダ メ で す よ ね 。 政 治 的 な 発 = lll も ブ レ ま く つ ん だ か ら 、 そ う な る 可 能 性 も な く は な か っ た で し よ う 。 か ら ( 笑 ) 。 て る わ け じ ゃ な い で す か 。 そ も そ も 猪 瀬 を 支 持 し 、 小 池 も と こ ろ が 猪 瀬 が 金 銭 ス キ ャ ン ダ ル で 失 脚 し て 、 東 の 野 望 外 山 な ん で 民 進 党 で は な く 自 民 党 に 政 策 提 一 言 し な い の 支 持 し て た は ず だ ( 笑 ) 。 さ す が に 小 池 支 持 に つ い て は 、 最 も 潰 え て し ま う 。 か 、 と ( 笑 ) 。 : ・ 今 は 東 は 、 民 進 党 支 持 な の ? 近 ち ょ っ と 自 己 批 判 し て た ら し い け ど 、 猪 瀬 支 持 に つ い て 外 山 プ ロ ッ ク さ れ て る し 、 よ く 知 り ま せ ん ( 笑 ) 。 ま あ 経 稲 葉 振 一 郎 も 民 進 党 に 政 策 提 言 し て る し 、 要 は 民 進 は ロ を つ ぐ ん だ ま ま だ と 思 う 。 だ っ た ら む し ろ 舛 添 を 支 持 藤 村 君 が 東 浩 紀 の 動 向 を 熱 心 に チ ェ ッ ク し て る か ら 、 た 党 の プ レ ー ン に な り た い ん だ と し か 思 え な い 。 む し ろ 東 し て 、 擁 護 す べ き で し た よ 。 オ レ も 、 劣 等 比 較 で 舛 添 以 上 い て い の 情 報 は 遅 れ て 耳 に 入 る ん で す け ど 。 は 、 少 し は ア タ マ が い い か ら こ そ プ レ ま く っ た り す る ん の り ひ ろ に マ シ な 都 知 事 は 当 分 出 て こ な い と 思 っ て た し さ ( 笑 ) 。 そ 経 外 山 君 と 藤 村 君 の 対 談 を 読 む と 、 東 浩 紀 と 加 藤 典 洋 で す 。 北 田 は : : : 。 の 程 度 の 政 治 セ ン ス も な い ん じ ゃ 、 ど う し よ う も な い 。 が 急 接 近 し て る そ う で す ね 。 加 藤 典 洋 は ま た フ リ ッ パ ン 外 山 す ご く 生 真 面 目 な 人 だ と い う 印 象 が あ り ま す 。 外 山 こ の か ん の 何 人 か の 都 知 事 の 中 で は 、 ど う 考 え て ト と い う か ト リ ッ キ ー と い う か 、 " 尊 皇 攘 夷 。 が ど う こ う つ 経 そ の 印 象 は 合 っ て ま す ね 。 オ レ も 会 っ た こ と あ る し 、 げ ん 含 も 舛 添 が 一 番 マ シ で す よ ね ( 笑 ) 。 も ち ろ ん ぼ く は フ ァ シ て 本 ( 『 も う す ぐ や っ て く る 尊 皇 攘 夷 思 想 の た め 5 幻 戯 書 房 ・ 9 月 生 真 面 目 は 生 真 面 目 だ よ 。 こ く ん こ う い ち ろ ラ ス ト な ん で 石 原 支 持 で す け ど 、 石 原 の 後 で は 舛 添 が 一 番 下 旬 刊 ) を 出 す で し よ 。 そ の 関 連 で 、 た し か に 来 月 の 「 群 像 』 外 山 あ る い は 國 分 功 一 郎 と 誰 だ か の 、 " 社 会 主 義 。 が ど や ま さ さ り よ マ シ で す よ 。 (Z 月 号 ) に も 東 と 加 藤 の 対 談 が 載 る ら し い 。 そ の 対 談 を ま う こ う っ て い う 対 談 の 新 書 ( 國 分 ・ 山 崎 亮 「 僕 ら の 社 会 主 義 」 経 劣 等 比 較 で し か な い け ど 、 そ う な り ま す 。 舛 添 以 上 た 藤 村 君 と 検 討 し て い た だ け れ ば と 思 い ま す が : ・ ち く ま 新 書 ・ 年 7 月 ) か 、 ど っ ち か を 次 の 藤 村 君 と の 対 談 の 都 知 事 は 、 日 本 国 民 の 民 度 で は 望 め な い 。 そ れ は 安 倍 外 山 い や い や 、 " 東 浩 紀 み は も う い い で す ( 笑 ) 。 素 材 の " 餌 に す る つ も り で す 。 ち ゃ ん も 一 緒 。 小 池 を 見 て れ ば 、 舛 添 の ほ う が マ シ だ つ が 3 回 連 続 の シ リ ー ズ 座 談 会 だ っ た ん で 仕 方 な く 長 々 と 経 あ れ も ヌ ル い 社 民 の 本 で し よ う 。 や つ ば り 東 京 と 京 た こ と は 今 や 明 ら か で し よ う 。 や っ て る だ け で 、 も っ と 他 の " 若 手 論 客 ″ も 扱 い た い ん 都 の 文 化 的 な 温 度 差 と い う か 、 京 都 の ほ う が 多 少 は ラ ジ あ き ひ ろ 外 山 第 3 回 の 座 談 会 を 読 ん で と く に そ う 思 っ た け ど 、 で す よ 。 北 田 暁 大 が 他 に 誰 か 2 人 と 、 や つ ば り 最 近 の " 批 カ ル な と こ ろ が あ っ て :

人民の敵 第35号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン パ を し て く れ る 方 に 、 、 活 動 報 告 、 を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン バ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 2015 。 12. 1 〉 2015 年 11 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 、 、 5000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 」 一 腿 送 付 さ れ る 、 、 と い う シ ス テ ム で し た が 、 同 年 12 月 発 行 の 第 15 号 よ り 、 、 、 5000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 」 0 冊 送 付 さ れ る 、 、 こ と に な り ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 第 15 号 か ら は 「 頒 価 1000 円 」 と 記 載 し ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 9 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 最 大 で 9 千 円 を 得 る ( 差 し 引 き 4 千 円 の 利 益 を 出 す ) こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 、 、 布 教 、 、 と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 た だ し 、 ネ ッ 上 で ロ ー に 宀 す る こ と は や め て く だ さ い ( 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す ) 。 ま た こ の 変 更 は 、 印 刷 を コ ン ビ ニ ・ コ ピ ー 機 か ら リ ソ グ ラ フ 印 刷 機 に 変 更 す る こ と に 伴 う も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は 。 1 冊 5000 円 、 、 、 第 15 号 か ら は 、 、 10 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は パ プ 売 り Ⅳ ~ は お こ な い ま せ ん ( 例 え ば 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 す つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第35号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン パ を し て く れ る 方 に 、 、 活 動 報 告 、 を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン バ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 2015 。 12. 1 〉 2015 年 11 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 、 、 5000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 」 一 腿 送 付 さ れ る 、 、 と い う シ ス テ ム で し た が 、 同 年 12 月 発 行 の 第 15 号 よ り 、 、 、 5000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 」 0 冊 送 付 さ れ る 、 、 こ と に な り ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 第 15 号 か ら は 「 頒 価 1000 円 」 と 記 載 し ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 9 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 最 大 で 9 千 円 を 得 る ( 差 し 引 き 4 千 円 の 利 益 を 出 す ) こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 、 、 布 教 、 、 と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 た だ し 、 ネ ッ 上 で ロ ー に 宀 す る こ と は や め て く だ さ い ( 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す ) 。 ま た こ の 変 更 は 、 印 刷 を コ ン ビ ニ ・ コ ピ ー 機 か ら リ ソ グ ラ フ 印 刷 機 に 変 更 す る こ と に 伴 う も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は 。 1 冊 5000 円 、 、 、 第 15 号 か ら は 、 、 10 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は パ プ 売 り Ⅳ ~ は お こ な い ま せ ん ( 例 え ば 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 す つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第35号


対 談 with 経 秀 実 せ い り ん ど う 外 山 本 ( 「 良 い テ ロ リ ス ト の た め の 教 科 書 」 青 林 堂 ・ 9 月 9 日 ) な る わ け で す 。 端 的 に は ″ 宇 野 経 済 学 れ だ よ ね 。 と も か は 届 き ま し た ? く 新 左 翼 全 体 が 労 農 派 っ ぽ い 土 壌 の 上 に 成 立 し て て 、 そ 経 届 き ま し た 。 あ り が と う ご ざ い ま す 。 さ っ そ く 読 み れ で 天 皇 制 を 問 題 に す る こ と も で き な く な っ ち ゃ う ん だ ま し た が 、 分 か り や す い よ ね 。 オ レ は 前 の 本 ( 「 青 い ム ー プ け ど 、 さ ら に 云 え ば 、 新 左 翼 と い う の は 結 局 は な 社 民 み ( " 社 メ ン ト 』 流 社 ・ 年 ) の ほ う が い い と 思 う け ど 、 今 回 の 本 民 党 。 で は な く " 社 会 民 主 主 義 ~ の 意 。 以 下 同 ) で し か な か っ た っ は ″ ネ ト ウ ョ 向 け ″ っ て 設 定 な ん だ か ら 仕 方 が な い 。 て こ と で す よ ( 笑 ) 。 今 の リ べ ラ ル 化 し た 新 左 翼 の ダ メ さ と い う の も 、 新 左 翼 の そ う い う 社 民 性 : : : オ レ は ″ 戦 後 外 山 ネ ト ウ ョ と い う か 、 初 心 者 向 け に 書 き ま し た 。 経 う ん 、 そ の 割 に は 新 左 翼 運 動 の 流 れ を か な り ち ゃ ん 天 皇 制 民 主 主 義 ″ と 呼 ん で る け ど 、 そ れ が い よ い よ 全 面 と ま と め て あ る し 、 筋 が ち ゃ ん と 通 っ て る 。 あ あ い う 本 的 に 露 呈 し て き た と い う こ と だ と 思 う 。 だ か ら 多 少 の 遺 漏 は 仕 方 な い で す が : 外 山 メ ッ キ が 完 全 に 剥 が れ ち ゃ っ た 、 と 。 外 山 重 要 な ポ イ ン ト は な る べ く 拾 っ て る つ も り で す 。 経 そ う そ う ( 笑 ) 。 で 、 外 山 君 も 書 い て た と お り 、 華 青 評 批 例 の 、 " R 年 安 保 。 っ て 呼 称 の 問 題 ( 年 代 末 の 学 生 運 動 の 高 闘 告 発 を 経 て 初 め て 新 左 翼 は 天 皇 制 を 問 題 に す る こ と が 文 揚 を 元 年 安 保 。 と 呼 ぶ の は 諸 党 派 の 感 覚 で 、 ノ ン セ ク ト の 感 覚 か ら で き る よ う に な っ た 。 い わ ゆ る ″ 天 皇 の 戦 争 責 任 ″ の 問 れ は あ く ま で も " 全 共 闘 運 動 を で あ る 、 と い う 話 ) に ま で ち ゃ ん と 題 で す ね 。 ま 言 及 し て ま す し ( 笑 ) 。 外 山 華 青 闘 告 発 に よ っ て " 日 本 人 の 加 害 者 性 。 が 自 覚 年 0 ) 4 経 オ レ と し て は や つ ば り 、 新 左 翼 が な ぜ 、 R 年 の 「 華 さ れ る 、 と 。 せ い と ラ 青 闘 告 発 」 以 前 は 天 皇 制 を 問 題 に し え な か っ た の か と い 経 そ れ で 新 左 翼 も " 天 皇 制 打 倒 ~ を 前 面 に 掲 げ て 、 し み で う 、 そ も そ も の 構 造 の 問 題 に つ い て 解 明 が ち ょ っ と 足 り ば ら く の 間 は そ れ で や っ て き た わ け だ け ど 、 " 戦 争 責 任 れ ひ な い な と 思 う け ど 、 初 心 者 向 け の 本 で そ こ ま で 説 明 す る と い う 切 り 口 で は 、 先 帝 陛 下 が お ら れ る う ち は い い け れ の も た し か に 難 し い で し よ う 。 す 外 山 そ こ ら へ ん は 経 さ ん が 一 連 の " 田 年 も の ~ で さ ん 外 山 今 の 天 皇 に " 戦 争 責 任 。 を 問 う の は ち ょ っ と 無 理 7 が あ る 。 ざ ん 書 い て ま す よ ね 。 0 経 共 産 党 は 戦 前 か ら " 天 皇 制 打 倒 。 を 第 一 の 目 標 に 掲 経 今 上 帝 は む し ろ " 先 の 戦 争 。 に つ い て 心 を 痛 め て ら っ げ て い て 、 そ れ は 戦 後 も 変 わ ら な か っ た わ け だ 。 そ の 共 し や る か ら ( 笑 ) 、 あ れ よ あ れ よ と い う ま に 新 左 翼 だ っ た は ず の 人 た ち ま で 次 々 と 天 皇 に 帰 依 し て し ま っ て : ・ 産 党 か ら 離 反 し て 新 左 翼 が 誕 生 す る に 際 し て 、 新 左 翼 は 、 共 産 党 の 党 派 性 に 対 抗 す る た め に 、 共 産 党 が 依 拠 す る 講 外 山 共 産 党 も 『 赤 旗 』 で 元 号 併 記 を 始 め た ぐ ら い だ し ( 昭 座 派 の 理 論 で は な く 、 戦 前 か ら そ れ と 対 立 し て た 労 農 派 和 か ら 平 成 に 変 わ る 時 点 で や め て い た の を 、 今 年 4 月 1 日 か ら 年 ぶ ( 「 天 呈 制 打 倒 」 を 掲 げ ろ と い う ソ 連 か ら の 命 令 に 、 弾 圧 を 招 く と 反 発 り に 再 開 し た ) 、 す で に ち ょ っ と 前 か ら 国 会 の 開 会 式 に も 出 し て 共 産 党 を 離 れ た 共 産 主 義 者 た ち ) の 理 論 を 導 入 す る こ と に 席 し て た ん で し ょ ? ( 開 会 式 に は 天 皇 が 臨 席 す る の で 、 戦 後 最 初 芸