検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀はなにを隠してきたか

日本書紀はなにを隠してきたかから 245件ヒットしました。

日本書紀はなにを隠してきたか


当 時 の 宮 廷 に お い て 韓 人 と よ ば れ て 建 内 宿 禰 ー 蘇 我 石 川 宿 禰 ー 満 智 ー 韓 子 ー 高 麗 い た 可 能 性 の あ る 人 物 、 そ れ は 、 入 鹿 暗 殺 の 現 場 に 居 合 わ せ 、 そ し て 現 に 、 こ の 稲 目 馬 蝦 夷 ー ー 入 鹿 孝 徳 天 皇 暗 殺 に 一 役 買 っ た と い わ れ て い る 人 物 に 摩 理 勢 乳 娘 ま か な ら な い 。 名 を 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 呂 、 雄 正 麻 呂 遠 智 娘 と い う 。 蘇 我 蝦 夷 ・ 入 鹿 父 子 の 蘇 我 本 宗 ( 当 ) 図 中 大 兄 皇 子 家 か ら 見 れ ば 、 数 多 い 蘇 我 分 家 の ひ と っ 系 氏 姪 娘 の 長 に す ぎ な い 。 蝦 夷 に は 甥 、 入 鹿 に は 法 提 郎 媛 我 〒 ー ー 古 人 大 兄 皇 子 い と こ に 当 た る 。 舒 明 天 皇 図 麻 呂 の 家 系 は 蘇 我 倉 家 と よ ば れ 、 麻 お ま き 呂 の ハ 雄 当 ( 雄 正 ) 以 来 、 蘇 我 氏 の な か で も 宮 廷 の 倉 の 出 納 ・ 管 理 を 職 掌 と し て き た 家 柄 だ っ た 。 蘇 我 本 宗 家 や そ の 分 家 の 多 く が の ち の 大 和 国 高 市 郡 に 本 拠 を か ま え て い た の に 対 し 、 麻 呂 の 家 は そ こ か ら は な れ た 、 の ち の 河 内 国 石 川 郡 に 本 拠 を 営 ん で い た 。 麻 呂 の 通 称 に ふ く ま れ る 山 田 ・ 石 川 は 河 内 石 川 地 方 の 地 名 だ っ た 。 倉 の 出 納 ・ 管 理 を 父 か ら 引 き 継 い だ 麻 呂 の 代 、 す な わ ち 舒 明 ・ 皇 極 両 天 皇 の 頃 に 、 こ の 地 方 が 蘇 我 倉 家 の 本 拠 地 と し て 占 拠 さ れ て い っ た こ と が 窺 え る 。 0

日本書紀はなにを隠してきたか


受 け 継 ぎ 、 の ち の 和 泉 国 和 泉 郡 に 宮 を 営 — 本 人 ① 子 孫 曾 孫 2 玄 孫 る ん で い た 。 あ へ の う ち ー 敏 達 押 坂 彦 人 舒 明 古 人 大 兄 「 オ オ チ 」 冖 オ サ ダ 」 大 兄 〔 タ ム ラ 〕 名 乙 巳 の 変 後 に 左 大 臣 と な っ た 阿 倍 内 0 く ら ま し ま ろ 竹 田 判 大 兄 の ( 倉 ) 麻 呂 の 阿 倍 氏 は 、 難 波 一 帯 に 勢 ( 皇 極 ・ 斉 明 ) 「 カ ヅ ラ キ 〕 。 族 を 力 を も っ て い た が 、 難 波 の 南 方 、 和 泉 国 ( 孝 徳 ) ー ー 有 間 お お と り 茅 渟 皇 極 ・ 斉 明 各 の 大 鳥 郡 に も そ の 勢 力 が お よ ん で い た 。 「 タ カ ラ 〕 の 権 大 鳥 郡 は 和 泉 郡 の 隣 郡 で あ る 。 軽 皇 子 は ー 用 明 ー ー 廐 戸 山 背 大 兄 孝 徳 王 お た ら し ひ め カ ル 」 冖 オ オ 工 〕 乙 巳 の 変 よ り 数 年 前 に 麻 呂 の 女 子 小 足 媛 ー 崇 峻 冖 ハ ッ セ べ 〕 を め と り 有 間 皇 子 を も う け て い た 。 軽 と ー 推 古 冖 ヌ カ タ ベ 〕 註 麻 呂 と が 姻 戚 関 係 を 結 ん だ 背 景 と し て 、 こ う し た 地 理 的 な 親 近 性 は 無 視 で き な い 。 麻 呂 と 同 時 に 右 大 臣 に 任 命 さ れ た の が 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 、 あ る 。 彼 は 明 ら か に 蘇 我 入 鹿 暗 殺 に 一 役 買 っ た 人 物 で あ る 。 入 鹿 を 暗 オ 刺 客 も 彳 の 配 下 の 者 だ っ た 。 こ の 麻 呂 は 蘇 か わ ち 我 氏 の 分 家 の ひ と つ の 長 で あ り 、 そ の 本 拠 地 は の ち の 河 内 国 石 川 郡 に あ っ た 。 石 川 郡 は 西 隣 の 織 郡 を は さ ん で 和 泉 郡 と 隣 接 し て い る 。 そ れ だ け で な く 、 麻 呂 の 勢 力 は 茅 渟 と よ ば れ た 和 泉 郡 一 帯 に も お よ ん で い た 。 乙 巳 の 変 以 前 か ら 軽 皇 と 麻 呂 と は 深 く 結 び つ い て い た 可 能 図 1 欽 明 天 皇 五 世 孫 系 図 它 欽 1 2 こ し ご り が の く ら の や ま だ の い し か わ の ま ろ

日本書紀はなにを隠してきたか


た と す れ ば 、 麻 呂 は 、 目 下 作 り 上 げ つ つ あ る 系 譜 に 韓 人 と も い う べ き 先 祖 を い た だ く 者 と の 意 味 で 、 と く に 蘇 我 氏 の 内 部 事 情 に 通 じ て い る 者 た ち の 間 で は 、 韓 人 と よ ば れ て い た 可 能 性 が あ る 。 蘇 我 馬 子 の 娘 を 母 に も っ 蘇 我 系 王 族 の 古 人 大 兄 皇 子 が 、 修 羅 場 か ら 脱 出 、 よ う や く 一 息 つ い た そ の 瞬 間 、 麻 呂 に つ い て 蘇 我 氏 内 部 で 通 用 し て い た 呼 称 を 口 走 っ て し ま う と い う こ と は 亠 巧 え ら れ な い こ と で は な い 。 「 剛 毅 果 断 、 威 望 高 し 」 ー 以 上 の よ う に 考 え る と 、 古 人 大 兄 皇 子 の 証 言 は 、 通 説 と は お よ そ 違 う 、 重 要 な 情 報 を 伝 え て い る こ と に な る 。 吾 の 眼 前 で 、 あ の 倉 の 麻 呂 の や つ が 鞍 作 ど の を 殺 し た ん だ 。 古 人 大 兄 は 家 人 に そ う 訴 え て い る の で あ る 。 麻 呂 は 、 通 説 に よ れ ば 、 入 鹿 暗 殺 計 画 を 直 前 に な っ て 知 ら さ れ 、 そ れ へ の 加 担 ・ 協 力 を 強 要 さ れ た こ と に な っ て い る 。 そ の せ い か 、 現 場 で は 朝 鮮 三 国 の 上 表 文 を 読 み 上 げ 、 入 鹿 の 注 意 を 引 き 付 け る 役 割 を あ た え ら れ な が ら 、 緊 張 の あ ま り 全 身 ふ る え わ な な き 、 滝 の よ う な 汗 を 流 し 、 あ や う く 入 鹿 に 計 画 を 感 づ か れ そ う に な っ た と さ れ て い る 。 と こ ろ が 一 方 で 、 麻 呂 は 「 剛 毅 果 断 に し て 威 望 亦 た 高 し 」 と 評 さ れ た 傑 物 だ っ た 。 土 壇 場 で の 麻 呂 の 周 章 狼 狽 は 、 お そ ら く 事 実 で は な か っ た と 思 わ れ る 。 そ れ は 、 『 日 本 書 紀 』 の 編 2

日本書紀はなにを隠してきたか


者 が 史 実 に 反 し て 、 ク ー デ タ ー の 首 謀 者 を 中 大 兄 皇 子 や そ の 忠 実 な 従 者 中 臣 鎌 足 だ っ た と 主 張 す る た め 、 軽 皇 子 ( 孝 徳 天 皇 ) を 中 心 と し た 入 鹿 暗 殺 計 画 に 地 縁 や 姻 戚 関 係 を 通 じ て 早 く か ら 加 わ り 、 現 場 で も 積 極 果 敢 に 活 躍 し た 麻 呂 の 役 割 を 故 意 に お と し め よ う と し た も の で あ ろ う 。 麻 呂 は 飛 鳥 板 蓋 宮 の 大 殿 と い う 密 室 の 内 部 で 、 中 大 兄 ら と と も に 、 入 鹿 に 勇 猛 果 敢 に 斬 り か か っ て い っ た の で あ る 。 暗 殺 の ク 個 人 的 な 動 機 麻 呂 が 入 鹿 暗 殺 を 企 て た の は 、 何 よ り も 、 麻 呂 た ち が 次 期 大 王 に と 策 す 軽 皇 子 の 即 位 を 実 現 す る た め に は 、 古 人 大 兄 を 支 持 す る 蘇 我 入 鹿 が 最 大 の 障 害 だ 0 た か ら で あ る 。 だ が 麻 呂 自 っ 身 に も 、 入 鹿 を 殺 さ ね ば な ら な い 個 人 的 な 動 機 が あ っ た 。 そ れ は 、 蘇 我 氏 全 体 を 束 ね る 族 長 あ 当 の 位 に か ら む も の だ っ た 。 本 蘇 我 氏 内 部 の 本 宗 家 の 地 位 は 、 稲 目 ー 馬 子 ー 蝦 夷 ー 入 鹿 と い う よ う に 父 子 直 系 で 順 調 に 改 継 承 さ れ て き た か の よ う に 見 え る 。 だ が 実 は 、 馬 子 か ら 蝦 夷 〈 の 族 長 交 替 期 に は 、 蝦 夷 と そ た の 尊 属 の 摩 理 勢 と の 間 に 紛 争 が あ っ た 。 蝦 夷 か ら 入 鹿 へ の 族 長 位 の 生 前 譲 渡 に つ い て も 、 数 章 多 い 蘇 、 匀 家 の す べ て が れ に 月 し て い た か と う か 、 て 疑 わ し い も の が あ る 。 第 入 鹿 は 蘇 我 大 郎 と よ ば れ て い た こ と か ら 、 押 し も 押 さ れ も せ ぬ 蘇 我 本 宗 家 の 惣 領 息 子 の よ 乃

日本書紀はなにを隠してきたか


う に 思 わ れ が ち で あ る 。 と こ ろ 「 入 鹿 は 、 林 臣 ・ 林 大 郎 な ど と も よ ば れ て い た 。 林 氏 は 蘇 我 氏 と 同 じ 建 内 宿 禰 の 後 裔 氏 族 だ 0 大 破 移 氏 の 枝 族 で 、 そ の 意 味 で 蘇 我 本 宗 家 の 広 義 の 家 筋 に 当 た る 。 蝦 夷 の 妻 、 入 鹿 の 母 は こ の 林 氏 の 出 身 だ っ た の で あ ろ う 。 入 鹿 は 母 の 存 在 を 通 じ 、 林 氏 の 族 長 権 継 承 に あ ず か っ て い た わ け で あ る 。 こ の 点 か ら 見 て 、 蘇 我 氏 の 族 長 位 に 対 し 、 入 鹿 と 麻 呂 と は ほ と ん ど 等 距 離 に あ っ た こ と に な る 。 入 鹿 と 同 様 、 蘇 我 氏 の 族 長 位 継 承 資 格 を も っ 蘇 我 倉 家 の 麻 呂 が お の れ の 野 心 を 遂 げ る た め に は 、 是 非 と も 、 自 ら の 手 で 入 鹿 を 屠 ら ね ば な ら な か っ た の で あ る 。 「 韓 人 、 鞍 作 臣 を 殺 し つ 、 と い う 謎 め い た 言 葉 は 、 大 化 改 新 の 前 提 と な っ た 入 鹿 暗 殺 の 真 相 に つ い て 、 歴 史 の う ね り に か き 消 さ れ た 部 分 を ひ そ や か に 語 り か け て く れ る 。

日本書紀はなにを隠してきたか


蘇 我 倉 家 の 独 自 性 麻 呂 の 蘇 我 倉 家 は 蘇 我 氏 の 分 家 と は い い な が ら 、 蘇 我 本 宗 家 と は 一 定 の 距 離 を お い て 、 お の を 着 々 と か た め て い た ち ょ う ど そ の 時 期 、 蘇 我 倉 家 独 自 の 系 譜 も 形 成 さ れ つ つ あ っ た 。 い わ ゆ る 蘇 我 氏 系 譜 の 上 部 は 、 本 来 、 蘇 我 氏 の な か で も こ の 蘇 我 倉 家 と い う 分 家 の 保 有 す る 系 譜 だ っ た 。 か ら 、 」 た け し っ ち の す く ね そ が の い し か わ の す く ね す な わ ち 、 建 内 宿 禰 の 子 蘇 我 石 川 宿 禰 か ら 始 ま り 、 満 智 ー 韓 子 ー 高 麗 と 続 く 四 代 は 、 河 内 石 川 地 方 に 本 拠 を さ だ め 、 宮 廷 の 倉 の 出 納 ・ 管 理 に 任 じ た 麻 呂 の 家 系 に ふ さ わ し い 先 祖 名 と っ し て 案 出 さ れ た も の で あ る 。 っ 満 智 ・ 韓 子 ・ 高 麗 と い う よ う に 、 朝 鮮 半 島 と 関 わ り の ふ か い 名 前 が 三 代 も 続 く の は 、 こ の あ 当 家 系 が 管 掌 す る 倉 の な か に 、 朝 鮮 三 国 か ら の 貢 納 が 多 く ふ く ま れ て い た か ら で あ る 。 満 智 以 本 下 三 代 の 名 前 は 、 か れ ら が 朝 鮮 半 島 か ら の 渡 来 人 だ っ た こ と を あ ら わ す の で は な い 。 あ く ま 改 で 、 麻 呂 の 家 が そ の 職 掌 上 、 朝 鮮 三 国 と ふ か い 関 わ り を も っ た こ と の 反 映 と 見 る べ き で あ ろ う 。 こ の 四 代 が 蘇 我 氏 全 体 の 系 譜 に 組 み 込 ま れ る よ う に な る の は 、 蝦 夷 ・ 入 鹿 の 蘇 我 本 宗 家 章 が 滅 び 去 り 、 代 わ っ て 麻 呂 の 家 が 蘇 我 本 宗 家 に 昇 格 し て か ら の こ と だ っ た 。 第 こ の よ う な 蘇 我 倉 家 の 系 譜 が 、 入 鹿 暗 殺 事 件 の 前 夜 、 舒 明 ・ 皇 極 朝 に 徐 々 に 形 作 ら れ て い

日本書紀はなにを隠してきたか


か ら ひ と く ら っ / 、 り ・ 飛 鳥 板 蓋 宮 で 入 鹿 が 殺 さ れ た の を 目 撃 し た 古 人 大 兄 皇 子 は 「 韓 人 が 鞍 作 ( 入 鹿 ) を 殺 し た 」 と 家 人 に 告 げ た と い う 。 こ れ は 入 鹿 殺 害 の 下 手 人 を 名 指 し し た 発 言 で あ り 、 「 韓 人 、 と よ ば れ る 人 物 が 猛 然 と 入 鹿 に 斬 り か か っ て い っ た の で あ る 。 「 韓 人 」 と は そ の 家 系 独 自 の 系 譜 に 満 智 ・ 韓 子 ・ 高 麗 と い っ た 朝 鮮 半 島 に 関 係 深 い 名 前 の 祖 先 を 戴 い て い た 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 呂 そ の 人 で あ ろ う 。 麻 呂 は 入 鹿 と 同 様 、 蘇 我 氏 の 族 長 位 を 継 承 で き る 資 格 が あ っ た 。 軽 皇 子 の 即 位 を め ざ す 麻 呂 が 入 鹿 に 斬 り か か っ て い っ た の は 、 蘇 我 氏 族 長 の 座 を み ず か ら の 手 で つ か み 取 る た め で も あ っ た の で あ る 。 234

日本書紀はなにを隠してきたか


を な す 暇 も な く 即 死 し た の で あ ろ う 。 入 鹿 や 蘇 我 本 宗 家 を 滅 ば そ う と し た の が 中 大 兄 皇 子 だ っ た と い う の も 検 討 が 必 要 で あ る 。 蘇 我 本 宗 家 に 睨 ま れ て い た と い う 中 大 兄 皇 子 は 、 た し か に 王 位 継 承 資 格 を み と め ら れ て い た が 、 世 代 ・ 年 齢 の 点 で こ の 段 階 で は 直 ち に 即 位 で き る と い う 状 況 で は な か っ た 。 中 大 兄 が 入 鹿 に 斬 り か か っ た こ と は 否 定 で き な い が 、 彼 は 入 鹿 暗 殺 の 首 謀 者 で は な く 、 首 謀 者 の 命 に よ り 入 鹿 殺 害 と い う 危 険 な 役 回 り を 負 わ さ れ た に す ぎ な い 。 か る の み こ 入 鹿 暗 殺 の 首 謀 者 は 皇 極 女 帝 の 同 母 弟 で 、 中 大 兄 に は 叔 父 に あ た る 軽 皇 子 ( 孝 徳 天 皇 ) と そ の 一 派 だ っ た と 見 ら れ る 。 入 鹿 が 殺 さ れ た 翌 日 、 蝦 夷 は 一 切 抵 抗 す る こ と な く 自 殺 し た が 、 そ の 翌 日 ( 六 月 十 四 日 ) 、 軽 皇 子 は 皇 極 女 帝 か ら 譲 位 を う け 大 王 と な っ た 。 こ れ が 我 が 国 で 最 初 の 生 前 譲 位 だ っ た 。 そ れ が 無 計 画 に 、 こ と の 成 り 行 き で 実 現 し た と は 考 え ら れ な い 。 軽 皇 子 が 入 鹿 を 暗 殺 し た の は 、 自 身 の 即 位 を 実 現 す る に は 、 そ の 障 壁 と な る 古 人 大 兄 皇 子 と 彼 を 支 持 す る 入 鹿 お よ び 蘇 我 本 宗 家 を 倒 す 必 要 が あ っ た か ら で 、 こ の 軍 事 行 動 を 契 機 に 皇 極 に 自 身 へ の 譲 位 を 促 す た め だ っ た 。 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 呂 は 蘇 我 氏 の 分 家 の ひ と つ の 長 で 、 入 鹿 に は イ ト コ に あ た っ た 。 彼 が 軽 皇 子 と 姻 戚 関 係 に あ っ て 、 そ れ を 主 な 機 縁 と し て 軽 皇 子 の 大 王 擁 立 を め ざ す 一 派 に 加 わ っ て い た こ と は た し か で あ る 。 - 一 、 つ レ 一 く 232

日本書紀はなにを隠してきたか


み た い 。 蘇 我 氏 が 、 ク ー デ タ ー の 展 開 の な か で 、 ど の よ う に し て 滅 ん だ の か 、 あ る い は 滅 亡 せ ざ る を え な か っ た の か 。 こ の 問 い を 解 く こ と に よ っ て 、 蘇 我 氏 の 正 当 な 歴 史 評 価 、 蘇 我 氏 の 歴 史 的 復 権 が 展 望 で き る も の と 思 う 。 疑 問 ① 古 人 大 兄 皇 子 の 動 き 「 乙 巳 の 変 」 に お け る 蘇 我 蝦 夷 ・ 入 鹿 を 考 え る 上 で 、 従 来 疑 問 と さ れ な が ら も 、 あ ま り ふ み こ ん だ 論 究 が な さ れ て こ な か っ た 論 点 が 三 つ あ る 。 そ れ は 、 ま ず 第 一 に 、 古 人 大 兄 皇 子 は 、 ? ど う し て 蘇 我 入 鹿 暗 殺 の 現 場 に 居 合 わ せ た の か 、 と い う こ と で あ る 。 古 人 大 兄 は 、 蘇 我 蝦 夷 ほ は て の い ら つ め つ の 姉 妹 、 法 提 郎 媛 が 舒 明 天 皇 と の 間 に も う け た 皇 子 で あ り 、 蝦 夷 ・ 入 鹿 父 子 が 、 世 代 ・ 年 齢 っ と い う 条 件 に 加 え 血 統 の 点 で 次 期 大 王 に と 策 し て い た 人 物 だ っ た 。 あ あ す か い た ぶ き の み や 当 『 日 本 書 紀 』 『 家 伝 』 上 に よ れ ば 、 入 鹿 は 、 六 四 五 年 の 六 月 十 二 日 、 飛 鳥 板 蓋 宮 の 大 極 殿 で 本 執 行 さ れ た 三 韓 の 進 調 ( 上 表 ) の 儀 式 の 場 で 殺 さ れ た と い う 。 大 王 臨 席 の も と 、 臣 下 や 外 国 新 使 臣 の 居 並 ぶ 「 開 か れ た 空 間 」 で 惨 劇 は 発 生 し た こ と に な る 。 だ が 、 七 世 紀 半 ば の 飛 鳥 板 蓋 た 宮 の 段 階 で 、 大 極 殿 に 相 当 す る 施 設 が 存 在 し た と は 考 え が た く 、 朝 鮮 三 国 そ ろ っ て の 貢 調 と 章 い う の も 、 前 後 に 例 を 見 な い も の で あ る 。 入 鹿 暗 殺 の 現 場 に 居 合 わ せ た の は 、 皇 極 女 帝 、 古 そ が の く ら の や ま だ の い し か わ の ま ろ 第 人 大 兄 皇 子 、 そ れ に 女 帝 の 面 前 で 三 韓 の 上 表 を 読 み 上 げ た 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 呂 と い っ た 、 権 ふ る ひ と の お お え の み こ

日本書紀はなにを隠してきたか


カ 中 枢 を 構 成 す る ほ ん の 少 数 の 人 び と だ け だ お は り だ の み や っ た 。 『 日 本 書 紀 』 に 見 え る 小 墾 田 宮 の 記 述 の 都 か ら 復 元 さ れ た 当 時 の 宮 の 構 造 か ら 考 え れ ば 宮 門 造 成 ( 図 2 参 照 ) 、 入 鹿 暗 殺 は 、 大 門 ( 閣 門 ) の 奥 日 と に 位 置 す る 、 大 王 の 日 常 起 居 空 間 で あ る 大 殿 宮 「 も 田 男 を の 一 室 か 、 あ る い は 大 殿 前 の 中 庭 と い っ た 、 墾 俊 図 、 岸 原 比 較 的 「 閉 ざ さ れ た 空 間 」 ( 図 2 の ゴ シ ッ ク で 図 示 し た 部 分 ) で 、 決 行 さ れ た の で は な か っ た か と 見 ら れ る 。 大 殿 に 出 入 り で き る の は 、 権 力 中 枢 に 参 画 す る 一 部 の 王 族 ・ 豪 族 ら に 限 定 さ れ て い た の で あ っ て 、 朝 鮮 三 国 の 使 者 の 参 入 が 許 さ れ た 形 跡 は な い 。 と こ ろ で 、 ク ー デ タ ー 派 に 属 す る 軽 皇 子 や 中 大 兄 皇 子 、 そ れ に 阿 倍 倉 梯 麻 呂 な ど も 、 こ の 日 、 大 殿 で 行 わ れ た 儀 式 に 参 列 す る 資 格 を 有 し た は ず で あ る 。 と こ ろ が 、 彼 ら が 入 鹿 暗 殺 の 現 場 に い た 形 跡 が な く 、 古 人 大 兄 の み が 、 入 鹿 と と も に 大 殿 で の 儀 式 に 招 き 寄 せ ら れ て い た と い う 点 は 見 の が せ な い 。 結 局 、 大 殿 で 殺 害 さ れ た の は 入 鹿 ひ と り だ っ た が 、 古 人 大 兄 も 、 入 鹿 と も ど も ク ー デ タ ー 派 の 殺 害 目 標 、 あ る い は 作 戦 目 標 に 入 っ て い た 可 能 性 が あ る 。 出 家 し て 王 位 継 承 資 格 を 放 棄 大 殿 庭 ( 中 庭 ) 大 門 ( 閤 門 ) 庁 ( 朝 堂 ) 庁 ( 朝 堂 ) 朝 庭