検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第37号

人民の敵 第37号から 10000件見つかりました。
1. 明解日本語アクセント辞典 第2版

キュー ~ キュー キューティシャ急停車→ 15 キューテキ旧敵 , 仇敵→ 8 キューテン急転 , 灸点→ 8 = キ三キューデン休電 , 給電 , 急電 , 宮殿→ 8 キューテンチョッカ急転直下→ 98 手ート ギード キュートー キュードー ードー キュートー 旧都→ 7 cute → 9 九度→ 34 急騰 , 旧冬 , 旧套 , 給湯→ 8 旧道 , 求道→ 8 弓道→ 8 牛刀 , 牛痘→ 8 キュードーシャ求道者→ 14a キューネン旧年→ 8 キューニン九人→ 34 ギューニューヤ牛乳屋 ( ~ さん ) ギューニューハイタッ牛乳配達 キ吸入器→ 14a キューーユー 牛乳→ 8 キューニュー吸入→ 8 キューニクヤ牛肉屋→ 94 ギューニク牛肉→ 8 キューー 急に→ 67 キューナン救難 , 急難→ 8 ギューナベ牛鍋→ 4 → 15 → 94 キューネン , クネン九年→ 34 キューハ旧派→ 7 キューハ , キューハ急派→ 7 キューバ急場→ 4 キューバ弓馬 ( ~ の家 ) → 18 Cuba( 国 ) ギューバ牛馬→ 18 L—->21 キューハイ キューバイ キューハク キューバク キュー、ン・ - キューヾン・ キューバン 九拝 ( 三拝 ~ ) → 34 九倍→ 34 急迫 , 窮迫 , 休泊→ 8 旧幕 < 旧幕府→ 10 旧版 , 旧藩 , 急坂→ 8 吸盤→ 8 九番→ 34 キューヒ厩肥→ 7 キューヒ , キューヒ給費→ 7 ギューヒ牛皮 ( = 牛の皮 ) , 求肥→ 7 -- と " ・は高低が変る部分 ーは高い部分 キューヒー , キューピー Kewpie 一円 キューヒセイ給費生→ 14 キュ =¯? ッチ急 pitch → 16 ギコーヒッド , キューヒッド cupid → 23 キューヒャク九百→ 31 キューヒャクエン , ( 新はキューヒャクエ ン ) 九百円→ 35 手コーヒャクニン , ( 新はキュ = E グニ ン ) 九百人→ 35 キューヒャクネン , ( 新はキューヒャクネ ン》九百年→ 35 ギーヒャクマン , キュ亨グン・九 百万→ 32 キューヒョー急病→ 8 キュービョー九秒→ 34 キュービョーニン , キューヒョーニ 病人→ 14a キュービン急便→ 8 キューフ給付→ 7 キューフン九分→ 34 キューフン旧聞→ 8 キューヘイ旧弊→ 8 ギ三一ヘイ義勇兵→ 14a キューヘン急変→ 8 キューポ急募→ 7 ギューホ牛歩→ 7 174 キ・ユーこン・ キューマ / キューマイ キューポン キューホン キューボラ キューポー キューホー キューホー キューこン , キュ = ン窮民→ 8 休眠 , 救民→ 8 九万→ 31 九枚→ 34 旧盆→ 8 九本→ 34 cupola ー〉 9 窮乏→ 8 臼砲→ 8 急報 , 旧法→ 8 は次が下がる符号→は法則番号参照 ( 糺 ) 明 , 窮命→ 8 キューメイ , ( 新はキューメイ ) 究明 , 糾 キューメイ . 救命 , 旧名→ 8 キューム急務→ 7

2. グラフィックアクション 第23号

モケイのペ ドイツの 6 号重戦車タ イガー II 型。キング・ タイガ - と呼はれた重 装甲の , そして幅広い キャタビラーを備えた 戦車てある。威力のあ る 8.8cm 砲を搭載し , 劣 勢になったドイツ軍の 戦局の挽回を計るべく 時すてにおそかった。 プラスチック・モテル は 1 / 35 スケールて、 , 田 宀オ莫刑」から発冗。 ドイツ軍の 7.5 cm 対戦 車砲 Pak400 3.7cm 対戦 車砲 , 5 cm 対戦車砲と 発展してきたドイツの 対戦車砲も , 強力な敵 戦車の出現に対応して 1941 年に 7.5cm 対戦車 砲が開発され , 大戦全 期を通してイ吏用された。 この 1 / 35 スケールのプ ラスチック・モテルが , 田宮模型から発売にな っている。 第 1 号「史上最大のクルスク戦」 噐グラフィック・第ニ次大戦・アクション バックナンバー 第 2 号「北アフリカのロンメル」 第 3 号「モスクワ侵攻台風作戦」 第 4 号「パトル・オプ・プリテン」 第 5 号「モントゴメリーの登場」 物リアで 第 7 号「モンテカッシノの戦い」 第 8 号「最後の決闘パルジ作戦」 第 9 号「北アフリカに連合国軍」 X 第 10 号「大西洋の u ポート作戦」 第 11 号「ノルマンジー上陸作戦」 第 12 号「ヒトラーとスターリングラード」 第 13 号「壮烈 / ベルリン攻防戦」 △第 14 号「ヒトラーと第 3 帝国の興亡上」 第 15 号「ナチス・ドイツ海軍の最期」 第 1 6 号「ドイツ・ V ロケットと秘密兵器」 △第 1 7 号「ヒトラーと第 3 帝国の興亡下」 第 18 号「ドイツ軍 / イタリアで敗走」 匚第 19 号「ドイツの電撃作戦ーパリ陥落」 第 20 号「、、砂漢の狐″ロンメル」 ロ第 21 号「ナチ最後の砦ライン川突破作戦」 ロ第 22 号「激闘 / 東部戦線の情景」 ☆各 B 5 判定価〇印 430 円 x 印 500 円△印 550 円ロ印 450 円 増艷′東尠驫の , を、発、 : 1 第社第ドを , 610 月号 22 物乍 ~ ー師 ATT NS * 送料は 1 冊 160 円 , 2 ~ 3 冊 28 円 , 4 ~ 5 冊 240 円 , 6 ~ 7 冊 280 円。 イ三 1 嘩良第 -1 : て当え - 株式会社文林堂 一田千代田区神田神保町ト 55 100

3. 植民地残酷物語 : 白人優越意識を解き明かす

ボスを手なずけてしまえば、勝手放題の政治を行うことはたやすかった。一九世紀を通じて、 中南米の政変とはカウディーヨの政権を別のカウディーヨが私兵を使って転覆させて乗っ取る ことを意味した。これが革命と称される茶番の実態だったのである。 一九世紀前半の典型的なカウディ 1 ョは、アルゼンチンのマヌエル・デ・ロサスであった。 彼はまずプエノスアイレスを押さえ、地方のカウディーヨを手なずけて盟約を結び、反抗者は 残忍なやり方で徹底的に弾圧し、最終的にはアルゼンチンの独裁者となって一八五二年まで君 臨した。 その過程で、彼は白人植民者の進出を後押しするために現地人の狩猟民を「掃討」する作戦 を指揮し、原住民の命などには全く価値を認めず、手当たり次第に虐殺するのが常であった。 一八三三年の作戦では六千人の原住民を殺した。たまたまビーグル号に乗ってパタゴニア沖 を航海していた若き日のチャ 1 ルズ・ダ 1 ウインは、上陸した時にロサスの「掃討」の有様を 目撃し、「こんなならず者の盗賊同然の軍隊は前代未聞である」と驚いている。 発端はクリオ 1 ョの運動として発足しながらも、次第に社会下層のインディオ農民やメス テイソを吸収して、本国生まれであろうとクリオーヨであるとを問わず、すべての白人を敵と 1 1 8

4. グラフィックアクション 第25号

考えるホピー 君の作戦か 歴史の運命を変える ? ! コンフリクゲーム •THE FALL OF TOBRUK ■ VERDUN •KASSERIN PASS ( 各 ) ■ BARLEB(Arad lsaeli) Y 5200 ① 600 ハウスゲー乙 ・ GAME OF NATIONS (A political Strategy Game) •CANPAIGN (NapoIeonic MiIitay & PoIiticaI Strategy) ■ 4000 A D ()n lntersteller confict Game ) ー - ーー ( 各 ) Y8100 ⑦ 600 •GEN. DOUGLAS MACARTHUR-Campaigns •GEN. GEORGE S. PATTON Mair BattIes & Campaigns •KURSK 円 TFIRE 5 円シュミレーションゲーム •FOXBAT & PHANTOM ■ BARBAROSSA •DREADNOGHT ENATO •GLOBAL WAR .WORLD WAR Ⅲ .SIXTHFLEET ■ TANK EREMAGEN •WOLF PACK EPATROL •SNIPER •SOLOMONS CAMPAIGN 従来より大好評のアバロンヒル、 SPI シ 特報 ュミレーション社のゲームに加え、新た にコンフリクトおよび、ハウスゲームもラインナッ プに加わりました 上記の他、 S P ー社シュミレーションゲームは、あらゆる種類 の戦いをゲーム化しています。詳しくは『 sp ーシュミレーション・ウ オーゲームのカタログ ( 日本文 ) 』をごらん下さい ( ①とも Y400 ) ・世界のホビを ・ビースコン代理店 提供するホビーセンターえんとう・岩田塗装機代理店 / 卸小売 東京都渋谷区笹塚 1 ー 59 ー 8 /TEL ( 03 ) 376 ー 4058 ① 144 京都大田区蒲田 4 ー 15 ー 4 / TEL ( 03 ) 731 ー 6931 編集だより ・グラフィック・第 二次大戦・アクショ ン誌第 25 号「激戦′アフリカ戦線の情景」を刊 行しました。よろしく。 ・北アフリカ戦線関係の本誌も 5 冊をかぞえる に至りました。ロンメル将軍の魅力もさること ながら , その指揮下にあって , 困難にうちかっ て勇猛な戦いを続けたドイツ・アフリカ軍団の 姿を , 痛ましい姿も含めて写真と記事でまとめ てみました。既刊号共々 , 大戦回顧の一助にな れば幸いに存します。 ・弊社では , いつでも読者のご要望に応しられ る様に , 本誌 ーを全部在庫し 、、のノヾック・ナンノヾ ております。初めて読者になられた方で , 既刊 の本誌を購読ご希望の方は , 本号 100 頁の広告 をご覧の上 , 当社までお申し込み下さい。 グラフィック 4 月号通巻 ( 第 25 号 ) 第ニ次大戦ア、ノョン 発 行所 株式会社文林堂 昭和 52 年 3 月 25 日印刷 昭和 52 年 4 月 5 日発行 ⑩ 101 東京都千代田区神田神保町 1 の 55 ◎ 1977 〔禁無断転載〕 定価 450 円送料 16 ( ) 円 東京 03 ( 291 ) 9 3 3 7 番 話 編集人伊辺栄三 発行人戸田万之助 印 刷所 株式会社日本アド アフリカの星 岩崎豊 「アフリカの星」として有名なドイツ空軍のェ ース , H ・ J ・マルセイユを殺したのは敵機では なく , 彼の愛機メッサーシュミット Bf109 で , そ れは 3 分間のできごとであった。 1942 年 9 月 30 日午前 11 時 35 分 , カイロ地区か ら民る途中の , ェル・アラメインから 3 分手前 の上空 1 , 5()()m でそれは起こった 「キャビンに煙だ」と僚機に無線電話で連絡し た彼は , 続いて「見えないんだ」と叫んだ。僚機 は彼の機のまわりに編隊を組み , 無電で誘導す るか、 , 彼からは「何も見えない」の声が入るばか りであった だめー一一だ」。そして「脱出する」と の連絡の後 , 背面飛行に入った彼はやっと離脱 に成功したかに見えたが , 尾翼にぶつかり , そ のまま落下して行った。 158 機撃墜のエース , 「アフリカの星」の最期であった。 ⅢⅢⅢⅡⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅡⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅡⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅡⅢⅢⅢⅢⅢ聞ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅡⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅡⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅡⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ 1 02

5. グラフィックアクション 第1号

当 : ツ 1 0 クルスク郊外でソ連軍は反撃に転じ , ドイツ軍の拠点を占領した。 7 月 12 日 , 西部方面軍とプリャンス に転じた。 における大会戦の一つ一一一でのソ連軍の勝利は , ク方面軍の左翼部隊 , 7 月 16 日にはポロネジ方 前線と銃後の大勢の英雄の , 毎日の献身的行為 面軍が攻撃に移った。 によって達成されたのである。ソ連軍の将兵と 敵の防衛線は相次いで突破され , 8 月 5 日 , すべてのソ連国民の力は , 全社会の未曽有の精 ソ連軍はベルゴロドとオリョールを解放した。 神的・政治的統一と , 国内の民族の友好 , そし この日 , わが祖国の首都モスクワでは , 勝利を て国民と軍の固いきずなを作り出した社会主義 記念して独・ソ戦史上初めて祝砲が打ち上げら の物質力と , 前線に必要な物すべてを確保した れた。 8 月 23 日 , ソ連軍はハリコフも解放した。 国の巨大な経済力によって強化された。 ドイツ軍はクルスク会戦で大損害を受けた。 もちろん , 偉大なレーニンによって鍛えられ クルスク会戦には最終的に ドイツ軍の 7 固師 た共産党が , 国民の先頭に立って進んだことが 団 ( 全師団の 1 / 3 ) が参加したが , そのうちの 30 前線と銃後の英雄の力と無敵さを高めた。党は ドイツ軍を粉砕するため , あらゆる努力をはら 個師団が粉砕された。 50 日間の戦闘でドイツ軍 った。国民は党の努力を知り , それを支持し , は , 150 万人以上の将兵を失ったのである。ドイ 党が示した道を堅実に進んだ。そして敵は粋砕 ツはもうこの大損害をうめることはできなかっ (APN) た。これで力関係はソ連軍に有利となり , 戦略 されたのである。 の主導権をにぎった。 クルスク会戦において 10 万人以上の将兵が勲 A ・ワシレフスキー元帥は 1895 年生まれ , 章やメタ、、ルを受け , 18 万人以上がソ連英雄の称 第 2 次大戦中はソ連軍参謀総長 , 戦後 , 国 号を受けた。クルスク会戦ーーー第 2 次世界大戦 防相 , ソ連英雄 2 回 66

6. 植民地残酷物語 : 白人優越意識を解き明かす

そこで彼はスパルタ傘下のポリス群がスパルタから離反し、「ペロポネソス同盟」が瓦解す ることを狙って、「民主政体を樹立するならば、アテネは援助を惜しまないーとの方針を打ち 出した。そればかりか、スパルタ国内の被支配階級である「ヘロット」と呼ばれる農業奴隷た ちにも、民主政体下での自由を説いて働きかけ、彼らを暴動に立ち上がらせようとした。 さらに彼は、こうした政策を強力に押し進めるには、お膝元のアテネでの権力を磐石にして おく必要を感じ、そのためにアテネの「第四階級 , に属する市民を優遇して、彼らの人気を得 ようとした。アテネでは資産の多寡により全市民を四階級に分け、市民としての権利義務に差 異が設けられていた。無産とされた「第四階級」の市民は選挙権は有していたが、被選挙権は 与えられず、兵役の義務が課せられていたのである。この階層は財力はなくとも、ベルシャ戦 役では海軍兵士としての活躍目覚しく、勝利によって意気軒昂であり、誰よりも指揮官であっ たテミストクレスを尊敬していた。そこで彼はこの連中を味方につければ、自分の権力は揺る ぎないものになると読んだのである。 ところが、テミストクレスのこうした画策はアテネの穏健な保守派に危惧を与えた。彼らは 自分たちの階層の利益が損なわれることを怖れたのである。そこで穏健保守派はテミストクレ スに対して、「ベルシャという大敵を忘れ、同じギリシャの友人同士であるスパルタを敵視す 360

7. 植民地残酷物語 : 白人優越意識を解き明かす

ー第六章ー植民地主義的発想の再浮上 さらに、この翌年にもベルシャの遠征軍は雪辱戦を挑みにやってきたが、再びギリシャ側は これを押し返し、こうして自信をつけたギリシャ軍は、同年こんどは逆にギリシャ側が攻勢に 出てエ 1 ゲ海を東に向かい、 小アジアに攻め込んで勝利に輝いた。こうしてベルシャ戦役は紀 元前四七八年をもって終わったのである。 大敵ベルシャを破って、ギリシャに勝利をもたらしたテミストクレスの人気は絶大で、彼に はギリシャ全土の人たちから信望が寄せられた。 しかし大敵ベルシャの脅威から解き放たれると、やがて全ギリシャの都市国家が打って一丸 となっていた都市国家の連合体には亀裂が生じはじめた。アテネを中心とした「デロス同盟ー とスパルタを中心とする「ペロポネソス同盟」への分裂である。そして紀元前四三一年には「ペ ロポネソス戦争ーが火を噴くこととなるが、それまでの四七年間はいわば冷戦状態の睨み合い が続いたのである。アテネ中心の民主派勢力と、スパルタ中心の強権的国家主導派勢力との対 立である。まさに第二次世界大戦後の米ソ両陣営が対峙する冷戦構造と似ている。 こうした状況の中、、時代の寵児テミストクレスは、もはや敵はベルシャではなく、い ずれ はスパルタとの対決が避け難いと考え、アテネの覇権をギリシャ全土に及ほそうと意気込んだ。 359

8. 植民地残酷物語 : 白人優越意識を解き明かす

日本の軍隊でも「馬鹿な大将、敵より怖いと言われ、中には部下のことよりはわが身のこ としか考えない上官がいたかも知れないが、一般的には、日本軍では指揮官が配下の兵士に思 いをかけ、部隊が一体となって行動するのが常であった。指揮官が率先して敵陣に突っこみ、 戦死した例は数えきれない しかしインド兵を指揮するイギリスの上官は、部隊の一体性など望むべくもなく、如何にして インド兵に逃げられないようにするか、反逆兵が上官殺しに走らないようにするか、が最大の関 心事であった。どだい有色人種のインド兵などは、消耗品としか見られていなかったのである。 「日本軍が上陸したコタバル ( マレー半島のタイ国境に近い北部海岸 ) 付近の村民で、そ のころ十代の少年だったハジ・オスマンさんは、海岸に構築された英軍のトーチカ ( 小 ほる 堡塁 ) に、インド兵が鉄鎖で繋がれ、戦死するまで戦うことを強制されているのを目撃し 英植民地のマレーに配置された英軍の大半は、やはり英植民地のインドで編成された。 インド第一一、第九師団のインド兵で、これを、僅かな数のイギリス将校や下士官が指揮 した。 220

9. グラフィックアクション 第1号

クルスク戦区におけるドイツ軍捕慮たち。 敵の打撃集団は 7 月 11 日までに , プロホロフカ 地区に楔を打ち込むことに成功した ーでソ 連の予備軍の中から編成された P ・ロトミスト ロフ将軍 ( 現在 , 装甲戦車兵元帥 ) の第 5 親衛 戦車軍と , A ・ジャドフ将軍の第 5 親衛軍の編 合部隊に出会った。 プロホロフカ地区への編合部隊の進出と戦闘 参加によって , この地区での迎撃戦が展開され , このそう広くない地域で , 約 1 , 200 両の戦車と自 走砲 , 多数の兵士と大砲が相打った。敵は大損 害を受けた。わすか 1 日の戦闘で 350 両の戦車と 大量の火砲を失った。まさにこのプロホロフカ 地区でドイツ戦車部隊の背骨がヘし折られたの だ。地上でも空中でも激戦が展開された。つい に敵は , われわれの防衛線を突破することがで きなかったのである。 7 月 12 日はドイツ軍の主力の最後の攻撃日で あった。疫れ果て , 生気を失ったドイツ軍は , 最初クルスク突出部の北で , 続いて南でも守勢 に移らざるをえなかった。このようにして誇大 に宣伝されたドイツ軍の夏季攻勢も , 作戦の 8 日目にして失敗し , ツイタデレ作戦は終ったの である。 防御戦闘はクルスク会戦の番 1 段階にすぎな ソ連軍は強力な予備軍を配備し , 攻勢 かった。 ーを本を 族の兵士が , 肩をならべて憎むべき敵と戦った。 あらゆる兵科の将兵が , 勇敢さの手本を示した のである。 戦車小隊長 G ・べサラボフ中尉は T34 戦車に 乗り , わすか 1 日で 3 両のティーゲルを撃破し た。親衛戦車中隊の Yu ・ソコロフ中尉 ( 19 オの コムンモール・オルグ ) は , ティーゲル 1 両と 4 号戦車 1 両を撃破した。 ソコロフの友人であ る V ・シャラジン中尉は , ティーゲル 2 両と中 型戦車 2 両を撃破した。 戦闘機のパイロット A ・ゴロべッ ( ベルロ シアの農民の息子 ) はすばらしい偉功をたてた。 ゴロべツは単機で敵の数機と戦ったのである。 この空中戦でゴロべツは , 敵を 9 機撃墜した。 ゴロべツは基地に戻る途中 , 突然敵の戦闘機 4 機から攻撃を受け , そしてゴロべッ機は撃墜さ れたのだった このようにして 1 回の戦闘で , 敵機 9 機を撃 墜した世界で唯一の人物 , ゴロべツは戦死した。 ソ連最高会議幹部会令によってゴロべツに ソ 連英雄の称号がおくられた。すべての連隊 , 師 団が自己犠牲の精神を発揮して勇躍戦闘に活躍 したのである。 ヒトラー軍司令部は損害を計算せす , 新しい 予備軍を戦闘に投入して兵士に前進を要求した。

10. 植民地残酷物語 : 白人優越意識を解き明かす

ー第六章ー植民地主義的発想の再浮上 されておらず、ダブル・スタンダードも甚だしい。 中国は今後も、内には漢民族のナショナリズムを煽り、外には敵をつくって不満に満ちた国 民の目をそらし、その一番のターゲットとして日本をやり玉に挙げるという政策を続けるであ ろうが、果たしてこのような行き方が何時まで続くのか、注視していく必要がある。 379