人 - みる会図書館


検索対象: 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩
489件見つかりました。

1. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

ゐなかびと らば、何か、隠れもはべらじをや。田舎人のむすめも、さるさましたるこそはニ 0 田舎娘にも美女はいよう。 一 = 『法華経』提婆達多品第十一一に りゅう む しとみえる竜女成仏の話。竜女が変成 はべらめ。竜の中より仏生まれたまはずはこそはべらめ、ただ人にては、、 男子によって成仏したように、女 人も往生しうる。 罪軽きさまの人になんはべりける」など聞こえたまふ。 一三普通の身分の人としては実に ニ四おまへ そのころかのわたりに消え失せにけむ人を思し出づ。この御前なる人も、姉前世の罪業が軽そうで美しい人。 前世の功徳で美人に生れた人。 君の伝へに、あやしくて亡せたる人とは聞きおきたれば、それにゃあらんとはニ三宇治で行方不明になった人 ( 浮舟 ) の話は、すでに中宮の知る 思ひけれど、定めなきことなり、僧都も、「かの人、世にあるものとも知られところ。↓蜻蛉一三三ハー ニ四宰相の君。その姉が何らかの かたき じと、よくもあらぬ敵だちたる人もあるやうにおもむけて、隠し忍びはべるを、事情で浮舟の死を知っていた。 ニ五よからぬ敵のような人もいる ニ六 らしく。僧都は浮舟を、継母に迫 事のさまのあやしければ啓しはべるなり」と、なま隠す気色なれば、人にも語 害された娘か本妻に脅迫された愛 ニ ^ らず。宮は、「それにもこそあれ。大将に聞かせばや」と、この人にぞのたま人ぐらいに解しているか。 ニ六事情をはっきりさせない。 三 0 はすれど、いづ方にも隠すべきことを、定めてさならむとも知らずながら、恥毛話題の「消え失せにけむ人、 ( 四行 ) だったら大変、の気持。 ニ ^ 宰相の君が薫と親しいので。 習づかしげなる人に、うち出でのたまはせむもつつましく思して、やみにけり。 ニ九薫も浮舟も秘密にしようと。 姫宮おこたりはてさせたまひて、僧都も登りたまひぬ。か三 0 いかにも気づまりな薫に。 三巴僧都、帰山の途中 手 三一僧都が小野の山里に。 立ち寄り浮舟を励ます = 三浮舟の尼姿。若い女の出家は しこに寄りたまへれば、いみじう恨みて、妹尼「なかなか、 かえって罪つくりになりかねない。 かかる御ありさまにて、罪も得ぬべきことを、のたまひもあはせずなりにける三三私にご相談もなかったとは。 ニ五 ニ九 ニセ ニ 0 三三 けしき

2. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

呼び寄せてと思ひはべる。昔より、異ゃうなる心ばへはべりし身にて、世の中一「異ゃうなる心ばへ」「例の人 ならで」は、現世に否定的な世捨 を、すべて例の人ならで過ぐしてんと思ひはべりしを、かく見たてまつるにつ人の姿勢。薫独自の自己主張。 語 ニ女二の宮降嫁をさす。 三そんな人がいるとは誰にも知 物けて、ひたぶるにも棄てがたければ、ありと人にも知らせざりし人の上さへ、 らせなかった身分低い者まで。女 え 心苦しう罪得ぬべき心地してなむ」と聞こえたまへば、女二の宮「いかなること宮を気づかい、浮舟を低めて言う。 四捨て置いては気の毒で自分の に心おくものとも知らぬを」と答へたまふ。薫「内裏になど、あしざまに聞こ罪障にもなろう。薫の発言は、浮 舟を引き取るための合理化で一貫。 しめさする人やはべらむ。世の人のもの言ひそ、いとあぢきなくけしからずは五どんなことに気がねすべきも のか分らぬ。嫉妬心はないとする。 べるや。されど、それは、さばかりの数にだにはべるまじ」など聞こえたまふ。高貴な女性の常套的な応答。 六薫は、女宮の女房らの、父帝 れう への告げ口を、先回りして封ずる。 造りたる所に渡してむと思したつに、「かかる料なりけり」 〔一三〕薫の準備の様子こ 七浮舟。問題にもならぬとする。 とごとく匂宮に漏れる ^ 薫の新築の家。↓四一ハー注一一八。 など、はなやかに言ひなす人やあらむなど苦しければ、し 九女を迎えるための家だったか。 さ、つレ と忍びて、障子張らすべきことなど、人しもこそあれ、この内記が知る人の親、一 0 世間体を気にして困惑。 = 他にも人はあろうに。事の経 むつ おほくらのたいふ 大蔵大輔なる者に、睦ましく心やすきままにのたまひつけたりければ、聞きっ緯に対する、語り手の評言。 三大内記の妻の親で、大蔵大輔。 一五ずいじん 薫の家司であった。↓一九ハー八行。 ぎて、宮には隠れなく聞こえけり。「絵師どもなども、御随身どもの中にある、 一三大内記は妻を介して知り、そ 一六 とのびと の情報が匂宮の耳に入る。 睦ましき殿人などを選りて、さすがにわざとなむせさせたまふ」と申すに、し ふすま 一四襖などの絵を描く絵師。 し - も ずらうめ めのと 一五薫は大将なので随身は六人。 とど思し騒ぎて、わが御乳母の遠き受領の妻にて下る家、下っ方にあるを、 え こと 一セ

3. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

361 手習 ( 原文一六九ハー ) 並の幸せな身にしてやりたいと懸命になっていたのに、ど した人たちにはちらとも姿を見られないようにしている。 んなにはりあいのない心地がしたことだろう、今はどこに ただ、侍従、こもきといって、尼君が自分の召使にしてい いることか、わたしが生きていようとは、よもや知ること る二人だけを特別にこの女君のおそばに仕えさせているが、 もあるまい、心を同じゅうしてくれる人もほかにはいなか その二人も顔だちといい人柄といい、昔知っていた都人の ったので、何もかも打ち明けて相談し、いつも親しくして女房とは似ても似つかない。何事につけても、この世なら いた右近などのことも、ときおりは思い出さすにはいられ ぬ別世界というのはこうした山里だろうかと、一方ではそ れもよかろうと思いあきらめるのであった。女君が、たた 若い女が、このような寂しい山里に、もうこれまでの人 こうして人に知られまいと忍んでいらっしやるので、尼君 生とあきらめてこもりきりになるのは容易ならぬことだっ は、真実、面倒な事情がおありのお方ででもいらっしやる たので、ここにはただひどく年をとった尼の七、八人がい のだろうと思って、詳しいことはここに仕えている人たち つもは仕えていたのだが、その尼たちの娘や孫といった者 にも知らせずにいる。 で、京に宮仕えしているのも、または違った暮しをしてい 〔三〕妹尼の婿中将訪れ尼君の昔の婿の君は、今は中将にな るのもいて、その人たちがときどきは通ってきているのだ る浮舟を見て心動くっておられるのだったが、その弟の そうず った。「そうした人たちの関係で、それらが昔自分のかか禅師の君、僧都のおそばに弟子入りしていらっしやったそ わりあったあたりに出入りしているうちに、自分がこの世の人が山にこもっているのを見舞うために、兄弟の君たち よかわ にまだ生きていたのだと、しぜんどなたかのお耳にでもお がしじゅう山にのばっていくのであった。横川に通う道の 入れするようなことにでもなったらどんなにか恥ずかしい ついでということで、中将がここにお立ち寄りになった。 ことになろ , つ。 いったい今までどのような格好でさまよっ先払いの声がして、気品のある男君がはいってくるのを内 ていたのだろうなどと、そうめったにはありえぬようなみ から女君が見ていると、昔、人目を忍ぶようにして通って じめな有様を想像されるにちがいない」と思うので、こう いらっしやった大将のお姿や物腰をまざまざと思い出さず

4. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

19 浮舟 ( 現代語訳一一五九ハー ) かに薫に世話される女君の存在。 しからぬけはひにてゐてはべる」と聞こゅ。匂宮「をかしきことかな。何心あ 宅大内記の報告に興をそそられ、 けしき りて、いかなる人をかは、さて据ゑたまひつらん。なほいと気色ありて、なべ女の素姓を確かめようとする。 一九 一 ^ 薫には謹厳ぶりながら好色の みぎのおとど ての人に似ぬ御心なりや。右大臣など、この人のあまりに道心にすすみて、山下心もあると、皮肉ったほめ言葉。 一九タ霧。真相を知らずに、薫の よる ニ 0 かろがろ 道心を批判しているとする。 寺に夜さへともすればとまりたまふなる、軽々しともどきたまふと聞きしを、 ニ 0 この「なり」は、伝聞の意。 げに、などか、さしも仏の道には忍び歩くらむ、なほ、かの古里に心をとどめニ一以下、宮自身の感想。なるほ どなぜ人に隠れ寺参りをするのか。 たると聞きし、かかることこそはありけれ。、。 しつら、人よりはまめなるとさか一三大君の思い出の地。↓一七ハー。 ニ三こんなわけだった。はじめて 薫の心の真相を見いだした思い。 しがる人しも、ことに人の思ひいたるまじき隈ある構へよ」とのたまひて、 ニ四他人よりまじめだと分別顔す おば とをかしと思いたり。この人は、かの殿にいと睦ましく仕うまつる家司の婿にる人のほうがかえって。 一宝大内記のこと。薫に親しく仕 うち なむありければ、隠したまふことも聞くなるべし。御心の中には、、かにしてえる家司 ( 家政を司る官 ) の婿。 ニ六なんとか噂の女を、過日言い ニ七 この人を見し人かとも見定めむ、かの君の、さばかりにて据ゑたるは、なべて寄った女かどうか確かめたい気持。 毛噂の女の魅力を思う。 のよろし人にはあらじ、このわたりこま、、ゝ。 レ。しカて疎からぬにかはあらむ、、いを夭中の君が薫としめし合せて、 噂の女を隠したのも悔しい。「い かにして」以下の匂宮の心中叙述 かはして隠したまへりけるも、 いとねたうおばゅ。 三 0 が、おのずと地の文に転じた。 のりゆみないえん ただ、そのことを、このごろは思ししみたり、賭弓、内宴ニ九匂宮は、ただその女のことを。 〔六〕匂宮、宇治行きの 三 0 ともに正月行事。 つかさめし 計画を大内記に相談 など過ぐして心のどかなるに、司召などいひて人の心尽く三一春の任官の公事。 ニ九 あ むつ ニ四 ニ六

5. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

るのであった。 っていたところが、こんなことになってしまったのだから、 今となっては隠しておいても仕方がないので、これまでの 〔九〕四十九日の法事を大将殿は、四十九日の法事などをお いきさつを泣く泣く話して聞かせる。大将殿のお手紙を取営む匂宮・薫の心々させになるにつけても、あの女はど あが うなってしまっているのだろうかとお思いになるが、どう り出して見せると、守は、身分の高い人を崇めて田舎者ら なっているにしても、その人のため罪になることではない しく何でもありがたがる人であるから、驚き怖じて、繰り 返し繰り返し眺めては、「まったく結構なご幸運を振り捨ので、ごく内密にあの律師の寺でおさせになるのだった。 てて亡くなってしまわれた人よな。このわたしもご家来筋六十人の僧たちへの布施など大がかりに仰せつけになった。 としてお出入りしてきたけれども、おそば近くにお召し使母君も参列して、さらにいろいろと追善の供養を添えた。 宮からは、右近のもとに白銀の壺に黄金を入れて賜った。 いになることもなく、まったく気高くいらっしやる殿なの みとが 子供たちのことを仰せくださったのは頼もしいことで人に見咎められるような仰々しいことはなさるわけにもい はないか」などと喜ぶのを見るにつけても、母君はなおさ かず、右近の志のようにして供養したので、事情を知らな らのこと、女君がもし生きておられたのだったら、と思う い人は、「どうしてこうも立派なことを」などと取り沙汰 するのだった。殿の人たちは、気心の知れたものばかり大 と臥し転び泣かずにはいられない。守も、今になって泣く のであった。 勢お遣わしになっている。「どうもおかしい。噂にも聞か なかった人の法事を、こんなに手厚くなさるのは、いオ 本当のところ、もし女君が生きておられたのだったら、 蛉 いどういうお方なのだろう」と、 いまさら驚いている人ば かえってこうした一族の人のことを大将がお心にかけられ るわけもなかっただろう。 いかにも大将は、ご自分の手落かり多いところへ、常陸守がやってきていかにも主人とい おももち った面持でいるのを、合点のゆかぬことだと誰も彼も思う ちから女君を死なせてしまったのもいたわしいことだ、せ 四めて母君だけでも慰めてやりたいとお思いになるので、世のだった。守は、娘に少将の子を産ませたので、盛大な祝 いをさせようと大騒ぎをして、家の中にそろわぬ物とてほ 間でとやかく一一一一口うのも気にはすまいと深くお思いやりにな ふまろ つば ひと

6. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

一浮舟をも自分をも「もの思ふ 中将「山里の秋の夜ふかきあはれをももの思ふ人は思ひこそ知れ 人」として、共感を求める歌。 ニうまく取りつくろって、返歌 おのづから御心も通ひぬべきを」などあれば、少将の尼「尼君おはせで、紛らは 語 を代作できる者もいないとする。 三世間知らずのようだ、の意。 物しきこゅべき人もはべらず、いと世づかぬゃうならむ」と責むれば、 氏 四自分では情けない身とも思わ 四 源 ぬのに、として、苦悩をおしたて 浮舟うきものと思ひも知らですぐす身をもの思ふ人と人は知りけり る中将の懸想を切り返した歌。 五特に返歌というのでもないが。 わざと言ふともなきを、聞きて伝へきこゆれば、 いとあはれと思ひて、中将 六少将の尼が、中将に。 セ少将の尼や左衛門 「なほ、ただ、いささか出でたまへと聞こえ動かせ」と、この人々をわりなき ひさし ^ 浮舟を廂に連れ出そうとして、 まで恨みたまふ。少将の尼「あやしきまで、つれなくそ見えたまふや」とて、入奥の母屋に入って見ると。 九母尼のもとに。 おいびと りて見れば、例は、かりそめにもさしのぞきたまはぬ老人の御方に入りたまひ一 0 少将の尼は、中将を拒む浮舟 の態度があまりにも意外。 にけり。あさましう思ひて、かくなん、と聞こゆれば、中将「かかる所になが = 以下、浮舟のこと。 三心中を察するとかわいそうで。 なき一け めたまふらん心の中のあはれに、おほかたのありさまなども情なかるまじき人一三おおよその様子などから察し て、人の情けの分らぬはずもない の、いとあまり思ひ知らぬ人よりもけにもてなしたまふめるこそ。それももの方なのに、まるでものの分らぬ人 以上に薄情なあしらいぶり。 懲りしたまへるか。なま、、ゝ をし力なるさまに世を恨みて、いつまでおはすべき人一四男との関係でひどいめに遭わ された経験でもあるのか、の意。 おば そなどありさま問ひて、いとゆかしげにのみ思いたれど、こまかなることは、三以下の事柄について、やはり、 お聞かせください、と尋ねる趣。 一九 いかでかは言ひ聞かせん、ただ、少将の尼「知りきこえたまふべき人の、年ごろ一六どんな事情で。

7. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

明石 3 会 ( 三六一 ) 久方の月の桂も折るばかり家の風をも吹かせてしがな 藤裏葉 3 = 一八 ( 四一三 ) ・若菜上圈一一四 ( 四 0 四 ) 久方の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる 松風団一一九 ( 四一一 ) ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ 幻一一 0 五 ( 四 0 一 I) ひたち 常陸にも田をこそ作れあだ心やかぬとや君が山を越え 雨夜来ませる 若紫田一一 0 六 ( 四吾 l) 人言は海人の刈藻にしげくとも思はましかばよしや世の中 紅葉賀図七四 ( 三天 ) 人知れぬ思ひやなぞと葦垣のまちかけれども逢ふよしのなき 常夏 3 璧 ( 三究 ) 人知れぬ身は急げども年を経てなど越えがたき逢坂の関 若紫田一九八 ( 四五一 I) 人知れぬわが思ふ人に逢はぬ夜は身さへぬるみて思ほゆるかな 若菜下一六九 ( 四 0 七 ) 人知れぬわが通ひ路の関守は宵々ごとにうちも寝ななむ 常夏 3 ( 三九 0 ・藤裏葉 3 一一 0 五 ( 四一一 ) ・若菜上六五 ( 四 0 一 ) 索 《」逢」 00 00 夜」 00 = 走。火」、 0 焼 00 。 タ霧一一一四 ( 三九六 ) 氏人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな 源 桐壺田一一一 ( 四三 0 ・同一一三 ( 四三八 ) ・ 紅葉賀六 0 ( 三七一 ) ・同実 ( 三天 ) ・葵一一九 ( 三八三 ) ・賢木一八七 ( 三八九 ) ・ 須磨 3 三六 ( 三 ) ・明石 3 九五 ( 三六一 D ・松風 3 一七 ( 四一 0 ) ・ -4 同 = 一 ( 四一 l) ・薄雲四 0 ( 巴三 ) ・少女一一四 ( 四 = 三 ) ・野分 3 耄 ( 四 0 一 l) ・ 若菜上一五 ( 三突 ) ・同三三 ( 三九七 ) ・同夭 ( 三究 ) ・同八四 ( 四 0 一 (l) ・ 若菜下圈一一一三 ( 四一 0 ) ・柏木一一三 ( 三八六 ) ・同四四 ( 三八八 ) ・竹河六三 ( 四実 ) ・ 椎本一四 = ( 哭一 ) ・宿木 3 七 0 ( 三七一 l) ・同二六 ( 三七六 ) ・蜻蛉囮二七 ( 四三五 ) 人の見ることや苦しき女郎花秋霧にのみたちかくるらむ 総角区一一 0 五 ( 四八九 ) 人の見ることや苦しき女郎花霧の籬にたちかくるらむ タ霧⑦一 0 三 ( 三九四 ) 人の世の老をはてにしせましかば今日か明日かと嘆かざらまし 若菜上三五 ( 三九七 ) 人は行き霧は籬に立ちどまりさも中空に眺めつるかな タ霧一 0 三 ( 三九四 ) 人もなき宿ににほへる藤の花風にのみこそ乱るべらなれ 蓬生 3 一五六 ( 三六八 ) 人よりは我こそ先に忘れなめつれなきをしも何か頼まむ 宿木 3 八三 ( 三七三 ) ひとりして聞くは悲しきほととぎす妹が垣根におとなはせばや 幻一一一四 ( 四 0 四 ) 独り寝の床にたまれる涙には石の枕も浮きぬべらなり 須磨 3 四 0 ( 三五五 ) ・宿木 3 五六 ( 三七 0 ) ・浮舟八一 ( 四三一 ll) 独り寝のわびしきままにおきゐつつ月をあはれといみぞかねつる 宿木 3 契 ( 三六九 ) 人わたすことだになきを何しかも長柄の橋と身のなりぬらむ 東屋一九一 ( 三八一 ) 日の光藪しわかねば石上ふりにし里に花も咲きけり 早蕨 3 一一 ( 三六三 ) ひもろぎは神の心にうけつらし比良の山さへ木綿鬘せり

8. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

はれも知らぬ人にもあらず。世の中の常なきことを、しみて思へる人しもつれ一世の無常を悟った人はかえっ て身辺の不幸に冷静でいられる意。 ま . さばしら なき」と、うらやましくも、いにくくも思さるるものから、真木柱はあはれなり。薫の独自な道心ぶりを評す。 わぎもこ ニ「我妹子が来ては寄り立っ真 語 木柱そもむつましゃゆかりと思へ 物これに向かひたらむさまも思しやるに、形見そかしとうちまもりたまふ。 氏 ば」 ( 紫明抄 ) 。薫こそ浮舟の形見。 三浮舟と自分 ( 薫 ) のことを。 源ゃうやう世の物語聞こえたまふに、いと籠めてしもはあらじと思して、 四以下、匂宮との昔からの親密 しとな仲を確認したうえで語り起す。 薫「昔より、、いにしばしも籠めて聞こえさせぬこと残しはべるかぎりは、、 五私もなまじの高官に昇り、あ じゃうらふ なたもなおさら高貴の身で暇のな い状態だから。二人とも心開いて 」ぶせく 0 み思ひたま〈られしを、今は、なかなか 0 上﨟になり」ては〈り いとま まして御暇なき御ありさまにて、心のどかにおはしますをりもはべらねば、宿話し合える余暇もないとする。 六夜の話し相手などとして。 直などに、そのこととなくてはえさぶらはず、そこはかとなくて過ぐしはべるセ昔、宮が通われた山里、宇治。 ^ はかなく亡くなった人 ( 大君 ) をなん。昔、御覧ぜし山里に、はかなくて亡せはべりにし人の、同じゅかりなの、同じ血縁につながる人 ( 浮舟 ) 。 九意外な所に住んでいると。 る人、おばえぬ所にはべりと聞きつけはべりて、時々さて見つべくやと思ひた一 0 時々逢いもしようかと。 = 不都合にも世間からとやかく そし まへしに、あいなく人の譏りもはべりぬべかりしをりなりしかば、このあやし言われそうな時だったので。女二 の宮との結婚の時期をさす。 三辺鄙な山里。宇治をさす。 き所に置きてはべりしを、をさをさまかりて見ることもなく、また、かれも、 一三女 ( 浮舟 ) の方も、私一人を頼 ひとり りにする気も特になかったのでは なにがし一人をあひ頼む心もことになくてやありけむとは見たまへつれど、や ないか。匂宮との仲を暗に皮肉る。 。オこと一四れつきとした重々しい扱いを むごとなく、ものものしき筋に思ひたまへばこそあらめ、見るに、まこ、 九 の

9. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

( 現代語訳三五四ハー ) かかる人なん率て来たるなど、法師のあたりにはよからぬニ 0 女を自分の娘にしたいので、 〔六〕女依然として意識 その血縁の者が捜し出して連れ戻 不明、妹尼ら憂慮する ことなれば、見ざりし人にはまねばず。尼君も、みな口がすのではないかと、気が気でない。 ニ一以下、妹尼の推測 しづごころ ゐなか ひと 一三高貴な身分に思えるこの女。 ためさせつつ、もし尋ね来る人もやあると思ふも静心なし。 いかで、さる田舎 ニ三宇治は初瀬・奈良への物詣で びと ものまうで 人の住むあたりに、かかる人落ちあぶれけん、物詣などしたりける人の、心地の途中にあるので、こう推測する。 ニ四 一西継母などが、悪だくみをして ままはは などわづらひけんを、継母などやうの人のたばかりて置かせたるにゃなどそ思置き去りにさせたのだろうか。 ↓一五六ハー一三行。 第一と ひ寄りける。「川に流してよ」と言ひし一言よりほかに、ものもさらにのたま = 六女への敬語の初出。身分ある 女と察する妹尼の気持の反映。逆 はねば、し に妹尼に敬語がっかないのは、彼 、とおばっかなく思ひて、いっしか人にもなしてみんと思ふに、つく 女の心中に即した語り口による。 づくとして起き上がる世もなく、いとあやしうのみものしたまへば、つひに生毛妹尼は、どうにも不安に思い 三 0 夭人並の健康状態に。 す ゅめがたり くまじき人にやと思ひながら、うち棄てむもいとほしういみじ。夢語もし出で = 九以下、女のさま。後文による と、物の怪のため。↓一六二ハー あぎり 三 0 長谷寺で見た夢 ( ↓一五五ハー ) て、はじめより祈らせし阿闍梨にも、忍びやかに芥子焼くことせさせたまふ。 の内容を、ここで人々に明かす。 うちはヘ、 かくあっかふほどに、四五月も過ぎぬ。いとわ三一護摩をたく意。 習〔を僧都の加持により、 三ニ浮舟が入水をはかったのは三 物の怪現れ、去る 月末。一一か月が経過。 びしうかひなきことを思ひわびて、僧都の御もとに、 手 三三看護、祈疇の効果が見えない。 お 妹尼なほ降りたまへ。この人助けたまへ。さすがに今日までもあるは、死ぬ三四死ぬはずのない運命の人に、 深く取り憑き正気を失わせた魔物。 りゃう まじかりける人を、憑きしみ領じたるものの去らぬにこそあめれ。あが仏、 = 宝懇願しての呼びかけ。 ニ七 っ 三三 ニ八 三五 三四 ニ九

10. 完訳 日本の古典 第二十三巻 源氏物語 ㈩

67 浮舟 いといとほしげなりきかし」と、つくづくと思ふに、女のいたくもの思ひたるかった嘆き。↓総角 3 〔 = 五〕〔三一〕。 一 ^ 物思う浮舟の様子。↓四〇ハー 一九 しと , っし。一九事情の一端が分りかけると。 さまなりしも、片はし、い得そめたまひては、よろづ思しあはするに、、 まれ ニ 0 難点のないことが稀なのは。 「ありがたきものは、人の、いにもあるかな。らうたげにおほどかなりとは見えニ一以下、浮舟について考え直す。 一三匂宮の相手としては。「具」は ぐ 一揃い。似合いの二人と、皮肉る。 ながら、色めきたる方は添ひたる人そかし。この宮の御具にてはいとよきあは ニ三浮舟を宮に譲ってもいい気持。 ニ四 ニ三 ひなり」と、思ひも譲りつべく、退く心地したまへど、「やむごとなく思ひそニ四正妻にするつもりだったら、 の意。浮舟の身分の低さを思う。 ニ五 めはじめし人ならばこそあらめ、なほ、さるものにておきたらむ。今はとて見ニ五やはり今までどおり、慰み相 手として。彼女への執着を合理化。 ニ六以下も薫の心中。自分が嫌気 ざらむ、はた、恋しかるべし」と、人わろく、いろいろ心の中に思す。 がさしたからとて放置しておけば。 す 「我すさまじく思ひなりて棄ておきたらば、かならずかの宮の呼び取りたまひ毛匂宮は、浮舟の将来など考え ぬ刹那的で自己本位の人、の意。 のち ニセ ニ ^ てむ。人のため後のいとほしさをも、ことにたどりたまふまじ。さやうに思す夭一時だけの寵愛で、後は顧み ニ九 ない女。 いつばん 人こそ、一品の宮の御方に人二三人参らせたまひたなれ、さて出で立ちたらむニ九女一の宮。匂宮が浮舟の出仕 ( 五〇ハー一三行 ) を、中宮も中の君 けしき を見聞かむ、いとほしく」など、なほ棄てがたく、気色見まほしくて、御文遣の出仕 ( 総角 3 二三八ハー ) を考えた。 三 0 自身が直接、人目のない所に。 ひとま はす。例の随身召して、御手づから人間に召し寄せたり。薫「道定朝臣は、な三一大内記 ( 道定 ) と仲信の娘との 夫婦仲を問う。随身に、道定が浮 ほ仲信が家にや通ふ」、随身「さなむはべる」と申す。薫「宇治へは、常にやこ舟に惹かれていると思わせるため。 三ニ先に鉢合せした匂宮の文使い をのこ のありけむ男はやるらむ。かすかにてゐたる人なれば、道定も思ひかくらむか三三浮舟はひっそり暮す女ゆえ。 ニ 0 三 0 三三 の うち