検索 - みる会図書館

検索対象: 日経サイエンス 2016年 9月号

日経サイエンス 2016年 9月号から 139件ヒットしました。

日経サイエンス 2016年 9月号


0 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号

日経サイエンス 2016年 9月号


2016 年 9 月 号 特 別 付 録 2016 年 9 月 1 日 発 い 第 46 巻 第 9 号 通 巻 543 号 日 経 サ イ エ ン ス 日 本 版 親 と 子 の 科 学 の 冒 険 2016

日経サイエンス 2016年 9月号


面 L2 ペ 己 ロ 1 日 も 鰍 朝 第 0 0 参 加 マ ニ ュ ア ル ( 海 岸 植 物 ミ ニ 図 鑑 ) は 「 自 然 し ら べ 係 」 ま で ご 請 求 く だ さ い 。 無 料 で 郵 送 し ま す 。 特 設 ウ ェ ブ サ イ ト か ら も ダ ウ ン ロ ー ド で き ま す 0 参 加 マ ニ ュ ア ル を 手 に 入 れ る 。 ② カ メ ラ を 持 っ て 海 に で か け る 。 0 し ら べ た 結 果 を 送 る 。 を し ら へ ま す 。 大 切 な 海 の こ と 、 み ん な で し ら へ よ う 。 あ な た の 参 加 を お 待 ち し て い ま す ! み ん な て 見 れ ば み え て く る 、 自 然 し ら へ 2016 の テ ー マ は 「 海 岸 植 物 」 で す 。 今 年 は 海 辺 で し か 見 る こ と が で き な い 植 物 実 施 期 間 2 0 1 6 年 月 誌 面 協 賛 日 経 サ イ エ ン ス し ら へ た 結 果 は 、 郵 送 ま た は 特 設 ウ ェ ブ サ イ ト か ら 送 信 し て く だ さ い 。 主 催 公 益 財 団 法 人 日 本 自 然 保 護 協 会 ~ 9 月 30 日 協 賛 J R 西 日 本 5 ョ nik 厄 en 共 催 読 売 新 聞 東 京 本 社 @C 〇 L 〇 RATA 一 相 人 ( 0 0 歩@達* 旅 の 手 mo ・ bell 0 協 力 E-ne!-vgood fO 「 you-v ( FM ョ コ ハ マ ) こ の は Gakken FUJITSU 海 の 生 き 物 を 守 る 会 NEC presents THE FLINTSTONE (bayfm) タ ッ キ ー 地 球 レ ポ ー ト ( み の お FM ) 月 刊 イ ノ ヾ ー 環 境 省 文 部 科 学 省 後 援 ラ 毎 辺 の 写 真 コ ン テ ス ト す べ て の 報 告 写 真 か ら 、 素 敵 な 写 真 を 表 彰 ! ! 砂 浜 の 風 景 、 参 加 者 プ レ セ ン ト 第 一 次 〆 切 6 月 30 日 、 第 ニ 次 〆 切 9 月 30 日 参 加 マ ニ ュ ア ル 請 求 先 公 益 財 団 法 人 日 本 自 然 保 護 協 会 「 自 然 し ら へ 」 係 〒 104-0033 東 京 都 中 央 区 新 川 1 -16-10 ミ ト ヨ ビ ル 2F TEL: 03-3553-4102 参 加 者 の み な さ ん に 抽 選 で 図 鑑 や グ ッ ズ を プ レ セ ン ト 。 自 由 研 究 に び っ た り [email protected]「.jp 回 一 回 し ら べ 2016 検 ま 「 自 然 し ら べ 2016 」 は 、 東 京 ガ ス 環 境 お う え ん 基 金 の 助 成 を 受 け て 実 施 し て い ま す 。 楽 し く し ら べ て い る 笑 顔 な ど も お 待 ち し て い ま す 。 ウ エ プ サ イ ト に 、 夏 休 み の 自 由 研 究 に 役 立 つ ヒ ン ト や 使 え る 素 材 も あ り ま す 。 自 然 の ち か ら で 、 明 日 を ひ ら く 。 日 本 自 然 保 護 協 会 THE NATURE CONSERVATION SOCIETY OF JAPAN

日経サイエンス 2016年 9月号


日 経 サ イ エ ン ス 孀 、 日 本 版 ー タ イ ジ ェ ス ト Dlgest 2016 VOL46 No. 9 特 集 人 工 知 能 爆 発 的 に 進 化 す る デ ィ ー プ ラ ー ニ ン ク ・ ・ 36 ヘ ー ジ Y. ヘ ン シ オ ( 加 モ ン ト リ オ ー ル 大 学 ) 完 全 な 自 動 運 転 車 は で き る か 44 ヘ ー ジ S. E. シ ュ ラ ト ー バ ー ( 米 カ リ フ ォ ル ニ ア 大 学 バ ー ク レ ー 校 ) ス ー バ ー AI 恐 る べ し ? ・ 50 ヘ ー ジ S. ラ ッ セ ル ( 米 カ リ フ ォ ル ニ ア 大 学 バ ー ク レ ー 校 ) 東 大 発 べ ン チ ャ ー プ リ フ ァ ー ド ・ ネ ッ ト ワ ー ク ス の 挑 戦 ・ ・ 52 ヘ ー ジ 吉 川 和 輝 ( 日 本 経 済 新 聞 ) 人 工 知 能 (AI) の 研 究 開 発 が 大 き な 盛 り 上 が り を 見 せ て い る 。 研 究 が 始 ま っ た の は 1950 年 代 半 ば で , こ れ ま で 何 回 か 研 究 プ ー ム が あ っ た が , こ こ 数 年 の ブ ー ム は 実 社 会 へ の 応 用 が 本 格 的 に 始 ま っ た 点 か 大 き く 異 な る 脳 の 神 経 回 路 網 の 構 造 と 働 き を 模 倣 し た 「 デ ィ ー プ ラ ー ニ ン ク ( 深 層 学 習 ) 」 の 手 法 に よ っ て , コ ン ピ ュ ー タ ー は 「 知 能 」 と 呼 ん で も い い ほ ど の 能 力 を 自 ら 育 み つ つ あ る 。 チ ェ ス や 碁 の 世 界 最 強 レ ベ ル の 名 人 を 破 り , 人 に 代 わ っ て 自 動 車 を 運 転 し た り , 応 対 し た り す る 人 工 知 能 は い か に し て 実 現 さ れ , こ れ か ら と の よ う な 進 歩 を 遂 げ る の か ? 4 本 の 記 事 で 詳 し く 紹 介 す る N エ コ (0)S - > く ト 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号

日経サイエンス 2016年 9月号


ー n f 0 「 m a t i 0 n 8 / 6 ( 土 ) ~ 9 / 19 ( 月 ・ 祝 ) 東 レ 先 端 材 料 シ ン ポ ジ ウ ム 2016 東 京 ・ 調 布 市 磁 性 流 体 彫 刻 と 児 玉 幸 子 先 端 材 料 が 拓 く , 地 球 の 未 来 。 ー ト の デ サ イ ン 展 メ デ ィ ア ア メ デ ィ ア ア ー テ ィ ス ト 児 玉 幸 子 氏 最 先 端 の 研 究 者 を 招 い て 講 演 会 を 開 催 の 作 品 展 。 未 公 開 作 品 や 電 気 通 信 東 レ は 創 立 90 周 年 を 記 念 し , 「 東 レ 先 端 材 料 シ ン ポ ジ ウ ム 2016 」 を 開 催 す る 。 「 先 端 材 料 が 拓 く , 地 球 の 大 学 ( 調 布 市 ) の 児 玉 研 究 室 と の コ 未 来 。 」 を テ ー マ に 最 先 端 の 研 究 者 ら を 招 い て 講 演 会 を 開 く 。 特 別 講 演 で は 理 化 学 研 究 所 の 高 橋 政 代 氏 が ラ ボ レ ー シ ョ ン 作 品 , 映 像 資 料 も 。 「 網 膜 再 生 医 療 ー 新 し い 事 へ の 挑 戦 」 , ザ ・ ポ ー イ ン グ ・ カ ン パ ニ ー の グ レ ッ グ ・ ハ イ ス ロ ッ プ 氏 が 所 調 布 市 文 化 会 館 た づ く り IF 展 「 Advances in Aerospace Materials ( 航 空 宇 宙 材 料 の 進 歩 ) 」 , 東 京 工 業 大 学 の 細 野 秀 雄 氏 が 「 材 料 科 学 に お 示 室 ( 東 京 都 調 布 市 小 島 町 2-33 ー 1 ) け る 元 素 戦 略 」 , テ ク ニ オ ン 一 イ ス ラ エ ル 工 科 大 学 の ア ー ロ ン ・ チ カ ノ ー バ ー 氏 ( ノ ー ベ ル 化 学 賞 受 賞 者 ) が 無 料 「 The revolution of personalized medicine:Are we going to cure all diseases and at what price? ( 個 https://www.chofu-culture- 別 化 医 療 革 命 : 人 類 は 全 て の 疾 患 を 克 服 で き る の か , そ し て そ の 対 価 は ? ) 」 と 題 し , そ れ ぞ れ の 分 野 で イ ノ community.org/ べ ー シ ョ ン の 現 状 と 将 来 の 見 通 し に つ い て 解 説 す る 。 定 員 は 5000 人 。 無 料 。 ま た , 東 レ の 8 / 28 ( 日 ) ま で 静 岡 県 ・ 静 岡 市 先 端 材 料 や 技 術 を 紹 介 す る 「 東 レ 先 端 材 料 展 工 ッ シ ャ ー の 世 界 2016 」 も 同 時 開 催 す る 。 20 世 紀 オ ラ ン ダ を 代 表 す る 版 画 家 , マ ウ リ ツ ツ ・ コ ル ネ リ ス ・ エ ッ 1 0 月 6 日 ( 木 ) 1 0 : 00 ~ 1 7 : 1 5 2 引 う シ ャ ー ( 1898 ~ 1972 ) の 企 画 展 。 = 東 京 国 際 フ ォ ー ラ ム ホ ー ル A ( 東 京 都 千 工 ッ シ ャ ー は 17 世 紀 以 来 の だ ま 代 田 区 丸 の 内 3 丁 目 5 番 1 号 ) し 絵 と も 一 線 を 画 す , 独 特 で ユ ニ TORAYA EDMA 発 載 5 SYMPOSlUM2016 9 月 30 日 ( 土 ) 1 0 月 6 日 休 ) 1 8-17 : 15 ー ク な 作 品 に よ り 世 界 中 で 高 い 人 https:〃www.symp02016. toray 東 京 国 際 フ ォ ー ラ ム ホ ー ル A 気 を 誇 る 。 本 展 で は , オ ラ ン ダ ・ エ 固 03 ー 6262-2998 ッ シ ャ ー 財 団 の 全 面 的 な 協 力 を 得 て , 代 表 作 を は じ め , 貴 重 な 初 期 の 所 静 岡 市 美 術 館 作 品 や , イ タ リ ア 時 代 の 風 景 画 を ( 静 岡 県 静 岡 市 葵 区 紺 屋 町 1 7-1 葵 紹 介 す る 。 併 せ て , 彼 の 才 能 を 見 タ ワ ー 3F ) い だ し , 大 き な 影 響 を 与 え た 師 , サ 有 料 固 054-273-1515 ミ ュ エ ル ・ イ エ ッ ス ル ン ・ ド ・ メ ス キ ー タ の 作 品 も 特 別 出 品 し , 約 http://shizubi.jp/ 110 点 の 作 品 お よ び 下 絵 な ど 約 30 点 の 資 料 を 紹 介 す る 。 創 立 9 0 周 年 記 念 束 レ 先 端 す オ 料 シ ン ホ ジ ウ ム TH . △ . 日 応 募 締 切 ・ 申 込 先 育 の 現 場 で 実 績 の あ る も の ) 。 特 に 秀 逸 な 事 例 に 東 レ 理 科 教 育 賞 文 部 科 学 大 臣 賞 ( 賞 状 , 銀 メ ダ ル お よ び 副 賞 賞 金 100 万 円 ) を 贈 呈 す る ほ か , 東 レ 理 科 教 育 賞 ( 賞 状 , 銀 メ 9 / 30 ( 金 ) 応 募 締 切 ダ ル お よ び 副 賞 賞 金 70 万 円 ) , 佳 東 京 ・ 中 央 区 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 作 と 奨 励 作 な ど 全 10 件 程 度 を 選 「 東 レ 理 科 教 育 賞 」 募 集 定 。 詳 細 は ホ ー ム ペ ー ジ を 参 照 。 中 学 ・ 高 校 の 理 科 教 育 の 分 野 で す 所 東 レ 科 学 振 興 会 ( 東 京 都 中 央 区 ぐ れ た 業 績 を 上 げ た 人 を 表 彰 す る 日 本 橋 本 石 町 3 ー 3 ー 1 6 ) 固 03-6262-1656 日 本 進 化 学 会 第 18 回 大 会 東 レ 理 科 教 育 賞 の 候 補 作 を 募 集 す る 。 対 象 は , 中 学 ・ 高 校 レ ベ ル で の ( 東 レ 科 学 振 興 会 ) 市 民 公 開 講 座 イ 理 科 教 育 に お け る 新 し い 発 想 と 工 http://www.toray.co.jp/tsf/ 「 進 化 を 表 現 す る 人 々 」 夫 考 案 に も と づ い た 教 育 事 例 ( 教 info/inf 005. html 生 き 物 の か た ち ゃ 進 化 を 独 特 な 方 第 法 で 表 現 し て い る 3 氏 に よ る 講 演 を 通 し て , 芸 術 の 域 に ま で 達 す る 編 集 部 か ら の お 願 い 彼 ら の 進 化 表 現 を 堪 能 す る 。 講 演 者 は , 長 谷 川 政 美 ( 復 旦 大 学 , 統 計 当 欄 は 愛 読 者 の 皆 様 に 活 用 し て い た だ く 無 料 コ ー ナ ー で す 。 当 欄 を 参 考 に 掲 載 希 望 事 項 を お 書 き の 上 , 電 子 メ ー ル で お 送 り く だ さ い ( 郵 送 数 理 研 究 所 , 近 藤 滋 ( 大 阪 大 学 ) , 小 で も 受 け 付 け ま す ) 。 な お , い た だ い た 原 稿 ・ 資 料 は 返 却 い た し ま せ ん 。 田 隆 ( 成 安 造 形 大 学 ) 。 「 東 エ 大 驚 〒 103-0025 異 の 部 屋 」 で は 生 き 物 グ ッ ズ や 鉱 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 茅 場 町 2-6-1 物 の 展 示 ・ 販 売 も 予 定 。 日 経 サ イ エ ン ス 編 集 部 rlnformation 」 係 所 東 京 工 業 大 学 大 岡 山 キ ャ ン / ヾ ス 電 子 メ ー ル FAX く ら ま え ホ ー ル ( 東 京 都 目 黒 区 大 [email protected] 03-5651-7204 岡 山 2-12-1 ) 無 料 ◆ 各 号 掲 載 分 の 締 切 は 発 売 1 カ 月 前 の 20 日 で す ( 9 月 24 日 発 売 の 11 月 固 03 ー 3238-1689 ( ク バ ブ ロ ) 号 分 の 締 切 は 8 月 20 日 ) 。 M. C. 工 ッ シ ャ ー 《 昼 と 夜 》 1938 年 、 板 目 木 版 ( 2 色 刷 ) 則 M.C. Escher wo 「 ks copyright ◎ The M.C. Escher Company h t t p : //WWW. k u b a . ( 0 . j p/ ◆ 掲 載 は 無 料 で す が , 掲 載 可 否 の 判 断 な ら び に 校 正 は 編 集 部 に お 任 せ B.V. - Baarn-HoIIand. AIIrights reserved. 肭、叫.mcescher.com M.C. Escher ・ is a Registered Tradema 「 k of The M. C. Escher い た だ き ま す 。 敬 称 , 肩 書 き は 省 略 す る 場 合 が あ り ま す 。 sesj201 6/citizen. html Company B.V. 研 究 助 成 参 加 者 募 集 会 ン 演 べ 講 イ 8 / 28 ( 日 ) 東 京 ・ 目 黒 区 し M (. 工 ッ シ ャ ー 《 滝 》 1 % 1 年 、 リ ト グ ラ フ 則 M.C. Escher wo [email protected] M. C. Escher Company B.V. - Baarn-Holland. Allrights reserved. www.mcescher.com M. C. Escher• is a Registered TrademarkofThe M.C. Escher Company B.V. http://www nikkei-science.com/

日経サイエンス 2016年 9月号


www.nakatanl-foundation.jp/jyosei ロ 。 ロ ム ヒ 中 谷 財 団 計 測 技 術 ン 、 。 ・ 医 工 計 測 技 術 と は 、 生 命 科 学 、 医 療 が 対 象 と す る モ ノ ・ コ ト の 構 造 、 機 能 、 状 態 な ど を 客 観 的 、 定 量 的 あ る い は 定 性 的 に 記 述 し 、 生 命 科 学 と 医 療 の 進 歩 に 貢 献 す る こ と を 目 指 す 技 術 で あ る 。 技 術 に は 、 物 理 ・ 化 学 ・ 生 物 学 的 手 法 の み で な く 、 解 析 、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 、 テ ー タ 処 理 な ど 数 理 的 手 法 も 含 む 。 多 . 、 本 助 成 は 、 第 一 義 的 に は 、 医 工 計 測 技 術 の 開 発 を 目 指 す 研 究 へ の 助 成 で あ る 。 申 請 募 集 特 別 研 究 助 成 中 谷 賞 候 補 者 推 薦 募 集 開 発 研 究 助 成 募 集 期 間 : 2016 年 7 月 1 日 ~ 9 月 30 日 中 谷 賞 ( 大 賞 ) 500 万 円 中 谷 賞 ( 奨 励 賞 ) : 250 万 円 箋 . : 調 査 研 究 助 成 募 集 期 間 : 2016 年 7 月 1 日 ~ 8 月 31 日 助 成 金 額 : 000 万 円 ( 2 年 ※ ) 募 集 期 間 : 2016 年 7 月 1 日 ~ 9 月 5 日 助 成 金 額 ( 開 発 研 究 ) 300 万 円 助 成 金 額 ( 奨 励 研 究 ) 1 50 万 円 募 集 期 間 : 2016 年 7 月 1 日 ~ 9 月 5 日 助 成 金 額 300 万 円 主 月 一 三 ロ 主 月 一 三 ロ の 谷 医 工 計 測 技 術 振 興 財 団 〒 1 4 1 - 0 0 3 2 東 京 都 品 川 区 大 崎 一 丁 目 2 番 2 号 ア ー ト ウ ィ レ ッ ジ 大 崎 セ ン ト ラ ル タ ワ ー 8 階 ※ 2 年 間 で 助 成 す る 総 額 で す 。 助 成 開 始 。

日経サイエンス 2016年 9月号


当 を ぃ 企 画 展 「 は た ら く 自 動 車 」 八 ヶ 岳 自 然 文 化 園 ー 筑 波 大 学 の 知 の 発 信 一 筑 波 大 学 出 版 会 http://www.press.tsukuba.ac.jp/ つ り 8 / 5 ( 金 ) ~ 7 ( 日 ) 9 : OO ま で パ ト カ ー や 消 防 車 , 救 急 車 , ハ イ ウ ェ イ バ ト ロ ー は た ら く 自 動 車 6 0266-74-2681 ル カ ー な ど , は た ら く 自 動 車 6 台 を 展 示 。 9 / 24 , 0 長 野 県 諏 訪 郡 原 村 17217- 10 / 1 , 8 , 15 の 土 曜 日 に は 駐 車 場 ( 無 料 ゾ ー ン ) 筑 波 山 か ら 学 ふ 1 613 で 毎 週 違 っ た 特 殊 車 両 の 実 演 を 予 定 。 11 / 27 ( 日 ) ま で 。 8 / 31 ( 水 ) ま で は 小 学 生 の 入 館 料 は 「 と き 」 を 想 像 ・ 創 造 す る 月 光 天 文 台 無 料 。 常 設 展 で は ト ヨ タ 自 動 車 初 の 生 産 型 乗 用 2 ◆ 夏 の 星 空 観 望 会 8 / 5 ( 金 ) , 7 車 ト ヨ ダ AA 型 ( レ プ リ カ ) を は じ め , 国 内 外 の 貴 筑 ノ ( 日 ) ◆ 月 の 特 別 観 望 会 8 / 13 ( 土 ) 重 な 車 両 約 160 台 を 問 近 に 鑑 賞 で き る 。 物 ◆ 土 星 特 別 観 望 会 8 / 14 ( 日 ) , 21 招 待 券 プ レ ゼ ン ト ペ ア 券 5 名 様 ( 日 ) ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム 夏 季 特 別 投 影 8 / 11 ( 木 ・ 祝 ) ~ 16 ( 火 ) ト ヨ タ 博 物 館 2016 年 7 月 16 日 ② ー 11 月 27 日 0 “ “ 境 6 055-979-1428 6 0561-63-5151 ト ヨ 9 博 物 館 0 静 岡 県 田 方 郡 函 南 町 桑 原 1308- 愛 知 県 長 久 手 市 横 道 41-100 222 0 工 洳 大 ↓ 、 物 ′ を 「 ト ~ ト 、 デ ィ ス カ バ リ ー バ ー ク 焼 津 バ ン ド ー 神 戸 青 少 年 科 学 館 岡 山 天 文 博 物 館 天 文 科 学 館 ◆ 星 空 ヒ ー リ ン グ 「 ベ ビ ー と マ マ ・ パ ◆ 企 画 展 「 あ さ く ち か ら 宇 宙 ヘ ー キ パ の プ ラ ネ タ リ ウ ム ~ お し ゃ べ り し ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム 番 組 「 ベ ル セ ウ ス ミ は 12 番 目 の 宇 宙 飛 行 士 一 」 7 / 16 ( 土 ) ~ 9 / 4 ( 日 ) 座 流 星 群 を 見 よ う ! ~ 流 れ 星 の ひ な が ら 星 座 探 し ~ 」 毎 月 第 4 土 曜 6 0865-44-2465 み つ ~ 」 7 / 9 ( 土 ) ~ 9 / 1 1 ( 日 ) 6 078-302-5177 6 054-625-0800 0 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 港 島 中 町 0 岡 山 県 浅 口 市 鴨 方 町 本 庄 3037-5 み 0 静 岡 県 焼 津 市 田 尻 2968-1 7-7-6 美 星 天 文 台 兵 庫 県 立 大 学 西 は り ま 天 文 台 ◆ ベ ル セ ウ ス 座 流 星 群 を 見 る 会 ◆ ス タ ー ダ ス ト 2016 in さ よ う 8 / 12 ( 金 ) 22 時 ~ 翌 3 時 6 0866-87-4222 ベ ル セ ウ ス 座 流 星 群 観 望 会 8 / 1 2 岡 山 県 井 原 市 美 星 町 大 倉 1723- ( 金 ) 6 0790-82-3886 70 0 兵 庫 県 佐 用 郡 佐 用 町 西 河 内 北 九 州 市 立 児 童 文 化 科 学 館 407-2 当 歳 コ ◆ 企 画 展 「 夜 空 は 星 の 宝 石 箱 ~ 星 デ ィ ス カ バ リ ー パ ー ク 焼 津 天 文 科 学 館 空 写 真 展 ~ 」 7 / 9 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) ル セ ウ ス 座 流 星 群 を 見 よ う ! 」 ◆ 星 の 観 望 の タ ベ 8 / 6 ( 土 ) , 1 3 浜 松 市 天 文 台 ( 土 ) , 20 ( 土 ) , 27 ( 土 ) ※ 希 望 日 の 1 週 間 前 か ら 電 話 受 付 ◆ 字 幕 付 き プ ◆ ス タ ー ウ ィ ー ク 観 望 会 8 / 5 ( 金 ) , 7 ( 日 ) ◆ ス タ ー ウ ィ ー ク 2016 ラ ネ タ リ ウ ム の 投 映 8 / 20 ( 土 ) 24 ( 水 ) i n は ま ま っ 8 / 6 ( 土 ) ◆ 太 陽 ・ 昼 6 093-671-4566 間 の 星 観 望 会 8 / 7 ( 日 ) ◆ 土 曜 星 空 0 福 岡 県 北 九 州 市 八 幡 東 区 桃 園 観 望 会 8 / 1 3 ( 土 ) , 27 ( 土 ) ◆ 夏 休 写 真 提 供 . 兵 庫 県 立 大 学 西 は り ま 天 文 台 ・ ペ み 延 長 観 望 会 8 / 20 ( 土 ) 3-1 -5 ル セ ウ ス 座 流 星 群 の 自 由 観 望 会 6 053-425-9158 明 石 市 立 天 文 科 学 館 鹿 児 島 県 立 博 物 館 0 静 岡 県 浜 松 市 南 区 福 島 町 242-1 ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム ー 般 番 組 「 太 陽 系 ◆ プ ラ ネ タ リ ウ ム 「 夢 と ロ マ ン の 星 四 日 市 市 立 博 物 館 ・ プ ラ ネ 46 億 年 」 8 / 2 ( 火 ) ~ 31 ( 水 ) ◆ キ ッ 空 散 歩 夏 編 」 6 / IO ( 金 ) ~ 8 / 31 タ リ ウ ム ズ プ ラ ネ タ リ ウ ム 「 ワ ク ワ ク わ く せ ( 水 ) ※ 場 所 . 宝 山 ホ ー ル ( 県 文 化 セ ン タ ー ) 4 階 プ ラ ネ タ リ ウ ム ◆ 移 動 天 文 車 き ら ら 号 ス タ ー ウ ォ ッ い め ぐ り 」 7 / 9 ( 土 ) ~ 8 / 31 ( 水 ) ◆ チ ン グ 「 伝 統 的 七 夕 の 日 に 織 姫 星 と 特 別 展 「 宇 宙 の タ イ ム カ プ セ ル ・ 隕 6 099-223-6050 紙 版 ・ 電 子 版 刊 行 彦 星 を 見 よ う 」 8 / 9 ( 火 ) , 「 夏 の 大 三 石 展 」 7 / 16 ( 土 ) ~ 9 / 4 ( 日 ) ◆ 科 楽 0 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 城 山 町 1 -1 「 科 学 の 芽 」 賞 実 行 委 員 会 編 著 工 作 ( 惑 星 マ グ ネ ッ ト ) 8 / 6 ( 土 ) ~ 角 と 土 星 を 見 よ う 」 8 / 27 ( 土 ) ◆ ペ 丿 レ ~ 4 も あ わ せ て と 、 セ ウ ス 座 流 星 群 観 望 会 8 / 12 ( 金 ) 27 ( 土 ) の 毎 週 土 ・ 日 曜 6 078-919-5000 ※ 場 所 : 四 日 市 市 伊 坂 町 「 伊 坂 ダ ム 生 徒 、 保 護 者 、 理 科 教 員 0 兵 庫 県 明 石 市 人 丸 町 2-6 サ イ ク ル バ ー ク 管 理 事 務 所 付 近 」 だ け で な く 、 自 由 研 究 を 6 059-355-2700 指 導 す る 担 任 の 先 生 、 姫 路 市 宿 泊 型 児 童 館 「 星 の 0 三 重 県 四 日 市 市 安 島 1 -3-16 こ れ か ら 教 員 を 目 指 す 方 子 館 」 に も お 薦 め の シ リ ー ズ で す 大 阪 市 立 科 学 館 ◆ 天 体 観 望 会 毎 日 ※ 希 望 日 の 1 1 , 900 円 十 税 ◆ 特 別 天 体 観 望 会 「 火 星 と 土 星 を 週 間 前 か ら 申 込 受 付 ◆ 昼 間 の 星 の 観 B5 判 並 製 232 頁 鹿 児 島 県 立 博 物 館 ・ 星 物 語 「 火 星 と ア ン タ レ 見 よ う 」 8 / 24 ( 水 ) ※ 要 事 前 申 込 望 会 毎 日 ス ~ 本 当 の 輝 き ~ 」 ISBN 978 - 4 - 904074 - 40 - 4 6 079-267-3050 ( 8 / 1 1 必 着 ) 0 兵 庫 県 姫 路 市 青 山 1470-24 6 06-6444-5656 さ 発 売 : 丸 善 出 版 株 式 会 社 0 大 阪 府 大 阪 市 北 区 中 之 島 4-2-1 TEL:03-3512 ー 3256 FAX : 03 ー 3512 ー 3270 http://pub.maruzen. CO. jp/ ・ み 尊 ・ い を い は サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号 特 別 付 録 」 を れ . 3 は 第 、 イ ー い を い タ 、 ン 輝 ア の す も っ と 知 り た い / 一 も っ と 知 り た い ′ 】 に 河 」 冖 い 【 ー 山 2 ・ ◆ 第 23 回 サ マ ー ホ リ デ ー in 星 ま 企 画 \. 0 月 リ 啓 治 著 「 と き ~ を 想 像 ・ 創 造 す る ・ 川 物 第 ・ 「 西 に 富 士 、 東 に 筑 波 」 ど い わ れ る 名 峰 " 筑 波 山 " を こ の 夏 休 み に 訪 れ て み ま せ ん か ? こ の 書 籍 に ど り あ げ ら れ た 「 神 代 か ら 近 代 ま で 」 を 想 像 ・ 倉 慥 し て み ま し よ う 。 カ バ ー 裏 に 「 筑 波 山 麓 フ ッ ト パ ス ・ マ ッ プ 」 付 ! 2 , 900 円 十 税 A5 判 並 製 194 頁 ISBN 978 - 4 - 904074 - 33 - 6 0 0 も っ と 知 り た い / 「 科 学 の 芽 」 の 世 界 ー 14 , 9 3

日経サイエンス 2016年 9月号


似 す る 」 と 伊 勢 田 准 教 授 は 指 摘 。 北 野 識 研 究 や 自 動 運 転 車 の 先 駆 け と な る 人 美 と ア ー ト ア ー カ イ ブ 論 所 長 も 「 遺 伝 子 を 操 作 し て は い け な い 工 知 能 シ ス テ ム の 構 築 な ど 基 礎 理 論 か 情 報 技 術 と 生 命 操 作 技 術 の 拡 大 に よ る と い う だ け の 理 由 で 生 命 の 操 作 を 規 制 ら 技 術 応 用 ま で 幅 広 い 研 究 分 野 で 成 果 「 人 類 観 」 の 変 容 ロ ボ ッ ト は 人 間 に 代 わ れ る か ? で き る と は 思 え な い 」 と 述 べ , 生 命 科 を 上 げ た こ と が 評 価 さ れ た 。 介 護 と 廃 炉 現 場 で 見 え た も の 学 の 発 展 が も た ら す と 予 測 さ れ る 価 値 本 庶 博 士 は 「 抗 体 の 機 能 性 獲 得 機 構 科 学 と 技 術 , 行 政 の 距 離 地 球 外 生 命 の 解 明 な ら び に 免 疫 細 胞 制 御 分 子 の 発 観 ・ 倫 理 観 の 変 化 に 注 意 を 促 し た 。 ① 人 知 は 神 の 摂 理 ( 生 命 ) を 超 え ら れ る か 見 と 医 療 へ の 展 開 」 が 受 賞 テ ー マ 。 抗 人 工 知 能 自 動 運 転 と 未 来 社 会 文 系 廃 止 騒 動 ~ 理 系 偏 重 か ? 文 系 支 配 か ? 宇 宙 資 源 の 開 発 権 利 は ど こ に 体 の 機 能 獲 得 メ カ ニ ズ ム を 解 明 す る と イ ノ ベ ー シ ョ ン , 科 学 技 術 と 教 育 「 地 球 外 資 源 」 の セ ッ シ ョ ン で は , と も に , 免 疫 細 胞 で 働 く 様 々 な 分 子 を ア ー ト と し て の 数 学 主 催 者 の 川 口 教 授 が モ デ レ ー タ ー を 務 発 見 し た 。 そ の 1 つ が 「 PD- 1 」 。 免 地 球 外 資 源 地 球 外 生 命 ② 我 々 自 身 が ailien で あ る ~ め 「 小 惑 星 な ど の 資 源 開 発 を ど う 考 え 疫 反 応 の プ レ ー キ と し て 働 く こ と を 明 進 化 が 起 こ す メ ッ セ ー ジ と は ? る か 」 と 問 題 提 起 し た 。 米 政 府 が 民 間 ら か に す る と と も に , 逆 に 機 能 さ せ な 企 業 に よ る 地 球 外 資 源 開 発 を 促 す 法 律 ら せ る こ と を 求 め て い る 」 と 述 べ , 民 い と 免 疫 が 活 性 化 す る こ と が 分 か り , を 制 定 し た ほ か , 小 惑 星 資 源 開 発 を 目 間 の 資 源 開 発 に も 何 ら か の 規 制 が 及 ぶ が ん 免 疫 療 法 の 道 を 開 い た 。 本 誌 も 指 す 米 べ ン チ ャ ー 企 業 ( プ ラ ネ タ リ ー と み る の が 妥 当 と の 見 方 を 示 し た 。 2016 年 8 月 号 の が ん 免 疫 療 法 特 集 で , リ ソ ー シ ズ ) が ル ク セ ン プ ル ク 政 府 と こ れ に 対 し , 惑 星 科 学 が 専 門 の 宮 本 本 庶 博 士 の 業 績 を 解 説 し て い る 。 協 力 協 定 を 結 ぶ な ど , こ の と こ ろ 活 発 英 昭 ・ 東 京 大 学 総 合 研 究 博 物 館 准 教 授 ヌ ス パ ウ ム 博 士 は 「 ケ イ バ ビ リ テ ィ ・ ア プ ロ ー チ に よ る 正 義 論 の 深 化 と そ の な 動 き が あ る た め た 。 は , 小 惑 星 が 鉄 や 白 金 族 元 素 な ど に 富 国 際 法 が 専 門 の 青 木 節 子 ・ 慶 応 義 塾 む と わ か っ た と 説 明 , 地 球 に 資 源 を 持 実 践 」 が 受 賞 テ ー マ 。 ち 帰 れ ば 「 文 明 の 大 転 換 と な る 」 と 開 大 学 大 学 院 教 授 は , 主 要 国 が 加 盟 す る 京 都 賞 の 授 賞 式 は 11 月 10 日 , 国 宇 宙 条 約 が 「 国 家 に よ る 天 体 の 領 有 権 発 へ の 期 待 を 語 っ た 。 立 京 都 国 際 会 館 で 開 催 さ れ る 。 を 否 定 し て い る 」 と の 事 実 を 挙 げ た 。 シ ン ポ ジ ウ ム の 論 点 は 多 岐 に わ た り 「 国 家 で な く 民 間 企 業 な ら よ い の か , 結 論 を 見 い だ す こ と は 狙 っ て い な か っ 【 ブ ル ー プ ラ ネ ッ ト 賞 】 土 地 の 領 有 で な く 資 源 開 発 は 許 さ れ る た 。 問 題 提 起 を し た だ け の 印 象 は 強 い 旭 硝 子 財 団 ( 石 村 和 彦 理 事 長 ) は の か は 条 約 に 明 記 さ れ て い な い も の の , が , 従 来 の 学 術 会 議 の 枠 を 超 え る 試 み 6 月 15 日 , 第 25 回 プ ル ー プ ラ ネ ッ 条 約 に は 加 盟 国 が そ の 国 民 に 条 約 を 守 だ 。 ト 賞 の 受 賞 者 を 発 表 し た 。 国 連 環 境 計 ( 日 本 経 済 新 聞 論 説 委 員 ・ 滝 順 ー ) 画 (UNEP) 親 善 大 使 の バ バ ン ・ シ 科 学 賞 ュ ク デ フ 氏 (Pavan Sukhdev, 56 ) , 英 グ ラ ス ゴ ー 大 学 名 誉 教 授 の マ ル ク 京 都 賞 は 金 出 , 本 庶 両 博 士 ら 3 人 に ス ・ ポ ル ナ ー 氏 (Markus Borner, (1) の 2 人 に そ れ ぞ れ 贈 ら れ る 。 2016 年 ( 第 32 回 ) の 京 都 賞 が 決 科 学 部 門 は 医 学 者 の 本 庶 佑 博 士 ( 京 都 シ ュ ク デ フ 氏 は , 包 括 的 グ リ ー ン 経 ま っ た 。 稲 盛 財 団 ( 稲 盛 和 夫 理 事 長 ) 大 学 名 誉 教 授 , 74 , 写 真 中 央 ) に , 済 に 移 行 す る た め に 経 済 に 合 理 的 で 実 が 6 月 17 日 発 表 し た 。 先 端 技 術 部 門 思 想 ・ 芸 術 部 門 は 哲 学 者 の マ ー サ ・ ク 用 的 な 測 定 基 準 を 開 発 し , 持 続 可 能 な レ イ ヴ ン ・ ヌ ス パ ウ ム 博 士 (Martha は ロ ポ ッ ト 工 学 者 の 金 出 武 雄 博 士 ( 米 経 済 の 発 展 を 加 速 さ せ た 。 カ ー ネ ギ ー メ ロ ン 大 学 ワ イ タ カ ー 記 念 Craven Nussbaum, 米 シ カ ゴ 大 学 工 ボ ル ナ ー 氏 は ア フ リ カ で 40 年 間 , 全 学 教 授 , 70 , 写 真 左 端 ) に , 基 礎 ル ン ス ト ・ フ ロ イ ン ド 法 学 ・ 倫 理 学 特 野 生 生 物 保 護 や 保 護 区 内 の 生 態 系 保 全 別 功 労 教 授 , 69 , 写 真 管 理 活 動 に 携 わ っ て き た 。 タ ン ザ ニ ア 右 端 ) に , そ れ ぞ れ 贈 ら の セ レ ン ゲ テ イ 国 立 公 園 に つ い て は 国 民 に , 生 態 系 の 保 全 に 対 し て 貢 献 し , れ る 。 金 出 博 士 の 受 賞 テ ー マ 約 束 す る こ と が 必 要 で あ る こ と を 訴 え は 「 コ ン ピ ュ ー タ ビ ジ ョ て き た 先 駆 者 の 1 人 。 ン と ロ ポ テ ィ ク ス 分 野 で 表 彰 式 は 11 月 16 日 に 都 内 で 開 催 の 先 駆 的 か っ 実 践 的 研 さ れ る 。 団 議 論 さ れ た 12 の テ ー マ df △ イ http://www nikkei-science.com/

日経サイエンス 2016年 9月号


土 壌 を 肥 や す 環 境 "A cure for Africa's soil" ペ レ ニ エ ー シ ョ ン 農 冫 去 樹 木 や 灌 木 そ の 他 の 多 年 生 植 物 を 畑 の 作 物 と 一 緒 に 育 て る こ と で ア フ リ カ の 農 家 は 劣 化 し た 土 壌 を 再 建 し て 食 物 生 産 を 増 や す こ と が で き る 第 2 レ ガ ノ ル ト ( ワ シ ン ト ン 州 立 大 学 ) マ ラ ウ イ の ト ウ モ ロ コ シ 農 家 マ ジ ョ (Mariko Majoni) は 農 法 を 大 胆 に 変 更 し た 。 彼 は ア フ リ カ の 多 く の 小 規 模 農 家 と 同 様 に 肥 料 を 買 え ず , や が て 収 穫 量 が 激 減 し た 。 だ が 大 気 中 の 窒 素 を 捕 捉 す る 「 肥 料 木 」 に つ い て 聞 き 知 り , ト ウ モ ロ コ シ の 畝 ( う ね ) の 間 に 苗 木 を 植 え た 。 6 年 後 , 収 穫 量 は 10 倍 に な り , 自 家 消 費 で 余 っ た 分 を 売 れ る よ う に な っ た 。 近 隣 の 農 家 は 当 初 , 彼 の こ と を 気 が 違 っ た か と 思 っ た が , い ま は 多 く が 同 じ 農 法 を 採 用 し て い る 。 サ ハ ラ 砂 漠 以 南 の ア フ リ カ ( サ プ サ ハ ラ ) は 温 暖 で 日 照 量 も 豊 か だ 。 作 物 は よ く 育 つ は ず た が , 農 家 は マ ジ ョ ニ が そ う だ っ た よ う に 苦 し ん で お り , 化 学 肥 料 を 使 っ て も な お 厳 し い 。 主 食 で あ る ト ウ モ ロ コ シ の 収 穫 量 は 1 ヘ ク タ ー ル あ た り 平 均 約 1 ト ン で , こ れ は 米 国 中 西 部 の ト ウ モ ロ コ シ 畑 の 1 / 10 に す ぎ な い 。 理 由 は 単 純 で , サ プ サ ハ ラ の 土 地 の 大 部 分 が や せ て い る こ と に よ る 。 植 物 に 必 要 な 有 機 物 と 栄 養 素 を 欠 い て い る の た 。 化 学 肥 料 を 用 い て も , そ れ だ け で は 収 穫 量 が 十 分 に 上 が る と は 限 ら ず , む し ろ 土 を さ ら に 害 す る 場 合 も あ る 。 土 妻 壌 の 劣 化 は 憂 慮 す べ き ペ ー ス で 続 い て 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号 J. D. ク ラ ノ ミ ー ( 米 国 際 開 発 庁 ) お り , す で に 低 水 準 に あ る 一 部 地 域 の 収 量 は 沈 滞 し , さ ら に 低 下 し て い る 。 こ の 状 況 は 悩 ま し い 。 世 界 で 栄 養 不 良 に あ る 8 億 人 の う ち 約 2 億 2000 万 人 は サ プ サ ハ ラ の 人 々 な の だ 。 そ し て 近 年 の 研 究 か ら , 同 地 域 の 人 口 は 現 在 の 約 10 億 人 か ら 2050 年 ま で に 2 倍 に な る う え , 気 候 変 動 の 打 撃 を 受 け る と 考 え ら れ る 。 土 壌 の 地 カ を 相 当 に 高 め な い と , 食 糧 不 足 の 拡 大 は 必 至 だ 。 農 業 生 産 性 を 向 上 す る う え で 土 壌 の 再 建 が 最 優 先 課 題 で あ る と い う 見 方 で 科 学 者 は 一 致 し て い る 。 原 理 的 に は , 解 決 策 は 明 白 だ 。 植 物 の 分 解 物 と 動 物 性 の 物 質 で 土 壌 を 再 建 す れ ば よ い 。 こ れ ら の 有 機 物 は 窒 素 と 炭 素 を 土 壌 に 加 え , 保 水 性 を 高 め , 地 力 を 維 持 す る 微 生 物 を 養 う 。 し か し 実 際 に は 課 題 が 山 積 み だ 。 ア フ リ カ の 農 家 の 大 多 数 は , 自 分 の 農 地 を 再 建 で き る だ け の 作 物 残 渣 や 堆 肥 , 厩 肥 を 買 う こ と も 自 作 す る こ と も で き な い 。 ま た , 耕 作 を 続 け な が ら 地 カ の 回 復 を 実 現 す る 必 要 が あ る 。 耕 地 を 修 復 す る た め に 栽 培 を 休 む 余 裕 は な い の だ 。 さ ら に , 水 と 化 学 物 質 の 使 い す ぎ を 避 け な が ら 収 穫 量 を 上 げ , 家 族 と 地 域 の 経 済 的 ・ 社 会 的 安 定 を 維 持 す る の に 十 分 な 収 入 を 稼 ぐ 必 要 が あ る 。 農 家 に と っ て 気 の 遠 く な る よ う な 課 題 だ 。 マ ジ ョ ニ が 採 用 し た 農 法 は 「 ペ レ ニ 工 ー シ ョ ン 」 と 呼 ば れ る 戦 略 の 一 例 で , 多 年 生 植 物 (perennial plants) を 活 用 す る こ の 戦 略 は ア フ リ カ に 大 変 化 を 生 む 可 能 性 が あ る 。 畑 の な か や 畑 沿 い に 樹 木 や 灌 木 , 多 年 生 の 草 本 を 植 え る こ と で 土 壌 の 地 カ を 回 復 し , 収 穫 量 を 高 め て 食 物 生 産 の 長 期 的 な 持 続 可 能 性 を 改 善 す る 。 多 年 生 植 物 が 炭 素 と 窒 素 を 土 壌 に 加 え , 保 水 性 を 高 め , 侵 食 を 減 ら し , 害 虫 を 退 け , 作 物 に よ る 化 学 肥 料 の 吸 収 を 増 や す 。 こ の 手 法 は 不 耕 起 農 法 や 有 機 農 法 な ど 近 代 的 な 営 農 法 と 相 性 が よ く , 乾 燥 や 病 気 , 害 虫 に 強 い 改 良 栽 培 品 種 と 組 み 合 わ せ る こ と も で き る 。 ま た , 育 て た 多 年 生 植 物 は 家 畜 の 飼 料 や 燃 料 用 の 薪 に な る 。 こ の 記 事 で は 3 つ の ペ レ ニ エ ー シ ョ ン 農 法 を 紹 介 し , そ れ ら が ト ウ モ ロ コ シ や ソ ル ガ ム ( モ ロ コ シ ) な ど 主 要 穀 物 を 持 続 可 能 な 形 で 増 産 し て 土 壌 を 肥 や す の に い か に 役 立 ち う る か を 解 説 す る 。 ペ レ ニ エ ー シ ョ ン に は 別 の 方 法 も あ る が , こ こ で 紹 介 す る 3 つ は サ プ サ ハ ラ で 成 功 し , 今 後 さ ら に 広 く 採 用 さ

日経サイエンス 2016年 9月号


親 と 子 の 科 学 の 冒 険 = 2016 休 暇 が 取 リ や す い 夏 は , 親 子 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン に 最 適 。 子 ど も と い っ し ょ に 「 サ イ エ ン ス 」 し て み ま せ ん か 。 子 ど も の 知 的 好 奇 心 を 刺 激 し て あ げ れ ば , 親 子 に と っ て か け か え の な い 夏 と な る で し よ う 。 ま た , 学 校 で の 自 由 研 究 に も 役 立 て て く だ さ い 。 動 物 園 で ア ニ マ ル ・ ウ ォ ッ チ ン グ ( 1 ) サ ル の 仲 間 を 探 し て み よ う 成 島 悦 雄 ( 前 ・ 井 の 頭 自 然 文 化 園 ) 今 年 の 干 支 「 さ る 」 に ち な ん で , 動 物 園 で い ろ い ろ な サ ル の 仲 間 を 探 し て み よ う 。 動 物 園 で ア ニ マ ル ・ ウ ォ ッ チ ン グ ( 2 ) サ ル の 子 ど も の 遊 び 方 は い ろ い ろ 成 島 悦 雄 ( 前 ・ 井 の 頭 自 然 文 化 園 ) サ ル 山 で 飼 育 さ れ て い る サ ル た ち の 行 動 を , 遊 び を 中 心 に 観 察 し て み よ う 。 水 族 館 で ア ニ マ ル ・ ウ ォ ッ チ ン グ ア シ カ や イ ル カ の 仲 間 を 観 察 し よ う 成 島 悦 雄 ( 前 ・ 井 の 頭 自 然 文 化 園 ) 哺 乳 類 で あ る ア シ カ や イ ル カ は , 水 中 生 活 に 適 し た ど の よ う な 体 つ き を し て い る の か 。 ア リ の 好 き な も の を 調 べ て み よ う 奥 山 英 治 ( 日 本 野 生 生 物 研 究 所 ) ア リ は 本 当 に 甘 い も の が 好 き な の か 。 輪 ゴ ム の 匂 い が 嫌 い な の か 。 実 験 で 確 か め て み よ う 。 キ リ ギ リ ス を 釣 っ て み よ う 奥 山 英 治 ( 日 本 野 生 生 物 研 究 所 ) 昔 か ら の 遊 び 「 キ リ ギ リ ス 釣 り 」 に 挑 戦 し て み よ う 。 エ サ は 輪 切 り に し た タ マ ネ ギ で あ る 。 星 空 ウ ォ ッ チ ン グ 土 星 ・ 火 星 を 観 察 し よ う 日 経 サ イ エ ン ス 編 集 部 8 月 初 旬 の 夜 8 時 ご ろ , 南 の 空 に さ そ り 座 が 見 え る 。 目 印 は 赤 く 輝 く 「 ア ン タ レ ス 」 だ 。 18 親 子 で 読 み た い ! 夏 休 み ブ ッ ク ガ イ ド 海 の ハ ン タ ー 展 を 見 に 行 こ う ! 夏 休 み イ ベ ン ト 情 報 自 然 と 科 学 に ふ れ あ お う / 星 空 を 挑 め よ う 06 物 察 動 観 08 物 察 動 観 物 察 動 観 察 験 観 実 察 験 観 実 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 9 月 号 特 別 付 録 親 と 子 の 科 学 の 冒 険 2016 発 行 人 竹 内 雅 人 発 行 日 経 サ イ エ ン ス 社 デ ザ イ ン 小 栁 直 子 (MaK Office) GRID ハ ロ ー ア ン ド ハ イ プ 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 ◎ NIKKEI SCIENC 印 NC.. 2016 ・ 本 誌 掲 載 記 事 の 無 断 転 載 を 禁 じ ま す 。 24