検索 - みる会図書館

検索対象: 正論 平成20年10月1日発行 通巻439号

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号から 350件ヒットしました。

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


8 記 述 が 見 送 ら れ た 。 文 科 省 で は 「 領 土 間 書 、 『 尖 閣 領 有 』 も 明 記 、 文 科 省 が 方 針 」 4 0 2 て 題 が 存 在 す る の は 北 方 領 土 と 竹 島 の み と 報 じ た 。 解 説 書 に す ら 書 か れ て い な い っ で 、 政 府 の 立 場 も そ う だ 。 尖 閣 諸 島 は 日 の に 、 文 科 省 が 教 科 書 に 特 定 の 事 項 を 盛 本 が 実 効 支 配 し て お り 、 領 土 問 題 が 存 在 り 込 ま せ る こ と が で き る の な ら 、 そ も そ め 男 日 開 , 学 し て い な い と 説 明 す る 。 そ の 理 屈 は 成 も 竹 島 の 解 説 書 問 題 は 話 題 に 上 ら な い 。 を の 邦 問 4 半 階 〉 体 話 り 立 っ し 、 も っ と も ら し い こ の 報 道 に 違 和 感 は あ る 。 だ が 、 素 直 に は 受 け 止 め に く い 。 文 斗 そ れ は と も か く 、 重 要 な の は 、 文 科 省 皇 体 鈴 駅 万 本 い 天 国 師 0 開 ナ 省 は 、 尖 閣 諸 島 を 新 た に 盛 り 込 む こ と に が タ 刊 の 報 道 が 出 た 直 後 に 突 然 、 わ ざ わ ロ の 見 講 塒 野 つ い て 、 当 初 か ら 明 言 こ そ し て こ な か っ ざ 「 誤 報 だ 」 と 明 言 す る 記 者 会 見 を 開 い 市 野 た も の の 、 領 土 間 題 で は な い 点 を 踏 ま え た こ と だ 。 私 は 文 科 省 を 担 当 し て 三 年 が 蔵 現 た 記 述 を 視 野 に 入 れ て は い た 。 実 際 、 省 経 つ が 、 一 部 報 道 を 否 定 す る た め の 会 見 一 - - 武 内 で は 「 解 説 書 に 尖 閣 も 加 え た ほ う が 、 は 記 憶 に な い 。 過 去 に は 、 「 省 益 」 に も 竹 島 だ け 狙 い 打 ち し て い る の で は な い と 直 結 す る 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 金 や 教 職 員 逆 に 、 教 科 書 に 書 い て あ れ ば 、 領 土 ア ピ ー ル で き 、 韓 国 側 の 反 発 も 和 ら ぐ 」 給 与 の 調 整 額 を め ぐ り 、 一 部 報 道 を 否 定 を 守 る 意 識 を 高 め る と い う 意 味 で は 、 文 と い う 打 算 的 な 考 え 方 も あ っ た 。 だ が 、 す る 見 解 文 が 記 者 ク ラ ブ 加 盟 社 に 配 布 さ 科 省 は 本 来 、 内 心 で は こ の 「 誤 報 」 を 歓 尖 閣 は 焦 点 が あ た ら ず 、 書 き 込 ま れ る こ れ た り ホ ー ム ペ ー ジ に 掲 載 さ れ た り す る 迎 し て よ い は す な の だ 。 と も な か っ た 。 例 は あ っ た が 、 会 見 開 催 は 極 め て 異 例 わ ざ わ ざ 会 見 が 設 定 さ れ た の は 、 文 科 私 は 、 文 科 省 の 消 極 的 姿 勢 の ほ か に 、 省 を 超 え た ど こ か の 判 断 が 働 い た か ら で 「 媚 中 派 」 の 福 田 康 夫 首 相 が 、 多 か れ 少 竹 島 の 領 有 権 問 題 を 記 述 し て い る 現 行 は な い だ ろ う か 。 文 科 省 は ロ を つ ぐ む な か れ 影 響 を 与 え た と 推 測 し て い る 。 根 の 中 学 教 科 書 は す べ て 、 尖 閣 諸 島 と セ ッ が 、 中 国 の 意 向 を 過 度 に 尊 重 す る 首 相 官 拠 の 一 つ に は 、 毎 日 新 聞 報 道 を め ぐ る 文 ト に な っ て い る 。 文 科 省 は 今 回 、 尖 閣 諸 邸 が 会 見 を 設 定 さ せ た の で は な い か と い 科 省 の 不 可 解 な 対 応 が あ る 。 島 を 解 説 書 に 書 き 加 え は し な か っ た も の う 疑 念 が 消 え な い 。 ギ ョ 1 サ 事 件 で は 、 同 紙 は 、 竹 島 の 記 述 が 報 じ ら れ た 七 月 の 、 「 領 土 間 題 で は な い か ら 教 科 書 に 書 日 本 政 府 が 「 中 国 で 被 害 発 生 が 発 覚 し 十 五 日 朝 刊 の 直 後 の 夕 刊 で 「 中 学 教 科 く な 」 と の 意 向 を 持 っ て い る わ け で は な た 」 と の 連 絡 を 中 国 か ら 受 け な が ら 、 中

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


当 イ ュ ー ト ピ ア 学 術 賞 い t 叩 Essay aPP Award 銀 賞 副 賞 50 万 円 銅 賞 副 賞 10 万 円 【 顕 影 】 金 賞 副 賞 100 万 円 法 学 、 政 治 学 、 社 会 学 、 国 際 関 連 諸 学 、 そ の 他 人 文 社 会 科 学 全 般 ) に 関 す る 論 文 。 人 文 社 会 科 学 分 野 ( 宗 教 学 、 仏 教 学 、 哲 学 、 人 間 学 、 心 理 学 、 教 育 学 、 語 学 、 経 営 学 、 経 済 学 、 【 募 集 内 容 】 学 術 研 究 に 携 わ る 研 究 者 、 教 育 者 、 学 生 、 そ の 他 専 門 的 知 識 を 有 す る 人 ( 共 同 執 筆 も 可 ) 。 【 対 象 】 ュ ー ト ピ ア 社 会 建 設 に 寄 与 す る 研 究 論 文 を お 寄 せ く だ さ い 。 「 幸 福 の 科 学 ュ ー ト ピ ア 学 術 賞 」 を 創 設 い た し ま す 。 創 造 的 で 優 れ た 研 究 活 動 を 称 え 、 学 術 の さ ら な る 発 展 と 振 興 を 目 的 と し た 幸 福 の 科 学 お 問 合 せ : 幸 福 の 科 学 ユ ー ト ピ ア 学 術 賞 事 務 室 http://www.irhpress.co.jp/essay/ 募 集 要 項 詳 細 、 申 請 書 フ ォ ー マ ッ ト は 下 記 ホ ー ム ペ ー ジ よ り 【 締 め 切 り 】 2008 年 11 月 30 日 ( 消 印 有 効 ) ■ 主 催 / 幸 福 の 科 学 出 版 協 力 / 宗 教 法 人 幸 福 の 科 学 、 幸 福 の 科 学 学 園 〒 1 41-0022 東 京 都 品 川 区 東 五 反 田 1 -2-38 幸 福 の 科 学 ユ ー ト ヒ 。 ア 学 術 賞 事 務 室 TEL : 03-5793-1516 e-mail:[email protected] ・ jP

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


一 月 十 四 日 、 初 等 中 等 教 育 局 の 担 当 官 か な っ て い な か っ た 。 そ の た め に 、 た と え う し た 理 解 で よ ろ し い で し よ う か 」 と 続 ば 、 東 京 都 教 育 委 員 会 で は 「 学 校 か ら の け て 間 う た の に 対 し 、 渡 海 文 科 相 は 「 文 ら 次 の よ う な 回 答 が あ っ た 。 そ こ で は 、 ま す 本 通 達 は 「 講 和 ・ 独 立 問 い 合 わ せ が な い た め 、 実 際 の 効 力 は な 化 的 意 味 と か そ う い っ た 意 味 で 行 う こ と は 禁 止 し て は い な い 」 と 理 解 し て い る 旨 ま 持 っ て い い の で は 」 と い う 曖 昧 な 認 識 ー に 伴 い 既 に 失 効 し て い る 事 項 も 含 ま れ て た も の の 、 「 失 効 は 把 握 し て い な か っ た 」 述 べ た 。 こ の 答 弁 は 、 靖 国 神 社 な ど 戦 没 い る 」 と し た 上 で 、 「 学 校 が 主 催 し て 、 靖 国 神 社 及 び 主 と し て 戦 没 者 を 祀 っ た 神 と い う ( 「 産 経 新 聞 」 平 二 〇 ・ 三 ・ 一 四 ) 。 者 を 祀 っ た 神 社 に 対 し て 一 貫 し て 冷 淡 な こ う し た 事 情 を 考 慮 し て 衛 藤 晟 一 参 院 姿 勢 を と り 続 け て き た 後 の 文 教 行 政 の 社 を 訪 間 し て は な ら な い と い う 一 節 は 、 既 に 失 効 し て い る 。 現 在 地 方 教 育 委 員 会 議 員 ( 自 民 党 ) は 、 三 月 一 一 十 七 日 の 参 議 責 任 者 の 答 弁 と し て は 画 期 的 な も の と 言 か ら 照 会 が あ っ た 場 合 は 、 文 部 科 学 省 の 院 文 教 科 学 委 員 会 に お い て 本 通 達 に 関 す え よ う 。 公 式 見 解 と し て 『 既 に 失 効 し て い る 』 と る 総 括 的 な 質 疑 を 行 っ た 。 ま ず 、 衛 藤 議 も う 一 つ 重 要 な 点 は 、 「 特 定 の 宗 教 を 答 え る こ と に し て い る 」 と 明 確 に 述 べ 、 員 が 靖 国 神 社 や 護 国 神 社 な ど へ の 訪 間 を 援 助 し た り す る こ と 」 は 「 も ち ろ ん 禁 止 止 禁 「 学 校 に お い て 、 行 事 の 訪 間 先 を 判 断 す 禁 止 す る 間 題 の 一 節 が 失 効 し て い る の か さ れ て お る 」 と し て も 、 逆 に 「 批 判 、 圧 る 際 に 、 主 と し て 戦 没 者 を 祀 っ た 神 社 を 否 か を あ ら た め て 質 し た と こ ろ 、 渡 海 紀 迫 し た り す る 」 こ と な ど は 「 好 ま し く な 国 い と 考 え ま す が 、 ど う で し よ う か 」 と い 三 朗 文 科 相 は 「 こ の 通 達 は 戦 後 の 特 殊 な 他 の 神 社 と 異 な る 扱 い を す る 必 要 は な い 状 況 の 下 で 作 成 さ れ た も の で あ り ま し う 質 問 に 対 す る 回 答 で あ る 。 こ れ は 、 昭 亡 と 考 え る 」 と 結 論 づ け て い る 。 こ の 点 は 教 育 長 も 確 認 し 、 そ の 旨 を 本 て 、 現 在 に お い て 靖 国 神 社 等 に つ い て 他 和 五 十 一 一 年 七 月 の 津 地 鎮 祭 訴 訟 最 高 裁 判 決 が 憲 法 の 政 教 分 離 規 定 を 解 釈 す る 法 理 年 一 一 月 の 県 議 会 で 答 弁 し て い る の で 、 本 の 神 社 と 異 な る 扱 い に す る 理 由 は な く 、 件 は 長 崎 県 で は 決 着 が つ け ら れ た わ け だ 靖 国 神 社 等 の 取 り 扱 い に つ い て は 既 に 失 と し て 初 め て 提 示 し た 「 目 的 効 果 基 準 」 き ー ー 国 や 公 共 団 体 が 宗 教 と 関 わ る 行 為 の つ が 、 全 国 レ ベ ル で の 解 決 と は な っ て い な 効 し て い る と い う ふ う に 考 え て い る 」 と 目 的 が 宗 教 的 意 義 を 有 さ す 、 そ の 効 果 が を と い う の も 、 さ き ほ ど の 文 部 科 学 省 は っ き り 答 え て い る 。 そ こ で 「 失 効 し て い る と す れ ば 、 学 校 宗 教 に 対 す る 援 助 、 助 長 、 促 進 又 は 圧 育 の 回 答 で は こ の 通 達 の 「 失 効 」 を 明 示 す べ き 「 こ の よ う な 趣 旨 の 文 書 は 出 し て い な が 主 催 し て 、 靖 国 神 社 、 護 国 神 社 を 訪 問 迫 、 干 渉 に な ら な い な ら ば 、 憲 法 が 禁 止 を 念 幻 の で 、 他 の 自 治 体 の 知 る と こ ろ と は し て も よ い と い う こ と に な り ま す が 、 そ す る 宗 教 的 活 動 に は 該 当 し な い

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


以 上 、 国 公 立 学 校 が 主 催 し て 神 社 ・ 寺 よ い と い う こ と に な る が 、 そ う し た 理 解 も う 一 つ 、 衛 藤 議 員 の 質 疑 に も あ っ た で い い か 」 と 質 し た と こ ろ 、 「 学 校 に お こ と だ が 、 「 学 校 に お い て 靖 国 神 社 や 護 院 ・ 教 会 な ど の 宗 教 的 施 設 を 訪 間 す る こ け る 授 業 の 一 環 と し て 、 歴 史 や 文 化 を 学 国 神 社 な ど 特 定 の 宗 教 的 施 設 を 誹 謗 し た と に つ い て 、 靖 国 神 社 や 護 国 神 社 な ど 戦 り 、 そ の 活 動 を 圧 迫 し た り す る よ う な 学 没 者 を 祀 る 神 社 に 限 っ て は こ れ を 禁 止 し ぶ こ と を 目 的 と し て 、 児 童 生 徒 が 神 社 、 教 会 等 の 宗 教 的 施 設 を 訪 間 し て も よ い も 習 を 行 う こ と も そ の 宗 教 的 施 設 に 対 す る て い た 占 領 下 の 文 部 省 通 達 の 一 条 項 が 、 の と 考 え て い る 」 の で 、 「 靖 国 神 社 等 に 偏 見 を 煽 る こ と に な り 、 好 ま し く な い と 教 育 の 現 場 で は 占 領 が 終 結 し て 五 十 六 年 考 え る が ど う か 」 と い う 質 間 に も 同 様 に が 経 過 し た 今 日 も 有 効 で あ る と 受 け と め つ い て も 同 様 の 目 的 で 訪 問 し て も よ い 、 ら れ て い た と い う 驚 く べ き 実 態 を 前 に し と 明 言 し た 。 先 の 参 議 院 で の 渡 海 文 科 相 「 好 ま し く な い と 考 え る 」 と 答 え て い る 。 て 、 一 人 の 地 方 議 員 と 一 一 人 の 国 会 議 員 が の 答 弁 と 同 旨 で あ る が 、 よ り 明 確 な 回 答 こ の こ と は 授 業 で 教 員 が 靖 国 神 社 に つ い て 一 方 的 に 偏 っ た 話 を し た り 、 特 定 の 方 連 携 し て そ の 是 正 に 取 り 組 み 、 最 終 的 に と な っ て い る 。 さ ら に 、 そ の よ う な 目 的 で 靖 国 神 社 を 向 に 誘 導 す る よ う な 課 題 を 与 え た り す る は 首 相 の 答 弁 書 と い う 形 で 積 年 の 誤 り が 止 訪 問 し た 際 、 「 靖 国 神 社 な ど の 関 係 者 よ こ と な ど を 戒 め る だ け に と ど ま ら ず 、 教 正 さ れ た 経 緯 を 縷 々 述 べ て き た 。 国 り 、 そ の 神 社 の 歴 史 や 由 来 、 参 拝 の 作 法 科 書 の 検 定 に も 及 ぶ こ と は 必 至 で あ る 。 何 せ 「 高 等 学 校 教 科 用 図 書 検 定 基 準 」 な ど に つ い て 説 明 を 聞 く こ と は 間 題 な い 未 だ 残 る 課 題 と は 亡 か 」 と 問 い か け た の に 対 し て も 、 「 一 概 の 「 公 民 科 、 に は 「 未 確 定 な 時 事 的 事 象 の に お 答 え す る こ と は 困 難 」 で あ る と し つ に つ い て 断 定 的 に 記 述 し て い る と こ ろ は つ も 、 原 則 的 に は 「 歴 史 や 文 化 を 学 ぶ こ な い こ と 」 と 明 記 さ れ て い る に も か か わ ひ る が え 「 て 考 え て み る と 、 靖 国 神 社 と を 目 的 」 と し て 靖 国 神 社 等 の 「 関 係 ら ず 、 平 成 十 年 に は 靖 国 神 社 を 「 日 本 の 間 題 は 当 初 は も 「 ば ら 神 社 の 国 家 護 持 や き 者 」 か ら 「 聴 取 し て よ い 」 と の 回 答 が 返 軍 国 主 義 を 象 徴 す る 施 設 」 と 断 じ た 高 校 首 相 の 公 式 参 拝 を め ぐ る 憲 法 間 題 と し て 「 論 じ ら れ て き た の が 、 中 途 か ら 〃 級 戦 を っ て き た 。 こ れ に よ っ て 、 戦 没 者 の 遺 影 の 政 治 ・ 経 済 の 教 科 書 が 検 定 を 通 っ て い 犯 み 合 祀 に 関 わ る 外 交 間 題 と 化 し 、 政 治 育 や 遺 書 ・ 遺 品 な ど を 展 示 し て い る 遊 就 館 る の た か ら ( 「 産 経 新 聞 、 平 一 〇 ・ 八 ・ 二 3 を 見 学 し 、 職 員 か ら 説 明 を 聞 く こ と も 可 一 、 も 0 と も 、 後 に 当 の 教 科 書 会 社 が 自 の 駆 け 引 き の 道 具 と さ れ て き て 久 し い ( 本 来 は あ く ま で も 国 内 問 題 で あ っ て 外 交 幻 主 的 に 記 述 訂 正 し た け れ ど も ) 。 能 に な る こ と は 間 違 い な い

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


ッ ト し 、 翌 年 の ゴ ー ル デ ン グ ロ ー ブ 賞 科 書 と し て は 初 め て の こ と だ が 、 本 文 に ど う 関 わ っ て い く か と い う 判 断 を し て い 〈 外 国 映 画 賞 〉 を 受 賞 し た 木 下 恵 介 監 督 「 大 東 亜 戦 争 」 と い う 呼 称 が 登 場 す る ま る わ け で あ り ま す 」 と 答 弁 し た 。 こ の 通 達 は 「 社 会 科 そ の 他 、 初 等 お よ 三 十 四 の 瞳 』 の 画 面 に 「 大 東 亜 戦 争 の 擴 で に 至 っ て い る 。 に も か か わ ら す 、 も し も 誰 か が 、 な る び 中 等 教 育 に お け る 宗 教 の 取 扱 い に つ い 大 と と も に 」 と 〔 う テ 0 ) プ が 流 れ た こ ほ ど 「 神 道 指 令 」 は 失 効 し て い る が 、 そ て 」 ( 昭 和 一 一 十 四 年 十 月 二 十 五 日 文 庶 一 と で あ る 。 余 談 な が ら : ・ ) と も あ れ 、 そ の 後 の 経 緯 を た ど っ て み れ に 拠 っ て 出 さ れ た 文 部 省 の 通 牒 は な お 五 二 号 文 部 次 官 よ り 都 道 府 県 、 学 校 長 ) る と 、 昭 和 三 十 九 年 に 相 次 い で 刊 行 さ 有 効 で 「 大 東 亜 戦 争 」 の 使 用 は 今 日 で も で 、 そ れ が 出 さ れ た 背 景 は 次 の よ う な も の で あ っ た 。 れ 、 論 壇 に 刺 激 的 な 話 題 を 提 供 し た 林 房 禁 じ ら れ て い る な ど と 発 一 言 し た な ら ば 、 「 神 道 指 令 」 は 「 本 指 令 ノ 目 的 ハ 宗 教 ヲ 雄 『 大 東 亜 戦 争 肯 定 論 』 ( 番 町 書 房 ) 、 上 そ の 非 常 識 さ は 物 笑 い の 種 に な る に 違 い 山 春 平 『 大 東 亜 戦 争 の 意 味 ー ー ・ 現 代 史 分 な い 。 い や 、 驚 く べ き こ と に 、 同 じ 「 神 国 家 ョ リ 分 離 ス ル ニ ア ル . と 規 定 し 、 そ 析 の 視 点 』 ( 中 央 公 論 社 ) が 契 機 と な っ 道 指 令 」 に 由 縁 す る 似 た よ う な こ と が 現 の 厳 し い 政 教 分 離 の 趣 旨 に 従 っ て 、 文 部 令 省 教 科 書 局 長 は 前 年 の 二 十 三 年 七 月 に 止 て こ の 語 に 対 す る 特 殊 戦 後 的 タ ブ 1 は ほ に 起 こ っ て い る の で あ る 。 「 学 習 指 導 要 領 社 会 科 編 取 扱 に つ い て 」 ぽ 解 消 さ れ 、 使 用 例 も 漸 次 ふ え て ゆ き 、 と 題 す る 通 達 を 発 し て い る 。 こ れ は 文 部 吐 昭 和 六 十 一 年 に 検 定 合 格 し た 高 校 日 本 史 修 学 旅 行 で の 学 校 の 神 社 訪 問 は 省 が 策 定 し た 「 学 習 指 導 要 領 社 会 科 編 」 教 科 書 『 新 編 日 本 史 』 ( 原 書 房 ) に は 教 出 来 な い ? が 宗 教 教 育 に つ い て 積 極 的 な 取 り 組 み を 亡 大 原 康 男 氏 昭 和 ( 1942 ) 年 滋 話 は 六 年 前 に さ か の ば る 。 平 成 十 四 年 目 指 し て い た こ と に ・ 宗 教 文 化 資 賀 県 生 ま れ 。 京 都 大 学 法 学 部 卒 業 。 国 学 院 七 月 の 長 崎 県 議 会 に お い て 、 野 口 健 司 県 源 課 課 長 の ・ ・ バ ン ス ( そ の 前 身 で 大 学 大 学 院 博 士 課 程 ( 神 道 学 専 攻 ) 修 了 。 あ る 宗 教 課 の 課 長 と し て 「 神 道 指 令 ー を き 同 大 学 日 本 文 化 研 究 所 入 所 。 同 研 究 所 教 授 議 が 児 童 ・ 生 徒 が 戦 没 者 追 悼 行 事 に 参 加 を 経 て 国 学 院 大 学 神 道 文 化 学 部 教 授 。 著 書 す る こ と や 、 学 校 行 事 と し て の 神 社 参 拝 起 草 ) が 強 く 反 発 し 、 そ の 意 向 を 受 け て 「 に 『 神 道 指 令 の 研 究 』 ( 原 書 房 ) 『 「 靖 国 神 に 関 し て 質 問 し た こ と が あ る 。 当 時 の 県 「 不 注 意 な 取 り 扱 い に よ っ て 「 神 道 指 を 社 へ の 呪 縛 」 を 解 く 』 ( 小 学 館 文 庫 ) 『 平 成 教 育 長 は 「 昭 和 一 一 十 四 年 の 文 部 次 官 通 令 」 に 「 抵 触 す る よ う な 学 習 指 導 を 避 け 育 の 天 皇 論 』 『 帝 国 陸 海 軍 の 光 と 影 』 『 現 代 日 達 、 こ れ は ま だ 生 き て お り ま す か ら 、 こ る た め に 」 神 社 ・ 寺 院 ・ 教 会 の 訪 間 や 、 本 の 国 家 と 宗 教 』 ( 展 転 社 ) な ど 多 数 。 れ を 準 拠 し て 、 宗 教 活 動 に つ い て 学 校 が 訪 間 を 必 要 と す る 学 習 問 題 の 指 示 の 禁 幻

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


頭 に お い た 質 問 で あ る が 、 こ れ に 対 し て 相 に 対 し 「 学 校 行 事 と し て 靖 国 神 社 ・ 護 歴 史 を ふ り か え 「 て み る と 、 占 領 が 終 認 2 も 渡 海 文 科 相 は 「 好 ま し く な い 、 と 答 え 国 神 社 訪 間 を 禁 じ た 文 部 次 官 通 達 に 関 す 結 し て 「 神 道 指 令 」 が 失 効 し た 後 、 指 令 て 同 感 の 意 を 表 明 し た 。 る 質 問 主 意 書 」 を 提 出 、 五 月 一 一 十 三 日 に の 趣 旨 に 基 づ い て 発 せ ら れ た 各 種 の 通 す な わ ち 、 こ れ ま で 靖 国 神 社 へ の 公 式 そ の 答 弁 書 が 出 さ れ た 。 牒 ・ 通 達 の 効 力 や 適 用 範 囲 を ど の よ う に 参 拝 や 公 金 に よ る 玉 串 料 の 支 出 な ど が 質 問 内 容 は 十 一 項 目 に も 及 ぶ 網 羅 的 な 考 え て い け ば よ い の か 、 文 部 省 内 で も 「 援 助 、 助 長 、 促 進 」 に 当 た る か ど う か も の だ が 、 対 す る 回 答 も こ の 種 の 答 弁 書 種 々 検 討 さ れ 、 こ れ ま で の 通 達 類 は 「 全 が も つ ば ら 論 議 の 対 象 と さ れ た 一 方 、 逆 が と か く 木 で 鼻 を く く っ た よ う な 官 僚 的 部 廃 止 し て 、 ま と め て 整 理 し た も の を 出 に 、 学 校 教 育 の 現 場 に お い て 靖 国 神 社 へ な コ メ ン ト に な る こ と が 多 い 中 で 、 概 ね そ う 」 と い う 案 も あ っ た が 、 こ れ ら の 通 の 「 圧 迫 、 干 渉 」 に 類 す る 一 一 「 〔 動 が な さ れ ま と も に 正 面 か ら 向 き 合 「 た 内 容 と な っ 達 は 「 日 本 国 憲 法 と ダ ブ っ て い る 」 た て も 、 ほ と ん ど 放 置 さ れ て き た こ と を 想 て い る 。 紙 数 の 制 限 も あ る の で 、 そ の 中 で め 、 結 局 の と こ ろ 「 憲 法 の 解 釈 い か ん に 起 す れ ば 、 そ う し た 過 去 の ア ン フ ェ ア な 主 要 な 点 を い く つ か 紹 介 し て お き た い 。 か か っ て く る 」 こ と か ら 、 ま と ま っ た も 趨 勢 へ の 有 効 な 牽 制 と も な り 得 る と 期 待 ま す 、 衛 藤 議 員 の 質 間 に 対 す る 渡 海 文 の を 出 す の は 見 送 ら れ 、 そ れ ぞ れ 個 別 的 で き る か ら で あ る 。 科 相 の 「 既 に 失 効 し て い る 」 と の 答 弁 を に 判 断 さ れ る よ う に な っ た ら し い 。 本 通 再 確 認 し た 上 で 、 そ の 理 由 が 何 で あ る か 達 も そ の 一 つ で あ っ た と い う こ と に な る を 問 う た の に 対 し 、 「 日 本 国 と の 平 和 条 が 、 問 題 の 禁 止 条 項 が 憲 法 が 謳 う 「 法 の 政 府 も 「 失 効 」 を 確 認 約 の 発 効 に よ り 我 が 国 が 完 全 な 主 権 を 回 下 の 平 等 」 に 抵 触 す る の は 誰 が 見 て も 明 復 す る に 伴 い 覚 書 ( 「 神 道 指 令 」 の こ と ) 白 で あ る に も か か わ ら ず 、 こ れ に つ い て 以 上 の 質 疑 応 答 は 国 会 の 議 事 録 に す べ が 効 力 を 失 っ た こ と を も っ て 、 失 効 し た の 判 断 が 明 示 さ れ た の が 今 回 が 初 め て の て 記 録 さ れ て い る が 、 限 ら れ た 時 間 で の も の と 考 え る 」 と 答 え て い る 。 た し か こ と で あ る 点 に い さ さ か 不 透 明 感 を 覚 え や り と り で あ り 、 も う 少 し 詰 め て お く べ に 、 こ れ で こ と の 経 緯 は は っ き り し た る 。 き こ と が ら も あ る と 思 量 さ れ た の で あ ろ が 、 文 科 省 ( そ の 前 身 た る 文 部 省 を 含 む ) 次 い で 、 講 和 条 約 の 発 効 に よ っ て 既 に う 、 こ れ ま で の 経 緯 を 踏 ま え て 今 度 は 平 が い つ の 時 点 で こ の 認 識 に 至 っ た の か は 失 効 し て い る の で あ る な ら ば 「 学 校 が 主 沼 赳 夫 衆 院 議 員 ( 無 所 属 ) が 福 田 康 夫 首 明 ら か で は な い 。 催 し て 靖 国 神 社 、 護 国 神 社 等 を 訪 問 し て

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


を め ぐ り 、 従 来 の 「 ロ シ ア に 占 拠 さ れ て 韓 国 に 反 論 し な い の か 。 竹 島 に 関 す る パ 内 で 日 韓 外 相 会 談 が 開 か れ た 。 韓 国 の 柳 2 い る 」 と の 記 述 に 「 不 法 に 」 と い う 三 文 ン フ レ ッ ト を 今 年 2 月 に 作 成 し て お き な 外 交 通 商 相 は 「 深 刻 な 憂 慮 」 を 表 明 。 高 字 を 新 た に 追 加 し た 。 「 不 法 占 拠 」 だ と が ら 、 行 動 が 矛 盾 し て い る 」 ・ : 。 外 務 省 村 外 相 は 「 日 本 が 決 め る こ と だ 」 と 切 り 教 え さ せ る の が 狙 い だ の 姿 勢 に 納 得 が い か な い 文 科 省 は 巻 き 返 返 し た 。 こ れ は 、 一 一 週 間 後 に 公 表 さ れ る 中 学 解 し に 入 っ た 。 翌 九 日 に は 、 サ ミ ッ ト が 開 か れ て い る 説 書 の 竹 島 記 述 に つ い て も 大 き な 意 味 を 関 係 者 に よ る と 、 サ ミ ッ ト 開 催 直 前 に 洞 爺 湖 の ホ テ ル で 福 田 首 相 と 李 大 統 領 が 持 っ て い た 。 ① 小 学 解 説 書 で 北 方 領 土 を な っ て よ う や く 、 高 村 外 相 、 町 村 官 房 長 会 談 し た 。 公 式 的 な 会 談 で は な く 、 首 脳 不 法 占 拠 と 追 加 ② 中 学 解 説 書 で も 同 様 に 官 が 竹 島 を 解 説 書 に 書 く こ と に 同 意 し た 会 議 の 合 間 に 行 わ れ た 短 時 間 の 「 立 ち 加 筆 ③ 北 方 領 土 と 差 を つ け ら れ な い の と い う 。 外 遊 か ら 帰 国 し た 渡 海 文 科 相 話 」 だ っ た 。 李 大 統 領 は 「 深 刻 な 憂 慮 」 で 、 中 学 解 説 書 で 竹 島 に つ い て も 不 法 占 も 、 熱 心 に 説 得 工 作 に 動 い た 。 た だ 、 首 を 表 明 。 福 田 首 相 は 韓 国 側 に 理 解 を 示 し 拠 と 明 記 ー と い う " 三 段 論 法 。 が 成 り 立 相 官 邸 や 外 務 省 内 に は 異 論 も あ り 、 福 田 つ つ も 、 高 村 外 相 と 同 様 、 日 本 政 府 の 考 つ か ら だ 。 首 相 の 了 解 は ま だ 得 ら れ て い な い ま ま だ え 方 を 表 明 し た が 「 か な り ビ ビ っ て し ま 外 務 省 は こ の 頃 ま で に 、 文 科 省 に 「 歴 っ た と い う 。 っ た 」 ( 関 係 者 ) と い う 。 史 認 識 と 領 土 問 題 は 韓 国 が 気 に す る テ 1 「 文 科 、 外 務 、 官 邸 の 関 係 三 閣 僚 が 一 致 十 一 日 午 前 、 渡 海 文 科 相 は 閣 議 後 の 記 マ だ 。 日 韓 関 係 が 悪 化 し て し ま う 」 な ど し た の だ か ら 、 首 相 は 反 対 で き な い の で 者 会 見 で 「 領 土 は 国 家 の 基 本 だ 。 教 育 現 と 懸 念 を 伝 え て い る 。 「 書 か な い で ほ し は 」 場 で し つ か り と 指 導 し な け れ ば な ら な と 露 骨 に 横 や り を 入 れ た こ と も あ っ 「 サ ミ ッ ト に 合 わ せ て 福 田 首 相 と 李 大 統 、 と 念 押 し し た 上 で 、 「 首 相 の 総 合 的 た と い う 。 領 の 会 談 が 設 定 さ れ れ ば 、 李 大 統 領 に 恥 判 断 に 最 後 は な る だ ろ う 」 と 福 田 首 相 に だ が 、 渡 海 文 科 相 以 下 、 文 科 省 は 「 領 を か か せ ら れ な い 。 見 送 ら れ て し ま う の 釘 を 刺 し た 。 官 邸 内 に は 明 記 に 反 対 す る 土 問 題 を 正 し く 教 え た い 」 と い う 考 え で で は 」 幹 部 も お り 、 福 田 首 相 に 責 任 を 負 わ せ る ま と ま っ て い た 。 「 韓 国 の 方 が 先 に 指 導 こ の 時 点 で は 一 一 通 り の 見 方 が 交 錯 し て こ と で 、 竹 島 の 記 述 を 余 儀 な く さ せ る 狙 要 領 や 教 科 書 で 竹 島 問 題 を 書 い て い る 。 い が あ っ た と み ら れ る 。 日 本 も 書 い て 当 然 だ 」 「 外 務 省 は 何 故 、 七 月 八 日 、 サ ミ ッ ト に 合 わ せ て 札 幌 市 同 日 夕 に は 、 渡 海 文 科 相 が 首 相 官 邸 に

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


表 現 を 盛 り 込 ん で お り 、 日 本 と 韓 国 の 主 て 』 と の 表 現 が 、 『 竹 島 へ の 理 解 』 に か の 二 点 を 書 く よ う 促 す こ と で 、 " 実 利 。 か っ て い る 。 事 実 関 係 を し つ か り と 教 え は 取 っ て い る よ う に も 見 え る 。 張 を 同 列 に 教 え な け れ ば な ら な い よ う に だ が 、 解 説 書 は 学 習 指 導 要 領 の 意 味 を た 上 で 、 我 が 国 の 領 土 で あ る と 教 え る と も 読 め る 。 こ れ ま で の 教 科 書 検 定 で は 、 解 説 す る た め の も の だ 。 解 説 書 の 文 意 を い う 意 味 だ 」 と 説 明 す る 。 「 日 韓 両 国 が 領 有 権 を 主 張 す る 」 と 申 請 さ れ た 教 科 書 記 述 に 対 し 、 「 日 本 領 で あ 解 説 書 が 婉 曲 的 な 表 現 に な っ て い る 背 理 解 す る た め に 、 政 府 見 解 を 記 し た 外 務 る こ と が 読 み 取 れ な い 」 と 書 き 換 え を 求 景 に は 、 韓 国 へ の 配 慮 が あ る 。 政 府 は 解 省 の 「 解 説 , を 読 む 必 要 が 生 じ る の で 説 書 公 表 直 後 の 記 者 会 見 で 、 公 式 に 認 め は 、 本 来 の 体 を 成 し て い な い 。 学 校 現 場 め て い る の に 、 矛 盾 が 生 じ か ね な い 文 科 省 の 公 式 的 な 説 明 は こ う だ 。 「 『 我 て い る 。 渡 海 紀 三 朗 文 科 相 ( 当 時 、 以 下 や 教 科 書 執 筆 者 の 混 乱 を 招 く だ け で は な が 国 が 正 当 に 主 張 し て い る 立 場 に 基 づ い 略 ) は 「 領 土 に つ い て 学 校 で 正 し く 理 解 い か そ も そ も 、 日 本 側 が 外 交 的 配 慮 を し ょ て 』 と 前 段 で 説 明 し て い る 。 我 が 国 の 立 を 深 め さ せ る こ と が 終 始 、 一 番 大 事 だ と 場 は 外 務 省 の ホ ー ム ペ 1 ジ に 出 て い る か 思 「 て 取 り 組 ん だ 。 ( 韓 国 、 の ) 配 慮 が う と し ま い と 、 一 言 で も 書 け ば 、 韓 国 が 裏 ら 自 明 だ 」 。 文 科 省 は 政 府 見 解 の 意 味 を な か 「 た か と 言 え ば 、 政 府 全 体 で こ う い 猛 反 発 す る こ と は 容 易 に 予 想 が つ く 。 実 し 許 積 極 的 に 定 義 し た が ら な い が 、 端 的 に 要 う 判 断 を し た 。 総 合 的 な 判 断 だ 」 。 町 村 際 、 解 説 書 が 公 表 さ れ る と 、 韓 国 は 駐 日 を 約 す れ ば 、 「 竹 島 は 我 が 国 固 有 の 領 土 で 信 孝 官 房 長 官 は 「 日 韓 関 係 へ の 配 慮 と い 大 使 を 一 時 的 に 引 き 揚 げ た 。 今 回 の " 騒 う か 、 で き る だ け ギ ク シ ャ ク し な い よ う 動 。 に は 関 係 な い 学 校 レ ベ ル の 文 化 交 流 干 あ り 、 韓 国 に 不 法 占 拠 さ れ て い る 」 と い に し た い 日 本 政 府 の 意 図 の 表 れ だ 」 と 述 イ ベ ン ト も 、 全 国 で 続 々 と 中 止 に な っ 内 う こ と に な る 。 ま た 、 文 科 省 は 「 『 我 が た 。 表 面 的 な 配 慮 は 自 己 満 足 に 過 ぎ な 国 べ て い る 。 国 が 正 当 に 主 張 し て い る 立 場 に 基 づ い て 。 領 土 間 題 は 外 交 案 件 だ ろ う が 、 そ の っ あ る 文 科 省 幹 部 は 「 竹 島 を 解 説 書 に 書 19 7 5 年 ) 、 小 田 博 士 昭 和 年 ( め く 。 さ ら に 、 教 科 書 に 書 け る 形 の 記 述 と 教 育 に つ い て は 内 政 問 題 で は な い だ ろ う を 熊 本 市 生 ま れ 。 上 智 大 学 経 済 学 部 卒 業 後 、 す る 。 そ の 上 で 、 韓 国 と の 摩 擦 を 最 低 限 か 。 述 産 経 新 聞 社 に 入 社 。 整 理 部 ( 硬 派 面 、 地 域 に 抑 え る よ う に す る 。 こ の 三 点 を 心 が け 島 版 ) 、 千 葉 総 局 ( 県 警 キ ャ ッ プ 、 県 政 キ ャ 竹 た 」 と 話 す 。 確 か に 、 政 府 は 韓 国 側 に 対 ■ 見 送 ら れ た 尖 閣 ッ プ ) を 経 て 社 会 部 に 異 動 。 文 部 科 学 省 を 7 し て 「 配 慮 し た 」 と ア ピ 1 ル す る 一 方 、 担 当 し て 3 年 が 経 つ 。 教 科 書 に は 日 本 領 で あ る こ と と 不 法 占 拠 中 学 解 説 書 を め ぐ っ て は 、 尖 閣 諸 島 の 幻 三 ⅱ

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


次 回 ( 第 4 。 8 回 ) 「 私 の 正 論 」 論 文 募 集 要 項 原 稿 字 数 -4 の 一 . 紙 一 に 1 、 b00 ( ) ワ ャ 0-00- 応 募 方 法 日 本 は 今 も 経 済 大 国 か も し れ な い が 、 一 人 当 た り ( 国 内 総 生 産 ) 本 名 、 性 別 、 生 年 月 日 、 職 業 、 郵 便 番 号 、 で み る と 「 豊 か な 国 」 と は 言 え な く 住 所 、 電 話 ( 昼 間 連 絡 が つ く 番 号 ) 、 論 文 募 集 を 何 で 知 っ た か を 明 記 な っ た 。 米 、 露 、 中 、 の 存 在 感 と 比 べ れ ば 国 際 政 治 で も 脇 役 に 過 ぎ 応 募 条 件 畠 史 子 歳 医 師 な い 。 日 本 が 世 界 に 誇 れ る の は 何 日 本 語 で 書 い た 未 発 表 の 作 品 で 、 1 人 1 ( 鳥 取 県 ) か 。 そ し て 、 ひ と り ひ と り の 日 本 人 編 。 原 稿 は 返 却 し ま せ ん が 生 き が い を 感 じ て 生 き て い け る 社 賞 ( 月 間 賞 ) 島 根 勝 利 礙 歳 年 金 ア ド バ イ サ ー 入 選 2 編 ( 賞 金 各 間 万 円 ) 、 佳 作 3 編 ( 同 会 を 作 る に は ど う す れ ば い い の か 。 各 3 万 円 ) こ れ か ら 、 ど ん な 国 を 目 指 し て い く ( 埼 玉 県 ) 審 査 員 べ き な の か に つ い て 、 現 実 を 見 据 え 川 本 裕 子 ・ 早 稲 田 大 学 大 学 院 フ ァ イ ナ ン た 壮 大 な 論 文 を お 待 ち し て い ま す 。 ス 研 究 科 教 授 ▽ 志 方 俊 之 ・ 帝 京 大 学 法 学 加 藤 光 将 れ 歳 契 約 社 員 部 教 授 ▽ 中 原 英 臣 ・ 新 渡 戸 文 化 学 園 東 京 長 ら く ご 愛 顧 を 頂 い た オ ピ ニ オ ン 文 化 短 大 学 長 ▽ 皿 木 喜 久 ・ 産 経 新 聞 社 論 ( 東 京 都 ) プ ラ ザ 「 私 の 正 論 」 は 今 回 の 募 集 を 説 委 員 長 も っ て 最 終 回 と し ま す 。 あ り が と う 締 め 切 り 嶋 澤 珠 子 歳 看 護 師 ご ざ い ま し た 。 月 1 回 、 論 文 を 募 集 平 成 跚 年 9 月 日 ( 消 印 有 効 ) ( 兵 庫 県 ) す る ス タ イ ル を 模 様 替 え し て 、 新 し 発 表 い 形 で 近 く ス タ ー ト す る 予 定 で す 。 平 成 年 Ⅱ 月 Ⅱ 日 付 産 経 新 聞 朝 刊 ( 予 定 ) 三 浦 康 久 歳 大 学 役 員 具 体 的 な 募 集 要 項 は 決 ま り 次 第 、 誌 ; ル 送 り 先 面 で お 知 ら せ し ま す の で 、 今 後 と も 〒 100 ー 8077 ( 住 所 不 要 ) 、 産 経 ( 青 森 県 ) ど う ぞ よ ろ し く お 願 い し ま す 。 新 聞 社 正 論 調 査 室 Ⅱ 敬 称 略 産 経 新 聞 オ ピ ニ オ ン プ ラ サ 第 405 回 「 私 の 正 論 」 入 賞 者 発 表 「 医 療 の こ れ か ら を 考 え る 」 《 佳 作 》 《 入 選 》 日 本 は ど ん な 国 を 目 指 す べ き か 336

正論 平成20年10月1日発行 通巻439号


東 京 都 千 代 田 区 内 に あ る 東 京 電 力 の 中 2 央 給 電 指 令 所 で は 、 五 〇 ヘ ル ツ を 中 心 と 〈 新 連 載 〉 悲 し き 。 原 , 子 9 し て 常 に 十 一 〇 ・ 二 ヘ ル ツ の 範 囲 に 収 ま 0 科 学 記 者 が 解 く 誤 解 ・ 曲 解 ・ 偏 見 る よ う 制 御 し て い る 。 こ の 制 御 が ほ と ん ど 神 業 に 近 い の だ 。 主 な 理 由 は 二 つ あ る 。 そ の ひ と つ は 、 電 産 経 新 聞 論 説 委 員 ・ 長 辻 象 平 力 の 消 費 量 が 一 日 の う ち に 急 速 に 、 し か 現 代 の 日 本 人 に と っ て 、 電 気 は に き わ め て 重 要 な 役 割 を 果 た す 中 枢 機 能 も 大 き く 変 動 す る か ら だ 。 業 水 や 空 気 に 近 い 存 在 か も し れ な 部 門 が 存 在 す る 。 夜 の 間 、 低 下 し て い た 電 力 消 費 が 朝 を ネ い 。 ス イ ッ チ を 入 れ る だ け で 、 テ 「 中 央 給 電 指 令 所 」 だ 。 発 電 し た 電 気 迎 え て 社 会 の 活 動 が 始 ま る に つ れ て 増 え の レ ビ が 点 き 、 ク ー ラ ー が 室 温 を 快 は 、 ガ ス の よ う に は 貯 め ら れ な い 。 電 力 始 め る 。 季 節 に も よ る が 、 夏 場 の 九 時 台 」 適 に 保 ち 、 夜 は 部 屋 や 街 路 を 明 る 会 社 は 工 場 や オ フ ィ ス を は じ め 家 庭 な ど で は 、 わ ず か 十 分 間 の う ち に 一 〇 〇 万 キ 一 尸 く 照 ら す 。 省 エ ネ や 家 計 の 節 約 と で 使 わ れ る 電 気 と 同 量 の 電 気 を 発 生 さ せ ロ ワ ッ ト も 電 力 消 費 が 増 加 す る 。 こ れ は 、 山 梨 県 一 県 分 に 相 当 す る 電 力 だ 。 い う 意 識 は あ 「 て も 使 い た い と き て い る 。 ヒ 日 に 必 要 な だ け 使 え る も の と 思 っ て 「 ほ と ん ど 秒 単 位 で 、 需 要 電 力 と 供 給 電 オ ペ レ 1 タ ー 席 の 前 の 壁 面 に は 、 天 井 い る ま で の 高 さ が あ る コ ン ト ロ 1 ル バ ネ ル が 力 を 一 致 さ せ る 必 要 が あ る の で す 」 そ の 電 気 は 電 力 会 社 が 供 給 し て 東 京 電 力 中 央 給 電 指 令 所 の 黒 澤 淳 夫 グ 並 ぶ 。 そ の ひ と つ が 需 給 監 視 盤 だ 。 △ ロ 糸 い る 。 原 子 力 や 火 力 、 水 力 発 電 所 ル ー ブ マ ネ ー ジ ャ ー は 語 る 。 右 寄 り の 位 置 に は 、 東 京 電 力 が 保 有 す に 加 え て 、 太 陽 光 な ど の 再 生 可 能 全 ュ 1 ザ 1 が 使 う 電 力 に 発 電 量 が 追 い る 原 子 力 ・ 火 力 ・ 水 力 の 発 電 所 と 現 在 の 中 エ ネ ル ギ ー も 電 気 の 発 生 源 だ 。 こ っ か な い と き は 、 ど う な る か 。 出 力 が び っ し り 表 示 さ れ て い る 。 れ ら の 発 電 シ ス テ ム で 生 ま れ た 電 「 周 波 数 が 落 ち て 電 気 の 質 が 低 下 し 、 さ そ の 横 の 画 面 に は 曲 線 グ ラ フ が 表 示 さ 号 気 が 送 電 線 や 変 電 所 を 経 由 し て 、 家 庭 や ら に 進 め ば 、 電 力 の シ ス テ ム 障 害 や 大 規 れ て い る 。 赤 い 線 が 管 内 の 一 都 八 県 に お 年 オ フ ィ ス や 工 場 に 届 け ら れ る 。 け る 午 前 零 時 か ら 現 在 ま で の 電 気 の 需 要 模 な ト ラ ブ ル に 発 展 し か ね ま せ ん 」 こ の こ と は 、 誰 で も 知 っ て い る 。 し か 逆 に 発 電 量 が 使 用 量 を 上 回 っ て も い け 量 の 推 移 を 表 し 、 緑 の 線 が そ れ を ま か な 平 し 、 世 の 中 一 般 に は ほ と ん ど 知 ら れ て お な い 。 関 東 甲 信 越 や 東 北 地 方 で 使 わ れ て う 原 子 力 と 火 力 発 電 量 を 示 し て い る 。 ら ず 、 そ れ で い て 、 時 々 刻 々 の 電 力 需 給 い る 電 気 の 周 波 数 は 五 〇 ヘ ル ツ だ 。 こ の 真 下 の 画 面 が 周 波 数 計 だ 。 中 央 を 証 = 1 ロ