検索 - みる会図書館

全データから 214964件ヒットしました。

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 BL い イ KS 朝 日 新 聞 科 学 グ レ ー フ 編 う ろ お ぼ え を 解 消 す る 102 項 目 00000 00000 00000 00000 0 0 0 0 0

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 う ろ お ぼ え を 解 消 す る 102 項 目 朝 日 新 聞 科 学 グ ル ー プ 編 ツ ノ ・ 一 。 ノ ン ク 第 プ ル ー / ヾ ッ ク ス

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


N. D. C. 404 317P 18cm ブ ル ー バ ッ ク ス B-1603 じ よ う し き い ま き 今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 う ろ お ぼ え を 解 消 す る 102 項 目 2008 年 6 月 20 日 第 1 刷 発 行 か が く 編 者 発 行 者 発 行 所 電 話 印 刷 所 あ さ ひ し ん ぶ ん か が く 朝 日 新 聞 科 学 グ ル ー プ 野 間 佐 和 子 株 式 会 社 講 談 社 〒 112-8001 東 京 都 文 京 区 音 羽 2-12-21 出 版 部 03-5395-3524 販 売 部 03-5395 ー 5817 業 務 部 03-5395 ー 3615 体 文 印 刷 ) 豊 国 印 刷 株 式 会 社 ( カ バ ー 表 紙 印 刷 ) 信 毎 書 籍 印 刷 株 式 会 社 本 文 デ ー タ 制 作 講 談 社 プ リ プ レ ス 管 理 部 製 本 所 有 限 会 社 中 澤 製 本 所 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 ⑥ The Asahi Shimbun Company 2 開 8 , Printed in J 叩 an 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 業 務 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 プ ル ー バ ッ ク ス 出 版 部 宛 に お 願 い い た し ま す 。 〈 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 03-3401-2382 ) に ご 連 絡 く だ さ い 。 ISBN978 ー 4 ー 06 ー 257603 ー 1

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


旧 BN978-4-06-257603-1 C0243 ¥ 1000E ( 0 ) 定 価 . 本 体 1000 円 ( 税 別 ) 9784062576051 1920245010002 ビ ッ ト と バ イ ト の 違 い を 説 明 で き ま す か ? う ろ お ぼ え の 科 学 知 識 っ て 、 意 外 に 多 い も の 。 「 常 識 」 と 思 わ れ て い る 内 容 で あ れ ば あ る ほ ど 、 今 さ ら 人 に 聞 け な い も の で す 。 こ の 本 で は 、 「 自 分 で も は っ き り と 答 え ら れ な い 事 項 を 選 ん で 、 自 分 の 子 ど も に も わ か る よ う に 説 明 す る 」 と い う 方 針 の も と 、 科 学 技 術 取 材 の 第 一 線 で 働 く 記 者 た ち が 、 読 者 と 家 族 の た め に 書 い た 懇 切 丁 寧 な 解 説 が 満 載 で す 朝 日 新 聞 日 曜 版 「 緑 の be 」 の 好 評 連 載 、 待 望 の 新 書 化 ! リ サ イ ク ル 資 料 ( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済 0 0 0 0 0 0 0

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


い ち チ ェ ッ ク し て 目 指 す 答 え に た ど り つ く の は 、 海 に 落 と し た 針 を 探 す よ う な も の で す 。 も ち ろ ん 、 さ ら に キ 1 ワ 1 ド を 入 れ て 絞 り 込 ん で い け ば 、 作 業 は ず っ と 効 率 的 に で き ま す 。 た だ し 、 ど う い う キ ー ワ ー ド で 検 索 す る か 、 そ こ が 難 題 。 つ ま り 、 そ こ で も 正 し い 知 識 を も っ て い な い と は じ ま ら な い の で す 。 調 べ た い こ と に つ い て 書 か れ た サ イ ト に よ う や く 到 着 し て も 、 異 な る サ イ ト で ま る で 反 対 の こ と が 書 か れ た り し て い る こ と も あ り ま す 。 結 局 、 何 が 本 当 か よ く わ か ら な か っ た 、 と い う 経 験 の あ る 人 も 少 な く な い は す で す 。 さ て 、 こ の 本 は 、 朝 日 新 聞 の 日 曜 版 「 緑 の ー に 連 載 さ れ て い る 、 「 今 さ ら 聞 け な い ー を 一 冊 に ま と め た も の で す 。 今 さ ら 他 人 に 聞 く の は 恥 ず か し い 、 さ ま ざ ま な 科 学 分 野 の 知 識 を 一 か ら 学 び 直 す た め の 、 緑 の が 誇 る 名 物 コ ラ ム で す 。 担 当 す る の は 、 年 の 伝 統 に 支 え ら れ た 朝 日 新 聞 の 科 学 グ ル 1 プ 。 「 自 分 で も は っ き り と 答 え ら れ な い 事 項 を 選 ん で 、 奥 さ ん や 子 ど も さ ん に わ か る よ う に 説 明 し ろ 」 と い う の が 歴 代 編 集 長 の 方 針 で す 。 科 学 技 術 取 材 の 第 一 線 で 働 く 記 者 た ち が 、 自 己 再 教 育 の 思 い を 込 め て 、 読 者 は も ち ろ ん 、 愛 す る 家 族 の た め に も 書 い た 記 事 で す か ら 、 役 に 立 た な い わ け が あ り ま せ ん 。 こ の 本 で は 、 2005 年 か ら 2007 年 に 掲 載 さ れ た 記 事 の な か か ら 、 人 気 の 高 か っ た 102 項 目 を 集 め て 加 筆 修 正 し 、 ジ ャ ノ 、 ル 別 に 再 構 成 し て あ り ま す 。 最 初 か ら 順 番 に 読 ん で い た だ い て

傷ついた日本人へ


た と え ば 、 宇 宙 は ど う し て 生 ま れ た の か 、 意 識 と は ど の よ う な も の か 、 生 命 と は な に か 、 時 間 は ど の よ う に 流 れ て い る の か な ど 、 仏 教 と 科 学 に は 共 通 し た テ ー マ が と て も 多 い の で す 。 し か も 、 そ れ ら は 現 代 の 科 学 を も っ て し て も 、 解 き 明 か さ れ て は い ま せ ん 。 概 念 を 疑 っ た り 、 論 理 的 に 検 証 し た り 、 法 則 を 導 き 出 し た り す る 姿 勢 も 、 仏 教 と 科 学 は 驚 く ほ ど よ く 似 て い ま す 。 科 学 は そ れ を 数 式 や 実 験 で も っ て ア プ ロ ー チ し 、 わ れ わ れ 仏 教 は 精 神 や 修 行 で も っ て 説 く 。 用 い る 道 具 は 違 い ま す が 、 目 指 し て い る 方 向 は 同 じ な る の で す 。 定 実 際 、 私 は 二 十 五 年 ほ ど 前 か ら 、 科 学 者 の 方 々 と 定 期 的 に お 会 い し 、 情 報 交 換 を 続 け 生 て い ま す 。 私 に と っ て 最 先 端 の 科 学 の 話 を 聞 い た り 、 色 々 な 学 者 の 方 と 議 論 を 深 め た り の す る こ と は 非 常 に 刺 激 的 で 、 仏 教 の 教 え を 考 え る 上 で も 大 き な 手 が か り に な っ て い ま す 。 ・ 目 一 方 、 科 学 者 に と っ て も 、 仏 教 の 話 を 聞 く こ と は と て も 興 味 深 い と 聞 き ま し た 。 と い 一 う の も 科 学 の 世 界 で は 、 精 神 や 認 知 と い っ た 分 野 は ま だ 謎 の 多 い 領 域 で あ る そ う で す 。 と こ ろ が 私 た ち 仏 教 徒 は 、 何 百 年 も 前 か ら ず っ と こ の テ ー マ と 向 き 合 い 、 研 究 し て き ま

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


8 記 述 が 見 送 ら れ た 。 文 科 省 で は 「 領 土 間 書 、 『 尖 閣 領 有 』 も 明 記 、 文 科 省 が 方 針 」 4 0 2 て 題 が 存 在 す る の は 北 方 領 土 と 竹 島 の み と 報 じ た 。 解 説 書 に す ら 書 か れ て い な い っ で 、 政 府 の 立 場 も そ う だ 。 尖 閣 諸 島 は 日 の に 、 文 科 省 が 教 科 書 に 特 定 の 事 項 を 盛 本 が 実 効 支 配 し て お り 、 領 土 問 題 が 存 在 り 込 ま せ る こ と が で き る の な ら 、 そ も そ め 男 日 開 , 学 し て い な い と 説 明 す る 。 そ の 理 屈 は 成 も 竹 島 の 解 説 書 問 題 は 話 題 に 上 ら な い 。 を の 邦 問 4 半 階 〉 体 話 り 立 っ し 、 も っ と も ら し い こ の 報 道 に 違 和 感 は あ る 。 だ が 、 素 直 に は 受 け 止 め に く い 。 文 斗 そ れ は と も か く 、 重 要 な の は 、 文 科 省 皇 体 鈴 駅 万 本 い 天 国 師 0 開 ナ 省 は 、 尖 閣 諸 島 を 新 た に 盛 り 込 む こ と に が タ 刊 の 報 道 が 出 た 直 後 に 突 然 、 わ ざ わ ロ の 見 講 塒 野 つ い て 、 当 初 か ら 明 言 こ そ し て こ な か っ ざ 「 誤 報 だ 」 と 明 言 す る 記 者 会 見 を 開 い 市 野 た も の の 、 領 土 間 題 で は な い 点 を 踏 ま え た こ と だ 。 私 は 文 科 省 を 担 当 し て 三 年 が 蔵 現 た 記 述 を 視 野 に 入 れ て は い た 。 実 際 、 省 経 つ が 、 一 部 報 道 を 否 定 す る た め の 会 見 一 - - 武 内 で は 「 解 説 書 に 尖 閣 も 加 え た ほ う が 、 は 記 憶 に な い 。 過 去 に は 、 「 省 益 」 に も 竹 島 だ け 狙 い 打 ち し て い る の で は な い と 直 結 す る 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 金 や 教 職 員 逆 に 、 教 科 書 に 書 い て あ れ ば 、 領 土 ア ピ ー ル で き 、 韓 国 側 の 反 発 も 和 ら ぐ 」 給 与 の 調 整 額 を め ぐ り 、 一 部 報 道 を 否 定 を 守 る 意 識 を 高 め る と い う 意 味 で は 、 文 と い う 打 算 的 な 考 え 方 も あ っ た 。 だ が 、 す る 見 解 文 が 記 者 ク ラ ブ 加 盟 社 に 配 布 さ 科 省 は 本 来 、 内 心 で は こ の 「 誤 報 」 を 歓 尖 閣 は 焦 点 が あ た ら ず 、 書 き 込 ま れ る こ れ た り ホ ー ム ペ ー ジ に 掲 載 さ れ た り す る 迎 し て よ い は す な の だ 。 と も な か っ た 。 例 は あ っ た が 、 会 見 開 催 は 極 め て 異 例 わ ざ わ ざ 会 見 が 設 定 さ れ た の は 、 文 科 私 は 、 文 科 省 の 消 極 的 姿 勢 の ほ か に 、 省 を 超 え た ど こ か の 判 断 が 働 い た か ら で 「 媚 中 派 」 の 福 田 康 夫 首 相 が 、 多 か れ 少 竹 島 の 領 有 権 問 題 を 記 述 し て い る 現 行 は な い だ ろ う か 。 文 科 省 は ロ を つ ぐ む な か れ 影 響 を 与 え た と 推 測 し て い る 。 根 の 中 学 教 科 書 は す べ て 、 尖 閣 諸 島 と セ ッ が 、 中 国 の 意 向 を 過 度 に 尊 重 す る 首 相 官 拠 の 一 つ に は 、 毎 日 新 聞 報 道 を め ぐ る 文 ト に な っ て い る 。 文 科 省 は 今 回 、 尖 閣 諸 邸 が 会 見 を 設 定 さ せ た の で は な い か と い 科 省 の 不 可 解 な 対 応 が あ る 。 島 を 解 説 書 に 書 き 加 え は し な か っ た も の う 疑 念 が 消 え な い 。 ギ ョ 1 サ 事 件 で は 、 同 紙 は 、 竹 島 の 記 述 が 報 じ ら れ た 七 月 の 、 「 領 土 間 題 で は な い か ら 教 科 書 に 書 日 本 政 府 が 「 中 国 で 被 害 発 生 が 発 覚 し 十 五 日 朝 刊 の 直 後 の 夕 刊 で 「 中 学 教 科 く な 」 と の 意 向 を 持 っ て い る わ け で は な た 」 と の 連 絡 を 中 国 か ら 受 け な が ら 、 中

化学熱力学中心の基礎物理化学


教 科 書 の 多 く が 改 訂 さ れ た . し か し , 高 校 教 育 も , そ れ に 引 き ず ら れ た 大 学 の 基 礎 教 育 も , 程 度 を 上 げ た 効 果 は ほ ば 皆 無 で , 圧 倒 的 多 数 の 者 が 消 化 不 良 を 患 い , む し ろ 教 育 が 混 迷 し た 時 期 で あ っ た . こ の 反 省 に 立 っ て 高 校 教 育 は 妥 当 な 線 に 戻 っ た が , 大 学 の 教 科 書 は 朝 令 暮 改 に 応 じ る こ と を し な か っ た . 一 方 , 時 代 の 変 遷 に 伴 っ て 進 学 率 が 向 上 し ま た , 国 立 大 学 の 入 試 に 共 通 一 次 試 験 が 採 用 さ れ た 頃 か ら , 学 生 の 意 識 や 資 質 に 変 化 が 現 れ て き た . 学 生 は 幼 ・ 少 年 の よ う に 従 順 だ が , 何 で も か ん で も 与 え ら れ す ぎ る 豊 か さ ゆ え に , 向 上 心 , 自 主 性 , 積 極 性 な ど が 欠 け る よ う に な り , 学 生 を 相 手 と す る 大 学 の 教 師 も 授 業 管 理 ( 静 か に , 熱 心 に 受 講 さ せ る よ う ) に 腐 心 せ ざ る を え な く な っ た . 大 学 に 入 学 す る 学 生 に , も う ひ と つ あ げ ら れ る 近 年 の 特 異 事 項 と し て , 推 薦 入 学 に よ る 学 生 数 が 増 大 し た こ と で あ る . 推 薦 入 学 制 度 は , 一 律 に は い え な い が , 数 学 や 物 理 の 習 熟 度 の 低 い 者 が 混 入 し て く る 可 能 性 を 秘 め て い る . 実 際 , 微 積 分 や 統 計 ・ 確 率 に 慣 れ て い な い 者 が , 入 学 当 初 ず い ぶ ん と ま ど い を 感 じ て い る 様 子 を わ れ わ れ は 見 て い る . こ の よ う な 学 生 た ち に , 程 度 の 高 い ま ま の 教 科 書 を 与 え た り , あ る い は ペ ー ジ 数 を 増 や さ な い で ( 高 い 値 段 の 教 科 書 に な ら ぬ よ う ) し か も 盛 沢 山 の 項 目 を 詰 め 込 む こ と を 心 が け た 著 述 で あ る た め , 簡 潔 で は あ る が , 表 現 が 抽 象 的 に 過 ぎ て 具 体 的 な 把 握 が さ つ ば り 困 難 な 教 科 書 を 与 え た り す る . こ れ で は , い く ら 「 勉 強 し な さ い 」 と い っ て も 学 生 た ち は つ い て い け な い の が あ た り ま え で あ ろ う . テ キ ス ト を 熟 読 し て 自 習 し よ う に も , わ か ら な い 言 葉 や 数 式 が 十 分 な 解 説 も な く 用 い て あ る の で , 理 解 し に く い う え に お も し ろ く も な い . た ち ま ち 嫌 気 が さ し て 教 科 書 で 予 習 ・ 復 習 す る 習 慣 を 放 棄 し た 学 生 も 出 て く る 始 末 で あ る . そ の 点 , 今 回 本 書 の 執 筆 に あ た っ て 参 考 に し た ア メ リ カ の 教 科 書 は , 難 し い 新 概 念 を わ か ら せ る た め に , や さ し い 言 葉 で わ か り や す く 説 明 す る 努 力 が 至 る と こ ろ に 見 ら れ , 「 お も し ろ く 読 ん で い る う ち に い つ の 間 に か 理 解 で き る よ う に な る 」 よ う に , ま た , 「 痒 い と こ ろ に 手 が と ど く 」 よ う に つ く ら れ て い る こ と に 感 心 し た も の だ . も っ と も , そ の た め 言 葉 や 図 表 が 多 く , 余 談 も 挿 し は さ ま れ て い た り し て , 1 冊 の 本 が 分 厚 く な り ( 厚 さ 5 cm 以 上 ) , そ の た め と て も 高 価 で あ る . 著 者 ら は 本 書 の 執 筆 に 際 し 入 門 し や す く お も し ろ く 読 み 続 け ら れ , し か も 何 か と い う と き 相 談 相 手 に な っ て く れ る よ う な 教 科 書 を つ く る こ と を め ざ し た . 序 章 か ら 第 5 章 ま で は , 物 理 化 学 の 概 要 を 数 式 を あ ま り 使 う こ と な く 述 べ た . 同 時 に , 物 理 化 学 を 学 ぶ た め に は ど う し て も 必 要 な “ 言 葉 " と も い う べ き 数 学 と , 数 式 に よ る 物 理 化 学 の 表 現 例 を 付 録 と し て つ け , 興 味 と 必 要 が あ れ ば 勉 強 で き る よ う に し た . 第 6 章 か ら 熱 力 学 に 本 格 的 に 取 り 組 む よ う に し , さ ら に 電 解 質 溶 液 論 や 反 応 速 度 論 に ま で 及 ん で い る . 講 義 す る 立 場 か ら は , 適 当 に 取 捨 選 択 で き て , 場 合 に よ っ て は 学 生 の 自 習 に 任 せ ら れ る よ う , 例 題 を 多 数 含 め る よ う に し た . 学 生 諸 君 が 物 理 化 学 に 親 し み を 抱 き , さ ら に 深 く 探 求 し た け れ ば , ム ー ア , ア ト キ ン ス , バ ー ロ ー た ち の 物 理 化 学 の 翻 訳 版 ( 下 記 参 照 ) を 読 む こ と を 勧 め る . 本 書 は , こ れ ら 上 級 の 物 理 化 学 へ の 橋 渡 し の 役 を 荷 な う た め に 書 い た つ も り で あ る . ま た , 高 専 の 学 生 諸 君 に も 講 読 を 勧 め た い と 意 識 し な が ら 筆 を と っ た . 11

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


で き る の で あ る 。 こ の よ う な 組 織 構 造 を 「 講 座 制 」 と 呼 び 、 学 部 組 織 ( 特 に 、 医 学 部 ) で は 、 顕 著 に み ら れ る 。 こ れ に 対 し て 、 「 学 科 目 制 」 と 呼 ば れ る 制 度 が あ る 。 こ れ は 、 「 教 育 上 、 必 要 な 学 科 目 を 定 め 、 そ の 教 育 研 究 に 必 要 な 教 員 を 置 く 」 制 度 で あ る 。 学 科 目 制 で は 、 学 科 に 必 要 な 学 科 目 や 専 門 分 野 を カ バ 1 す る よ う に 教 授 、 准 教 授 等 が 配 置 さ れ る た め 、 教 授 と 准 教 授 の 担 当 科 目 や 専 門 分 野 が む し ろ 重 複 し な い よ う に 人 事 が 行 わ れ る 。 例 え ば 、 筆 者 は 教 育 学 科 の 社 会 教 育 学 担 当 教 員 と し て 採 用 さ れ て い る が 、 同 じ 社 会 教 育 学 を 担 当 す る 准 教 授 は お ら ず 、 ま た 、 教 育 哲 学 や 教 育 行 政 学 を 担 当 す る 准 教 授 の 上 に は 教 授 が 配 置 さ れ て い な い 。 学 科 全 体 で 必 要 な 科 目 が 担 当 で き る よ う な 人 員 配 置 に な っ て い る か ら で あ る 。 ま た 、 教 授 か ら な る 教 授 会 が 置 か れ 、 大 学 の 運 営 に 関 わ る 重 要 な 事 項 を 審 議 す る も の と さ れ て い る 。 識 常 教 授 会 の メ ン ノ ヾ ー に は 准 教 授 や そ の 他 教 員 を 加 え る こ と が で き る 。 普 通 、 定 例 教 授 会 が 開 催 さ れ る 曜 会 社 日 に は 専 任 教 員 の 授 業 が 開 講 さ れ て い な い 。 の 活 そ の ほ か 、 教 員 と し て 非 常 勤 講 師 も 置 か れ て い る が 、 こ れ は 特 定 の 曜 日 ・ 時 限 の 授 業 だ け を 担 当 す 生 学 る の で 、 個 人 研 究 室 を 持 っ て い な い 。 し た が っ て 、 非 常 勤 講 師 と 連 絡 を 取 り た い 時 に は 授 業 前 後 の 教 大 室 や 講 師 控 え 室 等 で 直 接 声 を か け な け れ ば な ら な い 。 座 講 最 近 で は 、 特 任 教 授 と 呼 ば れ る 教 員 を 置 く 大 学 も あ る が 、 特 任 教 授 は 専 任 の 教 授 と は 扱 い が 異 な り 、

中高生の勉強あるある、解決します。


1 8 嫌 い な 科 目 が あ る ! 勉 強 の 悩 み あ る あ る 思 い こ み の カ っ て 結 構 大 き い ん で す よ w ま ず 、 あ な た は な ん で そ の 科 目 が 嫌 い に な っ た ん で す か ? そ こ か ら 考 え て み ま し よ う ! 意 外 と 単 純 な 理 由 じ ゃ な い で す か ? じ ゃ あ 逆 に 、 単 純 な き っ か け で 「 好 き 」 に も な れ ま す よ ! 教 科 書 に 載 っ て な い 知 識 を 得 る こ と で 、 「 こ の 科 目 っ て 意 外 と 面 白 い ! 」 っ て 思 え る か も ! た と え ば 、 歴 史 だ と い ろ ん な 裏 話 が あ っ た り し ま す ね 。 理 科 で も 、 科 学 史 な ん か を 生 徒 に 話 す と 理 科 が 大 嫌 い な 子 も よ く 聞 い て く れ て ま す w 雑 学 的 な も の を 調 べ て 、 学 ぶ ん じ ゃ な く 「 楽 し む 」 と い う 感 覚 に な る っ て い い よ ね ! 3 勉 強 方 法 あ る あ る 嫌 い な 科 目 の テ ス ト で 、 何 が 何 で も 点 数 が 欲 し い と き は 、 難 し い 問 題 は 飛 ば し て も 結 構 で す ! ! そ の か わ り に 、 得 意 科 目 で 点 数 を 稼 い だ ほ う が 勉 強 の 波 に 乗 れ ま す ! ! 教 科 書 捨 て ち ゃ い ま し よ う ! ! 捨 て る と き に 、 少 し で も 後 ろ め た さ が 生 ま れ た ら 、 あ な た は そ の 科 目 の こ と が 本 当 の 意 味 で 「 嫌 い 」 で は な い で す よ w 学 校 ・ 塾 あ る あ る 兀 全 に 下 心 オ ン リ ー の 解 決 ネ タ ! ! w 異 性 の 先 生 に ほ め て も ら い た い か ら が ん ば る の も 1 つ の 手 で す よ ! ! ww こ う い う 解 決 ネ タ を 出 す 勉 強 本 っ て 、 た ぶ ん こ の 本 以 外 な い か も ね ww 心 の 悩 み あ る あ る ノ 日 常 生 活 あ る あ る ー 今 日 の ま と め ー 「 嫌 い 」 と い う 感 情 は 、 小 さ な 工 夫 で 「 意 外 と 面 白 い か も ? 」 く ら い に は す ぐ 変 え ら れ る ! ク ラ ス で 無 ロ な あ の 子 、 し ゃ べ る と 結 構 面 白 い ! み た い な ! 恋 の あ る あ る そ う い う 場 所 こ そ 、 面 白 い 話 が と び だ す w 高 3 ・ 女 )