検索 - みる会図書館

検索対象: 人麻呂の暗号

人麻呂の暗号から 258件ヒットしました。

人麻呂の暗号


人 麻 呂 の 暗 号

人麻呂の暗号


暗 呂 号 の 新 潮 社

人麻呂の暗号


台 恥 郎 第 六 章 人 麻 呂 の 遺 書

人麻呂の暗号


藤 づ る の よ う に 曲 が り く ね っ た 藤 江 の 浦 は 、 よ じ れ た 千 尋 の 索 き づ な に 思 わ れ る 。 打 ち 延 え た そ の 縄 に か か っ て 引 き あ げ ら れ る 鈴 寸 こ そ 、 縄 打 た れ た わ た し 自 身 の 姿 で あ る 。 こ う し て 死 出 の 旅 を 行 く わ た し を 、 人 は い や し い 海 人 、 そ れ と も 清 廉 潔 白 な 男 と 見 る で あ ろ う か 。 心 が 残 る 。 こ の 時 、 藤 江 の 浦 に た っ た 人 麻 呂 の 目 に は 、 海 岸 の 岩 肌 は 荒 織 り の 藤 衣 に 映 っ た だ ろ う か 。 歌 人 の 清 ら か な 声 も 、 今 は 己 れ を 悼 み 魂 を あ の 世 へ 送 る 弔 い の 鈴 の 声 と な っ て 響 い た だ ろ う か 。 す べ て を 諦 め て は い る も の の 、 な お 心 が 残 る の で あ る 。 人 麻 呂 は 「 荒 栲 の 藤 、 と い う 枕 詞 ・ 被 枕 詞 の 関 係 に 、 歌 意 の 方 向 性 を 示 し 、 全 情 報 を こ め て い た の で あ る 。 荒 材 の 藤 の 陰 に は 縄 が あ り 、 そ の 縄 に か か っ た 己 れ 自 身 を 栲 縄 の 千 尋 縄 に よ っ て 釣 ら れ る ス ズ キ に 仮 託 し た 。 と ら わ れ た 人 麻 呂 と ス ズ キ の 二 重 映 し で あ る 。 「 旅 去 」 が ど の よ う な 旅 で あ る か は 、 も は や 言 う ま で も な い 。 「 荒 栲 の 藤 」 は 、 結 句 の 「 死 」 の 意 味 に ま で つ な が っ て い る の で あ る 。 藤 と 縄 は 相 互 に 依 存 し 関 連 し な が ら 死 の 収 東 に 向 か っ て 流 れ て い る の で あ る 。 こ れ ら の 語 句 を 単 な る 地 名 と そ れ に か か る 枕 詞 と し て 通 り 過 ぎ た と き 、 人 麻 呂 の 「 暗 号 」 を 解 読 す る こ と は で き な い 。 枕 詞 か ら 不 吉 な 死 の イ メ ー ジ は 感 じ て も 、 そ の 陰 に 縄 の 一 語 を 解 読 す る こ と に よ っ て 、 こ の 縄 が 人 麻 呂 を 捕 え る 縄 で あ る こ と も 明 ら か に な る の で あ る 。 暗 号 は 、 そ の 表 層 で は 常 に 最 も 「 あ た り ま え 」 な 顔 を し て い る 。 そ む の 、 と は 別 な り 。 分 別 し て あ い く 形 八 首 の 羈 旅 の 歌 に は 死 の 意 味 が 濃 厚 に こ め ら れ て い た 。 旅 の 歌 と 死 の 関 連 は 、 人 麻 呂 の 死 が 「 客 死 」 で あ る こ と を 物 語 る の で は な か ろ う か 。 故 郷 を 遠 く 離 れ た 他 国 で の 死 ー 「 旅 去 吾 乎 」 は 、 人 麻 呂 245

人麻呂の暗号


事 の 真 相 を 暴 く も の な の だ ぞ 奴 の 島 の 朝 廷 よ こ の 歌 は 、 こ う し た 人 麻 呂 の 深 い 意 図 を 背 後 に 織 り こ ん で い た も の だ っ た ろ う 。 そ れ は 裏 の 意 味 な が ら 、 ひ と つ の 「 挑 戦 状 」 で も あ っ た 。 次 に つ づ く 七 首 の 歌 に ど の よ う な か た ち で こ の 想 い が 引 き 継 が れ て い く の だ ろ う か 地 名 に 潜 め た 暗 号 「 人 麻 呂 っ て 渡 来 人 だ っ た ん じ ゃ な い で す か ね 」 co は 椅 子 に 深 々 と 座 り 直 す と 、 目 を あ げ た 。 島 根 県 益 田 市 戸 田 に あ る 「 柿 本 人 麿 神 社 」 に は 、 七 体 の 不 思 議 な 像 が 伝 え ら れ て い る と い う の だ 。 「 驚 い た こ と に 、 人 麻 呂 に は 育 て の 親 が い た と い う ん で す よ 、 そ れ も 渡 来 人 の 」 飲 み か け の コ ー ヒ ー カ ッ プ が 宙 に と ま っ た 。 「 ほ ん と う ? で も 渡 来 人 と は い っ て も 、 朝 鮮 系 の 人 だ っ た と か 、 中 国 系 の 人 だ っ た と か 」 「 そ こ の と こ ろ は 、 一 応 あ た っ て は み た ん で す が 、 よ く わ か ら な い 。 と に か く " 渡 来 人 ~ と だ け 伝 え ら れ て い る の で ね 。 僕 は 七 歳 の 不 気 味 な 人 麻 呂 と 会 っ て き ま し た よ 」 co は 自 漫 げ に 空 咳 を ひ と っ し て み せ た 。 「 プ キ ミ な 人 麻 呂 ? 「 そ れ が ね 、 へ ん な ん で す 。 直 感 な ん で す け ど 、 顔 が 」 呂 人 「 像 は 七 体 も あ る ん で す 。 四 体 は 、 貴 族 ふ う の 従 者 、 そ れ と 一 一 体 は 翁 と 媼 の も の 。 こ れ は 、 ま す た と だ い 、 か に 、 も 193

人麻呂の暗号


を と げ た の か 、 と い っ た こ と が 、 に わ か に 気 に か か っ て く る 。 加 え て 、 柿 本 大 明 神 の 効 験 は 、 安 産 の 神 の 他 、 水 難 の 神 、 眼 病 の 神 、 火 難 の 神 と な っ て い る と い う か ら 、 ま す ま す 摩 訶 不 思 議 で あ る 。 そ の す べ て が 、 人 麻 呂 の 死 の 秘 密 に 関 わ っ て い る と は 思 え な い が 、 人 麻 呂 の 怨 念 に 、 法 え た 人 々 の 顔 が 、 い く つ に も 重 な っ て 見 え て く る 。 さ て 、 人 麻 呂 と 安 産 、 そ こ に は ど ん な 因 果 関 係 が あ る と い う の だ ろ う 。 聞 い て み る と な ん の こ と は な い 、 実 は 、 ヒ ト マ ロ 、 ヒ ト マ ル 、 ヒ ト ウ マ ル ( 人 産 ま る ) と い う 連 想 で 、 安 産 の 神 と し て 祀 ら れ て い る と い う の で あ る 。 と 私 は 思 わ ず 叫 ん で し ま っ た 。 ど う い う 訳 だ か わ か ら な い が 、 毎 年 九 月 一 日 に 人 麻 呂 の 生 誕 祭 ま で や っ て い る と い う 。 ま た も や 奇 妙 な 暗 号 が 現 わ れ た 。 人 麻 呂 の 生 没 に つ い て は 何 一 つ わ か っ て い な い と い わ れ て い る 。 ど ん な 意 味 あ い を こ め て 、 彼 の 誕 生 日 を 九 月 一 日 に 設 定 し た と い う の か 。 そ ん な 時 は 、 九 月 一 日 と 決 め た 人 の 気 持 ち に 立 っ て み る 。 自 分 が そ れ を 決 め た 当 人 だ っ た ら 、 ど う し た か と い う ふ う に 考 え て み る の だ 。 九 と い う 漢 字 は 、 一 か ら 九 ま で の 基 数 の う ち 一 番 最 後 の も の で 、 折 り 返 し 地 点 に い る 数 字 で あ る 。 そ し て 一 は む ろ ん の こ と 、 一 番 最 初 で あ る 。 生 命 が 窮 ま っ て 、 ま た 新 た に 生 ま れ て く る と い う 、 " 人 、 産 ま れ る ~ 神 社 の 神 に 何 と も ふ さ わ し い 誕 生 日 で は な い か 。 漢 字 の 知 識 を 多 少 と も 持 っ て い れ ば 、 誰 に で も で き る 、 い と も 容 易 な 連 想 で あ る 。 漢 字 を 巧 み に 操 っ た 人 麻 呂 が 、 こ こ で は こ と ば 遊 び で 安 産 の 神 と な っ て い る 。 当 の 人 麻 呂 が 知 っ た ら 苦 笑 し そ う な 話 で あ る 。 148

人麻呂の暗号


人 麻 呂 の 親 ら し く 、 人 麻 呂 を あ や す よ う に し て 慈 愛 の こ も っ た 顔 で 笑 い か け て い る 。 と こ ろ が 、 真 中 に い る 人 麻 呂 は 童 子 だ な ん て 、 と て も じ ゃ な い が 思 え な い 。 皮 膚 が た る み 、 顔 に は し わ が よ っ て 。 と も す る と 両 親 よ り ふ け て 見 ら れ る っ て の に 、 七 歳 だ っ て い う の で す か ら 」 「 肖 像 ま で が 謎 め い て い る と い う わ け で す ね 」 「 じ っ と 見 て い る と 、 こ っ ち ま で ゆ う う つ に な っ て く る 面 構 え だ な あ 、 あ れ は 。 不 思 議 な 険 が あ る 」 神 社 に は 、 こ の 像 に ま つ わ る 古 い 伝 承 が 残 さ れ て い た 。 古 い と い っ て も 徳 川 期 以 降 の も の だ そ う だ か た ら ひ が 、 そ れ に よ れ ば 、 人 麻 呂 は 七 歳 の と き 、 突 如 と し て こ の 神 社 の 主 「 語 家 命 」 夫 婦 の も と に 現 れ た の な り わ い か た り べ だ と い う 。 人 麻 呂 の 育 て の 親 で あ る 彼 ら は 、 「 語 部 」 を 生 業 と す る 渡 来 人 で あ っ た と い う 。 こ の こ と を 調 べ て き た は 、 こ の 伝 承 と 人 麻 呂 の 残 し た 暗 号 と が 、 何 か の 糸 に 結 ば れ て い る も の な の で は な い か と い う 。 人 麻 呂 ほ ど の 歌 人 で あ る 。 渡 来 人 だ っ た 可 能 性 は か な り 大 き い し 、 そ う い う 推 測 を す る 人 も 古 来 少 な く は な い 。 け れ ど も 、 人 麻 呂 が 渡 来 人 だ っ た か ど う か と い う こ と よ り も 、 人 麻 呂 の 生 涯 が 、 彼 の 残 し た こ と ば に よ っ て 明 ら か に さ れ る こ と 、 そ の こ と 自 体 に 私 は よ り 大 き な 魅 力 を 感 じ て い た 。 同 じ こ と を 考 え て い た の か 、 ア ガ サ は ゆ っ く り と 煙 草 に 火 を つ け る と 歌 に 目 を 戻 し て い た 。 「 こ の 八 首 は 旅 の 歌 だ け あ っ て 、 さ す が に 地 名 が 多 い わ ね 。 万 葉 に は 約 四 五 〇 〇 首 も の 歌 が あ る と い わ れ る け れ ど 、 地 名 が で て く る も の だ け で 三 〇 〇 〇 首 以 上 に な る で し よ 。 地 名 も 枕 詞 の よ う に 裏 の 意 味 が こ め や す か っ た せ い じ ゃ な い か し ら 」 ア ガ サ の 推 理 が 始 ま っ た 。 " 人 麻 呂 渡 来 人 説 ~ の 方 は 、 ア ガ サ の 煙 草 の 煙 に ま か れ て い っ た ん お あ ず け に な っ て し ま っ た よ う で あ る 。 「 人 麻 呂 は 歌 の な か で 、 ど の く ら い の 数 の 地 名 を 詠 ん で い た の か し ら 」 こ ど も 194

人麻呂の暗号


第 四 章 人 麻 呂 は 告 発 す る 平 手

人麻呂の暗号


「 そ れ は よ く わ か ら な い け ど 、 表 向 き に は 言 え な い よ う な こ と で も 、 裏 に ひ そ め る こ と で 誰 か に は 伝 わ る 」 「 暗 号 円 「 そ う だ っ た か も し れ な い 」 「 歌 人 に は こ と ば を 微 妙 に 操 る こ と で 、 そ こ に 重 層 的 な 意 味 を も た せ 、 歌 の 奥 行 き を 深 め る と い う 意 識 が あ っ た の だ と 思 う な 」 っ て こ と は 、 表 記 に つ か わ れ た 漢 字 そ の も の が " 暗 号 ~ に な り え た っ て こ と だ ね 」 「 ま あ 、 結 論 は い そ ぐ こ と は な い け れ ど 、 そ う い う 可 能 性 は あ っ た っ て い う こ と 」 「 人 麻 呂 の 暗 号 か : 私 た ち は 、 の 事 務 所 を 後 に し た 。 午 後 の 木 洩 れ 日 が 薄 く な っ た 緑 の あ い だ か ら 射 し こ み 、 心 地 よ く か ら だ を あ た た め て く れ て い る 。 た い し た 距 離 で は な い の だ が 、 私 た ち は 少 し だ け 遠 ま わ り を し て 学 校 へ 戻 る こ と に し た 。 「 炎 」 の 一 字 が 映 し だ す も の 東 野 炎 立 所 見 而 反 見 爲 者 月 西 渡 ひ む か し の の か ぎ ろ ひ た 東 野 に 炎 の 立 つ 見 え て 反 見 す れ ば 月 傾 き ぬ ( 巻 一 ー 四 八 ) み 詠 歌 こ と ば の 揺 籃 期 が 生 ん だ 謎 の 歌 聖 ー ー 柿 本 人 麻 呂 に 、 私 が 出 逢 っ た の は こ の 歌 が き っ か け だ っ た 。 か る の み こ こ れ は 人 麻 呂 の 代 表 作 と も 言 わ れ る も の で 、 持 統 三 年 ( 六 八 九 ) 晩 秋 、 人 麻 呂 が 軽 皇 子 ( の ち の 文 武 天 五 ロ あ き の 飜 皇 ) に つ き 従 っ て 安 騎 野 を 訪 れ た と き に 詠 ん だ 歌 だ と い う 。 こ の 東 方 の 野 に は 曙 の 光 が さ し 初 め 、 西 を ふ り か え る と 月 が 傾 い て あ わ い 光 を た た え て い る ー ー ー と か へ り み つ き か た ふ

人麻呂の暗号


人 麻 呂 の 遺 書 み て く れ る だ ろ う か 死 に 逝 く こ の わ た し を さ ら に 、 私 た ち は こ の 歌 を 、 金 氏 に 見 て い た だ く 機 会 を 得 、 朝 鮮 語 で 以 下 の よ う に 読 み 解 く こ と が で き た 。 コ チ ン ペ モ ク ト ウ ン ガ ン ゲ エ 可 号 匸 一 。 な 刻 パ ン オ ル ウ ル リ ダ ペ ク ス サ ネ ラ ゴ ボ ラ ム 叫 全 4 ヱ 旦 せ ナ グ ネ ガ ナ ン ナ ラ ル 人 麻 呂 の 死 出 の 旅 路 は 続 く 。 旅 ゆ く ほ ど に 死 の 影 は 、 益 々 色 濃 く 私 の 目 の 前 に 見 え て く る 。 不 死 の 世 界 を 象 っ た と い う 硯 。 そ の 硯 の 海 に は 、 人 麻 呂 の 悲 し み だ け が 満 ち て い る 。 し か し 、 そ の 筆 に ふ く ま せ た 命 の 水 に よ っ て 「 こ と ば 」 に 不 死 の 命 を 与 え た 人 麻 呂 。 今 や 歌 の な か に し か 、 人 麻 呂 の 生 は な か っ た の だ ろ う か 。 荒 々 し い 藤 江 の 浦 で は 、 葬 祭 へ と 向 か う 自 ら の 姿 を 訴 え て い た 。 や っ と の 思 い で 辿 り 着 い た の は 、 稲 日 野 で あ っ た 。 こ こ で も 一 首 、 人 麻 呂 は 詠 ん で い る 。 過 去 の 島 ・ ー ー 稲 日 野 稻 日 野 毛 去 過 勝 奈 思 有 者 心 戀 敷 可 古 能 嶋 所 見 ( 一 云 、 湖 見 ) ( 巻 三 ー 二 五 一 一 l) わ た し に と っ て 行 き 過 ぎ が た い 地 ー ー 稲 日 野 を 思 っ て い る と 、 恋 し い 可 古 の 島 が 見 え て く る ー ー と 、 221