検索 - みる会図書館

全データから 157013件見つかりました。
1. サンライズ英和辞典

H 616 six hundred (and) sixteen HI, れ [eitS] 囹 ( 複 H's, Hs ; h's, hs [&iz]) ① 英語アルファベットの第 8 字② (H) H 字形 ( の もの ) drop 0 ' S ' 8 語頭の h 音を落として発音する ( ◆ his を [iz] と発音するなどロンドンの下町の Cockney English の特徴 ) H2 〔化学〕 hydr en ( 水素 ) の元素記号 H3 hard ( 鉛筆のしんの硬度を表示し , 数値が大きい ほど硬く色が薄い . → B2 ) H. , れ . height( 高さ ) ; hour(s) ( 時間 , 時刻 ) ha 山 0 : ] 問①ほう ; まあ ; おや ( 驚き・悲しみ・怒り・喜 び・ためらいなどを表す ) ② ( 2 つ以上連ねて ) はは , あ はは ( 大笑いの声 ) ha. hectare (s) ( ヘクタール ) れゑ・ be ・ as c6rpus [héibias-] 囹囘〔法 律 ) 人身保護令状 ( 人身保護の目的で拘禁の事情 聴取のために被拘禁者を裁判所に出頭させる命令 ) . hab ・ er ・ dash•er [ h b d 第月囹① ( 米 ) ( シャツ・帽子・ネクタイなどの ) 紳士用装身具商 ② ( 英 ) ( ひも・糸・レースなどの ) 小間物商 hab ・ er ・ dash ・ er ・ Y [hébardöSari] 囹 (-er ・ wz]) ① ( 米 ) 紳士用装身具類 ; 紳士用装身具店 , 洋品店② ( 英 ) 小間物 ; 小間物店 ha ・ bil ・ i ・ ment [hobflomont] 囹 ( 通例 &S) ( 特定の官職・場合などの ) 服装 , 衣服 ( clothes ) ( ◆戯言的に日常の衣服をもいう ) :hab ・ it [hébit] 囹 ()s [-ts]) ① 0 3 癖 , 習慣 ( ー第 ) 引 the わ″ 0f drinking 飲酒癖 / cure [ break] him 0f the ″彼の癖をな おす /form [ cultivate] a good わ″よい習 慣をつける [ 養うレ lt is a わ″ with me t0 get 叩 early. 早起きが私の習慣だ / 〃″な ( の s “ 0 イ ( ことわざ ) 習慣は第 2 の天性 ②囘 ( 動物・植物の ) 習性 the わ″ of a dog 犬の習性 ①囘 ( ◆ ( 英 ) では ( 古語 ) ) 気質 , 性質 ; 体質 a cheerful of mind 陽気な性質 / a man of corpulent と″肥満型の人 ① 0 ( 特別な職業などの ) 衣服 a monk's 6 ″法衣 / a riding と″婦人用乗馬服 加を 06 0f 加 0 = 0 0 [ 0 / the] 0 t of 加 0 ・・・する癖 [ 習慣 ] がある She な the わ″わ″ g her nails. 彼女はつめをかむ癖がある 0 [ 〃 ] 加肱を habit 0f 面加 0 ・ する癖 [ 習慣 ] がつく 0 0 t 0f the ん 0 t 0f i 0 ・・・する癖 [ 習慣 ] をやめる make habit 0f 加 0 = ma 0 t ・・・するのを常とする , いつも・・・する 0 設 of ん 0 わ = ル om (force (f) 0 t く副〉習慣から , 癖で引 He does it merely 0 0 / た彼は習慣上そうしているにすぎない 0 habftual 形 《名①》 habit 主として個人の習慣 , しば しば , 抜け出しがたい悪習をも暗示する . custom 主に社会的慣習 ( 強制力を暗示 ). habit のよう に悪い暗示なしに個人に使うこともある . ( 例 )You must respect native c 襯 s. 土地の慣習は 尊重しなければならない . practice 意識してある 行為を規則正しく反復すること . ( 例 ) lt's my カ c 〃化 tO walk t0 sch001. 私は歩いて通学 するようにしている 〔語ラテン語で have( 持つ ) を意味するん厖ル より . 関連する主な語は次のとおり . habitual habitat rehabilitate exhibit prohibit ability disability debt endeavor inhabit inhibit able duty hab ・ it ・ a ・ ble [hébatabl] 形〔建物が〕住むのに 適した , 住むことができる hab ・ i ・ tat 山 bot t ] ① ( 植物の ) 自生 地 , ( 動物の ) 生息地 , 産地② ( 人の ) 居住地 hab ・ i ・ ta ・ tion 囹①囘居住② ( 文語 ) 住む所 , 人家 , 住みか hab ・ it-form ・ ing [hébitfö:rmit)] 形〔麻薬 などが〕習慣性のある ・ a ・ bit ・・ al [habitSual] 形① ( 限定的に ) 習慣 的な , いつもの one's 6 ″ / seat いつもの席 / わ″ー practice 習慣②常習的な引 a カ 0 わ″ - / criminal 常習犯 / lt is わ / with her to put things off. 物事を先に延ばすのが彼女の癖 だ ~ ・ ly 習慣的に , いつも ha ・ bit ・収・ ate [hobitSuöit] 動他文型囮 ( ~ 十 + 十囹》・・・を ( ・・・に ) 慣らす Theb0Y was と″ d ね hard work [ ね being punctual]. 少年は重労働 [ 時間を守ることに慣れて いた / わ″ル oneself ね・・・に慣れる れ a ・ bit ・・ 0 [hobitSuöi] 常客 , 常連 ha ・ ci ・ en ・ da [hö:siéndo/hisi-] 名 ( 中南 米・米国南西部などの住居っきの ) 農場 , 牧場 hack [hæk] 動他 ( おのなどで ) ・・・をたたき切る , ぶっ た切る ; ・・・を切り開く一 ( ・・・に ) 切りつける (at) ー①たたき切ること , 刻み目②短いからせき ① ( 米ロ語 ) 試み hack2 [hæk] 名①貸し馬 ; 乗用馬 ; ( 米 ) 貸 し馬車 ; ( 米ロ語 ) タクシー② ( 役に立たなくなっ た ) おいばれ馬①あくせく働く人 ; 下働きの文筆 家 , へつばこ [ 三測文士 ー形 ( 限定的に ) 金で働く ; 下働きの引 work 下働き / a writer 三文文士 ー動冝① ( 英 ) ( 普通の速さで ) 馬に乗って行く② 「転手 ( 米ロ語 ) タクシーを運転する hack ・ ie [héki] 名 ( 米ロ語 ) タクシーの運 1 håck ・ ing 00 収 gh [hékio-] ( しきりに 出る ) からせき hack ・ les k レ ] 囹 ( 複数扱い ) ( 怒ると逆立つ オンドリ・犬などの ) 首の羽毛 , うなじの毛 get 0 ' ac 8 かんかんに腹を立てる i 0 ' S ん ac [ r 加切く副〉怒 って ; 戦う身構えをして

2. 「朝の習慣」を変えると人生はうまくいく! : 3分でできるマンネリ革命

この寓話が教えるものは、無意識に繰り返される習慣の恐ろしさです。いっしか青 年は、習慣の殻の中で生きていたのです。人は誰しも何気ない習慣に気づいていない、 こ づ そして、昨日と同じままでは魔法の石を見つけ出すことはできないのだ、ということ 気 です。 慣 習 さて、青年は魔法の石を求めながらも、手にした石は海に投げ捨てるという行為を の 無意識のうちに習慣化していました。そして案の定、千載一遇のチャンスをみすみす っ 取り逃がしてしまいました。巨万の富を築くはずが、あともう一歩のところで失敗し てしまったのです。 て し しかし実はその前に、心の習慣が青年を縛っていました。 その心の習慣とは、「どうせ今度もハズレだろう」と決めつけてしまう勝手な思い 6 込み、言い換えるなら、物事を否定的にとらえる考え方のくせです。 章 これさえなければ、石探しの青年もなかなか立派なものでした。一冊の本から自分 の夢と可能性を見つけ出し、実際に魔法の石を探しに黒海まで出かけるという行動力 もありました。

3. 「朝の習慣」を変えると人生はうまくいく! : 3分でできるマンネリ革命

みなさんの言語パタ 1 ン、思考パタ 1 ン、行動パタ 1 ン、そして日常のすべては、 みなさんの自己像の複合体としてできています。 つまり、自分が何者で、どんな人間で、どこに所属していて、どこに所属していな いか、何ができて何ができないか、何が学べて何が学べないか、どの程度の可能性が あるかといった、自分自身に対する考えやイメージが集まって、みなさんの日常生活 が形づくられているのです。 日常のあり方と自己像は常に表裏一体のもので、相互作用が強くはたらいています。 ですから、日常が変化すると自己像も変化します。 一方、頭の中で思い描く自己像が変わると、現実の日常もそれにつれて変わってい きます。 たとえば、自分は健康だし体力もある、だから平均寿命以上に長生きできると思っ ている人は、健康づくりに関係のある食べ物や生活習慣に対し、知らず知らずに気を 配っているものです。 反対に、自分はどうせ長生きできないだろうと、心のどこかで考えている人は、健 康づくりや生活習慣の改善もおろそかになりがちです。関心はあっても、本気で取り

4. 気の科学

変性意識状態とは ~ 意識と無意識の間の状態 ~ へんせいいしきじようたい 気と脳波の関係を調べていくと、気は「変性意識状態 (ASC= Altered State of Consciousness) 」と深く関わっていることがわかっ てきた。 変性意識状態はカリフォルニア大学の心理学博士チャールズ・タ はんすいはんかくじようたい ート氏により命名されたもので、半睡半覚状態とも呼ばれる。つ まり、変性意識状態とは、意識と無意識の間の特別な状態のことで、 せんざいいしき いわゆる通常の意識状態ではなく、潜在意識につながった状態であ る。 身近な例をあげると、酒に酔ったり寝ているときに夢を見たりす ますい る、麻酔から醒めるときのもうろうたる意識状態、さらには最近よ りんし ゆうたいりだっ く言われる臨死体験や、魂が肉体から離れたように感じる幽体離脱 なども、変性意識状態になったときに起こる精神現象であろう。特 殊な例では、麻薬を使ったときの症状も、これに似ていると考えら さと しふく れる。また、梧りの境地に達し、至福の瞬間を得たり、世界の実相 を感得したりするのも、変性意識状態のときと考えられているのだ。 変性意識状態に入ると、人間の知性や理性、思考などをつかさど だいのうしんひしつ る大脳新皮質の働きが抑制され、動物的な本能や、自分の意思では のう じりつしんけい コントロールできない自律神経、そしてホルモン調整を受け持つ脳 ししようかぶ かん 幹や視床下部などの働きが活発化する。これらのことは、気を発し たりコントロールしたりするためには大切なことで、気功師などは ざぜん めいそう 瞑想、座褝、ヨーガ、気功、武道などを行ない、変性意識状態に入 たんれん るための鍛錬を積んでいるのである。 6 気をコントロールする さ

5. ジーニアス英和辞典

い上る習性 . 4 囘 0 〔心』 ( 特定の状況に対する ) 反 嵳 H/éitS/ 囹 ( → a, A 歴 ) 1 0 囘英語アル 射的な反応 ; ( 略式 ) 麻薬中毒 [ 常用癖 ] : be 0 仕 ファベットの第 8 字 . 2 → a, A 2. 3 0 第 8 番 the ~ 麻薬を断っている . 5 0 ( 正式 ) [ しばしば複合 目 ( のもの ). 語でⅡ修道士 [ 女】の ) 衣服 , 服装 ; 婦人乗馬服 : a d ′ 0 れ e's ん ' 8 [ 市加ん e 司 ( 発音すべき語頭の ) h 音 monk's [nun's] ~ 修道士 [ 女 ] の僧衣 / a riding を落して発音する ( ◆ Cockney の特徴 ). 設。 & [a 司ー ( harassment and interdiction ~ 乗馬服 . ー⑩ 1 [ 通例 be —ed] く人が〉〔・・・を〕着ている の略 ) 〔軍』夜間の無差別砲撃 . höur 〔軍』攻撃開始時刻 . 〔ⅲ〕 . 2 ( まれ ) く場所〉に住む (inhabit). thåb ・ it ・ a-ble / -9b1 / 尨 ( 正式 ) く建物が〉住める , 住 ( 元素記号 ) hydrogen; ( 略 ) hard ( ◆鉛筆の硬 —bfl ・ i ・ⅳ, 度を表す ) ; 〔電気 ) henry ; ( 俗 ) heroin. 血” H, むのに適した ( ← unhabitable). Ⅱ . ( 略 ) hard; 〔物・化』 head; height; high; ~ ・ ness 囹—bly thåb ・ it ・ ant /-ant/ 囹 0 1 住人 , 居住者 . 2 ( カナ 〔野球』 hit(s); hour(s); husband; harbor. ダ・米国ルイジアす州の ) フランス系開拓者 ( の子孫 ). tha, ぬ a /hå:/ はあ , ほう , おや ( 音調の変化により驚 thab-i ・ tat /hébitæt/ 囹 0 1 ( 動物の ) 生息地 ( 植 き・喜び・疑い・ためらい・得意などを表す . 繰り返すと笑い 物の ) 生育地 , 自生地 : the penguin's natural 声 ). 囹 0 はあ ( という笑い声 ). ー動⑧は べンギンの生息地 . 2 ( 正式 ) 住宅 ; 植民地 . あ [ ほう ] と言う . 也 - i ・ね・ tio Ⅱ / - 薊 an / 囹 1 ( 正式 ) 0 住所 , 住 Ha ( 元素記号 ) hahnium. a. ( 略 ) hectare(s). Hab. ( 略 ) 〔聖』 Habakkuk. 宅 ; 囘居住 . 2 0 植民地 , 移住地 . håbit-förming 尨く麻薬などが〉習性 [ 中毒 ] となる . Hab-ak-kuk /hébakak, -kXk/ 〔聖 ) ハバク ( ー ) ク $ha ・ bit-u ・ al /habitSualI -bitju-/ ( → habit) いブライの預言者 ) : ハバクク書巛略 ) Hab. ). 比較 ) [ 通例限定 ] ( 正式 ) 1 3 習慣的な , 習慣の , ha ・ ba ・ ne-ra / ん : ban き 2r9 / ( わ ) 囹囹ハバネラ ( 2 いつもの (usual): The chairman 【 00k his ~ 拍手で踊るキューバ起源のダンス ) ; その曲 . seat. 議長はいつもの席についた . 2 常習的な . 3 ha ・ be-as cor ・ pus /héibia s k5 : アア 9 s, -bjo s-/ ( 彡テ ) く上品さなどが〉生れつきの , 持ち前の . 歴周 ( 英 ) では 囹囘〔法〕人身保護令状 , 身柄提出令状巛略 ) / ab 可 u 引 / と発音されることがある . その場合は 0 れ ha- hab. corp. ): the H— C— Act 〔英史〕人身保 bitual liar ( うそっきの常習者 ) のように an となる (cf. 護法 ( 1679 年 , チャールズ 2 世在位時に発布 ) /a writ ~ ・ ness ] historic(al)). of ~ ( 囚人に対する ) 裁判所出廷命令状 . tha ・ bft-u ・ al ・ IY /-uali/ 可 ( 正式 ) 習慣的に , いつも , thab ・ er ・ dash ・ er /héba 9 ツ囹 1 0 ( 英 ) 服 きまって (usually); 常習的に . 飾小間物商人 , 裁縫 [ 洋裁 ] 用品小売商 ; ( 米 ) 紳士 tha ・ bit-u ・ ate /ha bitSuéit l-bitju-/ ⑩ ( 正式 ) 1 用服飾品小売商人 . 2 =haberdashery 1. [ しばしば be —d / ~ oneself] く人〉を〔事に〕慣らす 血紙b ・ er ・ dえ曲・ er-y /-ari/ 囹 1 0 ( 英 ) 服飾小間 〔 t0 〕 : ん 0 げ t0 getting up early 早起きに慣 物店 [ 売場 ] , 裁縫用品店 [ 売場 ] ; ( 米 ) 紳士用服飾 れる . 2 く場所〉によく行く . ーく催眠薬・麻薬な 品店 . 2 囘 ( 英 ) 裁縫 [ 小間物 ] 用品 (ribbon, どが〉習慣となる , くせになる . —å•tion 囹囘習慣化 . needle, thread, button など ) ; ( 米 ) 紳士用装身 thab-i ・ tude /hébit(j)ü:d/ 囹 ( 正式 ) 1 囘 0 習慣 , 具品 (hat, shirt, tie, socks など ). 習性 (habit). 2 囘体質 ; 気質 , 性質 . tha ・ bil-i ・ ment /habilimant/ 囹 0 ( 正式》 [ 通例 tha ・ bit-u-é /ha bitsuäl -bitju-/ ( ) 囹 0 常客 , 常 —s; おどけて ] ( 特殊な職業などの ) 服装 , 衣服 (dress) ; tHabs-burg /hépsba:rg/ 囹 =Hapsburg ・ L 連・ ( 一般に ) 服装 . tha ・ ci ・ en ・ da /(h)å:siéndalhö-/ 朝囹 0 ( 中南 :hab ・ it /h±bit/ ( 「持っ (have) ようになったもの」が原 - 一義 ) 朝 habitual 囹 ( /-its/) 1 0 囘 ( 個人の 米の ) 大規模農場 [ 園 l; 広大な家屋 [ 敷地 ] ; ( 農業・ 無意識的 ) 習慣 , 癖 , 習癖 ( ◆意識的な習慣は prac- 牧畜・鉱業用 ) 施設 . thackl/hék/ 動⑩ 1 ( おのなどで ) ・・・をたたき切る , めっ tice, 社会・文化の慣習は custom) : by [öut of] た打ちするい・・を〔・・・に〕切り刻む , ずたずたに切る ( ゆ , ん = from (force (f) ん習慣で / a creature of a tree down 木を切り倒す . 2 ~ 習慣の奴隷 / fäll [g&t] into a båd ん悪い癖が 研 ) 〔ⅲ to 〕 : 〔ラグビー』く向うすね〉を蹴る ; 〔バスケ』くひい腕〉を打つ , つく / fåll [g&t] 6ut of a båd ん悪い癖が抜ける / måke a ん Of dOing =måke it a ん【 0 dO ・ ハッキングする . 3 く種〉を植える ; く土地〉を掘り起す . 4 く話なと〉をこま切れにして台なしにする . 5 ( 主に米俗 ) することにしている / break a bad ~ of doing ・・・する [ ~ it; しばしば否定文で ] ・・・をうまくやり抜く ( 0 曜 ). 6 悪い癖を直す / gét him into [öut of] the ん of く道など〉を切り開く ( 0 曜 ). 7 〔電算〕くカグラム〉に d6ing 彼に・・・する習慣をつけさせる [ やめさせる ] / H ~ is (a [the]) second nature. ( 済 ) 習慣は第 2 の天性 / 取組む . ー⑧ 1 〔・・・を〕たたく , めった打らする , 〔・・・に〕切りつける She is in the ん of fidgeting in the presence 〔砒〕 . 2 ( 米略式 ) ぶらぶらする ( 砒 ). 3 ( 俗 ) Of others. =She hås a [the] ん of fidgeting からせきをする他の ). 4 〔電算』づログラムに取組む . in ・・・彼女は人前に出るともしもじする癖がある / My んåc た 0 れ e's wåu 〔・・・を〕切り開いて進む〔 t ん ro gh 〕 . son has f6rmed the ん of rising early. う ー囹 0 1 [a ~ ] 〔・・・を〕ぷち切ること , 切り刻み〔砒〕 ; ちの息子は早起きの習慣がついた / I 【 is a ~ with 荒切り口 , 刻み目 . 2 ( 米 ) ( 木につける ) 目印 , 木印 [for, xof] her to be t00 talkative. = lt is (blaze). 3 ( 米 ) =ßing cöugh ( 短く強い ) から her ~ tO be しゃべりすぎるのは彼女の性開だ . 2 せき . 4 ( 英方言 ) ためらい , どもり . 5 [a ~ ] 向うずね 囘 0 ( 正式 ) 気質 , 性質 : 体質 : a cheerful ~ of [ ひじ ] を蹴る [ 打つにと ; 打ら身 , 打撲傷 . 6 おの , くわ . mind 陽気な性質 / a woman of lean ~ やせ型 7 〔電算』 a カグラム ( の技法 ). b 割り込み ( 端末 の女性 . 3 囘 0 〔動・植』習性 : a climbing ~ は

6. 現代の哲学

る運動なら、かれは目をつぶっていても異常な速さと確かさでやってのける。またかれにあ しつかん っても小脳疾患の別の患者にあっても、〈指示する運動〉 Zeigen と〈掴む運動〉 Greifen と のあいだには明確な差があって、鼻を指せと言われてもできないのに、掴むことならでき る。つまり、〈具体的運動〉と〈掴む運動〉には明らかに特権が認められるわけである。こ の事実は、場所を知るといってもいろいろな知り方があるということを示していよう。もし 場所意識というものが、つねに場所を客観的世界の規定としてわれわれに示すような定立的 な意識なのだとしたら、われわれは知っているか知っていないかのどちらかであるはすであ る。しかし、シュナイダーのはあい、 身体空間は掴もうという意図のばあいは現われ、知ろ うという意図のはあいは現われないのであるから、こうした見方は成り立たない。患者は身 体空間というものを、自分の習慣的な行動の素地としては意識しているけれども、客観的環 題境としては意識しえないのであり、かれの身体も、慣れ親しんだ自分の周囲にはいりこむ手 の段としては意のままにできるが、抽象的な空間的思考を表現する手段としては意のままにで 身きないわけである。 たとえば、かれは蚊に刺されたようなばあいには、」 別段その刺された場所を捜す必要もな く、一挙にその場所を掻くが、これは、掻く能力としての手と掻くべき個所とのあいだに、 自己の身体の自然的体系のなかで一つの生きられる関係が設定されており、客観的世界を経 115 つか

7. 「朝の習慣」を変えると人生はうまくいく! : 3分でできるマンネリ革命

1 章つい繰り返していた " いつもの習慣 " に気づこう そして、ひとたび順調に滑り出してしまえば、あとは放っておいても快調な走りが ずっと続きます。 一日うまくいったら、次の日も同じように、朝の行動で弾みをつけてやる。その繰 り返しで一週間が過ぎ、一カ月もたっ頃になると、何かが大きく変化していることに 気づくはずです。 過去の自分を振り返って、なぜあんなふうに立ち往生していたのか、何をあれほど 悩んだり、悲観的に考えていたのかわからない、ということもあるでしよう。わずか 一カ月でずいぶん遠くまで来られたものだと、にわかには信じられない気持ちになる こともあるでしよう。そうした変化のきっかけをつくってくれるのが、朝の新しい習 慣なのです。 新しい習慣を取り入れ、継続していくに当たり、何か心配な点がおありですか 「自分はどうも意志が弱くて」という人はいらっしゃいますか 何も心配することはありません。意志が弱くたって構わないのです。本書では、朝 の新しい習慣についていくつもご紹介していますが、みなさんがそれを試してみて、 少しでも心地よくないと感じるなら、すぐにやめてしまっていいのです。

8. ダ・ヴィンチ 2015年11月号

のでんて保子い客き、に 一一のそきるる寄作 た た 町店なしの弓て連るチノノとが生きせと連心 しす 舎の、を猫るれ常えのンしの猫縁て生わしの、・・ でれ 田こ郎いやいばた変たべ探こなのえ。 ) 合や話 折で 挫冊 てとテ別あ店の見一、しとい生な先里たざ、をら向て全 とコ員の夢を長と人と店「つまび傷彼・どじく 1 人っ み教な古 ( はン店屋宏動社倉のけがたださ呼れたー通描 る立 ド、が切森匁。 台チくもる活楽門ちか子 し」かを挈、い・味 - トを説 猫大瀧 舞パ働でい護道るたっ弓置トト縁れて、意猫跡小 呆悩絶 亠一」は 作は放送作家やコピがかかって放送作家の道を歩話も猫にまつわる現実のエピ 本 る ーライターとして活むようになり、やかて広告制ソードから作っていきました 田 躍してきた瀧森古都さんの初作やコピーライターとしても そこに描かれるのはさま、 の AJ の小説作品。小説を書くこと活動を開始。 cncn クリエイテざまな猫との縁から動き出す について瀧森さんはこう話す。イブの『ディズニー』シリー 傷を抱えた人々の運命のつな 「小説家になりたいという強ズの構成に携わり、その担当がりと再生の物語だ。 い気持ちがあったわけではな編集者から「小説を書いてみ「私が本当に落ち込んで悲し わずドキッとする人も多いの く、流れに身を任せながら、そませんか」と声をかけられたみのコントロールができなく ではないでしようか。 - また、 こをがむしやらに泳いできた ことが本書が生まれるきっかなってしまったとき、大切な 英語を勉強するための語学書 ら流れ着いたという感じです」けになった。 家族や友人たちに支えられな やアプリについても膨大な 幼い頃から自分で絵本を作 「とにかく猫が大好きなのでがら。生きる意味 ; ) について 数がある中から西先生が実際 ったり、詩を書いたりしなが猫をモチーフにしたものにし考え続けて、ふと癒やされた に勉強に使って「役に立つ」 ら過ごしていたという瀧森さようということから始まりま間があったんです。そのと , 書の著者・西真理子先るものではありませんよね。と厳選したものを使い方も含 んは、ずっと創作や表現活動した。第一話の『鳴かない猫』きの私の《感動。を小説で伝え、 生は、外資系企業の秘本書はそんな手つ取り早いもめて紹介しています。 に対する強い気持ちがあり , , 飼い主が夜逃げして置いていきたいと思っています。 書として通訳・翻訳など英語のではないですが、しつかり 英語を勉強したく区語学 結婚して子育てが一段落したてけばりになった猫が出てきでも、一番大事なことは読ん , を駆使する仕事で長く活躍さと実践して「習慣化」するこ書や英会話学校を試してきた ときに一念発起。思うままにますが、これは実際にニュー でくれた方に楽しんでもらう れてきた方で、現在では英語とで間違いなく英語力がアッ けど一つまくいかないとい、つんー シナリオや詩を書いては芸能ス番組で同じように置いてけこと。読んでいただいた方に コーチとしてもさまざまな事プする勉強法を「英語を話せや、何から始めたらいいのか 関係の事務所などに送りまくばりにされた猫を見たことが少しでも『面白い』と感じて 業に携わっておられます。本る人」と「挫折する人」の 2 わからないという人はぜひ手 った。そのうちの一社から声着想になっています。他の三 いただけたら嬉しいです 書はそんな西先生が英語を話つの具体例から丁寧に解説しに取ってみてください。地道 すための勉強方法を紹介するています。「ネイティブ講師なやり方かもしれませんが、 一冊です。 に飛びつく」「語学書ベスト本書に書かれていることを習 西先生は留学や海外経験はセラーを買いあさる」といっ慣にすれば英語力が必ず上が ゼロ、英会話学校にも通わずた「挫折する人」の例には思ることを保証しますー に独自の勉強で英語力を伸ば 、してきた方で、英語の学習に と慣 ついても自らの経験をもとに 人慣 に人習 るの る習 、したメソッドをお持ちです。 人とすの一せん 最近の語学書の中には「一週 。 = ロる子 経をす里嵒 をる >< 折一 間でペラベラに」などの手軽 五ロ 語せ挫諏 : 、さを謳一つものもありますか 語学力はそんなに簡単に伸び . d 一 10 S 夛 3 N 0 N 一工 S コ 8 っ 注目の新進作家 取材・文 = 橋富政彦 写真 = 大坪尚人 第・古第 をしみの底で 猫が教えてくれた 大切なこと 0 辷 0 3 物 3 こ 0 0 、ン 3 N 猫との出会いが生み出す 傷を抱えた人々の癒やしの物語 瀧森古都 たきもり・こと・ 1974 年、千葉県生まれ。 放送作家として「奇跡体験 ! アンビリバポ ー』などの企画・構成・脚本を手がける。 現在は作家・コピーライターとして活動中。 最新刊は実在するホテルのエピソードをも とにした柴田秋雄との共著『日本でいちば ん心温まるホテルであった奇跡の物語』。 編集者の 手前みそ 本 英語を話せるようになるために 必要な。習慣を伝授 「英語を 4 ′、 を ! 話せる人の 第「挫折する人 要金第学校には・わない & 学・・外物せロなの、 107 ータ・・ゲインチ

9. 現代の哲学

即自的な物にすぎなくなったことになろう。つまり、こう考えれば、運動は客観化の働きを ともなった対自的 ( 意識的 ) 運動か、それともまったく生理的興奮によって規定された即自 的運動ーー反射および条件反射ーーか、そのいすれかだということになる。 こうして、具体的運動と抽象的運動、把握作用と指示作用の区別は、生理的なものと心的 なもの、即自存在 ( 物 ) と対自存在 ( 意識 ) の区別に等しいことになる。しかし、抽象的運 動や指示作用にしても身体の運動であり、当然、生理学的に問題にされうる。したがって、 生理学的説明を特定の運動だけに限定することはできないし、同様に、意識を特定の運動だ けに限定することもできないであろうから、生理学的説明を放棄するか、それともそれを全 面的に認めるか、また、意識を否定するかそれを全面的に認めるかしかないことになる。 くつかの運動だけは身体の機械装置に、他の運動は意識に関係づけるというのは、どう見て も無理である。こうして、生理学的説明でも、主知主義の立場でも、抽象的運動と具体的運 動、指示作用と把握作用の区別はできないことになる。この区別がなされうるためには、身 体には身体たるためのさまざまな仕方があり、意識には意識たるためのさまざまな仕方があ ることを認めなければならない メルロポンティによれば、主知主義はわれわれの運動の基礎に〈シンポル機能〉を認め た点では正しかったのだが、それを究極的なものと考え、われわれにとって、透明な世界へ

10. 二つの環境 : いのちは続いている

【脱線】ところで、人間はサケが好きだ。特に日本人はサケ好きで、世界で五〇万トン あらまき 取れるサケの三分の一を日本人が食べる。特に正月になると「荒巻」と呼ばれるサケが 市場に登場する。 ごうか もっとも、日本列島は南北に長いので北の地方と南とでは習慣がちがう。正月に豪華 な魚としてだされるものは北は新巻サケと決まっているが、南は寒プ丿 ーだ北の方の国 に住んでいて、正月におめでたいサケが食卓に出されたら感謝して食べよう。もしかす るとサケの方が人問より立派な動物かもしれないのだから。 私たちは動物の生態を観察して、時にとても強い感動を受ける。それは自然の芸術だ。『昆 虫記』で有名なファープルは、虫の生活ぶりを細かく観察し、見事な文章につづっている。そ れを読むと、生物の進化と絶滅が神秘的といえるほど素晴らしい生命活動をもたらしたことが わかる。 進化と絶滅、この地球上で生活をし、子孫を残すには不都合な習慣をもった生物が絶滅する ことで感動的な習慣を持っ生物が生き残っている。このように考えると、個体が死に種が絶滅 する自然の中にこそ感動がある。 ぜっめつ