検索 - みる会図書館

検索対象: 大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法から 292件ヒットしました。

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


で き る の で あ る 。 こ の よ う な 組 織 構 造 を 「 講 座 制 」 と 呼 び 、 学 部 組 織 ( 特 に 、 医 学 部 ) で は 、 顕 著 に み ら れ る 。 こ れ に 対 し て 、 「 学 科 目 制 」 と 呼 ば れ る 制 度 が あ る 。 こ れ は 、 「 教 育 上 、 必 要 な 学 科 目 を 定 め 、 そ の 教 育 研 究 に 必 要 な 教 員 を 置 く 」 制 度 で あ る 。 学 科 目 制 で は 、 学 科 に 必 要 な 学 科 目 や 専 門 分 野 を カ バ 1 す る よ う に 教 授 、 准 教 授 等 が 配 置 さ れ る た め 、 教 授 と 准 教 授 の 担 当 科 目 や 専 門 分 野 が む し ろ 重 複 し な い よ う に 人 事 が 行 わ れ る 。 例 え ば 、 筆 者 は 教 育 学 科 の 社 会 教 育 学 担 当 教 員 と し て 採 用 さ れ て い る が 、 同 じ 社 会 教 育 学 を 担 当 す る 准 教 授 は お ら ず 、 ま た 、 教 育 哲 学 や 教 育 行 政 学 を 担 当 す る 准 教 授 の 上 に は 教 授 が 配 置 さ れ て い な い 。 学 科 全 体 で 必 要 な 科 目 が 担 当 で き る よ う な 人 員 配 置 に な っ て い る か ら で あ る 。 ま た 、 教 授 か ら な る 教 授 会 が 置 か れ 、 大 学 の 運 営 に 関 わ る 重 要 な 事 項 を 審 議 す る も の と さ れ て い る 。 識 常 教 授 会 の メ ン ノ ヾ ー に は 准 教 授 や そ の 他 教 員 を 加 え る こ と が で き る 。 普 通 、 定 例 教 授 会 が 開 催 さ れ る 曜 会 社 日 に は 専 任 教 員 の 授 業 が 開 講 さ れ て い な い 。 の 活 そ の ほ か 、 教 員 と し て 非 常 勤 講 師 も 置 か れ て い る が 、 こ れ は 特 定 の 曜 日 ・ 時 限 の 授 業 だ け を 担 当 す 生 学 る の で 、 個 人 研 究 室 を 持 っ て い な い 。 し た が っ て 、 非 常 勤 講 師 と 連 絡 を 取 り た い 時 に は 授 業 前 後 の 教 大 室 や 講 師 控 え 室 等 で 直 接 声 を か け な け れ ば な ら な い 。 座 講 最 近 で は 、 特 任 教 授 と 呼 ば れ る 教 員 を 置 く 大 学 も あ る が 、 特 任 教 授 は 専 任 の 教 授 と は 扱 い が 異 な り 、

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


要 素 は ど れ が 欠 け て も 常 識 に は な り え な い 。 「 知 識 」 だ け を 蓄 え て も そ れ は 単 に 知 識 量 が 多 い だ け に す ぎ な い 。 時 代 に 左 右 さ れ な い 普 遍 的 な 価 値 観 、 人 と し て の 倫 理 観 を も っ た 「 良 識 」 が あ っ て こ そ 「 知 識 」 は 活 か さ れ る の で あ る 。 そ の 上 で 、 時 代 や 地 理 的 条 件 に よ っ て 左 右 さ れ る 価 値 観 に 主 体 的 に 対 応 す る た め の 「 見 識 」 が 備 わ っ て 、 は じ め て 「 常 識 」 が 生 ま れ る の で あ る 。 ま た 、 い く ら 「 見 識 」 や 「 良 識 」 が あ っ て も 「 知 識 」 が 不 足 し て い て は さ ま ざ ま な 場 面 で 常 識 を 疑 わ れ る こ と に な る 。 す で に 指 摘 し た よ う に 、 ゆ と り 教 育 に よ る 学 習 時 間 の 低 下 は 、 「 量 」 と し て の 知 識 を 減 ら し て き た こ と が 懸 念 さ れ る 。 そ の 弊 害 が 今 述 べ た よ う な 、 知 識 不 足 、 も し く は 、 知 識 の 欠 如 に 由 来 す る 「 非 常 識 」 な の で あ る 。 大 学 生 は 常 識 の た め の 最 低 限 の 「 基 礎 知 識 」 を 獲 得 し て い く と と も に 、 高 い 社 会 倫 理 性 を も っ た 社 会 人 に な る た め の 、 「 良 識 」 を 身 に 付 け な け れ ば な ら な い 。 そ し て 、 グ ロ 1 バ ル 社 会 か の 到 来 し た 今 日 だ か ら こ そ 、 世 界 に 通 用 す る 普 遍 的 な 価 値 観 と し て の 「 良 識 」 と 世 界 に よ っ て 異 な る 価 値 観 と し て の 「 見 識 」 と を 磨 い て お か な け れ ば な ら な い だ ろ う 。 識 常 会 社 グ ロ ロ プ 引 用 ・ 参 考 文 献 Aristotle 『 ペ リ ・ プ シ ュ ケ ー ス 』 〔 邦 訳 〕 ( 一 九 六 八 ) 山 本 光 雄 訳 「 霊 魂 論 ・ 自 然 科 学 小 論 ・ 気 息 に つ い て 」 『 ア リ ス ト テ レ ス 全 集 6 』 岩 波 書 店 岡 部 恒 治 ・ 戸 瀬 信 之 ・ 西 村 和 雄 ( 一 九 九 九 ) 『 分 数 が で き な い 大 学 生 ー ー ー 一 一 一 世 紀 の 日 本 が 危 な い 』 東 洋 経 済 新

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


や わ ら か ア カ デ ミ ズ ム ・ く わ か る > シ リ ー ズ よ く わ か る 学 び の 技 法 〔 第 2 版 〕 田 中 京 子 編 B5 判 180 頁 本 体 2200 円 新 入 生 向 け に 「 読 む ・ 聞 く ・ 書 く ・ レ ポ ー ト す る 」 の 学 ぶ 技 法 を 、 パ ソ コ ン を 使 っ た 実 践 を ふ く め て わ か り や す く 解 説 す る 。 各 項 目 が 見 開 き で 解 説 さ れ て お り 、 学 生 は も ち ろ ん 、 教 育 者 、 社 会 人 に も 役 立 つ 書 。 や わ ら か ア カ デ ミ ズ ム ・ く わ か る 〉 シ リ ー ズ よ く わ か る 卒 論 の 書 き 方 白 井 利 明 ・ 高 橋 一 郎 著 B5 判 224 頁 本 体 2500 円 卒 論 を 書 き 進 め て い く 上 で 必 要 な 研 究 ・ 執 筆 に 関 す る 知 識 や 方 法 を 、 体 系 的 か っ 具 体 的 に 解 説 す る 。 巻 末 に 文 例 も 収 録 し た 充 実 の 一 冊 。 社 会 科 学 系 の た め の 英 語 研 究 論 文 の 書 き 方 石 井 ク ン ツ 昌 子 著 A5 判 356 頁 本 体 3200 円 ・ 執 筆 か ら 発 表 ・ 投 稿 ま で の 基 礎 知 識 英 語 論 文 の 構 成 と 執 筆 の 仕 方 、 発 表 、 学 会 誌 へ の 投 稿 の 方 法 な ど 、 わ か り や す く 説 明 す る 。 巻 末 資 料 に は 英 語 研 究 論 文 執 筆 と 発 表 に 関 連 す る 豊 富 な 情 報 を 収 録 。 社 会 科 学 系 す べ て に 対 応 し た テ キ ス ト 。 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン カ 児 島 建 次 郎 編 著 山 田 匡 一 / 寺 西 裕 一 / 都 筑 由 美 共 著 A5 判 304 頁 本 体 2600 円 ・ 豊 か に 生 き る た め の 知 的 技 法 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 を 高 め る に は 、 「 私 」 と い う 自 己 意 識 を 高 く 持 ち 、 自 分 が 伝 え た い も の は 何 か を 考 え る こ と が 大 事 で あ る 。 本 書 は 単 な る 会 話 の 技 術 だ け に と ど ま ら ず 、 よ り 豊 か な 人 生 を 送 る た め の 方 法 が 満 載 の 必 読 書 で あ る 。 ミ ネ ル ヴ ァ 書 房 http://www.minervashobo. CO. jp/

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


修 す れ ば 、 学 習 負 担 が 大 き く な り 、 そ れ だ け 良 い 成 績 を 維 持 す る こ と が 困 難 に な る か ら で あ る 。 ま た 、 素 点 の 平 均 点 と の 得 点 が 逆 転 す る 例 が あ る 。 た と え ば 、 << 君 は 六 科 目 の 得 点 が 七 八 点 ・ 八 九 点 ・ 七 五 点 ・ 九 八 点 ・ 一 〇 〇 点 ・ 八 八 点 だ と す る と 、 平 均 点 は 八 八 点 で 、 は 三 ・ 〇 に な る 。 一 方 、 君 の 六 科 目 の 得 点 が 八 〇 点 ・ 九 〇 点 ・ 七 〇 点 ・ 九 〇 点 ・ 九 〇 点 ・ 八 四 点 だ と す る と 、 平 均 点 八 四 点 、 < 三 ・ 三 に な る 。 平 均 得 点 は << 君 の 方 が 君 よ り も 四 点 高 い に も か か わ ら ず 、 は 〇 ・ 三 低 く な っ て し ま う の で あ る 。 こ こ に も 制 度 の 問 題 点 が あ る 。 ま た 、 学 生 と し て は 、 に こ だ わ っ て し ま う と 、 少 し 興 味 が あ る 科 目 や 苦 手 意 識 を 感 じ る 科 目 に は あ え て 挑 戦 し な く な り 、 必 修 科 目 等 に 絞 り 込 ん で 、 自 由 な 学 び に プ レ ー キ を 掛 け て し ま う こ と に な り か ね な い 。 そ の 意 味 で 、 制 度 は む し ろ 弊 害 を 有 す る と い え る 。 識 常 ( 3 ) ゼ ミ 等 に 参 加 す る た め の 社 会 常 識 会 社 ゼ ミ ( 演 習 ) と い っ て も 、 自 然 科 学 系 で は 研 究 室 に 入 っ て 卒 業 研 究 や 輪 講 を 履 修 す る 場 合 も 含 ま れ の し く つ か の 方 法 が あ る 。 ま ず 、 担 当 教 員 が 面 接 を 行 っ た 上 で 受 講 活 る 。 こ れ ら ゼ ミ 等 に 参 加 す る に は 、 ) 大 学 生 を 選 考 す る 方 法 が あ る 。 社 会 科 学 系 や 自 然 科 学 系 に 多 い タ イ プ で あ る 。 こ の 場 合 、 希 望 教 員 ゼ ミ の 選 考 に 漏 れ る と 、 不 本 意 な ゼ ミ に 配 当 さ れ る こ と に な っ て し ま う の で 、 ゼ ミ 配 当 の 前 学 年 か ら 希 望 座 講 ゼ ミ に つ い て 十 分 把 握 し 、 ま た 、 そ の 専 門 領 域 に つ い て 勉 強 し て お く 必 要 が あ る 。

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


あ と が き 〇 一 一 年 度 か ら 単 位 化 す る 予 定 で あ る ( 読 売 新 聞 、 二 〇 〇 九 年 一 一 月 二 二 日 ) 。 京 都 大 学 以 外 に も 、 大 学 生 の 不 祥 事 や マ ナ ー の 悪 さ に 対 応 す べ く 、 立 命 館 大 学 ・ 関 西 大 学 ・ 東 京 女 子 体 育 大 学 ・ 国 際 基 督 教 大 学 等 の 全 国 の 大 学 で 、 こ う し た 「 社 会 常 識 」 講 座 を 基 礎 演 習 や 初 年 次 教 育 の 課 程 で 学 生 に 「 社 会 常 識 」 を 教 え て い く 動 き が み ら れ る ( 読 売 新 聞 、 二 〇 〇 九 年 一 一 月 二 二 日 ) 。 そ こ で 、 私 た ち は 、 大 学 生 の た め の 「 社 会 常 識 」 を 体 系 的 、 か っ 、 実 践 的 な 「 社 会 常 識 」 講 座 と し て 提 供 し て い く こ と に よ っ て 、 「 社 会 常 識 」 を 身 に 付 け た 健 全 な 大 学 生 を 育 て て い く 一 助 と し て 、 本 書 を 企 画 し た 。 本 書 の 執 筆 者 に は 、 社 会 生 活 と の 接 点 の あ る 研 究 者 、 社 会 人 の 方 を 起 用 し 、 身 近 な 視 点 か ら の 「 社 会 常 識 」 に つ い て 大 学 生 に わ か り や す く 教 授 で き る 方 に 参 加 し て い た だ い た 。 こ こ に 、 こ れ か ら の 方 々 の ご 協 力 に 対 し て 、 感 謝 申 し 上 げ た い 。 さ ら に 、 本 書 巻 末 の 資 料 編 に お け る 資 料 の 収 集 ・ 整 理 を 手 伝 っ て く れ た 、 木 下 征 彦 氏 ( 日 本 大 学 文 理 学 部 、 千 葉 大 学 法 経 学 部 非 常 勤 講 師 、 千 葉 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 特 別 研 究 員 ) に 、 御 礼 を 申 し 上 げ た い 。 ま た 、 本 書 の 企 画 に 賛 同 し 、 刊 行 に 快 諾 を い た だ い た 、 ミ ネ ル ヴ ァ 書 房 の 杉 田 啓 三 社 長 、 並 び に 、 編 集 者 と し て さ ま ざ ま な 作 業 を テ キ パ キ と し て こ な し て く れ た 、 東 寿 浩 氏 に あ ら た め て 感 謝 の 意 を 表 し て お き た い 。 二 〇 一 一 年 三 月 一 日 松 野 弘 267

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


◎ 酒 に 酔 っ て 公 衆 に 迷 惑 を か け る 行 為 の 防 止 等 に 関 す る 法 律 第 四 条 酩 酊 者 が 、 公 共 の 場 所 又 は 乗 物 に お い て 、 公 衆 に 迷 惑 を か け る よ う な 著 し く 粗 野 又 は 乱 暴 な 一 言 動 を し た と き は 、 拘 留 又 は 科 料 に 処 す る 。 ◎ 未 成 年 者 飲 酒 禁 止 法 第 一 条 満 二 十 年 ニ 至 ラ サ ル 者 ハ 酒 類 ヲ 飲 用 ス ル コ ト ヲ 得 ス 大 学 生 に な っ た お 酒 ぐ ら い よ い で は な い か と い う 意 識 が あ る か も 知 れ な い が 、 未 成 年 者 の 飲 酒 は 法 的 に は 禁 じ ら れ て い る こ と を 改 め て 認 識 し て お き た い 。 ( 5 ) 先 生 に 接 す る た め の 社 会 常 識 「 講 座 制 」 と 大 学 教 員 に は 教 授 、 准 教 授 、 専 任 講 師 ( 非 常 勤 講 師 と い う 職 種 も あ る ) 、 助 教 、 助 手 な 「 学 科 目 制 」 ど の 職 種 が あ る 。 こ れ ら の 職 種 は 階 層 性 を と っ て い る が 、 人 文 ・ 社 会 科 学 系 と 自 然 科 学 系 と で は そ の 扱 い が 異 な る 。 自 然 科 学 系 の 場 合 、 特 定 の 専 門 分 野 を 専 攻 す る 教 授 の 下 に 、 同 じ 分 野 を 専 攻 す る 准 教 授 や 専 任 講 師 、 助 教 、 助 手 な ど が 置 か れ 、 会 社 組 織 の 上 司 と 部 下 の よ う な 関 係 に な っ て い る 。 つ ま り 、 教 授 ( 部 長 ) の 下 に 准 教 授 ( 課 長 ) が 配 さ れ 、 課 長 の 下 に 専 任 講 師 ( 係 長 ) が 置 か れ る よ う な 組 織 を と る 例 が 多 い 。 上 司 で あ る 教 授 は さ ま ざ ま な 権 限 を も っ て お り 、 准 教 授 以 下 に 命 令

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


え て み る 。 つ ま り 、 「 社 会 生 活 の 営 ま れ て い る と こ ろ で は 、 必 ず そ の 社 会 の 約 束 ご と が あ る ー と い っ た 意 味 で 理 解 し て み よ う 。 わ れ わ れ は 、 日 常 生 活 を 送 る 上 で 、 い つ も 法 律 を 念 頭 に お い て 行 動 し て い る わ け で は な い 。 法 律 を 知 ら な く て も 、 他 人 を 傷 つ け た り 、 借 り た 金 を 返 さ な い こ と が 悪 い こ と だ と い う こ と を 知 っ て い る 。 「 他 人 を 傷 つ け て は い け な い 」 、 「 借 り た 金 は 返 さ な け れ ば な ら な い 」 、 「 人 を だ ま し て は い サ よ ) と 思 う の は 、 ま ず も っ て 道 徳 的 し つ け に よ る も の で あ っ た り 、 社 会 的 常 識 で あ っ た り 、 人 間 と し て の 信 用 に か か わ る と い う こ と を 知 っ て い る か ら で あ る 。 社 会 の 秩 序 は 、 多 く の 場 合 、 法 律 以 前 の さ ま ざ ま な 約 束 ご と ( 例 え ば 、 道 徳 、 倫 理 、 宗 教 、 習 俗 、 慣 行 な ど ) に よ っ て 保 た れ て い る 。 こ れ に 反 す る 行 為 を 行 っ た 場 合 、 信 頼 関 係 を 失 っ た り 、 非 難 の 眼 を 向 け ら れ た り 、 何 ら か の 不 利 益 を 被 っ た り す る 場 合 が あ る 。 こ の よ う に 、 わ れ わ れ が 日 常 生 活 の 上 で の 行 動 を 律 す る も の を ″ 規 範 〃 と い う 。 学 校 や 会 社 、 サ 1 ク ル な ど の い わ ゆ る 「 部 分 社 会 」 の 内 部 に も 学 則 ・ 校 則 、 就 業 規 則 、 会 則 な ど の よ う な 、 そ の 構 成 メ ン バ ー を 実 際 に 規 律 し て い る 規 範 ・ ル 1 ル が あ る ( こ れ を 「 生 け る 法 。 と 呼 ぶ こ と も あ る ) 。 例 え ば 、 大 学 の 試 験 で カ ン ニ ン グ と い っ た 不 正 行 為 を す れ ば 、 何 科 目 を 無 効 と す る と い っ た 大 学 独 自 の 決 ま り ・ 懲 戒 規 定 を お い た り 、 企 業 で は 就 業 規 則 違 反 の 場 合 の 懲 戒 規 定 な ど を 策 定 し て い る の で あ る 。 「 社 会 あ る と こ ろ に 法 あ り 」 は 、 ま ず 、 こ の よ う な 人 間 関 係 を 枠 づ け る 規 範 ・ ル ー ル の 問 題 と し て 理 解 す る こ と が で き る 。 こ の よ う な 「 法 」 は 、 「 国 家 が 作 る 法 」 、 「 国 家 あ る と こ ろ に 法 202

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


「 知 の 質 」 が 必 要 と な る 。 そ の 一 つ が 「 良 識 」 で あ る 。 先 に 知 識 の 価 値 は 相 対 的 で あ る と 述 べ た が 、 数 多 く の 知 識 の 中 に は 、 倫 理 や 道 徳 観 な ど の よ う に 普 遍 的 で 社 会 的 な 価 値 を も つ も の も あ る 。 こ の よ う な 知 識 が 「 良 識 」 で あ り 、 社 会 常 識 の 倫 理 的 価 値 と な る 知 識 な の で あ る 。 「 良 識 」 を 身 に 付 け る た め に は 、 一 つ ひ と つ の 知 識 を 正 し く 「 理 解 す る 」 能 力 が 求 め ら れ る 。 の 〇 こ の よ う に 、 「 常 識 」 を 身 に 付 け る た め に は 「 知 の 量 」 と 「 知 の 質 」 の 両 方 が 必 要 で あ る が 、 さ ら る に 必 要 な こ と は 、 こ の 両 者 を 有 機 的 に 連 関 さ せ る こ と で あ る 。 な ぜ な ら ば 、 「 良 識 」 だ け で は 「 質 の 付 良 い 知 識 」 に す ぎ な い か ら で あ る 。 知 識 の 量 を 蓄 え 、 そ の 中 か ら 倫 理 や 道 徳 観 の よ う な 「 良 識 」 を 認 身 を 識 す る こ と は 重 要 だ が 、 さ ら に そ れ を 実 社 会 に 「 応 用 」 し て こ そ 、 は じ め て 「 常 識 」 を 身 に 付 け た と 識 い え る の で あ る 。 知 識 の 価 値 は 本 質 的 に は 相 対 的 な も の で あ る た め に 、 そ の 時 々 や 場 所 、 あ る い は 、 常 会 社 求 め ら れ て い る 状 況 に 応 じ て 必 要 な 知 識 を 使 う 必 要 が あ る 。 そ の た め に は 、 物 事 の 本 質 に 関 し て 、 の 「 社 会 正 義 」 (social Justice) に 基 づ く 、 「 公 平 」 (Fair) な 見 方 を す る こ と が 必 要 と な っ て く る 。 こ の よ う な 判 断 力 が 「 見 識 」 で あ る 。 倫 理 観 や 道 徳 観 な ど 、 時 代 や 国 の 違 い を 超 え た 普 遍 的 な 価 値 観 を も 生 学 っ 知 識 も あ れ ば 、 マ ナ ー や モ ラ ル の よ う に 一 見 す る と 普 遍 的 に み え る け れ ど も 、 実 際 に は 時 代 や 国 、 あ る い は 、 民 族 や 宗 教 に よ っ て 価 値 観 が 異 な る 社 会 慣 習 と し て の 知 識 も あ る 。 こ の よ う な 知 識 を 見 極 グ ロ め る 力 が 「 見 識 」 で あ り 、 社 会 常 識 に 対 す る 批 判 的 ・ 創 造 的 な 理 性 と な る の で あ る 。 さ ら に 、 「 見 識 」 工 は 個 人 の 主 観 に 負 う と こ ろ が 大 き い た め に 、 「 知 識 」 や 「 良 識 」 と は 異 な り 、 「 応 用 す る 力 」 が 必 要 と ち こ

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


( 3 ) 社 会 常 識 に お け る 「 良 識 」 つ ま り 、 社 会 常 識 を 身 に 付 け 「 知 識 」 は 社 会 常 識 の た め の 必 要 条 件 で あ る が 、 十 分 条 件 で は な い 。 る た め に 「 知 識 」 は 必 要 で は あ る が 、 単 に 知 識 だ け を 高 め る だ け で は 常 識 に は な ら な い の で あ る 。 そ こ で 、 知 識 を 基 に し た 、 社 会 常 識 を 身 に 付 け る た め の 要 素 と し て 「 良 識 」 (Good Sense) が 必 要 と な る 。 「 良 識 」 と は 社 会 常 識 の 倫 理 的 価 値 と い う こ と が で き よ う 。 先 に 述 べ た よ う に 、 ド イ ツ の 哲 学 者 カ ン ト は 「 共 通 感 覚 」 (Sensus Communis 【 常 識 ) を 備 え て い る 人 間 の 「 認 識 能 力 に 属 す る 悟 性 は 健 全 な 人 間 悟 性 (Bon Sens 〔 仏 〕 良 識 ) と 呼 ば れ る 」 と 記 し て い る ( カ ン ト Ⅱ 渋 谷 訳 三 〇 〇 三 【 四 一 ー 四 二 〕 ) 。 こ の こ と か ら わ か る よ う に 、 「 良 識 」 と は 、 人 間 と し て の 正 し い 考 え 方 や 健 全 な 判 断 力 、 倫 理 や 道 徳 観 な ど の 社 会 正 義 に 裏 づ け ら れ た 知 性 や 感 性 な の で あ る 。 例 え ば 、 さ ま ざ ま な 悪 や 不 正 を 憎 み 、 こ れ を 正 そ う と す る 社 会 問 題 意 識 や 人 間 の 命 を 尊 重 す る 倫 理 観 な ど は 、 時 代 に 左 右 さ れ な い 「 良 識 」 何 と い う こ と に な る 。 例 え ば 、 近 年 の 成 人 式 に み ら れ る よ う な 一 部 の 「 成 人 」 の 逸 脱 行 動 は 、 健 全 な 判 測 断 力 を 欠 い た 良 識 の 無 い 行 為 、 す な わ ち 、 「 非 常 識 」 と い え る だ ろ う 。 常 会 社 ( 4 ) 社 会 常 識 に お け る 「 見 識 」 グ ロ 「 見 識 」 (Judgment) と は 、 一 言 で い え ば 物 事 の 本 質 に つ い て 公 平 (Fair) な 見 方 ( 判 断 ) が で き る ロ プ と い う こ と で あ る 。 こ れ は 社 会 常 識 を 批 判 的 に 考 え 、 新 し い 常 識 を 創 造 す る こ と が で き る 理 性 で あ る 。

大学生のための「社会常識」講座―社会人基礎力を身に付ける方法


プ ロ ロ 1 グ で 述 べ た よ う に 、 わ が 国 で は 、 「 漢 字 が 読 め な い 首 相 」 に 象 徴 さ れ る よ う に 、 社 会 全 体 に お け る 「 常 識 の 欠 如 」 現 象 が し ば し ば 指 摘 さ れ 、 「 非 常 識 の 時 代 」 と い わ れ て い る の が 現 状 で あ る 。 企 業 に お い て も 、 企 業 倫 理 や (Corporate Social Respousibility: 企 業 の 社 会 的 責 任 ) と い う 、 企 業 の 社 会 常 識 を 軽 視 、 あ る い は 、 無 視 し た 不 祥 事 が 多 発 し て い る 。 他 方 、 大 学 に 目 を 向 け れ ば 、 大 学 〇 生 に よ る 犯 罪 報 道 を 多 く 目 に す る よ う に な っ た 。 こ の 背 景 に は 、 分 数 が で き な い 大 学 生 に 代 表 さ れ る る よ う な 、 大 学 生 の 学 力 低 下 や そ れ に 伴 う 価 値 観 の 未 成 熟 化 、 す な わ ち 、 「 大 学 生 の 幼 稚 化 」 等 が 指 摘 に さ れ て い る 。 身 を こ の よ う な 社 会 の 「 非 常 識 化 現 象 」 の 到 来 は 、 本 書 で は 「 娯 楽 志 向 性 」 と 「 自 己 閉 鎖 性 」 が そ の 理 識 由 で は な い だ ろ う か 、 と い う 問 い を す で に 述 べ て き た 。 こ の 娯 楽 志 向 性 が 、 一 般 大 衆 の 「 社 会 常 識 」 常 会 蹴 と い う 「 教 養 」 や 物 事 を 論 理 的 に 捉 え て い く と い う 「 思 考 性 」 を 失 わ せ 、 感 性 の ま ま に 生 き て い く と の い う 「 脱 思 考 化 現 象 」 を 生 み 出 し た の で あ る 。 こ の よ う な 社 会 で は 、 た と え 大 学 側 が 「 社 会 常 識 」 講 め 座 を 設 け て も 、 大 学 生 自 身 が 自 発 的 に 自 ら 学 ぶ 強 い 意 志 を も た な い 限 り 、 社 会 人 と し て 必 要 と さ れ る 学 「 社 会 常 識 」 を 身 に 付 け る こ と は で き な い 。 そ れ で は 、 「 社 会 常 識 」 を 自 ら 学 び 、 磨 く た め に は ど う す れ ば よ い か 、 に つ い て 考 え て み た い 。 グ ロ 工 229