体内 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
84714件見つかりました。

1. 三省堂漢和辞典 第3版

親字の【】は常用漢字、ニは常用漢字外、親字の下の漢字は教科書体 2 【イ】 5 ターネイ 〇テン O ウカガう ( ふ ) 。横からじっ 口があまり開かない 【体解からだをばらばらに切りさく。八つさげる「ー首、ー頭」@タれる 5 「 と見つめる 0 タれるレ垂⑩チョウ 0 體 ( もと骨 ) は正字、躰はざきにする 第一口を氏氏④ 5 【体】体 ( テフ ) ささやく⑩セン@シめるレ占 俗字朝夕イ・ティ (D カラダ。身【体製】〇ほねぐみ。ていさい〇詩文などの テン・デン (I) ックダ。作り田。新た 体。体ク。全身「ー内、ー刑、ー温、ー操」しくみ 「 0 その身になって考える【低下】誓〇さがる。低くなる〇ねだんが安く 5 一佃一 に耕した土地。新田 0 耕地を耕 0 かたち。形体④ありさま。形状 @すがた。【体認】蒡〇体験してし 0 かり心にのみこむなる〇悪くなる なり。ふり 6 かた。体裁〇ようす。外観本【体罰】からだに加えて苦しめる刑罰。体【低回】誓Ⅱ低個Ⅱ低徊さまよう。歩きす小作一 , をする。他人の耕地を借りて耕 体。 X 用 @ー定の格式や規模のあるもの刑 「礼儀正しいようすまわる。深く思いに沈みながらゆっくり歩きます@小作人。佃戸。佃客Ⅱ田。猟をする 『佃作農業に従事する「つめた食品 「国ー」⑤順序。秩序因神仏の像やお守り一体貌』 O ようす。形体と容貌と〇礼容。わる。低行徊「ーー不」能」去」 を数える語①⑩ホン CD おとる 0 あらい 【体質】髣〇からだのなりたち。からだの形や【低気圧】誓ッ低氣壓 O まわりの地域にく【佃煮】齪小魚・貝・小えび・のりなどを煮 はたらきの上での性質・状態〇たち。性質らべて気圧が低くなっている状態 0 何事か〔佃漁 ) 鳥獣をとるのと魚貝をとるのと 第当一卞オ本② が今にも起きそうな険悪なさま 0 きげんが悪 5 【伝 4 ィーイーイーイーイーイー【体膚】〇からだと皮膚〇からだ 佞は正字、侫は俗字ネイ 0 ロ 【体力】ク身体がしごとにたえるカ 【体験】體驗〇自分で実際に経験する【低劣】程度が低く劣 0 ている〔いたとえ 5 一 先がうまい。ロじようず 0 才がある 【低吟】身低い小さい声で詩や歌をうたう。 【体用】〇物事の本体とその作用と〇実 0 自分がやってみた経験 ヘッラう ( ふ ) 。おもねる@へつらい者。おべん 体と応用と △一体、人体、下体、女体、上体、五体、低唱。 X 高吟 ちゃら国ねじけ者 【体位】讐 O 体格・健康・運動能力などの天体、仏体、文体、玉体、古体、正体、【低利】やすい利息。 X 高利 総称「ーーの向上」〇からだの位置。姿勢本体、立体、気体、自体、字体、全体、『低日低くな 0 たり、高くなったりしてき『侒人】勢日侒者〇口先がうまくて人にこ 「味がいやし、 レびへつらう人〇心がまがった人 【体系】個々別々のものを系統的に統一肉体、近体、形体、身体、具体、固体、まらない する組織。システム「ーーを立てる」 国体、物体、神体、政体、書体、異体、【低級】ウ〇程度が低い〇低い等級 0 趣【侒才】〇口先ばかりうまくて人にこびへ 【体育】〇からだを成長・発達させる教液体、常体、解体、詩体、雑体、遺体【低姿勢】イ相手に対して下手たに出るつらう才能〇弁舌がうまく人にこびる人 育。 X 知育・徳育〇体育を教える学科 L こと一侒巧勢口がうまく、人にこびへつらう タン・ダン (I) 〔日〕タダし④しかし【低俗】低級でいやしい @但し書きの初めに冠する語 0 タ【低迷】〇低くさまよう〇きり・もやなどが【侒弁勢侒辯〇人におもねりへつらい 【体制】〇かたち。こしらえ〇詩や文章の 体裁〇各部分が統一を保って一体をなすダ④そればかり。ひとり @すべて。一般にけしきを隠す状態〇〔経〕安い相場が続く気にいられるように言う〇こびへつらうことば 組織「まとっている独特の気分やくせ〔日〕但馬の国の略 【低能】頭のはたらきが普通人よりも劣る【侒言】勢こびへつらうことば。侒弁 【体臭】翳ウ〇からだのにおい〇その人につき一但書』しレ但し書き。そえがき。本文の末【低唱】ウ声低くうたう。低吟〔こと。おろか一侒臣】口さきがうまく人にこびへつらうけ に書き添えて、例外・条件の説明などをする【低率】〇低いわりあい 0 安い利息。低らい。乃侒。姦臣 【体面】努世間に対する体裁。みえ。面目 「〇低くへらす。価を安くする一侒幸 ) 引Ⅱ侒倖こびへつらって主君の 【体要】蒡〇ものごとのたいせつなところ。要文句、その初めに但の字を書くからいう 点〇大体と綱要と 「ち 5 【仲 【低減】〇へって低くなる。価が安くなる寵鴛愛を得るもの。お気に入りの人 【体格】 O からだ。ほねぐみ 0 ていさい。かた 一宀丁 , = 0 ・ = 0 。」ば【低湿】「低濕。土地低 = 00 。気『侒邪「〇 00 、 00 ぞ心ね 0 【 0 【体現】髣形に現す。具体的に表現する 『侒姦勢Ⅱ侒奸励 O 口先がうまくて心がね 【体得体験によってわかる。十分に理解 氏 @アイ (D ヒクい x 高。土地・空【低廉】ねだんが低い。物価が安い して身につける。体認 イ間・せい ( せたけ ) ・音声・音調・【低調】ウ O 調子が低い。俗悪 0 調子がじけている〇口先うまく、心がねじけた人 【体裁】 O みえ〇みかけ。外観 0 ありさま。価格・温度・職分などが低い「ー地、ー声、でない。能率が悪い 0 〔経〕相場が下落ぎみ『侒智イずるがしこい知恵 すがた④詩文の格式@整 0 た〈形《形式のー価、ー空、ー音、ー温、ー語」 0 ヒクまる。【低額】少ない金額。 x 高額 L なこと一侒猾勢〇口先がうまくてわるがしこい〇 口先うまく、悪がしこい人物 詩文の格式 低くなる。さがる。低落ラめる。低くする。△高低、最低

2. 漢語林 改定版

実体・主体・重体・書体・正体・常体・身体・神体・人読むことが多い。⑦ひ A 。それだけ。限定の意を表す。④も【低減】国へること。へらすこと。また、値段を安くすること。 体・政体・聖体・全体・草体・総体・俗体・大体・団体・ 0 ばら。ひたら。⑦むなしく。いたすりに。〇しかし。国た【低《昂・低《印・低仰】①低いことと高いこと。②高 くなったり低くなったりして定まらないこと。 天体・肉体・媒体・風体・物体・文体・別体・変体・編年だし。⑦しかし。④それ A 。あるいは。⑦そうでなければ。 【低湿 ( 濕 ) 】土地が低くて湿気の多いこと。 体・母体・法体・本体・無理無体・有機体・裸体・立体・但馬 ティショウ 文 低い声で静かに歌い、ちびりちび センシン 略体・老体 OI 形声。人 + 旦音符の旦は、地平線上に【低唱浅 ( 淺 ) 《斟】 篆太陽のあらわれる形にかたどる。人が肩をあらり酒を飲むこと。浅斟低唱。 【体位】①体格・健康の程度。②か ~ の位置。 【体育】鶚①からだの成長・発達を助け、強健にするためのわす、はだぬきの意味を表す。借りて、ただの意味に用いる。【低俗】国低くいやしい。下品。低級卑俗。 【但書】し国本文の後に書きそえて、例外・条件などを【低調】誓ウ国①音楽の調子の低いこと。また、低い調子。 教育。↑知育・徳育。②学校教育の教科の名。 ②俗悪であること。③能率の低いこと。④調子の悪いこ 【体解】昔の最も重い刑罰。からだをばらばらに切り離す説明する文。その初めに「但」を付けるからいう。 「頭」 【但馬こま国旧国名の一つ。今の兵庫県の北部。上代にと。 もの。八つざき。支解。 【低頭】頭を下ける。頭を垂れる。うなだれる。「平身低 【体格】①からだっき。骨ぐみや肉づきなどの様子。②は田道間と書いた。 ①たたすむ【低能】国①頭の働きの鈍いこと。②知能の発達の低 【体△躯】か長。身体。 第 zhü ジョ ( ヂョ ) ( 躇せ。 2 まっ。 〔詩文や書なあ品格。。宀丁《①チ = 【体刑】①人のからたに加える刑罰。体罰。②国 ( 罰人 【低迷】①雲なの低くただようこと。②頭を垂れてさ 金刑に対して ) 自由を奪うことを内容とする刑罰。懲役・たたすんで待ち望む。 文 禁固なン第いう。 、・形声。人 + 宇。音符の ~ は、物を貯 , 事 ( うこと。③転じて、悪い状態を抜け出せず迷うこと。 ・々・器具の象形。安定して置かれる宀丁のよっに、【低劣】程度が低くおとっていること。 【体系】一定の原理によって秩序正しく統一された組篆 「験。人がある場所に不動のままにいる、たたすむの意味を表す。【低廉】価の安いこと。廉は、安い。 織。 「ること。 曰みる ( 視 ) 。また、う 日テン思 【体験 ( 驗 ) 】自分で実際に経験すること。また、その経【佇《眄】実たたずんでながめる。佇見。 1 ニセン思 zhän かがう。ニさやく 【估下 【体言】髣国名詞・代名詞を合わせていう。語尾活用がな【佇立】たたすむ。 ( 望見すなどに ) しばらく立ちンま人 引形声。人 + 占。 ティ く、文の主語となることのできるもの。。用言。 ①ティ ①田 ( 耕作地 ) 別ひくい・びくめる・ き di 6 ①テン 佞【体現】髣形にあらわす。具体的に表現する。 タイ 最 tiån 人 ひくまる を耕す。 2 かり テン 。【佃了 佃【体裁】①ありさま。すがた。かたち。②詩文の形式。 ( 狩 ) 。狩りをする。Ⅱ畋′。国つくだ。作り田の略された語。 ③日①。④国暮みえ。みかけ。外見。外観。 丘氏氏 筆順 新たに開墾した耕地。 【体質】①からだの性質。「虚弱体質」②か ~ の形 、ひく 0 高。⑦たけがひくい。④値段がやすい。⑦文 ①ひくしし 低態・はた 0 さについての特徴。 1 田形声。人 + 田⑥。音符の田は、か 金 ・篆、・りをしたり、耕作をしたりする所の 佇【体制】①かたち。こしらえ。②しくみ。くみたて。組織。音声が小さい。〇位・身分・格式なだが劣「ている。 2 た れるい。たれさがる。また、ひ / ) 、する。 象形。その土地の管理をする人の意味を表す。日本では、 ③詩や文章のていさい。体製。 文 但【体操】①か彜 ~ の発育や健康の増進な目的として ヱ形声。人 + 氏。音符の氏は、そこの意味。耕作する田の意味のつくりだの意味から、つくだと読む。 ・・人のなかでも背丈が底の方のもの、ひくいの意【佃漁】鳥獣のを佃、魚貝をとるのを漁という。畋 の行う、規則正しい肉体運動。②六学校教科の名。今 L 味を表す。漁。 「ける。体認。マ高低・最低 の体育。 一【体得】翳体験によって会得 1 , する。十分理解して身につ【低下】誓①ひくい。②ひ一 ~ なること。。上昇。③悪く【佃戸】 ) ' 田地を借りて耕す人。小作人。佃客。 【佃作】耕作する。農業に従事する。 【体面】①ていさい。見た目のようす。②世間に対するなること。。向上。 【低回・低《個・低《徊】①さまよう。立ち去りにくいよ【佃煮こくだ国小魚・貝なレ第しようゆ・みりん・砂糖で煮し ( ていさい。みえ。面目。「体面を傷つける」 めた食品。江戸の佃島で作り出したという。 うすで六まよい歩く。思いに沈みながらゆっくり歩きまわる。 画【体用】①本体と、その作用。②原理と応用。 ② , 月うねとめぐり続く。 7 ①ネイ 5 【体要】物事の大切なところ。要点。 「径 ning ニョウ ( ニャウ ) ①タン 【低回顧望イ思いに沈みながら行きつもンのつして、あ人 dän 常ただし たりの景色などをながめること。 ①へつらう第。おもねる。また、その人。「姦佞芻」 2 口がう ダン 人 【低回趣味イ国世俗的な労苦を避け、ゆったりしたまい。弁舌がたつ。 3 はた才能。「不佞」よこしま 日日一 筆原 気分で東洋的な詩境にふける趣味。夏目漱石が提唱 ( 邪 ) 。ねじける。口先ばかりで心がねじけている。また、偽善。 剳〔侫〕は俗字。 ただ。訓読では、但に呼応する句末の語に「・ : ノミ」とそえてしたもので、低回派・余裕派ともいわれる。 。【佞ア

3. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

生物の大きさは緯度と関係がある ? ベルクマンの規則 寒い地域に生息する動物ほど大型化する 十 6 ドイツの生物学者 「恒温動物は同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど 体重が大きくなるー、そして「近縁な種の中では大型の 種ほど寒冷な地域に生息する」という規則を発見しまし は大 た。たとえばクマの仲間では きいか、ヒグマ、ツキノワグマと生息地域が温暖になる につれて体格が小さくなるというわけです。 これは、動物の体内で発生する熱の量が体重Ⅱ体積に 比例するのに対し、放熱する量は体表面積に比例する、 ということが原因です。つまり体長 ( 身長 ) が増加する と、体重はその 3 乗で増えていきますが、表面積は 2 乗 でしか増えません。そのため体長が大きくなるほど、体 重あたりの表面積が小さくなり、より熱を体内に保ちゃ すいというわけです。 体温を保っための進化 クリスチャン・。ヘルクマン ( ) ホッキョクグマ ( ) KEYWORD 2 ホッキョククマ クマ科の中では最も大きな体を持ドイツの生物学者であり生理学者。 つ。ホッキョクグマのオスの体重は生物の環境への適応に着目し、ベル 400 ~ 600kgo 東南アジアに生息すクマンの規則は、アレンの規則、グ ロージャーの規則とともに「適応三 るマレーグマは体重 50kg ほどでク マ科最小である。 規則」と呼ばれる。 178

4. 明解漢和辞典 新版 長澤規矩也編著

2 【イ】 5 サクータイ 【作品】男作られたもの。製作品 以】 3 ジ (T-) = る。同じようである 0 = 【伸張】彰。のばしはる。おしひろめる 一作」俑 = (D ↓殉死者のかわりに埋める木製イせる。まねをする @ゴトし ( 文 ) 。よ【伸縮】クのびるとちぢむと。のびちぢみ現 △屈ー の人形を作る〇よくないことをしはじめうだ@シメすレ示国つぐ 語 る。悪例を作る 「〇一財産作る似而非者一る外形は似ているが内実はち 5 【他】↓ 3 【作家】 % () 文芸作品などを作る人。作者 1 がうもの。にせもの「まかし〇いやしい 5 『宀ヒ』夕 (D ホカ日他 0 「 ( カ ) ウムる。かは 【作病】ウにせの病気。つくりやまい。仮病一似非 CD 似てはいるが、実はちがうこと。ご一イぶる 0 〔日〕ワびる。④心苦しく思う ( 文 ) 一作」悪言 1 作」惡。非常にいみきらうこと【似顔】皿お人の顔ににせてかいた絵 @寂しく思う 6 なやむ。つらく思うあや 【作略】クはかりごと。かけひき。策略 △近ー、相ー、無ー、疑ー、酷ー、類ー まる @〔日〕ワビしい④さびしい@つらい 6 語 類 【作場】ち 0 CD 。作坊。しごとば。ふしんごや一 5 『作】倆 ( もと料画 ) は正字〇 " 除ジ嘆かわしまずし〔。貧乏な国〔日プ④ 【作意】 0 (D 作ったときの心もち。文を作ったと 【住】住は旧字⑩ジ ( ヂウ朝チ計ジ ( ヂ ) 一佗佗姦すがたかたちが美しくて、ゆ 0 たりし一 きの心中〇創作しようとする心〇たくら」 【体】 0 體 ( もと骨は正字、躰は俗字 筰業】しごと。労働 L みの心をきめる「ー人」 0 スまい ( ひ ) 。すみか。すむと 【作詩】づ詩をつくる。詩作 ころ。住所。住居。住宅。住家トドまるⅱ止身「ー内、ー温」 0 カタチ。形体④ありさま。形対 【作戦】男イ・作戦 (D 戦いのしかた。戦争につい【住山】ウ〔仏〕寺に住む僧。住持 状 @すがた。なり。ふり 6 かた。体裁朝本体。 ての計画@勝負を争うためのくふう 【住民】ウその土地に住んでいる人民 X 用 @ー定の格式や規模のあるもの「国ー」 一作一導十二支の酉にの年の異名 【住持】鎧〔仏〕 O 寺のかしらとなる僧〇この世国順序。秩序 33 ホン (D おとる 0 あらい 1 = ⅱ 【作興ウ (D おこる〇ふるいおこす「精神ー」に安住して正法を保持する 【体力】翳ク身体がしごとにたえる力「応用表 一作レ一ザわざわいを起こす L—」【住職プ島〔仏〕一寺の主僧。住持 【体用】 () 物事の本体とその作用〇実体と一新 △カー、エー、凶ー・、末ー、合ー、自ー、名ー、近△永ー、安ー、先ー、居ー、定ー、移ー、現ー、常」【体刑】人のからだに加える刑罰。体罰 と 5 〔仍一↓ 2 L ー、転ー、無ー【体位イ CD 体格・健康・連動能力などの総称 5 司】 3 シウカガう ( ふ ) ④たずねる。訪申】朝シン (D ノびる④長くなる@広く「ーーの向上」〇からだの位置。姿勢「統上 ・ー′ケイ ようすをさぐるねらう。ひそかに機会を①生長する 6 ながびく①延期になる。あと【体育】 (D からだを成長・発達させる教育。 X 待っ①のぞく。のぞいてみる 6 おしはかるになる①つかれて動けなくなる⑦そば・う知育・徳育〇体育を教える学科、戦前の体操下 ①神仏におっげを願う上のさしずを求めどんなどの弾力がなくなる 0 ノばす④長く【体制】 () かたち。こしらえ〇詩や文章の体の る 0 ウカガい ( ひ ) ④おたずね @みまい 6 神する @広くする 6 まっすぐにする高くす裁 0 各部分が統一を保って一体をなす組織 と 仏のおっげを願うこと上のさしずを求める①生長させる 6 長びかせる①延期にする【体臭】翳ウ () からだのにおい〇その人につき 中 ること ⑦たおして動けなくする朝ノベる④長くすまとっている独特の気分やくせ の 【伺候ウ (D 目上の人の安否をうかがう。ごきる@広くする。ひろげる 6 長びかせる申【体面】世間に対する体裁。みえ。面目 げんうかがいをする〇目上の人のおそばにす「追ー」 @ノび④のびること@からだをの【体要】 (D ものごとのたいせつなところ。要 おっきしている。奉仕する ばして、あくびなどをすること 6 背のびす」点@大体と綱要と 「たち語 【伺」間一すきをねらう。よいおりを見る【伸長】ウ 1 伸暢 (D のびる〇のばす L ること【体格】 (D からだ。ほねぐみ〇ていさい。か一熟 △進退ーー、暑中ー 【伸展】のびる。発展する 【体現】髣形にあらわす。具体的に表現する

5. 余命3カ月のガンを克服した私が食べたもの : 四季の食材と実践レシピ

体内の温度は一年中同じではなく、朝の体温を測ってみると季節によって違ってい ます。季節だけでなく、体調にもよるし、肌で感じる湿度、気温、天気などによって も変わってきます。 みなさんは、「今は冬だから朝が寒い」という認識で、冬は衣類を重ね着したりし て、温かくして寝ていると思いますが、それでも朝は体温が低くなります。とくに下 る わ 半身は低くなって、血流が滞り気味になっています。 変 それに気温の低さが重なると、必然的に体の水温も下がります。さらに、寝ている ときに横になっているので、リンパ液、体液の滞りが起きてきて、むくみが出やすく 春 なります。そこへ、冷たい生野菜を入れるとどうなるでしよう。さらにその冷たい水 食 分を抱え込むことになり、胃腸は冷え切ってしまいます。 る わ どうしても食べたいときは、ぬるま湯程度の白湯を飲んで、体内の温度を調節して を 体 から野菜を食べると、胃腸に負担をかけることなく、栄養素の消化吸収がよくなります。 章 第 このように、生野菜やフルーツの食べ方は四季に応じて変えていくと、栄養面でも 5 体調面でもよりよい効果が得られます。では、もう少し具体的に見ていきましよう。

6. 新明解漢和辞典 第三版 三省堂

【体度イようす。すがた 「子彎 0 自身でやってみた経験 6 【低回】日低個低徊魏さまよう。歩き【低減】〇へ 0 て低くなる。価が安くなる 0 現 低くへらす。価を安くする 【体面】翳世間に対する体裁。みえ。面目。面 △一ー、人ー、下ー、女ー、上ー、五ー まわゑ頭を低くたれて、深く思いに沈みなが 天ー、仏ー、文ー、玉ー、古ー、史ー 【体要】鶚 O 物事のたいせつなところ。要点 0 らゆっくり歩きまわる。低徊。史記、孔子世【低湿】 1 低濕。土地が低くてしめり気があ文 大体と綱要と。書、畢命「政貴」有レ恆、辭 正ー、本ー、立ー、気ー、自ー、字ー る。 X 高燥。白居易、琵琶行「住近ニ諡江一 家質「余ーー留レ之不」能レ去」 「かたち キ 1 低氣壓〇周囲の地域に比地ーー、黄蘆苦竹繞」宅生」 全ー、肉ー、近ー、形ー、身ー、拗ー、【低気圧】ア 字 具ー、固ー、国ー、物ー、神ー、政ー 9 【体格】〇からだっき。ほねぐみ 0 ていさい。 べて気圧が低くなっている状態。 x 高気圧 0 【低落】翳 O 低くなる〇物価がさがる。低下 書ー、異ー、液ー、常ー、解ー、詩ー Ⅱ【体現 ht 料形にあらわす。具体的に表現する 名 なにごとかいまにも起きそうな険悪な状態 0 0 評判・人気などが下がったり悪くなる 【体得】翳体験によってわかる。完全に理解し きげんが悪いたとえ ロ【低廉物の値段が低い。物価が安い て自分のものとする。体認 ・ 4 【低】イ小声で話す。ささやく。ひそひそ話 (D 〔日〕タダし【低地】低い土地。 X 高地 人 具体温】動物のからだの温度 ④しかし @但【低劣】翳程度が低くておと 0 ている。俗悪【低調】鶚ウ〇調子が低い。俗悪 0 十分に調乳 呉ダン翰 【体裁】〇外から見える物の形。みかけ。 一し書きの初め 7 【低吟洋低い小さい声で詩や歌をうたう。低子が出ない。能率が悪い 0 内容が充実して音 外見。外観 0 他人に対するみえ 0 ありさま。 に冠する語 0 タダ④それだけ。ひとり。柳宗唱。徴吟。 X 高吟 すがた整った《形 ^ 形式@詩文の格式。宋元、与ニ韓愈一論」史書「ー以」所 = 聞知こ【低声】 1 低聲。低いこえ。小声。 X 高声【低頭】たる 頭を低くさげる。うなだれる化 書、謝霊運伝論「延年之ーー明密」 具低額】鶚少ない金額。 X 高額 L 「平身ーー」転 @すべて。一般に 6 むなしく。いたずらに 7 【低利】安い利息。 X 高利 △高ー、最ー 〔体貼一翳ウ身につけて行なう。体得する「る誕。いつわり@〔日〕但馬の国の略「ー州」一低弄】Ⅱ低哢鰓低い声でさえずる「価 タイエン・と遠方のものをなっけ親しませ寤冖↓囲み記事 ( ) 具体遠】おきをタイす 8 【低価】づ低價。値段が安い。安値。 X 高 一占一〇 0 漢・呉一 , 電塩 CD ウカガう ( ガふ 【体解】からだをばらばらに切りさく。手足を〔ア〔源〕形声、旦冖が音 【低空】鶚空の低い所。地上に近い空。 X 高 イ 0 漢・呉セン 8 艷し。 " 覘。横か字 らじっと見つめる 0 タれる〔タる〕レ垂「ーレ耳」漢 「りしてきまらない 切り離す。八つざきにする。昔の極刑。十八一但書豎レ但し書き。添え書き。本文の空 史略、春秋燕「遂ーー以徇」 末に書き添えて、例外・条件の説明などをす一低昂Ⅱ低印。低くな 0 たり高くな 0 た 3 ささやく。Ⅱ。私語シめる〔シむ〕レ占用 「侵ー、ー拠」 る文句。その初めに但の字を書くからいう 【体勢】詩体のおもむき。詩風。唐才子伝一 【低垂】〇たれさがる 0 たらす。さげる 「多」依ニ古調「ーー與」時不」合」 一占丁一 ' 吾 , む。、」ちどま 0 。。【低音】〇低【音 0 低【声 0 音楽男〔す源〕形声、占第音 具体製】羇〇ほねぐみ。ていさい 0 詩文などの しくみ 「その身になって考える〔〔〔返形声、宀が音 LO 待つ。待ち望む【低級】翳ウ〇程度が低い 0 低い等級 0 趣〔估畢籌ルただ文字を読むばかりでその深い意 味に通じないこと。礼、学記「今之敎者、呻ニ常 【体認】〇体験してしつかり心にのみこむ 0 一佇立翳立ちどまる。しばらくの間立つ。たた味の程度が低くて俗悪 【体罰】からだに苦痛を与える刑罰。体刑 ずむ。孟啓、本事詩「ーー而意屬殊厚」【低姿勢】鷭イあいてに下手隧に出ること。謙其ーー「多ニ其訊「言及ニ于數こ 【体貌】鶚〇ようす。形体と容貌と。宋玉、登〔佇眄〕喆分 Ⅱ佇見たたずんでながめ見る【低首ごるあたまを下げる L そんした形容 呉デン納先一 O ックダ。作り田。新たの 5 血一 徒子好色賦「爲」人ーー閑麗」 0 礼容。礼 漢テン霰一に耕した土地。新田 0 字 △延ー、停ー、眷ー、凝ー、鶴ー、躊ー【低俗プ下品で程度が低い。下等で俗つば 儀正しく敬意を表わす。漢書、賈誼伝「所刊 (l) ヒクい し。 X 高尚 「「ー」ー信」手續續彈」耕地を耕す小作をする。他人の耕地を 以ーニー大臣「而厲中其節上也」 氏漢ティ斉〔ヒクし〕 x 【低」眉ッうつむく形容。白居易、琵琶行借りて耕す小作人Ⅱ田日畋。猟をする。 を 1 呉タイ 具体質】〇からだのなりたち。からだの形や働 高④高さ【低迷】〇低くさまよう〇ぽんやりしたよう易、繋辞「以ー以漁」 が少ない「高ー」 @せいが短い 6 音声が高く きの上での性質・状態 0 たち。性質 す。岱康、養生論「夜分而坐、則ーー思レ季〔源〕形声、田′が音 「人。佃客 一体魄】翳からだ。肉体 ない〇価が安い①程度がさがる 0 ヒクまる。寢」 0 霧・もやなどがけしきをかくす状態「暗一佃戸ン人の田を借りて耕作する人。小作 雲ーー」@悪い状態を抜け出せずに迷う 【体膚】〇からだと皮膚 0 からだ。孟子、告低くなる。さがる。低落ヒクめる。低くする。 一佃作ル農業に従事する。史記、蘇秦伝 子「餓ニ其ーー「空コ乏其身こ 「民雖レ不ニーー「而足二於棗栗一矣」 さげる@タれる〔タる〕。李白、静夜思「ー」頭 9 【低能】鶚頭の働きが普通人よりも劣ること。 思ニ故郷こ 愚か 〔体諒一翳ウ日体恤ルュ。自分の身を仮にそ 〔佃具ンⅡ佃器キ。農業の道具。農具。田 の人の境遇において察して思いやる 一す形声、氏第音 L 器 凵【低唱】ウ低い声で歌う。低吟。微吟「浅酌一佃客一小作人。佃戸 体秀イからだ。からだっき。身体。体格 一佃食一ク小作させること 3 【低下】〇さがる。低くなる。 X 上昇 0 値段【低率】翳 O 低い割合 0 安い利息。低利 が安くなる 0 程度が悪くなる。 X 向上 【体験】翳體驗 O 自身で実際に経験する 具低温】〇温度が低い 0 低い温度 一佃煮湯ロ小魚・員・小えび・のりなどを濃 1 2 【イ】 5 タイーデン 【低】

7. 明解日本語アクセント辞典 第2版

417 タイカセイ耐火性→ 14 ダイカゾク大家族→ 15 ダイカツ大喝 ( ~ 一声 ) → 8 タイカレンガ耐火練 ( 煉 ) 瓦→ 15 ダイワリ台替り , 代替り→ 13 タイカン退官 , 大官 , 大観 , 戴冠 , 大旱 , 大患 , 大艦 , 体感 , 耐寒→ 8 タイガン対顔 , 対岸→ 8 ダイカン , ダイカン代官→ 8 ダイカン , ダイカン大寒→ 8 ダイガン代願→ 8 ダイカ / , ダイガン , タ 7 ン , タイガ ン大願→ 8 タイカンシキ戴冠式→ 14a ダイガンショーシュ , タイガンジョーシュ 大願成就→ 15 ダイカンこンコク大韓民国→ 17 タイガンレンズ対 HR1ens → 16 タイカ ~ タイケ ダイキューシ大休止 , 大臼歯→ 15 タイキューセイ耐久性→ 14 ダイキューバ , ダイキューバ大弓場→ 12 タイキューリョク耐久力→ 14a 万イキヨ大挙 , 退去→ 7 タイキョー滞京 , 対共 , 胎教→ 8 体協 くタイイクキョーカイ体育協会→ 10 , タイキョー怠業 , 大業→ 8 L15 ダイキョー , ダイキョー大凶→ 8 ダイキョージ , ( 古・浄瑠璃は歹イキョー ジ ) 大経師→ 15 タイキョク対局 , 大局 , 大曲→ 8 タ存デン , ダ不ヨグデン大極殿 → 14 「 91 d 歹イキ大気 , 大器→ 7 歹イキ , タイキ待機→ 7 歹イギ大儀 , 大義 , 体技→ 7 ダイギ台木→ 4 ダイギイン代議員→ 14 歹イキオセン , タイキオセン ー刃 8 , 99 ダイキキン大飢饉→ 15 タイキケン大気圏→ 14 ダイ・辛シ代議士→ 14 ダイギセイ代議制→ 14 大気汚染 ダイキチ , ダイキチ大吉→ 8 ダイキチニチ大吉日→ 14 歹イキ ( ・ ) バンセイ大器晩成→ 97 , 98 ダイキポ大規模→ 15 アイギ ( ・ ) メイプン大義名分→ 97 , 98 タイキャク退却→ 8 ダイギャク , タイギャク大逆→ 8 タイキュー耐久→ 8 ダイキュー代休→ 8 ダイキュー大弓→ 8 タイキューザイ耐久財→ 14a 歹イキライ , 歹イッキライ大 ( っ ) 嫌い→ タイキロク tie 記録→ 15 ダイキロク大記録→ 15 タイキン退勤 , 大金→ 8 ダイキン代金→ 8 ダイキンヒキカエ代金引換→ 98 万イク体身區→ 7 万イグ大愚→ 7 イク大工→ 7 アイク , ( 第九中学校・第九交響曲などの 略はダイク ) 第九→ 38 , 10 タイグー待遇 , 対偶→ 8 タイクージカン滞空時間→ 15 タイクーシャケキ対空射撃→ 15 タイクーヒコー , タイクーヒコー滞空 飛行→ 15C ダイクゴヤ大工小屋→ 12 タイクツ退屈→ 8 タイグヅノギ退屈凌ぎ→ 13 タイラギレ退屈紛れ→ 13 タイグン大軍 , 大群→ 8 歹イケ大家 ( ゴ歹イケ御 ~ ) → 7 , 92 タイケイ大兄 , 大計 , 大慶 , 大系 , 体系 , 体刑 , 体型 , 体形 , 隊形→ 8 ダイケイ台形→ 8 ダイケイコ代稽古→ 15 ガギグケゴは鼻濁音カタカナ細字は母音の無声化☆は長音にもなる符号

8. 4時間でやり直す 理科の法則と定理100

砂漢に住むラクダのコプはなぜできた ! ? レンシュの法則 定義 脂肪のつき方は気候によって変化する ベルクマンの規則は体温の維持に関して、体重や体格 に着目しましたが、体温の維持には脂肪も大きな役割を 果たしています。脂肪組織は断熱性が高いため、皮下脂 肪として存在していれば、寒冷な環境でも体温が奪われ にくくなる一方、暑い環境では体温が上がりすぎてしま う原因にもなります。同時に、脂肪は燃焼することで熱 を発生することもできます。「寒い地方では脂肪を蓄え、 暑い地方では脂肪を減らす」と考えそうになりますが、 脂肪はエネルギー源としても水分を蓄える場所としても 重要です。そのため、 は寒冷地であれば 皮下脂肪として体内に広く分布させ、温暖な気候になる ほど 1 カ所にまとめて蓄えるよ一つになります。これを といいます。 1 カ所に脂肪をまとめるのは、 などが代表的な例です。 ンシュの法則 ラクダのコ【フ ( 愛 ) 量ではなく分布に秘密がある 恒温動物 ( 1 ) レ K EY WO R D 1 恒温動物 2 ラクタのコフ ラクダのコプは一点に固まることで人間のように周囲の温度に関わらず 体温の放出をしやすくしているほ 一定の体温を保てる動物のことを、 か、太陽の日差しから体を守る効果恒温動物という。恒温動物が多い鳥 もあると考えられている。しばらく類・哺乳類でも、例外的に恒温動物 餌を食べないとコプは消失する。 でないものがいる。 1 79

9. 長年の大疑問 3

234 快適に感じる気温が 体温よりかなり低いグはなせ ? 人間の体温は、つねに約三七度になるように脳の中枢でコントロールされている。 極寒の地にいて体温が下がれば、体内の代謝機能が活発になって、エネルギ 1 をつ くるメカニズムが働く。逆に灼熱地獄に身をおけば発汗が促され、その気化熱によ って、皮膚から熱が外に放出される仕組みになっている。 わたしたちは、もっとも快適だと感じる気温は二〇 5 二五度くらいだということ を体験的に知っている。体温との差は一〇度以上。こんな低い気温をどうして気持 ちいいと感じるのだろうか。 人間は、呼吸し、歩き、働き、そして食べるなど、さまざまな活動を日夜つづけ ている。こうした活動をするためには、当然、エネルギーが必要である。体内では、 要求された活動に応じてエネルギーがつくられるから、自然に体温が上がるのだ。 体温と同じ室温にいると、ちょっとした活動でも発汗作用によってエネルギーの これでは、体は過熱ぎみとなり、不快な気分に 燃焼分を放出しなければならない。 なるわけである。

10. アメリカの中学教科書で英語を学ぶ

キドニーマシーン ( 人工透析機 ) とは何か もしも腎臓が病気になり、機能しなくなれば、血液中から老廃物を取り除く ために、キドニーマシーン ( 人工透析機 ) を使う必要がある。このような機械 的な処置は透析と呼ばれる。この処置は、人の腕の血管から、血液を無菌液槽 中を通る細い管へと抜き出すことを必要とする。老廃物は血液中からその管へ と移し変えられ、きれいになった血液が体内に戻る。この処置は、新しい腎臓 が手術で移植できない限り、患者の生涯を通じて行われなければならない。人 工透析は、老廃物が危険なレベルまで蓄積するのを防ぐために、頻繁に、つま どのようにして身体は体温を維持しているのか り毎週数回は実行される必要がある。 277 たり取り替えるための多量の成長ホルモンが作り出される。睡眠は、またキズ にもはっきりは分からない。熟睡中に、体内では、壊れた細胞や組織を修復し 人は、人生の約三分の一を眠って過こすが、なぜ眠る必要があるのかは、誰 なぜ眠る必要があるのか を保つのに役立つ皮脂と呼ばれる油性の物質を分泌する。 とんどが水である液体だが、その他の皮膚腺が、皮膚に潤いを与え、滑らかさ 風の中に立っと、このような冷却効果をよりすみやかに感じるだろう。汗はほ 持するのにも役立つ。ずっと運動をして、汗をたくさんかき、それから、そよ た、汗が皮膚から発散するときに、体内の熱を持ち去るから、涼しい状態を維 発汗は、余分な塩分や老廃物を、皮膚を通して取り除いてくれる。発汗はま なぜ人は汗をかくのか 発散し、体温を低下させる。 赤くなったりする。余分な血液が流れると、さらに多くの熱が皮膚の表面から 面に近い血管が大きく広がり、血液の流れを増大させる。その結果、少し顔が てまた、皮膚を通して体外へ出て行く。とても暑いなと感じるとき、皮膚の表 除去されなければならない。熱は、暖かな空気を吐き出す場合に肺から、そし は、身体が理想的な体温を保ってはじめて、正しく発生するから、余分な熱は 熱は体内に蓄えられた食料物質の分解によって生み出される。体内の化学反応 身体は、適切な体温を維持するための、いくつかのシステムをもっている。 き五 表 課 外 歴 史 数 学 科