検索 - みる会図書館

検索対象: 悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門から 195件ヒットしました。

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


フ ラ ユ キ ・ ナ ラ テ 、 ボ ー ′ 1 ハ ー , 召 一 口 悟 ら な く た っ て 、 じ ゃ よ 、 ) 。 し 。 し 普 通 の 人 の た め の 仏 教 ・ 瞑 想 入 門 幻 冬 全 ロ 新 日 3

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


フ ラ ユ キ ・ ナ ラ テ ポ ー 魚 川 祐 司 吾 ら な く た っ て 、 し い じ ゃ な い か 普 通 の 人 の た め の 仏 教 ・ 瞑 想 入 門 幻 冬 企 ロ 新 書 3

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


序 章 「 実 践 す る 仏 教 」 の ー ス ペ ク テ イ プ 0 、

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


る と 、 私 も 考 え ま す 。 で す か ら 、 そ の よ う な 「 宗 教 」 と し て の 仏 教 に 、 「 信 仰 者 」 と し て 関 わ る 人 で あ れ ば 、 そ れ 違 和 感 を お ぼ え る こ と は 当 然 あ り 得 を 「 選 択 の 余 地 の あ る 複 数 の 対 象 」 と し て 考 え る こ と に 、 る で し よ う 。 そ う い う 方 か ら の 、 「 仏 教 は 『 吟 味 し て 選 ぶ 』 よ う な も の で は な い 」 判 に つ い て は 、 甘 受 い た し ま す オ カ 。 こ 、 ご 、 「 仏 教 は 宗 教 と い う よ り も 心 の 科 学 」 と い っ た 主 張 を さ れ る 方 々 の 中 に 、 「 正 し く て 完 璧 な 唯 一 の 仏 教 」 に こ だ わ る 方 が 散 見 さ れ る の は 、 本 当 に よ く わ か ら な い で す ね 。 教 条 化 さ れ た 仏 教 か ら は 、 「 対 機 説 法 」 の 柔 軟 性 が 失 わ れ る プ ラ ユ キ な る ほ ど 。 私 自 身 は 僧 侶 と し て 、 「 ブ ッ ダ の 教 え は 全 体 と し て パ ー フ ェ ク ト な も の た 」 と い う 信 念 を 持 っ て い る し 、 そ れ が あ る か ら こ そ 、 様 々 な 相 談 者 の 方 に 応 対 す る 基 盤 を 自 分 の 中 に 確 保 す る こ と も で き て い る と 思 う け ど 、 と は い え 、 そ の パ ー フ ェ ク ト な 教 え の 表 現 の 仕 方 に は 様 々 な 形 が あ っ て い い と 思 う と い う こ と は 、 こ れ ま で に も 述 べ て き ま し た 。 と い う の も 、 仏 教 は 「 法 門 無 量 」 と 言 わ れ る け れ ど も 、 そ の 根 本 に あ る の は 、 ブ ッ ダ 自 身 の 「 対 機 説 法 」 と い う 態 度 だ っ た と 思 う ん で す ね 。 救 い を 求 め て や っ て き た 人 々 そ れ ぞ れ の 資 質 や 能 力 、 あ る い は そ の 場 の 状 況 ま で も 含 め た 「 機 」 に 対 し て 、 適 切 な 法 を 説 く と い う の が 、 ゴ

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


は じ め に 3 序 章 「 実 践 す る 仏 教 」 の パ ー ス ペ 名 プ 塚 「 ナ ラ テ ポ ー 」 は 「 エ ン ジ ェ ル ・ マ ン 」 智 慧 と 慈 悲 の プ ラ ク テ ィ カ ル な 総 合 2 仏 教 を 捉 え る バ ー ス ペ ク テ イ プ の 混 乱 「 正 し い / 本 当 の 仏 教 」 に こ だ わ る の は 不 毛 food fo 「 = fe ( 人 生 の 糧 ) と し て の 仏 教 9- プ ラ ユ キ 仏 教 の ポ イ ン ト 、 手 動 瞑 想 と カ ウ ン セ リ ン グ 「 仏 教 と は 『 悟 り 』 を 目 指 す も の 」 と い う イ メ ー ジ を め ぐ る 問 題 「 智 慧 」 と 「 慈 悲 」 と 「 自 由 」 の 関 係 ラ ラ ユ キ ・ チ ャ ー ト ) ち ・ ん 第 一 章 智 慧 の 章 ” 「 実 相 」 の 智 慧 と 「 実 践 」 の 慈 悲 コ ー ン フ ィ ー ル ド 氏 の タ イ ・ ミ ャ ン マ ー 修 行 体 験

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


は じ め に 3 序 章 「 実 践 す る 仏 教 」 の パ ー ス ペ 名 プ 塚 「 ナ ラ テ ポ ー 」 は 「 エ ン ジ ェ ル ・ マ ン 」 智 慧 と 慈 悲 の プ ラ ク テ ィ カ ル な 総 合 2 仏 教 を 捉 え る バ ー ス ペ ク テ イ プ の 混 乱 「 正 し い / 本 当 の 仏 教 」 に こ だ わ る の は 不 毛 food fo 「 = fe ( 人 生 の 糧 ) と し て の 仏 教 9- プ ラ ユ キ 仏 教 の ポ イ ン ト 、 手 動 瞑 想 と カ ウ ン セ リ ン グ 「 仏 教 と は 『 悟 り 』 を 目 指 す も の 」 と い う イ メ ー ジ を め ぐ る 問 題 「 智 慧 」 と 「 慈 悲 」 と 「 自 由 」 の 関 係 ラ ラ ユ キ ・ チ ャ ー ト ) ち ・ ん 第 一 章 智 慧 の 章 ” 「 実 相 」 の 智 慧 と 「 実 践 」 の 慈 悲 コ ー ン フ ィ ー ル ド 氏 の タ イ ・ ミ ャ ン マ ー 修 行 体 験

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


子 書 籍 と オ ン デ マ ン ド 版 で 復 刊 し て い ま す が : プ ラ ユ キ い ま は Kindle 版 (EvoIving) と 、 オ ン デ マ ン ド の ペ ー バ ッ ク 版 研 究 所 ) が あ り ま す ね 。 魚 川 そ れ は 本 当 に よ か っ た で す 。 プ ラ ユ キ 先 生 の 実 践 さ れ て い る 仏 教 は 、 抜 苦 与 楽 の 具 体 的 な 方 法 と し て は も ち ろ ん 、 思 想 的 ・ 理 論 的 な 側 面 か ら 見 て も た い へ ん 興 味 深 く 、 価 値 あ る も の で す か ら ね 。 た だ 、 そ の こ と が な か な か 見 え に い 現 状 は あ る 。 で は 、 な ぜ そ う な る の か と 考 え て み た 場 合 、 そ の 広 い 意 味 で の 背 景 に は 、 「 実 践 す る 仏 教 」 に 関 す る 。 ハ ー ス ペ ク テ ィ 。 フ の 混 乱 と い う 状 況 が あ る の で は な い か と 、 私 と し て は 思 っ て い ま す 。 プ ラ ユ キ ー ス ペ ク テ ィ 。 フ の 混 乱 ? 魚 川 「 混 乱 」 と い う よ り は 、 む し ろ 「 欠 如 」 か も し れ ま せ ん 。 現 代 日 本 に お い て 、 テ ー ラ ワ の ー ダ の ウ イ バ ッ サ ナ ー 瞑 想 は 、 「 マ イ ン ド フ ル ネ ス 」 の 流 行 と と も に 、 一 般 に も 一 定 の 知 名 度 教 仏 が あ り ま す し 、 チ ベ ッ ト 仏 教 の 瞑 想 も 入 っ て き て い ま す 。 そ し て 、 禅 な ど の 伝 統 的 な 日 本 の 大 す 乗 仏 教 の 実 践 も 、 も ち ろ ん 様 々 に 教 え ら れ て い る 。 実 章 プ ラ ユ キ い ま は 本 当 に た く さ ん の 選 択 肢 が あ り ま す よ ね 。 魚 Ⅱ ま 、 。 東 京 や 大 阪 な ど の 大 都 市 周 辺 な ら 、 イ ン タ ー ネ ッ ト で 検 索 す れ ば 、 ど ん な 実 践 で も 教 え て く れ る 先 生 や 教 室 ( 寺 院 や カ ル チ ャ ー セ ン タ ー 、 個 人 的 な ワ ー ク シ ョ ッ プ で の 指 導 な

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


160 苦 し み を 抱 え た 人 と 対 話 す る 時 に 大 切 な の は 、 ま ず 受 容 し 、 共 感 す る と い う こ と で す 。 仏 教 力 い ド し 「 1 に ゆ : フ 用 語 に 「 開 示 悟 入 」 と い う 一 一 一 口 葉 が あ っ て 、 こ れ は 一 般 に 「 仏 の 智 見 を 開 示 し 、 悟 ら せ 、 仏 道 に 人 ら せ る こ と 」 と 解 釈 さ れ て い ま す が 、 私 自 身 は こ れ を 、 「 ( 相 手 の 心 を ) 開 か し め 、 ( 教 え を ) 示 し 、 悟 ら せ 、 仏 道 に 入 ら し む 」 と 理 解 し 、 苦 し み の 解 決 サ ポ ー ト の 際 の 順 序 の 指 針 と し て 、 活 用 さ せ て も ら っ て い ま す 。 と い う の は 、 私 自 身 は 苦 し み か ら の 解 放 を 得 る た め の 最 高 の 方 法 は 仏 道 だ と 思 っ て い ま す け れ ど も 、 そ の 価 値 を 人 々 に 理 解 し て も ら う た め に は 、 ま ず 相 手 に 心 を 開 い て も ら わ な い と い け な い ん で す ね 。 苦 し み の 物 語 の 中 に 巻 き 込 ま れ て 、 そ れ が 「 現 実 」 に な っ て し ま っ て い る 人 に 、 そ こ か ら 全 く de ( ach し た と こ ろ か ら 「 こ れ が 正 し い 道 だ よ 」 な ん て 話 を し て も 、 な か な か 理 解 し て は も ら え ま せ ん 。 そ う で は な く て 、 相 手 の 苦 し み の 物 語 の 中 に 、 私 も 自 ら 身 を 投 じ て 、 そ れ を 受 容 し 共 感 す る 。 た だ し 、 そ れ に 巻 き 込 ま れ る の で は も ち ろ ん な く て 、 苦 し み の 物 語 に touc 三 ng で あ り な が ら 、 そ の 流 れ の 中 で 「 ビ カ ー ツ 」 と 灯 台 の よ う に 、 気 づ き の 光 を 灯 し 続 け て お く ん で す 。 魚 川 仏 法 の 教 え を 示 す 前 段 階 と し て 、 ま ず 相 手 に 心 を 開 い て も ら わ な け れ ば な ら な い し 、 そ の た め に は 苦 し み の 物 語 を 受 容 し 共 感 す る 必 要 が あ る 。 た だ 、 流 れ に 身 を 入 れ は し て も そ こ に 巻 き 込 ま れ て は い け な く て 、 自 分 自 身 は あ く ま で 相 手 が 落 ち 着 い て 我 が 身 を 振 り 返 る た め の 目

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


幻 冬 舎 新 書 435 悟 ら な く た っ て 、 い い じ ゃ な い か 普 通 の 人 の た め の 仏 教 ・ 瞑 想 入 門 一 一 〇 一 六 年 十 月 三 十 日 第 一 刷 発 行 検 印 廃 止 万 一 、 落 丁 乱 丁 の あ る 場 合 は 送 料 小 社 負 担 で お 取 替 致 し ま す 。 小 社 宛 に お 送 り 下 さ い 。 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 著 者 フ ラ ユ キ ・ ナ ラ テ ポ ー 十 魚 ー 祐 司 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 定 価 は カ ・ ( ー に 表 一 小 し て あ り ま す 。 OPHRA YUKI NARADEVO, YUJI UOKAWA 発 行 人 見 城 徹 GENTOSHA 2016 Printed in Japan 編 集 人 士 ハ 儀 保 博 一 SBN978 ・ 4 ・ 344 と 三 36 , 3 C0295 ふ ー い ー 1 発 行 所 株 式 会 社 幻 冬 舎 〒 一 五 一 ー 〇 〇 五 一 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 四 ー 九 ー 七 幻 冬 舎 ホ ー ム ペ ー ジ ア ド レ ス http:/、www.gentosha ・ co•jp 、 * こ の 本 に 関 す る ご 意 見 ・ ご 感 想 を メ ー ル で お 寄 せ い た だ く 電 話 〇 三 ー 五 四 一 一 ー 六 二 一 一 ( 編 集 ) 場 合 は 、 [email protected]三) ま で 〇 三 ー 五 四 一 一 ー 六 二 一 三 ( 営 業 ) 振 替 〇 〇 一 一 一 〇 ー 八 ー 七 六 七 六 四 三 ブ ッ ク デ ザ イ ン 鈴 木 成 一 デ ザ イ ン 室 印 刷 ・ 製 本 所 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 G E 、 ( ) S H A

悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門


「 宗 教 と し て の 仏 教 」 な ら 「 選 択 の 余 地 」 は な い 教 条 化 さ れ た 仏 教 か ら は 、 「 対 機 説 法 」 の 柔 軟 性 が 失 わ れ る 「 悟 り 」 を 目 指 す 気 は な い が 、 た だ 「 語 る 」 こ と は し た い 人 々 「 曖 昧 な 概 念 の ブ ラ ッ ク ボ ッ ク ス 」 と し て 、 「 悟 り 」 は 便 利 に 使 わ れ る 自 分 は 責 任 を と ら す に 他 人 の 足 は 引 っ 張 る 「 あ ー ら ら こ ら ら 文 化 」 「 阿 弥 陀 様 に 疑 心 を 落 と し て い た だ い た 」 時 に 起 こ っ た こ と 「 信 仰 」 す る こ と で 、 「 合 理 的 」 な 思 考 能 力 は 毀 損 さ れ る の か 「 方 角 が な け れ ば 迷 い も な い 」 と い う の が 智 慧 の 核 心 な ぜ 「 仏 教 は ヤ バ い 」 と 当 っ の か 物 語 の 世 界 で 衆 生 と 関 わ る 慈 悲 こ そ が 、 「 仏 教 」 の は じ ま り 「 サ バ イ 」 の 仏 教 と 「 ヤ バ い 」 の 仏 教 悟 ら な く た っ て 、 い い じ ゃ な い か 蚪 あ 図 と 版 が 作 構 成 成 美 魚 25 。 司