検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第44号

人民の敵 第44号から 45件ヒットしました。

人民の敵 第44号


人 民 の 敵 第 44 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 6 ) 今 号 の 内 容 2018 年 5 月 1 日 02

人民の敵 第44号


人 民 の 敵 第 44 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 6 ) 今 号 の 内 容 2018 年 5 月 1 日 02

人民の敵 第44号


人 民 の 敵 第 44 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1 OOO 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 6 ) 今 号 の 内 容 2018 年 5 月 1 日 02

人民の敵 第44号


「 。 係 で あ っ た ほ う が い い し 、 自 分 た ち が そ の " か す が い 。 パ ン フ が 頻 繁 に 出 て は い る 。 山 本 の み な ら ず 、 佐 藤 や 鹿 に な ろ う っ て 思 っ た 」 の だ と い う 。 さ ら に は 、 馬 の 骨 の 島 の 寄 稿 も 多 い 。 活 動 を 通 じ て 「 " 予 定 調 和 を 壊 す 気 ″ 秩 序 を 壊 す 。 と 云 特 筆 す べ き は 、 八 月 六 日 の 発 行 と あ る 「 号 外 」 、 「 広 い な が ら 、 ど ん ど ん ア ナ ー キ ー な ほ う へ 流 れ て き た ん で 、 島 平 和 コ ン サ ー ト 」 ( の 、 お そ ら く は 東 京 イ ベ ン ト ) 会 場 前 で 第 そ ろ そ ろ ″ ボ ル シ ェ ビ キ と 会 い た い と い う か ( 笑 ) ) ア 配 布 さ れ た と い う パ ン フ 「 平 和 が い い に 決 ま っ て る の 「 開 か れ た 室 」 に せ よ ! ナ ポ ル 同 志 会 。 を 作 れ ば 何 か 新 し い 展 開 も 起 き る ん じ や か 」 だ ろ う 。 「 教 師 の ヘ イ ワ よ り 俺 た ち の 戦 争 を ! 」 い に う ツ 、 な ど ・ ま 第 な 第 は で を な い 物 み は 。 第 第 心 な ら を れ こ を 当 小 れ た 富 イ ′ も 第 で で 第 / 〆 よ 物 を る ト ー 第 、 第 な い か っ て 期 待 も し た 」 と い う こ と も あ る ら し い 。 野 崎 と 副 題 さ れ て い る 。 前 節 で 述 べ た と お り 、 「 平 和 が い い に 第 紀 ま 第 第 第 を と 、 民 を を 第 廴 よ ケ と す た ー を を が わ “ ・ て ~ ! 、 : 0 。 を な た い を 電 第 る こ 災 で を な い ~ を 製 を の 代 」 民 の に は 頑 固 な マ ル ク ス 主 義 者 で あ り 、 「 パ キ パ キ 通 信 」 創 刊 に 決 ま っ て る ! 」 は 同 コ ン サ ー ト の メ イ ン ・ ス ロ ー ガ ン 号 に 掲 載 さ れ た 情 報 に よ れ ば 、 九 0 年 七 月 時 点 で も 、 マ で あ る 。 ひ ろ ま つ わ た る ル ク ス 『 賃 労 働 と 資 本 」 、 廣 松 渉 「 今 こ そ マ ル ク ス を 読 執 筆 陣 は 、 佐 藤 、 爆 裂 ト シ コ ( も し か し た ら 前 期 ・ 秋 の 嵐 み 返 す 』 、 ヴ ィ ル ヘ ル ム ・ ラ イ ヒ 「 階 級 意 識 と は 何 か 』 に も 参 加 し て い た の か も し れ な い が 、 少 な く と も 八 九 年 九 月 発 行 の の 学 習 会 を 数 日 お き に 、 地 道 に 真 面 目 に や っ て い る よ う 「 黄 砂 」 第 三 号 の 時 点 で す で に 寄 稿 者 と し て 名 前 が 登 場 し て い る ) 、 そ し て 鹿 島 で あ る 。 記 事 は 六 本 だ が 、 佐 藤 と 爆 裂 の そ れ 天 皂 制 へ の 反 感 を た た か い に ! だ が 、 「 渋 谷 君 と 議 論 し て て も 消 耗 し ち ゃ う ん だ 。 何 そ れ 一 本 以 外 の 四 本 は 、 内 容 や 文 体 ・ 筆 跡 か ら 、 「 鹿 島 の 養 ・ ま 第 報 に た い す る を 第 は 実 に な を ル を “ を れ 社 ~ ・ 第 0 第 講 い . ~ と い ? た あ て 務 鯊 中 に 彎 レ 人 り 、 な を か 根 本 的 な と こ ろ で ″ 趣 味 が 違 う 〃 と い う か 、 や つ ば り " ア 拾 市 」 名 義 で な い 記 事 も す べ て 鹿 島 の 手 に な る も の で あ ( ら ら に 引 を リ 物 こ と は を 4 だ 第 ま 力 の も ~ に 家 を 第 せ ナ ポ ル 同 盟 。 は 無 理 な の か な あ と 思 い 始 め 」 て 、 鹿 島 は る 可 能 性 が 高 く 、 こ の 時 期 は 「 あ ん ま り 動 い て な 」 か っ て は な ら な い 第 式 ・ ・ 。 大 ー 粉 砂 を ~ 第 タ 衰 々 の 第 、 電 第 を に 化 、 し 、 な ろ 、 ま 轟 局 物 ま で な た い 被 こ ! 野 崎 グ ル ー プ を 離 れ る 。 「 8 月 、 9 月 の あ た り は オ レ は た と い う 鹿 島 の 回 想 は 、 単 に イ ン タ ビ ュ ー 時 の 記 憶 の 欠 あ ん ま り 動 い て な い 。 太 田 君 の 救 援 で 疲 れ ち ゃ っ た の も 落 で あ る と 思 わ れ る 。 ら し い 。 集 会 は 八 九 年 十 月 九 日 に お こ な わ れ て い る 。 あ る し 、 し か も な か な か 新 し い 展 望 も 見 え て こ な い し さ 」 九 月 ニ 十 三 日 の 発 行 と あ る 「 W>< 」 に 、 八 月 六 日 の 闘 や が て こ の 九 〇 年 夏 頃 ま で に は 、 新 宿 七 丁 目 の マ ン と い う 状 態 と な る が 、 逆 に 、 八 月 三 日 に 執 行 猶 予 つ き 判 争 を レ ポ ー ト し た 、 や は り 鹿 島 の 手 に な る と 思 し い 「 大 シ ョ ン の 一 室 に 拠 点 「 粉 砕 社 」 を 構 え 、 七 月 に 機 関 紙 「 バ 決 で 釈 放 さ れ た 太 田 は 、 再 び 赤 井 の ア パ ー ト に 転 が り 込 向 隆 」 名 義 の 「 平 和 が い い と 決 め ら れ て い た ! 」 が 掲 載 キ パ キ 通 信 」 を 創 刊 す る に 至 る 。 鹿 島 の 他 、 山 本 や 佐 藤 み 、 赤 井 と 共 に 秋 の 嵐 の 活 動 に 合 流 し て い く 。 山 本 や 黒 さ れ て い る 。 「 こ の 行 動 を 決 定 し た の は 、 び あ 、 で 見 た こ の イ ベ ン ト も 粉 砕 社 に 出 入 り し 、 「 パ キ パ キ 通 信 』 に 寄 稿 す る よ う 岩 も 同 様 で あ る 。 に な っ て い た よ う だ 。 少 な く と も 鹿 島 と 山 本 は 示 し 合 わ の 広 告 か ら で あ っ た 。 「 私 達 は 、 日 常 生 活 の 忙 し さ の 余 り 、 せ て 春 頃 か ら 出 入 り す る よ う に な っ て お り 、 「 1 ・ 8 、 1 ・ も っ と も 、 ち ょ う ど こ の 時 期 、 山 本 夜 羽 は 自 身 の ミ 一 一 全 て が 平 和 の 上 に 成 り 立 っ て い る こ と を 忘 れ て し ま い が み た い な " 学 外 ノ ン セ ク ト 帳 " 学 生 で は な い 若 い ノ ン コ ミ 『 ア ナ ル コ ミ ク ス 」 の 創 刊 準 備 に 追 わ れ て も い る よ ち で す 。 云 々 」 。 こ ん な 文 章 を 見 せ ら れ て 腹 の 立 た な い 者 は あ る ま い 。 全 て が ・ 平 和 の 上 に ・ 成 り 立 っ て る こ セ ク ト の 運 動 を 経 験 し た 部 分 が 分 裂 し て い る 状 態 は 良 う で あ る 。 創 刊 号 は 八 月 十 九 日 の 発 行 が 予 定 さ れ て お り 、 く な い 気 が し て 、 別 個 に 存 在 し て る こ と 自 体 は い い ん だ 実 際 に 出 た の か ど う か 不 明 だ が 、 七 月 か ら 九 月 に か け て れ で は 究 極 の 現 状 肯 定 で は な い か リ 我 々 は 現 状 に 大 い け ど 、 相 互 に 連 絡 の 回 路 が あ っ て 、 刺 激 し 合 う よ う な 関 「 創 刊 準 備 号 」 や 「 号 外 」 や 「 W>< 」 な ど と 付 記 さ れ た に 不 満 な の だ 。 そ し て こ の 文 章 の 背 後 に あ る 思 想 、 「 な ん 民 衆 ー 畠 則 位 を 祝 0 た か ? 第 」 の ま 0 な 0 た 。 し か , 第 ( ~ で は 0 も の は 関 《 な 一 、 多 く は ド や チ 一 0 に 劵 す だ ' た 0 で は な い だ ろ う か 。 う い 3 た 意 で 、 「 0 あ ー 0 ま 、 ま ~ も 0 ・ 、 み 0 を し 《 ~ カ ・ 義 は ま 0 ~ - に 達 成 さ れ な か 。 な , 天 籤 を 支 え て い 、 、 の 一 0 民 を 第 身 の で は な カ 、 に い う こ と 第 ら か ぐ め る 。 ( 豊 ー 学 生 )

人民の敵 第44号


る 、 権 力 と の 緊 張 関 係 の 中 で い ろ ん な 政 治 的 判 断 を 部 分 の 役 割 分 担 が 固 定 し た こ と な ど に よ っ て ル ー テ ィ ン に は そ れ が 確 定 し て い る 。 み っ た け し し な け れ ば な ら な い 場 合 は あ る と し て も 、 そ の 方 釗 化 し 、 見 津 毅 の 言 う 前 期 ・ 秋 の 嵐 の 「 第 ニ 期 」 と 「 第 三 ( 藤 井 高 広 ) さ ん の 事 件 、 自 民 党 本 部 へ の 火 焔 攻 撃 を 当 該 の 人 に 押 し つ け る べ き で は な い は ず だ 、 と 当 期 」 と の 間 の 「 空 白 」 と な る 、 八 八 年 五 月 か ら 九 月 に か 時 の 私 は 思 っ た し 、 今 で も そ う 思 っ て る よ 。 だ か ら ″ 自 の 実 行 犯 ( 共 謀 共 同 正 犯 ) と し て 、 フ レ ー ム ア ッ プ ( で つ け て の 約 五 ヶ 月 間 、 そ し て ″ >< デ ー 状 況 下 で の 熾 烈 な 己 批 判 書 ~ を 読 ん で 、 こ ん な も の 嘘 じ ゃ ん 、 と 思 っ た 。 ち と げ ) で 逮 捕 さ れ て る わ け だ け ど 、 奥 さ ん が 執 拗 に 弾 圧 と 、 そ れ に つ け 込 ん だ 中 核 派 の 引 き 回 し に よ っ て 前 期 ・ 秋 の 嵐 が 事 実 上 解 体 し て し ま っ て か ら 、 太 田 リ ョ ウ 警 察 か ら 嫌 が ら せ を 受 け て て 、 身 体 ガ サ と 自 宅 ガ サ 嘘 を つ い て き て 、 嘘 が バ レ ち ゃ っ た か ら 「 ゴ メ ン ナ サ イ 」 「 間 題 を よ く 理 解 で き て い ま せ ん で し た 」 っ て の 登 場 に よ っ て 幸 渕 ・ 山 本 ・ 鹿 島 ら が 企 画 し た デ モ に 予 と 職 場 ガ サ 、 毎 週 ど れ か 1 つ や ら れ る ? つ い に は い う 、 何 を 今 さ ら ト ボ ケ て る ん だ っ て 話 だ 。 腹 が 立 っ 想 外 の 盛 り 上 が り が も た ら さ れ る 四 月 ニ 日 ま で の 約 ニ ケ 性 的 拷 間 に 近 い こ と ま で さ れ て 、 男 の オ マ ワ リ が い っ 月 間 に 続 い て 、 秋 の 嵐 ・ 馬 の 骨 の 界 隈 の 三 度 目 の 停 滞 期 ば い 見 て る 前 で 素 っ 裸 に さ れ て 、 股 を 広 げ さ せ ら れ て 、 こ れ は き ち ん と ケ ジ メ を つ け る べ き だ と 考 え た ん だ 。 た り 、 ヒ ド い ん だ よ 。 そ れ に つ い て さ ん が 警 察 を が 、 九 〇 年 に 入 る 前 後 か ら 始 ま る 。 ″ 自 己 批 判 ん と い っ て も 、 党 自 身 に と っ て の 意 味 い 発 し て 裁 判 に す る っ て 云 い 出 し た ん だ け ど 、 さ と は 別 に 、 個 々 の 党 員 に と っ て の 意 味 が あ る で し よ 。 ん の 事 件 そ の も の が 無 罪 判 決 を 勝 ち 取 れ そ う な 展 開 党 が お こ な っ た 自 己 批 判 を 、 自 分 は 党 員 と し て ど う に な っ て き て た し 、 ヘ タ な 闘 い 方 を す る と せ つ か く 受 け 止 め て 、 そ の こ と を 党 外 の 人 た ち に ど う 示 す か っ 有 利 に 進 ん で る 本 件 の 方 に 影 響 し か ね な い か ら っ て 、 だ が こ の 停 滞 を 約 三 ヶ 月 後 、 突 如 と し て 打 ち 破 っ て し て い う 。 止 確 に は オ レ は " 党 員 み に は し て も ら え な か っ ″ 党 に 一 任 し て く れ ″ っ て こ と で 諦 め さ せ た ん だ よ ね ま う の も ま た 、 太 田 リ ョ ウ な の で あ る 。 た し 、 そ の 頃 は も う ク 党 員 ″ に し て も ら え る か ど う だ け ど 警 察 の そ う い う や り 方 を 実 質 的 に 不 間 に 付 " ミ イ ラ 化 ″ を 急 激 に 進 行 さ せ つ つ も 、 こ の 時 期 、 太 か も だ い ぶ ど う で も よ く な っ て た け ど 、 そ れ で も 党 田 は む ろ ん 引 き 続 き 中 核 派 の 活 動 家 で あ る 。 が 、 八 九 年 す よ う で は 、 じ ゃ あ 党 が 今 ま で 云 っ て き た ″ 女 性 差 十 一 月 、 「 党 内 闘 争 宣 言 」 と 題 し た ビ ラ を 出 し て 、 指 導 別 を 云 々 ~ っ て の は 何 だ っ た ん だ 、 っ て こ と に な る 外 の 人 た ち は オ レ の こ と も 党 員 だ と 思 っ て る し 、 だ っ た ら オ レ も 党 員 と し て 闘 っ て も ) 部 を 公 然 と 批 判 す る 活 動 に 身 を 投 じ て も い た 。 き っ か け で し よ 。 奥 さ ん も キ レ ち ゃ っ て さ 、 ち ょ う ど 女 の 被 員 と し て の 正 し い ケ ジ メ の つ け 方 を オ レ が 見 せ て や 疑 者 に 対 す る 留 置 場 で の セ ク ハ ラ に つ い て 問 題 に し は 、 そ の さ ら に 数 ヶ 月 前 に 起 き た と い う 、 中 核 派 活 動 家 ・ ろ う じ ゃ な い か っ て 、 「 党 内 闘 争 宣 言 」 っ て ビ ラ を 書 藤 井 世 都 子 に 対 す る 警 察 の 悪 質 極 ま り な い 身 体 捜 索 事 件 て た / ン セ ク ト の 女 性 グ ル ー プ が あ っ た か ら 、 ー 人 よ J っ こ 0 い た ん だ よ 。 で 勝 手 に そ の 集 会 に 参 加 し ち ゃ っ た ん だ よ 。 そ れ を ( 略 ) 藤 井 世 都 子 の 夫 ・ 高 広 も 中 核 派 活 動 家 で 、 八 0 年 代 半 や ら れ ち ゃ っ た ら 党 と し て も ど う し よ う も な い じ ゃ も ち ろ ん 「 党 内 闘 争 宣 言 」 の 文 面 は 、 党 中 央 を ク ん 。 前 進 」 に 党 と し て 自 己 批 判 書 を 掲 載 し た の 。 ″ 全 ば の 同 派 の 激 し い テ ロ ・ ゲ リ ラ 路 線 を 象 徴 す る 一 つ で ソ ミ ソ に け な す だ け で は 、 オ レ は 敵 に 回 る っ て こ と 国 全 人 民 の 前 に 自 己 批 判 し ま す 々 っ て 。 あ る 八 四 年 九 月 十 九 日 の 自 民 党 本 部 放 火 事 件 ( 火 炎 放 射 器 に し か な ら な い か ら 、 ち ゃ ん と フ ォ ロ ー を 人 れ た を 積 ん だ ト ラ ッ ク で 乗 り つ け 、 三 階 か ら 七 階 ま で 計 約 五 ニ 0 平 米 を あ ん ま り じ ゃ ん っ 何 ヶ 月 も 問 題 を も み 消 そ う と し 焼 失 さ せ た ) に 絡 み 、 実 行 犯 の 逃 走 を 助 け た と し て 逮 捕 て き て 、 奥 さ ん が 勝 手 に 決 起 し て 、 そ し た ら 急 に 坊 徹 底 的 に け な し た 上 で 、 な ん で 闘 わ な い ん だ 、 な ん 懺 悔 っ て い う さ 。 い か に も 、 だ よ 。 女 性 解 放 闘 争 で 怒 ら な い ん だ 、 怒 っ て る の は 誰 な ん だ 、 オ レ は 中 9 起 訴 さ れ て い た 。 の ち 九 一 年 六 月 、 東 京 地 裁 は 検 察 側 の 核 派 が 怒 っ て 闘 う べ き だ と 思 っ て る ん だ 、 と い う 書 立 証 が 不 十 分 で あ る と し て 無 罪 判 決 を 言 い 渡 し 、 最 終 的 に つ い て は 闘 い た い と い う 女 性 の 意 思 を 極 力 尊 重 す

人民の敵 第44号


た ん だ よ ね 。 「 そ こ に 日 本 の ″ 天 皇 制 み の 本 質 も 表 れ そ し て も う 一 人 が 、 太 田 リ ョ ウ だ っ た 。 太 田 は 当 時 、 の こ と も 知 っ て る か も 、 っ て ( 笑 ) 」 、 太 田 は 内 心 ワ ク ワ ク し て い た よ う だ 。 言 う ま で も な く 、 中 核 派 に は そ ん な て る 」 み た い な こ と も 云 っ た の か な 。 だ け ど と に か 小 西 事 務 所 の 居 候 で も あ っ た 。 「 東 京 に は " 広 場 が な い 」 っ て 指 摘 が 印 象 的 で 、 太 田 の 側 か ら の 証 言 ( 「 人 民 の 敵 』 第 2 号 に 掲 載 し た 、 外 山 話 題 を 共 有 で き る 仲 間 が い な か っ た 。 そ れ ど こ ろ か 、 赤 「 ぼ く ら は " 広 場 み を 奪 還 し な く ち ゃ い け な い 。 " 広 場 ~ 恒 一 に よ る 年 2 月 幻 日 の イ ン タ ビ ュ ー ) に よ れ ば 、 「 党 か ら 瀬 川 の 有 名 な " 千 円 札 裁 判 。 を ヒ ン ト に 、 「 中 核 派 の 会 を 作 っ て い く こ と が 、 我 々 の 運 動 の 本 質 だ 」 と い う の " 指 令 み と し て は 、 つ ま ん な い ノ ン セ ク ト ・ グ ル ー プ 議 で も 「 ニ セ 札 を 作 っ た ら ど う で す か 。 オ レ 、 何 で も や よ う な こ と を 云 っ た 。 な ん て 正 し い こ と を 云 う ん だ な ん か 引 っ か き 回 し て 、 ブ ッ 壊 し て 粉 砕 し て 、 活 き の い り ま す よ 」 と か 云 う ん だ け ど 、 み ん な 笑 っ て 取 り 合 わ な と 思 っ て 、 そ れ で オ レ も す っ か り 反 戦 自 衛 官 の フ ァ い 奴 を 2 、 3 人 こ っ ち に 連 れ て き て 、 法 大 の 坂 の 下 に へ い ん だ よ な ( 笑 ) 。 「 そ ん な プ チ ブ ル 的 な 』 っ て 云 わ れ て 、 ン に な る ん だ ( 笑 ) 。 ル メ ッ ト 被 せ て 棒 を 持 た せ て 立 た せ て や っ て 、 根 性 を 入 彼 の 云 う ″ プ チ プ ル み っ て ど う い う 文 脈 な ん だ ろ う 、 翻 ( イ ン タ ビ ュ ー ) れ 直 し て や れ 、 っ て い う も の だ っ た 」 と の こ と で 、 大 袈 訳 機 が 欲 し い と 思 っ た ( 笑 ) 」 、 「 そ ん な ふ う に 、 " 赤 瀬 川 裟 に ″ 面 白 く ″ 云 っ て は い る だ ろ う に し て も 、 内 容 的 に 原 平 が 理 解 さ れ な い ″ と か 、 そ の 他 ど う も 話 が 通 じ な い っ て こ と が あ る た び に 、 オ レ は こ い つ ら と は 違 う 、 と 自 分 後 述 す る よ う に 、 反 戦 自 衛 官 の ス ピ ー チ に イ ン ス パ イ は お お よ そ そ う い う 指 令 で は あ っ た ろ う 。 こ れ ま た 既 述 の と お り 、 す で に 六 月 頃 、 お そ ら く 反 戦 を い っ た ん 差 別 化 し て 洗 い 直 さ な い と 、 大 変 な こ と に な ア さ れ て 鹿 島 ら が 構 築 す る " 広 場 主 義 は 、 馬 の 骨 が い く つ か 掲 げ る こ と に な る 独 自 理 念 の 一 つ と も な る の だ 自 衛 官 を 呼 ぶ か ど う か 馬 の 骨 の 内 部 で 議 論 が 進 ん で い た り そ う だ と 思 い 始 め た わ け だ よ 」 と い う 状 態 に は す で に 時 期 の こ と な の だ ろ う 、 中 核 派 の 選 挙 運 動 イ ベ ン ト 会 場 陥 っ て い た ら し い 。 が 、 も ち ろ ん 中 核 派 を 甘 く 見 る も の で は な い 。 「 馬 の 骨 の 頃 」 に よ れ ば 、 「 実 は 反 戦 自 衛 官 の 小 西 さ ん に " 立 哨 。 と し て 駆 り 出 さ れ て い た 太 田 に 山 本 が 話 し か 太 田 と " ク リ ト 君 ~ が 馬 の 骨 の 会 議 に 登 場 し た の が い は や は り ぼ く ら を 中 核 派 に オ ル グ し よ う と 考 え て い た の け 、 太 田 は そ の こ と を す ぐ に 指 導 部 に 報 告 し て い る 。 自 つ の こ と な の か 、 鹿 島 の 証 言 か ら は は っ き り し な い の だ だ っ た 。 『 あ い つ ら 面 白 そ う だ か ら オ ル グ し て こ い よ 』 身 、 赤 瀬 川 原 平 の 大 フ ァ ン だ っ た 太 田 は 、 い か に も " 赤 が 、 太 田 は 「 年 の 、 も う 秋 ロ と か じ ゃ な い か な 」 と 言 っ と い う 命 を 受 け て 」 、 や が て 馬 の 骨 の 定 例 会 議 に 「 中 核 瀬 川 か ぶ れ の 雰 囲 気 を 漂 わ せ た 山 本 に コ ン プ レ ッ ク ス て い る 。 鹿 島 に よ れ ば 、 八 三 年 に 分 裂 し た 三 里 塚 現 地 農 派 の 『 若 い 衆 」 ニ 人 」 が 送 り 込 ま れ て く る 、 と い う 展 開 を 刺 激 さ れ た の だ と 自 嘲 し な が ら 、 「 中 核 派 の 人 に 馬 骨 民 の 北 原 派 の ほ う を 共 に 支 援 し て い る 中 核 派 ・ 解 放 派 ・ に な る の で あ る 。 の 連 中 の 話 を し た の ね 。 『 こ う い う 妙 な 連 中 が い る ん だ 戦 旗 西 田 派 が 、 十 一 月 ニ 十 三 日 に 代 々 木 公 園 地 区 で 共 け ど 、 ど う し ま し よ う 」 っ て 。 「 お ま え は ど う 思 う ? 』 っ 催 す る " 三 派 集 会 ~ に 、 「 要 す る に 、 馬 の 骨 に " 賛 同 団 そ の " 若 い 衆 生 一 人 の う ち 一 人 は 「 ク リ ト 君 」 と い う 、 「 て 訊 か れ て 、 『 赤 瀬 川 原 平 の フ ァ ン か 何 か じ ゃ な い ん で 体 。 と し て 名 を 連 ね て く れ っ て 話 を 持 っ て き た 」 ↑ ま ず パ ン ク ス ・ リ Q- ( レ ポ リ ュ ー シ ョ ナ リ ー ・ ー グ ) 」 と い う バ ン す か 』 っ て 答 え な が ら 、 内 心 は 実 は 期 待 で い つ ば い な ん は そ う い う ロ 実 で 接 近 し て き た ) と い う か ら 、 「 秋 ロ 」 で あ っ ド を や っ て い る バ ン ク 青 年 だ っ た と い う 。 八 0 年 代 の 中 だ ( 笑 ) 」 と 振 り 返 る 。 行 っ て オ ル グ し て こ い 、 つ ま り て お か し く は な い が 、 後 述 す る 話 か ら 考 え る と む し ろ 晩 核 派 は 、 す で に 触 れ た と お り 八 五 年 頃 の ド 派 手 な い く っ 会 っ て 話 を し て ま ず は つ な が り を 作 っ て こ い と 指 令 さ れ 秋 、 十 一 月 に 入 る 前 後 の こ と で あ る 可 能 性 も 高 い 。 し か か の 武 力 闘 争 、 八 九 年 前 後 の 対 皇 室 ゲ リ ラ な ど を 敢 行 し る ん じ ゃ な い か と い う 「 期 待 」 で あ る 。 「 や っ と 話 し た し と も か く 、 「 馬 の 骨 は 、 そ れ が ど う い う 団 体 や 集 会 で み や た け が い こ っ て お り 、 「 当 時 、 戦 闘 的 な イ メ ー ジ に 惹 か れ て 中 核 派 に か っ た 話 が で き る ん じ ゃ な い か 、 あ い つ ら 実 は 宮 武 外 骨 あ れ 、 " 賛 同 団 体 。 と か に な る よ う な こ と は し な い っ て 行 く バ ン ク 青 年 は 少 な く な か っ た 」 ( 「 馬 の 骨 の 頃 」 ) の で ( 明 治 時 代 の 反 体 制 的 な 面 白 ジ ャ ー ナ リ ス ト 。 赤 瀬 川 が 年 に 「 外 骨 い う 原 則 を 持 っ て た ん だ よ 。 ど う し て そ ん な ふ う に し た と い う 人 が い た ! 」 と い う 本 を 書 い て 存 在 が 一 気 に メ ジ ャ ー 化 し た ) ん だ っ た か 、 た ぶ ん 何 か 考 え が あ っ て の こ と だ と 思 う け あ る 。

人民の敵 第44号


手 刹 冊 い い に え る 励 の M ワ 発 ヤ 朝 爭 を 坤 主 義 の 下 で の フ ァ ッ シ ョ 的 な 抑 圧 ・ 弾 圧 と 闘 う た め に は 、 だ か ん だ い っ て も 日 本 は 平 和 だ ね え 」 主 義 こ そ 、 現 代 日 と っ た 。 こ れ で え え ね ん 。 こ れ が 平 和 や ね ん 」 と い う " 本 に 巣 食 う 大 反 動 に 他 な ら な い 。 ナ ン セ ー ン ス ! 我 々 ン ク ~ 系 の 出 演 ミ ュ ー ジ シ ャ ン の 「 体 験 記 」 を 引 用 、 「 う 自 由 主 義 の 側 の こ ち ら も や つ ば り ″ 自 由 主 義 の フ ァ シ ズ は 震 え る こ ぶ し を 押 さ え つ つ 、 zu ホ ー ル へ と 進 撃 し た 」 う む 、 「 平 和 」 の 正 体 は 、 や つ ば り こ う い う こ と だ っ た の ム で 武 装 し な け れ ば な ら な い ん じ ゃ な い か と 。 例 え ば 1932 年 の ド イ ツ の 国 民 投 票 で は 「 ユ ダ ヤ 人 を 人 間 と と い う 。 当 然 な が ら ( ? ) 、 や が て 後 進 国 土 人 音 楽 祭 の ス か 」 と 締 め く く っ て い る 。 タ ッ フ た ち が 「 や め て く だ さ い 」 と ビ ラ ま き を 妨 害 に 来 一 方 、 佐 藤 が 「 フ ァ シ ス ト 」 を 自 称 し 始 め る の も 、 こ し て 扱 っ て は な ら な い 」 っ て 決 議 が さ れ た 。 民 主 主 義 の る 。 ス タ ッ フ と の 不 毛 な 議 論 の 様 子 を 不 毛 に 描 写 し た 上 の 頃 か ら の よ う で あ る 。 結 果 と し て 、 ユ ダ ヤ 人 は フ ァ ッ シ ョ 的 な 支 配 の 下 に 置 か で 、 「 こ れ だ か ら へ ー ワ は 嫌 い だ 。 そ れ に つ け て も 思 っ そ れ 以 前 か ら 「 ス ケ バ ン 刑 事 』 に 登 場 す る ″ 悪 の 秘 密 れ る こ と に な っ た 。 こ れ が 民 主 主 義 の フ ァ シ ズ ム な ん で せ ろ う か い た の は 、 最 近 進 ん で き て い る ラ イ ブ ハ ウ ス や コ ン サ ー ト 結 社 か ら 名 前 を 頂 戴 し て 「 政 治 結 社 ・ 青 狼 会 」 を 1 人 す 。 そ れ に 対 抗 す る た め に は 、 ユ ダ ヤ 人 の 人 権 を 守 ろ う の 管 理 強 化 で あ る 。 新 宿 ロ フ ト な ん か に も 、 「 落 書 禁 止 」 で 称 し て も い た が 、 ″ フ ァ シ ズ ム ″ 的 な 問 題 意 識 が 芽 生 と い う 自 由 主 義 の 側 も フ ァ ッ シ ョ 的 な 手 段 を と ら ざ る を 「 ビ ラ が 一 枚 で も 落 ち て い た バ ン ド は 以 後 出 演 さ せ ま せ え 始 め る の は 、 明 治 神 宮 が 町 内 会 を 巻 き 込 む 形 で 警 視 庁 え な い 。 で 、 青 狼 会 は 『 自 由 主 義 フ ァ シ ズ ム 」 「 リ べ ラ ん 」 等 の は り 紙 が し て あ る 。 そ う そ う 、 ビ ラ を ま く の も に 秋 の 嵐 の 取 締 り を 求 め る 陳 情 を 出 し た 件 に つ い て 考 え ル ・ フ ァ シ ズ ム 』 を 掲 げ た わ け で す よ 。 そ う い う ふ う に や り づ ら く な っ て い る 。 警 察 、 鉄 道 警 察 、 地 回 り 、 体 育 た 末 の こ と だ と い う 。 地 域 住 民 に 支 え ら れ た 明 治 神 宮 と 、 今 は 考 え て る し 、 た ぶ ん 当 時 も 似 た よ う な 考 え 方 を し て 会 、 体 育 教 師 、 す ぐ 出 て く る 。 反 天 皇 や 反 空 港 で は 公 共 孤 立 し た 少 数 の 個 人 過 激 派 の 集 ま り に す ぎ な い 前 期 ・ 秋 た 」 と い う こ と に な る 。 施 設 が へ や を 貸 し て く れ な い 。 原 発 で す ら そ う い う 雰 囲 の 嵐 。 〃 民 主 主 義 ~ 的 な の は ど う 考 え て も 明 治 神 宮 の 側 い わ ば 、 民 主 主 義 の 多 数 決 に 自 由 を 求 め る 少 数 派 の 闘 気 が あ る 。 こ う い う 社 会 の こ と を 体 制 の 言 葉 で は 「 共 産 で あ り 、 そ れ に 対 抗 す る に は ″ 民 主 主 義 ~ と は 異 な る 別 争 を 対 置 さ せ る " 自 由 主 義 フ ァ シ ズ ム ~ を 標 榜 し 始 め た 主 義 」 と い う の で は な か っ た か ? 」 と し て 、 「 宝 島 」 に 載 っ の 思 想 に 立 脚 し な け れ ば な ら な い は ず だ と 佐 藤 は 考 え た わ け だ が ( 文 脈 に よ っ て は " 反 天 皇 制 右 翼 つ ま り フ ァ シ ス ト ~ と て い た と い う 「 何 千 人 と い う 人 が わ ろ と っ た 。 俺 も わ ろ の だ 。 も 称 し た ) 、 そ の ス タ ン ス が 明 確 化 さ れ 、 自 覚 化 さ れ て い っ て た 。 悲 し そ う な 顔 で 歌 う と 、 何 千 人 が 悲 し そ う な 顔 し 佐 藤 自 身 の 言 葉 に よ れ ば 、 「 社 会 全 体 が ″ 自 粛 ″ 状 況 た の は 、 こ の 、 平 和 コ ン サ ー ト 批 判 パ ン フ に 寄 せ た 「 楽 か ら " 即 典 状 況 へ の 一 連 の 過 程 で ″ 天 皇 陛 下 万 歳 ~ っ し い 戦 争 」 と い う 一 文 の 執 筆 過 程 だ っ た と い う 。 て 空 気 に な っ て い っ た 。 そ れ は 単 に マ ス コ ミ が 作 り 上 げ な お 、 す で に フ ァ シ ズ ム を 標 榜 し 始 め て か ら 数 ヶ 月 を て る っ て だ け で は な く て 、 国 民 の 側 が そ れ を 求 め て る と 経 て で は あ る が 、 こ の あ と 十 一 月 に 逮 捕 さ れ 、 留 置 場 で い う 側 面 も あ る 。 そ う い う 天 皇 制 と 闘 う た め に は 、 民 主 十 一 泊 す る こ と に な る 佐 藤 に ( お そ ら く 渡 辺 京 ニ の ) 「 北 主 義 そ の も の を 否 定 し な け れ ば な ら な く な る っ て い う 。 輝 論 」 を 差 し 入 れ て 大 い に 感 銘 を 与 え 、 佐 藤 を ま す ま す 民 主 主 義 や 、 議 会 制 の 下 で の 多 数 決 原 理 み た い な も の フ ァ シ ズ ム 思 想 に 対 す る 確 信 へ と 追 い や る ( ? ) の も 鹿 を 批 判 し な け れ ば 闘 え な い 。 国 民 み ん な が 天 皇 陛 下 の 崩 島 で あ り ( 単 行 本 版 で 、 " 赤 い 四 月 ~ の " 法 務 省 突 撃 で の 逮 捕 御 を 悲 し ん で 、 新 し い 天 皇 の 即 位 を 祝 う と い う 状 況 が あ に 際 し て 、 と し た の は 誤 り ) 、 は る か 後 年 、 外 山 恒 一 に ( 鹿 島 カ そ れ を 絶 賛 し た こ と を 覚 え て い た 外 山 側 か ら の 求 め に 応 じ て だ が ) り 、 こ っ ち は そ う い う 国 民 と 対 決 し て 弾 圧 し な き ゃ い け ぐ な い っ て こ と に な る と 、 ど う 考 え て も そ れ は フ ァ シ ズ ム 藤 沢 道 郎 に よ る ム ソ リ ー ニ の 評 伝 「 フ ァ シ ズ ム の 誕 生 」 じ ゃ ん ( 笑 ) 。 だ け ど そ う い う 選 択 は 仕 方 が な い 。 民 主 を 差 し 入 れ 、 外 山 を フ ァ シ ズ ム 転 向 さ せ る こ と に な る の : 臨 今 第 、 “ 第 B を

人民の敵 第44号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン パ を し て く れ る 方 に “ 活 動 報 告 、 、 を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン パ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン バ い た だ け れ ば と 。 く 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 1 1 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 、 5000 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が ユ .. 冊 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は “ 5000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が .5 団 送 付 さ れ る 、 、 シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 1000 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 、 、 布 教 ぃ と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は 。 1 冊 5000 円 、 、 、 第 15 号 か ら は 、 、 5 冊 セ ッ ト 5000 円 。 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は “ バ ラ 売 り 、 は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 ず つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第44号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン パ を し て く れ る 方 に 活 動 報 告 、 、 を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] 、 ne.jp ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン パ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン バ い た だ け れ ば と 。 く 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 11 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 、 、 5000 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が 工 冊 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は “ 5000 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が 5 冊 送 付 さ れ る 、 、 シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 1000 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 、 、 布 教 。 と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は 、 、 1 冊 5000 円 、 、 、 第 15 号 か ら は 、 、 5 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は 、 、 バ ラ 売 り 、 は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 ず つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第44号


に も 、 中 国 人 民 と 連 帯 し よ う っ て 人 々 を 揶 揄 す る 記 と だ 。 「 出 身 大 学 の 多 く の 先 輩 た ち が 中 核 派 か ら 暴 力 を : ど こ の 国 で も 、 都 市 の 中 心 に は 広 場 が あ る 民 事 は 載 る け ど 、 中 国 人 民 を 支 持 す る 文 章 は 載 ら な い 受 け て き た の だ 。 も ち ろ ん 、 反 戦 自 衛 官 と い う 運 動 の 重 衆 は と き に そ の 広 場 に 集 い 、 権 」 に 異 議 申 し 立 て を ん だ 。 つ ま り 本 当 の 敵 は 共 通 に 存 在 し て る こ と は 明 要 さ は 認 め る し 、 閉 鎖 的 な 兵 営 の な か で そ う し た 運 動 を 行 う 。 広 場 は 人 民 の 自 由 と 自 治 の 心 臓 だ 。 と こ ろ が ら か な ん だ よ ク 可 哀 想 な の は べ つ に 中 国 人 だ け じ や 行 う 人 々 の 勇 気 は 尊 敬 す る 。 だ け ど 中 核 派 と 関 わ る の は 日 本 の 都 市 の 中 心 に は 広 場 が な い 。 だ が 瞬 だ け 、 民 な い し 、 少 な く と も 中 国 人 が 天 安 門 広 場 で 実 現 し た ご め ん だ 。 こ っ ち か ら わ ざ わ ざ 呼 ん で し つ こ い オ ル グ を 衆 が 東 京 の ど 真 ん 中 に 広 場 を 勝 ち 取 っ た こ と が あ る よ う な 自 由 を 、 東 京 の ぼ く ら は 実 現 で き て な い 。 そ 受 け る の は い や だ 」 ( 「 馬 の 骨 の 頃 」 ) と い う の が 鹿 島 の 気 ー 952 年 の 皇 居 前 広 場 、 血 の メ ー デ ー 事 件 だ : う い う 思 い が あ っ た か ら 、 場 所 も 秋 の 嵐 が 弾 圧 さ れ 持 ち で あ る 。 片 岡 さ ん の 口 調 は 一 貫 し て 静 か な も の だ っ た が 、 そ た ホ コ 天 を 選 ん だ 。 鹿 島 は 抵 抗 し た が 、 馬 の 骨 の 面 々 の 中 で " 中 核 派 の 暴 こ に い た 人 々 は み な 歓 喜 し て 手 を 叩 い た 。 そ う か ! ( イ ン タ ビ ュ ー ) 力 。 を 身 近 に 見 聞 し て き た の は 法 大 生 の 鹿 島 だ け で 、 議 原 宿 ホ コ 天 で 「 天 皇 制 反 対 」 を 叫 ん で 無 届 け デ モ を し 論 と し て は 分 が 悪 い 。 と う と う 幸 渕 に 押 し 切 ら れ て し た り 、 電 力 館 で 騒 ぎ を 起 こ し た り し て い る ぼ く ら と 天 も と も と ″ イ ベ ン ト 。 嫌 い だ っ た 鹿 島 も 、 こ の イ ベ ン ま っ た 。 安 門 の 学 生 た ち と が 、 「 広 場 」 で 結 び つ く ん だ ! さ っ ト に 限 っ て は 大 い に 乗 り 気 だ っ た 。 当 日 、 馬 の 骨 や 秋 の 嵐 の 界 隈 の 数 十 人 が ホ コ 天 に 集 き ま で の 警 戒 感 は ど こ へ や ら 、 ぼ く は す っ か り こ の 二 が 、 バ ン ド 演 奏 の 合 間 に ス ピ ー チ を や っ て も ら う " ゲ ま っ た と い う 。 馬 の 骨 に は 参 加 し て い な か っ た 佐 藤 悟 志 人 に 心 服 し て し ま っ た 。 ス ト ~ に 、 幸 渕 が ″ 反 戦 自 衛 官 。 を 呼 び た い と 云 い 出 し や 、 や が て 後 期 ・ 秋 の 嵐 に 唯 一 、 ひ と つ の 大 学 の ノ ン セ て 鹿 島 は 困 惑 す る 。 「 人 民 を 守 る は ず の 軍 隊 が 人 民 に 銃 ク ト 勢 が 丸 ご と 参 加 し て き た 例 と な る ″ 明 大 一 派 。 の 一 ま さ か す を 向 け た 」 天 安 門 事 件 に つ い て 「 同 じ 兵 士 と し て 」 語 っ 員 で ア ナ キ ス ト の 中 島 雅 一 な ど も 顔 を 出 し て い る 。 鹿 島 も ち ろ ん 彼 ら は マ ル チ ュ ン ( 中 核 派 ) 系 だ か ら 、 オ て ほ し い の だ と い う 幸 渕 の 思 い は も ち ろ ん 理 解 で き る の は 、 「 ブ ラ ッ ク ジ ー ン ズ に 黒 い シ ャ ツ 、 黒 い サ ン グ ラ レ は 内 心 、 ど う せ 彼 ら も ″ あ れ ( 中 国 の 体 制 ) は ス タ ー だ が 、 問 題 は 、 小 西 誠 を リ ー ダ ー と す る 数 名 の 反 戦 自 衛 ス と 黒 づ く め 。 な ん か 怖 そ う な ャ ツ だ と 思 っ た 」 と 当 時 リ ニ ズ ム だ か ら 〃 と か ″ 真 の 社 会 義 と は ″ み た い 官 た ち は 全 員 、 は っ き り と 中 核 派 の 傘 下 に あ る と い う こ の 中 島 を 描 写 し て い る 。 な 話 を 云 い ー す ん じ ゃ な い か と 危 惧 し て た ん だ 。 あ さ て や が て 、 問 題 の 「 反 戦 自 衛 官 か ら の ア ピ ー ル 」 の ん ま り 期 待 し て な か っ た 。 そ し た ら 意 外 に も 片 岡 さ 時 間 と な る 。 会 場 に 現 れ た の は 小 西 誠 で は な く 、 当 時 ま ん は い い こ と を 云 っ て さ 、 「 世 界 の ど こ の 街 に も 中 央 に は 民 衆 の た め の 広 場 が あ る 。 そ こ は 常 に 人 々 の 交 だ 現 役 の 自 衛 官 だ っ た 佐 藤 備 三 ( 年 死 去 ) と 片 岡 顕 ニ の ) 、 し 啅 ニ 人 で あ る 。 流 の 場 に な っ て る し 、 そ う い う と こ ろ か ら ポ リ ス Ⅱ 国 一 都 市 国 家 の ″ 公 共 み と い う も の も 生 ま れ る 。 一 朝 こ と あ れ ば 、 そ こ に 民 衆 が 集 ま っ た り も す る 。 天 な 門 片 岡 さ ん が マ イ ク を 握 る 。 兵 士 に は 見 え な い 、 奢 な 人 だ 。 「 こ の 場 に 結 集 さ れ た す べ て の 市 民 学 生 の 広 場 だ っ て そ う い う 場 所 で 、 そ こ に 民 衆 が 集 ま っ て 自 分 た ち の 意 思 を 表 明 し た 。 そ れ に 対 し て 軍 隊 が 発 ド ! 」 な ど と 始 ま る か と ひ や ひ や し て い た ぼ く は 、 自 分 の 不 明 を 恥 じ る こ と と な っ た 。 片 岡 さ ん は と っ 砲 し た と い う 事 件 だ 。 し か し そ も そ も 日 本 に は そ う も 3 と っ と 語 り 始 め た 。 い う ″ 広 場 自 体 が 存 在 し な い 」 っ て 感 じ の こ と を 云 っ ( 「 馬 の 骨 の 頃 」 )