検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第38号

人民の敵 第38号から 45件ヒットしました。

人民の敵 第38号


第 38 号 人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 〈 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 2 ) 今 号 の 内 容 2017 年 1 1 月 1 日 02

人民の敵 第38号


人 民 の 敵 第 38 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 2 ) 今 号 の 内 容 2017 年 1 1 月 1 日 02

人民の敵 第38号


第 38 号 人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 〈 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 2 ) 今 号 の 内 容 2017 年 1 1 月 1 日 02

人民の敵 第38号


し た が っ て 札 幌 ほ っ け の 会 の 、 八 八 年 夏 か ら 秋 に か け 向 が あ っ た 。 反 原 発 以 前 は 三 里 塚 闘 争 支 持 な ど の 主 張 で の も の と 解 釈 さ れ た い ) 、 六 0 年 に は ち ょ う ど 五 歳 と な る て の 、 驚 く べ き 活 動 の 詳 細 に つ い て は 、 本 書 で 初 め て 広 を 行 な っ て い た わ け だ か ら 、 「 年 安 保 を 記 憶 し て い る 一 番 若 い 、 最 後 く 明 ら か に さ れ る と こ ろ と な る も の で あ る 。 「 幌 延 間 題 を 考 え る 北 大 生 の 会 」 は 核 廃 棄 物 の 処 分 の 世 代 だ と 思 う 」 と 述 べ て い る 。 札 幌 で 生 ま れ 育 っ た が 、 場 と し て 有 力 な 候 補 地 に あ が っ て い た 北 海 道 の 幌 延 町 父 親 は 教 員 で 、 反 安 保 の デ モ に 熱 心 に 参 加 し て い た と い 「 札 幌 ほ っ け の 会 」 に 結 集 し た 三 つ の 若 者 グ ル ー プ に の 間 題 に つ い て 学 習 し 反 対 す る 学 生 グ ル ー プ で あ っ つ い て 、 ほ っ け の 会 の 実 質 的 な リ ー ダ ー だ っ た と 見 て よ た 。 こ の 間 題 に つ い て は 当 時 の 社 会 党 ・ 共 産 党 ・ 労 働 七 一 年 に 道 立 の 札 幌 南 高 校 を 受 験 し た 際 に は 、 ま だ ″ 高 か ろ う 宮 沢 直 人 は 、 『 デ ル ク イ 6 」 ( 彩 流 社 ・ ⅱ 年 ) に 寄 せ 運 動 な ど も 反 対 し 、 北 海 道 の 左 翼 や 市 民 運 動 に 共 通 の 校 全 共 闘 ~ の 名 残 が あ っ て 、 校 門 前 で ヘ ル メ ッ ト 姿 の 同 た 論 文 「 何 が 可 能 な の か 」 の 中 で 次 の よ う に 書 く 。 課 題 と な っ て い た 。 こ の 会 に は 革 マ ル 派 の 学 生 活 動 家 校 生 徒 が 受 験 生 に ビ ラ を ま い た り し て い た が 、 不 合 格 と が 参 加 し 、 自 己 の 勢 力 の 足 場 と し よ う と し て い た な り 、 い わ ゆ る 中 学 浪 人 を 経 て 翌 七 ニ 年 に 今 度 は 同 じ く け い て き 札 幌 ほ っ け の 会 は 、 「 恵 迪 寮 生 有 志 」 「 幌 延 問 題 を 考 道 立 の 札 幌 北 高 校 を 受 験 し た 際 に は 、 も う そ の よ う な 光 え る 北 大 生 の 会 」 「 反 原 発 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 会 」 の こ こ に は 宮 沢 の 記 憶 違 い が 含 ま れ て い る 可 能 性 が あ 景 は 見 ら れ な か っ た と の こ と だ 。 三 グ ル ー プ の 共 闘 組 織 と し て 結 成 さ れ た 。 そ の 最 初 の り 、 後 で 改 め て 述 べ る よ う に 、 ほ っ け の 会 以 前 に 宮 沢 が 札 幌 北 高 の 生 物 部 に 強 引 に 勧 誘 さ れ て 入 っ て み る と 、 行 動 は 一 九 八 し 年 ~ 0 月 五 日 の 対 北 海 道 電 力 行 動 で 参 加 し て い た グ ル ー プ の 名 称 は 、 「 反 原 発 札 幌 現 地 化 闘 白 衣 姿 で 数 人 で 肩 を 組 ん で 歩 き な が ら 「 デ カ ン シ ョ 節 」 あ っ た 。 争 委 員 会 」 で は な く 、 と く に 定 ま っ た 名 称 の な い 、 宮 沢 と 、 を " 放 歌 高 吟 ″ し た り す る こ と を 好 む 、 す で に 応 援 団 す い の ま た ( 略 ) 「 青 年 ア ナ ー キ ス ト 」 猪 俣 の ニ 人 を 中 心 と し た 、 と り あ ら 軟 弱 化 し て い た 同 校 で は 唯 一 、 バ ン カ ラ の 気 風 を 残 し 「 寮 生 有 志 」 は 北 海 道 庁 爆 破 ( 引 川 者 計 ・ お そ ら く は 東 ア え ず は " 宮 沢 ・ 猪 俣 フ ラ ク シ ョ ン ~ と で も 呼 ん で お く 以 た 、 「 何 と い う か 、 あ る 種 の 、 旧 制 高 校 型 の 〃 自 由 主 ジ ア 反 日 武 装 戦 線 の ・ 連 の 闘 争 の 影 響 ド に 、 し 六 年 三 月 に 起 き 二 外 に な い 有 象 無 象 の 不 定 型 な 若 い 極 左 活 動 家 集 団 だ っ た を 追 求 す る 集 団 」 で 、 宮 沢 も そ の 雰 囲 気 に す っ か り 馴 染 名 の 死 者 と 七 ト 四 名 の 負 傷 者 を 出 し た ) の 犯 人 と さ れ て 裁 判 か も し れ な い 。 ん で し ま う 。 や が て 成 り 行 き で 生 物 部 が 組 織 ぐ る み で 生 か つ ひ さ 闘 争 を 闘 っ て い た 大 森 勝 久 ( 引 用 者 註 ・ 自 身 の 無 実 と " 真 徒 会 選 挙 に 介 入 す る こ と に な る の だ が 、 当 局 側 が 都 合 の 犯 人 ~ へ の 支 持 を 表 明 ) の 支 援 を 行 な う グ ル ー プ だ っ た 。 宮 沢 直 人 は 五 五 年 生 ま れ で 、 ほ っ け の 会 の 結 成 時 点 で い い 結 果 と な る よ う ″ 票 の 操 作 ″ を お こ な っ て い る の で 植 民 地 の 侵 略 民 と し て 、 ア イ ヌ 民 族 へ の 贖 罪 と 植 民 地 三 十 ニ 歳 で あ り 、 す で に ″ 若 者 と は 呼 べ な い 年 齢 に 達 は な い か と の 疑 惑 が 生 ま れ て 、 宮 沢 ら は " 不 正 選 挙 糾 弾 の 現 状 に 対 す る 究 極 の 自 己 否 定 ・ 「 滅 私 奉 公 」 の 思 想 し て い た 、 八 0 年 代 末 の ″ ド プ ネ ズ ミ 系 ″ の ″ 第 一 波 の " 民 主 化 運 動 ″ を 起 こ す 。 を 持 っ て い た と い え る の 諸 闘 争 を 担 っ た 主 要 な 面 々 の う ち の 最 年 長 者 で も あ 七 ニ 年 か ら 七 三 年 に か け て の こ の 時 期 は 、 む ろ ん ま だ 「 反 原 発 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 会 」 は 私 も 参 加 し て い る 。 「 人 民 の 敵 』 第 3 号 掲 載 の イ ン タ ビ ュ ー で は ( 宮 沢 へ 多 少 な り と も ″ 高 校 全 共 闘 の 余 韻 は あ り 、 札 幌 北 高 内 た ノ ン セ ク ト グ ル ー プ か ら 形 成 さ れ た 。 第 四 イ ン タ ー の イ ン タ ビ ュ ー は 、 そ れ そ れ 別 の 角 度 か ら 第 号 お よ び 第 号 に も に は 、 公 然 と 活 動 し て い る 新 左 翼 系 の 党 派 ・ 無 党 派 の 寄 と 友 好 的 な 関 係 に あ っ た 。 メ ン バ ー で あ っ た 青 年 ア 掲 載 さ れ て い る が 、 煩 雑 に な る の で 以 下 、 号 数 は い ち い ち 表 記 し な い 。 り 合 い 所 帯 の よ う な サ ー ク ル と 、 水 面 下 で 活 動 し て い る ナ ー キ ス ト の 影 響 を 受 け て 、 大 森 支 持 を 否 定 し な い 傾 ま た 出 典 表 記 の な い 宮 沢 の 言 葉 は す べ て そ れ ら 三 つ の イ ン タ ビ ュ ー 民 青 の 秘 密 組 織 と が 存 在 し て い た と い う 。 ル 民 主 化 闘 争 は ろ の ペ

人民の敵 第38号


原 発 。 = え 、 じ ゃ → や め て ん な い か 家 と し て の 方 向 性 に も 迷 い が 生 じ て い た と こ ろ だ っ た 八 0 年 代 初 頭 、 主 に は 原 発 問 題 を 焦 点 と し つ つ 、 火 力 人 」 と 呼 ん で い る 事 実 が 暴 露 さ れ た と い う 。 が 、 西 日 本 新 聞 か ら 依 頼 さ れ て 書 い た 、 リ 男 府 湾 の 赤 潮 の 発 電 所 の 問 題 な ど も 絡 め る 形 で 、 松 下 や 平 井 ら に よ っ か し 被 害 に 苦 し む 漁 民 た ち の 反 開 発 闘 争 の ル ポ ( 嵐 成 の 女 た ち て 「 電 源 乱 開 発 に 反 対 す る 九 電 株 主 の 会 」 が 結 成 さ れ 、 八 七 年 十 ニ 月 五 日 か ら 六 日 に か け て 、 九 州 行 動 行 動 を あ る 漁 村 の 闘 い 』 現 代 教 養 文 庫 ) が 七 ニ 年 に 刊 行 さ れ 、 こ の あ こ れ が や が て 「 原 発 な し で 暮 ら し た い ! 九 州 共 同 行 動 」 中 心 と す る 九 州 各 地 の 反 原 発 派 に よ る " 合 宿 ~ が 、 佐 賀 た り を 境 に 本 格 的 に " 行 動 す る 作 家 。 の 相 貌 を は っ き り へ と 発 展 し て い く よ う だ 。 市 で 開 催 さ れ た 。 そ し て 小 原 グ ル ー プ の 本 格 的 な ″ 暴 走 と さ せ 始 め た よ う だ 。 小 原 ら に ″ オ ー ル ド ウ ェ ー プ と し て 指 弾 さ れ る 七 0 は 、 こ こ か ら 始 ま る の で あ る 。 ふ を ん と く に 県 境 を 挟 ん で 隣 接 す る 福 岡 県 豊 前 市 の 火 力 発 電 年 代 以 来 の べ テ ラ ン の 反 原 発 活 動 家 た ち の 一 人 で あ り な 所 建 設 に 反 対 す る 闘 争 に 挺 身 し 、 そ の 過 程 で 同 じ く 九 州 が ら 、 八 八 年 の 過 程 で 小 原 ら " ニ ュ ー ウ ェ ー プ 。 の " 軍 今 回 の 伊 方 原 発 出 力 調 整 実 験 に 反 対 す る 運 動 は 、 「 原 電 力 を 敵 手 と す る 九 州 の 反 原 発 運 動 と の 関 係 も 作 ら れ て 門 に 下 る 。 形 で そ れ を 熱 心 に サ ポ ー ト す る 、 五 四 年 生 ま 発 な し で 暮 ら し た い 」 九 州 共 同 行 動 が 計 画 , 提 起 し た な か じ ま い く の で あ る 。 火 力 発 電 所 反 対 運 動 は 開 始 直 後 か ら 共 産 れ の 熊 本 市 の 活 動 家 ・ 中 島 真 一 郎 が 前 記 の 冊 子 「 原 発 や り 、 指 導 し て 行 わ れ た も の で は 全 く な い 。 四 国 に 一 度 よ ん で ん 党 と 対 立 す る 展 開 と な り 、 ま た 当 然 な が ら " 六 八 午 以 め て 、 え え じ ゃ な い か 」 に 寄 稿 し た 「 タ ー ニ ン グ ボ イ ン も い っ た こ と の な い 、 ま た 、 四 電 本 社 が ど こ に あ る の か も し ら な い 者 が ほ と ん ど の 私 達 か ら 、 九 州 と い う 領 来 の 反 公 害 闘 争 の 問 題 意 識 に も 影 響 さ れ た で あ ろ う し 、 ト と し て の 伊 方 」 に よ れ ば 、 「 年 一 月 三 十 一 日 ー ニ 月 松 下 も や は り 急 速 に 新 左 翼 ノ ン セ ク ト ・ ラ ジ カ ル に 近 一 日 の 熊 本 県 阿 蘇 で の 「 反 原 発 合 宿 』 に お い て 、 年 三 域 ( ナ ワ バ リ ) を こ え る 運 動 な ど 、 発 想 で き る は ず も な い 。 ( マ マ ) い ス タ ン ス を 固 め て い く こ と に な る ( 八 四 年 、 獄 中 で 荳 腐 月 ニ 十 七 日 ( ス リ ー マ イ ル 原 発 事 故 八 周 年 ) 5 四 月 ニ 十 六 日 今 回 の 運 動 は 、 小 原 良 子 さ ん を 中 心 と す る 主 婦 達 「 グ 屋 の 四 季 』 を 読 ん で 感 動 し た 東 ア ジ ア 反 日 武 装 戦 線 の 中 心 人 物 ・ 大 ( チ ェ ル ノ ブ イ リ 原 発 事 故 一 周 年 ) の 一 か 月 間 を 、 「 原 発 な し で ル ー プ ・ 原 発 な し で 暮 ら し た い 」 か ら 始 め ら れ 、 担 わ ど み し ま さ し 道 寺 将 司 か ら 手 紙 が 来 た の を 機 に 同 グ ル ー プ へ の 支 援 に も 関 わ り 、 暮 ら し た い 」 九 州 共 同 行 動 月 間 と し て 、 反 原 発 ー 脱 原 発 れ て い っ た 。 彼 女 達 は 、 昨 年 ( 八 七 年 ) の 春 、 秋 の 共 同 八 七 年 に 彼 ら の 闘 争 を 描 い た 「 狼 煙 を 見 さ 現 代 教 養 文 庫 を 刊 行 し へ む け た 様 々 な イ ベ ン ト を 取 り 組 む こ と が 決 ま っ た 。 そ 行 動 や 反 原 発 合 宿 や 企 画 に 一 度 も 参 加 し て お ら ず 、 当 て も い る ) 。 の 際 こ の 月 間 行 動 の 世 話 を す る 時 限 的 な 団 体 と し て 、 代 初 「 広 瀬 隆 を 呼 ぶ 会 」 を 名 の っ て い た の に 、 私 達 の 共 表 を 松 下 竜 一 さ ん 、 事 務 局 長 を 私 と す る 「 原 発 な し で 暮 同 行 動 の 名 称 か ら 無 断 で 借 用 し 、 「 原 発 な し で 暮 ら し ら し た い 」 九 州 共 同 行 動 が つ く ら れ た 」 が 、 そ れ が 「 月 た い 」 を 名 の っ て し ま っ て い た 。 今 回 の 「 伊 方 原 発 の 間 行 動 」 の 終 了 後 も 「 な し 崩 し 的 に 」 存 続 し た も の の よ 出 力 調 整 実 験 の 中 止 を 求 め る 署 名 」 も 、 「 原 発 な し で う で あ る 。 暮 ら し た い 」 九 州 共 同 行 動 へ の 相 談 や 了 解 も な し に 自 な お 、 松 下 が 七 三 年 以 来 ず っ と 発 行 し 続 け て い た ミ ニ 分 達 独 自 で 作 成 、 そ し て こ の 間 題 が 論 議 さ れ る こ と と ・ , コ ミ 誌 「 草 の 根 通 信 」 の 八 八 年 ニ 月 号 で は 、 九 州 電 力 が な っ た 八 七 年 十 二 月 五 、 六 日 の 佐 賀 市 に お け る 反 原 発 内 部 で ″ 平 井 孝 治 が 参 謀 、 中 島 真 一 郎 が 事 務 局 、 オ ル ガ 合 宿 に 、 初 め て 十 一 名 も 大 量 に 乗 り 込 ん で き た 。 し か ナ イ ザ ー 、 松 下 竜 一 が 代 表 ″ と 見 立 て て ( そ の 見 立 て 自 体 し 、 署 名 連 動 の 取 り 組 み を 要 請 し た と こ ろ 、 九 州 各 地 は ま っ た く 間 違 っ て い な い と 中 島 自 身 が 認 め て い る が ) 「 三 大 極 悪 か ら の 参 加 者 ( 約 五 0 名 ) の 反 応 が 鈍 く 、 冷 や や か で あ 第 ン

人民の敵 第38号


向 け た 八 一 年 の 第 一 次 ヒ ア リ ン グ の 際 に は 、 全 道 労 協 が な い ″ と い う か 、 そ り や い ろ い ろ と 不 満 に 思 う こ と は あ 横 路 で あ る 。 八 千 人 を 動 員 し て 阻 止 闘 争 を 組 ん で い る し 、 全 道 住 民 会 る け ど 、 そ れ は 運 動 全 体 の 重 層 性 に お い て 解 決 し て い か そ も そ も 八 三 年 に ″ 勝 手 連 方 式 に よ っ て 劇 的 な 勝 利 議 も こ れ ら 社 会 党 系 の 労 働 運 動 と 共 闘 し て い て 、 広 く は な き ゃ い け な い こ と だ 」 と 考 え て お り 、 逆 に ほ っ け の 会 を 収 め た 知 事 選 で も 、 前 年 に 浮 上 し た 幌 延 問 題 は 一 つ の こ こ ま で を 含 め て " オ ー ル ド ウ ェ ー プ ~ と い う こ と に な の 突 出 ぶ り を 「 " 遅 れ て き た 全 共 闘 。 と 揶 揄 し な が ら も 、 争 点 で あ り 、 当 然 な が ら 横 路 は 選 挙 戦 に 際 し て 計 画 反 対 ろ う 。 許 容 す る 雰 囲 気 が 北 海 道 の " オ ー ル ド ウ ェ ー プ ~ に は あ つ を 掲 げ て い た 。 む ろ ん 泊 原 発 の 建 設 計 画 は 横 路 時 代 よ り も は る か 以 前 に 決 定 さ れ 、 動 き 始 め た も の で 、 横 路 が そ む ろ ん 北 海 道 で も 八 七 年 の 後 半 に は → 危 険 な 話 」 を た 」 と も 言 う 。 読 ん で 目 覚 め た 、 小 原 良 子 的 な 、 そ れ ま で ″ 運 動 ″ と 具 体 的 に は こ れ か ら 詳 述 す る が 、 「 運 動 構 造 が 重 層 的 れ を 止 め る 決 断 を す る こ と は 難 し か っ た の だ ろ う が 、 状 は あ ま り 縁 の な か っ た 主 婦 た ち も 反 原 発 運 動 に 続 々 と 参 に あ っ て 、 そ れ ら が く つ つ い た り 離 れ た り を 繰 り 返 し な 況 の 展 開 次 第 で は そ の 決 断 を 迫 る こ と も ま っ た く 不 可 能 入 し 始 め て 、 ″ ニ ュ ー ウ ェ ー プ 々 的 な 傾 向 も 現 れ て く る 。 が ら 状 況 が 推 移 し た 。 そ の 過 程 で は 最 左 派 の 部 分 が 常 に で は な い よ う に 思 わ れ た わ け だ 。 実 際 、 前 年 八 七 年 の 知 ″ ニ ュ ー ウ ェ ー プ と " オ ー ル ド ウ ェ ー プ の 中 間 の よ 前 衛 の 位 置 に い る わ け で も な く 、 ( 略 ) す ご く 右 だ と 思 っ 事 選 で も 横 路 は 圧 勝 し 、 の み な ら ず 道 議 会 選 挙 で も 革 新 う な 、 生 協 な ど の 運 動 も そ れ な り に 盛 ん で あ る 。 て た よ う な 部 分 が 前 衛 に 立 っ た り す る 局 面 も あ る 。 ど の 系 が 過 半 数 を 占 め る 大 勝 利 を 収 め 、 つ ま り 幌 延 の 核 廃 棄 そ う し た 札 幌 あ る い は 北 海 道 の 反 原 発 運 動 の 全 体 の 構 部 分 が い つ 重 要 な 役 割 を 担 う こ と に な り う る の か 、 あ ら 物 貯 蔵 施 設 の 推 進 派 議 員 が 大 量 落 選 、 横 路 も 幌 延 に つ い 造 の 中 で 、 ほ っ け の 会 は 、 最 も 行 動 的 ・ 戦 闘 的 な 若 い " 最 か じ め 機 械 的 に 決 め つ け る こ と は で き な い ん だ 。 い ろ ん て は 計 画 反 対 の 立 場 を 公 式 に 表 明 す る と い う 出 来 事 が 左 派 々 と し て 突 出 し よ う と し て い た 。 な 運 動 が あ る と い う の は 、 あ る 意 味 で は 情 勢 の 変 化 に 対 あ っ た ば か り な の で あ る 。 ″ 土 井 社 会 党 プ ー ム ″ や " 広 瀬 隆 現 象 設 も 追 い 風 に し て 、 し か し 宮 沢 が 強 調 す る の は 、 「 本 当 は 北 海 道 で は " オ ー 応 し う る よ う に 保 険 を か け て る よ う な も の な ん だ よ ね 。 ル ド ウ ェ ー プ 、 ニ ュ ー ウ ェ ー プ っ て 分 け ら れ な い と い と 同 時 に 、 に も か か わ ら ず 単 に ″ い ろ ん な 運 動 が あ る 甜 必 ず し も 勝 て な く は な い 闘 い で あ り 、 し か し 社 会 党 系 労 う の が 実 情 」 で 、 「 ″ オ ー ル ド ウ ェ ー プ 的 な 傾 向 の 人 た だ け で は ダ メ で 、 情 勢 の 節 目 節 目 で そ れ ら の う ち ど れ か 組 に は 横 路 と の 決 定 的 な 対 立 は 避 け た い と い う 思 惑 も あ ち と 、 ″ ニ ュ ー ウ ェ ー プ 。 的 な 傾 向 の 人 た ち が 、 北 海 道 1 点 に エ ネ ル ギ ー が 集 中 す る よ う な し く み も 必 要 」 で り : : : と 事 態 が 複 雑 な 展 開 と な る こ と は 避 け ら れ な い 。 あ っ て 、 「 穏 健 な 部 分 か ら 先 鋭 的 な 部 分 ま で 、 お 互 い を で は 仲 が 良 か っ た 」 と い う こ と で あ る 。 そ も そ も 、 「 田 年 に 至 る 過 程 で 出 て き た オ バ サ ン た ち 罵 り 合 わ ず に 、 し か も お 互 い の 存 在 を 念 頭 に 入 れ な が ら 、 〈 こ の 節 、 つ づ く 〉 は そ れ そ れ 、 い ろ ん な と こ ろ に い て 、 ぼ く ら と 常 に 行 動 そ れ そ れ が 戦 術 を 練 っ て た ん だ か ら 、 そ う い う 意 味 で は を 共 に し て る よ う な オ パ サ ン た ち も い た し 、 地 区 労 と 一 年 に は 成 功 の 可 能 性 が あ っ た 」 と 宮 沢 は 言 う の で あ る 。 緒 に 行 動 し て る よ う な オ バ サ ン た ち も い 」 て 、 つ ま り そ し て こ こ が 一 つ の 大 き な ポ イ ン ト に も な る の だ が 、 ″ オ ー ル ド ウ ェ ー ブ ″ も ″ ニ ュ ー ウ ェ ー プ も 混 ざ り 合 っ 八 八 年 の 北 海 道 の 反 原 発 運 動 が 特 異 な の は 、 社 会 党 は 味 て い た ら し い 。 ほ っ け の 会 は 「 断 乎 と し て 小 原 支 持 」 で 、 方 で も あ っ た が 、 同 時 に 最 大 の 敵 で も あ っ た と い う こ と そ の 「 " オ ー ル ド ウ ェ ー プ 批 判 は 正 し い 」 と す る 立 場 だ つ で あ る 。 当 時 の 北 海 道 知 事 は 社 会 党 の 横 路 孝 弘 な の だ 。 た が 、 一 方 で 「 も と も と ぼ く ら の 原 則 は " 他 派 を 批 判 し 前 節 で 川 勝 手 連 ″ を 説 明 す る く だ り で 少 し 触 れ た 、 あ の

人民の敵 第38号


向 け た 八 一 年 の 第 一 次 ヒ ア リ ン グ の 際 に は 、 全 道 労 協 が な い 。 と い う か 、 そ り や い ろ い ろ と 不 満 に 思 う こ と は あ 横 路 で あ る 。 八 千 人 を 動 員 し て 阻 止 闘 争 を 組 ん で い る し 、 全 道 住 民 会 る け ど 、 そ れ は 運 動 全 体 の 重 層 性 に お い て 解 決 し て い か そ も そ も 八 三 年 に " 勝 手 連 方 式 。 に よ っ て 劇 的 な 勝 利 議 も こ れ ら 社 会 党 系 の 労 働 運 動 と 共 闘 し て い て 、 広 く は な き ゃ い け な い こ と だ 」 と 考 え て お り 、 逆 に ほ っ け の 会 を 収 め た 知 事 選 で も 、 前 年 に 浮 上 し た 幌 延 問 題 は 一 つ の こ こ ま で を 含 め て " オ ー ル ド ウ ェ ー プ ~ と い う こ と に な の 突 出 ぶ り を 「 " 遅 れ て き た 全 共 闘 と 揶 揄 し な が ら も 、 争 点 で あ り 、 当 然 な が ら 横 路 は 選 挙 戦 に 際 し て 計 画 反 対 ろ う 。 許 容 す る 雰 囲 気 が 北 海 道 の ″ オ ー ル ド ウ ェ ー プ 物 に は あ つ を 掲 げ て い た 。 む ろ ん 泊 原 発 の 建 設 計 画 は 横 路 時 代 よ り も は る か 以 前 に 決 定 さ れ 、 動 き 始 め た も の で 、 横 路 が そ む ろ ん 北 海 道 で も 八 七 年 の 後 半 に は 「 危 険 な 話 』 を た 」 と も 言 う 。 読 ん で 目 覚 め た 、 ム ノ 原 良 子 的 な 、 そ れ ま で ″ 運 動 ″ と 具 体 的 に は こ れ か ら 詳 述 す る が 、 「 運 動 構 造 が 重 層 的 れ を 止 め る 決 断 を す る こ と は 難 し か っ た の だ ろ う が 、 状 は あ ま り 縁 の な か っ た 主 婦 た ち も 反 原 発 運 動 に 続 々 と 参 に あ っ て 、 そ れ ら が く つ つ い た り 離 れ た り を 繰 り 返 し な 況 の 展 開 次 第 で は そ の 決 断 を 迫 る こ と も ま っ た く 不 可 能 入 し 始 め て 、 ″ ニ ュ ー ウ ェ ー プ 々 的 な 傾 向 も 現 れ て く る 。 が ら 状 況 が 推 移 し た 。 そ の 過 程 で は 最 左 派 の 部 分 が 常 に で は な い よ う に 思 わ れ た わ け だ 。 実 際 、 前 年 八 七 年 の 知 " ニ ュ ー ウ ェ ー プ と " オ ー ル ド ウ ェ ー ブ み の 中 間 の よ 前 衛 の 位 置 に い る わ け で も な く 、 ( 略 ) す ご く 右 だ と 思 っ 事 選 で も 横 路 は 圧 勝 し 、 の み な ら ず 道 議 会 選 挙 で も 革 新 う な 、 生 協 な ど の 運 動 も そ れ な り に 盛 ん で あ る 。 て た よ う な 部 分 が 前 衛 に 立 っ た り す る 局 面 も あ る 。 ど の 系 が 過 半 数 を 占 め る 大 勝 利 を 収 め 、 つ ま り 幌 延 の 核 廃 棄 そ う し た 札 幌 あ る い は 北 海 道 の 反 原 発 運 動 の 全 体 の 構 部 分 が い つ 重 要 な 役 割 を 担 う こ と に な り う る の か 、 あ ら 物 貯 蔵 施 設 の 推 進 派 議 員 が 大 量 落 選 、 横 路 も 幌 延 に つ い 造 の 中 で 、 ほ っ け の 会 は 、 最 も 行 動 的 、 戦 闘 的 な 若 い " 最 か じ め 機 械 的 に 決 め つ け る こ と は で き な い ん だ 。 い ろ ん て は 計 画 反 対 の 立 場 を 公 式 に 表 明 す る と い う 出 来 事 が な 運 動 が あ る と い う の は 、 あ る 意 味 で は 情 勢 の 変 化 に 対 あ っ た ば か り な の で あ る 。 左 派 々 と し て 突 出 し よ う と し て い た 。 し か し 宮 沢 が 強 調 す る の は 、 「 本 当 は 北 海 道 で は ″ オ ー 応 し う る よ う に 保 険 を か け て る よ う な も の な ん だ よ ね 。 ″ 土 井 社 会 党 プ ー ム 。 や " 広 瀬 隆 現 象 も 追 い 風 に し て 、 ル ド ウ ェ ー プ 、 ニ ュ ー ウ ェ ー プ っ て 分 け ら れ な い と い と 同 時 に 、 に も か か わ ら ず 単 に ″ い ろ ん な 運 動 が あ る 必 ず し も 勝 て な く は な い 闘 い で あ り 、 し か し 社 会 党 系 労 う の が 実 情 」 で 、 フ ォ ー ル ド ウ ェ ー プ 。 的 な 傾 向 の 人 た だ け で は ダ メ で 、 情 勢 の 節 目 節 目 で そ れ ら の う ち ど れ か 組 に は 横 路 と の 決 定 的 な 対 立 は 避 け た い と い う 思 惑 も あ ち と 、 " ニ ュ ー ウ ェ ー プ 。 的 な 傾 向 の 人 た ち が 、 北 海 道 1 点 に エ ネ ル ギ ー が 集 中 す る よ う な し く み も 必 要 」 で り : : : と 事 態 が 複 雑 な 展 開 と な る こ と は 避 け ら れ な い 。 で は 仲 が 良 か っ た 」 と い う こ と で あ る 。 あ っ て 、 「 穏 健 な 部 分 か ら 先 鋭 的 な 部 分 ま で 、 お 互 い を そ も そ も 、 「 田 年 に 至 る 過 程 で 出 て き た オ バ サ ン た ち 罵 り 合 わ ず に 、 し か も お 互 い の 存 在 を 念 頭 に 入 れ な が ら 、 〈 こ の 節 、 つ づ く 〉 は そ れ ぞ れ 、 い ろ ん な と こ ろ に い て 、 ぼ く ら と 常 に 行 動 そ れ そ れ が 戦 術 を 練 っ て た ん だ か ら 、 そ う い う 意 味 で は を 共 に し て る よ う な オ パ サ ン た ち も い た し 、 地 区 労 と 一 年 に は 成 功 の 可 能 性 が あ っ た 」 と 宮 沢 は 言 う の で あ る 。 緒 に 行 動 し て る よ う な オ バ サ ン た ち も い 」 て 、 つ ま り そ し て こ こ が 一 つ の 大 き な ポ イ ン ト に も な る の だ が 、 " オ ー ル ド ウ ェ ー プ も ″ ニ ュ ー ウ ェ ー プ 4 も 混 ざ り 合 っ 八 八 年 の 北 海 道 の 反 原 発 運 動 が 特 異 な の は 、 社 会 党 は 味 て い た ら し い 。 ほ っ け の 会 は 「 断 乎 と し て 小 原 支 持 」 で 、 方 で も あ っ た が 、 同 時 に 最 大 の 敵 で も あ っ た と い う こ と そ の 「 " オ ー ル ド ウ ェ ー プ ″ 批 判 は 正 し い 」 と す る 立 場 だ つ で あ る 。 当 時 の 北 海 道 知 事 は 社 会 党 の 横 路 孝 弘 な の だ 。 た が 、 一 方 で 「 も と も と ぼ く ら の 原 則 は " 他 派 を 批 判 し 前 節 で 藤 手 連 ″ を 説 明 す る く だ り で 少 し 触 れ た 、 あ の

人民の敵 第38号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン バ を し て く れ る 方 に 感 活 動 報 告 “ を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン パ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 1 1 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 。 580 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が 亠 皿 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は 汚 000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 送 付 さ れ る “ シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 1000 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 第 布 教 “ と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は “ 1 冊 5000 円 、 、 、 第 15 号 か ら は 、 、 5 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は バ ラ 士 り は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 ず つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第38号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 508 円 の 資 金 カ ン バ を し て く れ る 方 に 感 活 動 報 告 “ を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン バ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 1 1 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 80 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が ユ 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は 汚 000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 送 付 さ れ る “ シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 108 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は “ 布 教 “ と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は “ 1 冊 5000 円 “ 、 第 15 号 か ら は 、 、 5 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は 。 バ ラ 売 り は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 ず つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第38号


長 に す ぎ な い 宮 沢 の 方 針 な ど 、 党 に は 一 顧 だ に さ れ な い 。 の 過 程 で 民 青 組 織 か ら の ア プ ロ ー チ が あ り 、 ほ ど な く 宮 沢 も 民 青 に 加 盟 す る こ と に な る 。 ま る で 勝 利 し た 革 命 軍 が 凱 旋 す る よ う に 期 待 に 胸 膨 闘 争 敗 北 後 も し ば ら く は 「 も う 「 赤 旗 」 の 拡 大 を や る し 「 民 青 は 当 時 、 新 日 和 見 主 義 分 派 の 問 題 ( 引 用 者 註 ・ 全 共 ら ま せ て 僕 は 共 産 党 の 拠 点 大 学 の 夜 間 短 大 に の り こ ん か な い っ て 思 い つ め て 、 頑 張 っ て た ん だ け ど 、 そ の う ち 闘 運 動 と 対 決 し て い る う ち に 半 ば そ の 感 化 も 受 け て し ま っ た と 見 な だ 。 マ ル ク ス 主 義 経 済 学 を 学 び 、 人 民 を 組 織 す る ぞ と 。 1 日 間 ぐ ら い ソ ニ ー ・ ロ リ ン ズ の 「 イ ー ジ ー ・ リ ヴ ィ ン さ れ た 主 に 民 青 指 導 者 ら が 大 量 に 共 産 党 を 除 名 さ れ た 、 七 0 年 代 初 だ が 入 学 後 た だ ち に 僕 の 文 化 的 ア ジ テ ー ト も 政 治 的 グ 』 を 聴 い て 決 断 す る ん だ 。 党 を 辞 め る っ て 。 当 時 の ぼ 頭 の 事 件 ) で 指 導 部 が 大 量 に 除 名 さ れ た 直 後 だ っ た の ね 。 ア ジ テ ー ト も 通 用 し な い こ と が わ か る 。 「 私 は 長 女 だ く に と っ て 党 を 辞 め る っ て こ と は 革 命 を 放 棄 す る っ て こ 地 区 委 員 会 か ら 何 か ら 、 ガ タ ガ タ だ っ た の 。 と い う こ と か ら 長 男 の 人 と は 恋 愛 で き な い 」 と い う 少 女 に ど う と だ か ら さ ( 笑 ) 」 。 七 九 年 の こ と で あ る と い う 。 は つ ま り 、 細 か な 指 導 な ん て 誰 も で き な い 状 況 な ん だ 。 や っ て 革 命 を 説 け ば よ い の だ 。 「 そ の 後 し ば ら く は 文 化 戦 線 み た い な 、 劇 団 ご っ こ を と に か く 組 織 拡 大 の 活 動 さ え し て い れ ば 、 あ と は 会 議 で 夜 間 短 大 は 向 学 心 は あ る が 勉 強 の で き な い 農 家 の 息 や っ た り 、 雑 誌 を 出 し た り し て た 」 が 、 翌 八 0 年 、 韓 国 タ バ コ を 吸 お う が 何 し よ う が 、 お 咎 め ナ シ だ っ た 。 新 日 子 ・ 娘 や 青 年 労 働 者 が か よ っ て い た 。 経 済 学 部 は 首 部 で 光 州 事 件 が 起 き る 。 前 節 で 触 れ た 、 成 立 し た ば か り の 和 見 主 義 問 題 の 直 後 の 、 非 常 に 自 由 な 雰 囲 気 の 民 青 に 、 圏 の 大 学 に 行 け な か っ た 主 に 男 子 の 地 域 エ リ ー ト 、 教 全 斗 煥 政 権 に よ る 民 主 化 運 動 の 鎮 圧 で あ る 。 ぼ く ら は 幸 運 に も 入 る こ と が で き た わ け だ 」 と 宮 沢 は 振 育 学 部 は 教 師 公 務 員 を め ざ す 県 内 か ら の 学 生 達 で あ 「 田 年 に 、 知 り 合 い を と お し て 第 四 イ ン タ ー の メ ン バ り 返 る 。 ニ 年 生 で 留 年 し て 七 六 年 春 ま で の 計 四 年 間 の 在 る 。 女 子 が 多 い 。 県 立 福 島 医 大 と あ わ せ て 卒 業 生 は 県 が 金 大 中 の 死 刑 阻 止 を 訴 え て 八 ン ガ ー ・ ス ト ラ イ キ を や 学 中 、 最 大 時 で 約 三 十 名 の 民 青 同 盟 員 が 札 幌 北 高 内 に い 内 の 中 堅 エ リ ー ト 層 を 形 成 す る 。 き わ め て 土 着 的 な 大 る と い う 話 を 聞 い た 。 教 育 学 部 に イ ン タ ー の メ ン バ ー が た と い う 。 学 で あ っ た 。 1 人 か 2 人 残 っ て た ん だ 。 そ の 当 時 の ぼ く は ま だ 新 左 翼 ( 宮 沢 を 濺 盤 山 は 宝 の 山 よ 」 / ル ク イ 彩 流 社 ・ 年 ) に つ い て " ニ セ 左 翼 。 で あ る と い う 認 識 で い た ん だ け ど ニ 回 目 の ニ 年 生 の 時 に は 宮 沢 が 生 徒 会 長 に な る な ど し て 、 三 日 間 か ら ニ 日 間 に 短 縮 さ れ て い た 文 化 祭 を 再 び 三 ( 笑 ) 、 そ の 課 題 な ら ぼ く も 彼 ら を 支 援 せ さ る を え な い 」 日 間 に 戻 さ せ た り 、 賭 け マ ー ジ ャ ン で 退 学 処 分 に な り そ そ も そ も " 移 民 の 街 で あ り 伝 統 的 共 同 体 に よ る 縛 り と い う こ と に な っ て 、 「 金 大 中 死 刑 阻 止 ・ 三 学 部 生 の 会 」 う に な っ た 生 徒 た ち を 署 名 運 動 で 救 っ た り 、 あ る い は 全 が 弱 く 人 々 の 感 覚 が 根 本 の と こ ろ で ″ 都 会 的 の な 北 海 道 を 共 に 結 成 し 、 宮 沢 は 次 第 に 肇 四 イ ン タ ー 寄 り 設 の 新 日 制 の 生 徒 と 定 時 制 の 生 徒 と の 交 流 を 促 進 し た り 、 や が と 、 日 本 の 大 部 分 を 占 め る " 保 守 王 国 物 的 な 普 通 の 田 舎 左 翼 ノ ン セ ク ト 活 動 家 へ と 変 貌 し て い く 。 半 年 間 ほ ど 、 正 式 に 第 四 イ ン タ ー の 学 生 組 織 に 加 盟 し て い た 時 期 も あ て 八 ニ 年 に 札 幌 北 高 に 入 学 し て く る 山 本 夜 羽 ら の 代 に も と で は 、 勝 手 が 違 い す ぎ た と い う わ け だ 。 ま だ 、 宮 沢 の 名 は ″ 伝 説 の 生 徒 会 長 設 と し て 語 り 伝 え ら や が て 夜 間 短 大 の 廃 止 問 題 が 持 ち 上 が り 、 す で に 共 産 る ら し い 。 れ て い た そ う だ 。 党 の 夜 学 支 部 長 と な っ て い た 宮 沢 は 反 対 運 動 に 取 り 組 教 育 学 部 に は 当 時 、 他 に 中 核 派 の 学 生 も 十 名 ほ ど い て 、 高 校 卒 業 後 、 一 年 間 の 浪 人 生 活 を 経 て 、 当 時 は 民 青 の む が 、 「 生 協 、 労 組 、 経 済 学 部 教 授 会 、 教 育 学 部 教 授 会 、 宮 沢 ら " 第 四 イ ン タ ー 系 ノ ン セ ク ト と 小 突 き 合 い 程 度 一 大 拠 点 校 だ っ た と い う 福 島 大 学 の 経 済 短 期 大 学 部 ( 夜 経 済 短 期 大 学 教 授 会 、 す べ て 共 産 党 系 で 、 一 大 拠 点 だ つ の 牧 歌 的 な 衝 突 も た ま に 起 き た と い う ( 八 三 年 の 三 里 塚 闘 争 間 ) に 進 む の が 七 七 年 の こ と で あ る 。 こ の 福 島 大 時 代 に 、 た 」 福 島 大 で 、 教 授 会 部 分 が 廃 止 に 賛 成 し て お り 、 も と の 分 裂 以 降 は 、 中 核 派 は 第 四 イ ン タ ー に 壮 絶 な 内 ゲ パ を 仕 掛 け る よ 宮 沢 は 最 初 の 本 格 的 な ″ 挫 折 ″ を 経 験 し て い る 。 も と 重 き を 置 か れ て い な い 夜 間 短 大 の し か も 学 生 組 織 の う に な る ) 。 む ろ ん 三 学 部 で 総 勢 百 名 以 上 い た と い う 民 青