検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第41号

人民の敵 第41号から 45件ヒットしました。

人民の敵 第41号


人 民 の 敵 第 41 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 5 ) 今 号 の 内 容 2018 年 2 月 1 日 02

人民の敵 第41号


人 民 の 敵 第 41 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 5 ) 今 号 の 内 容 2018 年 2 月 1 日 02

人民の敵 第41号


第 41 号 人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 5 ) 今 号 の 内 容 2018 年 2 月 1 日 02

人民の敵 第41号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 580 円 の 資 金 カ ン バ を し て く れ る 方 に 、 活 動 報 告 “ を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン バ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 11 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 、 5000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が ユ . 皿 送 付 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は 、 5000 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が . 坦 送 付 さ れ る 。 シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 108 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 、 布 教 。 と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は 、 、 1 冊 5000 円 “ 、 第 15 号 か ら は “ 5 冊 セ ッ ト 5000 円 “ で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は 、 二 △ ラ 売 、 .2 ー 、 、 は 、 お - 、 こ 、 な 、 い 莖 ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 す つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第41号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン バ を し て く れ る 方 に 齢 活 動 報 告 “ を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 warewa「[email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン パ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 11 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 、 5000 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が ユ . 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は 、 508 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が 5 冊 送 付 さ れ る “ シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 108 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 布 教 “ と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は 、 、 1 冊 5000 円 “ 、 第 15 号 か ら は 5 冊 セ ッ ト 5000 円 “ で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は ツ ヾ ラ 売 り 。 は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 す つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第41号


が 連 れ て こ ら れ て 、 リ ン グ を 組 ん で " 決 闘 み さ せ ら ら は ″ 偉 い 人 扱 い さ れ て て 、 テ メ 工 は 何 を や っ て る の な か っ た か ら 、 選 択 肢 は ヤ ー 公 と か 、 そ う い う " 非 合 法 お れ る ん だ よ 。 殴 り 合 わ な い と オ マ エ を い じ め る ぞ っ か 知 ら な い け ど 、 た ぶ ん ど う せ 組 合 の 偉 い さ ん だ ろ ? し か な い じ ゃ ん 」 と い う こ と に な り 、 太 田 は 結 局 、 路 上 て 。 そ れ で み ん な 恐 ろ し い も ん だ か ら 、 こ わ ご わ 殴 り で 、 昼 頃 ま で 庭 に 水 を 撒 い て ん だ よ 。 そ れ か ら 赤 い ネ ク に 車 を 停 め て 花 を 売 る テ キ ヤ 系 の 地 元 ヤ ク ザ 組 織 に 入 こ く す い が な ま ち 合 う 。 だ っ て い き な り 廊 ド の 端 の 方 か ら ダ ー ツ と 走 っ タ イ を 締 め て 意 気 揚 々 と 出 か け て い く ん だ け ど 、 近 所 の る 。 「 国 粋 会 - 金 町 一 家 」 で あ る 。 改 め て 言 う ま で も な て き て 、 延 髄 蹴 り と か さ 、 そ う い う い じ め な ん だ も オ バ チ ャ ン と ハ チ 合 わ せ た ら 、 延 々 と 立 ち 話 を し て る ん く 、 山 谷 争 議 団 と 流 血 の 抗 争 を 繰 り 広 げ た 、 あ の ″ 金 町 ん 。 普 通 だ っ た ら 死 ん じ ゃ う よ 。 そ ん な こ と を 平 気 だ 、 政 治 に つ い て ウ ン タ ラ カ ン タ ラ と 。 見 て て な ん か 一 家 だ 。 花 を 売 る テ キ ャ 稼 業 は 、 金 町 一 家 の 幹 部 が " 副 で や る 連 中 な ん だ か ら 。 生 爪 を 剥 が さ れ た っ て 話 も 嫌 ら し く て さ 。 オ レ の こ と な ん か 結 構 ″ 可 哀 想 な 子 。 み 業 で や っ て い た も の ら し い 。 テ キ ヤ を や っ て い た の は 一 年 間 ほ ど の こ と だ と い う あ っ た し 、 シ ン ナ ー ぶ つ か け ら れ て 火 と か つ け ら れ た い な 目 で 見 て て 、 「 差 別 は よ く な い よ 」 み た い な こ と か ね な い か ら 、 み ん な 殴 り 合 う ん だ け ど 、 オ レ は 宗 も よ く 云 わ れ て : : : 」 と い う 経 験 も あ り 、 「 オ マ ワ リ と が 、 「 最 初 の 半 年 ぐ ら い 、 か な り 厄 介 な 人 の そ ば で 商 売 教 に 走 っ て た お か げ で 、 拒 否 す る こ と が で き た ん で 先 公 と 、 あ と 赤 い ネ ク タ イ 締 め た 革 新 ぶ っ た 奴 ら は 絶 対 を 叩 き 込 ま れ て 、 コ ツ を 掴 ん で ″ ハ ッ タ リ 商 法 み た い お か ち ま を す よ 。 こ れ は 宗 教 の 持 っ 麻 薬 性 と い う の か 、 殴 ら れ に オ し の 敵 だ と 思 っ て 」 い た そ う だ 。 国 語 以 外 の 勉 強 は な こ と を 覚 え て 、 そ れ を 御 徒 町 で 試 し て み た ら か な り 通 る こ と が 怖 く な い ん だ よ ね 。 す る と 、 怖 が ら な い 奴 で き な か っ た か ら 教 師 の 前 で 「 教 師 が 見 て 胸 が キ ュ ン と 用 し た ん だ よ ね 。 毎 日 平 均 5 万 円 ぐ ら い 稼 い で て 、 月 に に 対 し て 彼 ら は 火 を つ け て き た り も し な い わ け 。 こ っ く る よ う な 行 い を 随 分 し 」 て 、 「 ほ ん と に 物 事 を 見 る 目 百 万 と か の 売 上 に な っ て た も ん 。 人 件 費 と か 諸 経 費 を 引 ち は こ っ ち の 倫 理 観 の 持 っ " 拘 束 力 ~ と い う も の を が あ れ ば 、 オ レ が 本 当 は 自 分 が 生 き る べ き 場 所 で ち ゃ ん い て も 、 月 に R 万 ぐ ら い の 利 益 だ っ た ん じ ゃ な い か な 。 信 じ て る か ら 、 柿 く な く て 、 そ う い う 奴 に 対 し て は と 生 き て い な い こ と と か 、 実 は 周 り の 友 達 を 非 常 に 深 い オ レ も ピ ン 八 ネ し て 随 分 儲 け て て 、 1 年 間 に お 袋 に 百 万 彼 ら も あ ん ま り 過 剰 に は や っ て こ な い ん だ 。 こ れ も と こ ろ で 軽 蔑 し て る こ と に 気 づ く は ず な ん だ け ど 、 単 に 渡 し て 、 オ レ も 万 貯 め た し 、 毎 日 か な り 贅 沢 な も ん ば っ ま あ 、 今 考 え て み る と そ う い う こ と だ っ た ん だ ろ う つ 上 っ 面 だ け 見 て 、 「 友 達 思 い で あ る 、 心 が 優 し い 、 嘘 を か り 食 っ て て 、 友 達 と 遊 び に 行 っ て も 必 ず オ レ が 奢 っ た て こ と だ け ど さ 。 と に か く 宗 教 の お か げ で 、 い じ め つ つ か な い 、 授 業 態 度 も マ ジ メ で あ る 」 と か 思 わ せ て 」 推 り し て た し ね 。 そ れ で も 月 に 百 万 と か の 売 り 上 げ に な っ 子 が ヒ マ 漬 し で や る そ う い う ″ 面 白 シ ョ ー に 加 担 薦 で 入 っ た 工 業 高 校 を 卒 業 す る と 、 「 縁 故 で 就 職 し て 、 て た 」 と の こ と だ 。 せ ず に 済 ん だ 。 ち ょ っ と 働 い て 、 先 公 と オ マ ワ リ と 革 新 は 敵 で ー ー オ マ 鹿 島 の 「 馬 の 骨 の 頃 」 に よ れ ば 、 「 長 髪 に ア ー ミ ー ジ ャ 特 技 ″ が 3 つ で き た ん だ よ 。 ″ 絶 対 に 泣 力 な し 々 、 《 ) っ ワ リ は 敵 だ か ら さ 。 " 第 2 の 階 級 形 成 み の 時 に 、 こ い っ ケ ッ ト の 彼 は 「 お か ち ( 御 徒 町 ) の ヒ ッ ピ ー さ ん 」 と し て い う の と ) い つ で も 泣 け る 〃 っ て い う の と 、 あ と ″ 死 ら は 敵 だ 、 オ マ ワ リ に 守 ら れ る よ う な 人 間 に だ け は な っ て ホ ス テ ス さ ん た ち の 人 気 者 」 だ っ た と い う 。 太 田 自 身 ん だ 真 似 物 ( 笑 ) 。 そ う い う こ と が オ レ 、 す ご く 上 手 く ち ゃ い け な い 、 " 正 義 を お こ な っ た 人 間 に " 暴 力 , ″ レ は 、 「 髪 の 毛 を 伸 ば し て 、 ヒ ゲ も モ ニ ャ ー ツ と 伸 ば し て て 、 な っ て ね イ プ 4 で 報 復 す る よ う な 人 間 の 片 棒 を か つ ぐ よ う な も ん ジ ョ ン ・ レ ノ ン 眼 鏡 を か け て 、 バ ン ダ ナ を 巻 い て ( 笑 ) 。 だ 、 そ ん な 片 棒 を か つ ぐ く ら い な ら 、 ま だ ″ 犯 罪 者 ″ の 首 か ら 上 は ヒ ッ ピ ー で 、 首 か ら 下 は ア ー ミ ー 服 で 、 首 か " 階 級 意 識 に は す で に 目 覚 め て い た が 、 「 ウ チ の 近 所 傍 に い る べ き だ 、 む し ろ こ っ ち が " 犯 罪 者 ~ で い る べ き ら ポ プ リ の ペ ン ダ ン ト を ぶ ら 下 げ て ね 。 そ ん な 格 好 で 御 に 、 共 産 党 の 党 員 な ん じ ゃ な い か と 今 か ら 考 え て も そ う だ 、 っ て こ と に な る と , , , ー し か も マ ト モ な 左 翼 ~ と い 徒 町 の 駅 前 で 花 を 売 っ て た ん だ ( 笑 ) 。 よ く 殴 ら れ ま し た 思 う よ う な 奴 が い た ん で す よ 。 ご 近 所 の 半 端 プ チ プ ル か う か 、 ち ゃ ん と し た " 革 命 的 ″ な 左 翼 は オ レ の 周 り に い よ 、 社 長 に 。 今 か ら 思 え ば や つ ば り 社 長 は オ レ の 顔 を 見

人民の敵 第41号


家 も ま た か な り の カ リ ス マ 的 存 在 だ っ た よ う で 、 鹿 島 は じ で " 幸 渕 一 派 。 を 形 成 し て い た 数 名 の 女 子 高 生 た ち は 、 過 ぎ だ ろ う か 」 と 幸 渕 を " 追 想 。 し て い る 。 の ち に ア ナ キ ズ ム 系 の ミ ニ コ ミ 誌 「 黒 」 第 九 号 年 6 お そ ら く 大 半 、 " 尾 崎 の 集 い ~ で 集 ま っ て き た の だ ろ う ″ 真 木 ー 加 治 幸 渕 ラ イ ン ″ を 軸 に 赤 か ぶ 屋 に 出 入 り 月 ) お よ び 第 十 号 年 6 月 ) に 前 後 篇 で 発 表 し た 手 記 「 馬 と 鹿 島 は 一 言 う 。 す る よ う に な っ た 若 者 た ち は 、 「 イ グ ア ノ ド ン 」 と い う の 骨 の 頃 」 の 中 で 、 「 姐 御 的 な カ リ ス マ が あ っ て 、 年 齢 佐 藤 悟 志 も 幸 渕 に 強 く 影 響 さ れ た よ う で 、 イ ン タ グ ル ー プ 名 を 自 称 し 始 め る が 、 こ れ は お そ ら く 八 八 年 中 以 上 に 大 人 に 見 え た 。 国 家 に よ る セ ッ ク ス ・ ド ラ ッ グ ・ ビ ュ ー で は 例 に よ っ て 「 幸 渕 さ ん は 当 時 か ら 7 売 春 婦 の に 崩 壊 し て し ま う 。 そ の き っ か け と な っ た 、 ″ レ イ プ 疑 惑 ロ ッ ク ン ロ ー ル の 管 理 に 反 対 す る と い う と 、 母 や 人 権 」 を 掲 げ て た り 、 「 ア ン チ 国 防 婦 人 会 」 っ て グ ル ー に よ る 加 治 糾 弾 に つ い て 鹿 島 は 「 馬 の 骨 の 頃 」 で も イ ン 妻 と し て 戦 争 に 動 員 さ れ る こ と を 拒 否 す る と い う ア ン チ プ を や っ て た り 、 「 秋 の 嵐 」 に も 参 加 し て た 1 人 だ け ど 、 タ ビ ュ ー で も 触 れ て い な い し 、 「 馬 の 骨 の 頃 」 で は 八 九 国 防 婦 人 会 と 名 乗 る グ ル ー プ の ニ つ を や っ て い た 。 今 で 「 秋 の 嵐 」 の 中 で も 異 色 の 活 動 家 で 、 な か な か 人 民 大 衆 年 春 の 行 動 に 触 れ た 箇 所 に 「 幸 渕 の 彼 氏 の ケ ン ち ゃ ん 」 こ そ セ ッ ク ス ワ ー カ ー の 権 利 と い っ た テ ー マ は フ ェ ミ 一 一 に は 理 解 し が た い 主 張 を 展 開 し て た 」 と 多 少 お ど け 気 味 と い う 文 一 言 が 出 て き て 幸 渕 は す で に 加 治 と 別 れ て い た 様 ス ト の 定 番 に な っ て い る が 、 こ の こ ろ に 売 春 婦 の 人 権 を だ が 、 九 三 年 一 月 に 発 行 し た ミ ニ コ ミ 「 「 赤 線 従 業 員 組 子 で あ り 、 ま た イ ン タ ビ ュ ー で は 加 治 は 赤 か ぶ 家 に 「 た 掲 げ て 集 会 を 開 い て い た の は 、 日 本 で は 幸 渕 だ け だ っ た 。 合 と 売 春 防 止 法 」 ノ ー ト 」 の 末 尾 近 く で は ぐ っ と 真 面 目 ま に 来 て た 」 に す ぎ な か っ た と も 言 っ て い る か ら 、 鹿 島 か っ こ よ く 着 古 し た 茶 色 の ア ー ミ ー コ ー ト を 着 て い た の に 、 「 最 後 に 、 私 に ヒ ン ト を 与 え て く れ た 人 に つ い て 述 が 赤 か ぶ 家 に 出 入 り し 始 め た 八 九 年 ニ 月 頃 に は 、 す で に が 印 象 に 残 っ て い る 」 と 書 い て い る 。 イ ン タ ビ ュ ー で は 、 べ て お こ う 。 彼 女 の 「 売 春 婦 の 人 権 」 と い う 一 一 = ロ 葉 を 聞 い イ グ ア ノ ド ン は い っ た ん 崩 壊 し た 後 だ っ た の だ ろ う と 思 幸 渕 は か っ て 、 七 七 年 に 始 ま っ た 原 宿 ホ コ 天 で 、 八 0 年 た と き 、 そ の 当 時 、 一 九 八 九 年 頃 の 私 は 、 愚 か に も そ の わ れ る の だ が 、 一 方 で 山 本 は 、 馬 の 骨 の 初 期 に は 加 治 も 前 後 に か け て の ニ 大 勢 力 と な っ た 「 竹 の 子 族 」 ( デ ィ ス コ 意 味 を 理 解 す る こ と が で き な か っ た 。 「 売 春 婦 」 日 「 政 参 加 し て お り 、 事 件 は 馬 の 骨 が 始 ま っ て か ら だ っ た と 思 系 の 音 楽 を か け て 集 団 で 踊 る 、 お そ ら く 現 在 な ら 旨 サ コ プ に 熱 府 自 民 党 の 悪 政 に よ っ て 生 み 出 さ れ た 、 人 権 を 切 り 売 り う と 言 っ て い て 、 あ る い は 鹿 島 に と っ て も そ れ は 陰 鬱 な 中 し て い る で あ ろ う よ う な セ ン ス の 若 者 た ち ) と 「 ロ ー ラ ー 族 」 す る 可 哀 想 な 人 々 」 Ⅱ 「 だ か ら そ の 境 遇 か ら 救 い 出 し て 、 思 い 出 で 、 単 に 触 れ た く な い だ け で あ る 可 能 性 も あ る ( 後 ( リ ー ゼ ン ト に 革 ジ ャ ン に : : : と い う " 五 0 年 代 ロ ッ ク ~ ふ う の 恰 好 ま っ と う な 仕 事 を 与 え て あ げ な き や 」 な ど と い う 、 プ ル 述 の と お り 四 月 の 段 階 で ま だ 加 治 は " 元 気 で あ る よ う だ か ら 、 そ で ロ ッ ク ン ロ ー ル を か け て 踊 る 若 者 た ち ) の 後 者 ・ ロ ー ラ ー 族 ジ ョ ワ ・ イ デ オ ロ ギ ー 以 前 の 原 住 民 道 徳 に 支 配 さ れ て い れ 以 後 と い う こ と か も し れ な い ) 。 の 一 員 だ っ た そ う だ 。 鹿 島 や 山 本 よ り い く つ か 年 上 だ っ た 私 に は 、 『 売 春 婦 と し て 生 き る こ と 」 と 「 人 権 を 獲 得 山 本 に よ れ ば 、 そ れ は 以 下 の よ う な 事 件 だ っ た 。 た と い う し 、 八 0 年 前 後 の ロ ー ラ ー 族 の 全 盛 期 に お そ ら す る こ と 」 を 両 立 さ せ よ う と す る 彼 女 の 運 動 が 、 何 か 途 加 治 の ″ フ ァ ン で あ っ た 若 い 女 が 、 " 加 治 に レ イ プ ぶ こ く く 十 代 半 ば だ っ た の で は な い か と 思 わ れ る か ら 、 六 0 年 方 も な い こ と の よ う に 思 え て 、 と う と う 真 剣 に 話 を 聞 く さ れ た み と 周 囲 に 吹 聴 し 始 め た 。 山 本 は 、 そ れ は 誣 告 ( 虚 代 前 半 生 ま れ の 世 代 だ ろ う 。 こ と す ら し な か っ た の で あ る 。 / 私 に こ の 言 葉 を 教 え て 偽 の 被 害 申 告 ) だ と 確 信 し た と い う が 、 " 被 害 者 側 の 一 八 七 年 十 一 一 月 に 尾 崎 豊 が 覚 醒 剤 で 逮 捕 さ れ た の を 承 け く れ た 人 は 、 今 は 「 業 界 」 の 表 舞 台 に い な い 。 「 人 民 の 海 」 方 的 な 主 張 の み を 根 拠 に ″ 加 治 糾 弾 ~ を 主 導 し た の が 、 て 、 幸 渕 は ″ 尾 崎 を 考 え る 集 い ~ だ か と い う イ ベ ン ト を に 潜 っ て 密 か に 逆 襲 の 機 会 を ね ら っ て い る と い う 噂 も あ 青 生 舎 と も 近 し い 関 係 に あ っ た ラ イ タ ー の 北 村 年 子 だ っ " 国 家 に よ る セ ッ ク ス ・ ド ラ ッ グ ・ ロ ッ ク ン ロ ー ル の 管 る 一 方 で 、 あ ら ゆ る 運 動 に あ き れ 返 っ て 、 姿 を 消 し て し た と い う 。 理 に 反 対 す る と い う 視 点 か ら 企 画 し て お り 、 鹿 島 が 赤 ま っ た の だ と も 言 わ れ て い る 。 も し そ う だ と し た ら そ の 北 村 は 六 ニ 年 生 ま れ で 、 文 芸 誌 や 女 性 誌 の 編 集 者 を 経 か ぶ 家 に 出 入 り し 始 め た 頃 に " 幸 渕 の 妹 分 設 の よ う な 感 責 任 の 一 端 を 自 分 も 負 っ て い る 、 な ど と い う の は 自 惚 れ て フ リ ー の ラ イ タ ー と な り 、 十 代 の 少 女 ニ 百 人 へ の ア と し こ

人民の敵 第41号


状 況 を 持 続 的 に 作 り 出 し 、 通 行 人 を ハ ラ ハ ラ ・ ド キ ド キ そ れ で 彼 女 た ち が 、 自 分 た ち で も 何 か 表 現 し た い っ キ ( 如 鬼 ) 君 っ て い う の は 「 野 良 」 っ て バ ン ド の 人 で 、 さ せ な が ら 味 方 に つ け て い く 、 と い う の が 見 津 の 言 う ″ て こ と に な っ て 、 芝 居 を 考 え て き た ん だ け ど 、 内 部 黒 田 ( 雅 男 ) 君 は 「 」 っ て い う 動 物 解 放 の バ ン フ ォ ー マ ン ス 路 線 甜 な の だ ろ う 。 で も め た ん だ よ ね 。 そ の 頃 の 良 昭 さ ん っ て わ り と 傲 ド で 、 穴 水 君 は 「 ヘ ル ネ ー シ ョ ン 」 っ て い う 過 激 派 十 月 三 十 日 ・ 日 曜 日 の 行 動 は そ の も の ず ば り ″ 芝 居 バ 慢 だ っ た ん だ け ど 、 「 そ ん な の は 表 現 で も 何 で も な ノ ン ド で 、 高 橋 良 昭 は 「 テ ー ゼ 」 で し よ 。 そ う い う フ ォ ー マ ン ス ″ で あ る 。 ニ 日 の 行 動 か ら 少 し 間 が 空 い て 、 素 人 が そ ん な 芝 居 な ん か や っ て も 」 み た い に 云 っ 人 た ち が 中 心 だ っ た 。 元 は ど こ か の 党 派 に い た 人 と い る の は 、 前 期 ・ 秋 の 嵐 の メ イ ン を な す 「 テ ー ゼ 」 な ど て 、 お 互 い に 相 当 ム キ に な っ て 。 彼 女 は 素 人 じ ゃ な い う の も 多 い ん だ け ど 、 ざ っ と 構 成 を 云 え ば 、 バ ン バ ン ド 部 分 と 、 そ れ 以 外 の 部 分 と の 、 「 第 ニ 期 」 の 活 動 い わ け だ よ 、 ま あ プ ロ と い う わ け で も な い け ど 、 芝 ド 関 係 者 が 3 分 の 1 、 元 過 激 派 が 3 分 の 1 、 あ と 3 が 失 速 し て い く 原 因 と も な っ た 齟 齬 が 改 め て 表 面 化 し 、 居 の 経 験 は あ る か ら 。 で 、 彼 女 の 案 に 名 乗 り を 上 げ 分 の 】 は ・ : ・ : 何 だ ろ う 、 " 市 民 か な あ ( 略 ) そ の 解 決 の た め の 議 論 に 時 間 が 費 や さ れ た と い う こ と な た の が 6 、 7 人 い た わ け ね 。 そ の 頃 は 勢 い が あ っ た ん の か も し れ な い 。 細 か く 覚 え て る わ け じ ゃ な い か ら 、 ぼ く の 勝 手 な 解 で 、 興 味 半 分 で 来 る 奴 も 含 め て 、 会 議 を や る と 5 人 は 集 ま っ て た か ら 。 結 局 芝 居 は や る こ と に な っ 釈 か も し れ な い け ど 。 ま あ と に か く そ ん な ふ う に 路 線 例 え ば 良 昭 さ ん ( 引 用 者 註 ・ 「 テ ー ゼ 」 の ポ ー カ リ ス ト で て 、 練 習 し て 準 備 し た ん だ け ど 、 バ ン ド の 連 中 と か が 変 わ っ て か ら 見 津 君 が 張 り 切 り 出 し た 。 見 津 君 は 最 あ る 高 橋 良 昭 ) が 当 時 付 き 合 っ て た 女 性 も ( 秋 の 嵐 の ) メ は ほ と ん ど そ れ に 参 加 し な か っ た 。 良 昭 君 な ん か は 、 初 か ら 「 秋 の 嵐 」 に い た け ど 、 元 々 は バ ン ド の 人 た ち ン バ ー だ っ た ん だ け ど 、 彼 女 は 芝 居 を や っ て た の ね 応 練 習 に 来 て は く れ て た ん だ け ど 、 ク ー ル に 見 て の ま と め 役 み た い な 役 割 に 徹 し て た の か な あ そ こ ら あ な み ず 良 昭 さ ん も 元 々 芝 居 を や っ て て 、 そ れ で 彼 女 と 知 り た し 、 穴 水 君 は ど っ ち か と い う と も う そ の 頃 は 、 バ へ ん は よ く 分 か ら な い け ど 、 「 バ ン ド 演 奏 の 時 間 が 退 合 っ て る ん だ け ど 。 で 、 良 昭 さ ん は 自 分 の 表 現 手 段 ン ド な ん だ け ど 、 い ざ っ て 時 に は ギ タ ー を 捨 て て 武 屈 だ 」 と か 云 っ て た み た い で 、 そ も そ も 見 津 君 っ て の と い う も の を 持 っ て る じ ゃ ん 、 表 現 っ て 言 葉 を あ え 器 を 持 つ っ て い う ( 笑 ) 、 わ り と そ う い う の が 好 き な は 芸 術 ・ ア ー ト 方 面 に は ま っ た く 理 解 の な い 人 な ん で て 音 楽 と か そ う い う の に 限 定 す れ ば 。 だ け ど 他 の 秋 人 だ っ た か ら 、 こ の 時 は 「 防 衛 」 と い う 形 で つ く 、 と 。 す よ 。 「 理 解 が な い 」 っ て い う か 、 セ ン ス が な い 、 セ ( 見 津 ) の 嵐 の メ ン バ ー は 、 自 分 で 演 奏 し た り 歌 っ た り っ て ン ス が 欠 如 し て る ん だ ( 笑 ) 。 映 画 を 観 た り 音 楽 を 聴 い こ と は な い ん で 、 例 え ば お れ な ん か だ っ た ら マ イ ク た り す る こ と を 娯 楽 と す る よ う な 回 路 が そ も そ も な い で 叫 ぶ こ と も 表 現 だ っ て ふ う に 何 と か 思 い 込 も う と や つ ば り そ の " 芝 居 み が メ ル ク マ ー ル だ っ た の か な 。 人 で 、 バ ン ド の 人 た ち と 関 わ り 始 め た の も 音 楽 に 理 解 す る わ け だ け ど 、 そ う い う 時 に ち ょ っ と コ ン プ レ ッ が あ っ た か ら で は な く て 、 音 楽 を 政 治 に 利 用 で き る と そ れ 以 降 、 バ ン ド 演 奏 に よ る 反 天 皇 制 ″ の 表 現 、 つ い う : : : ( 笑 ) 。 根 っ か ら の 政 治 家 っ て い う か 、 煽 動 家 っ ク ス を 感 じ る と 。 で も 彼 女 な ん か は 、 自 分 は マ イ ク て い う 路 線 か ら も っ と 直 接 的 な も の に 変 わ っ て い く で 喋 る の も で き な い し 、 歌 も う た え な い し 、 な の に " 弥 圧 パ フ ォ ー マ ン ス ~ に よ る 反 天 皇 制 表 現 っ て 路 線 て い う か 、 そ う い う 人 な ん で す 。 そ れ が 「 ・ 」 を 自 分 た ち の 活 動 は 、 と り あ え ず ギ グ っ て い う 体 裁 が に 移 行 し ち ゃ っ た ん で 、 そ れ で バ ン ド 系 の 人 々 と の 機 に 、 バ ン ド 演 奏 よ り も ″ 彈 圧 パ フ ォ 1 マ ン ス ″ の 方 こ う さ が 政 治 的 に 使 え る ! っ て こ と で 、 ま あ 彼 だ け が 主 導 と と の え て あ っ て 、 ギ グ や っ た 後 に デ モ す る っ て い 齟 齬 が 生 ま れ 始 め て し ま う 。 「 黄 砂 編 の 創 刊 号 年 6 月 ) う 、 そ れ に 両 方 と も 参 加 で き な い わ け じ ゃ ん 、 主 体 を 読 め ば 分 か る よ う に 、 創 刊 号 の 頃 の 人 た ち は み ん し た わ け で も な い け ど 、 無 届 デ モ と か 、 彈 圧 を 招 き や 的 に は 。 そ う い う 人 が 実 は わ り と い た ん だ よ ね 。 な バ ン ド の 人 な ん で す よ 。 見 津 君 だ け 違 う け ど 、 ニ ョ す い こ と を 率 先 し て や り 始 め た 。 見 津 君 を 中 心 に 、 元

人民の敵 第41号


に 参 加 し た わ け で 、 当 然 な が ら こ の 運 動 に 潜 り 込 ん で の 進 出 を 始 め て お り 、 山 本 に よ れ ば 、 当 時 の は そ 理 教 育 を が 問 題 化 し て い た 時 期 に も 当 た り 、 合 宿 中 に 意 い る 新 左 翼 党 派 も 多 数 存 在 し た 。 た ま た ま 山 本 の 視 野 に れ な り の 勢 力 で 、 横 浜 市 議 選 や 盛 岡 市 議 選 な ど で 勝 利 し 、 気 投 合 し た ニ 十 一 校 の 新 聞 部 の 連 盟 で " 反 管 理 教 育 の 入 っ た " 学 生 勝 手 連 。 と い う の が 、 連 絡 を と っ て 参 加 し 「 無 党 派 革 新 」 の 地 方 議 員 を 次 々 と 誕 生 さ せ て 、 左 翼 シ ー 共 同 声 明 が 出 さ れ 、 さ ら に " 反 管 理 教 育 キ ャ ン ペ ー ン ~ て み る と 「 ・ 平 和 と 民 主 運 動 」 と い う 特 殊 な 新 左 ン に プ ー ム を 巻 き 起 こ し て い た と い う 。 そ の 後 も 多 く の の 一 貫 と し て そ れ ら の 新 聞 部 で 管 理 教 育 批 判 の 共 同 紙 面 翼 党 派 が 主 導 し て い る 組 織 で 、 そ れ を 機 に 山 本 も 左 派 ・ リ べ ラ ル 派 の 大 小 無 数 の 選 挙 戦 に 関 与 し 、 勝 利 し を 製 作 す る こ と が 決 め ら れ た 。 北 海 道 か ら の 参 加 表 明 校 あ つ お に 加 盟 し 、 八 四 年 に は 北 海 道 の 高 校 生 班 の キ ャ ッ プ を 務 た 例 は 、 と く に 九 0 年 代 後 半 以 降 、 中 村 敦 夫 ( 九 八 年 ・ 参 は 、 山 本 ら の い た 札 幌 北 高 の 他 、 カ ク タ ら の 札 幌 南 高 、 あ き は た だ と し め る ま で に な っ た 。 院 選 ) 、 秋 葉 忠 利 ( 九 九 年 ・ 広 島 市 長 選 ) 、 川 田 悦 子 ( 00 年 ・ 札 幌 清 田 高 、 岩 見 沢 東 高 で あ る 。 ニ 年 生 と な っ た 山 本 が に つ い て 一 応 説 明 し て お く と 、 五 一 年 生 ま れ で 衆 院 補 選 ) 、 堂 本 6 一 年 ・ 千 葉 県 知 事 選 ) 、 喜 納 昌 吉 ( 0 四 年 ・ 札 幌 北 高 新 聞 部 で は 中 心 的 に こ の 運 動 に 関 わ り 、 そ の よ 七 0 年 に 上 智 大 に 入 学 し た 斎 藤 ま さ し と い う ノ ン セ ク ト 参 院 選 ) 、 嘉 田 由 紀 子 6 六 年 ・ 滋 賀 県 知 事 選 ) : : : と 、 そ れ う な キ ャ ン ペ ー ン に は 参 加 さ せ ま い と す る 学 校 当 局 と の 活 動 家 が 中 心 と な り 、 上 智 大 、 法 政 大 、 京 都 大 、 同 志 社 こ そ 枚 挙 に い と ま が な い ほ ど で 、 斎 藤 ま さ し は 今 や " 市 衝 突 の 矢 面 に 立 つ 。 大 な ど の ノ ン セ ク ト ・ グ ル ー プ を 糾 合 し 、 毛 沢 東 主 義 を 民 派 選 挙 の 神 様 と ま で 称 さ れ る 存 在 と な っ て い る 。 近 学 校 側 は ″ 全 国 共 同 紙 面 ~ の 掲 載 を 認 め ず 、 や が て 山 掲 げ て 結 成 し た 「 日 本 学 生 戦 線 ( 日 学 戦 ) 」 と い う 組 織 が 年 で も 斎 藤 は 、 や は り 勝 利 し た 山 本 太 郎 や 、 落 選 し た が 本 ら は 札 幌 市 内 三 校 で の 共 同 紙 面 を 実 現 す る こ と へ と 目 そ の 源 流 で あ る と い う 。 し た が っ て 、 新 左 翼 に 属 す る 一 ″ 選 挙 フ ェ ス で ち ょ っ と し た プ ー ム を 巻 き 起 こ し た 三 標 を 変 更 し た よ う だ 。 実 際 に 製 作 し た 紙 面 は 、 南 高 で は 派 で は あ る が 、 俗 に ″ 五 流 十 三 派 と か " 五 流 ニ 十 ニ 派 。 宅 洋 平 の 選 挙 戦 を 演 出 し た こ と で も 知 ら れ る 。 発 行 に 至 っ た が 、 北 高 と 清 田 高 は 当 局 か ら の 圧 力 が 強 く 、 と か 呼 ば れ る そ の " 五 流 ~ す な わ ち プ ン ト ・ 革 共 同 ・ 社 な お 「 終 止 符 か ら の 出 発 」 そ の 他 の 資 料 に は 出 て こ な ( 清 田 高 の 結 末 は 不 明 だ が ) 北 高 で は 最 終 的 に 当 該 号 は 発 行 青 同 ・ 構 改 派 ・ ( 共 産 党 か ら 割 れ た ) 毛 沢 東 派 の い ず れ に も い が 、 山 本 に よ れ ば 、 見 津 毅 も 高 校 時 代 に に 参 加 禁 止 と な っ て 、 そ の こ と は " 事 と し て 地 元 で 新 聞 報 属 さ な い " 特 殊 な ~ 新 左 翼 組 織 だ と い う こ と に な る 。 し 、 「 非 核 市 民 の 家 」 と い う ス テ ッ カ ー を 配 布 す る 活 動 道 さ れ た と い う 。 九 三 年 に マ ン ガ 家 と し て デ ビ ュ ー す る 日 学 戦 か ら や が て 七 九 年 に 明 確 な ″ 党 派 ~ と し て 「 立 に 従 事 し て い た 時 期 が あ る と い う 。 山 本 は 、 九 七 年 に こ の 高 校 時 代 の 新 聞 発 禁 事 件 の 経 験 を 志 社 」 が 結 成 さ れ 、 ソ フ ト な 市 民 運 動 路 線 で 活 動 を 展 開 、 並 行 し て 、 や は り 高 校 一 年 の 終 わ り に あ た る 八 三 年 三 下 敷 き に し た フ ィ ク シ ョ ン 「 終 わ ら な い 歌 を 歌 お う 」 ( タ さ ら に 八 三 年 、 横 路 孝 弘 、 社 会 党 内 の 構 造 改 革 派 が 除 名 月 に 、 次 節 で 詳 述 す る 高 校 生 新 聞 編 集 者 全 国 会 議 ( 外 山 イ ト ル の 由 来 は プ ル ー ハ ー ツ 「 終 わ ら な い 歌 」 の 一 節 ) を 発 表 し さ れ て 結 成 さ れ た 「 社 会 民 主 連 合 」 ( 社 民 連 。 菅 直 人 も 新 人 恒 一 ら の 全 国 高 校 生 会 議 の 前 身 ) と い う 、 学 校 当 局 や 顧 問 教 て い る ( ミ 犯 妄 ワ ニ マ ガ ジ ン 社 ・ 年 所 収 ) 。 議 員 時 代 に 属 し た ) の 代 表 ・ 田 英 夫 、 の ち に 自 民 党 入 り す 師 な ど の 関 与 を 一 切 受 け ず 、 全 国 の 高 校 生 新 聞 部 員 た ち 新 聞 報 道 を 見 て " 伊 里 一 智 ~ ( 読 み は " い さ と ・ か ず と や や し ろ え い た る が 当 時 は 無 所 属 リ べ ラ ル 派 の 八 代 英 太 、 自 民 党 の 最 左 が 自 主 的 に 、 七 八 年 以 来 、 代 替 わ り し な が ら 毎 年 開 催 し だ が 由 来 は 当 然 、 レ ー ニ ン の ミ ド ル ・ ネ ー ム " ィ リ イ チ し こ と 石 た も ん 派 か ら 無 所 属 に 転 じ て 反 戦 平 和 運 動 に も 尽 力 し た 宇 都 宮 続 け て き た 東 京 で の 合 宿 イ ベ ン ト に 、 先 輩 た ち に 誘 わ れ 村 多 門 が 激 励 の 手 紙 と カ ン バ を 送 っ て き た と い う 。 五 七 徳 馬 と い っ た 議 会 政 治 家 ら と 結 ぶ 形 で 、 立 志 社 は 「 る ま ま に つ い て 行 っ て ( の シ ャ ツ を 着 て 参 加 し た そ う 年 生 ま れ の 石 村 は 、 宮 沢 直 人 が 火 付 け 役 と な っ た 全 日 制 ・ 平 和 と 民 主 運 動 」 と し て 再 編 さ れ る 。 紆 余 曲 折 を 経 だ ) 、 山 本 は こ こ で も 大 き な 刺 激 を 受 け る こ と に な る 。 と 定 時 制 の 交 流 を さ ら に 推 進 し た " 伝 説 の 新 聞 部 長 お で 、 く で ん て 、 現 在 は 「 市 民 の 党 」 を 称 し て い る よ う だ 。 次 節 で 改 め て 述 べ る と お り 当 時 は こ の 新 聞 編 集 者 会 議 宮 沢 と 石 村 の 業 績 は 山 本 ら の 代 ま で ″ ロ 伝 。 で 伝 わ っ て 横 路 " 勝 手 連 ~ に 積 極 的 に 関 わ る 以 前 か ら 議 会 政 治 へ の 活 動 の 最 盛 期 で 、 ま た 前 章 で 述 べ た と お り ~ 愛 知 の 管 い た 。 石 村 の 生 年 と 宮 沢 の 経 歴 か ら 計 算 し て 、 石 村 の 入 き ょ た

人民の敵 第41号


学 時 に 宮 沢 は 一 一 年 生 、 石 村 の ニ 年 生 進 級 時 に 一 留 し た 宮 む 一 文 を 寄 稿 し て も い ゑ 長 岡 は 福 島 高 専 三 年 時 の 終 わ り の 八 一 年 、 川 に つ い て は 、 次 章 で 改 め て 多 少 詳 し く 言 及 す る こ と , は 六 八 年 の 早 生 ま れ で 学 年 的 に は 山 本 ・ 矢 沢 も ま た ニ 回 目 の ニ 年 生 で あ る 。 仮 に 石 村 が 早 生 ま れ だ ニ 月 、 部 員 が お ら ず 廃 部 さ れ よ う と し て い た 新 聞 部 を 引 き 継 い で 活 に な る 。 小 日 と す れ ば 、 入 学 は 一 緒 、 卒 業 は 石 村 の ほ う が 先 と い う こ 動 を 開 始 し 、 お そ ら く 早 く も そ の 直 後 ・ 三 月 の 新 聞 編 集 者 会 議 に 参 部 の 一 つ 下 と い う こ と に な り 、 少 な く と も 八 三 年 春 の 新 と に な る が 、 い ず れ に せ よ 在 学 期 間 は ほ ぼ 重 な っ て い る 加 し て い た と 思 わ れ る ) 、 山 本 は す で に 青 生 舎 入 り し て い た 聞 編 集 者 会 議 に は 参 加 し て い な い だ ろ う か ら 、 し た が っ こ と に な る 。 宮 沢 も 当 時 は 民 青 の 活 動 家 で あ り 、 石 川 も 長 岡 ・ 真 木 の 紹 介 で 保 坂 に 会 っ た と の こ と だ 。 山 本 は 以 て 八 四 年 三 月 の 新 聞 編 集 者 会 議 の 前 後 に 、 初 め て 青 生 舎 の ち の 経 歴 か ら 考 え て そ う だ っ た は ず で 、 つ ま り 北 高 民 後 、 前 章 で も 触 れ た 札 幌 の 反 管 理 教 育 系 ミ ニ コ ミ 誌 「 か を 訪 ね る な ど し な が ら 山 本 が し ば ら く 東 京 に 滞 在 し た 際 青 の 全 盛 期 で あ る 。 石 川 は 東 大 の 院 生 だ っ た 八 五 年 、 党 え る し ん ぶ ん 」 の 編 集 部 に も 出 入 り す る よ う に な っ て 、 な ど の エ ピ ソ ー ド だ と 思 わ れ る が 、 新 聞 編 集 者 会 議 で 矢 け ん じ 月 と も 仲 良 く な 大 会 を 前 に 宮 本 顕 治 議 長 の 辞 任 を 要 求 す る 強 力 な 運 動 を そ の 高 校 生 ス タ ッ フ ら と 共 同 で 一 号 き り だ が 「 学 校 解 放 部 と と く に 意 気 投 合 し て い た 山 本 は 、 、 ー 起 こ し 、 翌 年 に は 除 名 に 追 い 込 ま れ て い る 。 ち な み に こ 新 聞 ⅲ 札 幌 」 を 刊 行 し た り 、 高 三 の 秋 の 文 化 祭 に 保 坂 展 り 、 矢 部 が 親 か ら 充 て が わ れ て い た 吉 祥 寺 の マ ン シ ョ ン の 時 、 宮 本 の 意 を 受 け て 石 川 の 党 改 革 運 動 を 壊 滅 に 追 い 人 と 藤 井 誠 ニ を 招 い て イ ベ ン ト を 打 っ た り 、 青 生 舎 と の に 入 り 浸 り な が ら 、 三 人 で つ る ん で 遊 び 歩 い た と い う 。 山 本 は 高 校 ニ 年 の 秋 に 、 中 核 派 の シ ン バ だ っ た ( お そ 込 み 、 そ の 手 腕 を 評 価 さ れ て 党 幹 部 に 抜 擢 さ れ た の が 、 関 係 を 急 速 に 深 め て い く 。 当 時 の 党 中 央 委 員 会 ・ 青 年 学 生 対 策 委 員 で 、 現 在 は 共 産 山 本 が 初 め て 参 加 し た 八 三 年 春 の 新 聞 編 集 者 会 議 に ら く や は り 高 校 生 の ) 知 人 に 札 幌 市 内 の ミ ニ コ ミ 喫 茶 「 ひ 党 の ト ッ プ と な っ て い る 志 位 和 夫 で あ る 。 石 川 が 山 本 に は 、 山 本 と 同 学 年 で 麻 布 高 校 の 矢 部 聡 も 参 加 し て お り 、 ら ひ ら 」 に 呼 び 出 さ れ 、 「 お 前 の よ う な グ ズ を オ ル グ す 手 紙 と カ ン バ を 送 っ て き た の は 、 そ の 熾 烈 な 党 内 闘 争 を 矢 部 は の ち 高 校 在 学 中 に 戦 旗 ・ 日 向 派 に 加 盟 し 、 や が て る つ も り で 一 言 う の で は な い か ら 、 と に か く オ レ の 話 を お そ ら く 準 備 し て い た 時 期 に あ た る 。 同 派 幹 部 ″ 五 味 洋 と な る 人 物 で 、 第 五 章 で 言 及 す る こ 聞 け 」 と の 前 置 き の 上 で 、 毛 沢 東 主 義 に 依 拠 す る 発 禁 は 三 年 生 に な っ て か ら の よ う で 、 そ れ ま で の 過 程 と に な る 、 同 派 が 九 七 年 か ら 00 年 に か け て 、 同 派 へ の が 、 中 国 共 産 党 が 支 援 す る カ ン ボ ジ ア の ポ ル ボ ト 派 を 支 に 八 四 年 三 月 の 新 聞 編 集 者 会 議 が あ り 、 ど う に か 発 禁 を 批 判 活 動 に 力 を 入 れ て い た 佐 藤 悟 志 を 三 度 に わ た っ て 襲 持 し 、 や は り 支 援 も し て い る こ と は 山 本 も 当 然 知 っ て い 回 避 し よ う と 精 力 的 に 動 き 回 っ て い た 山 本 は 東 京 滞 在 撃 し た 事 件 の 、 う ち ニ 度 の 襲 撃 で 実 行 部 隊 の リ ー ダ ー を よ う が 、 で は ポ ル ポ ト 派 と は 一 体 ど う い う 勢 力 な の か 、 中 、 支 援 を 求 め て 初 め て 青 生 舎 を 訪 れ て い る 。 " 反 管 理 務 め て も い る 。 ま た 、 新 聞 編 集 者 会 議 に 参 加 し て い た か 七 五 年 か ら 七 九 年 に か け て の 約 三 年 九 ヶ 月 間 の ポ ル ポ ト 教 育 キ ャ ン ペ ー ン に 主 体 的 に 参 加 し よ う と し て い た ぐ ど う か は 不 明 な が ら 、 当 時 の 新 聞 編 集 者 会 議 の 中 核 的 な 政 権 時 代 に 餓 死 者 を 含 め 国 民 の 何 割 か が 死 に 追 い 込 ま れ ら い だ か ら 、 当 然 す で に 青 生 舎 の 存 在 は こ の 少 し 前 か ら 組 織 だ っ た 埼 玉 県 の 高 校 新 聞 部 員 た ち の ネ ッ ト ワ ー ク に た と い う ほ ど の 、 ス タ ー リ ン や 毛 沢 東 以 上 の 恐 怖 政 治 を 知 っ て い た そ う だ 。 前 章 で 触 れ た 「 学 校 解 放 新 聞 」 の ニ は 、 自 身 は 新 聞 部 員 で は な か っ た が 出 入 り し て い た と い 敷 い た こ と を は じ め 、 一 か ら 啓 蒙 し て も ら っ た お か げ で 、 し ょ ラ じ く ま が や 代 目 編 集 長 ( 八 四 年 六 月 5 八 六 年 六 月 ) ・ 長 岡 義 幸 や 、 や は う 埼 玉 県 の 熊 谷 高 校 の 小 川 正 治 も 、 短 期 間 な が ら 一 時 は よ う や く 目 を 覚 ま し て を 脱 退 し た と 語 る 。 り 最 盛 期 の 青 生 舎 の 中 心 的 な 活 動 家 の 一 人 で あ っ た ら し 戦 旗 ・ 日 向 派 に 属 し て お り 、 そ の 縁 で 矢 部 と 仲 良 く な つ 前 後 し て 、 山 本 も ま た 八 四 年 の ″ 全 共 闘 プ ー ム の 洗 げ ん き じ る し ー は さ ま ざ ま な 活 動 家 名 や 通 称 を 持 つ が 、 礼 を 受 け 、 大 長 編 ド キ ュ メ ン タ リ ー 「 怒 り を う た え 」 を た よ う だ 。 小 引 く 、 「 元 気 印 大 作 戦 」 の 編 集 ス タ ッ フ に 名 を 連 ね 、 は な さ を ま さ の す け 創 刊 時 の 編 集 部 員 と し て 平 野 裕 ニ ・ 長 岡 ・ 山 本 と 現 在 は 主 に " 花 咲 政 之 の 名 で 通 っ て い る 。 八 0 年 代 観 て 興 奮 し た り 、 菅 孝 行 の 「 フ ォ ー ・ ビ ギ ナ ー ズ 全 学 共 に 名 を 連 ね て も い る 真 木 貞 行 も 、 新 聞 編 集 者 会 議 の 0 末 か ら 00 年 代 初 頭 ま で 十 余 年 に わ た っ て 早 大 ノ ン セ ク 連 」 を 熟 読 し た と い う し 、 す で に 青 生 舎 と の 関 係 も 深 め で あ り ( 長 岡 は 「 元 気 印 大 作 戦 “ に 新 聞 編 集 者 会 議 の 紹 介 を 含 ト 学 生 運 動 に お い て 中 心 的 な 役 割 を 担 う 重 要 人 物 で あ る 始 め て い た わ け だ か ら 、 い ず れ に せ よ 党 派 を 抜 け て ノ ン ご み び る し