検索 - みる会図書館

検索対象: 日経サイエンス 2016年 9月号

日経サイエンス 2016年 9月号から 146件ヒットしました。

日経サイエンス 2016年 9月号


2016 年 9 月 号 特 別 付 録 2016 年 9 月 1 日 発 い 第 46 巻 第 9 号 通 巻 543 号 日 経 サ イ エ ン ス 日 本 版 親 と 子 の 科 学 の 冒 険 2016

日経サイエンス 2016年 9月号


第 要 ッ 第 い 3 ツ 第 、 ・ 島 津 製 作 所 創 業 記 念 資 料 館 大 阪 府 立 弥 生 文 化 博 物 館 「 浅 瀬 で イ ル カ ウ ォ ッ チ ン グ 」 「 海 ◆ 「 古 代 文 字 ス タ ン プ で 自 分 の 名 前 で の イ ル カ ト レ ー ナ ー 体 験 」 7 / 14 宀 △ を 押 し て み よ う 」 8 / 1 4 ( 日 ) ◆ 子 ど ( 木 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) ◆ 標 本 鑑 疋 ム 島 津 製 作 所 の 創 業 の 地 に 建 つ 資 料 館 。 明 治 8 年 の 創 業 以 降 作 っ て き た 理 化 学 も フ ァ ー ス ト デ イ 「 鳥 形 紙 ひ こ う き 8 / 28 ( 日 ) 器 械 や 医 療 用 X 線 装 置 , 標 本 , 産 業 機 器 な ど を 展 示 。 創 業 の 歴 史 を 当 時 の 時 代 を つ く ろ う 」 8 / 20 ( 土 ) ◆ 「 星 形 ペ 6 078-731-7301 背 景 と 照 ら し 合 わ せ な が ら 紹 介 し て お り , 京 都 と 近 代 日 本 科 学 の 発 展 の つ な が ン ダ ン ト を つ く ろ う ! 」 8 / 20 ( 土 ) 0 兵 庫 県 神 戸 市 須 磨 区 若 宮 町 1-3-5 り を 知 る こ と も で き る 。 科 学 の ふ し ぎ を 6 0725-46-2162 体 験 す る 実 験 コ ー ナ ー も 人 気 。 小 学 生 を 姫 路 科 学 館 0 大 阪 府 和 泉 市 池 上 町 4-8-27 対 象 に し た ワ ー ク シ ー ト も あ り , 夏 休 み の ◆ 特 別 展 「 名 探 偵 コ ナ ン 謎 解 き チ ャ 自 由 学 習 に も 最 適 。 き し わ た 自 然 資 料 館 レ ン ジ 」 & 「 科 学 捜 査 展 」 7 / 29 ( 金 ) ※ 水 曜 休 館 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) ◆ 展 示 室 で ミ ニ 実 習 8 / 7 ( 日 ) , 11 ~ 9 / 5 ( 月 ) 6 079-267-3001 ( 木 ・ 祝 ) , 1 4 ( 日 ) , 21 ( 日 ) , 28 ( 日 ) 招 待 券 プ レ ゼ ン ト 2 枚 組 5 名 様 ◆ 自 由 研 究 相 談 会 8 / 28 ( 日 ) ※ そ 0 兵 庫 県 姫 路 市 青 山 1470-15 れ そ れ 当 日 開 始 30 分 前 か ら 受 付 6 075-255-0980 和 歌 山 市 立 こ ど も 科 学 館 6 072-423-8100 0 京 都 府 京 都 市 中 京 区 木 屋 町 ニ 条 南 0 大 阪 府 岸 和 田 市 堺 町 6-5 ニ サ イ エ ン ス 「 ス ト ロ ー ひ こ う き を 作 ろ う 」 8 / 7 ( 日 ) , 1 4 ( 日 ) , 21 鳥 羽 水 族 館 第 豊 橋 市 視 聴 覚 教 育 セ ン タ ー 大 阪 科 学 技 術 館 ( 日 ) , 28 ( 日 ) ◆ 浮 沈 し 作 り 8 / 6 ◆ 実 験 シ ョ ー 「 一 196 度 の 世 界 」 「 目 ◆ 「 魚 魚 ( と と ) リ ン ヒ 。 ッ ク 2016 」 ◆ エ 作 教 室 「 顕 微 鏡 と 空 気 自 動 車 ( 土 ) ◆ 石 の ペ イ ン ト 工 作 8 / 13 の さ っ か く 」 8 / 9 ( 火 ) ~ 1 4 ( 日 ) ◆ 7 / 1 6 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) を 作 ろ う ! 」 8 / 20 ( 土 ) ◆ エ 作 教 室 ( 土 ) ◆ サ ン ゴ ・ 貝 の 工 作 8 / 27 つ く っ て あ そ ほ う 「 首 振 る ド ラ ゴ ン 6 0599-25-2555 「 テ ク ノ く ん の キ ラ キ ラ ブ リ ス ム 」 ( 土 ) 0 三 重 県 鳥 羽 市 鳥 羽 3-3-6 ( ペ ー パ ー ク ラ フ ト ) 」 「 ス ペ ー ス シ ャ 8 / 28 ( 日 ) 6 073-432-0002 ト ル ( ペ ー パ ー ク ラ フ ト ) 」 8 / 1 6 6 06-6441-0915 0 和 歌 山 県 和 歌 山 市 寄 合 町 19 滋 賀 県 立 安 土 城 考 古 博 物 館 0 大 阪 府 大 阪 市 西 区 靱 本 町 1 -8-4 ( 火 ) ~ 1 9 ( 金 ) , 21 ( 日 ) ◆ 自 由 研 究 和 歌 山 県 立 自 然 博 物 館 相 談 8 / 7 ( 日 ) ◆ 体 験 学 習 「 忍 者 に な っ て み よ う 」 0 六 甲 高 山 植 物 園 6 0532-41-3330 8 / 14 ( 日 ) , 「 勾 玉 を 作 ろ う 」 8 / 27 ◆ 特 別 展 「 泳 ぐ カ メ ー ウ ミ ガ メ の ふ 0 愛 知 県 豊 橋 市 大 岩 町 字 火 打 坂 ( 土 ) ※ 開 催 日 の 1 カ 月 前 か ら 受 付 開 ◆ 「 観 察 の 達 人 に な ろ う ! 」 7 / 1 6 る さ と 和 歌 山 一 」 7 / 16 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) ◆ ア ウ ト ド ア の 達 ( 水 ) ◆ 同 定 会 「 名 前 の 解 ら な い 標 本 19-16 始 , 定 員 に な り 次 第 締 切 6 0748-46-2424 人 「 お せ き は ん 」 に よ る ネ イ チ ャ ー の 名 前 、 調 べ ま す ! 」 8 / 21 ( 日 ) 0 滋 賀 県 近 江 八 幡 市 安 土 町 下 豊 浦 6 073-483-1777 ク ラ フ ト 体 験 ! 8 / 1 2 ( 金 ) ~ 1 6 ( 火 ) 問 和 歌 山 県 海 南 市 船 尾 370-1 6678 6 078-891-1247 滋 賀 県 立 琵 琶 湖 博 物 館 0 兵 庫 県 神 戸 市 灘 区 六 甲 山 町 北 六 ◆ 生 き 物 コ レ ク シ ョ ン 「 甲 殻 類 ・ 寄 甲 4512-150 生 生 物 ・ そ の 他 無 脊 椎 動 物 ・ 固 有 灘 浜 サ イ エ ン ス ス ク エ ア 種 」 8 / 20 ( 土 ) , 「 鳥 類 」 8 / 27 ( 土 ) ※ 開 催 日 の 10 日 前 ま で に 要 申 込 豊 橋 市 視 聴 覚 教 育 セ ン タ ー ・ 「 一 1 度 の 世 界 」 6 077-568-4811 ぎ 」 8 / 2 ( 火 ) , 「 空 気 の ふ し ぎ な 実 豊 橋 市 自 然 史 博 物 館 0 滋 賀 県 草 津 市 下 物 町 1091 験 」 8 / 6 ( 土 ) ※ 要 事 前 申 込 ◆ 「 昆 虫 ◆ 特 別 企 画 展 「 メ ガ 恐 竜 展 in 豊 橋 」 と 植 物 の 標 本 鑑 定 会 ( 正 し い 名 前 が 和 歌 山 県 立 自 然 博 物 館 ・ 「 泳 ぐ カ メ 」 京 都 市 青 少 年 科 学 セ ン タ ー 7 / 15 ( 金 ) ~ IO / IO ( 月 ・ 祝 ) ◆ 企 画 わ か る 会 ) 」 8 / 27 ( 土 ) 串 本 海 中 公 園 展 「 ミ ニ 水 族 館 」 7 / 23 ( 土 ) ~ 8 / 7 ◆ 夏 休 み ま と め 方 相 談 会 8 / 21 6 078-882-8136 ( 日 ) ◆ チ ョ ウ の 家 公 開 7 / 21 0 兵 庫 県 神 戸 市 灘 区 灘 浜 東 町 2 ( 日 ) ◆ 自 由 研 究 相 談 所 7 / 20 ( 水 ) ◆ 串 本 お さ か な 講 座 8 / 7 ( 日 ) ◆ 海 ~ 8 / 7 ( 日 ) ※ 要 事 前 申 込 ( 木 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) 藻 押 し 葉 づ く り 体 験 8 / 21 ( 日 ) ◆ 神 戸 市 立 須 磨 海 浜 水 族 園 6 0532-41-4747 6 075-642-1601 1 日 水 族 館 飼 育 係 8 / 28 ( 日 ) ※ 前 0 愛 知 県 豊 橋 市 大 岩 町 字 大 穴 0 京 都 府 京 都 市 伏 見 区 深 草 池 ノ 内 ◆ 須 磨 ド ル フ ィ ン コ ー ス ト プ ロ ジ ェ 日 1 7 : OO ま で 受 付 ◆ 子 ガ メ タ ッ ク ト 2016 「 海 辺 の イ ル カ 学 習 会 」 1 -238 町 13 チ ン グ 体 験 毎 日 碧 南 海 浜 水 族 館 ・ 碧 南 市 青 国 立 民 族 学 博 物 館 少 年 海 の 科 学 館 ◆ み ん は く 夏 の 観 覧 無 料 キ ャ ン ペ ー 「 お 江 戸 の 金 魚 ワ ン ダ ー ラ ン ド 」 ◆ 夏 の 特 別 展 「 謎 だ ら け の 隣 人 コ ン 8 / 1 ( 月 ) ~ 80 ( 火 ) ※ 対 象 : 高 モ リ 」 展 7 / 16 ( 土 ) ~ 9 / 25 ( 日 ) 校 生 以 下 と 65 歳 以 上 の 方 す み だ 水 族 館 で , 夏 を 彩 る 金 魚 づ く し の イ ベ ン ト を 開 催 。 全 長 約 IOOm の ゾ ー 6 06-6876-2151 6 0556-48-3761 ン に 23 品 種 ・ 約 IOOO 匹 の 金 魚 を 展 示 す る 「 江 戸 リ ウ ム 」 を 中 心 に 金 魚 ち ょ 0 大 販 府 吹 田 市 千 里 万 博 公 園 0 愛 知 県 碧 南 市 浜 町 2-3 う ち ん や 江 戸 風 鈴 な ど , 会 場 は ま る で 夏 祭 り の よ う 。 金 魚 の ル ー ツ を た 名 古 屋 大 学 博 物 館 ど る 「 金 魚 の ヒ ミ ッ 」 や , 金 魚 検 定 ・ ◆ 第 50 回 地 球 教 室 「 鍾 乳 洞 の 正 体 ワ ー ク シ ョ ッ プ も あ り , 親 子 で 楽 し を あ ば こ う ! 」 8 / 27 ( 土 ) , 28 ( 日 ) み な が ら 金 魚 の 歴 史 や 文 化 を 学 ぶ こ の 2 日 セ ッ ト ( 日 帰 り ) ※ 要 事 前 申 と が で き る 。 9 / 80 ( 金 ) ま で 。 込 ( 8 / 1 5 必 着 ) 6 052-789-5767 第 す み だ 水 族 館 0 愛 知 県 名 古 屋 市 千 種 区 不 老 町 6 03-5619-1821 0 東 京 都 墨 田 区 押 上 1 -1 毛 国 立 民 族 学 博 物 館 ・ オ セ ア ニ ア 展 示 場 東 京 ス カ イ ツ リ ー タ ウ ン ・ ソ ラ マ チ 5 ・ 6F 、 3 第 日 経 サ イ , ス 2016 年 9 月 号 特 別 付 録 医 療 用 X 線 装 置 「 ダ イ ア ナ 号 」 の 展 示 ◆ う ◆ 楽 し い お 天 気 講 座 「 台 風 の ふ し ミ 10-1

日経サイエンス 2016年 9月号


当 を ぃ 企 画 展 「 は た ら く 自 動 車 」 八 ヶ 岳 自 然 文 化 園 ー 筑 波 大 学 の 知 の 発 信 一 筑 波 大 学 出 版 会 http://www.press.tsukuba.ac.jp/ つ り 8 / 5 ( 金 ) ~ 7 ( 日 ) 9 : OO ま で パ ト カ ー や 消 防 車 , 救 急 車 , ハ イ ウ ェ イ バ ト ロ ー は た ら く 自 動 車 6 0266-74-2681 ル カ ー な ど , は た ら く 自 動 車 6 台 を 展 示 。 9 / 24 , 0 長 野 県 諏 訪 郡 原 村 17217- 10 / 1 , 8 , 15 の 土 曜 日 に は 駐 車 場 ( 無 料 ゾ ー ン ) 筑 波 山 か ら 学 ふ 1 613 で 毎 週 違 っ た 特 殊 車 両 の 実 演 を 予 定 。 11 / 27 ( 日 ) ま で 。 8 / 31 ( 水 ) ま で は 小 学 生 の 入 館 料 は 「 と き 」 を 想 像 ・ 創 造 す る 月 光 天 文 台 無 料 。 常 設 展 で は ト ヨ タ 自 動 車 初 の 生 産 型 乗 用 2 ◆ 夏 の 星 空 観 望 会 8 / 5 ( 金 ) , 7 車 ト ヨ ダ AA 型 ( レ プ リ カ ) を は じ め , 国 内 外 の 貴 筑 ノ ( 日 ) ◆ 月 の 特 別 観 望 会 8 / 13 ( 土 ) 重 な 車 両 約 160 台 を 問 近 に 鑑 賞 で き る 。 物 ◆ 土 星 特 別 観 望 会 8 / 14 ( 日 ) , 21 招 待 券 プ レ ゼ ン ト ペ ア 券 5 名 様 ( 日 ) ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム 夏 季 特 別 投 影 8 / 11 ( 木 ・ 祝 ) ~ 16 ( 火 ) ト ヨ タ 博 物 館 2016 年 7 月 16 日 ② ー 11 月 27 日 0 “ “ 境 6 055-979-1428 6 0561-63-5151 ト ヨ 9 博 物 館 0 静 岡 県 田 方 郡 函 南 町 桑 原 1308- 愛 知 県 長 久 手 市 横 道 41-100 222 0 工 洳 大 ↓ 、 物 ′ を 「 ト ~ ト 、 デ ィ ス カ バ リ ー バ ー ク 焼 津 バ ン ド ー 神 戸 青 少 年 科 学 館 岡 山 天 文 博 物 館 天 文 科 学 館 ◆ 星 空 ヒ ー リ ン グ 「 ベ ビ ー と マ マ ・ パ ◆ 企 画 展 「 あ さ く ち か ら 宇 宙 ヘ ー キ パ の プ ラ ネ タ リ ウ ム ~ お し ゃ べ り し ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム 番 組 「 ベ ル セ ウ ス ミ は 12 番 目 の 宇 宙 飛 行 士 一 」 7 / 16 ( 土 ) ~ 9 / 4 ( 日 ) 座 流 星 群 を 見 よ う ! ~ 流 れ 星 の ひ な が ら 星 座 探 し ~ 」 毎 月 第 4 土 曜 6 0865-44-2465 み つ ~ 」 7 / 9 ( 土 ) ~ 9 / 1 1 ( 日 ) 6 078-302-5177 6 054-625-0800 0 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 港 島 中 町 0 岡 山 県 浅 口 市 鴨 方 町 本 庄 3037-5 み 0 静 岡 県 焼 津 市 田 尻 2968-1 7-7-6 美 星 天 文 台 兵 庫 県 立 大 学 西 は り ま 天 文 台 ◆ ベ ル セ ウ ス 座 流 星 群 を 見 る 会 ◆ ス タ ー ダ ス ト 2016 in さ よ う 8 / 12 ( 金 ) 22 時 ~ 翌 3 時 6 0866-87-4222 ベ ル セ ウ ス 座 流 星 群 観 望 会 8 / 1 2 岡 山 県 井 原 市 美 星 町 大 倉 1723- ( 金 ) 6 0790-82-3886 70 0 兵 庫 県 佐 用 郡 佐 用 町 西 河 内 北 九 州 市 立 児 童 文 化 科 学 館 407-2 当 歳 コ ◆ 企 画 展 「 夜 空 は 星 の 宝 石 箱 ~ 星 デ ィ ス カ バ リ ー パ ー ク 焼 津 天 文 科 学 館 空 写 真 展 ~ 」 7 / 9 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) ル セ ウ ス 座 流 星 群 を 見 よ う ! 」 ◆ 星 の 観 望 の タ ベ 8 / 6 ( 土 ) , 1 3 浜 松 市 天 文 台 ( 土 ) , 20 ( 土 ) , 27 ( 土 ) ※ 希 望 日 の 1 週 間 前 か ら 電 話 受 付 ◆ 字 幕 付 き プ ◆ ス タ ー ウ ィ ー ク 観 望 会 8 / 5 ( 金 ) , 7 ( 日 ) ◆ ス タ ー ウ ィ ー ク 2016 ラ ネ タ リ ウ ム の 投 映 8 / 20 ( 土 ) 24 ( 水 ) i n は ま ま っ 8 / 6 ( 土 ) ◆ 太 陽 ・ 昼 6 093-671-4566 間 の 星 観 望 会 8 / 7 ( 日 ) ◆ 土 曜 星 空 0 福 岡 県 北 九 州 市 八 幡 東 区 桃 園 観 望 会 8 / 1 3 ( 土 ) , 27 ( 土 ) ◆ 夏 休 写 真 提 供 . 兵 庫 県 立 大 学 西 は り ま 天 文 台 ・ ペ み 延 長 観 望 会 8 / 20 ( 土 ) 3-1 -5 ル セ ウ ス 座 流 星 群 の 自 由 観 望 会 6 053-425-9158 明 石 市 立 天 文 科 学 館 鹿 児 島 県 立 博 物 館 0 静 岡 県 浜 松 市 南 区 福 島 町 242-1 ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム ー 般 番 組 「 太 陽 系 ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム 「 夢 と ロ マ ン の 星 四 日 市 市 立 博 物 館 ・ プ ラ ネ 46 億 年 」 8 / 2 ( 火 ) ~ 31 ( 水 ) ◆ キ ッ 空 散 歩 夏 編 」 6 / IO ( 金 ) ~ 8 / 31 タ リ ウ ム ズ プ ラ ネ タ リ ウ ム 「 ワ ク ワ ク わ く せ ( 水 ) ※ 場 所 . 宝 山 ホ ー ル ( 県 文 化 セ ン タ ー ) 4 階 プ ラ ネ タ リ ウ ム ◆ 移 動 天 文 車 き ら ら 号 ス タ ー ウ ォ ッ い め ぐ り 」 7 / 9 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) ◆ チ ン グ 「 伝 統 的 七 夕 の 日 に 織 姫 星 と 特 別 展 「 宇 宙 の タ イ ム カ プ セ ル ・ 隕 6 099-223-6050 紙 版 ・ 電 子 版 刊 行 彦 星 を 見 よ う 」 8 / 9 ( 火 ) , 「 夏 の 大 三 石 展 」 7 / 16 ( 土 ) ~ 9 / 4 ( 日 ) ◆ 科 楽 0 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 城 山 町 1 -1 「 科 学 の 芽 」 賞 実 行 委 員 会 編 著 工 作 ( 惑 星 マ グ ネ ッ ト ) 8 / 6 ( 土 ) ~ 角 と 土 星 を 見 よ う 」 8 / 27 ( 土 ) ◆ ペ 丿 レ ~ 4 も あ わ せ て と 、 セ ウ ス 座 流 星 群 観 望 会 8 / 12 ( 金 ) 27 ( 土 ) の 毎 週 土 ・ 日 曜 6 078-919-5000 ※ 場 所 : 四 日 市 市 伊 坂 町 「 伊 坂 ダ ム 生 徒 、 保 護 者 、 理 科 教 員 0 兵 庫 県 明 石 市 人 丸 町 2-6 サ イ ク ル バ ー ク 管 理 事 務 所 付 近 」 だ け で な く 、 自 由 研 究 を 6 059-355-2700 指 導 す る 担 任 の 先 生 、 姫 路 市 宿 泊 型 児 童 館 「 星 の 0 三 重 県 四 日 市 市 安 島 1 -3-16 こ れ か ら 教 員 を 目 指 す 方 子 館 」 に も お 薦 め の シ リ ー ズ で す 大 阪 市 立 科 学 館 ◆ 天 体 観 望 会 毎 日 ※ 希 望 日 の 1 1 , 900 円 十 税 ◆ 特 別 天 体 観 望 会 「 火 星 と 土 星 を 週 間 前 か ら 申 込 受 付 ◆ 昼 間 の 星 の 観 B5 判 並 製 232 頁 鹿 児 島 県 立 博 物 館 ・ 星 物 語 「 火 星 と ア ン タ レ 見 よ う 」 8 / 24 ( 水 ) ※ 要 事 前 申 込 望 会 毎 日 ス ~ 本 当 の 輝 き ~ 」 ISBN 978 - 4 - 904074 - 40 - 4 6 079-267-3050 ( 8 / 1 1 必 着 ) 0 兵 庫 県 姫 路 市 青 山 1470-24 6 06-6444-5656 さ 発 売 : 丸 善 出 版 株 式 会 社 0 大 阪 府 大 阪 市 北 区 中 之 島 4-2-1 TEL:03-3512 ー 3256 FAX : 03 ー 3512 ー 3270 http://pub.maruzen. CO. jp/ ・ み 尊 ・ い を い は サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号 特 別 付 録 」 を れ . 3 は 第 、 イ ー い を い タ 、 ン 輝 ア の す も っ と 知 り た い / 一 も っ と 知 り た い ′ 】 に 河 」 冖 い 【 ー 山 2 ・ ◆ 第 23 回 サ マ ー ホ リ デ ー in 星 ま 企 画 \. 0 月 リ 啓 治 著 「 と き ~ を 想 像 ・ 創 造 す る ・ 川 物 第 ・ 「 西 に 富 士 、 東 に 筑 波 」 ど い わ れ る 名 峰 " 筑 波 山 " を こ の 夏 休 み に 訪 れ て み ま せ ん か ? こ の 書 籍 に ど り あ げ ら れ た 「 神 代 か ら 近 代 ま で 」 を 想 像 ・ 倉 慥 し て み ま し よ う 。 カ バ ー 裏 に 「 筑 波 山 麓 フ ッ ト パ ス ・ マ ッ プ 」 付 ! 2 , 900 円 十 税 A5 判 並 製 194 頁 ISBN 978 - 4 - 904074 - 33 - 6 0 0 も っ と 知 り た い / 「 科 学 の 芽 」 の 世 界 ー 14 , 9 3

日経サイエンス 2016年 9月号


日 経 サ イ エ ン ス Scientific American trademarks used with permission 0f Scientific American, lnc. [email protected] AMERICAN 日 本 版 2016 Vol 46 No. 9 特 集 脳 の 仕 組 み を 真 似 た デ ィ ー プ ラ ー ニ ン グ ( 深 層 学 習 ) の 研 究 が 急 進 展 , 人 工 知 能 (AI) が 本 格 的 に 活 躍 す る 時 代 に な っ た 。 そ の 将 来 は ? 爆 発 的 に 進 化 す る デ ィ ー プ ラ ー ニ ン グ 036 Y. ヘ ン ジ オ 完 全 な 自 動 運 転 車 は で き る か S. E. シ ュ ラ ド ー バ ー ス ー バ ー A ー 恐 る べ し ? 050 S. ラ ッ セ ノ レ 東 大 発 ペ ン チ ャ ー プ リ フ ァ ー ド ・ ネ ッ ト ワ ー ク ス の 挑 戦 超 新 星 に 新 タ イ プ 続 々 発 見 D. ケ イ セ ン 普 通 の 100 倍 も 明 る い も の , 暗 い も の な ど 天 体 爆 発 は バ ラ エ テ ィ に 富 む よ う た 。 重 力 波 の ″ 超 新 星 ″ も 相 次 ぎ 発 見 中 島 林 彦 最 速 ラ ン ナ ー の 秘 密 D. F. マ ロ ン 短 距 離 走 で 好 記 録 を 出 す た め の カ ギ が バ イ オ メ カ ニ ク ス 研 究 で 明 ら か に な っ た 。 痒 み の 科 学 S. サ ザ ー ラ ン ト 様 々 な 痒 み 物 質 と そ の 受 容 体 な ど , 分 子 機 構 の 詳 細 が 解 明 さ れ た 。 語 学 バ ト ル 印 欧 語 族 の 起 源 を め ぐ っ て M. バ ル タ ー DNA 解 析 や 進 化 生 物 学 か ら の 新 た な 証 拠 に よ っ て , 論 争 は む し ろ 激 化 。 ポ ス ト エ ボ ラ 症 候 群 S. ャ ス ミ ン エ ボ ラ 出 血 熱 か ら 回 復 し た 生 還 者 の 多 く が 目 や 神 経 の 障 害 に さ い な ま れ て い る 。 044 4 036 052 吉 川 和 輝 天 体 物 理 学 058 天 文 学 058 068 バ イ オ メ カ ニ ク ス 072 神 経 科 学 078 078 学 五 ロ ニ 一 一 口 092 084 表 紙 人 工 知 能 (AI) の 急 速 な 台 頭 は 社 会 に 大 き な イ ン バ ク ト を 与 え そ う だ ( 34 ペ ー ジ 「 特 集 : 人 工 知 能 」 , 表 紙 イ メ ー ジ : Tavis Coburn)0 公 衆 衛 生 092 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号 6

日経サイエンス 2016年 9月号


似 す る 」 と 伊 勢 田 准 教 授 は 指 摘 。 北 野 識 研 究 や 自 動 運 転 車 の 先 駆 け と な る 人 美 と ア ー ト ア ー カ イ ブ 論 所 長 も 「 遺 伝 子 を 操 作 し て は い け な い 工 知 能 シ ス テ ム の 構 築 な ど 基 礎 理 論 か 情 報 技 術 と 生 命 操 作 技 術 の 拡 大 に よ る と い う だ け の 理 由 で 生 命 の 操 作 を 規 制 ら 技 術 応 用 ま で 幅 広 い 研 究 分 野 で 成 果 「 人 類 観 」 の 変 容 ロ ボ ッ ト は 人 間 に 代 わ れ る か ? で き る と は 思 え な い 」 と 述 べ , 生 命 科 を 上 げ た こ と が 評 価 さ れ た 。 介 護 と 廃 炉 現 場 で 見 え た も の 学 の 発 展 が も た ら す と 予 測 さ れ る 価 値 本 庶 博 士 は 「 抗 体 の 機 能 性 獲 得 機 構 科 学 と 技 術 , 行 政 の 距 離 地 球 外 生 命 の 解 明 な ら び に 免 疫 細 胞 制 御 分 子 の 発 観 ・ 倫 理 観 の 変 化 に 注 意 を 促 し た 。 ① 人 知 は 神 の 摂 理 ( 生 命 ) を 超 え ら れ る か 見 と 医 療 へ の 展 開 」 が 受 賞 テ ー マ 。 抗 人 工 知 能 自 動 運 転 と 未 来 社 会 文 系 廃 止 騒 動 ~ 理 系 偏 重 か ? 文 系 支 配 か ? 宇 宙 資 源 の 開 発 権 利 は ど こ に 体 の 機 能 獲 得 メ カ ニ ズ ム を 解 明 す る と イ ノ ベ ー シ ョ ン , 科 学 技 術 と 教 育 「 地 球 外 資 源 」 の セ ッ シ ョ ン で は , と も に , 免 疫 細 胞 で 働 く 様 々 な 分 子 を ア ー ト と し て の 数 学 主 催 者 の 川 口 教 授 が モ デ レ ー タ ー を 務 発 見 し た 。 そ の 1 つ が 「 PD- 1 」 。 免 地 球 外 資 源 地 球 外 生 命 ② 我 々 自 身 が ailien で あ る ~ め 「 小 惑 星 な ど の 資 源 開 発 を ど う 考 え 疫 反 応 の プ レ ー キ と し て 働 く こ と を 明 進 化 が 起 こ す メ ッ セ ー ジ と は ? る か 」 と 問 題 提 起 し た 。 米 政 府 が 民 間 ら か に す る と と も に , 逆 に 機 能 さ せ な 企 業 に よ る 地 球 外 資 源 開 発 を 促 す 法 律 ら せ る こ と を 求 め て い る 」 と 述 べ , 民 い と 免 疫 が 活 性 化 す る こ と が 分 か り , を 制 定 し た ほ か , 小 惑 星 資 源 開 発 を 目 間 の 資 源 開 発 に も 何 ら か の 規 制 が 及 ぶ が ん 免 疫 療 法 の 道 を 開 い た 。 本 誌 も 指 す 米 べ ン チ ャ ー 企 業 ( プ ラ ネ タ リ ー と み る の が 妥 当 と の 見 方 を 示 し た 。 2016 年 8 月 号 の が ん 免 疫 療 法 特 集 で , リ ソ ー シ ズ ) が ル ク セ ン プ ル ク 政 府 と こ れ に 対 し , 惑 星 科 学 が 専 門 の 宮 本 本 庶 博 士 の 業 績 を 解 説 し て い る 。 協 力 協 定 を 結 ぶ な ど , こ の と こ ろ 活 発 英 昭 ・ 東 京 大 学 総 合 研 究 博 物 館 准 教 授 ヌ ス パ ウ ム 博 士 は 「 ケ イ バ ビ リ テ ィ ・ ア プ ロ ー チ に よ る 正 義 論 の 深 化 と そ の な 動 き が あ る た め た 。 は , 小 惑 星 が 鉄 や 白 金 族 元 素 な ど に 富 国 際 法 が 専 門 の 青 木 節 子 ・ 慶 応 義 塾 む と わ か っ た と 説 明 , 地 球 に 資 源 を 持 実 践 」 が 受 賞 テ ー マ 。 ち 帰 れ ば 「 文 明 の 大 転 換 と な る 」 と 開 大 学 大 学 院 教 授 は , 主 要 国 が 加 盟 す る 京 都 賞 の 授 賞 式 は 11 月 10 日 , 国 宇 宙 条 約 が 「 国 家 に よ る 天 体 の 領 有 権 発 へ の 期 待 を 語 っ た 。 立 京 都 国 際 会 館 で 開 催 さ れ る 。 を 否 定 し て い る 」 と の 事 実 を 挙 げ た 。 シ ン ポ ジ ウ ム の 論 点 は 多 岐 に わ た り 「 国 家 で な く 民 間 企 業 な ら よ い の か , 結 論 を 見 い だ す こ と は 狙 っ て い な か っ 【 ブ ル ー プ ラ ネ ッ ト 賞 】 土 地 の 領 有 で な く 資 源 開 発 は 許 さ れ る た 。 問 題 提 起 を し た だ け の 印 象 は 強 い 旭 硝 子 財 団 ( 石 村 和 彦 理 事 長 ) は の か は 条 約 に 明 記 さ れ て い な い も の の , が , 従 来 の 学 術 会 議 の 枠 を 超 え る 試 み 6 月 15 日 , 第 25 回 プ ル ー プ ラ ネ ッ 条 約 に は 加 盟 国 が そ の 国 民 に 条 約 を 守 だ 。 ト 賞 の 受 賞 者 を 発 表 し た 。 国 連 環 境 計 ( 日 本 経 済 新 聞 論 説 委 員 ・ 滝 順 ー ) 画 (UNEP) 親 善 大 使 の バ バ ン ・ シ 科 学 賞 ュ ク デ フ 氏 (Pavan Sukhdev, 56 ) , 英 グ ラ ス ゴ ー 大 学 名 誉 教 授 の マ ル ク 京 都 賞 は 金 出 , 本 庶 両 博 士 ら 3 人 に ス ・ ポ ル ナ ー 氏 (Markus Borner, (1) の 2 人 に そ れ ぞ れ 贈 ら れ る 。 2016 年 ( 第 32 回 ) の 京 都 賞 が 決 科 学 部 門 は 医 学 者 の 本 庶 佑 博 士 ( 京 都 シ ュ ク デ フ 氏 は , 包 括 的 グ リ ー ン 経 ま っ た 。 稲 盛 財 団 ( 稲 盛 和 夫 理 事 長 ) 大 学 名 誉 教 授 , 74 , 写 真 中 央 ) に , 済 に 移 行 す る た め に 経 済 に 合 理 的 で 実 が 6 月 17 日 発 表 し た 。 先 端 技 術 部 門 思 想 ・ 芸 術 部 門 は 哲 学 者 の マ ー サ ・ ク 用 的 な 測 定 基 準 を 開 発 し , 持 続 可 能 な レ イ ヴ ン ・ ヌ ス パ ウ ム 博 士 (Martha は ロ ポ ッ ト 工 学 者 の 金 出 武 雄 博 士 ( 米 経 済 の 発 展 を 加 速 さ せ た 。 カ ー ネ ギ ー メ ロ ン 大 学 ワ イ タ カ ー 記 念 Craven Nussbaum, 米 シ カ ゴ 大 学 工 ボ ル ナ ー 氏 は ア フ リ カ で 40 年 間 , 全 学 教 授 , 70 , 写 真 左 端 ) に , 基 礎 ル ン ス ト ・ フ ロ イ ン ド 法 学 ・ 倫 理 学 特 野 生 生 物 保 護 や 保 護 区 内 の 生 態 系 保 全 別 功 労 教 授 , 69 , 写 真 管 理 活 動 に 携 わ っ て き た 。 タ ン ザ ニ ア 右 端 ) に , そ れ ぞ れ 贈 ら の セ レ ン ゲ テ イ 国 立 公 園 に つ い て は 国 民 に , 生 態 系 の 保 全 に 対 し て 貢 献 し , れ る 。 金 出 博 士 の 受 賞 テ ー マ 約 束 す る こ と が 必 要 で あ る こ と を 訴 え は 「 コ ン ピ ュ ー タ ビ ジ ョ て き た 先 駆 者 の 1 人 。 ン と ロ ポ テ ィ ク ス 分 野 で 表 彰 式 は 11 月 16 日 に 都 内 で 開 催 の 先 駆 的 か っ 実 践 的 研 さ れ る 。 団 議 論 さ れ た 12 の テ ー マ df △ イ http://www nikkei-science.com/

日経サイエンス 2016年 9月号


ル 1 の 機 能 を 複 数 組 み 合 わ せ て よ り 複 雑 な 運 転 を 自 動 化 し た も の で , 例 え ば 車 線 維 持 シ ス テ ム と ア ダ ブ テ イ プ ク ル ー ズ コ ン ト ロ ー ル の 組 み 合 わ せ に よ っ て , 車 体 位 置 を 前 後 左 右 に 調 整 す る 。 現 在 市 販 さ れ て い る 車 に 実 装 さ れ て い る の は , こ の レ ベ ル 2 ま で だ 。 レ ベ ル 3 に な る と , 渋 滞 中 の 高 速 道 路 な ど 特 定 の 状 況 で は オ ー ト パ イ ロ ッ ト に 運 転 を 任 せ ら れ る よ う に な る 。 続 く 2 段 階 は 人 間 の 補 助 に 一 切 頼 ら な い と い う 点 で , レ ベ ル 3 以 下 と は 根 本 的 に 異 な る 。 レ ベ ル 4 ( 高 度 自 動 化 ) で は 運 転 に 関 す る す べ て が 自 動 化 さ れ る が , 閉 空 間 の 駐 車 場 や 高 速 道 路 の 専 用 車 線 な ど , 厳 密 に 決 め ら れ た 状 況 に お い て の み 使 わ れ る シ ス テ ム に な る 。 最 上 位 の レ ベ ル 5 が 完 全 な 自 動 運 転 車 だ 。 日 産 の 最 高 経 営 責 任 者 ゴ ー ン (CarIos Ghosn) ら 自 動 車 メ ー カ ー の ト ッ プ が 自 信 た つ ぶ り に 「 2020 年 ま で に は 自 動 運 転 車 が 道 路 を 走 る よ う に な る 」 と 語 る の を 聞 い て 多 く の 人 が 思 い 浮 か べ る の は , こ の レ ベ ル 5 の 車 た ろ う 。 だ が 実 際 に は , レ ベ ル 5 の シ ス テ ム が 2020 年 ま で に 発 売 さ れ る と 予 想 す る 専 門 家 は 1 人 も い な い 。 ほ ぼ 間 違 い な く , ま だ ま だ 先 だ 。 レ ベ ル 3 も 同 様 に , ま た 遠 い か も し れ な い 。 だ が レ ベ ル 4 は 10 年 以 内 に 登 場 す る と 期 待 で K E Y ( 0 N ( E P T 5 き る 。 こ の や や こ し い 逆 転 を 理 解 す る に は , ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 に つ い て 考 察 す る 必 要 が あ る 。 飛 行 機 用 よ リ も 複 雑 な ソ フ ト 一 般 の 感 覚 と は 裏 腹 に , 人 間 の ド ラ イ バ ー は 深 刻 な 衝 突 事 故 を 回 避 す る 能 力 が と て も 高 い 。 2011 年 の 全 米 の 交 通 安 全 統 計 に よ る と , ド ラ イ バ ー が 衝 突 死 亡 事 故 を 起 こ す 頻 度 は 運 転 時 間 330 万 時 間 に 1 回 で , 負 傷 事 故 で も 同 6 万 4000 時 間 に 1 回 だ っ た 。 自 動 運 転 シ ス テ ム は 少 な く と も 人 間 の ド ラ イ バ ー な み に 安 全 で あ る べ き だ か ら , こ れ ら の 数 値 は シ ス テ ム 開 発 の 重 要 な 達 成 目 標 に な る 。 人 間 な み の 信 頼 性 を 達 成 す る に は ま だ ま だ 膨 大 な 研 究 開 発 が 必 要 で , 自 動 運 転 の 推 進 派 が 言 う ほ ど 簡 単 で は な い 。 例 え ば あ な た が お 使 い の ノ ー ト パ ソ コ ン が い か に し ば し ば フ リ ー ズ す る か を 思 い 出 し て ほ し い 。 仮 に 同 じ ソ フ ト が 車 の 運 転 に 使 わ れ て い た 場 合 , オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム の 異 常 を 知 ら せ る 「 死 の プ ル ー ス ク リ ー ン 」 は 単 な る 言 葉 の あ や で は す ま ず , 文 字 通 り の 死 に つ な が る だ ろ う 。 車 の 場 合 , ソ フ ト の 応 答 が た っ た 0.1 秒 遅 れ た だ け で 路 上 で の 重 大 事 故 に な り か ね な い 。 だ か ら 自 動 運 転 ソ フ ト は , 既 存 の 一 般 向 け 電 子 機 器 の ソ フ ト と は 次 元 の 異 な る 基 ま ず 特 定 の 状 況 ・ 用 途 で 登 場 ■ 自 動 車 業 界 と マ ス コ ミ は 自 動 運 転 車 の 実 力 を 誇 大 に 述 べ て き た 。 路 上 で の ち ょ っ と し た 出 来 事 も コ ン ピ ュ ー タ ー に は 対 応 の 難 し い 大 問 題 で , ロ ホ ッ ト 運 転 手 の 実 現 は 何 十 年 も 先 た 。 ・ 人 間 の 助 力 に 頼 る 自 動 化 シ ス テ ム は 特 に 問 題 含 み だ 。 し か し , 特 定 の 状 況 と 用 途 に 限 れ は , 助 力 を 前 提 に し な い 自 動 運 転 シ ス テ ム か 今 後 10 年 以 内 に 登 場 す る だ ろ う 。 ・ 自 動 で 駐 車 す る 車 や 大 学 構 内 を 低 速 で 自 動 走 行 す る シ ャ ト ル バ ス , 車 間 距 離 を 詰 め て 隊 列 を 組 ん で 自 動 走 行 す る ト ラ ッ ク , 高 速 道 路 で 専 用 車 線 を 走 行 す る 自 動 制 御 車 は ど れ も 技 術 的 に 可 能 で , 登 場 は 必 然 と い え る 。 46 準 を 満 た す よ う に 設 計 ・ 開 発 し な け れ ば な ら な い 。 そ う し た 基 準 を 満 た す の は 極 め て 困 難 で あ り , ソ フ ト 開 発 と 信 号 処 理 に つ い て の 根 本 的 な プ レ ー ク ス ル ー を 必 要 と す る だ ろ う 。 複 雑 で 刻 々 と 変 化 す る 状 況 に あ っ て も 正 確 ・ 安 全 に 動 作 す る と 証 明 で き る よ う な ソ フ ト を 設 計 す る 新 た な 方 法 が 必 要 だ 。 プ ロ グ ラ ム コ ー ド の 部 分 に つ い て 考 え う る 欠 陥 を す べ て 事 前 に 解 析 す る 手 法 ( プ ロ グ ラ ム が き ち ん と 動 作 す る こ と を 数 学 的 に 証 明 す る よ う な 手 法 ) が す で に あ る も の の , 極 め て 単 純 な プ ロ グ ラ ム に し か 使 え な い 。 こ の 種 の テ ス ト 法 を ど の よ う に ス ケ ー ル ア ッ プ す れ ば 完 全 な 自 動 運 転 車 に 必 要 と さ れ る 極 め て 複 雑 な プ ロ グ ラ ム コ ー ド を 検 証 で き る の か , 科 学 者 た ち は 検 討 を 始 め た ば か り だ 。 プ ロ グ ラ ム コ ー ド を 書 き 終 え た ら , こ れ を デ バ ッ グ し て 動 作 確 認 す る 新 手 法 が 必 要 だ 。 既 存 の 方 法 は あ ま り に 煩 雑 で 費 用 が か か る 。 い か に 大 変 か は , 新 し い 航 空 機 ( 民 間 機 も 軍 用 機 も ) の 開 発 費 の 半 分 が ソ フ ト の 検 証 と 動 作 確 認 に 費 や さ れ て い る こ と 考 え れ ば 明 ら か だ 。 し か も 航 空 機 に 搭 載 さ れ る ソ フ ト は , 道 路 を 走 る 自 動 運 転 車 に 必 要 と な る ソ フ ト よ り も ず っ と 単 純 た 。 飛 行 機 の オ ー ト パ イ ロ ッ ト シ ス テ ム の 場 合 , 近 く に 他 の 航 空 機 が 存 在 す る 状 況 が 生 じ る と し て も ご く ま れ で あ る と わ か っ た う え で 設 計 を 進 め る こ と が で き る 。 他 機 は 十 分 に 離 れ て い て 対 応 す る 時 間 も あ る た め , 他 機 の 速 度 と 位 置 を 極 端 な 高 精 度 で 知 る 必 要 は な い 。 時 間 的 に も 数 十 秒 の 単 位 で 判 断 を 下 せ ば よ い 。 一 方 の 自 動 運 転 車 の 場 合 , 路 上 の 何 十 も の 他 車 と 障 害 物 を 把 握 し て , 1 秒 足 ら ず で 素 早 く 判 断 を 下 す 必 要 が あ る だ ろ う 。 そ の た め の ソ フ ト は 飛 行 機 用 の プ ロ グ ラ ム コ ー ド に 比 べ て 桁 違 い に 複 雑 に な る 。 プ ロ グ ラ ム コ ー ド の 動 作 確 認 が で き た 後 も , メ ー カ ー は 完 成 し た 自 動 運 転 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号

日経サイエンス 2016年 9月号


森 山 和 道 の 咢 ま 生 物 が 光 る の は な ん ら 特 別 で は な い 。 発 光 生 物 学 を や さ し く 紹 介 す る 『 恐 竜 は ホ タ ル を 見 た か 』 に よ れ ば , 光 る 生 物 = す ご い と 短 絡 し が ち な の は , 視 覚 の 動 物 た る 人 間 の 勝 手 な 思 い 込 み だ 。 特 に 海 中 で は , 光 る 動 物 は 珍 し く な い 。 海 に は 隠 れ 場 が な い 。 だ か ら 光 る こ と で 上 か ら の 光 に ま ぎ れ て し ま う 戦 略 を 取 っ て い る 動 物 が 多 い 。 カ ウ ン タ ー イ ル ミ ネ ー シ ョ ン だ 。 た だ し 発 光 の 意 義 が わ か っ て な い 生 ・ 0 d i 館 0 ー 0 ′ y 新 刊 Guide 知 能 と 人 間 の 進 歩 遺 伝 子 に 秘 め ら れ た 人 類 の 可 能 性 シ ェ ー ム ズ ・ ロ バ ー ト ・ フ リ ン 著 無 藤 隆 / 白 川 佳 子 / 森 敏 昭 訳 新 曜 社 2100 円 ( 税 別 ) 政 治 哲 学 ・ 道 徳 哲 学 を 専 門 と す る 心 理 学 者 の ジ ェ ー ム ズ ・ フ リ ン は , 人 類 の 知 性 と 道 徳 性 が 時 代 と と も に 進 歩 し て い る と し , 科 学 的 証 拠 を あ げ て 紹 介 し て き た 。 本 書 で は さ ら に , 知 性 と 道 徳 へ の 遺 伝 子 の 影 響 を 考 察 す る 。 遺 伝 物 も 多 い 。 発 光 機 構 は そ れ ぞ れ 独 立 に 何 度 も 進 化 し て き た 。 発 光 自 体 は ル シ フ ェ リ ン の 酸 化 で 起 こ る 。 特 に そ の 一 種 セ レ ン テ ラ ジ ン を 使 っ て い る 海 洋 生 物 が 多 い 理 由 は , 発 光 性 の 動 物 性 プ ラ ン ク ト ン に 起 源 が あ る の で は な い か と 著 者 は 仮 説 を 紹 介 し て い る 。 後 半 は や や こ し い が 面 白 い 。 人 が 本 当 に 社 会 的 関 係 を 維 持 で き る 集 団 の 上 限 は お お よ そ 150 人 と い う 仮 説 で 知 ら れ る ダ ン バ ー は , 『 人 類 進 化 の 謎 を 解 き 明 か す 』 で , 今 度 は 時 間 収 支 に 着 目 し て い る 。 1 日 の 時 間 の や り く り た 。 安 定 し た 関 係 を 維 持 す る た め に も , 健 康 な 心 身 の 維 持 の た め に も , 動 物 に は 常 に 時 間 の 制 限 が つ き ま と う 。 社 会 関 係 を 維 持 す る た め に 発 達 し た 脳 を 支 え る た め に は エ ネ ル ギ ー が 必 要 だ し , 食 物 を 摂 取 す る た め に も 時 間 が い る 。 ヒ ト の 祖 先 は , そ の や り く り を ど こ で ど う 辻 褄 を 合 わ せ て き た の か 。 火 を 使 う こ と や 料 理 , 集 団 で の 食 事 の 意 義 , 大 気 と 雨 の 衛 星 観 測 気 象 学 の 新 潮 流 3 恐 竜 は ホ タ ル を 見 た か 発 光 生 物 が 照 ら す 進 化 の 謎 大 場 裕 一 著 岩 波 書 店 1300 円 ( 税 別 ) 歌 や 儀 式 な ど 諸 般 の 仮 説 を 検 討 し て い る が , 何 よ り も 時 間 の や り く り に 着 目 し た 視 点 自 体 が 面 白 い 。 著 者 は , 意 思 疎 通 の た め に あ る 言 語 が 簡 単 に 変 化 し 分 裂 し や す い 理 由 を , む し ろ 小 規 模 で 排 他 的 な 共 同 体 を 作 る た め だ ろ う と 述 べ て い る 。 は っ と さ せ ら れ た 。 人 工 知 能 や ロ ボ ッ ト は し ば し ば 人 の 進 化 の 延 長 と し て 語 ら れ る 。 『 人 工 知 能 は 敵 か 味 方 か 』 に も , そ ん な 考 え 方 の 研 究 者 が 登 場 す る 。 本 書 は 人 工 知 能 や ロ ボ ッ ト に 着 目 し ジ ェ ム ズ に プ リ ン 第 ・ ま ・ 自 強 子 ・ ・ 第 第 中 澤 哲 夫 編 中 島 孝 / 中 村 健 治 著 朝 倉 書 店 2900 円 ( 税 別 ) 衛 星 観 測 の 基 本 原 理 , 目 的 別 の 気 象 観 測 の 仕 組 み を 解 説 す る 。 多 数 の ト ピ ッ ク が 盛 り 込 ま れ , 「 衛 星 デ ー タ の 容 量 」 「 紫 外 線 が 強 い の は 快 晴 時 ? 」 ( 晴 天 の 空 に 雲 が あ る と き の ほ う が 地 上 の 紫 外 線 が 強 く な る ) と い っ た コ ラ ム も 充 実 。 気 象 観 測 の 現 場 で 活 動 気 象 学 の 新 潮 : ム 新 田 尚 中 夫 物 倉 書 店 衛 星 観 測 大 気 と 雨 の 中 村 健 治 中 島 孝 ー 中 澤 哲 夫 国 は ス タ ー ト ラ イ ン で の 知 能 の 個 人 差 を も た ら す も の の , 環 境 の 手 助 け で 知 性 を 伸 ば す こ と が で き る と 述 べ る 。 そ の 環 境 と は , 教 育 と 知 的 な 仕 事 だ 。 今 回 も 多 数 の 研 究 デ ー タ を 交 え て 解 説 す る 。 知 性 の 進 歩 と い う テ ー マ に 取 り 組 ん で き た 著 者 が , 環 境 と 遺 伝 の 問 題 に 明 確 な 答 え を 見 い だ し て い る 点 も 興 味 深 い 。 1 10 す る 人 や 研 究 を 目 指 す 人 だ け で な く , 衛 星 観 測 技 術 や 気 象 そ の も の に 関 心 を 持 つ 一 般 読 者 も 意 識 し た 内 容 。 化 石 ウ ォ ー キ ン グ ガ イ ド 全 国 版 日 本 各 地 に 眠 る 古 生 物 の 痕 跡 探 し 27 地 点 相 場 博 明 編 著 丸 善 出 版 1900 円 化 石 の 解 説 書 で は な く , 化 石 を 採 集 し た り 観 察 し た り し な が ら ウ ォ ー キ ン グ を 楽 し も う と い う 趣 旨 で 作 ら れ た ガ イ ド ブ ッ ク 。 北 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号

日経サイエンス 2016年 9月号


面 L2 ペ 己 ロ 1 日 も 鰍 朝 第 0 0 参 加 マ ニ ュ ア ル ( 海 岸 植 物 ミ ニ 図 鑑 ) は 「 自 然 し ら べ 係 」 ま で ご 請 求 く だ さ い 。 無 料 で 郵 送 し ま す 。 特 設 ウ ェ ブ サ イ ト か ら も ダ ウ ン ロ ー ド で き ま す 0 参 加 マ ニ ュ ア ル を 手 に 入 れ る 。 ② カ メ ラ を 持 っ て 海 に で か け る 。 0 し ら べ た 結 果 を 送 る 。 を し ら へ ま す 。 大 切 な 海 の こ と 、 み ん な で し ら へ よ う 。 あ な た の 参 加 を お 待 ち し て い ま す ! み ん な て 見 れ ば み え て く る 、 自 然 し ら へ 2016 の テ ー マ は 「 海 岸 植 物 」 で す 。 今 年 は 海 辺 で し か 見 る こ と が で き な い 植 物 実 施 期 間 2 0 1 6 年 月 誌 面 協 賛 日 経 サ イ エ ン ス し ら へ た 結 果 は 、 郵 送 ま た は 特 設 ウ ェ ブ サ イ ト か ら 送 信 し て く だ さ い 。 主 催 公 益 財 団 法 人 日 本 自 然 保 護 協 会 ~ 9 月 30 日 協 賛 J R 西 日 本 5 ョ nik 厄 en 共 催 読 売 新 聞 東 京 本 社 @C 〇 L 〇 RATA 一 相 人 ( 0 0 歩@達* 旅 の 手 mo ・ bell 0 協 力 E-ne!-vgood fO 「 you-v ( FM ョ コ ハ マ ) こ の は Gakken FUJITSU 海 の 生 き 物 を 守 る 会 NEC presents THE FLINTSTONE (bayfm) タ ッ キ ー 地 球 レ ポ ー ト ( み の お FM ) 月 刊 イ ノ ヾ ー 環 境 省 文 部 科 学 省 後 援 ラ 毎 辺 の 写 真 コ ン テ ス ト す べ て の 報 告 写 真 か ら 、 素 敵 な 写 真 を 表 彰 ! ! 砂 浜 の 風 景 、 参 加 者 プ レ セ ン ト 第 一 次 〆 切 6 月 30 日 、 第 ニ 次 〆 切 9 月 30 日 参 加 マ ニ ュ ア ル 請 求 先 公 益 財 団 法 人 日 本 自 然 保 護 協 会 「 自 然 し ら へ 」 係 〒 104-0033 東 京 都 中 央 区 新 川 1 -16-10 ミ ト ヨ ビ ル 2F TEL: 03-3553-4102 参 加 者 の み な さ ん に 抽 選 で 図 鑑 や グ ッ ズ を プ レ セ ン ト 。 自 由 研 究 に び っ た り [email protected]「.jp 回 一 回 し ら べ 2016 検 ま 「 自 然 し ら べ 2016 」 は 、 東 京 ガ ス 環 境 お う え ん 基 金 の 助 成 を 受 け て 実 施 し て い ま す 。 楽 し く し ら べ て い る 笑 顔 な ど も お 待 ち し て い ま す 。 ウ エ プ サ イ ト に 、 夏 休 み の 自 由 研 究 に 役 立 つ ヒ ン ト や 使 え る 素 材 も あ り ま す 。 自 然 の ち か ら で 、 明 日 を ひ ら く 。 日 本 自 然 保 護 協 会 THE NATURE CONSERVATION SOCIETY OF JAPAN

日経サイエンス 2016年 9月号


的 に 認 め ら れ た 認 証 材 を 使 え ば , こ の 基 準 に ほ ぼ 沿 う と 考 え ら れ る 。 し か し 組 織 委 の 基 準 は 認 証 材 で な く て も , 供 給 業 者 が ① ~ ⑤ の 条 件 を 確 認 す れ ば そ れ で も 構 わ な い と す る 。 し か も 確 認 方 法 は 業 者 任 せ で , 組 織 委 が チ ェ ッ ク も し な い 。 い わ ば 「 自 己 申 告 」 で い い の た 。 「 コ ス ト を か け て 認 証 材 を 供 給 す る 業 者 と そ う で な い 業 者 が 同 等 に 扱 わ れ る の は お か し い 」 と 日 本 森 林 管 理 協 議 会 ( FSC ジ ャ パ ン ) の 岩 瀬 泰 徳 さ ん は 言 う 。 環 境 団 体 の 地 球 ・ 人 間 環 境 フ ォ ー ラ ム は 「 持 続 可 能 な 調 達 基 準 と は 呼 べ な い 」 と 強 い 懸 念 を 表 明 し た 。 基 準 を 作 成 し た 組 織 委 の ワ ー キ ン グ グ ル ー プ は 非 公 開 で 議 事 録 す ら 公 表 し て い な い 。 ど ん な 議 論 を 経 て 原 則 が 骨 抜 き に な っ た の か は わ か ら な い 。 関 係 者 か ら 事 情 を 聞 く と , 木 材 関 連 業 者 か ら 「 高 い 基 準 だ と 調 達 費 用 が 増 し 供 給 が 保 証 で き な い 」 と い っ た 趣 旨 の 意 見 が 出 た と い う 。 五 輪 は 大 き な 事 業 と は い え , 日 本 が 毎 年 消 費 す る 木 材 の 総 量 に 比 べ れ ば 使 用 量 は 小 さ い 。 国 を 挙 げ て 世 界 に ア ピ ー ル す る 事 業 で あ り , 高 い 目 標 を 掲 げ 新 し い 取 り 組 み に 挑 戦 す る こ と で , 国 全 体 の 事 業 環 境 を 変 え て い く 糸 口 に な り う る 。 そ う 考 え る か ら こ そ , ロ ン ド ン は い ち 早 く サ ス テ ナ ビ リ テ ィ ー を 大 会 理 念 に 掲 げ て レ ガ シ ー ( 後 世 に 残 す 遺 産 ) と し , 東 京 も こ れ に 続 こ う と し て い た 。 現 状 追 認 で は 好 機 を 逃 す 。 木 材 に 関 し て は サ プ ラ イ チ ェ ー ン で の 環 境 配 慮 を 強 く 求 め れ ば , 結 果 的 に 国 産 材 が 有 利 と な り , 国 内 林 業 の 振 興 に も つ な が る は ず だ 。 逆 に , 輸 入 木 材 は 確 認 が ぞ ん ざ い だ と 違 法 伐 採 さ れ た も の が 混 じ る 恐 れ が あ る 。 そ の 事 実 が 発 覚 し た 際 に 受 け る 非 難 を 考 え る と , 業 者 に と っ て 大 き な 事 業 リ ス ク が あ る と い え る 。 年 内 に 水 産 物 や 紙 ・ 包 装 な ど の 基 準 も 決 ま る 予 定 だ 。 こ の ま ま だ と , 同 様 の 議 論 が 繰 り 返 さ れ る 可 能 性 が 高 い 。 組 織 委 は 基 準 作 成 の プ ロ セ ス を 公 開 し 環 境 団 体 や 市 民 が 議 論 に 参 加 す る 道 を 開 く べ き だ ろ う 。 ま た 業 者 が サ ス テ ナ ビ リ テ ィ ー な ど に 配 慮 し た か ど う か を 第 三 者 が 検 証 で き る よ う に 必 要 な デ ー タ を 公 開 す べ き だ 。 「 企 業 は 真 面 目 に 対 応 す る 」 と 「 性 善 説 」 に 立 っ て 厳 し い 規 制 を 課 さ な い の で あ れ ば , せ め て そ れ を 検 証 す る 仕 組 み が な い と , 真 面 目 に 取 り 組 ん だ 人 が 損 を す る シ ス テ ム に な り か ね な い 。 東 京 大 会 に 関 し て は エ ン プ レ ム や 国 立 競 技 場 を め ぐ っ て ト ラ ブ ル が 起 き た 。 こ れ ら は 関 係 者 が 本 当 に 真 面 目 で あ れ ば 起 こ り え な い 事 態 だ っ た の で は な い か 。 失 敗 か ら 学 び 二 度 と 繰 り 返 さ な い た め に も , し つ か り と し た 調 達 シ ス テ ム を ま ず つ く り , 問 題 が 起 き た 際 に も き ち ん と 説 明 責 任 を 果 た せ る よ う に 心 が け る べ き だ 。 今 か ら で も 遅 く は な い 。 ( た き ・ じ ゅ ん い ち : 日 本 経 済 新 聞 論 説 委 員 ) 当 世 か が く 考 少 漠 の 駝 鳥 滝 順 一 東 京 五 輪 持 続 可 能 に す る に は イ ラ ス ト ・ 斉 藤 重 之 リ オ デ ジ ャ ネ イ ロ の オ リ ン ピ ッ ク ・ パ ラ リ ン ピ ッ ク が 間 近 に 迫 っ た 。 2020 年 の 東 京 大 会 が 視 界 に 入 っ て き た 。 日 本 は 「 環 境 先 進 国 」 と し て 東 京 大 会 を 五 輪 の 歴 史 に 残 る お 手 本 に す る 責 任 が あ る 。 2012 年 の ロ ン ド ン 大 会 は 「 持 続 可 能 性 ( サ ス テ ナ ビ リ テ ィ ー ) 」 を 理 念 に 掲 既 開 催 に 伴 う 環 境 負 荷 の 最 小 化 を 目 指 し た 。 東 京 大 会 の 組 織 委 員 会 も 「 オ ー ル ジ ャ パ ン 体 制 で 描 く 5 つ の 未 来 」 と 呼 ぶ ビ ジ ョ ン を 示 し , 「 街 づ く り と サ ス テ ナ ビ リ テ ィ ー 」 を 開 催 理 念 の 一 つ に 掲 げ た 。 公 害 克 服 の 歴 史 を 誇 り 環 境 対 応 技 術 を 売 り 物 に す る 日 本 と し て は , 環 境 配 慮 の 面 で も ロ ン ド ン 大 会 を 上 回 る 成 果 を あ げ た い と こ ろ だ が , 残 念 な が ら 現 状 は ほ と い 。 組 織 委 員 会 は 今 年 1 月 , 「 持 続 可 能 性 に 配 慮 し た 調 達 コ ー ド 」 の 基 本 原 則 を 公 表 し た 。 五 輪 は 巨 大 な 公 共 調 達 を 伴 う 。 開 催 準 備 や 運 営 で 組 織 委 や 東 京 都 , 国 が 調 達 す る 物 品 や サ ー ビ ス に つ い て サ プ ラ イ チ ェ ー ン 全 体 に わ た っ て , 地 球 環 境 や 少 数 民 族 の 人 権 , 働 く 人 の 労 働 安 全 に 配 慮 す べ き だ と 基 本 原 則 は 求 め て い る 。 こ こ ま で は い い 。 問 題 は 原 則 を 具 体 化 し た 調 達 基 準 だ 。 第 一 弾 と し て 組 織 委 が 6 月 に 「 持 続 可 能 性 に 配 慮 し た 木 材 の 調 達 基 準 」 を 公 表 し た と こ ろ , 環 境 団 体 の 間 で 落 胆 の 声 が 広 が っ た 。 基 準 は 建 設 資 材 や 建 設 に 用 い ら れ る コ ン ク リ ー ト 型 枠 材 , 使 用 す る 家 具 に 関 し , ① 違 法 伐 採 さ れ た も の で な い ② サ ス テ ナ プ ル な 管 理 経 営 が さ れ た 森 林 に 由 来 す る ③ 伐 採 に あ た っ て 生 態 系 保 全 に 配 慮 し て い る ④ 先 住 民 族 や 地 域 住 民 の 権 利 が 配 慮 さ れ て い る ⑤ 伐 採 に 従 事 す る 労 働 者 の 安 全 対 策 が と ら れ て い る 一 一 一 こ と を 確 認 す る よ う 求 め て い る 。 森 林 管 理 協 議 会 (FSC, 本 部 ド イ ツ ・ ボ ン ) な ど の 国 際 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号 33

日経サイエンス 2016年 9月号


新 製 品 ・ 企 業 イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン ア ジ ア 最 大 級 の 分 析 機 器 ・ 科 学 機 器 の 国 際 展 。 9 / 7 ( 水 ) ~ 9 / 9 ( 金 ) 壽 張 メ ッ セ で 開 催 。 「 ラ イ フ サ イ エ ン ス イ ノ ベ ー シ ョ ン ゾ ー ン 」 で は 先 端 分 析 技 術 , 製 品 等 の 展 示 ほ か , 「 先 端 創 薬 」 「 細 胞 ・ 再 生 医 療 」 な ど の 講 演 も 。 詳 細 は ホ ー ム ペ ー ジ で 。 お 問 合 せ : JASIS2016 事 務 局 http://www.jasis.jp/ 「 そ ら 博 」 8 / 5 ( 金 ) ~ 8 / 7 ( 日 ) , 幕 張 メ ッ セ 。 お 天 気 キ ャ ス タ ー 体 験 や , 大 空 を 体 験 で き る ジ ャ ン プ ゾ ー ン や フ ラ イ ト シ ミ ュ レ ー タ ー な ど を 通 じ て , 空 や 宇 宙 , 天 気 の こ と を も っ と 知 る こ と が で き る 。 お 問 合 せ . ウ ェ ザ ー ニ ュ ー ズ http://weathernews.jp/soraexpo/ 「 な せ ? ど う し て ? 世 の 中 の ぶ し き 」 身 の 回 り に あ る ] OO の 疑 問 を 6 つ の テ ー マ に わ け て 説 明 。 オ ー ル カ ラ ー で , わ か り や す い 「 JASIS ( ジ ャ シ ス ) 2016 」 ウ エ プ か ら 記 事 を ダ ウ ン ロ - ド イ ラ ス ト と 簡 潔 な 文 章 で ま と め ら れ て い る 。 漢 字 は 全 て ル ビ 付 き 。 大 人 が 読 ん で も 楽 し め る 。 藤 嶋 昭 監 修 定 価 ( 本 体 1 , 300 円 + 税 ) お 問 合 せ . ナ ツ メ 社 6. 、 誕 0 , 査 外 な し http://www.n atsume. CO. jp/ 「 か ら だ の ひ み つ 大 冒 険 ロ X 」 8 / 28 ( 日 ) ま で 幕 張 メ ッ セ 。 全 長 40m の 人 体 を 「 き た な い も の 」 に な っ て 体 験 す る ア ト ラ ク シ ョ ン を は じ め , 80 以 上 の ア ト ラ ク シ ョ ン を 通 じ , 身 体 の 大 切 さ を 体 験 し な が ら 学 ぶ 。 お 問 合 せ : か ら だ の ひ み つ 大 冒 険 DX http://www.bayfm. CO. jp/karada/ Sony BuiIding 50th Anniversary 「 Sony Aquarium 」 8 / 28 ( 日 ) ま で , 銀 座 ・ ソ ニ ー ビ 丿 レ に て 。 沖 縄 美 ら 海 の 生 態 系 を 再 現 し た 水 槽 展 示 , ソ ニ ー の 技 術 で 描 か れ た 映 像 等 を 通 し て , 沖 縄 の 自 然 や 生 き 物 に つ い て 楽 し み な が ら 学 べ る 体 験 型 の イ ベ ン ト 。 お 問 合 せ . ソ ニ ー ビ ル http://www.sonybuilding.jp/ 「 第 60 回 日 本 学 生 科 学 賞 」 中 学 生 ・ 高 校 生 対 象 。 身 の 回 り の 疑 問 や 不 思 議 の 解 明 な ど に つ い て , 個 人 , ま た は 同 じ 学 校 の 生 徒 が 共 同 で 行 っ た 実 験 ・ 研 究 ・ 調 査 な ど の 作 品 を 募 集 。 高 校 の 部 入 賞 作 品 の 中 か ら , 毎 年 5 月 に 米 国 で 開 催 さ れ る 世 界 最 大 の 学 生 科 学 コ ン テ ス ト 国 際 学 生 科 学 技 術 フ ェ ア (ISEF) に 代 表 を 派 遣 。 お 問 合 せ . 読 売 新 聞 社 http://event.yomiuri.co.jp/jssa/ 「 夏 休 み 子 ど も 化 学 実 験 シ ョ ー 2016 」 8 / 6 ( 土 ) ~ 8 / 7 ( 日 ) , 東 京 ・ 北 の 丸 公 園 の 科 学 技 術 館 。 小 学 生 対 象 の 化 学 実 験 体 験 イ べ ン ト 。 夏 休 み の 自 由 研 究 に も 活 か せ る プ ロ グ ラ ム を 用 意 。 詳 細 は ホ ー ム ペ ー ジ で 。 お 問 合 せ . 「 夢 ・ 化 学 -21 」 委 員 会 http://www.kagaku21. net/ 「 映 画 「 君 の 名 は 。 」 >< TeNQ 「 新 海 誠 が 描 く 宙 展 」 」 宇 宙 ミ ュ ー ジ ア ム TeNQ の 2 周 年 特 別 企 画 展 。 映 画 「 君 の 名 は 。 」 に 描 か れ る 「 空 」 と 風 景 描 写 完 成 ま で の 制 作 過 程 , 映 画 に も 登 場 す る 「 彗 星 」 を テ ー マ に し た コ ー ナ ー な ど , 新 海 誠 監 督 が 描 く 宇 宙 の 魅 力 に 迫 る 。 ⅱ / 6 ( 日 ) ま で , 文 京 区 の 東 京 ド ー ム シ テ ィ 。 お 問 合 せ ・ 宇 宙 ミ ュ ー ジ ア ム TeNQ https://www.tokyo-dome. CO. jp/tenq/ 「 第 60 回 全 国 学 芸 サ イ エ ン ス コ ン ク ー ル 」 小 学 生 ・ 中 学 生 ・ 高 校 生 対 象 。 サ イ エ ン ス ジ ャ ン ル ( 理 科 系 ・ 社 会 科 系 の 各 研 究 分 野 ) と 学 芸 ジ ャ ン ル ( ア ー ト ・ 文 芸 I ・ 文 芸 Ⅱ ・ 環 境 の 各 分 野 ) の 2 つ の 系 統 で 作 品 を 募 集 。 詳 細 は ホ ー ム ペ ー ジ で 。 お 問 合 せ : 旺 文 社 http://gakkon.obunsha. CO. jp/ 日 経 サ イ エ ン ス 読 み た い 記 事 を 探 す の に 便 利 な 検 索 機 能 付 き AMERICAN 経 Ⅷ 旧 ・ 日 サ イ エ ン ス ご 物 用 案 内 必 要 環 境 よ く あ る 質 問 サ ン プ ル 記 事 定 期 鋼 読 お 申 し 込 み HOME 最 新 号 別 冊 ・ 本 バ ッ ク ナ ン バ ー 記 事 ダ ウ ン ロ ー ド 1. 動 き 出 す 自 開 症 2. チ ョ コ レ ー ト の 木 を 救 う 1 2 つ の 太 第 を 持 つ 世 界 4. 直 系 相 先 は 置 だ ~ 技 の 多 - 当 サ イ エ ン ス 超 ハ ビ タ ブ ル 惑 星 す ・ の 物 第 第 ア ク セ ス ト ッ プ 5 ~ 透 明 化 ガ 社 会 に 強 い る 道 化 3. 書 き え ら れ た 進 化 史 4. 意 と 感 の 第 科 学 5. 物 理 学 を に す る 編 集 部 の ビ ッ ク ア ッ プ (ontents 日 経 サ イ エ ン ス 2015 年 5 月 号 What's New ) 目 次 は こ ち ら が 社 会 に 強 い る 進 化 / ほ か 体 の あ ち こ ち で 働 く 末 物 時 計 / 温 化 が か す ワ イ ン び メ を / 透 明 化 15.03.18 透 明 化 が 社 会 に 強 い る 進 化 [ 2015 年 5 月 号 ] 15.03.18 2015 年 5 月 号 近 日 発 売 15.03.19 第 暖 化 が 脅 か す ワ イ ン び [ 2015 年 5 月 号 ] 15.03.19 体 の あ ち こ ち で 働 く 末 構 時 計 [ 2015 年 5 月 引 15.03.16 缶 も キ ャ ン デ イ も 平 等 に ! ( 解 答 ) [ 2015 年 4 月 号 ] 鋼 物 2 別 冊 ・ 本 の ご 案 内 2. OOO 円 + 税 2014 年 12 月 17 日 発 売 ヒ ッ グ ス を 題 え て 2.0 円 + 税 2015 年 2 月 19 日 頃 発 売 ご 意 見 ・ お 問 い 合 わ せ よ く あ る 質 問 最 大 40 % OFF ! 定 期 購 読 の ご 案 内 を 毎 月 確 実 に 月 刊 一 日 盛 サ イ エ ン ス パ 定 価 1.440 円 ) が 、 ぐ ん と お 安 く お 手 元 に 尾 き ま す . 記 事 ダ ウ ン ロ ー ド ま み た し 事 だ け 購 人 で き る ′ Facebook ヘ ー ジ も チ ェ ッ ク ー ◆ 記 事 ダ ウ ン ロ ー ド 今 本 等 用 パ イ ン ダ ー 今 ・ 0 / ・ ROM 今 定 - 読 の 送 付 先 変 更 Shopping ー メ - ル ニ ュ ー ス 会 員 登 録 き よ う の 日 経 サ イ エ ン ズ 日 記 ・ コ ラ ム 、 ニ ュ ー ス 、 読 者 の 第 「 日 経 サ イ チ ン ス 2000 年 1 月 号 以 降 の ハ ッ ク ナ ン ー の 記 事 を 誌 面 の イ メ ー ジ そ の ま ま に PDF プ ラ イ ル に し ま し た 。 記 事 1 本 位 で タ ウ ン ロ ド で き ま す 。 お 支 払 い ク レ ジ ッ ト カ ー ド で 。 294 圧 10 目 ら 実 現 し た 色 の 饑 光 ダ イ オ ー ド さ ら に こ の 分 野 に つ い て お 心 り に な り た い 方 は 以 - の 当 も ど う そ www.nikkei-science..( 第 日 経 サ イ エ ン ス の サ イ ト を 特 定 を 取 引 法 に 基 づ く 表 示 ~ 00 」 5 第 号 ' L を D が い た 0 白 ~ 904 躄 6 戸 一 ど こ で も ア イ ス ノ レ ー を 人 を EL 」 キ ” こ は 丁