検索 - みる会図書館

検索対象: 今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)から 322件ヒットしました。

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 BL い イ KS 朝 日 新 聞 科 学 グ レ ー フ 編 う ろ お ぼ え を 解 消 す る 102 項 目 00000 00000 00000 00000 0 0 0 0 0

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 う ろ お ぼ え を 解 消 す る 102 項 目 朝 日 新 聞 科 学 グ ル ー プ 編 ツ ノ ・ 一 。 ノ ン ク 第 プ ル ー / ヾ ッ ク ス

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


N. D. C. 404 317P 18cm ブ ル ー バ ッ ク ス B-1603 じ よ う し き い ま き 今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 う ろ お ぼ え を 解 消 す る 102 項 目 2008 年 6 月 20 日 第 1 刷 発 行 か が く 編 者 発 行 者 発 行 所 電 話 印 刷 所 あ さ ひ し ん ぶ ん か が く 朝 日 新 聞 科 学 グ ル ー プ 野 間 佐 和 子 株 式 会 社 講 談 社 〒 112-8001 東 京 都 文 京 区 音 羽 2-12-21 出 版 部 03-5395-3524 販 売 部 03-5395 ー 5817 業 務 部 03-5395 ー 3615 体 文 印 刷 ) 豊 国 印 刷 株 式 会 社 ( カ バ ー 表 紙 印 刷 ) 信 毎 書 籍 印 刷 株 式 会 社 本 文 デ ー タ 制 作 講 談 社 プ リ プ レ ス 管 理 部 製 本 所 有 限 会 社 中 澤 製 本 所 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 ⑥ The Asahi Shimbun Company 2 開 8 , Printed in J 叩 an 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 業 務 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 、 プ ル ー バ ッ ク ス 出 版 部 宛 に お 願 い い た し ま す 。 〈 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 複 写 を 希 望 さ れ る 場 合 は 、 日 本 複 写 権 セ ン タ ー ( 03-3401-2382 ) に ご 連 絡 く だ さ い 。 ISBN978 ー 4 ー 06 ー 257603 ー 1

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


旧 BN978-4-06-257603-1 C0243 ¥ 1000E ( 0 ) 定 価 . 本 体 1000 円 ( 税 別 ) 9784062576051 1920245010002 ビ ッ ト と バ イ ト の 違 い を 説 明 で き ま す か ? う ろ お ぼ え の 科 学 知 識 っ て 、 意 外 に 多 い も の 。 「 常 識 」 と 思 わ れ て い る 内 容 で あ れ ば あ る ほ ど 、 今 さ ら 人 に 聞 け な い も の で す 。 こ の 本 で は 、 「 自 分 で も は っ き り と 答 え ら れ な い 事 項 を 選 ん で 、 自 分 の 子 ど も に も わ か る よ う に 説 明 す る 」 と い う 方 針 の も と 、 科 学 技 術 取 材 の 第 一 線 で 働 く 記 者 た ち が 、 読 者 と 家 族 の た め に 書 い た 懇 切 丁 寧 な 解 説 が 満 載 で す 朝 日 新 聞 日 曜 版 「 緑 の be 」 の 好 評 連 載 、 待 望 の 新 書 化 ! リ サ イ ク ル 資 料 ( 再 活 用 図 書 ) 除 籍 済 0 0 0 0 0 0 0

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


い ち チ ェ ッ ク し て 目 指 す 答 え に た ど り つ く の は 、 海 に 落 と し た 針 を 探 す よ う な も の で す 。 も ち ろ ん 、 さ ら に キ 1 ワ 1 ド を 入 れ て 絞 り 込 ん で い け ば 、 作 業 は ず っ と 効 率 的 に で き ま す 。 た だ し 、 ど う い う キ ー ワ ー ド で 検 索 す る か 、 そ こ が 難 題 。 つ ま り 、 そ こ で も 正 し い 知 識 を も っ て い な い と は じ ま ら な い の で す 。 調 べ た い こ と に つ い て 書 か れ た サ イ ト に よ う や く 到 着 し て も 、 異 な る サ イ ト で ま る で 反 対 の こ と が 書 か れ た り し て い る こ と も あ り ま す 。 結 局 、 何 が 本 当 か よ く わ か ら な か っ た 、 と い う 経 験 の あ る 人 も 少 な く な い は す で す 。 さ て 、 こ の 本 は 、 朝 日 新 聞 の 日 曜 版 「 緑 の ー に 連 載 さ れ て い る 、 「 今 さ ら 聞 け な い ー を 一 冊 に ま と め た も の で す 。 今 さ ら 他 人 に 聞 く の は 恥 ず か し い 、 さ ま ざ ま な 科 学 分 野 の 知 識 を 一 か ら 学 び 直 す た め の 、 緑 の が 誇 る 名 物 コ ラ ム で す 。 担 当 す る の は 、 年 の 伝 統 に 支 え ら れ た 朝 日 新 聞 の 科 学 グ ル 1 プ 。 「 自 分 で も は っ き り と 答 え ら れ な い 事 項 を 選 ん で 、 奥 さ ん や 子 ど も さ ん に わ か る よ う に 説 明 し ろ 」 と い う の が 歴 代 編 集 長 の 方 針 で す 。 科 学 技 術 取 材 の 第 一 線 で 働 く 記 者 た ち が 、 自 己 再 教 育 の 思 い を 込 め て 、 読 者 は も ち ろ ん 、 愛 す る 家 族 の た め に も 書 い た 記 事 で す か ら 、 役 に 立 た な い わ け が あ り ま せ ん 。 こ の 本 で は 、 2005 年 か ら 2007 年 に 掲 載 さ れ た 記 事 の な か か ら 、 人 気 の 高 か っ た 102 項 目 を 集 め て 加 筆 修 正 し 、 ジ ャ ノ 、 ル 別 に 再 構 成 し て あ り ま す 。 最 初 か ら 順 番 に 読 ん で い た だ い て

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


ま え が き も 構 い ま せ ん し 、 気 に な っ た ペ ー ジ だ け を つ ま み 読 み し て い た だ い て も 構 い ま せ ん 。 今 さ ら 聞 け な い 科 学 の 常 識 を 、 こ の 本 で 、 ぜ ひ 身 に つ け て く だ さ い 朝 日 新 聞 科 学 グ ル ー プ 柏 原 精 一

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


日 々 の ニ ュ ー ス に は 、 科 学 用 語 が 溢 れ て い ま す 。 「 血 液 型 ー 「 乳 酸 菌 ー 「 蛍 光 灯 」 「 二 酸 化 炭 素 」 「 彗 星 ー な ど は 、 す べ て 科 学 用 語 と い え ま す 。 こ れ ら は 身 近 な 言 葉 で す し 、 何 を 指 す の か 理 解 さ れ て い る 方 が 多 い で し よ う 。 で す が 、 「 血 液 型 っ て 何 ? ー 「 乳 酸 菌 は な ん で 体 に い 、 し の ? 」 と 小 学 生 の 子 ど も さ ん か ら 尋 ね ら れ た と し て 、 正 確 に 説 明 す る こ と は で き る で し よ う か さ ら に 、 「 血 圧 は な ぜ 上 腕 部 で 測 る の か 」 「 白 金 と ホ ワ イ ト ゴ ー ル ド は 同 じ も の な の か 」 「 ビ ッ ト と バ イ ト は ど ん な 関 係 な の か ー 「 瞬 間 接 着 剤 は な ぜ く つ つ く の か 」 と い っ た 、 ち ょ っ と 複 雑 な 疑 問 と な る と 、 も う お 手 上 げ で す 。 身 近 な 科 学 で も 、 う ろ お ほ え の ま ま に な っ て い る 知 識 っ て 、 意 外 に 多 い も の 。 正 確 に 説 明 す る の は 難 し い で す し 、 か と い っ て 、 「 常 識 」 と 思 わ れ て い る 内 容 で あ れ ば あ る ほ ど 、 今 さ ら 人 に 聞 け な い も の で す 。 き が 「 イ ン タ 1 ネ ッ ト で 調 べ れ ば 簡 単 と い う 人 も い ら っ し や る で し よ う 。 し か し 、 た と え ば 「 血 液 え ま 型 ー と い う キ 1 ワ ー ド を 検 索 サ イ ト に 入 力 し て み る と 、 引 っ か か る サ イ ト は 二 千 数 百 万 件 。 い ち 亠 ま 、 ん か

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


こ の 本 は 、 朝 日 新 聞 「 緑 の 」 2005 年 3 月 日 52007 年 月 日 連 載 の 「 今 さ ら 聞 け な い 」 か ら 102 項 目 を 選 び 一 冊 に ま と め た も の で す 。 本 文 と 図 版 の 一 部 は 、 2 008 年 2 月 現 在 に 加 筆 修 正 し て い ま す 。 本 文 ・ 図 版 に 登 場 す る 人 物 の 肩 書 き や 組 織 名 な ど は 、 朝 日 新 聞 掲 載 時 の も の で す 。

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


発 刊 の こ と ば 科 学 を あ な た の ポ ケ ッ ト に 十 世 紀 最 大 の 特 色 は 、 そ れ が 科 学 時 代 で あ る と い う こ と で す 科 学 は 日 に 日 に 進 歩 を 続 け 、 止 ま る と こ ろ を 知 り ま せ ん ひ と 昔 前 の 夢 物 語 も ど ん ど ん 現 実 化 し て お り 、 今 や わ れ わ れ の 生 活 の す べ て が 、 科 学 に よ っ て ゆ り 動 か さ れ て い る と い っ て も 過 言 で は な い で し よ う そ の よ う な 背 景 を 考 え れ ば 、 学 者 や 学 生 は も ち ろ ん 、 産 業 人 も 、 セ ー ル ス マ ン も 、 ジ ャ ー ナ リ ス ト も 、 家 庭 の 主 婦 も 、 み ん な が 科 学 を 知 ら な け れ ば 、 時 代 の 流 れ に 逆 ら う こ と に な る で し よ う プ ル ー バ ッ ク ス 発 刊 の 意 義 と 必 然 性 は そ こ に あ り ま す こ の シ リ ー ズ は 、 読 む 人 に 科 学 的 に 物 を 考 え る 習 慣 と 、 科 学 的 に 物 を 見 る 目 を 養 っ て い た だ く こ と を 最 大 の 目 標 に し て い ま す そ の た め に は 、 単 に 原 理 や 法 則 の 解 説 に 終 始 す る の で は な く て 、 政 治 や 経 済 な ど 、 社 会 科 学 や 人 文 科 学 に も 関 連 さ せ て 、 広 い 視 野 か ら 間 題 を 追 究 し て い き ま す 科 学 は む ず か し い と い う 先 人 観 を 改 め る 表 現 と 構 成 そ れ も 類 書 に な い プ ル ー バ ッ ク ス の 特 色 で あ る と 信 じ ま す 九 六 三 年 九 月 野 間 省

今さら聞けない科学の常識―うろおぼえを解消する102項目 (ブルーバックス)


す 。 原 因 が よ く わ か っ て い な い 本 態 性 高 血 圧 と 、 ホ ル モ ン 異 常 な ど が 原 因 で 起 き る 2 次 性 高 血 圧 に 大 別 さ れ る 。 計 測 時 に は 正 常 で も そ の 他 の 時 間 に は 高 血 圧 に な っ て い る 「 仮 面 高 血 圧 」 や 、 逆 に 、 ふ だ ん は 正 常 な の に 医 師 の 前 で 緊 張 し て 上 が る こ と に よ る 「 白 衣 高 血 圧 」 な ど も あ っ て 、 そ の 判 定 は 意 外 に 難 し い 低 血 圧 も 、 頭 痛 や 立 ち く ら み 、 イ ラ イ ラ 感 な ど の 原 因 に な る と さ れ る 。 た だ し 、 こ ち ら に は 数 値 に よ る 明 確 な 基 準 が ま だ な い 。 「 血 圧 が 低 い 人 は 朝 こ 弓 、 。 し ー と よ く い わ れ る が 、 そ の 因 果 関 係 は 科 学 的 に は 証 明 さ れ て お ら ず 、 今 の と こ ろ は 俗 説 の 範 囲 を 出 な い 。 キ リ ン の よ う な 首 の 長 い 動 物 は 、 重 力 に 逆 ら っ て 血 液 を 押 し 上 げ る の で 大 変 だ 。 バ ロ サ ウ ル ス と い う 恐 竜 は 首 の 長 さ が 肥 メ ー ト ル あ り 、 頭 に 血 液 を 押 し 上 げ る の に 880 ミ リ 、 人 間 の ざ 識 常 っ と 7 倍 の 血 圧 が 必 要 な 計 算 に な る 。 英 医 学 誌 ラ ン セ ッ ト に 1992 年 に 出 た 論 文 の 著 者 は 、 こ の 恐 竜 が 心 臓 を 八 つ 持 っ て い た の で は な い か と 推 測 し て い る 。 血 圧 の 測 り 方 は 、 血 管 の 音 の 変 化 で 測 る 「 コ ロ ト コ フ 法 。 が 有 名 だ 。 腕 帯 で 圧 迫 し て 血 流 を 止 体 め る 。 締 め つ け を ゆ る め る と 、 血 流 が 再 開 す る と き に 聴 診 器 で ド ウ 、 ド ウ と い う 「 コ ロ ト コ フ 「 音 」 が 聞 こ え 出 す 。 こ の 時 が 最 高 血 圧 。 さ ら に ゆ る め 、 音 が 消 え る と こ ろ が 最 低 血 圧 だ 。 章 家 庭 用 血 圧 計 が 普 及 し て き た 。 業 界 大 手 の テ ル モ に よ る と 、 年 間 販 売 台 数 は 200 万 台 。 輪 に 第 腕 を 通 し て 測 る ア ー ム イ ン タ イ プ や 手 首 で 測 る も の も あ る 。 3