検索 - みる会図書館

検索対象: 傷ついた日本人へ

傷ついた日本人へから 180件ヒットしました。

傷ついた日本人へ


た と え ば 、 宇 宙 は ど う し て 生 ま れ た の か 、 意 識 と は ど の よ う な も の か 、 生 命 と は な に か 、 時 間 は ど の よ う に 流 れ て い る の か な ど 、 仏 教 と 科 学 に は 共 通 し た テ ー マ が と て も 多 い の で す 。 し か も 、 そ れ ら は 現 代 の 科 学 を も っ て し て も 、 解 き 明 か さ れ て は い ま せ ん 。 概 念 を 疑 っ た り 、 論 理 的 に 検 証 し た り 、 法 則 を 導 き 出 し た り す る 姿 勢 も 、 仏 教 と 科 学 は 驚 く ほ ど よ く 似 て い ま す 。 科 学 は そ れ を 数 式 や 実 験 で も っ て ア プ ロ ー チ し 、 わ れ わ れ 仏 教 は 精 神 や 修 行 で も っ て 説 く 。 用 い る 道 具 は 違 い ま す が 、 目 指 し て い る 方 向 は 同 じ な る の で す 。 定 実 際 、 私 は 二 十 五 年 ほ ど 前 か ら 、 科 学 者 の 方 々 と 定 期 的 に お 会 い し 、 情 報 交 換 を 続 け 生 て い ま す 。 私 に と っ て 最 先 端 の 科 学 の 話 を 聞 い た り 、 色 々 な 学 者 の 方 と 議 論 を 深 め た り の す る こ と は 非 常 に 刺 激 的 で 、 仏 教 の 教 え を 考 え る 上 で も 大 き な 手 が か り に な っ て い ま す 。 ・ 目 一 方 、 科 学 者 に と っ て も 、 仏 教 の 話 を 聞 く こ と は と て も 興 味 深 い と 聞 き ま し た 。 と い 一 う の も 科 学 の 世 界 で は 、 精 神 や 認 知 と い っ た 分 野 は ま だ 謎 の 多 い 領 域 で あ る そ う で す 。 と こ ろ が 私 た ち 仏 教 徒 は 、 何 百 年 も 前 か ら ず っ と こ の テ ー マ と 向 き 合 い 、 研 究 し て き ま

傷ついた日本人へ


こ れ は ま さ に 「 哲 学 」 と 同 じ 姿 勢 と い え る の で は な い で し よ う か 。 仏 教 の 教 え に は 論 理 性 と 普 遍 性 が あ り 、 仏 教 徒 で な い み な さ ん に 理 解 し て い た だ け る 部 分 が 多 い の も 、 こ れ が 理 由 な の で す 。 私 が 今 回 お 話 し す る 仏 教 の 教 え も 、 み な さ ん が よ り よ く 生 き る た め の 役 に 立 っ た り 、 人 生 を 豊 か に す る た め の 手 が か り に な っ た り し た ら と 願 っ て い ま す 。 仏 教 と 科 学 は 同 じ 夢 を 見 て い る 先 ほ ど お 話 し し た と お り 、 仏 教 は 「 科 学 」 に も 非 常 に 近 い 性 質 が あ り ま す 。 い ぶ か そ う 聞 く と 、 宗 教 と 科 学 は 相 反 す る も の で は な い か と 訝 る 方 も 多 い で し よ う 。 実 際 、 「 科 学 は 宗 教 を 壊 す か ら 近 づ か な い ほ う が い い 」 と 私 に 忠 告 し て き た 方 も い ま し た 。 し か し 私 は 決 し て そ う は 思 い ま せ ん 。 仏 教 も 科 学 も 、 こ の 世 界 の 真 理 に 少 し で も 迫 り た い 、 人 間 と は な に か を 知 り た い 、 そ う い っ た 共 通 の 目 標 を 持 っ て い ま す 。

傷ついた日本人へ


実 は 何 か と い う こ と を 考 え 続 け る こ と が 大 切 で す 。 も ち ろ ん 、 た く さ ん の 知 識 を 学 ん で 知 性 を 高 め 、 誤 解 や 思 い 込 み を 取 り 除 か な く て は ノ 正 し い 検 証 は で き ま せ ん 。 ま た 、 そ れ ま で 自 分 が 信 じ て き た 常 識 と 違 う 説 を 唱 え ら れ て も 、 そ れ を 一 度 は 受 け 入 れ て み る こ と が 大 切 で す 。 自 分 と 異 な る 意 見 を 持 っ 他 人 の 話 に も 、 ま ず は 素 直 に 耳 を 傾 け て み る の で す 。 実 際 、 科 学 的 な 見 解 と 仏 教 の 教 え が 異 な る こ と は し ば し ば あ り ま す 。 し か し 、 だ か ら と い っ て 宗 教 者 は 科 学 を 忌 避 し て は い け ま せ ん し 、 ま た 逆 に 科 学 者 も 科 学 が 最 も 正 し い と 盲 信 し て は い け ま せ ん 。 私 も 、 仏 教 の 旧 い 経 典 を 大 切 に す る の と 同 時 に 、 科 学 に あ る 現 代 的 で 公 平 な 視 点 を 持 つ よ う に も 気 を つ け て い ま す 。 そ し て 、 た と え 経 典 の 内 容 に 反 す る よ う な 科 学 的 見 解 で も 、 自 分 で 検 証 し た 結 果 、 一 切 の 矛 盾 が な く 正 し い と い う こ と が 実 感 で き れ ば 、 そ れ を 受 け 入 れ な く て は い け な い と 思 っ て い る の で す 。 そ れ を 拒 絶 す る よ う な こ と は 決 し て し

傷ついた日本人へ


で も 、 , 、 の 解 釈 に 従 う と 、 い わ ゆ る 『 意 識 』 と い う も の は 存 在 し て い な い こ と に な り ま す 。 脳 の シ ス テ ム は 大 変 複 雑 で す が 、 意 識 は ど こ に も 見 当 た ら な い 。 神 経 細 胞 の 内 部 は さ ら に た く さ ん の 分 子 で 構 成 さ れ て い ま す が 、 こ の 一 つ 一 つ を 取 り 出 し た と こ ろ で 、 ど こ に も 意 識 は 発 見 で き な い の で す 。 た し か に 二 十 世 紀 は 、 科 学 の カ で も っ て 脳 を 全 て 解 明 で き る と 思 っ て い ま し た 。 脳 の 分 子 の 動 き を コ ン ピ ュ ー タ で シ ミ ュ レ ー シ ョ ン す れ ば 、 意 思 や 感 情 と い っ た 問 題 も す べ て 理 解 で き る 、 そ う 信 じ ら れ て き た の で す 。 と こ ろ が 現 在 、 最 先 端 の 脳 科 学 を も っ て し て も 、 『 意 識 』 に つ い て 全 然 解 明 で き て い よ い 。 『 意 識 を 持 っ と は ど う い う こ と か 』 『 意 識 は 存 在 し て い る の か 』 、 こ れ を ど う 説 明 す る べ き か 、 ど う 調 べ て い い の か 、 見 当 す ら っ か な い 。 全 く の 無 力 な ん で す 。 科 学 的 な 見 地 、 科 学 者 の 立 場 で 一 一 一 一 口 え ば 、 も は や 意 識 は 『 存 在 し て は い け な い も の 』 な の で す 。 私 は 北 米 神 経 科 学 学 会 に 参 加 し て い ま す が 、 そ こ に い る 三 万 人 以 上 の 脳 科 学 者 も 、 み 130

傷ついた日本人へ


始 ま り も 終 わ り も な く 、 常 に 存 在 し 引 き 継 が れ る も の な の で す 。 瞑 想 の 効 果 で 脳 細 胞 が 変 わ る も ち ろ ん 、 科 学 者 が 科 学 的 な ア プ ロ ー チ で も っ て 意 識 を 考 え る の は 当 然 で す 。 で も そ の れ が 絶 対 に 真 理 だ と も 一 言 え な い 。 私 た ち 仏 教 徒 は 、 自 分 の 心 と 対 話 し た り 、 人 の 経 験 を 分 析 し た り 、 論 理 的 な 思 考 法 を 積 み 上 げ た り 、 仏 教 の 経 典 と 照 ら し あ わ せ た り し な が ら 、 ~ 仏 教 と い う 自 分 た ち の 方 法 で 、 科 学 者 の み な さ ん と 共 に 真 理 に 迫 り た い と 思 っ て い ま す 。 れ こ れ は 決 し て ど ち ら が 正 し い 、 ど ち ら が 優 れ て い る と い う 問 題 で は あ り ま せ ん 。 む し で ろ 異 な る ア プ ロ ー チ を 重 ね あ わ せ て 、 ひ と つ の 真 理 を 追 究 し て い く べ き で す 。 数 私 自 身 、 科 学 に は 大 変 興 味 が あ り 、 積 極 的 に 科 学 者 の 方 々 と 意 見 を 交 わ す 機 会 を 設 け 六 て い ま す 。 過 去 二 十 五 年 間 に わ た っ て 欧 米 を 始 め イ ン ド や ア ジ ア な ど 世 界 中 の 科 学 者 た 5 ち に お 会 い し 、 情 報 交 換 し た り 、 最 先 端 の 科 学 の 解 説 を 受 け た り し て き ま し た 。

傷ついた日本人へ


こ の 分 野 に 関 し て は 、 た と え 最 先 端 の 科 学 で も 、 私 た ち ほ ど 追 究 や 解 明 が で き て い な い の で は な い で し よ う か 。 科 学 者 よ り も 仏 教 の 学 者 の ほ う が 、 教 え ら れ る こ と 、 知 っ て い る こ と が 多 い か も し れ ま せ ん 。 実 際 に 一 部 の 科 学 者 た ち は 、 仏 教 の こ と を 「 心 の 科 学 」 と 呼 ん で い ま す 。 の 脳 科 学 者 た ち も 意 識 が 何 か わ か ら な い 脳 科 学 者 の 茂 木 健 一 郎 さ ん か ら も 、 こ の よ う な 質 問 を い た だ き ま し た 。 れ 「 実 は わ れ わ れ 脳 科 学 者 は と て も 大 き な 問 題 を 抱 え て い ま す 。 そ れ は 『 意 識 』 の 問 題 で で す 。 科 学 者 は こ れ を 全 然 解 明 で き て い な い ん で す 。 数 た と え ば 、 私 た ち は い ま 光 を 感 じ た り 、 音 を 感 じ た り 、 あ る い は 体 の だ る さ や 疲 れ を 六 感 じ た り し て い ま す 。 こ の 現 象 を 科 学 的 に 解 釈 す る と 、 脳 内 に あ る 約 百 億 個 の 神 経 細 胞 や ニ ュ ー ロ ン が 外 部 刺 激 に 反 応 し て い る 、 と い う こ と に な る で し よ う 。 129

傷ついた日本人へ


そ れ で は 、 死 後 に 意 識 は ど う な る の か 。 科 学 的 な 見 解 は 、 人 の 生 命 活 動 が 終 わ っ た 後 、 意 識 も 失 わ れ る と い う も の で し よ う 。 で も そ れ は あ く ま で 、 意 識 は 脳 細 胞 の は た ら き に 過 ぎ な い と い う 仮 定 の 上 で の 話 で す 。 実 際 、 そ の と き の 意 識 の あ り よ う は 、 死 者 以 外 誰 も 把 握 で き ま せ ん 。 科 学 も ま だ 意 識 を 解 明 で き て い な い 。 私 た ち は 、 ど の よ う な 可 能 性 も 排 除 せ ず 、 様 々 な 現 象 を 分 析 し な う が ら 論 理 的 に 検 証 し な く て は い け な い の で す 。 た と え ば 、 医 者 か ら す れ ば 非 科 学 的 だ と 言 わ れ そ う な 次 の 事 例 も 、 私 は と て も 興 味 深 く 捉 え て い ま す 。 少 し 前 に あ る チ ベ ッ ト 人 の 僧 侶 が 、 ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド の 病 院 で 亡 く な り ま し た 。 心 臓 で は 完 全 に 停 止 し 、 脳 波 の 反 応 も な く 、 病 院 で は 完 全 に 死 ん で い る と 診 断 さ れ ま し た 。 と こ ろ が 体 温 が い つ ま で も 下 が ら ず 、 病 院 か ら 搬 送 す る こ と が で き な か っ た 。 さ ら に 数 日 六 後 に は 保 管 し て い た 死 体 の 手 が 動 き 、 自 然 と 手 を 組 ん で い た 。 結 局 体 温 は 二 週 間 も 下 が 3 ら な い ま ま で 、 医 師 た ち は 非 常 に 驚 い た そ う で す 。

傷ついた日本人へ


こ の 事 例 は 、 死 ん で も な お 意 識 が 残 る 可 能 性 が あ る こ と を 示 し て い る の で は な い か と 思 い ま す 。 た と え 臨 床 的 に は 死 亡 の 判 断 が 出 て い た と し て も 、 そ れ は 現 在 の 医 学 が 線 引 き し た 便 宜 上 の 死 に す ぎ ま せ ん 。 医 学 的 に 死 亡 が 宣 告 さ れ て も 、 意 識 が 消 失 し た こ と に は な ら な い の で す 。 逆 に 仏 教 で は 、 死 後 も 意 識 は 消 失 せ ず 、 他 の 生 命 の 意 識 と し て 生 ま れ 変 わ る も の と 考 え て い ま す 。 こ れ を 仏 教 で は 「 輪 廻 ー と 呼 び ま す 。 死 後 の 肉 体 は 分 解 さ れ て 別 の 物 質 と な り 、 新 た な 命 の 素 と な り ま す 。 こ れ と 同 じ よ う に 意 識 も 、 新 た な 生 命 に 乗 り 替 え る と 考 え る の で す 。 輪 廻 が 運 ん で い る も の は 「 意 識 」 や 「 認 識 」 な の で す が 、 私 た ち が 日 頃 感 じ て い る 意 識 は た だ の 「 そ う 思 わ れ る も の 」 で あ り 、 輪 廻 に よ っ て 運 ば れ る も の と は 違 い ま す 。 も っ と 究 極 的 な レ ベ ル に お け る 意 識 の あ り よ う な の で す 。 意 識 は こ う し て 前 世 か ら 現 世 へ 、 そ し て 現 世 か ら 来 世 へ 、 連 続 し て 持 続 し て い く と 考 え ら れ て い ま す 。 意 識 は 何 か か ら 生 み 出 さ れ た わ け で も 、 突 然 消 失 す る わ け で も な く 、 ノ 34

傷ついた日本人へ


た よ う に 思 い ま す 。 計 算 や 数 式 に よ っ て 全 て が 説 明 で き 、 数 理 学 的 な ア プ ロ 1 チ で 全 て か た く が 解 明 さ れ る 、 一 部 の 人 は そ う 頑 な に 信 じ て い ま し た 。 し か し 、 こ れ ほ ど 科 学 が 進 歩 し た 今 で も 、 解 明 で き な い こ と が ま だ た く さ ん あ り ま す 。 最 先 端 の 技 術 や 知 識 を も っ て し て も 、 発 見 で き な い 現 象 や 説 明 で き な い 現 象 が 山 の よ う に あ る の で す 。 と り わ け 精 神 や 感 情 と い う 分 野 に お い て 、 科 学 的 な 研 究 は あ ま り 進 ん で い ま せ ん 。 科 学 は 、 眼 に 見 え な い も の や 数 字 に 置 き 換 え ら れ な い も の に つ い て 、 な か な か ア プ ロ ー チ し づ ら く 、 研 究 対 象 と し て 扱 い づ ら か っ た の で し よ う 。 一 方 で 、 私 た ち 仏 教 徒 は は る か 昔 よ り 、 精 神 の は た ら き や 意 識 の あ り よ う を 考 え て き ま し た 。 た く さ ん の 人 間 が こ れ を 研 究 し 、 議 論 し 、 実 践 し 、 少 し で も 真 理 に 近 づ こ う と 多 く の 時 間 が 費 や さ れ ま し た 。 数 多 く の 経 典 や テ キ ス ト が 書 か れ 、 仏 教 徒 た ち が こ れ を 日 々 勉 強 し て い ま す 。 こ れ ま で お 話 し し て き た 空 の 本 質 や 精 神 を 高 め る 方 法 も 、 こ う し た プ ロ セ ス の 末 に あ み だ さ れ た も の で す 。 128

傷ついた日本人へ


実 際 、 科 学 者 の 方 々 が 持 っ て い る 知 識 や 情 報 、 実 験 や 発 見 と い う も の は 、 仏 教 徒 で あ る 私 に と 0 て も 大 変 興 味 深 い も の で す 。 特 に 物 理 学 的 な 分 野 や 生 物 学 的 な 分 野 の 中 に は 、 わ れ わ れ が ア プ ロ ー チ で き な い 事 実 が 多 く あ り ま す 。 進 歩 や 発 達 も 早 く 、 新 し い 発 見 が 多 い の で と て も 楽 し み に し て い ま す 。 一 方 で 、 最 近 で は 科 学 者 の 中 に も 、 仏 教 に 興 味 を 抱 く 方 が 増 え て き ま し た 。 み な さ ん は 、 仏 教 が 精 神 や 感 情 を ど の よ う に 解 釈 し て い る か 、 熱 心 に 尋 ね て こ ら れ ま す 。 こ の 背 景 に は 、 精 神 や 感 情 と い っ た 分 野 に も 科 学 の 光 が 当 て ら れ る よ う に な り 、 多 く の 科 学 者 が 注 目 を 寄 せ る よ う に な っ た こ と が あ り ま す 。 ま た 、 仏 教 の 力 を 、 科 学 に よ っ て 裏 付 け る 研 究 も 行 わ れ て い ま す 。 一 人 の 人 間 と し て た と え ば 、 瞑 想 や 修 行 の 有 効 性 の 研 究 で す 。 宗 教 と 全 く 関 係 な く 、 瞑 想 や 修 行 を し て も 、 そ の 後 に 注 意 力 や 集 中 力 の テ ス ト を す る と 、 結 果 が 大 き く 伸 び た の だ そ う で す 。 ア メ リ カ の 大 学 で は 、 実 際 に こ れ を 授 業 に 取 り い れ 、 学 生 に ど の よ う な 変 化 が 生 じ た