検索 - みる会図書館

検索対象: 子どものしあわせ 2016年 10月号

子どものしあわせ 2016年 10月号から 74件ヒットしました。

子どものしあわせ 2016年 10月号


あ し Back 龜 m 金 一 ■ 2015 年 1 2 月 号 N 。 .778 《 特 集 》 勝 手 に 決 め な い で 、 私 た ち の 教 科 書 仆 ー ク 》 西 郷 南 海 子 さ ん ■ 2016 年 1 月 号 N 。 779 《 特 集 》 み ん な の 居 場 所 を 作 ろ う 仆 ー ク 》 浜 矩 子 さ ん ■ 16 年 2 月 号 N 。 780 《 特 集 》 い き い き 学 ぶ 仆 ー ク 》 嬉 野 京 子 さ ん ■ 2016 年 3 月 号 N 。 781 《 特 集 》 地 域 で 育 ち あ う 仆 ー ク 》 伊 勢 崎 賢 治 さ ん ■ 2016 年 4 月 号 N 。 .782 《 特 集 》 安 全 で お い し い 食 品 を 仆 ー ク 》 ヒ 。 ー タ ー ・ パ ラ カ ン さ ん ■ 816 年 5 月 号 N 。 .783 《 特 集 》 も っ と 遊 ほ う 仆 ー ク 》 池 田 香 代 子 さ ん ■ 16 年 6 月 号 N 。 784 《 特 集 》 子 ど も ら し さ っ て ? 仆 ー ク 》 池 内 了 さ ん ■ 2016 年 7 月 号 N 。 .785 《 特 集 》 憲 法 は た れ の も の ? 仆 ー ク 》 津 田 大 介 さ ん ■ 16 年 8 月 号 N 。 .786 《 特 集 》 戦 争 を 知 る 、 学 ぶ 仆 ー ク 》 永 井 愛 さ ん ー 2016 年 9 月 号 N 。 .787 《 特 集 》 「 緊 急 事 態 条 項 」 で 子 ど も を 守 れ る か 仆 ー ク 》 堤 未 果 さ ん 定 価 本 体 550 円 + 税 年 間 購 読 7 , 128 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) 編 集 ・ 日 本 子 ど も を 守 る 会 発 行 ・ 本 の 泉 社 子 ど ・ ・ ・ を ・ で お い し い 食 ・ を 一 子 ど も の し あ わ せ 子 ど も の 。 ・ し あ わ せ 6

子どものしあわせ 2016年 10月号


か は 消 防 士 に な れ な い か も し れ ま せ ん 。 就 職 し た 官 、 看 護 師 、 漁 師 、 酪 農 家 、 幼 稚 園 の 先 生 、 保 育 し 場 所 が こ の 町 で 、 や り た い 仕 事 も 限 っ て し ま 、 つ 士 、 栄 養 士 、 学 校 の 先 生 : ・ 。 生 徒 が 見 え て い る 世 と 、 小 さ な 町 で は 受 け 入 れ る こ と が で き な く な り 界 を 広 げ る こ と 、 世 の 中 に は も っ と 多 く の 仕 事 が ま す 。 あ る こ と を 、 ま ず は 伝 え な け れ ば と 思 い ま す 。 そ 生 徒 に 「 な り た い 夢 は ? 」 と 問 う よ う な 進 路 指 れ か ら 、 地 域 を 支 え る こ と と は 何 か 、 過 疎 化 が 進 導 が 、 す い ぶ ん と 前 か ら な さ れ て い ま す 。 私 は 、 む 地 域 の 思 い を 受 け 止 め た 進 路 指 導 と は 何 か 、 私 こ の 町 の 高 校 で 進 路 指 導 を 担 当 す る よ う に な っ も 勉 強 し な い と い け な い と 思 っ て い ま す 。 て 、 少 し 疑 問 に 田 5 、 つ よ 、 つ に な り ま し た 。 夢 を 追 、 つ 町 か ら 離 れ る 選 択 を す る か し な い か は 、 生 徒 の こ と は 大 事 だ と 思 う の で す が 、 現 実 が そ れ を 許 さ 自 由 で す 。 で も 、 生 ま れ 育 っ た 地 域 を 理 解 し て 、 な い 環 境 に あ る 場 合 、 い つ ま で も 「 夢 」 に こ だ わ 地 元 の た め に 頑 張 る 生 徒 ( た と え 町 を 離 れ る こ と る 進 路 指 導 で は い け な い の か な と 思 っ て い ま す 。 に な っ て も ) を 育 て る こ と が 、 今 の 小 さ な 町 で の こ の 小 さ な 町 で は 、 生 徒 が 知 る こ と が で き る 職 進 路 指 導 で は 必 要 だ と 私 は 思 い ま す 。 業 は 限 ら れ て い ま す 。 役 場 、 警 察 、 消 防 士 、 自 衛 男 特 集 地 方 は 生 き て い る ー 0 料 5 送 ノ 究 、 ろ 込 そ の 営 み と 暮 ら し か ら さ ぐ る 〔 だ 平 日 研 止 の ば 税 私 ・ 7 キ ひ の 穩 る 定 ( 円 * 岡 山 県 奈 義 町 ー ー 合 計 特 殊 出 生 率 二 ・ 八 一 を 達 成 よ 6 ン c ー ら 出 会 社 祉 ( オ 雇 の く 日 合 福 ば が え ネ 0 号 徳 島 県 奥 祖 谷 ー ・ 本 一 = 大 秘 境 0 地 暮 ら 」 続 け る ち , る 人 々 。 民 一 員 ひ 国 変 9 ト ビ ッ ク ス 戦 争 の 足 音 は 、 障 害 者 の 排 除 か ら は じ ま る っ 一 日 29 子 ど も の し あ わ せ 2016 年 10 月 号

子どものしあわせ 2016年 10月号


足 と 尾 は 中 割 り 折 り し ま す 。 7 、 尾 と 後 足 が で き ま し た 。 8 、 谷 折 と 山 折 で 耳 の 形 を 作 り ま す 。 向 こ う 側 も 同 じ 。 顔 の 先 端 は 中 割 り 折 り し て 作 り ま す 。 顔 の 形 は 長 短 お 好 み で 作 っ て く だ さ い 【 折 り 方 図 】 0 → 2 、 ↓ え 9 、 内 側 へ 二 面 巻 く よ う に 折 る と 、 足 が た ち ま す 。 向 こ う 側 も 同 じ よ う に 折 っ て 完 成 で す 。 川 、 完 成 図 1 、 ハ 1 ネ ス を 、 白 い 細 い 帯 紙 で 作 っ て 、 装 着 す る と 、 仕 事 中 の 盲 導 大 に な り ま す 。 59 子 ど も の し あ わ せ 2016 年 10 月 号

子どものしあわせ 2016年 10月号


力 に 信 頼 を 寄 せ 、 子 ど も と 大 人 が 対 話 し な が ら 成 を 国 連 子 ど も の 権 利 委 員 会 に 報 告 す る こ と に な っ 長 発 達 し て い く 「 子 ど も の 権 利 」 保 障 の あ り 方 が て い ま す ( 四 四 条 ) 。 議 論 さ れ ま し た 。 こ う し た 議 論 を 経 て 、 一 九 八 九 日 本 で は 条 約 批 准 後 、 一 九 九 六 年 に 政 府 が 国 連 年 に 国 連 で 子 ど も の 権 利 条 約 が 採 択 さ れ ま し た 。 に 実 施 報 告 書 を 提 出 し 、 一 九 九 八 年 に 国 連 子 ど も 「 学 校 ・ 教 育 病 理 」 が 社 会 問 題 化 し て い た 日 本 の 権 利 委 員 会 か ら 最 初 の コ メ ン ト ( 総 括 所 見 ) を 受 け ま し た 。 こ の 時 期 は 山 形 県 明 倫 中 学 校 い じ め で も 、 今 後 の 教 育 の あ り 方 を 考 え る 上 で 子 ど も の 権 利 条 約 を 批 准 し 、 教 育 を 受 け て い る 子 ど も の 声 マ ッ ト 死 事 件 ( 一 九 九 一 一 l) 、 愛 知 県 西 尾 市 東 部 中 に も 耳 を 傾 け る べ き と の 意 見 も 浮 上 し ま し た ( 子 学 校 い じ め 自 殺 事 件 ( 一 九 九 四 ) な ど も 起 き た た め 、 競 争 の 激 し い 教 育 制 度 の あ り 方 を 見 直 し 、 安 ど も の 人 権 を 保 障 す る 各 界 連 絡 協 議 会 編 『 子 ど も の 人 権 宣 言 』 草 土 文 化 、 一 九 八 七 、 同 編 『 子 ど も 心 し て 学 ぶ 権 利 の 保 障 な ど が 勧 告 さ れ ま し た 。 し か し 、 日 本 で は 間 も な く 、 前 回 見 た 神 戸 児 童 の 人 権 読 本 』 ェ イ デ ル 研 究 所 、 一 九 九 一 な ど ) 。 こ れ は 、 子 ど も を 「 教 育 の 客 体 ー と し て で は な 連 続 殺 傷 事 件 ( 一 九 九 七 ) が 起 き 、 「 い じ め 問 題 ー 、 「 教 育 の 主 体 ー と し て 位 置 づ け 直 し て い こ う か ら 「 少 年 事 件 」 が 社 会 問 題 化 し 、 非 行 を 「 社 会 と す る 動 き で し た が 、 教 育 現 場 で は 「 子 ど も の わ 病 理 , で は な く 「 個 人 病 理 」 と 見 立 て 、 刑 事 責 任 号 か ま ま を 認 め る こ と に な る の で は な い か ー と の 懸 を 求 め る 少 年 法 「 改 正 」 が 加 速 し ま し た 。 年 念 も あ り 、 日 本 が 条 約 を 批 准 し た の は 国 連 で 条 約 今 回 は 二 〇 〇 〇 年 以 降 の 少 年 法 「 改 正 」 の 流 れ が 採 択 さ れ て か ら 五 年 を 経 た 一 九 九 四 年 で し た 。 と そ れ に 対 す る 国 連 子 ど も の 権 利 委 員 会 の 勧 告 を せ 確 認 し 、 今 後 の 少 年 司 法 の あ り 方 を 考 え て み ま す 。 あ し 少 年 事 件 を 通 じ た 刑 事 責 任 の 要 求 の 少 年 法 「 改 正 」 と 国 連 子 ど も の 権 利 委 員 会 勧 告 ど 子 ど も の 権 利 条 約 を 批 准 し た 国 は 、 条 約 批 准 後 子 二 年 以 内 に 、 そ の 後 は 五 年 ご と に 条 約 の 実 施 状 況 子 ど も の 権 利 条 約 で は 、 い か な る 子 ど も も 不 当

子どものしあわせ 2016年 10月号


し 、 仲 間 同 士 で 考 え あ う 、 そ 、 つ い う ち ょ っ と ず つ 発 事 故 が 起 き て か ら は 、 横 須 賀 も 他 人 事 で は な く 、 の 積 み 重 ね で 政 治 や 社 会 の こ と に 自 覚 的 に な り ま 私 た ち も 福 島 の 人 た ち の よ う に 暮 ら し を 奪 わ れ る し た 。 た だ 、 意 識 が 変 わ っ て も 、 そ の 思 い を 行 動 か も し れ な い と 気 付 き ま し た 。 し か も 、 そ の 原 子 で 示 す 、 と い う こ と に は な か な か 踏 み 出 せ ず に い 炉 は ア メ リ カ が 武 力 行 使 を す る た め に 存 在 し て い ま し た 。 ま す 。 9 ・ Ⅱ 、 イ ラ ク 戦 争 の 頃 か ら 、 基 地 の 意 味 に つ い て 少 し ず つ 考 え る よ う に な り ま し た が 、 原 そ ん な 中 で 、 3 ・ Ⅱ 東 日 本 大 震 災 と 福 島 第 一 原 発 の 事 故 が 起 こ り ま し た 。 私 は 妊 娠 中 で し た 。 青 発 事 故 を き っ か け に 改 め て 横 須 賀 の 街 が 米 軍 の 軍 年 と し て も 子 ど も の こ と は 自 分 の こ と と し て 思 っ 事 作 戦 に 協 力 し て い る こ と に つ い て も 深 く 考 え さ て い ま し た が 、 や つ ば り 親 に な っ た こ と は 大 き な せ ら れ ま し た 。 そ う し て 、 原 発 の こ と 、 基 地 の こ と に 関 、 い を 持 ち 、 同 じ よ 、 つ に 3 ・ Ⅱ を き っ か け に 変 化 で 、 子 ど も た ち の 未 来 の た め に 自 分 も 前 に 立 ち 上 が っ た 市 民 の 皆 さ ん と 一 緒 に 少 し す つ 行 動 歩 進 ま な け れ ば な ら な い 、 と い 、 つ 気 持 ち に な り ま し た 。 す る 機 会 を 積 み 重 ね て い き ま し た 。 ち な み に 、 横 須 賀 は 放 射 能 に 深 く 関 わ る 街 で も 立 場 の 違 い を 超 え て 安 保 法 制 に 反 対 号 あ り ま す 。 福 島 第 一 原 発 の 燃 料 棒 も 製 造 し て い た 月 そ れ ま で も 出 来 る こ と を や っ て き た つ も り で し 核 燃 料 製 造 工 場 が あ り ま す 。 グ ロ 1 バ ル ・ ニ ュ 1 年 ク リ ア ・ フ ュ エ ル ・ ジ ャ パ ン と い 、 つ ゼ ネ ラ ル ・ エ た か 、 こ の 一 年 、 さ ら に エ ン ジ ン か か り 、 飛 躍 的 歩 レ ク ト リ ッ ク (cæ) 、 東 芝 、 日 立 が 合 弁 で つ く っ に 活 動 す る よ う に な っ た の は 、 第 一 に 、 と に か く せ の た 会 社 で す 。 工 場 の 周 囲 は 住 宅 地 で 、 小 学 校 や 保 安 保 法 制 の 中 身 そ の も の が 認 め ら れ な い も の で あ の あ っ た こ と が 大 き い と 思 い ま す 。 め 育 園 も す ぐ 近 く に あ り ま す 。 そ し て 、 米 軍 横 須 賀 基 地 は 、 本 国 以 外 で 唯 一 の の 自 分 の 意 見 を 人 前 で 話 す の は 勇 気 の い る こ と で 子

子どものしあわせ 2016年 10月号


編 集 室 の 窓 世 界 有 数 の 豊 か さ を 誇 る 日 本 広 い 国 際 社 会 に 羽 ば た い て い で 、 満 足 に 食 べ ら れ な い 子 ど も く こ れ か ら の 子 ど も た ち に は 、 が い る こ と 。 甲 状 腺 に 異 常 が あ 特 に 「 憲 法 九 条 」 の 旗 を し つ か り 手 渡 し て い き た い で す ね 。 る と 告 げ ら れ 、 将 来 に 大 き な 不 安 を 抱 え て い る 子 ど も が い る と そ の 旗 を 持 っ こ と で 、 日 本 の い う 現 実 。 過 度 の 競 争 に あ お ら 子 ど も た ち は 、 誇 り を 持 っ て 、 れ 、 人 へ の 憎 し み を 増 幅 さ せ 、 ど こ の 国 の 人 と も 、 正 々 堂 々 と ナ イ フ を 持 っ て し ま う 青 少 年 た 交 流 で き 、 世 界 を 覆 う 深 い 病 と ち が 後 を 絶 た な い こ と 。 も 向 き 合 い 、 豊 か で ま っ と う な こ う い う 子 ど も た ち を 安 心 さ 未 来 社 会 の 創 り 手 に な っ て く れ せ る こ と 以 上 に 、 大 事 な こ と が る こ と と 信 じ ま す 。 あ る で し よ う か 。 そ の た め に は 、 そ の 根 本 を 壊 し て し ま う 危 険 部 分 部 分 に 絆 創 膏 を 貼 る よ う な 性 が 増 大 し て い ま す 。 そ の 流 れ こ と で は な く 、 政 治 の 根 本 を 変 を 食 い 止 め る た め に 、 私 た ち 大 え る こ と が 大 切 で は な い か と 人 が 一 歩 一 歩 行 動 し ま し よ う 。 思 っ て い ま す 。 今 年 も 「 子 ど も 白 書 2016 」 そ の 根 本 と は 、 や は り 、 「 憲 が で き ま し た 。 読 ん で 語 り 合 っ 法 を 守 り 、 生 か す 政 治 」 が で き て 、 た く さ ん の 人 と 繋 が り ま 1 ) よ 、 つ 。 る か ど 、 つ か で す 。 子 ど も の し あ わ せ 定 価 594 円 ( 本 体 550 円 + 税 ) 2016 年 10 月 号 ( 788 号 ) 2016 年 10 月 1 日 発 行 編 集 . 日 本 子 ど も を 守 る 会 子 ど も の し あ わ せ 編 集 委 員 会 〒 170-0005 東 京 都 豊 島 区 南 大 塚 2-17-10 民 教 連 内 電 話 : 03-5319-3645 FAX : 03-5319-3646 発 行 : 本 の 泉 社 発 行 者 : 比 留 川 洋 〒 113-0033 東 京 都 文 京 区 本 郷 2-25-6 電 話 : 03-5800-8494 FAX : 03-58 開 -5353 E-mail : [email protected]」 p http://www.honnolzumi.co.j p/ 銀 行 口 座 : ゆ う ち ょ 銀 行 〇 一 九 店 ( 当 座 ) 0137225 郵 便 振 替 : 00130-6-137225 印 刷 : 亜 細 亜 印 刷 株 式 会 社 製 本 : 株 式 会 社 村 上 製 本 所 ◇ 購 読 の こ 案 内 ◇ 年 間 購 読 を ご 希 望 の 方 は 、 お 近 く の 書 店 、 「 子 ど も を 守 る 会 」 お よ び 本 の 泉 社 に お 申 し 込 み く だ さ い 。 購 読 料 は 1 年 分 7 , 128 円 ( 税 ・ 送 料 込 み ) で す 。 * 個 別 の 販 売 も い た し ま す 。 ◆ 2013 年 9 月 号 よ り 、 本 誌 の 電 子 版 を 「 雑 誌 オ ン ラ イ ン 」 社 か ら 発 売 し て お り ま す 。 最 新 号 か ら バ ッ ク ナ ン バ ー も お 買 い 求 め い た だ け ま す 。 回 - 回

子どものしあわせ 2016年 10月号


平 和 の た め の 私 の 一 歩 0 平 和 の た め の 私 の 一 歩 〈 第 回 平 和 祈 念 集 会 で の 講 演 〉 私 自 身 も 一 皮 む け て 基 地 の 街 ・ 横 須 賀 か ら 松 本 た き 子 ( 横 須 賀 <-uo) 私 は 、 普 通 の 横 須 賀 市 民 で す 。 四 歳 と 十 一 カ 月 ち 上 が り 、 マ マ の 活 動 を 知 っ て お ら れ る 方 も 多 い の 二 人 の 娘 を 育 て て い ま す 。 日 本 民 主 主 義 文 学 会 と 思 い ま す の で 、 基 地 の 街 で 立 ち 上 が っ た 活 動 だ と い う 団 体 に 所 属 し て 、 執 筆 活 動 も し て い ま す 。 と い う 点 を 中 心 に ご 紹 介 さ せ て い た だ き ま す 。 「 婦 民 新 聞 」 ( 婦 人 民 主 ク ラ ブ 発 行 ) に 子 育 て エ ッ 横 須 賀 と い う 街 は 、 み な さ ん ご 存 知 だ と 思 い ま セ イ を 書 か せ て い た だ い て い る の で す が 、 婦 人 民 す が 、 軍 港 と し て 栄 え て き た 街 で す 。 今 も 海 上 自 号 主 ク ラ ブ の 創 立 メ ン バ 1 で あ る 羽 仁 説 子 さ ん が 、 衛 隊 の 基 地 、 陸 上 自 衛 隊 の 駐 屯 地 が あ り ま す 。 さ 月 日 本 子 ど も を 守 る 会 の 会 長 を さ れ て い た と 伺 い 、 ら に 防 衛 大 学 校 や 昔 は 少 年 工 科 学 校 と い い ま し た 年 ご 縁 を 感 じ ま す 。 平 和 を 願 う 人 々 の 思 い が 今 日 ま が 、 今 は 、 高 等 工 科 学 校 と い う 学 校 も あ り ま す 。 で 繋 が っ て い る の だ な と 改 め て 実 感 し ま し た 。 中 学 を 卒 業 し た 子 た ち が 入 っ て く る 陸 上 自 衛 隊 の せ 学 校 で 、 高 校 卒 業 の 資 格 が 取 れ 、 毎 月 八 万 円 ぐ ら あ 自 衛 隊 ・ 米 軍 ー 基 地 の 街 ・ 横 須 賀 の 日 常 の い 手 当 て が も ら え ま す 。 こ の 間 、 横 須 賀 の マ マ た ち も 安 保 法 制 廃 止 を 訴 ま た 、 自 衛 隊 の 関 連 施 設 だ け で な く 、 米 軍 基 地 え て 活 動 し て き ま し た 。 各 地 で 「 マ マ の 会 」 が 立 も あ り ま す 。

子どものしあわせ 2016年 10月号


の 日 本 の 少 年 司 法 は 国 際 的 な 少 年 司 法 の 標 準 か ら 奪 わ れ 、 社 会 的 に 排 除 さ れ て い る 状 況 に あ り ま す 。 離 れ た 方 向 へ 舵 を き っ て い る こ と が 確 認 で き ま す 。 こ う し た 中 で 、 国 際 的 に は 二 〇 世 紀 後 半 か ら 新 し い 少 年 司 法 の あ り 方 と し て 、 被 害 者 と 加 害 者 と 国 際 的 に 注 目 さ れ る 修 復 的 司 法 地 域 社 会 と の 対 話 を 通 じ て 、 被 害 者 も 加 害 者 も 地 以 前 は 学 校 で 「 不 良 」 と 見 な さ れ た 少 年 が 学 校 域 社 会 へ 再 統 合 し て い く 「 修 復 的 司 法 で 居 場 所 を 失 い つ つ も 、 小 学 校 時 代 か ら 活 動 を 続 (Restorative Justice) 」 が 注 目 さ れ て い ま す 。 け て き た 地 域 の 少 年 団 活 動 で 居 場 所 を 確 保 し 、 少 例 え ば 、 子 ど も の 権 利 条 約 を 採 択 し た 国 々 の 少 年 団 の つ な が り か ら 非 行 傾 向 の 深 化 を 防 い だ 実 践 年 司 法 の 実 施 状 況 を 踏 ま え 、 国 連 子 ど も の 権 利 委 な ど が あ り ま し た ( 老 沼 正 敏 「 非 行 と た た か う 仲 員 会 が 一 一 〇 〇 七 年 に 発 表 し た 「 少 年 司 法 に 関 す る 間 た ち ー 『 月 刊 社 会 教 育 』 二 五 巻 一 一 号 、 一 九 八 一 ) 。 一 般 的 意 見 一 〇 号 」 の 一 〇 項 で は 、 罪 を 起 し た 少 し か し 、 ネ ッ ト 環 境 が 進 み 、 少 年 団 な ど の 地 域 年 の 「 最 善 の 利 益 」 を 考 え た 場 合 、 「 刑 事 司 法 の 子 ど も 組 織 自 体 が 衰 退 し て い る 今 日 で は 、 セ カ ン 伝 統 的 目 的 ( 禁 圧 ・ 応 報 ) に 代 え て 、 立 ち 直 り 及 ド チ ャ ン ス な ど の 自 助 グ ル 1 プ を 活 用 し 、 少 年 の び 修 復 的 司 法 と い う 目 的 が 追 及 さ れ な け れ ば な ら 地 域 社 会 へ の 再 統 合 を 考 え て い く 必 要 が あ り ま な い 」 旨 が 示 さ れ ま し た 。 二 〇 一 三 年 に は 国 連 事 号 す 。 務 総 長 特 別 代 表 子 ど も の 暴 力 担 当 が 「 子 ど も へ の 年 一 方 で 、 少 年 法 「 改 正 」 は 犯 罪 被 害 者 支 援 の 遅 修 復 的 司 法 の 促 進 (P 「 omoting Resto 「 ative 跚 れ も 関 連 し て お り 、 「 救 わ れ る べ き は 少 年 で は な Justice for Children)- と 題 す る 報 告 書 も 発 表 し せ わ あ て い ま す 。 く 被 害 者 で あ る 」 と の 意 見 が 社 会 で 共 有 さ れ て き 以 上 を 見 た 場 合 、 子 ど も の 権 利 保 障 の 観 点 に 立 の た 側 面 も あ り ま す 。 そ の た め 、 重 大 な 事 件 で は ネ ッ ト 上 で 犯 人 探 し を す る よ う な 私 刑 が な さ れ 、 一 度 、 っ 少 年 司 法 の あ り 方 と し て 、 修 復 的 司 法 に 学 ぶ こ 子 つ ま す い た 少 年 は 社 会 で 再 び や り 直 す チ ャ ン ス が と が 今 日 の 課 題 と い え る で し よ う 。

子どものしあわせ 2016年 10月号


六 年 の 一 一 歳 女 児 が 同 級 生 を カ ッ タ ー ナ イ フ で 殺 す 方 向 へ と 変 化 さ せ ま し た 。 傷 す る 事 件 が 生 じ た こ と か ら 、 一 四 歳 未 満 の 触 法 こ れ を 受 け 、 二 〇 一 〇 年 の 国 連 子 ど も の 権 利 委 少 年 の 取 扱 い が 焦 点 と な り ま し た 。 そ の 際 、 触 法 員 会 の 三 回 目 の 総 括 所 見 ( 政 府 は 約 二 年 遅 れ の 二 少 年 の 調 査 を 担 当 す る 児 童 相 談 所 は 捜 査 機 関 で は 〇 〇 八 年 に 報 告 書 を 提 出 ) で は 、 日 本 が 前 回 の 勧 な い た め 、 殺 人 な ど の 重 大 事 件 で は 警 察 の 調 査 権 告 を 軽 視 し て 少 年 法 「 改 正 」 を 重 ね て い る こ と を 限 を 拡 大 し 、 児 童 福 祉 施 設 で は な く 矯 正 施 設 へ 入 遺 憾 と し 、 刑 事 処 分 の 対 象 年 齢 の 引 下 げ 、 観 護 措 所 さ せ る こ と も 必 要 だ と さ れ ま し た 。 置 期 間 の 延 長 、 逆 送 の 拡 大 を 再 び 問 題 視 し ま し た 。 そ こ で 、 二 〇 〇 七 年 に 触 法 少 年 へ の 警 察 調 査 権 ま た 、 少 年 が 成 人 同 様 の 裁 判 員 裁 判 の 対 象 と な 限 を 拡 大 し 、 重 大 事 件 で は 概 ね 一 二 歳 以 上 で あ れ る こ と も 問 題 視 し 、 後 述 す る 少 年 司 法 の 国 際 準 則 ば 少 年 院 送 致 を 可 能 と す る 一 一 回 目 の 少 年 法 「 改 正 」 と 照 ら し て 子 ど も の 権 利 を 保 障 す る 少 年 司 法 の 運 が な さ れ ま し た 。 さ ら に 、 翌 年 に は 刑 事 訴 訟 法 改 用 と な る よ う に 勧 告 し ま し た ( 子 ど も の 権 利 条 約 正 で 被 害 者 の 刑 事 手 続 き へ の 参 加 を 認 め た こ と か レ ポ ー ト 連 絡 会 議 編 『 子 ど も の 権 利 条 約 か ら 、 少 年 司 法 で も 重 大 事 件 で 被 害 者 が 望 む 場 合 、 ら 見 た 日 本 の 子 ど も 』 現 代 人 文 社 、 二 〇 一 一 ) 。 号 少 年 審 判 の 傍 聴 を 可 能 と す る 三 回 目 の 少 年 法 「 改 月 さ ら に 進 む 少 年 法 「 改 正 」 正 」 が な さ れ 、 二 〇 〇 九 年 に 開 始 さ れ た 裁 判 員 裁 年 判 で も 重 大 な 少 年 事 件 は 対 象 と な り ま し た 。 国 連 子 ど も の 権 利 委 員 会 の 繰 り 返 し の 勧 告 に も こ れ ら の 動 き は 、 少 年 の 生 育 過 程 や 生 活 環 境 を 関 わ ら ず 、 二 〇 一 四 年 に は 少 年 に 対 す る 刑 期 の 上 せ 丁 寧 に 調 査 し 、 立 ち 直 り に 必 要 な 教 育 福 祉 的 支 援 限 の 引 上 げ 、 少 年 審 判 で 非 行 事 実 に 争 い が あ る 場 あ し を 導 き 出 す 少 年 法 の 理 念 ( Ⅱ ケ ー ス ワ ー ク 機 能 ) 合 は 、 窃 盗 な ど の 事 件 で も 少 年 に 国 選 付 添 人 を つ の を 改 め 、 少 年 と い え ど も 犯 し た 「 行 為 の 重 さ 」 に け た 上 で 検 察 官 を 関 与 さ せ る ( Ⅱ 刑 事 裁 判 の 原 子 よ っ て は 成 人 と 同 様 の 刑 事 裁 判 に 回 し て 刑 罰 を 下 告 ・ 被 告 の よ う な 形 で 事 実 を 争 う 形 の 拡 大 ) な ど

子どものしあわせ 2016年 10月号


◆ 横 須 賀 か ら の 発 信 変 え る し か な い 変 わ る し か な い 未 来 は 自 分 の 中 に あ る 西 野 空 見 え て き た の は 、 原 発 は 安 全 で は な い こ と 。 外 横 須 賀 は 、 安 保 法 や 改 憲 問 題 が 直 に 影 響 す る 街 国 の 基 地 が こ れ ほ ど あ る 国 は 他 に な い こ と 。 一 日 で す 。 住 ん で い る 自 衛 官 が 海 外 で 殺 し 殺 さ れ る か 二 十 億 円 以 上 の 税 金 が ア メ リ カ 軍 の た め に 使 わ れ も し れ な い し 、 ひ と た び 日 本 が 敵 と み な さ れ れ ば 、 て い る こ と 。 日 本 が ア フ リ カ に 基 地 を 建 設 し 、 相 攻 撃 や テ ロ の 標 的 に な り え る 街 で す 。 手 国 に 不 平 等 な 地 位 協 定 を 結 ん で い る こ と 。 年 間 私 は 、 市 役 所 に 勤 め な が ら 子 育 て を し て い ま す 。 号 月 以 前 は 社 会 の こ と に 無 関 心 で し た が 、 東 日 本 大 震 三 万 人 前 後 の 自 死 者 が い る こ と ( 自 殺 と 認 定 さ れ た 数 ) 。 貧 富 の 差 が 広 が り 、 年 間 約 二 千 人 も 餓 死 災 を 境 に 意 識 が 変 わ り ま し た 。 大 災 害 が 起 こ れ ば 、 年 し て い る こ と 。 大 多 数 の 国 民 の 反 対 を 押 し 切 っ て 、 私 た ち 公 務 員 は 子 ど も を お い て 災 害 対 応 に 出 動 し つ い に 安 保 関 連 法 が 強 行 採 決 さ れ た こ と な ど な せ な け れ ば な り ま せ ん 。 あ の 過 酷 な 原 発 事 故 の 間 中 ど 。 「 基 本 的 人 権 の 尊 重 」 「 国 民 主 権 」 「 平 和 主 義 ー あ と 繰 り 返 す 政 府 の コ 「 直 ち に 健 康 に 影 響 は な い の に 反 す る こ と だ ら け で す 。 メ ン ト に 『 人 に 任 せ て い て は 子 ど も の 命 を 守 れ な 戦 争 は 平 和 の た め 、 国 民 を 守 る た め に 始 ま る こ 子 い 』 と い う 恐 怖 に か ら れ 、 学 習 し 始 め た の が き っ と を 歴 史 に 学 び ま し た 。 二 十 三 ・ 九 歳 ー こ れ は 、 か け で す 。 横 須 賀 <—I—I(D メ ン バ