検索 - みる会図書館

検索対象: もう一つの万葉集

もう一つの万葉集から 277件ヒットしました。

もう一つの万葉集


び む が し 五 東 の : ・ ・ ( 柿 本 人 麻 呂 ) ・ 「 草 壁 」 は 「 暁 」 の 韓 国 語 で し た

もう一つの万葉集


く し ろ ・ ( 柿 本 人 麻 呂 ) 六 釧 つ く : ・ 誤 訳 の ど ろ 沼 の 原 因 は 「 く し ろ 」 で し た

もう一つの万葉集


五 東 の ・ ・ ・ て 」 の 意 味 合 い に な り ま す 。 が ね ⑦ 渡 ( 行 く ) ご ん ぬ る ご ん ね る 「 渡 」 の 韓 国 訓 は 「 」 一 こ (gen-nul) ま た 「 」 (gon ・ nel) で 、 こ の 二 字 の 終 声 を 全 部 消 す と が ね ご ね ご ぬ 「 三 」 「 司 」 と な り 、 行 く の 意 の 「 外 司 」 音 に 酷 似 し て き ま す 。 そ れ で 、 こ の 「 渡 」 は 「 外 司 」 ( 行 く 、 行 く よ ) と よ ま せ て い る の で す 。 ま た 漢 字 「 渡 」 自 体 に も 、 「 行 く 」 の 意 が 含 ま れ て い ま す 。 だ る そ ど ' る だ そ ど ' る だ 近 刊 書 「 人 麻 呂 の 暗 号 」 は 、 「 月 西 渡 」 を 「 せ 号 」 と よ ん で い ま す 。 こ の 「 号 」 ( seo ・ そ ど ) る だ そ ど ' る だ そ ど ' る だ deul-da) は 、 「 号 」 (seo ・ dool ・ (a) の 書 き 違 え で し よ う か 。 後 者 の 「 号 吽 」 は 「 早 旦 」 そ ど ' る だ ( 急 ぐ ) の 約 で す が 、 前 者 の 「 号 坪 」 と い う 韓 国 語 は は じ め か ら 存 在 し な い の で す 。 ま た こ れ ど ' る だ が 万 が 一 、 後 者 で あ る と し て も 、 「 渡 」 を 「 号 吽 」 と よ む の は 不 可 能 で す 。 ・ と ご ' ん ぬ る 「 渡 」 の 日 本 音 は 「 と 」 、 訓 は 「 わ た る 」 。 韓 国 音 は 「 三 」 、 訓 は ① 「 済 」 の 意 の 「 」 ど ② と ん は る な る ど ' る だ 「 通 」 の 意 の 「 せ 」 ③ 「 津 」 の 意 の 「 斗 早 」 で 、 ど れ を 使 っ て も 「 号 吽 」 と は 金 輪 際 よ め な い の で す 。 だ る 「 月 西 渡 」 三 語 の う ち 、 「 月 」 を 韓 国 訓 の 「 せ 」 に 、 「 西 」 を 韓 国 音 の 「 刈 」 に よ ま せ て い る と ど ' る だ こ ろ ま で は 納 得 が い く と し て も 、 遺 憾 な が ら 「 渡 」 は 「 号 坪 」 と は な り え ま せ ん 。 最 後 に 、 原 詩 を 綜 合 し て よ ん で み ま し よ う 。 121

もう一つの万葉集


せ び よ く び よ る せ だ ぽ 刈 当 刈 吽 旦 引 ば ん ぎ よ は じ ゃ あ ら そ が ね 咄 月 哥 せ ト ヨ ト 0 ス ア 冒 お め も じ ( 暁 の 星 黌 え 居 て 御 目 文 字 し 嬉 し が れ ば 頷 か れ 行 く ) 人 麻 呂 は 、 草 壁 皇 子 つ ま り 暁 皇 子 の お も か げ を 暁 の 空 に 見 て い る の で す 。 ぶ る ば ん ◎ 印 四 字 は 、 系 音 に 属 し ま す 。 原 音 は 、 ( 野 ) ・ ( 炎 ) ・ 芒 ( 見 ) ・ 咄 ( 反 ) と な り 、 火 ひ な み し を 暗 示 す る こ れ ら の 類 似 音 で 、 「 日 並 知 リ ズ ム 」 を 生 み 出 し て い ま す 。 あ か っ き 122

もう一つの万葉集


柿 本 人 麻 呂 く し ろ さ ぎ 釧 つ く た ふ し の 崎 に 今 日 も か も お ほ み や ひ と 大 宮 人 の 玉 藻 刈 る ら む ( 巻 一 の 四 一 ) 伊 勢 国 に 持 統 天 皇 が 行 幸 さ れ た 時 に 、 京 に と ど ま っ て 作 っ た 歌 た ま も

もう一つの万葉集


柿 本 人 麻 呂 東 の 野 に か ぎ ろ ひ の 立 つ 見 え て か へ り 見 す れ ば 月 か た ぶ き ぬ ( 巻 一 の 四 八 ) ひ む が し あ ぎ の 軽 皇 子 が 安 騎 野 に 宿 ら れ た 時 に 作 っ た 歌 か る の み こ の

もう一つの万葉集


次 目 一 く し ろ 川 つ く ・ ・ ( 柿 本 人 麻 呂 ) ・ 誤 訳 の ど ろ 沼 の 原 因 は 「 く し ろ 」 で し た お み の お お き み 七 伊 良 虞 の 島 の 応 答 歌 ( 島 人 ・ 麻 続 王 ) ・ 伊 良 虞 と い う 島 は あ り ま せ ん 八 秋 の 野 の ( 額 田 王 ) ・ 戦 争 予 告 の 歌 で し た お お と も の ち む ろ 九 か く の み し : ・ ( 大 伴 千 室 ) ・ 高 貴 女 性 の 求 愛 に 困 惑 す る 歌 で し た こ よ ・ ま こ や ま の う え の お く ら 十 七 夕 歌 ( 山 上 憶 良 ) ・ 少 年 少 女 の 性 教 育 用 で し た 書 き 終 え て 145 123 181 199 217

もう一つの万葉集


し か も 驚 く べ き こ と に 秀 歌 で す 。 「 秋 の 野 の 」 を 万 葉 集 の 中 で 一 番 好 き だ と い う 人 す ら 多 い の で す 。 と く に 男 性 に そ れ が 多 い よ う で す 。 そ れ は あ く ま で も 美 し い 自 然 描 写 で あ り な が ら 「 詩 の 妖 精 」 の よ う な 額 田 王 が 、 処 女 喪 失 を 回 想 す る が ご と き 強 烈 な エ ロ テ ィ シ ズ ム を 感 じ さ せ る 不 思 議 な 歌 だ か ら で す 。 中 西 進 先 生 は 「 万 葉 の 秀 歌 」 の な か で 、 「 あ の 夜 が 忘 れ が た く 思 わ れ る 、 と い う 箇 所 に 、 少 女 の 忘 れ が た い 初 体 験 が こ め ら れ て い る と 、 富 士 谷 御 杖 や 太 田 水 穂 が い っ て い る 」 と 書 か れ て お り ま す 。 ま さ に ″ 平 安 万 葉 集 み 的 秀 歌 で あ る の で す が 、 額 田 王 は こ の よ う に 詠 ん だ お ぼ え が な い の で す 。 な ん と 興 味 深 い こ と で は あ り ま せ ん か ? 記 ・ 紀 ・ 万 葉 の な か に 韓 国 語 が あ る 、 あ る い は 韓 国 語 で 書 か れ て い る と い う こ と は 、 す で に 多 く の 人 々 が 指 摘 し て き た こ と で す 。 し か し 、 本 格 的 に 韓 国 語 で 解 こ う と い う 作 業 は 行 な わ れ て お り ま せ ん 。 む し ろ そ の 作 業 は ア マ チ ュ ア の 手 に ゆ だ ね ら れ て お り ま す 。 ご く 最 近 で は 、 朴 炳 植 氏 ( 「 万 葉 集 の 発 見 」 ) が 枕 詞 の 解 読 に 、 中 野 矢 尾 女 史 の 指 導 下 の 研 究 グ ル ー 。 フ ( 「 人 麻 呂 の 暗 号 」 ) が 歌 の 解 読 に 挑 戦 、 そ し て 赤 瀬 川 隼 氏 ( 「 潮 も か な ひ ぬ 」 ) に も い く つ か の 提 案 が 散 見 さ れ ま す 。 私 は こ れ ら の 努 力 に 心 か ら 拍 手 を お く り ま す 。 こ の よ う な 努 力 の つ み 重 ね に よ っ て 古 記 録 を 韓 国 語 で よ み な お す 必 要 性 へ の 認 識 は 大 い に 高 ま り ま し た 。 し か し 、 こ れ ら が 正 し い 解 読 を し て い る か と い う と 、 残 念 な が ら 部 分 的 に 鋭 い 指 摘 が あ る こ と を 認 め な が ら も 、 「 解 読 」 と い う に は ほ ど 遠 い と い わ ざ る を え ま せ ん 。 ・ ( ク ビ ョ ン シ ク

もう一つの万葉集


六 釧 っ く ・ ・ 人 麻 呂 は 、 「 万 葉 集 」 最 高 の 歌 人 と 称 さ れ 、 和 歌 の 祖 「 歌 聖 」 と も 仰 が れ て い る 人 で す 。 に も か か わ ら ず 、 こ の 巨 人 の 出 自 と 履 歴 に つ い て は ほ と ん ど 分 か っ て お ら ず 、 生 没 年 不 詳 、 生 没 地 も 曖 昧 模 糊 。 八 十 四 首 ( ″ 人 麻 呂 歌 集 の 歌 を 入 れ れ ば 三 百 五 十 九 首 で 、 数 も 諸 説 あ る ) に も の ぼ る 歌 を 万 葉 集 に 残 し て い る 宮 廷 歌 人 で あ り な が ら 、 「 低 級 官 吏 説 」 を は じ め 、 「 高 官 説 」 「 地 方 官 吏 説 」 な ど 、 色 々 の 説 が あ り 、 そ の 官 位 や 官 職 さ え も は っ き り し て い ま せ ん 。 こ れ は 非 常 に 不 思 議 な こ と で す 。 文 学 的 価 値 は い う ま で も な く 、 日 本 の 古 代 国 家 上 昇 期 に あ っ て 、 皇 室 を 権 威 づ け る 歌 を 数 多 く 、 か っ 精 力 的 に 詠 ん だ 人 麻 呂 の 政 治 的 功 績 に 比 べ て も 、 こ の 不 明 性 は な に か 「 こ と あ り げ 」 に 見 え て く る の で す 。 同 時 代 の 同 僚 官 吏 ま た は 後 世 の 歌 人 た ち は 、 な ん ら か の 理 由 で 人 麻 呂 を 「 排 除 」 し よ う と し た の で し よ う か 。 と す る と 、 そ の 理 由 は な ん で し よ う 。 人 麻 呂 の 歌 の 底 に 秘 め ら れ て い る 一 種 の 「 冷 た い 激 し さ 」 が 、 そ の 答 え の 一 つ と も 思 わ れ る の で す が 、 こ の こ と に つ い て は 後 述 す る こ と に し ま し よ う 。 と も あ れ 、 古 代 日 本 最 高 の 歌 人 が 、 韓 国 語 で 、 そ れ も 「 い と も 韓 国 語 的 」 な 押 韻 を ふ ま え て う た っ て い る の は 驚 く べ き こ と で す 。 こ の 歌 は 、 一 部 二 重 よ み で 、 そ の 二 重 よ み さ れ て い る ご く 一 部 の 単 語 に よ っ て 、 歌 意 が ぜ ん ぜ ん 違 っ て く る よ う に 、 二 つ の 歌 を 絶 妙 に 詠 み こ ん で い ま す 。 125

もう一つの万葉集


「 可 母 」 は 、 「 水 」 で 「 行 く よ 」 の 意 味 で す 。 お お み や さ ら め ⑦ 大 宮 人 之 ( 大 宮 人 の ・ ま た は 大 宮 人 よ ) で ぐ ん い ん ね お お み や ひ と よ ん で 字 の 如 く 、 「 大 宮 人 の 」 で す 。 韓 国 語 で は 「 大 宮 人 爿 」 と な り ま す が 、 「 大 宮 」 を 「 お お お お み や い ん ね み や 」 に も 読 ま せ ま す 。 「 大 宮 人 爿 」 で す 。 「 之 」 は 日 本 訓 で 「 の 」 、 こ れ を 、 類 似 音 の 韓 国 語 「 司 」 ( あ る 集 団 の 一 群 を 意 味 す る こ と ば 、 こ こ で は 「 大 宮 人 た ち 」 ま た は 「 大 宮 人 た ち よ 」 ) に も よ ま せ ま す 。 こ こ で ま た 、 「 大 宮 人 と い う 漢 字 に 注 意 を 払 っ て く だ さ い 。 一 一 重 仕 掛 け に な っ て い る の で す 。 お な る 「 大 」 は 日 本 語 よ み 「 お お 」 で 、 こ の 「 お 」 は 「 全 せ 」 の 「 全 」 に 通 じ ま す 。 頭 韻 を 意 識 し て い る の で す 。 ぐ ん ぐ ん で ぐ ん い ん ま た 「 大 宮 人 」 は 韓 国 音 で 「 」 と な り 、 こ の 「 」 は 「 弓 」 の 音 よ み 「 」 と 同 音 、 「 」 は 「 刃 」 の 音 よ み 「 」 と 同 音 で 、 こ れ を 合 わ せ る と 、 「 大 弓 刃 」 と な り ま す 。 「 大 き い 弓 と 刃 」 の 意 で す 。 人 麻 呂 は こ こ で も 暗 に 弓 と 刀 、 つ ま り 武 器 を 強 調 し て い る の で す 。 ⑧ 玉 藻 ( 玉 裳 ・ ま た は 玉 藻 ) た ま も 「 玉 藻 」 は 「 た ま も 」 で 、 海 藻 ほ ん だ わ ら の こ と で す が 、 こ こ で は 二 重 に 「 玉 裳 」 も 意 味 し ま す 。 大 宮 人 が 着 て い る 美 し い 絹 の 衣 裳 の こ と で す 。 た む 玉 は 韓 国 語 「 は 」 の 漢 字 表 記 で 、 こ の 「 守 」 は 、 「 美 し い 」 「 丸 い 」 「 ふ く よ か な 」 な ど の 意 味 た む お っ こ む 140