検索 - みる会図書館

全データから 214804件ヒットしました。

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)


無 意 識 の 整 え 方 司 一 隆 = 人 生 が 変 わ る ー 身 体 も 心 も 運 命 も な ぜ か う ま く 動 き だ す の 習 慣 ワ ニ ・ プ ラ ス

知的生活習慣


病 が 多 発 す る よ う に な っ た 。 医 学 も メ タ ポ リ ッ ク 症 候 群 な ど に 注 目 し て 、 生 活 改 善 を す す め 、 散 歩 が 奨 励 さ れ た り す る よ う に な っ た 。 そ れ で も な お 、 一 般 に は 生 活 を し つ か り 考 え よ う と は し な い 。 生 活 と は 習 慣 で あ る こ と も わ か っ て い な い 。 重 要 な の は 生 活 習 慣 で あ る 。 「 習 慣 は 第 二 の 天 性 で あ る 」 と い う イ ギ リ ス の こ と わ ざ は 、 生 活 習 慣 の 力 を 心 得 て い る 。 生 活 習 慣 に よ っ て 、 人 間 は 生 ま れ 変 わ る く ら い 変 化 す る こ と に 注 目 し て い る 。 よ い 生 活 習 慣 を 身 に つ け れ ば 生 ま れ つ き の 人 間 よ り す ぐ れ た 人 間 に な れ る と い う 思 想 は 近 代 に 欠 け た 知 恵 で あ る 。 そ れ を 教 え る の が 、 こ と わ ざ で あ る の が お も し ろ い 。 近 代 教 育 を 受 け た 人 間 に は 、 こ う い う 発 見 は 難 し い 。 生 活 習 慣 病 が 浮 か び 上 が ら せ た の は 、 具 体 的 、 行 動 的 習 慣 で あ っ て 、 食 事 と 運 動 が 中 心 の 、 フ ィ ジ カ ル な 生 活 習 慣 で あ る 。 人 間 は 、 体 だ け で な く 心 を も っ て い る 。 体 の 生 活 習 慣 を フ ィ ジ カ ル 生 活 習 慣 と す る な ら ば 、 心 の 生 活 習 慣 は メ タ ・ フ ィ ジ カ ル な 生 活 習 慣 で あ る 。 メ タ ・ フ ィ ジ カ ル は 仰 々 し い 。 知 的 生 活 習 慣 と 呼 ぶ こ と に し た い 。 008

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)


わ た し は イ ノ ベ ー シ ョ ン の 研 究 に 携 わ る 中 で 、 多 様 な 人 間 が 協 業 す る と 、 思 い も よ ら な い 創 造 性 が 発 揮 で き る こ と を 知 っ て い ま す が 、 ま さ に そ の 好 例 で あ る と も い え ま す 。 4 名 の 方 々 と わ た し の 脳 が 接 続 さ れ た 結 果 、 知 が 拡 張 し 、 わ た し が 心 か ら お 伝 え し た か っ た 主 題 が 、 わ た し が 述 べ る 以 上 に 鮮 明 か っ 多 層 的 な 言 葉 と な り 、 豊 か に 繰 り 出 さ れ る こ と と な り ・ ま し た 。 そ れ か ら 、 4 名 の み な さ ん が 共 通 し て 、 愛 に あ ふ れ 、 ポ ジ テ イ プ だ っ た の が 非 常 に 印 象 的 で 、 わ た し が 提 唱 す る 幸 せ の 4 つ の 条 件 ( ① 自 己 実 現 と 成 長 、 ② つ な が り と 感 謝 、 ③ 前 向 き と 楽 観 、 ④ 独 立 と マ イ ベ ー ス ) が ま さ に 当 て は ま る 方 々 で し た 。 特 に 全 員 の 方 が 、 あ ら ゆ る こ と に 肯 定 的 な 心 の 広 さ と 世 界 観 を お 持 ち な の で 、 そ の 包 容 力 に 引 き 込 ま れ て い よ う な 幸 せ な 対 談 と な り ま し た 。 い か か で し た で し ょ 一 つ か 読 者 の み な さ ん は 、 と こ ろ で 、 本 書 の タ イ ト ル は 『 人 生 が 変 わ る ! 無 意 識 の 整 え 方 — 身 体 も 心 も 運 命 も な ぜ か う ま く 動 き だ す の 習 慣 』 で す 。 も し か し た ら 、 タ イ ト ル と 内 容 が 一 致 し て い な い と い う 感 想 を 持 た れ た 方 も い ら っ し や る か も し れ ま せ ん 。 わ た し 自 身 も 、 無 意 識 を 整 え る と い う よ り も 『 世 界 の 整 え 方 』 の ほ う が 近 い の で は な い の か 、 い や 、 『 精 神 世 界 の 科 学 』 と あ と が き 219

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)


か 、 『 前 野 隆 司 4 人 の 達 人 と の パ ラ ダ イ ム シ フ ト 対 談 』 と か 、 『 幻 世 紀 は こ う 変 わ る 4 人 の 次 世 代 型 リ ー ダ ー と の 対 話 』 と か 、 『 5 人 は 知 っ て い る — 心 ・ 体 ・ 世 界 の 未 来 』 と い っ た 壮 大 な タ イ ト ル の ほ う が ふ さ わ し い の で は な い か 、 と い う 気 も し ま す 。 し か も 、 本 書 で は 運 命 の 話 は し て い ま せ ん の で 「 運 命 が な ぜ か う ま く 動 き だ す 」 保 証 は あ り ま せ ん 。 で も 、 こ こ は 、 百 戦 錬 磨 の 出 版 社 の 方 が 決 め て く れ た タ イ ト ル な の で 、 尊 重 す る こ と に し ま し ょ 本 書 の タ イ ト ル は 、 要 す る に 、 「 無 意 識 を 整 え る こ と に フ ォ ー カ ス し て 命 名 さ れ て い ま す 。 「 無 意 識 を 整 え る 」 と い う 視 点 か ら 、 よ り よ く 生 き る た め の ヒ ン ト に つ い て 考 え ま し ょ う 、 と い う こ と が 主 題 だ と 考 え れ ば い い で し よ う 。 近 年 、 「 無 意 識 」 の 科 学 が 盛 ん に な っ て い ま す 。 例 え ば 心 理 学 で は 、 「 人 の 無 意 識 は 意 識 や 行 動 に ど の よ う に つ な が っ て い る か 」 に つ い て の 研 究 が 幅 広 く お こ な わ れ て い ま す 。 例 え ば 「 二 人 の 写 真 を 見 せ ら れ た 人 が 、 ど ち ら が 好 き か を 意 識 的 に 決 定 す る よ り も 前 に 、 す で に 無 意 識 的 な 決 定 は な さ れ て い る 」 と か 「 意 識 し て い な か っ た 環 境 音 を 、 じ つ は 人 は 覚 え て い る 」 と か 。 脳 神 経 科 学 に お い て も 、 「 歩 行 な ど の 動 作 や 言 語 の 多 く が 小 脳 に よ る 無 意 識 的 な 制 御 に 基 づ い て い る こ と 」 や 「 身 体 を 動 か そ う と す る 自 由 意 志 を わ た し た ち が 意 識 す る よ り も サ プ 2 2 0

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)


前 野 隆 司 ま え の た か し 慶 應 義 塾 大 学 大 学 院 シ ス テ ム デ ザ イ ン ・ マ ネ ジ メ ン ト 研 究 科 教 授 。 1962 年 山 口 県 生 ま れ 。 東 京 工 業 大 学 理 工 学 研 究 科 機 械 工 学 専 攻 修 士 課 キ ヤ ノ ン 株 式 会 社 で カ メ ラ や ロ ボ ッ ト の 研 究 職 に 従 事 し た の ち 、 慶 薹 ロ ボ ッ ト 工 学 に 関 連 し て 、 人 工 知 能 の 問 題 を 追 い か け る 途 上 で 、 人 簡 意 み に を る す 説 「 受 動 意 識 仮 説 」 を 見 い だ す 。 現 在 は ヒ = ー マ ン イ ン タ ー フ = イ ス 、 ボ ッ ト 育 、 域 社 会 こ ビ ジ ネ ス 、 幸 福 な 人 生 、 平 和 な 世 界 の デ ザ イ ン ま で 、 さ ま ざ ま な シ ス テ ム デ ジ メ ン 「 心 」 を ツ え ・ 研 究 を お こ な っ て い る 。 著 書 に 「 幸 せ の 日 本 論 日 本 人 と い う 謎 を 解 ぐ 、 「 ・ 福 学 入 門 「 私 」 の 謎 を 解 く 受 動 意 識 仮 説 』 、 『 幸 せ の メ カ ニ ズ ム 作 っ た の か な ど が あ る 。 人 生 が 変 わ る ! 無 意 識 の 整 え 方 身 体 も 心 も 運 命 も な ぜ か う ま く 動 き だ す 30 の 習 慣 2016 年 2 月 10 日 初 版 発 行 2016 年 3 月 10 日 2 版 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ブ ッ ク デ ザ イ ン 編 集 協 力 印 刷 ・ 製 本 所 DTP 発 売 元 前 野 隆 司 佐 藤 俊 彦 株 式 会 社 ワ ニ ・ プ ラ ス 〒 150 ー 8482 東 京 都 渋 谷 区 恵 比 寿 4 ー 4 ー 9 え び す 大 黑 ビ ル 7F 電 話 03 ー 5449 ー 2171 ( 編 集 ) 株 式 会 社 ワ ニ ブ ッ ク ス 〒 150 ー 8482 東 京 都 渋 谷 区 恵 比 寿 4 ー 4 ー 9 え び す 大 黑 ビ ル 電 話 03 ー 5449 ー 2711 ( 代 表 ) 寄 藤 文 平 + 新 垣 裕 子 ( 文 平 銀 座 ) 古 田 靖 門 馬 央 典 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 小 田 光 美 ( オ フ ィ ス メ イ カ の 本 書 の 無 断 転 写 ・ 複 製 ・ 転 載 を 禁 じ ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 本 は ワ ニ ブ ッ ク ス 宛 て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 た だ し 、 古 書 店 等 で 購 入 し た も の に 関 し て は お 取 り 替 え で き ま せ ん 。 ◎ Takashi Maeno 2016 ISBN 978-4-8470-9410-1

レタスクラブ ’16 11/21増刊号


0 W ◎ MEN9S CLlNßC 0 215 【 自 律 神 経 失 調 症 】 ス ト レ ス や 生 活 習 慣 の 乱 れ が 引 き 起 こ す と い わ れ て い る 自 律 神 経 失 調 症 。 自 律 神 経 を 整 え る 方 法 の 一 つ と し て 、 呼 吸 と の 関 係 性 に も 注 目 が 集 ま っ て い ま す 。 教 え て く れ た の は 日 産 厚 生 会 玉 川 病 院 循 環 器 科 副 部 長 。 専 門 は 循 環 器 、 不 整 脈 。 呼 吸 が 心 と 体 に 及 ぼ す 効 果 に つ い て 研 究 を 行 な う 。 坂 田 隆 夫 先 生 著 書 に 「 自 律 神 経 を 整 え る 「 長 生 き 呼 吸 」 」 ( マ キ ノ 出 版 ) 。 0 0 切 れ 、 便 秘 、 下 痢 、 不 安 感 、 食 欲 不 振 、 立 っ て い ま す 。 こ の 2 つ の バ ラ ン ス は 、 自 律 神 経 が う ま く 働 か ず 月 経 不 順 、 何 と な く 体 が だ る い な ど が 環 境 に 応 じ て 休 む こ と な く 常 に 変 わ り 数 々 の 不 調 を 引 き 起 こ す 子 挙 げ ら れ ま す 。 何 か し ら の 不 調 を 感 じ 続 け て い る の で す が 、 ス ト レ ス や 過 労 、 理 最 近 よ く 耳 に す る 自 律 神 経 と い う ワ て 病 院 へ 行 っ て み た け れ ど 、 原 因 が 特 不 規 則 な 生 活 が 続 く と 、 交 感 神 経 の 働 彦 ー ド 。 で す が 、 自 律 神 経 に つ い て 、 実 定 で き な い 。 そ の よ う な と き に 、 自 律 き が 優 位 に な り 、 自 律 神 経 の バ ラ ン ス 協 は よ く 知 ら な い と い う 人 も 多 い の で は 。 神 経 失 調 症 と 診 断 さ れ る こ と が 多 い の を 乱 し て し ま い ま す 」 編 「 自 律 神 経 と は 、 内 臓 や 血 管 、 内 分 泌 で す 。 自 律 神 経 失 調 症 の 一 般 的 な 治 療 ま た 、 実 際 に 測 定 し た 結 果 、 問 題 は ミ 系 な ど 、 私 た ち の 体 の 機 能 を 秒 単 位 で は 、 症 状 に 応 じ た 投 薬 治 療 で す が 、 複 自 律 神 経 の バ ラ ン ス だ け で は な い こ と か わ か り ま し た 。 林 常 に コ ン ト ロ ー ル し て い る 神 経 の こ と 数 の 症 状 が あ る 場 合 、 薬 の 多 剤 併 用 に で す 。 生 命 を 維 持 す る た め の 大 切 な 神 よ り 自 律 神 経 活 性 が 低 下 す る リ ス ク が 「 ス ト レ ス は も ち ろ ん 、 運 動 不 足 や 環 ス 心 配 さ れ る こ と も あ り ま す 」 。 境 的 要 因 か ら 、 そ も そ も 交 感 神 経 、 副 ラ 経 で 、 こ の 自 律 神 経 が 乱 れ る こ と で 、 イ 心 身 に さ ま ざ ま な 不 調 を 来 す 症 候 群 の 自 律 神 経 が 乱 れ る と は 、 ど の よ う な 交 感 神 経 と も に 活 発 に 働 い て い な い と い う 人 が 増 え て き ま し た 。 自 律 神 経 自 こ と を 「 自 律 神 経 失 調 症 」 と い い ま す 」 状 態 な の で し よ う か と 、 坂 田 隆 夫 先 生 。 そ の 症 状 は 多 岐 「 自 律 神 経 は 、 体 の 活 動 に 働 く 交 感 神 体 が 働 か な い 日 生 命 活 動 が 低 下 す る と ど う き い う こ と 。 不 調 を 改 善 す る た め に は 、 に わ た り 、 「 め ま い 、 頭 痛 、 動 悸 、 息 経 と 、 休 息 に 働 く 副 交 感 神 経 か ら 成 り 自 律 神 経 自 体 を 活 性 化 さ せ る こ と が 必 要 な の で す 」 体 が だ る く て 、 息 苦 し い 意 識 し て 行 な う 腹 式 呼 吸 が 自 律 神 経 を 働 か せ る 検 査 で は 異 常 が な か っ た の に : そ の た め に 有 効 な の が 呼 吸 法 で す 。 「 呼 吸 で 大 切 な ポ イ ン ト は 、 ゆ っ く り と 長 く 息 を 吐 く こ と で す 。 息 を 長 く 吐 く と 、 横 隔 膜 や お な か 全 体 の 筋 肉 が 大 き く 動 き ま す 。 横 隔 膜 の 周 辺 に は 自 律 神 経 が 集 中 し て い る の で 、 呼 吸 が 自 律 神 経 を 働 か せ る マ ッ サ ー ジ の よ う な 働 き を す る の で す 。 一 方 で 、 自 律 神 経 が 乱 れ て い る 人 の 多 く は 、 胸 や 肩 で 息 を す る よ う な 、 浅 く 速 い 呼 吸 を し て い ま す 。 こ れ は ス ト レ ス や 不 安 、 緊 張 を 抱 え て い る 時 と 同 じ 状 態 。 長 く 息 を 吐 く 呼 吸 は 、 リ ラ ッ ク ス 作 用 の あ る 副 交 感 神 経 を 優 位 に す る 効 果 か ら 、 自 律 神 経 の バ ラ ン ス を 整 え ま す 」 自 律 神 経 の 乱 れ は 、 さ ま ざ ま な 病 気 を 引 き 起 こ す き っ か け に 。 規 則 正 し い 生 活 を 心 が け る こ と は も ち ろ ん 、 呼 吸 に よ る 改 善 法 も 取 り 入 れ て み て は 。 0 - 4 ん で ニ ヤ ? ・ ・ 適 度 な リ ズ ム 運 動 で 呼 吸 力 を 高 め る ジ ョ ギ ン グ や 、 や や 早 歩 き の ウ ォ ー キ ン グ な ど リ ズ ミ カ ル に 体 を 動 か す 習 慣 を 。 呼 吸 に 関 係 す る お 腹 ま わ り の 筋 肉 を 鍛 え ら れ 、 呼 吸 力 が ア ッ プ 。 ダ イ エ ッ ト に 効 き ま す 。 大 き な 声 で 笑 う 、 歌 を 歌 う 、 ミ ン グ す る 、 声 を 出 し な が ら 息 を 吐 く な ど の 動 作 も 同 様 の 効 果 が 期 待 で き ま す 。 ふ だ ん の 姿 勢 を 見 直 す . 前 か が み の 悪 い 姿 勢 は 、 呼 吸 を 妨 げ 、 自 律 神 経 の バ ラ ン ス を 崩 す き っ か け に 。 ス マ ー ト フ ォ ン や パ ソ コ ン を 使 用 し て い る と き は 、 背 中 が 丸 ま り 、 胸 が 閉 じ た 悪 い 姿 勢 に な り が ち 。 自 分 の 姿 勢 を チ ェ ッ ク し て 腹 式 呼 吸 を 意 識 し て み ま し よ う 。 自 律 神 経 失 調 症 を 予 防 ・ 改 善 す る ポ イ ン ト 無 理 な く で き る 、 予 防 ・ 改 善 法 を 紹 介 。 ・ 0 る / 0 ゆ っ く り と し た 長 い 呼 吸 で 自 律 神 経 を 活 性 化 自 律 神 経 を 整 え る 正 し い 腹 式 呼 吸 法 を 覚 え ま し よ う 。 鼻 か ら 息 を 吸 い お 腹 を 膨 ら ま せ 、 唇 を す ぼ め て ゆ っ く り と で き る だ け 長 く 息 を 吐 き お 腹 を へ こ ま せ ま す 。 吸 う こ と に は こ だ わ ら ず に 、 で き る 限 り カ を 抜 い て 呼 気 の ほ う を 長 く す る よ う に 意 識 。 吐 き き る に つ れ 、 み そ お ち が 緩 み 下 腹 部 が 充 実 す る 感 覚 を 味 わ え る 逆 腹 式 呼 吸 が で き る と ベ ス ト 。 1 日 152 回 、 1 回 分 程 度 か ら 行 な っ て 。 心 身 が 不 調 の と き や 慣 れ な い う ち は 「 呼 吸 を 意 識 す る 」 習 慣 を つ け る だ け で OX 。 慣 れ て き た ら 日 常 生 活 の 動 作 の 中 に 取 り 入 れ て み て 。 お 信 が い 115 カ レ ン ダ ー っ き 特 大 号 ( 10 月 25 日 発 売 ) は 、 「 PMDD ( 月 経 前 不 快 気 分 障 割 」 を 掲 載 し ま す 。

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)


ミ リ 秒 前 に 、 無 意 識 下 の 決 定 は す で に 下 さ れ て い る こ と 」 な ど 、 多 く の 研 究 が お こ な わ れ て い ま す 。 マ ー ケ テ ィ ン グ や モ チ ベ ー シ ョ ン の 分 野 で も 、 無 意 識 の 重 要 性 が 指 摘 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 意 識 下 の 情 報 処 理 が 脳 の 情 報 処 理 の ほ ん の 一 部 に 過 ぎ な い こ と が 明 ら か と な っ 無 意 識 に 着 目 し 、 「 人 の 認 知 に お い て 、 い か に 無 意 識 が 重 要 な 役 た 今 、 ア ク セ ス し に く い 割 を 担 っ て い る か 」 を 明 ら か に す る こ と が 、 現 代 科 学 に お け る 極 め て 重 要 な ト ピ ッ ク に な っ て い る の で す 。 で は 、 「 無 意 識 を 整 え る 」 と は ど う い う こ と な の で し よ う か 。 論 理 的 に 考 え る と 、 「 無 意 識 」 は 「 意 識 」 が ア ク セ ス で き な い 心 の 部 分 で す か ら 、 「 無 意 識 」 を 、 「 意 識 」 的 に 整 え る こ と は 一 見 不 可 能 に 思 え ま す 。 し か し 、 本 書 を お 読 み い た だ い た 方 に は 明 ら か な よ う に 、 言 葉 に 意 識 を 集 中 し た り 、 姿 勢 を 正 し た り 、 ゆ っ く り 呼 吸 を し た 世 界 全 体 が つ な が っ て い る こ と を 意 識 し た り す る こ と に よ っ て 、 心 と 身 体 全 体 が 整 っ た 状 態 に な り ま す よ ね 。 こ れ が 「 無 意 識 も 整 っ た 状 態 」 と い え る の で は な い か と 思 い ま す 。 無 意 識 は 、 さ ま ざ ま な 形 で 世 界 と つ な が っ て い ま す 。 拙 著 『 脳 は な ぜ 「 心 」 を 作 っ た の か ー 「 私 」 の 謎 を 解 く 受 動 意 識 仮 説 』 ( 筑 摩 書 房 ) に 述 べ た こ と を 再 掲 す る と 、 「 無 意 識 」 こ そ が 、 世 界 と 多 様 に つ な が っ て い る 機 能 な の で す 。 「 意 識 」 の ほ う は 、 「 無 意 識 」 が お こ あ と が き 2 21

人生が変わる! 無意識の整え方 - 身体も心も運命もなぜかうまく動きだす30の習慣 - (ワニプラス)


き 、 創 造 的 な 思 考 を す る き っ か け に も な る は ず で す 。 無 意 識 は 間 違 い な く 、 こ れ か ら の 時 代 の キ ー ワ ー ド な の で す 。 無 意 識 を 無 意 識 は 時 代 の キ ー ワ ー ド と い っ て も 、 こ れ ま で の 「 意 識 」 中 心 の 考 整 え る た め の え か ら 「 無 意 識 」 を 大 切 に す る 生 活 に シ フ ト す る の は カ ン タ ン で は な い 4 つ の 対 話 で し ょ 一 つ 。 「 じ ゃ あ 、 今 日 か ら 無 意 識 を 大 切 に す る ぞ な に し ろ 、 こ ん な ふ う に 心 が け る こ と す ら も 意 識 の 働 き な の で す か ら 、 発 想 そ の も の を 変 え る 必 要 が あ る の で す 。 受 動 意 識 仮 説 を 唱 え て い る わ た し 自 身 も 、 日 々 の 生 活 の 中 で は 、 意 識 主 導 で 考 え て い る よ う に 実 感 し て い る わ け で す か ら 。 そ こ で 、 本 書 で は 、 4 人 の エ キ ス パ ー ト の 方 々 に お 話 を う か が う こ と に し ま し た 。 そ れ ぞ れ ま 0 た く 別 の 分 野 で す が 、 そ れ ぞ れ の 方 法 で 無 意 識 と 深 く 関 わ り 、 整 え 、 委 ね て お ら れ る と わ た し が 考 え た 方 々 で す 。 藤 平 信 一 さ ん は 、 合 氣 道 家 で す 。 「 氣 」 は 科 学 的 に 証 明 さ れ た も の で は あ り ま せ ん が 、 そ の 存 在 を 認 め る こ と で 、 人 が 人 を 016

知的生活習慣


知 識 、 情 報 の あ ふ れ る 現 代 で は 、 健 康 的 生 活 習 慣 だ け で は 不 充 分 で あ る 。 そ の た め 精 神 の 不 具 合 や 、 障 害 を 起 こ す こ と が 多 く な る 。 よ い 知 的 生 活 習 慣 を 身 に つ け れ ば 精 神 的 活 力 の 源 と な っ て 、 人 生 を 豊 か に す る こ と が で き る 。 知 的 生 活 習 慣 に よ っ て 、 人 間 は 新 し い 人 間 に な る こ と が で き る 。 そ の 意 味 で 、 い わ ゆ る 生 活 習 慣 よ り も い っ そ う 大 き な 人 生 的 意 義 が あ る 。 た だ の 生 活 習 慣 さ え ま ま な ら な い 人 間 が 、 知 的 メ タ ポ リ ッ ク 症 候 群 に と り つ か れ る お そ れ は 大 き い 。 知 的 生 活 に よ っ て 自 己 改 善 を 心 が け る 用 意 が 必 要 で あ ろ う 。 知 的 生 活 習 慣 に よ っ て よ り す ぐ れ た 人 間 に な る こ と を 志 す の が 新 し い 生 き 方 で あ る 。 生 活 を 大 切 に し 、 少 し ず つ 生 活 を よ く し て い く こ と で 、 わ れ わ れ は 、 も っ て 生 ま れ た 以 上 の 力 を つ け る こ と が で き る 。 い ま 、 わ れ わ れ は コ ン ピ ュ ー タ ー に お び や か さ れ て 生 き て い る と 言 っ て よ か ろ う か 。 知 識 を ふ や す だ け で は 、 コ ン ピ ュ ー タ ー に 勝 っ こ と は 難 し い が 、 よ い 知 的 生 活 習 慣 を き 身 に つ け れ ば 、 何 も お そ れ る こ と は な い 。 こ の 本 は 、 そ ん な 考 え に も と づ い て 、 生 活 を 考 え た エ ッ セ イ で あ る 。 生 活 は も と も と 個 性 的 な も の で 、 ひ と の 真 似 は で き な い 。

レタスクラブ '16 08/08増刊号


短 時 間 で も 効 果 バ ッ グ ン ! / タ バ タ 式 ト レ ー ニ ン グ で 体 が 変 わ る ワ ケ 持 久 力 ア ッ プ や 生 活 習 慣 病 の 予 防 な ど 、 さ ま ざ ま な 効 果 が 期 待 で き る の が 、 タ バ タ 式 ト レ ー ニ ン グ の ス ゴ い と こ ろ 。 運 動 不 足 の 方 も 、 最 近 メ タ ポ が 気 に な る ダ ン ナ さ ん も 必 見 で す ! 有 酸 素 と 無 酸 素 両 方 が 鍛 え ら れ る 運 動 に は 有 酸 素 性 と 無 酸 素 性 が あ り 、 身 体 機 能 を 高 め る に は 、 両 方 を 取 り 入 れ る こ と が 必 要 。 「 タ バ タ 式 ト レ ー ニ ン グ は 、 一 見 す る と 無 酸 素 運 動 、 い わ ゆ る 筋 ト レ の よ う に 見 え ま す が 、 実 は た っ た 数 分 で 有 酸 素 、 無 酸 素 と も に 最 大 の 負 荷 を か け る こ と が で き 、 同 時 に 鍛 え ら れ る 効 率 の い い 運 動 で す 。 こ の 効 果 を 発 揮 さ せ る に は 657 セ ッ ト の 運 動 が 必 要 に な り ま す が 、 運 動 不 足 の 人 や 、 生 活 習 慣 病 の 疑 い が あ る 人 な ら 、 354 セ ッ ト で も 筋 肉 の 構 造 に 変 化 が あ り 、 生 活 習 慣 病 予 防 な ど に も 効 果 が あ る と 考 え ら れ ま す 」 日 頃 の 運 動 不 足 を 解 消 し な が ら 、 健 康 維 持 に も 役 立 っ タ バ タ 式 ト レ 1 ニ ン グ 。 ぜ ひ 家 族 み ん な で 取 り 入 れ て み ま し よ う ! タ バ タ ェ ト レ 三 ニ シ グ 短 い 時 間 で も 効 果 的 ! ~ ー 1 。 回 の 運 動 時 間 は こ ~ 3 ん イ 分 と 超 ゴ ン バ ク ト よ 家 事 の 合 間 や 、 テ レ ビ を 見 な が ら な ど 、 わ ざ わ ざ ジ ム に 行 か な く て も 空 い た 時 間 で 効 率 よ ぐ ト ~ レ ー ニ ン グ が で き ま す 。 狭 い 場 所 で も で き る ! 足 や 腕 を 大 き く 動 か し た り と 、 ト レ ー ニ ン グ の 動 き は ダ イ ナ ミ ッ ク で す が こ ス ペ ー ス は 畳 1 畳 分 ほ ど あ れ ば 充 分 。 狭 い 部 屋 の 中 で も ラ ク ラ ク 運 動 が で き ま す 。 特 別 な 器 具 も 梦 当 ち ! 自 分 の 体 重 を 負 荷 に し て 行 な う 自 重 ト レ ー ニ ン グ の た ぐ 、 特 別 な ト レ ー ニ ン グ 器 具 な ど を 使 う 必 要 が あ り ま せ ん 。 体 1 つ で 、 い つ で も で き る の も う れ し い す → ~ 一 年 、 タ バ タ 式 ト レ ー ニ ン グ の う れ し い 効 果 。 、 活 動 代 謝 が 上 が り 元 気 な 体 が つ く れ る ! 持 久 力 が 上 が る と い う こ と は 、 血 流 が よ く な っ て 心 臓 の 機 能 が 強 く な る と い う こ と 。 そ の 結 果 、 動 き や す い 活 発 な 体 が つ く ら れ る た め 、 日 常 の 活 動 代 謝 が ア ッ プ し ま す 。 メ タ ポ : 心 臓 の 機 能 ア ッ プ に よ っ て 心 疾 患 を 予 防 し や す く な る ほ か 、 糖 の 代 謝 に 関 わ る 遺 伝 子 に 作 用 し 、 糖 代 謝 を 高 め る 効 果 が あ る こ と が 分 か っ て い ま す 。 こ れ に よ り 、 糖 尿 病 の 予 防 に も つ な が る と い え ま す 。 生 活 習 慣 病 も 予 防 で き る ! 56