人 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
975203件見つかりました。

1. 神奈川県の警察官B : 教養試験 2018年度版

試験の概要 交通事故発生状況 ( 平成 27 年 ) 1 交通事故発生状況 月・年累計区分発生件数死者数負修者数 + 1 人一 15 人 + 3 人一 12 人 + 1 人 + 4 人 6.2 % 39.3 % 平成 27 年中 前年比 増減率 28 , 313 件 ー 2 , 121 件 ー 7.0 % 178 人 33.773 人 -7 人一 2.225 人 ー 3.8 % ー 6.2 % 2 交通事故死者数の推移 ( 過去 10 年 ) 月・年累計、年別 17 年 18 年 19 年 20 年 21 年 22 年 23 年 24 年 25 年 26 年 27 年 死者数 252 人 240 人 237 人 189 人 176 人 182 人 180 人 179 人 168 人 185 人 199 人 178 人 3 都道府県別交通事故死者数ワースト順位 順位 1 位 2 位 3 位 4 位 5 位 5 位 7 位 8 位 9 位 都道府県愛知大阪千葉神奈川北海道埼玉兵庫東京静岡 平成 27 年中 213 人 196 人 180 人 178 人 177 人 177 人 171 人 161 人 153 人 152 人 前年比 + 9 人 + 53 人一 2 人一 7 人 + 8 人 + 4 人一 11 人一 11 人 + 10 人 + 5 人 福岡 10 位 4 平成 27 年中の交通死亡事故死者数 ( 178 人 ) の分析 1 1 位 全国 茨城 140 人 4.117 人 + 8 人 ( 1 ) 状態別 月・年累計区分自動車 平成 27 年中 前年比 構成率 ニ輸車 原付 15 人 8.4 % 歩行者 自転車 29 人 16.3 % 自ニ 35 人 19.7 % 小計 50 人 28.1 % 77 人 ー 1 人 + 5 人 12.4 % 43.3 % 22 人 高齢者 50 人 + 10 人 28.1 % その他合計 0.0 % 100.0 % 士 0 人一 7 人 0 人 178 人 ( 2 ) 年齢層別 月・年累計、区分 15 歳 30 歳 ~ 19 歳 ~ 24 歳 ~ 29 歳 ~ 39 歳 ~ 49 歳 ~ 59 歳 ~ 64 歳 22 人 + 7 人 12.4 % 16 歳 7 人 ー 8 人 3.9 % 20 歳 1 1 人 ー 6 人 6.2 % 25 歳 1 1 人 + 7 人 6.2 % + 4 人 15.2 % 24.2 % 100.0 % ー 2 人 + 6 人一 7 人 43 人 178 人 75 歳合計 27 人 ~ 74 歳以上 65 歳 40 歳 26 人 ー 9 人 14.6 % 24 50 歳 14 人 ー 3 人 7.9 % 60 歳 1 1 人 65 歳 以上 70 人 平成 27 年中 前年比 構成率 以下 6 人 土 0 人 3.4 %

2. 神奈川県の警察官B : 教養試験 2018年度版

[ 参考資料 ] 試験情報と自治体情報 月・年果計区分 平成 27 年中 前年比 構成率 月・年累計区分 平成 27 年中 前年比 構成率 ( 4 ) 曜日別 平成 27 年中 前年比 構成率 6 時 14 人 ー 3 人 7.9 % 18 時 13 人 ー 2 人 7.3 % 8 時 17 人 + 1 人 9.6 % 20 時 18 人 士 0 人 10.1 % 10 時 14 人 士 0 人 7.9 % 昼間 12 時 17 人 + 4 人 9.6 、 夜間 14 時 1 1 人 ー 7 人 6.2 % 2 時 24 人 + 13 人 13.5 % 16 時 小計 16 人 89 人 ー 1 人一 6 人 9.0 % 50.0 、 22 時 ~ 20 時 ~ 22 時 ~ 24 時 ~ 2 時 ~ 4 時 ~ 6 時 9 人 ー 1 人 5.1 % 0 時 16 人 ー 1 人 9.0 % 4 時 9 人 5.1 % 小計 89 人 50.0 % 昼間・夜間 100.0 % ー 7 人 178 人 合計 月・年累計区分月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日合計 23 人 ー 2 人 12.9 % 26 人 + フ人 14.6 % 24 人 ー 4 人 13.5 % 21 人 ー 9 人 1 1 .8 % ( 5 ) 事故類型別 月・年累計区分単独 車両相互 出会い 27 人 ー 9 人 15.2 % 6 人 3.4 % 31 人 + 7 人 1 7 4 % 小計 34.3 % 61 人 26 人 178 人 + 3 人一 7 人 14.6 % 100 0 、 人対車両 損断 その他小計 歩道上歩道外 平成 27 年中 前年比 構成率 41 人 23 ℃ % 26 人 + 4 人 14.6 % 26 人 + 1 人 14.6 % 列車 75 人 1 人 ー 1 人 + 4 人 + 1 人 23 人 合計 178 人 ー 7 人 12.9 % 42.1 % 0.6 % 1 .0 % ( 6 ) 発生地域別 ( 3 ) 時間帯別 ~ 8 時 ~ 10 時 ~ 12 時 ~ 14 時 ~ 16 時 ~ 18 時 ー 10 人一 1 人 右左折その他 ー 5 人一 16 人 + 6 人一 8 人 + 5 人一 5 人一 13 人 + 8 人 月・年累計区分 平成 27 年中 前年比 構成率 人口構成率 ※備考 湘南・西湘地区 県央・県西地区 郡、愛甲郡 横浜 市内 72 人 40.4 % 40.8 、 正面 衝突 7 人 + 4 人一 2 人 + 5 人 3.9 % 川崎 市内 20 人 1 1 .2 % 16.1 % 追突 13 人 7.3 % 横須質湘南 三浦 地区 15 人 8.4 % 7.9 % 13.9 % 13.5 % 24 人 地区 西湘 10.1 % ー 4 人 18 人 17 人 ー 10 人 9.6 % 県央 県西 地区 31 人 17.4 % 21.4 % 高速 道路 16 人 9.0 % 合計 178 人 ー 7 人 100.0 % 100 0 % 横須賀・三浦地区・・・横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町 ・・平塚市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、寒川町、中郡、足柄下郡 ・・相模原市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、足柄上 25 神奈川県警察 HP より

3. 和英対照仏教聖典

増支部 りやく 比丘たちょ、 1 人の人のこの世に生まるるは、多くの人の利益のため、 多くの人の幸せのため、又、世間をあわれむがため、人と天との利益と によらいおうぐ 幸せのために生まるるなり。その 1 人の人とはたれぞ。これ如来、応供、 正等覚なり。比丘たちょ、これこそその 1 人の人なり。 比丘たちょ、 1 人の人のこの世に現わるるは、難きことなり。その 1 人 の人とはたれぞ。これ如来、応供、正等覚なり。これこそその 1 人の人 なり。 比丘たちょ、この世に見ること難きは、 1 人の希有の人のこの世に生ま るることなり。その 1 人の人とはたれぞ。如来、応供、正等覚なり。こ れこそその 1 人の人なり。 うれ 比丘たちょ、 1 人の人のこの世を去りて、多くの人の愁い嘆くことあり。 その 1 人の人とはたれぞ。如来、応供、正等覚なり。これこそその 1 人 の人なり。 比丘たちょ、 1 人の人のこの世に生まるるとは、比ぶべきものなき人の 生まるるなり。その 1 人の人とはたれぞ。これ如来、応供、正等覚なり。 これこそその 1 人の人なり。 あか 比丘たちょ、 1 人の人のこの世にいづるは、大いなる眼、大いなる明り、 大いなる光の現わるるなり。その 1 人の人とはたれぞ。これ如来、応供、 正等覚なり。これこそその 1 人の人なり。 しようとうかく まなこ ( 増支部 I -13 ) 483

4. 漢語林 改定版

ワ】ワ】 LC 0 -0- 2 一 5 【 0 ーっー一 8 0- 、 1 1 人 1 人 14 つ」 1 人 1 人っ】 一 8 一 1 人 11 9 1 1 人 1 ー・ 0 1 1 よ 1 人 1 ・ 1 ・ 1 よ、 1 、 1 1 人 1 人 肆鼬鼬饋膕胆観颶隗颶隍腥腿膃隅陽腸髑腮隈腺隰咫師睥脾髀髀胛堤隕躁課驅駟駟騁駻驛騨 7 1 6 6 0 0 0 1 6 4 7 0 1 -0- 1 8 0 1 0 00 10 -0 6 ′ 0 ′ 0 -0 6 4 ・イ 1 「ー 11 4- ワ】一 8 は - 一 0 、 1 5 -0- へ 0 一 0 つ」「ー LO 1 人 0 こ 11 1 よ 1 人 1 人ワ】 1 人ワ」 1 ー 1 人 14 ー 、 1 11 1 人 1 人 1 人 11 11 1 人 1 人 1 人 1 人 1 よ 11 11 1 ・画 11 00 1 よ 1 人 1 人 1 ー・ 1 人 1 人 1 人 11 1 人 1 人 1 よ 1 人 1 人 1 ・ 1 人、 1 1 人 1 人 1 人 、 1 1 人 1 人 、 1 1 人 1 画 1 人、 1 1 人 臓臟随駲跣驍馳驩騎駄駄慰熏駁騨騏驟帥 5 熨畊陣腫體肺膿膝腱腰髏腆饋陳駛騁鴃騁 ・ 1 、 1 0 、 1 9 0 ・ 0 3 り 4 00 -0 1 、 田四叫認 10 戸 0 -0 -0 1 人【 0 -8- -8- -4- ワ」 11 -0- 1 ー 1 ー「ー 、 1 、 1 ワ】ワ】 1 よ -4- -0- 貯 1 貯 1 よ 1 人 職駘卦堕墮助肘附尉肚饒地陞陸防肋励肭胯脇隋隋勵臈肱臙肱随膝隨朦髄髓膜膜陜陝肢陂陵膵 0 1 2 4 3 3 4 四 四田 5 肥間 7 7 2 2 8 7 3 炻 7 , 1 , 1 11 ・ 1 , 1 1 《【 0 LO 1 、 0- 4 ・ -0- 14 1 人 4 ・ 、 1 - ュ・ -4 ・ -4 ・ 1 人 1 人、 1 1 人 1 人 1 よ、 1 、 1 1 よ、 1 川 5 芻絽 1 1 人 11 、ー人 1 人 14 1 画 1 人 1 よ 1 人 膣颶 兵震質鬢麋麋鬆院腔陀腕飃體肬腟膣飃颱阨脯脉朖膩膊髀跋胎臚體恥駝駐驂騙騙験駿 4 7 0 ・ 0 7 2 ワ 1 00 7 0 6 引 っ 4 00 へ 0 0 介 0 0 0 へ 0 ワ】ワ」 ワ】ワ】 1 1 2 2 2 7 ) 5 ) 2 ) 犯四 ) 2 幻四 2 四浦 5 6 0 2 11 1 人 1 人 11 、 1 0 -0- 1 人′ 11 1 よ 00 0 1 よ 1 人 1 人 1 人 1 人 1 人 11 1 人 1 人 、 1 、 1 1 よ 1 人 1 人 1 よ、 1 11 1 よ 1 ・【 0 -0 つ」《 0 -8 1 人 1 人 1 よ、ー人 1 人 1 人、ー 1 よ 1 人 「ー 1 人 1 人 1 人 0 1 併 1 -4 1 1 ' 験駿驥刪刪身 5 阜 5 髪鬘髴形舟 5 髪髮髴髯髯髻鬢髫髷昏髴髢髱鬆鼬髦鬣髟鬟氏氏孵岳 4 7 1 0 2 3 4 っ 4 っっ 1 っ 1 ワ 1 っっ 1 1 人 1 人ー「ー 00 -8 一 0 ーイ -0 4 ・・ 1 00 1 人、 1 1 人 0 0 4 4 00 ー 1 人 1 人 1 人、ー人 11 1 人 1 人 1 人 1 人 0 1 ム 14 1 人 1 11 1 人 1 人ワ、ー 4 角擘膨乕帋髣髯爪瓜斥脈脈隠隱阡阻胝斥腱胖髪后脂階腦盾膰朏脳戸 5 鬚馴駈駈鳥 5 驕 0 1 4 7 四引 7 0 2 2 7 7 2 7

5. 絶対貧困

資 世界全体 12 億人 ( 約 5 人に 1 人 ) 保険医療サービスを受けられない人 8 億人 ( 約 8 人に 1 人 ) 飲料用の水が利用できない人 16 億人 ( 約 4 人に 1 人 ) 読み書きができない成人 8 億 4000 万人 ( 約 8 人に 1 人 ) 不安定な食糧供給に依存している人 飢餓状態にあるか、 8 億 4000 万人 ( 約 8 人に 1 人 ) 1 日 2 ドル以下で生活している人 30 億人 ( 約 2 人に 1 人 ) 1 日 1 ドル以下で生活している人 料 先進国と途上国の比較 医者の割合 先進国 350 人につき 1 人 途上国 60000 人につき 1 人 妊婦死亡数 ( 10 万人あたり ) 先進国 8 人 途上国 450 人 5 歳未満児死亡数 ( IOOO 人あたり ) 先進国 9 人 途上国 145 人 平均寿命 先進国約 76 歳 途上国約 55 歳 出典国連開発計画 ( UNDP ) 東京事務所ホームページ

6. 日本大百科全書 14

そびえと 無印 : 自治区 太字 : 自治州 共和国 自治共和国・自治州・自治区 ・アゼルバイジャン共和国 86 600 ・ナヒチエバン自治共和国 ナゴルノ・カラバフ自治州 ・アルメニア共和国 ・ウクライナ共和国 603 700 ・ウズベク共和国 447 400 ・カラカルバク自治共和国 164 900 ・エストニア共和国 ・カサフ共和国 5 . 8 ・キルギス共和国 198 500 ・グルジア共和国 ・アジャール自治共和国 ・アブハズ自治共和国 ユーゴ ( 南 ) ・オセチア自治屮 l\l ・タジク共和国 143 100 ゴルノ・バダフシャン自治屮 I\I ・トルクメン共和国 488 100 べロルシア人 79.4 , ロシア人 11 . 9 ・べロルシア ( 臼ロシア ) 共和国 207 600 ・モルダピア共和国 ・ラトビア共和国 ・リトアニア共和国 ・ロシア連邦共和国 143 090 8 . 4 ・ウドムルト自治共和国 4 . 2 4 . 5 172 400 415 900 1 . 6 170 500 143 600 351 300 0 . 3 8 . 7 4 . 0 5 . 8 767 600 301 500 862 100 0 . 2 737 700 176 700 0 . 3 523 100 750 300 0 . 5 1 2 . 4 276 290 ソビエト連邦 / 共和国・自治共和国・自治州・自治区一覧 ・共和国・自治共和国 面積 ( km 2 ) 32 900 22 400 19 000 36 000 61 900 14 100 92 600 7 600 26 200 23 200 18 300 19 300 68 000 50 300 8 000 75 900 12 500 42 100 65 200 63 700 33 700 63 700 3 900 8 600 3 000 69 700 45 100 29 800 4 400 5 500 22 402 200 3 103 200 17 075 400 2 717 300 人口密度 人口 ( 1985 年 , 千人 ) (A/km2) ・カバルディノ・バルカリア自治共和国 ・カルムイク自治共和国 ・カレリア自治共和国 ・コミ自治共和国 ・セべロ ( 北 ) ・オセチア自治共和国 ・ダゲスタン自治共和国 ・タタール自治共和国 ・チェチェノ・イングーシ自治共和国 ・チュバシ自治共和国 ・トウバ自治共和国 ・バシキール自治共和国 ・プリャート自治共和国 ・マリ自治共和国 ・モルドバ自治共和国 ・ヤクート自治共和国 アディゲイ自治州 ゴルノ・アルタイ自治屮 lil カラチャエボ・チェルケス自治州 ユダヤ人自治屮 I\I ハカス自治州 ソビエト連邦 ヤマロ・ネネッ自治区 ノ、ンティ・ - マンシ自 i{i[k- ネネッ自治区 チュコト自治区 タイミル自治区 コリャーク自治区 コ ・ベルミャク自治区 工べンキ自治区 ウスチ・オルディンスキー・プリャート自治区 アギンスキー・プリャート自治区 6 614 267 174 3 317 50 840 17 974 1 075 1 530 15 842 3 967 5 201 379 526 99 4 499 146 3 189 9 942 4 111 2 604 3 570 1 560 715 320 780 1 213 612 1 737 3 513 1 213 1 316 279 3 858 1 000 725 966 984 422 179 390 540 207 75 129 20 164 38 53 152 52 979 343 76 . 4 48 . 5 39 . 5 111 84 . 2 40 . 2 33 . 9 20 . 0 74 . 6 126 . 3 61 . 1 25 . 3 31 . 4 6 . 47 . 9 122 . 0 40 . 9 54 . 8 37 . 1 57 . 2 76 . 5 34 . 5 51 . 7 62 . 9 71 . 9 26 . 9 31 . 3 36 . 9 55 . 5 27 . 7 0 . 03 5 . 3 首都 ナヒチエバン ステノ、ナケノレ 工 - レノヾン キエフ タシケント ヌクス タリン アルマ・アタ フノレンゼ トピリシ / ヾトウー スフー ッヒンバリ ドウシャン一く ホログ フ ' シ - ュ / 、ノヾ ミンスク キシニョフ リガ ビリニュス モスクワ イジェフスク ナリチク 工リスタ ベトロザポーック ト チェルケススク ゴルノ・アルタイスク マイコフ ヤクーック サランスク ヨシカル・オラ ウラン・ウデ ウファ キジノレ チェボクサリ グローズヌイ カサン マハチカラ オルジョニキーゼ シクティフカル アナディリ ドウジンカ ノ、ラナ クデイムカル ウスチ・オルディンスキ アギンスコ工 ビロビジャン アバカン モスクワ サレハルド ノ、ンティ・マンシイスク ナ冂ャン・マノレ 成立年 1920 1924 1923 1920 1917 1924 1932 1940 1936 1936 1921 1921 1921 1922 1929 1925 1924 1919 1940 1940 1940 1917 1934 1936 1935 1923 1922 1930 1930 1929 1930 1930 1930 1925 1930 1937 1937 1934 1930 1922 1922 1922 1922 1934 1936 1923 1919 1961 1925 1936 1920 1921 1936 1936 注 : 各共和国の面積・人口には , その共和国内の自治共和国 , 自治州および自治区の面積・人冂を含むが , 他に地方 ( クライ ) や州 ( オプラ スチ ) などの行政区があるので , 自治和国 , 自治州 , 自治区の面積・人口を合計しても , 共和国の面積・人冂とは一致しない。 共和国 , 自治共和国 , 自治州の成立年は現社会義体制の成年。昇格・合併なども現体制・現名称の発足年。自治区は前身 ( 1977 年 まで ) の民族管区の成を年 主要民族構成 ( 1979 年 , % ) アゼルバイジャン人 95.6 アゼルバイジャン人 78 . 1 工ストニア人 64.7 , ロシア人 27.9 カラカルバク人 31 . 1 , ウズベク人 31 . 5 ウズベク人 68.7 ウクライナ人 73.6 , ロシア人 21 . 1 アルメニア人 89.7 アルメニア人 75 . 9 , アゼルバイジャン人 23 . 0 ウズベク人 22 . 9 オセチア人 66.4 , グルジア人 28.8 アブハズ人 17 . 1 , グルジア人 43.9 グルジア人 68 . 8 , アルメニア人 9.0 キルキ、ス人 47.9 , ロシア人 25.9 ロシア人 40 . 8 タジク人 90.4 タジク人 58 . 8 , グルジア人 80.1 カサフ人 36.0 , ウドムルト人 32.2 , ロシア人 58 . 3 ロシア人 32.8 モルタ、、ビア人 63 . 9 , ウクライナ人 14.2 トルクメン人 68 . 4 , ロシア人 12.6 ロシア人 82.6 リトアニア人 80.0 ラトビア人 53 . 7 , 202 連邦の民族構成は別表参照 ネネッ人 11 . 0 , ロシア人 59 . 0 ハント人 2.0 , マンシ人 1 . 1 , ロシア人 74.3 ネネッ人 12.8 , ロシア人 65 . 8 , コミ人 10.9 チュクチ人 8.1 , ロシア人 68.9 ドルガン人 9 . 7 , ネネッ人 5 . 2 , ロシア人 68 . 2 コリャーク人 16 . 2 , ロシア人 64.5 コ ・ベルミャク人 61 . 4 , ロシア人 34.7 工べンキ人 20 . 3 , ロシア人 65 . 1 プリャート人 34 . 4 , ロシア人 58.1 プリャート人 52.0 , ロシア人 42.2 ユダヤ人 5 . 4 , ロシア人 84 . 1 ハカス人 11 . 5 , ロシア人 79 . 5 カラチャイ人 2 9.7 , チェルケス人 9.4 , ロシア人 45 . 1 アルタイ人 29 . 2 , ロシア人 63 . 2 アディゲイ人 21 . 4 , ロシア人 70.6 ヤクート人 36.9 , ロシア人 50 . 4 モルドパ人 34 . 2 , ロシア人 59 . 7 マリ人 43 . 5 , ロシア人 47 . 5 プリャート人 23.0 , ロシア人 72.0 バシキール人 24.3 , ロシア人 40.3 トウバ人 60.5 , ロシア人 36.2 チュバシ人 68.4 , ロシア人 26 . 0 チェチェン人 5 ・ 2.9 , イングーシ人 11 . 7 タタール人 47 . 7 , ロシア人 44 . 0 ( クミキ人 12.4 , ロシア人 11 . 6 ーアバル人 25.7 , ダルギン人 15.2 , レズキ、ン人 11.6 , オセチア人 50.5 , ロシア人 33.9 コミ人 25.3 , ロシア人 56 . 7 カレリア人 11 . 1 , ロシア人 71 . 3 カルムイク人 41.5 , ロシア人 42.6 カバルディン人 45.6 , バルカル人 9.0 , ロシア人 35 . 1

7. ばっちゃん ~子どもたちの居場所。広島のマザー・テレサ~

第四章 罪を犯した者の居場所 2016 年に少年院を出院した者の引受人 2544 人 男 実父母 実父 実母 159 その他 福祉施設 自立準備ホーム 更生保護施設・ 雇主 養父 ( 母 ) 義父実母 実父養母 54 2 人 ( 2 1 . 3 % ) 3 9 5 人 ( 1 5.5 % ) 1 03 7 人 ( 40.8 % ) 3 3 人 ( 1 . 3 % ) 1 0 7 人 ( 4.2 % ) 3 5 人 ( 1 4 % ) 7 9 人 ( 3.1 % ) 1 3 2 人 ( 5.2 % ) 4 1 人 ( 1 . 6 % ) 1 43 人 ( 5.6 % ) 女 2 0 6 人 3 2 人 ( 1 5.5 % ) 1 9 人 ( 9.2 % ) 8 7 人 ( 42.2 % ) 0 人 ( 0 % ) 1 9 人 ( 9.2 % ) 3 人 ( 1 . 4 % ) 2 人 ( 0.9 % ) 1 8 人 ( 8.7 % ) 3 人 ( 1 .4 % ) 2 3 人 ( 1 1 . 1 % ) ( 出典 : 平成 28 年矯正統計年報 ) ※「その他」の中には、引受人のいない少年・少女が含まれている。

8. 明解漢和辞典 新版 長澤規矩也編著

【人臣】けらい。臣下 【人後】ほかの人に負ける L 戦術」【人理】ルン人の道 「世。世の中。世間字 【人身】 0 人間のからだ 0 個人の身分 【人皇】秀 (D シナ太古の三代めの王者〇【人間】秀 O ひと。人類@ひとがら@人の一る 人間萬事塞馬。え 【人身御供 (D 昔、人を儀性にして神に供神代と区別して、神武天皇以後の天皇 0 神一人間万事塞 ~ 羽馬 1 ↓塞翁馬 武天皇@きみ。天子 えたこと〇人のために犠牲になること で 【人足】秀 O 連搬や工事にやとわれる労働者【人相】 O 人のかおかたち〇人の容姿によっ一人間味をし人間み。人情のあるあたたかみ 案 てその人の連命をうらなう術 〔人間業人間のしわざ。人のするしごと 〇人をあざけっていうことば 人體 O 人間のからだ〇ひとが【人品】男 (D ひとがら。人格〇ようす。なりふ【人証 1 【人体】 8 芻 1 人證。〔法〕証人の陳述による証補 拠方法 「ー未到」は ら。ふうたい。人品 「にわりあてるり。ふうさい。人体 【人別】 O 戸籍〇ひとかず。人口 0 各人ごと一【人柄】ー一人がら。人の性格。人品 【人跡】 1 人迹。人の足あと。人のゆきき「ー一【】 、ジンメンジュウシン 一人妖一芻 (D 怪しい人。変異の人〇男女両性を【人面獣、し】 ツニンメンジュウシンづ 人面獸心。顔は人で心【人智ンレ人知。人のちえ。人間の知能 備えた人 @人の形をしたおばけ @常道に」はけだものの意、情義のない人。人でなし【人道】髟 O 人としてふみ行なうべき道。人倫字 【人里】人の住んでいる村里 L はずれた人【人員】芻ひとかず。人数「るけむり〇人家 0 人情 0 夫婦の事を行なうこと@人が通行掲 【人参一秀 1 人參 O 食用とする野菜のにんしん一人烟レ人煙 O 人家のかまどから立ち上 1 するための専用道。 X 車道 で 【人意】人の心。人心 〇 1 人蔘。薬用とする朝鮮にんじん 【人家ン人の住む家。住宅 案 正 【人事】 (D 人間社会のことがら〇人として【人格】 O 人がら。人品 0 義務・責任を自覚で【人傑】衆にすぐれた人 【人数】霧す 1 人數 O 人員〇大ぜいの人 なすべきこと 0 人にできること@人の身分きる一人まえの資格 【人境】ウ人が住んでいるところ。人界。世間 などに関したことがら⑩ひとごこちのお【人鬼】ン死んだ人の魂 くり物。つけとどけ 「こちのないこと【人師ン徳行がそなわり他の人を感化する【人語】 O 人のことば。人言〇人のうわさ 【人種】 O 人類の区別〇人のたね。子孫 【人事不省】重病・重傷などでまったく人ご一人。世間の人のもはんとなる人 【人性】生まれつき人がもっている性質。人【人時ン農耕収穫の時節「もの。 X 自然・天然【人徳】その人に備わっている徳 の本然の性 【人造】 O 人力でつくる〇人間がつくった一【人影】籌 O 人のかげ〇人の姿「等の権利漢 【人定】 O 人為的にきめる。人がきめる「ー【人畜】芻 O 人と畜類と〇ひとでなし。人非人【人権】 1 人權。個人が持っている自由と平一用 ー勝レ天」〇人が寝静まったとき。深夜 【人倫】 O 人としての守るべき道〇人と人【人選】人をえらぶ。適当な人を選び出す当 は との関係〇人のなかま。人間。人類 【人寰】人のすむ区域。世間 【人波】翳群衆がおしあって動くたとえ 【人非人】与 , 人の形をしていながら、人間ら【人魚】騎 O 胴から上は人間で魚の尾を持っ【人頭】芻界 (D 人のあたま〇人数。ひとかずニ という想像上の動物〇さんしよううお 【人爵】ク人が定めた爵位。人から与えられ しい心を持っていない人。人でなし 字 【人情】ウ O いつくしむ心。なさけ。思いやりた官位、公卿竹や大夫「イの類。 X 天爵 【人表】ウ (D 人のてほん〇人の意表 漢 【人物】 (D 人類〇人の性質。人がら〇すぐれ〇世間一般の人の心。人心〇おくりもの一人籟一 O 人が吹きならす鳴り物の音、笛の た人。人才@みめかたち。人の姿①人と物と【人情本】江戸末期の小説本の一種、↓洒音などの類。 X 天籟〇人の世の物音〇人間の当 は 【人牧】君主。人君、牧は養、君は民を養うの落ャ本の禁止により生まれたもので、形はけはい。人声 を職とするからいう 「くらみ中本、内容は遊里関係の男女の情愛を主題△一ー、下ー、才ー、山ー、女ー 【人為】を 1 人爲 () 人のしわざ。人間わざ〇た一にした、色ずり表紙の本 ー、外ー、巨ー、玉ー、主ー、世ー、行ー、死ー、の 【人望】世間の人から受ける尊敬・信頼。人気至ー、寺ー、成ー、同ー、良ー、奇ー、金ー、故字 一人垣一人がかきねのように立ち並・ふ ー、家ー、浪ー、異ー、偶ー、細ー、商ー、偉ー、親 【人海】人海。人が多く集まるたとえ「ーよ【人欲】芻人慾。人の欲望。私心 2 【人・入 ( 冠 ) 】 0 ジン

9. 漢語林 改定版

人・奇人・貴人・畸人・義人・乞人り・客人・旧人・巨に行っても骨を埋める場所はある。大志を立てて大いに雄【人功】人の仕事。また、人のてがら。 5 人・郷人・玉人・金石人・偶人・君子人・芸人・月下氷飛すべきであるという意。青山は、墓場。〔釈月性、題レ壁【人行】①人の行い。②人の通行。 人・賢人・玄人・原人・古人・故人・個人・賈人ク・吾詩〕埋レ骨豈惟墳墓地装にただ、 【人皇】①中国古代神話上の第三代の王者。②国 人 = ンゲン弩ジ人の世の禍福の ノル神代と区別して、神武天皇以後の天皇。 人・行人・後人・降人・国人・今人・才人・山人・散人・【人間万 ( 萬 ) 事△塞翁馬】サ 【人綱】人道の大本。人のふむべき根本の道。 の讒人→ ~ ・士人・私人・詩人・時人・舎人・主人・囚人・定めがたいたとえ。↓塞翁馬 ( 三袈ージ ) 。 衆人・庶人・小人・上人・常人・情人・職人・新人・粋【人△寰】人の住む所。人境。人間社会。 【人魂】彭①人のたましい。②国⑦夜間空中を飛ぶ 人・成人・聖人・碩人弉・仙人・先人・善人・素人・訴【人気 ( 氣 ) ン①人の心。②人のにおい。人香。③国⑦燐火。古来、死人のたましいといわれている。④流れ星 画 人・騒人・俗人・他人・大人・達人・知人・痴人・茶人・ 冖をいう。 一世間の評判・受け。④らンその地方の人々の気【人才】才能の蕚 Q 人。人材。 超人・通人・哲人・天人・土人・同人・俳人・廃人・癈風。⑦人のいそうなけはい。〇人間らしさ。 【人災】人の起 ) J すわざわい。不注意や備えをしないため 人・犯人・美人・夫人・婦人・武人・文人・邦人・防人【人紀 ' 人のふむべき道。倫理。 に起こった災害。。天災。 部 旁 ( 傍 ) 若無人奓ク・凡人・無人・名人・門人・余【人鬼ン①死人のたましい。②囮人間と鬼。 【人材】彩才能のある人。人才。 人 人・要人・良人・伶人・麗人・路人・老人・浪人 【人△祗ン人と神。 「乗る車。副車。【人士プン教養と地位のあるりつばな人。 【人為 ( 爲 ) 】人間わざ。自然・天然のままでなく、人の手【人給】ウ①人ことにあたえる。②国い ( ひ , 随行者が【人師プ ' ①人の師。先生。②師と仰ぐべきりつばな人。 ひとびとキュウし を加えること。「人為淘汰ハウ」 【人給家足】 いえ ( へ ) いえ ( へ ) たる ンあ人もの家も衣食住に不【人事ン①人のしわざ。②人間としてなすべきこと。③ 【強二人意一】人に心強く思わせる。 足のないこと。世の中が太平で生活の豊かなこと。〔史記、人間社会の事がら。④人に贈る礼物。⑤国⑦人の身 「働。太史公自序〕 【人影】をひとかけ。人のすがた。 分などに関した事がら。④自分と無関係なこと。他 【人役】彰①人に使われる者。いやしい人。②人がする労【人魚】①魚の名。さんしよう魚。②海中に住」いう人のこと。 【人《烟・人煙】人家から立 ~ あほる煙。転じて、人・人想像上の動物で、上半身は女、下半身は魚の形をしてお【人事不省意識不明になること。 【人屋】国①人家。②仙と牢屋。 ジンジをつくして人力の限りを L 家。り、その肉を食 , のは不老不死の寿を得るという怪物。【尽 ( 盡 ) = 人事一而待二天命一】テ , メイをまっ 海獣ジュゴンを見誤ったものという。 【人火】人の過失による火災。 つくして、結果は運命にまかせる。〔読史管見、晋紀、武帝〕 【人境】→ ) ウ人の住んでいる所。俗界。 【人家】 2 ン人の住んでいる家。民家。 【人日】芻陰暦の正月七日をいう。一日から六日までは 獣畜を占い、七日には人を占うからいう。 【人禍】ン人間が起こす災い。 【人鏡】ウ人のかがみ。生きた手本。人鑑。 【人我】を①他人と我。「人我一体」②囮人間に不【人君】きみ。君主。人主。 【人爵】ク人から与え一る爵位。人が定めた位。。天 変の実体 ( 我 ) が Q 意。 人形】ジン・ウ①ひとのかたち。ひとがた。②でく。人の形爵 ( 仁義忠信など天賦の徳性 ) 。〔孟子、告子上〕 【人界】カ ・霧囮人の住んでいる世界。仏教の十法界のにかたどって作ったもの。③転じて、主体性のない人のたと【人主】きみ。君主。人君。↓人臣。 【人径 ( 徑 ) 】人の通うこみち。 L え。【人種プ ) ①子孫をいう。②人の種類。種族。皮膚の 【人海】人が多く集まっているたとえ。①たくさんな人【人傑】衆人にすぐれた人物。人豪。 色・骨格などの生物学的特徴で分類する。③国転じて、 出。②多勢の人。 【人件】人事に関する事がら。 「利。俗に、社会的身分・地位・階級・性癖などで人を区別す 冖る場合にもいう。 【人外】①出家の境地。俗世間の外。「人外境」②国【人権 ( 權 ) 】髟人が人として生まれながらにもっている権【人寿 ( 壽 ) 】人の寿命。 お⑦人の守るべき道にはずれている人。人道にそり 7 人。【人権 ( 權 ) 《蹂△躙】 弴ン役人が職権を利用して人民【人衆者勝レ天】ま ひとおお ( ほ ) 悪人が多く集まって盛んな ひとでなし。④人類以外のもの。 の自由をふみにじること。また、一般に勝手な行動をして人時は、一時天道に勝って非ること。多数の悪運が強 【人格】①ひとがら。人品。②人間。③義務・責任を権を無視すること。 くて天罰が容易に至らないこと。〔史記、伍子胥伝〕 自覚できる一人前の資格。 【人言】①世人のうわさ。②人間のことば。 【人勝】ウ人日 ( 陰暦正月七日 ) に用いる首かざの。 【人間】①俗世間。俗界。〔唐、李白、山中問答詩〕別【落二人後一】ゴに人よりあとになる。人にまける。 【人△蹤】ウ①人の足あと。人の通ったあと。〔唐、柳宗 有三天地非ニ人間一黔霧のジンカンに。 ②囮Ⅱ人界。③【人語】人の話す声。 「葉。人言。元、江雪詩〕万径人蹤滅りウメッす 。②人通り。 国秀⑦人類。ひと。また、世間。④ひとがら。⑦人【人口】①望」かす。人員。人数。②人のくち。人の言【人情】た ~ ウ①人の心。人の感情。特に、おもいやり。なさ のいない間ま。人の見ていない時・場所。 【△膾炙人口一】なますや焼き肉がだれにも賞味さけ。②贈りもの。 ジンシーク 【人間世】おゲン人間の世の中。人世。 ①ひ 7 おそれて青ざめること。②飢 れるつに、広く人々に言いはやされること。膾は、なます。炙【無二人色一】なし 【人間性】ゲン人間の本性。人間らしさ。 は、あぶり肉。〔唐、林嵩、周朴詩集序〕 えや疲れのために生き生きした顔色のないこと。 【人間到処 ( 處 ) 有二青山一】セイザンあり ジンカンいたるところ世間にはどこ【人工】人のしわざ。人為。自然に対していう。 【人心】①人の心。人意。②肉体の欲から生ずる心。

10. 政治とカネ

く 1 年生議員 10 人の職員雇用数と年間人件費〉 議員 10 人 = A = 2194 万円 6 人 =B = 2293 万円 9 人 2571 万円 支 13 人 = D = 3300 万円 出 12 人 = E = 3397 万円 3769 万円 3948 万円 16 人 = H = 4536 万円 25 人 = I = 5167 万円 8650 万円 16.2 人 = = 3982 万円 人 ( 職員の数 ) 9 人 38 人 <100 人アンケートにみる職員の雇用数〉 平均 13.1 人 53 人 32 人 4 人 11 人 20 人以上 10 ー 19 人 4 人以下 5 ー 9 人 く 100 人アンケートにみる毎月の人件費支出〉 平均月 252 万円 ( 年間 3024 万円 ) ( 不明 10 人 ) 34 人 22 人 6 人 18 人 100 万円未満 100 万円以上 200 万円以上 300 万円以上 400 万円以上 200 万円未満 300 万円未満 400 万円未満 図 1 ー 3 秘書・職員の人件費 10 人 29