検索 - みる会図書館

検索対象: 知的生活習慣

知的生活習慣から 237件ヒットしました。

知的生活習慣


病 が 多 発 す る よ う に な っ た 。 医 学 も メ タ ポ リ ッ ク 症 候 群 な ど に 注 目 し て 、 生 活 改 善 を す す め 、 散 歩 が 奨 励 さ れ た り す る よ う に な っ た 。 そ れ で も な お 、 一 般 に は 生 活 を し つ か り 考 え よ う と は し な い 。 生 活 と は 習 慣 で あ る こ と も わ か っ て い な い 。 重 要 な の は 生 活 習 慣 で あ る 。 「 習 慣 は 第 二 の 天 性 で あ る 」 と い う イ ギ リ ス の こ と わ ざ は 、 生 活 習 慣 の 力 を 心 得 て い る 。 生 活 習 慣 に よ っ て 、 人 間 は 生 ま れ 変 わ る く ら い 変 化 す る こ と に 注 目 し て い る 。 よ い 生 活 習 慣 を 身 に つ け れ ば 生 ま れ つ き の 人 間 よ り す ぐ れ た 人 間 に な れ る と い う 思 想 は 近 代 に 欠 け た 知 恵 で あ る 。 そ れ を 教 え る の が 、 こ と わ ざ で あ る の が お も し ろ い 。 近 代 教 育 を 受 け た 人 間 に は 、 こ う い う 発 見 は 難 し い 。 生 活 習 慣 病 が 浮 か び 上 が ら せ た の は 、 具 体 的 、 行 動 的 習 慣 で あ っ て 、 食 事 と 運 動 が 中 心 の 、 フ ィ ジ カ ル な 生 活 習 慣 で あ る 。 人 間 は 、 体 だ け で な く 心 を も っ て い る 。 体 の 生 活 習 慣 を フ ィ ジ カ ル 生 活 習 慣 と す る な ら ば 、 心 の 生 活 習 慣 は メ タ ・ フ ィ ジ カ ル な 生 活 習 慣 で あ る 。 メ タ ・ フ ィ ジ カ ル は 仰 々 し い 。 知 的 生 活 習 慣 と 呼 ぶ こ と に し た い 。 008

知的生活習慣


知 識 、 情 報 の あ ふ れ る 現 代 で は 、 健 康 的 生 活 習 慣 だ け で は 不 充 分 で あ る 。 そ の た め 精 神 の 不 具 合 や 、 障 害 を 起 こ す こ と が 多 く な る 。 よ い 知 的 生 活 習 慣 を 身 に つ け れ ば 精 神 的 活 力 の 源 と な っ て 、 人 生 を 豊 か に す る こ と が で き る 。 知 的 生 活 習 慣 に よ っ て 、 人 間 は 新 し い 人 間 に な る こ と が で き る 。 そ の 意 味 で 、 い わ ゆ る 生 活 習 慣 よ り も い っ そ う 大 き な 人 生 的 意 義 が あ る 。 た だ の 生 活 習 慣 さ え ま ま な ら な い 人 間 が 、 知 的 メ タ ポ リ ッ ク 症 候 群 に と り つ か れ る お そ れ は 大 き い 。 知 的 生 活 に よ っ て 自 己 改 善 を 心 が け る 用 意 が 必 要 で あ ろ う 。 知 的 生 活 習 慣 に よ っ て よ り す ぐ れ た 人 間 に な る こ と を 志 す の が 新 し い 生 き 方 で あ る 。 生 活 を 大 切 に し 、 少 し ず つ 生 活 を よ く し て い く こ と で 、 わ れ わ れ は 、 も っ て 生 ま れ た 以 上 の 力 を つ け る こ と が で き る 。 い ま 、 わ れ わ れ は コ ン ピ ュ ー タ ー に お び や か さ れ て 生 き て い る と 言 っ て よ か ろ う か 。 知 識 を ふ や す だ け で は 、 コ ン ピ ュ ー タ ー に 勝 っ こ と は 難 し い が 、 よ い 知 的 生 活 習 慣 を き 身 に つ け れ ば 、 何 も お そ れ る こ と は な い 。 こ の 本 は 、 そ ん な 考 え に も と づ い て 、 生 活 を 考 え た エ ッ セ イ で あ る 。 生 活 は も と も と 個 性 的 な も の で 、 ひ と の 真 似 は で き な い 。

知的生活習慣


日 本 人 の 身 体 鬨 歳 か ら の 肉 体 改 造 頑 張 ら な い ト レ ー ニ ン グ 気 功 の 学 校 自 然 な 体 が よ み が え る 書 ま 叨 い ま す ぐ 書 け 、 の 文 章 法 ち 定 年 後 の 勉 強 法 奇 跡 の 呼 吸 カ 心 身 が よ み が え る ト レ ー ニ ン グ 3 歳 か ら の 知 的 生 活 術 1087 1021 本 来 お お ざ っ ぱ で 曖 味 で あ っ た が ゆ え に 、 他 人 や 自 然 と 宀 女 田 登 共 鳴 で き て い た 日 本 人 の 身 体 観 を 、 古 今 東 西 の 文 献 を 検 証 し つ つ 振 り 返 り 、 現 代 の 窮 屈 な 身 体 観 か ら 解 き 放 つ 。 肥 満 、 腰 痛 、 肩 こ り 、 関 節 痛 。 ス ト レ ス で 胃 が 痛 む 。 そ ~ 羽 士 口 サ 士 ハ 宙 ろ そ ろ 生 活 習 慣 病 も 心 配 。 で も 忙 し く て 運 動 す る 時 間 は 。 そ れ な ら 効 果 抜 群 の こ の 方 法 を 、 ど う ぞ ! 気 功 と は 、 だ れ で も 無 理 な く 、 自 然 に 続 け ら れ る 健 康 習 天 野 泰 司 慣 で す 。 腰 痛 、 肩 こ り 、 慢 性 疲 労 な ど の 心 身 の 不 調 を 、 シ ン プ ル な 動 作 で 整 え る た め の 入 門 書 決 定 版 。 文 章 は ほ め ら れ た い か ら 書 く の か ? 人 気 コ ラ ム を 書 き 堀 井 害 ~ 一 郎 続 け て き た 著 者 が 、 プ ロ と ア マ と の 文 章 の 違 い を 語 り 、 書 け ず に い る 人 の 背 中 を 強 く 押 す 、 実 践 的 文 章 法 。 残 り の 年 を ど う 過 ご す ? 健 康 の た め 、 充 実 し た 人 生 和 田 秀 樹 を 送 る た め に 最 も 効 果 的 な の が 勉 強 だ 。 記 憶 術 、 思 考 力 、 ア ウ ト ブ ッ ト な ど 、 具 体 的 な メ ソ ッ ド を 解 説 す る 。 集 中 と リ ラ ッ ク ス が 自 在 に な る 。 思 い 通 り 動 け る 。 頭 痛 、 亠 羽 士 口 に サ 士 5 宙 肩 こ り 、 腰 痛 、 便 秘 に 効 果 テ キ メ ン 。 太 り に く い 体 質 に も 。 そ ん な 心 身 状 態 に な る 「 理 想 の 方 法 」 あ り ま す ! 定 年 後 の 人 生 を 充 人 生 年 時 代 、 浦 歳 か ら も 先 は 長 い 。 三 輪 裕 一 軋 実 さ せ る た め に 重 要 な の が 「 知 的 生 活 」 で あ る 。 本 書 は 、 知 的 生 活 に 役 立 つ 、 一 生 も の の 勉 強 法 を 伝 授 す る 。

知的生活習慣


は 、 知 識 と い う 虚 構 の 限 界 を 認 め る 想 像 力 が 欠 け て い た か ら に ほ か な ら な い 。 「 な ぜ 」 「 ど う し て 」 と 自 問 す る 本 当 の 意 味 で 知 的 で あ る に は 、 さ し ず め こ の 教 養 シ ッ タ シ ズ ム か ら の 脱 却 が 必 要 に な る 。 知 る こ と は も ち ろ ん 大 切 で あ る 。 思 う こ と も 悪 く は な い が 、 そ れ 以 上 に 自 己 責 任 で も の を 考 え る 習 慣 を 身 に つ け る の が 大 切 で あ る 。 た だ 、 そ れ を 教 え て く れ る と こ ろ が い ま の と こ ろ 見 当 た ら な い 。 学 校 は シ ッ タ シ ズ ム に 立 脚 し て い る か ら 「 考 え る こ と を 考 え る 」 な ど と い う こ と は あ り え な い 。 学 校 教 育 を 受 け る 度 合 が 大 き く な る ほ ど 、 考 え る 力 は 小 さ く な る 傾 向 は 否 定 で き な い 。 知 識 が あ る と 言 っ て う ぬ ぼ れ て い る 人 間 も 考 え る こ と が で き な い オ ウ ム 族 で あ る 。 知 識 が 不 足 し て い る 。 知 識 が 古 い と い う こ と を 自 覚 し て い る 人 は 、 教 養 主 義 の エ リ ト よ り は る か に 考 え る 人 間 に な る チ ャ ン ス が 大 き い 。 無 学 の 人 ほ ど 思 考 の 必 要 性 を つ よ く 感 じ 新 し い 思 考 を 生 み や す い 道 理 で あ る が 、 無 学 な 人 ほ ど 、 教 養 人 間 へ の 劣 等 感 が つ よ く 、 み ず か ら に 。 フ レ ー キ を か け る 。 知 識 人 は 、 あ ら ゆ る こ と を 既 知 に よ っ て 処 。 93 「 な せ 」 「 ど う し て 」

知的生活習慣


理 で き る と し 、 実 際 そ う す る こ と で 、 独 自 の 思 考 を 怠 る 傾 向 が つ よ い 結 局 、 普 通 の 人 が も っ と も よ く 考 え る 人 間 に な り や す い と い う こ と に な る 。 考 え る と い っ て も い ろ い ろ な 考 え 方 が あ る け れ ど も 、 生 活 習 慣 と し て 見 れ ば 、 そ れ ほ ど 難 し い こ と は な い 。 腑 に 落 ち な い こ と 、 わ か ら な い こ と 、 不 思 議 な こ と に 出 会 っ た ら 、 素 朴 に 、 「 な ぜ 」 「 ど う し て 」 な ど と 自 問 す る の で あ る 。 す ぐ 本 を 調 。 へ た り す る こ と は 必 ず し も 賢 明 で は な い 。 疑 問 は い つ ま で も 疑 問 と し て い だ い て い れ ば 、 そ こ に お の ず か ら 独 自 の 思 考 が 生 ま れ る き っ か け に な る 。 自 分 の 頭 で 考 え る こ と が で き る よ う に な れ ば 、 借 り も の の 知 識 を ふ り ま わ し て 得 意 に な っ て い る 愚 か さ が は っ き り し て く る 。 た だ 知 識 を も っ て そ れ を そ の ま ま 利 用 す る の が シ ッ タ シ ズ ム で あ る こ と を 、 い ま の 日 本 ほ ど 反 省 し な く て は な ら な い 社 会 は な い だ ろ う 。 無 知 、 無 学 な も の ほ ど 思 考 に 近 い の は 逆 説 法 で は な い 。 094

知的生活習慣


ー コ ン ) は 、 そ 近 代 社 会 は 知 識 中 心 に 動 い て き た 。 「 知 識 は カ な り 」 ( フ ラ ン シ ス ・ べ れ を 予 告 す る こ と ば で あ る 。 知 識 尊 重 の 思 想 が 近 代 教 育 を お こ し た 。 学 校 は 、 知 識 の 伝 授 に 多 忙 で 、 生 活 が 大 切 で あ る こ と を 忘 れ た か 、 そ れ を 考 え よ う と は し な か っ た 。 そ の 誤 り に 気 づ く 人 が ほ と ん ど な か っ た の は 不 思 議 で あ る 。 学 校 は 生 徒 の 生 活 を 停 止 し 知 識 の 習 得 を 強 行 し て 、 学 力 が つ け ば よ い と 考 え る 。 著 し い 偏 り が あ る こ と へ の 反 省 は な い 。 教 育 の 被 害 を 受 け る 人 が 出 る の は 当 然 で あ る 。 生 活 欠 落 の 教 育 は 小 学 校 に お い て も 疑 問 で あ る が 、 中 等 教 育 、 高 等 教 育 も 同 じ 方 針 で 教 育 が 行 わ れ て い れ ば 、 大 き な 弊 害 が 生 ず る 。 生 活 軽 視 の 危 険 を 人 間 が 気 づ か な い か ら 、 代 わ 「 て 自 然 が 教 え て く れ た 。 生 活 習 慣 亠 ま 、 ん か キ 、 。 。 7 ま え が き

知的生活習慣


途 中 で や め て し ま い ま す 。 意 志 が 弱 い ん で す 」 「 日 記 が つ け ら れ な い の は 意 志 が 弱 い た め か ど う か わ か り ま せ ん が 、 そ う 思 い 込 む と 、 と 思 い ま す 。 だ 本 当 に 意 志 が 弱 く な る か も し れ ま せ ん 。 そ ん な 風 に 考 え な い 方 が い も れ だ っ て 日 記 を 続 け る の は な か な か 続 か な い も の で す 。 で も 虚 栄 心 は 必 要 で す 」 「 虚 栄 心 で す か 」 「 古 来 、 日 記 を つ け る 習 慣 を も つ の は エ リ ー ト に 多 か っ た 。 知 識 人 が 日 記 を つ け る 。 古 く は 貴 族 や 文 人 が 日 記 を 残 し て い ま す 。 日 記 を つ け れ ば 、 そ う い う 知 的 生 活 に あ や か る こ と が で き る だ ろ う ー 、 ー そ う 思 う の が 、 虚 栄 心 で す が 、 悪 い こ と で は あ り ま せ ん 。 こ と に 若 い と き に は 、 虚 栄 心 の お 化 粧 を す る の は 向 上 に 結 び つ く こ と が 多 い か ら 、 力 に し て は い け な い で し よ う 」 そ ん な 話 を し た あ と で 、 自 分 の 日 記 の 歴 史 を ふ り 返 っ て み た 。 様 式 を 変 え な い お よ そ 、 文 化 と は 縁 遠 い 土 地 で 育 っ た か ら ま わ り に 日 記 な ど っ け て い る 人 は な か っ 0 リ 日 記 を つ け る

知的生活習慣


よ っ て 、 有 用 で な い 記 憶 を 排 出 す る 。 ガ ラ ク タ の ゴ ミ が 頭 を 占 拠 し て は た い へ ん で あ る 。 レ ム 睡 眠 は ク 不 眠 ク の は た ら き を し て 、 頭 の ゴ ミ 出 し を す る 。 お か げ で 、 朝 の 頭 の 目 覚 め は 、 す が す が し く な る と い う わ け で あ る 。 情 報 化 時 代 と い わ れ る 現 代 、 頭 に 入 っ て く る も の も 、 か っ て と は 比 較 に な ら な い ほ ど 多 く な っ て い る に 違 い な い 。 自 然 の 摂 理 で す す め ら れ る レ ム 睡 眠 だ け で は 、 充 分 ゴ ミ 出 し が で き な い の で 、 頭 の 中 に ゴ ミ が 残 留 す る お そ れ が す く な く な い 。 い か に 賢 く 忘 れ る か は 、 昔 の 人 の 知 ら な か っ た い ま の 人 間 の 課 題 で あ る 。 忘 れ 方 に も い ろ い ろ あ る が 、 文 字 に 書 い て み る と 、 忘 れ や す い 、 と い う こ と を う ま く 利 用 す る の で あ る 。 そ う 考 え る と 、 日 記 は 心 覚 え の た め に つ け る の で は な く 、 む し ろ 、 忘 れ て 頭 を 整 理 す る 効 用 の あ る こ と が わ か っ て く る 。 考 え て み る と 、 レ ム 睡 眠 そ の も の が 、 無 意 識 、 自 動 的 に 日 記 づ け に 近 い こ と を し て い る の で あ る 。 。 小 さ な こ と ま で 書 く ス ペ ー ス 日 記 を つ け る こ と で 、 実 に 多 く の こ と を 、 葬 り 去 る も な い し 、 時 間 も な い 。 こ こ で 、 多 く の こ と が 捨 て ら れ る 。 026

知的生活習慣


し て 、 そ れ は ク よ く 覚 え 、 よ く 忘 れ ろ と 言 い 変 え る と 現 代 的 に な る 。 知 識 を 消 化 す る 勉 強 は 知 識 を 頭 に と り 人 れ る こ と で あ る 。 頭 に 人 れ る 、 そ し て 、 そ れ を 失 わ な い よ う に す る の は 記 憶 の カ で あ る 。 記 憶 が 知 識 を ふ や し て い く の は 、 体 が も の を 食 べ る の に 似 て い る 。 ど ん ど ん も の を 食 べ る と 、 満 腹 に な っ て 、 も う あ と 食 べ た く な く な る 。 体 は 、 食 べ た も の を 胃 や 腸 で 、 消 化 す る 。 人 っ て き た も の を そ の ま ま 体 内 に 人 れ て お い た ら 、 す ぐ 腹 い つ ば い に な っ て し ま う 。 消 化 は 、 食 べ た も の の 必 要 な と こ ろ だ け を と っ て 、 あ と は 排 泄 す る 。 す て る 。 消 化 、 排 泄 が は た ら か な け れ ば 、 消 化 不 良 、 糞 づ ま り 、 腸 閉 塞 を お こ し て 生 命 が お び や か さ れ る 。 食 物 の 摂 取 が 大 切 で あ る こ と は 言 う ま で も な い が 、 そ れ を 支 え る 消 化 、 整 排 泄 が 、 摂 取 と 同 じ く ら い 大 切 で あ る こ と は 、 体 が 知 っ て い る こ と で あ る 。 頭 て 知 識 を 吸 収 す る 記 憶 は 、 食 。 へ も の を 食 。 へ る の に 似 て い る 。 不 要 、 あ る い は 消 化 で き 忘 な い も の ま で と り 人 れ る 。 そ れ が 消 化 不 良 、 閉 塞 を お こ さ せ な い よ う に す る に は 、 消

知的生活習慣


な 仕 事 の た め に 人 間 的 生 活 を な い が し ろ に す る こ と を む し ろ 誇 り に し た と こ ろ が あ る 。 仕 事 さ え で き れ ば 人 間 と し て の 力 が 不 足 し て い て も 高 く 評 価 す る 。 生 活 か ら 縁 が 遠 け れ ば 遠 い ほ ど 価 値 が 高 い と い う 専 門 尊 重 の 思 想 を 生 む 。 一 芸 に 秀 で て い れ ば 、 人 間 と し て の 欠 点 が あ っ て も 、 ク 天 才 的 ク と な る こ と が で き る 。 人 間 的 価 値 は 生 活 か ら 生 活 は だ れ で も し て い る 、 と い っ て バ カ に さ れ る 。 人 間 的 価 値 は 生 活 か ら 生 ま れ る 、 と い う 考 え が 否 定 さ れ て い る 。 生 活 を 破 壊 す る よ う な こ と も 仕 事 の た め な ら 、 美 し い こ と の よ う な 錯 覚 を す る よ う に な る 。 学 校 は 、 生 徒 、 学 生 の 生 活 を 停 止 し て 、 知 識 の 注 人 を 教 育 だ と 勝 手 に 決 め て 、 勉 学 専 一 を 目 ざ す 。 学 校 で 生 活 と 言 え ば 、 昼 の 食 事 と 授 業 の 間 の 休 み 時 間 く ら い で あ る 。 そ れ と 放 課 後 の 部 活 動 は い く ら か 生 活 的 で あ る が 、 一 般 に 運 動 は 勉 強 と 両 立 し な い と き め つ け ら れ て い る 。 学 習 は も と も と は 生 活 の 一 部 と し て 行 わ れ る べ き も の で あ る が 、 知 識 信 仰 に と り つ か れ た 社 会 で は 、 学 習 を 生 活 と 切 り 離 せ ば 、 学 習 も 進 む よ う に 思 、 180