検索 - みる会図書館

検索対象: 聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利から 223件ヒットしました。

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


仏 教 の 勝 利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


第 一 一 章 仏 教 ー 亡 国 と 興 国 の 教 え

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


第 一 章 仏 教 伝 来 の 意 味 す る も の

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


聖 徳 太 子 - 仏 教 の 勝 利 梅 原 猛 小 学 館

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


り よ う い 成 果 と し て 北 魏 ( 三 八 六 ー 五 三 四 ) の 巨 大 な 仏 寺 建 造 、 梁 ( 五 〇 一 一 ー 五 五 七 ) の 深 遠 な 仏 教 教 学 研 究 が あ げ ら れ る 。 ら く よ う ら く よ う が ら ん き 洛 陽 伽 藍 記 を 見 る と 、 北 魏 に よ っ て 洛 陽 に 建 て ら れ た 当 時 の 仏 寺 は た い へ ん す ば ら し い も の で あ が ら ん く ぎ か い じ ん っ た こ と が わ か る が 、 し か し こ の 伽 藍 は 北 魏 の 滅 亡 に よ っ て 灰 燼 に 帰 し 、 今 は 盛 大 の 様 を 、 大 同 の う ん こ う ら く よ う り ゅ う も ん 雲 崗 、 洛 陽 の 龍 門 の 石 仏 に よ っ て わ ず か に し の ぶ こ と が で き る の み で あ る 。 こ う け い し ゃ し か し こ の よ う な 巨 大 な 寺 院 や 仏 像 を つ く る 仏 教 も 、 漢 人 の 文 化 の 正 統 の 後 継 者 を も っ て 任 ず る こ じ ん き ょ え い み か ど 南 朝 の 帝 か ら 見 れ ば 、 笑 う べ き 胡 人 の 虚 栄 で あ っ た か も し れ な い 。 し ん ず い こ う り ゅ う 経 典 の 研 究 が 中 国 の 文 化 の 真 髄 で あ る と す れ ば 、 仏 教 の 興 隆 も 、 寺 院 の 建 造 よ り 理 論 の 追 究 、 経 典 の 研 究 に お い て こ そ 図 ら れ ね ば な ら ぬ 。 り よ う 梁 は ま さ に こ の よ う な 仏 教 文 化 の 花 が 満 開 に な っ た 時 代 で あ る 。 た ん じ よ う う か い り よ う ぶ て い の 梁 の 武 帝 ー ー 仏 教 国 の 誕 生 と 崩 壊 る り よ う し よ う え ん そ う た お せ い た い そ こ う て い し よ う ど う せ い え ん じ ゃ 味 梁 の 国 の 創 設 者 ・ 蕭 衍 は 、 前 代 の こ れ ま た 宋 を 倒 し て 国 を つ く っ た 斉 の 太 祖 皇 帝 ・ 蕭 道 成 の 縁 者 で か れ き よ う り よ う お う し よ う し り よ う せ い ぶ て い 0 あ っ た が 、 彼 は 武 将 で あ る と と も に 、 文 学 を 好 み 、 斉 の 武 帝 の 第 二 子 、 竟 陵 王 蕭 子 良 の 文 学 サ し ん や く に ん う き よ う り よ う は ち ゅ う 伝 ロ ン に 出 人 り し 、 一 級 の 文 人 、 沈 約 や 任 昉 な ど と 親 し く つ き 合 い 、 竟 陵 の 八 友 の 一 人 と さ れ た の で 仏 あ る 。 め い て い そ く い お ち い 章 と こ ろ が 、 斉 の 武 帝 が 死 ぬ と 、 次 に 明 帝 が 即 位 し た が 、 政 治 は 不 安 定 に な り 国 は 混 乱 に 陥 っ た 。 り よ う じ よ う き よ う し よ う え ん せ い ろ 第 か か る 状 況 に お い て 、 人 望 は 蕭 衍 に 集 ま り 、 つ い に 兵 を あ げ て 斉 を 滅 ぼ し 、 梁 を 興 し た 。 く ぎ せ い ぶ て い き ょ だ い く ぎ き ょ だ い め つ う せ い だ い

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


梁 の 武 帝 ー ー ・ 仏 教 国 の 誕 生 と 崩 壊 朝 鮮 半 島 の 政 治 的 状 況 と 日 本 任 那 を 譲 っ て 文 明 移 人 新 羅 の 脅 威 と 聖 明 王 の 一 計 百 済 の 思 惑 と 日 本 の 無 関 心 百 済 の 使 者 が 見 た 梁 の 廃 墟 百 済 の 賭 け ー ー 一 体 の 釈 迦 仏 に こ め ら れ た 悲 願 八 六 第 二 章 仏 教 ー 亡 国 と 興 国 の 教 え 欽 明 期 に お け る 百 済 の 三 様 の 使 節 二 つ の 使 節 に は さ ま れ た 仏 教 伝 来 日 本 の 国 論 を 一 一 分 し た 仏 教 伝 来 聖 明 王 の 期 待 に こ た え ら れ な い 日 本 娘 を 政 略 結 婚 さ せ た 聖 明 王 大 敗 北 を 招 い た 百 済 の 大 攻 勢 息 子 の 身 代 わ り に な っ た 聖 明 王 興 味 深 い 稲 目 と 王 子 ・ 恵 の 敗 戦 問 答 二 人 の 王 を 滅 ぼ し た 仏 教 九 六 一 0 七 九 五

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


ひ ろ し か し 仏 教 が イ ン ド 全 体 に 弘 ま っ た の は 、 紀 元 前 一 二 世 紀 の 半 ば に 、 イ ン ド を 支 配 し た ア シ ョ カ 王 し や か の 武 力 に よ ら ね ば な ら な い 。 釈 迦 と 同 じ く イ ン ド の 東 北 部 の 出 身 で あ る ア シ ョ カ 王 は 、 そ れ ま で 多 せ い ふ く き ょ だ い て い こ く て い こ く し や か く の 国 に 分 か れ て い た イ ン ド を 征 服 し 、 巨 大 な 帝 国 を つ く っ た が 、 そ の 帝 国 の 宗 教 と し て 釈 迦 の は じ め た 仏 教 を 採 用 し た の で あ る 。 こ れ に よ っ て 仏 教 は 、 イ ン ひ ろ ト の 中 央 高 原 か ら 南 部 、 そ し て 東 北 部 ま で 弘 ま り 、 そ の 後 、 い 新 ( 慶 仏 教 の 内 部 で い ろ い ろ な 部 派 が 興 っ て 、 十 八 部 と か 二 十 部 と 「 年 , 麗 百 済 か 数 え ら れ る よ う に な っ た が 、 紀 元 前 一 世 紀 ご ろ に 大 乗 仏 教 じ よ う き よ う カ 3 高 な る も の が 興 る や 、 仏 教 界 の 状 況 も 大 き く 変 わ ら ざ る を え な そ う か っ た 。 大 乗 仏 教 は 部 派 仏 教 が 主 と し て 僧 の た め の も の 、 出 は ん さ 家 者 の た め の も の で あ り 、 そ し て そ れ が 煩 瑣 な ス コ ラ 的 教 義 を わ て つ が く お ち い し や か そ う ぞ く 「 リ 」 た 一 ム 哲 学 に 陥 っ て い る と 批 判 し 、 釈 迦 仏 教 の 原 点 に も ど り 、 僧 俗 な や さ っ 道 本 ( い 煌 の 区 別 な く 悩 め る 人 間 の た め に 身 命 を 惜 し ま ず 挺 身 す る 菩 薩 の 一 日 い 敦 ぎ よ う ガ ン ジ ス 川 ン 行 の 仏 教 こ そ 真 の 仏 教 で あ る と し た の で あ る 。 し た が っ て 原 意 万 教 ダ ~ 生 = ガ ← 発 前 イ 始 仏 教 が き び し く 否 定 し た 欲 愛 を 、 否 定 す る ば か り で は 十 分 マ 〇 の , 紀 こ う て い く う 」 教 ~ 世 . 2 で は な く 、 肯 定 に も 否 定 に も と ら わ れ な い 自 由 な 空 の 境 地 に さ と た っ こ と こ そ 、 真 の 悟 り の 道 で あ る と し た の で あ る 。 し か も こ の 大 乗 仏 教 は 、 強 引 に も 釈 迦 の 名 に お い て 新 し い し や か 第 イ ベ ル シ ア 経 典 を つ く り だ し 、 こ れ こ そ 釈 迦 の 説 い た 真 の 教 え を 書 い た い 亠 岡 0 ユ 世 紀 長 安 中 国 イ ン ダ ス 2000 km し や か て い し ん

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


や お よ ろ ず こ こ で お も し ろ い の は 、 仏 も 当 時 の 人 に と っ て 神 の 一 つ な の で あ る 。 八 百 万 の 神 の 古 来 か ら の 日 た た 本 の 神 々 の う ち の 一 つ な の で あ る 。 そ れ ば か り か そ の 神 は 古 来 か ら 日 本 の 神 々 と 同 じ く 、 祟 る 力 を は か い お そ も っ て い る の で あ る 。 そ の 神 を 祭 ら な か っ た り 、 こ の 神 を 破 壊 し た り す る と そ れ は 恐 ろ し い 力 を も た た た た っ て 祟 る 。 今 、 こ の 仏 は 信 心 厚 い 馬 子 に す ら 祟 っ た 。 馬 子 が 長 い 間 、 父 の 祭 っ た 神 を 祭 ら な か っ た た た は か い か ら で あ ろ う 。 こ う い う 強 い 力 を も っ 神 が 、 ど う し て こ の 神 を 破 壊 す る 人 た ち に 祟 ら ず に は お ら れ よ う 。 ち ょ う せ ん だ ま は い ぶ つ す う ぶ つ し か し 、 こ の 崇 仏 へ の 馬 子 の 決 意 と 排 仏 派 へ の 挑 戦 に 、 ど う し て 排 仏 派 が 黙 づ て い よ う か 。 と き こ お み た か ら し も の お に く に え や み お こ 是 の 時 に 、 国 に 疫 疾 行 り て 、 民 死 ぬ る 者 衆 し 。 ま う ま う な に ゆ ゑ な か と み の か つ み の ま へ つ き み も の の ・ ヘ の ゆ げ の も り や の お む ら し や よ ひ ひ の と の み つ い た ち の ひ 三 月 の 丁 巳 の 朔 に 、 物 部 弓 削 守 屋 大 連 と 、 中 臣 勝 海 大 夫 と 、 奏 し て 曰 さ く 、 「 何 故 に か い た く に き み え や み あ ま ね お こ か ぞ の み か ど や っ か れ こ と も ち か 臣 が 言 を 用 ゐ 肯 へ た ま は ざ る 。 考 天 皇 よ り 、 陛 下 に 及 る ま で に 、 疫 疾 流 く 行 り て 、 国 の あ ら あ に た く め そ が の お み 嶽 と け の み の り お こ お こ な お ほ み た か ら た 民 絶 ゅ べ し 。 豈 専 蘇 我 臣 が 仏 法 を 興 し 行 ふ に 由 れ る に 非 ず や 」 と ま う す 。 幸 . え き び よ う 戦 疫 病 は 馬 子 一 人 が か か っ た の で は な く 、 多 く の 民 が か か っ た の で あ る 。 お そ ら く そ れ は 仏 教 移 人 た た て ん ね ん と う 宗 と と も に 入 っ て き た 天 然 痘 な の で あ ろ う 。 こ の 病 気 を 馬 子 の よ う に 仏 神 の 祟 り に す る 人 は 少 な い で て ん ね ん と う 部 あ ろ う 。 逆 の 解 釈 が お そ ら く 多 く の 人 の 解 釈 で あ ろ う 。 仏 教 の 伝 来 と と も に 、 天 然 痘 が 日 本 に や っ た た て 来 た 。 当 然 そ れ は 、 従 来 か ら 日 本 に い る 神 々 の 祟 り で は な い か 。 我 み か ど 蘇 こ の 論 理 に 敏 達 帝 は 反 対 す る こ と が で き な い 。 も と も と 帝 は 仏 教 に 好 意 を も っ て い な い の だ 。 の た ま い や ち こ み こ と の り 章 詔 し て 曰 は く 、 「 灼 然 な れ ば 、 仏 法 を 断 め よ 」 と の た ま ふ 。 、 い が い い や ち こ 第 「 灼 然 」 と い う 一 一 一 「 葉 に 注 意 し て ほ し い 。 は っ き り し て い る 。 仏 教 の 弊 害 は は っ き り し て い る と い う び だ っ て い に と け の み の り や よ は い ぶ つ 217

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


じ よ う き よ う に 忠 実 な 仏 教 な の で あ ろ う 。 そ の 点 に つ い て 円 光 は 思 い き っ た 見 解 を 述 べ て い る 。 も し 当 時 の 状 況 か い せ っ し よ う か い し ん こ う に お い て 、 仏 教 が 国 王 の 信 仰 と し て 可 能 で あ る た め に は 、 仏 教 の 第 一 の 戒 、 殺 生 戒 が 問 題 に な せ っ し よ う か い る 。 ほ ん と う に 殺 生 戒 を 守 る な ら ば 、 戦 争 を す る こ と は で き な く な る 。 戦 争 を し な け れ ば 国 家 の 発 せ っ し よ う か い か ん わ 展 は あ り え な い 。 そ れ ゆ え 、 こ の 殺 生 戒 を 緩 和 し な け れ ば な ら な い 。 時 を 選 び 、 物 を 選 ん で 殺 す 。 そ れ が 円 光 の 発 明 し た 俗 人 む き の 仏 教 で あ る が 、 そ う い う こ と が 、 は た し て 仏 教 の 名 で 許 さ れ よ う か れ し ら ぎ り く ち 一 よ う か 。 お そ ら く 、 こ う い う 見 解 は 六 朝 に も あ っ た の で あ ろ う が 、 そ れ を 彼 は 新 羅 の お か れ た 政 治 的 ち ん ず い し ら ぎ じ よ う き よ う せ ん え い か 状 況 の な か で 、 尖 鋭 化 し た の で あ ろ う 。 円 光 が 新 羅 仏 教 の 指 導 者 的 存 在 で あ り 、 ま た 陳 と 隋 に お い て 長 年 修 行 を 積 ん だ と い う 経 歴 に お い て 、 か か る 説 が 許 さ れ る わ け で あ る が 、 し か し こ の よ う な 説 が ほ ん と う に 仏 教 の 教 義 の 名 で 許 さ れ る か ど う か は 疑 問 で あ る と 私 は 思 う 。 し ら ぎ ち が く だ ら こ の よ う に み る と 、 百 済 の 仏 教 と 新 羅 の 仏 教 の 違 い は 明 白 で あ ろ う 。 た し か に 歴 史 の 結 果 か ら み だ い た ん し ら ぎ く だ ら れ ば 、 新 羅 仏 教 の ほ う が 百 済 仏 教 よ り は る か に 有 効 で あ っ た と い わ ね ば な ら な い 。 円 光 は 実 に 大 胆 な 仏 教 解 釈 を す る こ と に よ り 、 仏 教 を 亡 国 の 宗 教 で は な く 、 興 国 の 宗 教 に し た と い え る 。 し ら ぎ た い か の か い し ん こ の 新 羅 仏 教 の あ り 方 こ そ 、 大 化 改 新 以 後 の 日 本 の 政 治 指 導 者 が 学 ば ん と す る 方 向 で あ っ た の で し ら ぎ く だ ら あ る 。 し か し 聖 徳 太 子 の 仏 教 に た い す る 態 度 は 、 百 済 の 聖 明 王 の 仏 教 に た い す る 態 度 と も 、 新 羅 の 真 興 王 の 仏 教 に た い す る 態 度 と も ち が っ て い る 。 こ の 点 は 後 に く わ し く ふ れ る こ と に し よ う 。 だ ん あ っ い な め 稲 目 の 死 と 仏 教 弾 圧 ず い か ん ら く み ま な 話 を 前 に も ど そ う 。 五 六 一 一 年 に 任 那 の 日 本 府 は 陥 落 す る 。 そ し て 以 後 、 隋 に よ っ て 中 国 が 統 一 さ 160

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


任 那 滅 亡 を 招 い た 日 本 の な り ゆ き 外 交 謎 に つ つ ま れ た 任 那 陥 落 仏 教 を 興 国 の 教 え に し た 羅 の 真 興 王 稲 目 の 死 と 仏 教 弾 圧 第 三 章 蘇 我 と 物 部 の 宗 教 戦 争 聖 徳 太 子 の 生 年 と 血 筋 一 七 0 敏 達 帝 の 誕 生 朝 鮮 半 島 の 状 況 ー ー 高 句 麗 の あ せ り 日 本 海 を 渡 っ て き た 高 句 麗 の 使 太 子 誕 生 の こ ろ の 国 際 情 勢 と あ や ふ や な 太 子 伝 説 一 八 六 天 皇 家 に 根 を お ろ し て い っ た 蘇 我 氏 の 血 統 一 九 四 敏 達 帝 の 新 羅 寄 り 外 交 一 究 複 雑 な 気 持 ち で 帰 朝 し た 日 系 百 済 人 ・ 日 羅 一 一 0 四 日 羅 の 提 案 と 悲 劇 馬 子 の 崇 仏 宣 言 ー ー 寺 院 と 塔 の 建 立 疫 病 の 流 行 と 一 一 度 目 の 仏 教 弾 圧 登 場 人 物 の 年 齢 考