検索 - みる会図書館

全データから 141723件ヒットしました。

現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集


読 物 」 に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 と む ら い 師 た ち 」 を 「 月 刊 タ ウ ン 」 に 発 イ 集 「 新 戦 後 派 」 を 毎 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 長 篇 「 真 夜 中 の マ リ ア 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 短 篇 集 「 色 即 回 帰 」 を 講 談 社 よ り 表 。 雑 文 集 「 道 楽 の す す め 』 を 桃 源 社 よ り 刊 行 。 こ の 年 よ り oä ン ン グ の 作 詞 な ど の 仕 事 を や め 、 テ レ ビ の 司 会 等 を つ と め な が ら 小 説 刊 行 。 六 月 、 長 篇 「 騒 動 師 た ち 」 を 光 文 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 現 代 を 書 き 続 け て ゆ く 決 心 を す る 。 長 篇 文 学 全 集 野 坂 昭 如 」 を 講 談 社 よ り 、 エ ッ セ イ 集 「 洋 酒 マ メ 天 ほ ね が み 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 三 十 七 歳 国 ポ ー ノ ト ビ ア 」 を サ ン ト リ ー よ り 刊 行 。 九 月 、 短 篇 集 「 骨 餓 身 ル フ げ ほ 4 」 け か す ・ つ こ も り う た じ ゅ た い 三 月 、 「 プ レ イ ボ ー イ の 子 守 唄 」 を 「 婦 人 公 論 ー に 、 「 受 胎 旅 行 」 を 峠 死 人 葛 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 omtnx ニ ー よ り 「 ポ こ も り う た ・ ポ ー イ 」 「 松 浦 の 子 守 唄 , を 発 売 、 歌 手 と し て デ ビ ュ ー 。 十 二 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 七 月 、 「 受 胎 旅 行 」 が 第 五 十 七 回 直 木 賞 候 補 作 と な る 。 「 ゲ リ ラ の 群 れ ー を 「 平 凡 。 ( ン チ 」 に 連 載 。 . 八 月 、 小 説 集 月 、 「 野 坂 昭 如 の 本 」 を ベ ス ト セ ラ ー ズ よ り 刊 行 。 ェ ッ セ イ 集 ひ き よ う も の 「 と む ら い 師 た ち 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 ア メ リ カ ひ じ き 」 を 「 日 本 土 人 の 思 想 」 『 卑 怯 者 の 思 想 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 四 十 歳 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 十 月 、 「 火 垂 る の 墓 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 「 ラ ・ ク ン 。 ( ル シ ー タ 」 を 「 別 冊 小 説 現 代 」 に 発 表 。 短 篇 集 「 受 胎 旅 行 」 一 月 、 野 坂 昭 如 監 修 「 犯 罪 学 入 門 」 を 勝 利 出 版 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 言 と し ゆ き 、 よ う か し ょ 論 妨 害 問 題 で 梶 山 季 之 ら 六 名 と 共 に 、 創 価 学 会 系 雑 誌 の 執 筆 を 拒 否 。 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 雑 文 集 「 男 の 狂 化 書 」 を 青 春 出 版 よ り 刊 行 。 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 三 十 八 歳 野 口 ジ ム で キ ッ ク ボ ク シ ン グ を 始 め る 。 四 月 、 小 説 集 「 好 色 覚 え 帳 』 一 月 、 「 ア メ リ カ ひ じ き 」 「 火 垂 る の 墓 」 の 一 一 作 で 第 五 十 八 回 直 木 賞 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 渋 谷 公 会 堂 に て 「 題 の な い 音 楽 会 ー の ワ ン マ ン シ ョ ー 。 、 、 、 ~ ノ 月 説 現 代 新 人 賞 の 選 考 委 員 を 始 め る 。 七 月 、 受 賞 。 「 プ レ イ ボ ー イ の 子 守 唄 , で 第 六 回 婦 人 公 論 読 者 賞 受 賞 。 三 月 、 短 篇 集 「 ア メ リ カ ひ じ き ・ 火 垂 る の 墓 」 を 文 藝 春 秋 よ り 、 長 篇 ェ ッ セ イ 集 「 風 狂 の 思 想 」 を 中 央 公 論 社 、 長 篇 「 水 虫 魂 」 を 朝 日 新 「 好 色 の 魂 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 新 装 版 「 エ ロ 事 師 た ち 」 を 聞 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 短 篇 集 「 イ ン ポ テ ン ツ 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 講 談 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 短 篇 集 「 八 方 や ぶ れ 」 を 桃 源 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 エ ッ セ イ 集 「 風 来 め が ね 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 昭 和 四 十 六 年 ( 一 九 七 一 ) 四 十 一 歳 八 月 、 「 週 刊 朝 日 」 の 「 ア メ リ カ 報 告 」 ( 九 月 ・ 三 回 連 載 ) の 取 材 で 一 月 、 現 代 日 本 秀 作 シ リ ー ズ 「 エ ロ 事 師 た ち 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 渡 米 。 十 月 、 短 篇 集 「 軍 歌 歌 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 「 エ ロ 事 師 た し か ば ね が わ ら み す こ ぐ さ 一 一 月 、 短 篇 集 「 死 屍 河 原 水 子 草 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 三 月 、 エ ッ ち 」 の 英 訳 が 「 Pornog aphe こ ( マ イ ケ ル ・ ギ ャ ラ ガ ー 訳 ) と し て 、 う た ア メ リ カ の ク ノ ッ プ 社 よ り 刊 行 。 セ イ 集 「 野 坂 昭 如 ・ 戯 れ 唄 道 中 」 を 日 本 交 通 公 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー ・ ノ ー ・ リ タ ー ン ー 発 売 。 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 三 十 九 歳 三 枚 目 の レ コ ー ド の ま ひ ろ し 一 月 、 大 学 紛 争 中 、 野 間 宏 等 六 十 名 と 共 に ″ 国 家 権 力 の 秩 序 か ら 東 テ レ ビ 「 遠 く へ 行 き た い 」 に 月 一 回 出 演 。 五 月 、 エ ッ セ イ 集 「 エ ロ ト ビ ア ① 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 六 月 、 新 装 版 「 騒 動 師 た ち 」 を 講 大 の 解 放 を “ と い う 、 全 共 闘 支 持 を 表 明 、 自 ら 「 心 情 三 派 ー と 称 し み ず む し だ ま し い て 全 国 の 大 学 で 講 演 。 一 一 月 、 「 水 虫 魂 」 を 「 週 刊 朝 日 」 に 連 載 ( 回 ) 。 談 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 五 木 寛 之 と の 対 談 集 「 対 論 」 を 講 談 社 よ り 刊 ろ く す け 三 月 、 寺 山 修 司 ・ 永 六 輔 ・ 野 末 陳 平 と の 共 著 に よ る 語 り 下 し ェ ッ セ 行 。 八 月 、 「 エ ロ ト ビ ア ② 」 を 文 藝 春 秋 、 長 篇 「 て ろ て ろ 」 を 新 潮

完訳 日本の古典 第五十四巻 芭蕉句集


西 の 雲 撰 集 。 丿 松 編 。 元 禄 四 年 刊 。 刊 。 間 成 。 ち ょ う 、 一 ・ 、 し - 一 レ 」 ば し ゅ ・ う は く せ ん し ゅ う か き い れ ば し よ う さ ん ぶ う り よ う ん ひ や く い ん 泊 船 集 書 入 『 泊 船 集 』 の 正 誤 追 補 を 許 六 芭 蕉 杉 風 両 吟 百 員 別 名 、 芭 蕉 翁 真 蹟 百 の 詞 集 撰 集 。 釣 壺 編 。 元 禄 十 四 年 刊 。 合 歓 の い び き 撰 集 。 蝶 羅 編 。 明 和 六 年 刊 。 が 書 き 入 れ た も の 。 員 。 撰 集 。 寛 美 編 。 天 明 六 年 成 。 し ろ う ま ば し よ う だ ら い 集 『 松 の わ ら ひ 』 と と も に 二 冊 。 白 馬 別 名 、 白 馬 。 撰 集 。 洒 堂 ・ 正 秀 編 。 芭 蕉 盥 別 名 、 俳 諧 芭 蕉 盥 集 。 撰 集 。 朱 き - 一 う 句 野 ざ ら し 紀 行 別 名 、 甲 子 吟 行 ・ 甲 子 紀 元 禄 十 五 年 刊 。 拙 ・ 有 隣 編 。 享 保 九 年 刊 。 ば し よ う ぶ ん こ う 蕉 行 ・ 草 枕 ・ 芭 蕪 翁 道 之 記 ・ 野 ざ ら し の 橋 南 撰 集 。 沾 洲 編 。 宝 永 初 年 刊 か 。 芭 蕉 文 考 文 集 。 編 者 不 詳 。 享 和 元 年 稿 。 は . し も り か ナ い は し ら ご よ み 集 ・ 芭 蕉 翁 甲 子 の 紀 行 。 俳 諧 紀 行 。 芭 蕉 橋 守 撰 集 。 荷 兮 編 。 元 禄 十 年 刊 。 柱 暦 別 名 、 誹 諧 ー 。 撰 集 。 鶴 声 編 。 元 ば し よ う あ ん こ ぶ 人 こ ふ み く に 著 。 貞 享 二 ~ 三 年 頃 成 。 芭 蕉 庵 小 文 庫 撰 集 。 史 邦 編 。 元 禄 九 年 刊 。 禄 十 年 刊 。 の ち た ば し よ う い っ し ゅ う き は す み 後 の 旅 撰 集 。 如 行 編 。 元 禄 八 年 刊 。 芭 蕉 一 周 忌 別 名 、 若 菜 集 。 嵐 雪 編 。 元 禄 蓮 の 実 撰 集 。 賀 子 編 。 元 禄 四 年 刊 。 は ち 八 年 刊 。 鉢 た 、 き 撰 集 。 蝶 夢 編 。 明 和 五 年 刊 。 ば し よ う お う よ う じ よ う き は っ せ み は 行 芭 蕉 翁 行 状 記 撰 集 。 路 通 編 。 元 禄 八 年 初 嬋 撰 集 。 風 国 編 。 元 禄 九 年 刊 。 は い か い い ち ょ う し ゅ う ぶ つ け い は な し ど り し ゅ う 俳 諧 一 葉 集 芭 蕉 作 品 集 。 仏 今 ・ 湖 中 編 。 刊 。 放 鳥 集 撰 集 。 晩 柳 編 。 元 禄 十 四 年 刊 。 ば し よ う お う し ん せ き し ゅ う て か が み は な つ み 文 政 十 年 刊 。 芭 蕉 翁 真 跡 集 俳 諧 手 鑑 。 桃 鏡 編 。 明 和 元 花 摘 日 記 。 其 角 著 。 元 禄 三 年 刊 。 は い か い い と き り ば わ く か せ わ さ い ち ゅ う は な な ま す 年 刊 。 誹 諧 糸 切 歯 別 名 、 簍 艫 輪 再 註 糸 切 歯 ( 内 花 膾 撰 集 。 若 人 編 。 天 保 五 年 刊 。 ば し よ う お う し ん せ き し ゅ う い て か が み は な く も 題 ) 。 論 書 。 石 橋 著 。 宝 暦 十 一 一 年 刊 。 芭 蕉 翁 真 蹟 拾 遺 俳 諧 手 鑑 。 大 虫 編 。 花 の 雲 撰 集 。 千 山 編 。 元 禄 十 五 年 刊 。 は い か い い ま よ う お と こ ば し よ う お う ぜ ん で ん は な ば た け 誹 諧 当 世 男 撰 集 。 蝶 々 子 編 。 延 宝 四 年 刊 。 芭 蕉 翁 全 伝 伝 記 。 竹 人 著 。 宝 暦 十 二 年 序 。 花 圃 撰 集 。 雲 鼓 編 。 元 禄 六 年 刊 。 は い か い こ こ ん ー ) ト - う ・ ば し よ う お う ぜ ん で ん あ つ じ ん 俳 諧 古 今 抄 作 法 書 。 支 考 編 。 享 保 十 五 年 芭 蕉 翁 全 伝 ( 日 人 写 ) 伝 記 。 文 化 元 年 写 。 は さ く ら 撰 集 。 秋 屋 編 。 寛 政 十 三 年 刊 。 は り ぶ く ろ 刊 。 蓑 虫 翁 ( 土 芳 ? 桐 雨 ? ) 著 。 芳 里 帋 撰 集 。 友 鵐 編 。 元 禄 七 年 刊 。 は い か い そ が ば し よ う お う つ い ぜ ん の に つ き は る ひ か ナ い 誹 諧 曾 我 撰 集 。 白 雪 編 。 元 禄 十 一 一 年 自 序 。 芭 蕉 翁 追 善 之 日 記 伝 記 。 支 考 著 。 元 禄 七 春 の 日 撰 集 。 荷 兮 編 。 貞 享 三 年 刊 。 と う ば ん じ よ う わ ら わ 同 年 刊 か 。 年 稿 。 『 笈 日 記 』 の 記 事 よ り く わ し い 番 匠 童 別 名 、 誹 諧 番 匠 わ ら は 大 全 ・ 当 は い か い ひ で ん ふ ろ く ば し よ う お う ぶ ん し ゅ う ち 上 う む り ゅ う 誹 諧 秘 伝 付 録 編 者 不 詳 。 芭 蕉 翁 文 集 ( 蝶 夢 ) 文 集 。 蝶 夢 編 。 安 永 流 誹 諧 番 匠 童 大 全 。 作 法 書 ・ 季 寄 。 如 は い か い も ん ど う あ お ね み ね 俳 諧 問 答 ↓ 青 根 が 峯 五 年 刊 。 泉 著 。 元 禄 一 一 年 刊 。 は い り ん い ち じ ゅ う ら ん し ゅ う ば し よ う お う ほ っ く し ゅ う わ ぎ ゅ う 誹 林 一 字 幽 蘭 集 撰 集 。 沾 徳 編 。 元 禄 五 年 芭 蕉 翁 発 句 集 句 集 。 蝶 夢 編 。 安 永 三 年 刊 。 ひ こ ば え 別 名 、 誹 諧 ー 。 撰 集 。 和 及 編 。 ば し よ う く せ ん 刊 芭 蕉 句 選 句 集 。 華 雀 編 。 元 文 四 年 刊 。 元 禄 四 年 刊 。 は ぎ よ う し ゅ う ば し よ う く せ ん し ゅ う い 破 暁 集 撰 集 。 順 水 編 。 元 禄 三 年 刊 。 芭 蕉 句 選 拾 遺 句 集 。 寛 治 編 。 宝 暦 六 年 刊 。 ひ さ ご 撰 集 。 珍 碩 編 。 元 禄 三 年 刊 。 は く せ ん し ゅ う ば し よ う く せ ん ね ん こ う 泊 船 集 芭 蕉 句 文 集 。 風 国 編 。 元 禄 十 一 年 芭 蕉 句 選 年 考 注 釈 書 。 積 翠 園 著 。 寛 政 年 ひ と っ 別 名 、 俳 諧 ー 。 撰 集 。 清 風 編 。

現代日本の文学 28 舟橋 聖一 集


聖 一 昭 和 二 十 七 年 昭 和 二 十 八 年 六 月 新 潮 社 よ り 刊 行 い 舟 橋 聖 ー 座 談 会 左 か ら 中 島 健 蔵 、 聖 一 、 吉 、 川 端 康 成 青 野 季 芥 川 賞 選 考 委 員 会 風 景 左 列 奥 よ り 瀧 井 孝 作 、 聖 一 、 石 川 達 三 、 丹 羽 文 雄 、 川 端 康 成 、 右 列 佐 藤 春 夫 、 宇 野 浩 一 一 、 中 村 光 夫 、 井 上 靖 、 佐 佐 木 茂 索 の 諸 氏 昭 和 三 十 年 頃 ( 文 藝 春 秋 提 供 )

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


四 月 、 「 性 と 文 学 ー 私 の 立 場 」 を 「 読 売 新 聞 . に 発 表 。 「 銀 色 の 牙 」 使 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 十 月 、 「 天 波 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 行 為 と 死 」 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 、 注 目 十 一 月 、 「 天 使 よ 、 俺 を 起 し て く れ 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 「 文 学 の を 集 め た 。 同 月 、 「 鉛 の 部 屋 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 六 月 、 「 今 日 堕 落 ー 問 題 を す り 換 え る な 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 巷 の 神 々 ー を の 批 評 家 に 欠 け る も の 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 発 表 。 同 月 、 三 男 宏 高 誕 「 産 経 新 聞 」 に 連 載 ( 翌 年 十 一 一 月 完 結 ) 。 「 て つ べ ん 野 郎 」 を 集 英 社 生 。 七 月 、 「 歴 史 の 外 で 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 終 幕 」 を 集 英 よ り 刊 行 。 同 月 、 「 若 き 獅 子 た ち の 伝 説 」 を 劇 団 四 季 ・ 日 生 の 提 携 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 傷 の あ る 羽 根 」 を 文 藝 春 秋 新 社 、 「 断 崖 」 を 光 文 社 に よ り 日 生 劇 場 で 上 演 ( 浅 利 慶 太 演 出 ) 。 よ り 刊 行 。 九 月 、 ・ フ ェ ル ス タ ー の 「 若 き ハ イ デ ル ベ ル ヒ ー を 潤 色 、 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 三 十 四 歳 日 生 劇 場 プ ロ デ = ー ス よ り 同 劇 場 で 上 演 ( 松 浦 竹 夫 演 出 ) 。 十 月 、 一 月 、 「 水 際 の 塑 像 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 聖 衣 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 「 飛 べ 、 狼 、 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 石 原 慎 太 郎 文 庫 」 「 黒 い 環 」 を 「 平 凡 ・ ( ン チ 」 に 連 載 . ( 十 一 月 完 結 ) 。 ま た 、 「 還 ら ぬ 全 八 巻 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 ( 翌 年 七 月 完 結 ) 。 十 二 月 、 「 聖 書 」 を 海 」 を 講 談 社 、 「 石 原 慎 太 郎 集 」 ( 現 代 文 学 8 ) を 東 都 書 房 よ り 刊 行 。 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 「 暴 力 」 を 「 小 説 現 代 」 に 、 「 虚 無 と 貞 操 」 を 「 別 二 月 、 「 暗 闇 の 声 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 ( 翌 年 一 月 完 結 ) 。 「 銀 色 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 批 評 は 芸 術 か ? ー 実 感 的 批 評 家 論 」 を 「 文 学 界 」 の 矛 」 を 講 談 社 、 英 訳 「 太 陽 の 季 節 」 を タ ト ル 商 会 よ り 刊 行 。 三 月 、 に 発 表 。 「 禁 断 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 「 沈 黙 ー を 「 文 藝 春 秋 ー に 、 「 劇 場 と 小 説 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 発 表 。 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 三 十 三 歳 「 青 年 の 樹 」 を 講 談 社 、 「 終 幕 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 飛 べ 、 一 月 、 「 星 と 舵 」 を 「 文 芸 」 一 、 一 一 月 号 に 発 表 。 ま た 、 「 貧 し い 海 」 狼 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 野 性 の 庭 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 六 を 「 文 藝 春 秋 , に 、 「 一 点 鐘 ー を 「 風 景 」 に 発 表 。 一 一 月 、 「 批 評 な ら 月 、 「 命 の 森 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 人 魚 と 野 郎 」 を 集 英 社 よ ざ る 批 評 へ の 不 信 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 青 春 と は な ん だ 」 を 講 り 刊 行 。 八 月 、 「 嫌 悪 ー 現 代 の 情 念 」 を 「 週 刊 読 書 人 」 に 発 表 。 同 談 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 創 作 ミ ウ ジ カ ル 「 燼 の カ ー ・ フ ー を 自 ら の 演 月 、 四 男 延 啓 誕 生 。 九 月 、 「 白 い 肖 像 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 連 載 ( 十 出 に よ り 日 生 劇 場 で 上 演 。 四 月 、 「 君 た ち に も 何 か 出 来 る 」 を 「 文 月 完 結 ) 。 「 青 年 の 樹 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 青 い 殺 人 者 」 を た い か ん 芸 」 に 、 「 大 計 画 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 怒 り の 像 」 を 「 週 刊 集 英 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 全 ェ ッ セ イ 集 「 孤 独 な る 戴 冠 」 を 河 出 書 サ ン ケ イ 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 、 「 お ゝ い 雲 ! 」 を 産 業 経 済 新 聞 社 、 房 よ り 刊 行 。 同 月 、 「 週 刊 読 売 」 特 派 員 と し て 南 ベ ト ナ ム へ 出 発 、 譜 「 星 と 舵 」 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 錆 色 の 塔 」 を 「 小 説 新 潮 」 翌 年 一 月 帰 国 。 十 一 一 月 、 「 神 の 鎖 」 を 「 小 説 現 代 」 に 、 「 失 踪 者 」 を に 発 表 、 「 砂 の 花 」 を 新 潮 社 、 「 命 の 森 」 を 読 売 新 聞 社 、 「 人 魚 と 野 「 別 冊 文 藝 春 秋 , に 発 表 。 年 郎 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 雲 に 向 か っ て 起 っ 」 を 集 英 社 、 「 青 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 三 十 五 歳 年 の 樹 」 ( 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 ま た 、 「 青 い 殺 人 者 ー を 「 週 一 月 、 「 天 使 た ち の 革 命 ー を 「 文 芸 」 に 、 「 た っ た 今 か ら 始 め よ う 」 刊 明 星 」 に 連 載 ( 翌 年 七 月 完 結 ) 。 七 月 、 「 獅 子 の 倒 れ た 夜 」 を 「 日 を 「 展 望 」 に 、 「 ベ ト ナ ム 時 間 の 平 和 」 を 「 週 刊 読 売 」 に 発 表 。 本 」 に 発 表 。 「 大 い な る 海 へ 」 集 英 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 盲 目 の 天 二 月 、 「 黒 い 環 」 を 河 出 書 房 、 「 終 幕 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 待

現代日本の文学 Ⅱ― 10 五木 寛之 野坂 昭如 集


月 の 朝 に 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 「 ヒ ッ ト ラ ー の 遺 産 」 を 光 文 社 よ 部 」 に 連 載 ( 翌 年 三 月 完 結 ) 。 六 月 、 「 奇 妙 な 果 実 」 を 「 オ ー ル 読 ら つ ば り 刊 行 。 ェ ッ セ イ 「 現 代 青 春 の な か の 頽 廃 ー を 「 展 望 ー に 発 表 。 キ ン 物 」 に 、 七 月 、 「 帝 国 陸 軍 喇 叭 集 」 を 「 問 題 小 説 」 に 発 表 。 「 に つ 。 ほ グ レ コ ー ド よ り 作 詞 「 鳩 の い な い 村 」 を 発 表 、 同 年 の 日 本 作 詞 大 賞 ん 漂 流 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 ヘ ア ビ ン ・ サ ー カ ス 」 を 「 小 ( 第 一 一 一 回 ) 「 作 品 賞 」 を 受 賞 。 八 月 、 「 望 郷 七 月 歌 」 を 「 小 説 セ プ ン 」 説 現 代 ー に 、 「 プ ル ー デ ィ ・ プ ル ー ス . を 「 小 説 セ プ ン 」 に 発 表 。 え ん に 、 「 わ れ ら は う た へ ど 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 九 月 、 「 デ ラ シ 「 五 木 寛 之 の 本 」 を ベ ス ト セ ラ ー ズ よ り 刊 行 。 十 月 、 「 実 録 ・ 怨 ネ の 夜 の 終 り に 」 ( の ち に 「 根 の 国 紀 行 」 ↓ 「 津 軽 漂 流 記 」 と 改 題 ) 歌 の 誕 生 . ( の ち に 「 怨 歌 の 誕 生 」 と 改 題 ) を 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 十 を 学 研 「 現 代 日 本 の 文 学 ⑩ 」 に 発 表 。 長 篇 「 テ ラ シ ネ の 旗 』 を 文 藝 一 月 、 「 ポ ン ジ ョ ー ル / 野 郎 , を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 作 品 集 「 こ が 春 秋 よ り 刊 行 。 十 月 、 金 沢 か ら 横 浜 へ 転 居 。 「 暗 い は し け 」 を 「 小 ね 虫 た ち の 夜 」 を 河 出 書 房 新 社 、 「 青 春 の 門 ・ 筑 豊 篇 ・ 上 下 」 を 講 談 社 う ち な だ び や く や 説 現 代 」 に 発 表 。 長 篇 「 内 灘 夫 人 」 を 新 潮 社 、 現 代 長 篇 文 学 全 集 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 北 欧 小 説 集 「 白 夜 物 語 」 を 角 川 書 店 、 長 篇 「 樹 「 五 木 寛 之 集 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 自 由 を わ れ ら に 」 を 氷 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 「 小 説 エ ー ス 」 に 発 表 。 ェ ッ セ イ 「 テ ラ シ ネ 草 紙 」 を 「 z 0 」 に 昭 和 四 十 六 年 ( 一 九 七 一 ) 三 十 九 歳 連 載 ( 翌 年 十 一 一 月 完 結 ) 。 十 一 一 月 、 「 文 学 者 と 物 書 き 」 を 「 文 学 界 」 一 月 、 「 夜 の 世 界 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 白 夜 草 紙 , を 「 文 藝 は と に 発 表 。 長 篇 「 朱 鷺 の 墓 ・ 空 笛 の 章 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 春 秋 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 鳩 を 撃 っ [ を 「 小 説 現 代 」 に 、 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 三 十 八 歳 「 イ エ ス タ デ ィ 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 三 月 、 「 五 木 寛 之 の 真 夜 中 一 月 、 「 聖 者 が 街 へ や っ て き た 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 モ ル ダ ウ 対 談 」 を 「 週 刊 読 売 ー に 連 載 ( 九 月 完 結 ) 。 ェ ッ セ イ 「 魔 女 伝 説 」 の 重 き 流 れ に 」 を 「 週 刊 朝 日 カ ラ ー 別 冊 」 に 、 「 ダ ・ フ ル ・ ク ラ ッ チ 」 を 季 刊 誌 「 zo> 」 に 連 載 ( 翌 年 一 一 一 月 完 結 ) 。 四 月 、 「 朱 鷺 の 墓 ・ 風 花 を 「 オ ー ル 読 物 ー に 発 表 。 野 坂 昭 如 と の 「 対 論 . を 「 話 の 特 集 ー に の 章 」 を 新 潮 社 、 対 談 集 「 白 夜 の 季 節 の 思 想 と 行 動 」 を 冬 樹 社 よ り 刊 ひ と み 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 夜 明 け の ラ グ タ イ ム 」 を 「 小 説 現 代 」 行 。 五 月 、 「 狼 の 瞳 の 奥 に 」 を 「 小 説 現 代 。 に 発 表 。 六 月 、 「 浅 の 川 に 発 表 。 日 記 「 作 家 の ノ ー ト 」 ( の ち 「 作 家 の 日 記 」 と 改 題 ) を 「 週 暮 色 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 冥 府 へ の 使 者 」 を 「 オ ー ル 読 物 ー に 発 刊 読 書 人 ー に 連 載 ( 翌 年 三 月 完 結 ) 。 三 月 、 「 プ ラ ハ の 春 と お く . 表 。 七 月 、 長 篇 「 に つ ぼ ん 三 銃 士 上 ・ 下 」 を 新 潮 社 、 「 対 論 野 坂 昭 を 「 小 説 セ プ イ に 発 表 。 「 に つ ・ ほ ん 退 屈 党 」 を 「 週 刊 文 春 」 に 連 如 x 五 木 寛 之 」 を 講 談 社 、 「 四 月 の 海 賊 た ち 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 載 ( 十 月 完 結 ) 。 作 品 集 「 涙 の 河 を ふ り 返 れ 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 ユ = コ ー ン の 旅 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 、 エ ッ セ イ 集 「 ゴ 四 月 、 「 夜 の ド ン キ ホ ・ ー テ 」 を 「 小 説 新 潮 ー に 発 表 、 エ ッ セ イ 「 ゴ キ ・ フ リ の 歌 」 を 毎 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 東 京 よ り 愛 を こ め て 」 お お か み キ プ リ の 歌 」 を 「 毎 日 新 聞 日 曜 版 」 に 連 載 ( 翌 年 三 月 完 結 ) 。 「 狼 の を 「 小 説 現 代 , に 発 表 。 「 ヒ ッ ト ラ ー の 遺 産 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 か い ぞ く ・ フ ル ー ス 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 四 月 の 海 賊 た ち 」 を 「 小 説 十 一 月 、 長 篇 『 青 春 の 門 ・ 自 立 篇 ・ 上 」 ( 立 志 篇 の 改 題 ) を 講 談 社 よ か た す み ひ つ ぎ 現 代 」 に 発 表 、 エ ッ セ イ 「 あ る 日 日 本 の 片 隅 で 」 を 「 小 説 セ プ り 刊 行 。 「 風 の 柩 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 五 木 寛 之 真 ン 」 に 連 載 ( 九 月 完 結 ) 。 ェ ッ セ イ 「 地 図 の な い 旅 」 を 「 婦 人 倶 楽 夜 中 対 談 」 、 小 説 集 『 ュ ニ コ ー ン の 旅 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。

現代日本の文学 25 円地 文子 佐多 稲子 集


へ り 一 月 、 「 あ だ し 野 ー を 「 文 藝 春 秋 , に 、 「 縁 」 を 「 群 像 ー に 発 表 。 り 刊 行 。 四 月 十 五 日 よ り 、 ア ジ ア 文 化 財 団 の 招 き に よ り 、 平 林 た い 子 と と も に 約 三 カ 月 間 、 欧 米 各 地 を 旅 行 。 十 月 、 「 そ の 日 か ら 始 ま 「 南 の 肌 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 四 月 、 「 花 散 里 」 っ た こ と 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 「 女 面 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 雪 折 れ 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 五 十 四 歳 「 女 帯 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 連 載 ( 三 十 七 年 四 月 完 結 ) 。 六 月 、 随 想 集 一 月 、 「 冬 紅 葉 ー を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 私 も 燃 え て い る 」 を 「 東 京 「 女 を 生 き る 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 女 の 繭 」 を 「 日 本 経 済 新 新 聞 、 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 「 な ま み こ 物 語 」 を 「 声 ( 季 刊 ) に 聞 」 に 連 載 ( 三 十 七 年 六 月 完 結 ) 。 十 月 、 評 論 「 八 大 伝 の 作 者 」 を 連 載 ( 三 十 六 年 一 月 雑 誌 休 刊 の た め 中 断 、 そ の 後 書 下 ろ し て 四 十 年 「 群 像 」 に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 南 の 肌 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 十 七 歳 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 l) 七 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 猫 の 視 界 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 五 月 、 「 四 季 妻 . ( 「 花 散 里 」 の 一 D を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 七 月 、 「 驢 馬 の 耳 」 一 月 、 「 終 の 棲 家 」 を 「 群 像 」 に 連 載 ( 八 月 完 結 ) 、 一 一 月 、 「 美 少 女 」 ふ た お も て を 「 中 央 公 論 」 ( 文 芸 特 集 ) に 、 「 双 面 」 を 「 群 像 ー に 発 表 。 短 篇 集 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 三 月 、 「 傷 あ る 翼 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 「 東 京 の 土 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 銀 河 」 ( 「 花 散 里 」 の 四 月 、 「 小 さ い 乳 房 」 を 「 文 芸 」 に 連 載 ( 八 月 完 結 ) 、 五 月 、 「 女 帯 」 三 ) を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 九 月 、 「 秋 日 銀 杳 」 ( 「 花 散 里 」 の 四 ) を を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 夫 婦 」 を 「 群 像 , に 、 「 し ゅ ん 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 十 一 月 、 「 欧 米 の 旅 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 「 小 説 新 潮 ー に 、 「 あ る 江 戸 っ 子 の 話 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 発 表 。 行 。 十 一 一 月 、 「 老 桜 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 随 想 集 「 女 の 秘 密 」 を 新 「 終 の 棲 家 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 短 篇 集 「 雪 折 れ 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 「 め く ら 鬼 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 発 表 。 潮 社 よ り 刊 行 。 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 五 十 五 歳 短 篇 集 「 小 さ い 乳 房 」 を 河 出 書 房 新 社 よ り 刊 行 。 五 十 八 歳 一 月 、 「 傷 あ る 翼 ー ( 長 篇 三 部 作 の 一 l) を 「 中 央 公 論 ー に 連 載 ( 七 月 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 三 ) し し じ ま 、 た ん 完 結 ) 、 随 想 「 女 を 生 き る 」 を 「 群 像 , に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 「 私 一 月 、 「 鹿 島 綺 譚 」 を 「 文 藝 春 秋 ー に 連 載 ( 八 月 完 結 ) 、 「 雪 燃 え 」 も 燃 え て い る 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 二 月 、 戯 曲 「 偽 詩 人 」 を を 「 小 説 新 潮 , に 連 載 ( 三 十 九 年 一 一 月 完 結 ) 。 五 月 、 「 さ ん じ よ う ば つ か ら 」 を 「 群 像 , に 発 表 。 七 月 、 「 現 代 好 色 一 代 女 」 を 講 談 社 よ 「 文 学 界 」 に 発 表 。 三 月 、 随 想 集 「 男 と い う も の 」 を 講 談 社 よ り 、 ざ ん げ 五 月 、 決 定 版 「 朱 を 奪 う も の 」 を 新 潮 社 よ り 、 作 品 集 「 高 原 抒 情 」 り 刊 行 。 八 月 、 「 噴 水 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 、 九 月 、 「 あ る 懺 悔 」 そ う か を 雪 華 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 喪 家 の 犬 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 に 発 表 。 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 十 月 、 「 銀 の 水 指 し 」 を 「 別 冊 小 説 新 「 迷 彩 。 を 「 婦 人 画 報 」 に 連 載 ( 三 十 六 年 四 月 完 結 ) 。 八 月 、 「 愛 情 潮 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 仮 面 世 界 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 「 こ の 酒 盃 を 」 の 系 譜 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 ( 三 十 六 年 三 月 完 結 ) 。 九 月 、 「 秋 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 「 鹿 島 綺 譚 」 「 結 婚 相 談 」 を 文 藝 春 灯 」 ( 「 花 散 里 」 の 五 ) を 、 十 一 一 月 、 「 冬 至 」 ( 「 花 散 里 」 の 終 篇 ) を 秋 新 社 よ り 刊 行 。 五 十 九 歳 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 五 十 六 歳 一 月 、 「 千 姫 春 秋 記 」 を 「 小 説 現 代 」 に 連 載 ( 四 十 年 六 月 完 結 ) 。 一 一

現代日本の文学 34 井上 靖 集


『 異 国 の 旅 』 を 毎 日 新 聞 社 よ り 、 独 訳 『 猟 銃 』 を ズ ー ル カ ン プ 社 よ ろ し や 国 酔 夢 譚 」 取 材 の た め 、 妻 ふ み 、 次 女 佳 子 を と も な っ て ソ 連 り 刊 ( 何 。 各 地 を 回 る 。 九 月 、 『 夜 の 声 』 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 『 お ろ し ゃ 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 五 十 八 歳 国 酔 夢 譚 』 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 「 西 域 物 語 」 を 「 朝 日 新 聞 」 日 曜 一 月 、 『 羅 刹 女 国 』 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 、 『 井 上 靖 西 域 小 説 集 』 を 講 版 に 連 載 ( 四 十 四 年 三 月 完 結 ) 。 十 一 一 月 、 「 北 の 海 」 を 「 東 京 新 聞 」 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 初 め よ り 約 一 か 月 、 永 田 一 脩 ら と ソ 連 領 中 央 ア に 連 載 ( 四 十 四 年 十 一 月 完 結 ) 。 六 十 一 一 歳 ジ ア の シ ル ク ロ ー ド の 跡 を 踏 査 。 七 月 、 『 井 上 靖 自 選 集 』 を 集 英 社 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) よ り 刊 行 。 八 月 、 『 楊 貴 妃 伝 』 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 『 燭 一 月 、 「 四 角 な 石 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 四 月 、 「 お ろ し や 国 酔 夢 譚 」 台 』 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 化 石 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 ( 四 に よ り 、 新 潮 社 の 日 本 文 学 大 賞 を 受 賞 。 同 月 、 「 ア ム ・ ダ リ ヤ の 水 十 一 年 十 二 月 完 結 ) 。 溜 り 」 を 「 季 刊 芸 術 」 九 号 に 発 表 。 七 月 、 「 聖 者 」 を 「 海 」 に 発 表 。 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 五 十 九 歳 八 月 、 「 月 の 光 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 十 月 、 『 月 の 光 』 を 講 談 社 よ り 一 月 、 「 テ べ の あ る 街 に て 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 わ だ つ み 」 を 「 世 刊 行 。 十 一 月 、 『 西 域 物 語 』 を 朝 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 「 額 田 界 」 に 連 載 ( 四 十 三 年 一 月 完 結 ) 、 「 お ろ し や 国 酔 夢 譚 」 を 「 文 藝 春 女 王 』 を 毎 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 ( こ の 年 贈 は 、 福 田 宏 年 編 の も の を 基 に し 秋 」 に 連 載 ( 四 十 三 年 五 月 完 結 ) 。 同 月 、 『 井 上 靖 』 ( 「 わ れ ら の 文 て 編 集 部 で 作 製 し 、 同 氏 の 校 閲 を 得 た ) 学 」 ) を 講 談 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 『 井 上 靖 』 ( 「 現 代 文 学 館 」 ) を 文 藝 春 秋 、 六 月 、 『 夏 草 冬 濤 』 を 新 潮 社 、 八 月 、 『 井 上 靖 集 』 ( 「 豪 華 版 日 本 文 学 全 集 」 ) を 河 出 書 房 よ り そ れ ぞ れ 刊 行 。 十 一 月 、 『 傾 け る 海 』 を 文 春 秋 よ り 刊 行 。 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 六 十 歳 二 月 、 「 胡 姫 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 六 月 、 毎 日 新 聞 ( 夕 刊 ) の 「 現 代 日 本 の 小 説 」 の 第 二 作 と し て 「 夜 の 声 」 を 連 載 ( 十 一 月 完 結 ) 。 『 化 石 」 を 講 談 社 よ り 、 詩 集 『 運 河 』 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 六 月 一 一 十 八 日 、 ハ ワ イ 大 学 夏 季 セ ミ ナ ー の 日 本 文 学 の 講 師 に 招 か れ て 出 九 月 一 日 帰 国 。 七 月 、 「 魔 法 壜 」 を 「 別 冊 文 囈 春 秋 」 百 号 に 発 表 、 「 崑 崙 の 玉 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 六 十 一 歳 一 月 、 「 額 田 女 王 」 を 「 サ ン デ ー 毎 日 」 に 連 載 ( 四 十 四 年 三 月 完 結 ) 。 「 風 景 」 に 一 年 間 、 詩 を 連 載 。 五 月 九 日 よ り 六 月 ニ 十 一 日 ま で 、 「 お

写楽 仮名の悲劇


ゆ ら て つ じ Ⅷ 研 究 浮 世 絵 師 葛 飾 北 斎 説 由 良 哲 次 昭 和 年 ( 「 芸 術 新 潮 」 7 月 号 ) テ レ ビ 能 面 師 土 左 ヱ 門 の 次 郎 太 大 岡 信 昭 和 年 ( 8 月 日 放 映 ) し ば こ う か ん せ つ 研 究 浮 世 絵 師 司 馬 江 漢 説 福 富 太 郎 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 号 ) え の も と ゆ う さ い 四 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 説 榎 本 雄 斎 昭 和 年 ( 『 写 楽 ー ま ば ろ し の 天 才 』 新 人 物 往 来 社 ) こ れ は 昭 和 四 十 四 年 ま で の 表 で あ る が 、 そ の 後 目 に つ い た 説 を つ け 加 え る と 以 下 の よ う に な る で あ ろ 、 つ か 劇 研 究 俳 人 谷 素 外 酒 井 藤 吉 昭 和 年 ( 川 月 新 日 「 読 売 新 聞 」 ) い っ ぴ っ さ い ぶ ん ち ょ う の 引 研 究 浮 世 絵 師 一 筆 斎 文 調 出 井 祐 治 昭 和 妬 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 肥 号 ) 一 一 ん ど ・ つ 名 反 研 究 絵 師 片 山 写 楽 近 藤 喜 博 昭 和 町 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 絽 号 ) 楽 芻 研 究 阿 波 藩 絵 師 矢 野 典 博 瀬 尾 長 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 号 他 ) と し お 引 研 究 版 元 蔦 重 工 房 説 鈴 木 敏 夫 昭 和 簡 年 ( 「 江 戸 の 本 屋 』 中 央 公 論 社 ) げ さ く し ゃ み わ そ う 研 究 戯 作 者 山 東 京 伝 谷 峯 蔵 昭 和 年 ( 『 写 楽 新 考 』 文 藝 春 秋 ) 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 阿 部 清 昭 和 年 ( 3 月 S 日 「 読 売 新 聞 ー ) 小 説 秋 田 蘭 画 の 絵 師 近 松 昌 栄 高 橋 克 彦 昭 和 年 ( 『 写 楽 殺 人 事 件 』 講 談 社 ) 劇 画 浮 世 絵 師 喜 多 川 歌 麿 石 ノ 森 章 太 郎 昭 和 田 年 ( 「 死 や ら く 生 』 中 央 公 論 か つ ひ こ

現代日本の文学 48 石原 慎太郎 開高 健 集


416 び 春 休 み か ら 小 説 を 書 き 始 め た 。 そ の 小 説 が 「 太 陽 の 季 節 」 で 、 完 イ 「 文 明 批 判 の 強 靱 な 鑿 」 を 「 群 象 」 に 発 表 。 「 日 蝕 の 夏 」 を 三 笠 び ん ら ん 成 後 「 文 学 界 新 人 賞 」 に 応 募 し た 。 七 月 号 に 新 人 賞 候 補 作 品 と し て 書 房 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 丹 羽 文 雄 論 」 を 「 文 芸 」 に 、 「 価 値 紊 乱 者 の 掲 載 さ れ 、 秋 、 第 一 回 文 学 界 新 人 賞 を 受 賞 し た 。 瓜 生 卓 造 、 戸 川 雄 光 栄 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 十 月 、 「 傷 痕 ー を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 次 郎 ( 菊 村 到 ) 等 と ク オ ー タ リ ー 文 芸 誌 「 文 芸 手 帖 」 を 三 笠 書 房 よ 発 表 、 十 一 月 、 「 恋 の 戯 れ 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 ま た 、 初 め て の 長 編 り 創 刊 し た 。 九 月 、 「 冷 た い 顔 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 取 「 亀 裂 」 を 「 文 学 界 」 に 連 載 ( 翌 年 九 月 完 結 ) 。 十 二 月 、 「 男 だ け 」 り 返 せ ぬ も の 」 を 「 新 女 苑 」 に 発 表 。 十 一 一 月 、 石 田 光 治 長 女 由 美 子 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 こ の 年 、 「 ヨ ッ ト と 少 年 」 を 執 筆 し た が 、 と 結 婚 。 雑 誌 発 表 は さ れ ず 、 「 理 由 な き 復 讐 」 ( 三 笠 書 房 ・ 四 月 ) に 直 接 収 録 一 一 十 四 歳 さ れ た 。 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 一 一 十 五 歳 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) 一 月 、 「 太 陽 の 季 節 」 で 第 三 十 四 回 芥 川 賞 を 受 賞 。 こ の 作 品 を め ぐ っ て 激 し い 賛 否 の 議 論 が 起 っ た 。 一 一 月 、 「 奪 わ れ ぬ も の 」 を 「 文 学 界 」 一 月 、 「 若 い 獣 , を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 「 旅 の 果 て 」 を 「 文 芸 」 に 発 に 発 表 。 三 月 、 「 処 刑 の 部 屋 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 ま た 、 「 日 蝕 の 表 。 一 一 月 、 「 接 吻 泥 棒 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 若 い 獣 」 を 新 潮 カ マ キ リ 夏 . を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 失 わ れ た 女 」 を 「 新 女 苑 」 に 発 表 。 社 よ り 刊 行 。 四 月 、 「 蟷 螂 の 庭 」 を 「 新 潮 , に 、 「 白 い 翼 の 男 ー を 同 月 、 処 女 短 編 集 「 太 陽 の 季 節 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 こ の 作 品 集 は 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 同 月 、 長 男 伸 晃 誕 生 。 五 月 、 「 文 学 へ の 素 も や 戦 後 世 代 の 最 初 の 自 己 を 強 烈 に 主 張 し た も の と し て 注 目 を 集 め 、 爆 朴 な 疑 問 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 七 月 、 戯 曲 「 靄 の 夜 」 を 「 文 学 界 」 発 的 な 評 判 で 、 一 一 十 五 万 部 を 売 り つ く し 、 「 太 陽 族 」 と い う 新 語 ・ フ に 発 表 。 八 月 、 「 谷 川 」 を 「 知 性 」 に 発 表 。 「 太 陽 の 季 節 」 ( 文 庫 ) ー ム を 引 き 起 し た 。 同 月 、 一 橋 大 学 を 卒 業 。 四 月 、 映 画 監 督 を 志 望 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 完 全 な 遊 戯 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 ギ ン ザ ・ し 、 東 宝 に 入 社 す る こ と が 決 定 し て い た が 、 一 日 出 社 し た だ け で 止 フ ァ ン タ ジ ア 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 現 代 青 年 の エ め 、 作 家 生 活 に 入 っ た 。 同 月 、 「 喪 失 」 ( 後 に 「 理 由 な き 復 讐 」 と 改 ネ ル ギ ー 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 発 表 。 十 二 月 、 「 そ れ だ け の 世 界 」 を 題 ) を 「 知 性 」 に 発 表 。 「 月 蝕 」 を 「 週 刊 新 潮 」 に 連 載 ( 七 月 完 結 ) 。 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 一 一 十 六 歳 「 理 由 な き 復 讐 」 を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 。 い っ ・ ほ う 、 「 新 人 の 季 節 」 と 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 題 し て 「 文 学 界 . で 三 島 由 紀 夫 と 対 談 。 五 月 、 「 太 陽 の 季 節 」 が 古 一 月 、 「 海 の 地 図 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 「 栄 光 を 川 」 早 已 監 督 で 映 画 化 さ れ 、 自 ら 出 演 す る 。 六 月 、 「 北 壁 」 を 「 新 潮 」 白 き 腕 に 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 「 亀 裂 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 に 、 「 空 港 に て 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 悪 い 夢 」 を 「 小 説 新 潮 」 三 月 、 評 論 「 「 美 徳 の よ ろ め き 」 論 」 を 「 新 潮 , に 発 表 。 「 完 全 な 遊 に 発 表 。 七 月 、 「 透 き と お っ た 時 間 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 婚 約 指 輪 」 戯 」 を 新 潮 社 よ り 、 「 太 陽 の 季 節 」 ( 文 庫 ) を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 六 を 「 小 説 公 園 、 に 、 「 狂 っ た 果 実 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 ま た 、 月 、 「 乾 い た 花 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 怒 り の 果 実 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 短 集 「 狂 っ た 果 実 」 を 奥 野 肇 の 装 幀 で 新 潮 社 よ り 、 短 編 集 「 北 壁 」 発 表 。 ま た 、 山 口 洋 子 と の 詩 画 集 「 に ぎ や か な 森 」 を ユ リ イ カ よ り を 三 笠 書 房 よ り 刊 行 す る 。 八 月 、 「 青 い 舷 燈 」 を 「 知 性 」 に 、 エ ッ セ 刊 行 。 七 月 、 「 夜 を 探 が せ 」 を 「 週 刊 読 売 」 に 連 載 ( 翌 年 一 一 月 完 結 ) 。

現代日本の文学 42 島尾 敏雄 井上 光晴 集


「 紙 の 夜 に 」 ( 潮 三 月 号 ) 、 「 鱶 ね む る 志 々 岐 島 」 ( 潮 別 冊 春 季 号 ) 、 「 鳩 を 文 学 界 三 月 号 よ り 連 載 、 九 月 に 完 結 。 七 月 『 虚 構 の ク レ ー ソ 』 舎 の 小 さ い 梯 子 」 ( 潮 別 冊 夏 季 号 ) 、 「 清 潔 な 河 口 の 朝 」 ( 文 学 界 六 月 ( 新 潮 文 庫 ) 、 『 井 上 光 晴 集 』 ( 大 光 社 、 現 代 文 学 の 実 験 室 ) 、 「 心 優 し 号 ) 、 「 赤 鰭 楼 の 後 継 者 た ち 」 ( 展 望 六 月 号 ) 、 「 階 級 」 ( 群 像 十 月 号 ) 。 き 反 逆 者 た ち 」 を 「 世 界 」 七 月 号 よ り 連 載 開 始 、 現 在 連 載 中 。 八 月 一 月 短 篇 集 『 皮 膚 の 眼 』 ( 勁 草 書 房 ) 、 五 月 短 篇 集 『 九 月 の 土 曜 日 』 短 篇 集 『 鬼 池 心 中 』 ( 新 潮 社 ) を 刊 行 。 三 月 十 六 日 、 新 日 本 文 学 会 ( 潮 出 版 社 ) 、 六 月 長 篇 『 乾 草 の 草 』 ( 講 談 社 ) 、 十 一 月 短 篇 集 『 清 潔 を 退 会 。 匹 十 四 歳 な 河 口 の 朝 』 ( 文 藝 春 秋 社 ) を そ れ そ れ 刊 行 。 「 長 く 歩 い た 後 」 を 「 文 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 「 コ ー ヒ ー 店 > の 地 下 」 ( 人 間 と し て 創 刊 号 ) 、 季 刊 誌 「 辺 境 』 の 編 芸 」 に 三 月 号 よ り 連 載 開 始 。 現 在 連 載 中 。 四 十 一 一 歳 集 発 刊 を 準 備 、 六 月 創 刊 号 を 刊 行 。 「 辺 境 」 を 発 表 。 座 談 会 「 現 代 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) わ き ろ 「 脇 櫓 を 漕 ぐ 」 ( 国 語 教 育 一 月 号 ) 、 ル ポ 「 三 派 系 全 学 連 は 孤 立 し な 文 学 の 原 点 」 ( 文 芸 三 月 号 、 黒 田 喜 夫 、 野 坂 昭 如 と ) 、 評 論 「 七 〇 年 か っ た 」 ( 週 刊 朝 日 二 月 二 日 号 ) 、 「 た た か い の 朝 」 ( 朝 日 ジ ャ ー ナ ル 夏 へ の 告 発 」 ( 週 刊 朝 日 臨 時 増 刊 七 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 カ リ ー ニ ン 橋 二 月 二 十 五 日 号 ) 、 「 蕩 児 の 帰 棟 」 ( 文 学 界 四 月 号 ) 、 「 状 況 」 ( 三 田 文 の 下 で 」 ( 現 代 の 眼 十 一 一 月 号 ) 、 「 嬰 児 の う た 」 ( 群 像 四 六 年 一 月 号 ) 学 五 月 号 ) 、 戯 曲 「 蜘 蛛 た ち 」 ( 新 日 本 文 学 五 月 号 。 劇 団 青 俳 に よ り 「 作 家 の 仕 事 ・ — 」 ( 文 学 五 月 号 ) 、 「 作 家 の 仕 事 ・ Ⅱ 」 ( 文 学 九 月 号 ) 、 紀 伊 国 屋 ホ ー ル で 上 演 。 三 月 十 四 日 よ り 八 日 間 ) 、 「 海 へ 行 く 駅 」 ( 潮 『 井 上 光 晴 新 作 品 集 』 ( 五 巻 ) 勁 草 書 房 刊 行 完 結 。 一 月 、 『 地 の 群 れ 」 別 冊 秋 季 号 ) 、 「 残 虐 な 抱 擁 」 ( 群 像 九 月 号 ) 、 評 論 「 陰 画 の 主 題 」 ( 群 新 装 版 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 『 死 者 の 時 」 ( 角 川 文 庫 ) 、 八 月 『 妊 婦 た 像 十 一 月 号 ) 、 「 鋏 の よ う な 海 」 ( 風 景 十 一 月 号 ) 、 「 明 日 の 岸 辺 」 ( 文 ち の 明 日 』 ( 角 川 文 庫 ) 、 十 一 月 『 階 級 』 ( 講 談 社 シ リ ー ズ ) 刊 行 。 学 界 十 一 月 号 ) 、 「 安 ら い の 場 所 」 ( 新 潮 十 一 一 月 号 ) 、 「 西 海 の 役 者 た 九 月 「 地 の 群 れ 」 文 学 座 公 演 ( 紀 伊 国 屋 ホ ー ル 、 木 村 光 一 脚 色 ・ 岩 ち 」 ( 世 界 十 一 一 月 号 ) 。 「 気 温 十 度 」 ( 潮 別 冊 ) 、 「 象 の い な い サ ー カ ス 」 村 久 雄 演 出 ) 。 十 一 月 、 宮 崎 に て 九 州 高 等 学 校 国 語 研 修 会 の た め に ( 潮 別 冊 ) 、 「 空 想 よ り 科 学 へ 」 ( 潮 別 冊 ) 。 一 月 長 篇 『 階 級 』 ( 講 談 社 ) 、 講 演 。 四 月 長 篇 『 他 国 の 死 』 ( 河 出 書 房 ) 、 七 月 長 篇 『 黒 い 森 林 』 ( 筑 摩 書 房 ) 、 十 二 月 長 篇 『 残 虐 な 抱 擁 』 ( 講 談 社 ) 、 短 篇 集 『 気 温 十 度 』 ( 筑 摩 書 房 ) を 刊 行 。 な お 、 「 戦 争 は 終 っ た 、 そ し て : : : 」 と 傍 題 を 付 し た 自 叙 伝 の 「 虚 構 伝 」 を 展 望 一 月 号 よ り 十 一 一 月 号 ま で 連 載 。 七 月 、 秋 山 駿 と 対 談 「 私 の 文 学 」 、 十 一 月 、 有 明 工 業 高 等 専 門 学 校 六 週 年 記 念 講 演 。 四 十 三 歳 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 「 阿 蘇 」 ( 新 日 本 文 学 一 月 号 ) 、 「 せ む し た ち の 冬 」 ( 文 学 界 三 月 号 ) 、 「 鬼 池 心 中 」 ( 群 像 五 月 号 ) 、 「 と び 」 ( 潮 別 冊 冬 季 号 ) 。 「 象 を 撃 つ 」 は さ み