検索 - みる会図書館

検索対象: 信州 (楽楽 中部 2)

信州 (楽楽 中部 2)から 231件ヒットしました。

信州 (楽楽 中部 2)


再 発 見 ! っ ほ ん 、 ど こ に 行 き た い ? 何 を し た い ? 7 つ の キ ホ ン 早 わ か り こ こ へ 行 き た い 楽 楽 解 決 ! モ デ ル ル ー ト 北 ア ル プ ス を 望 ん で ド ラ イ ブ 安 曇 野 ・ 白 馬 1 泊 2 日 安 曇 野 、 大 町 温 泉 、 白 馬 山 麗 文 学 歴 史 を テ ー マ に 小 諸 ・ 上 田 ・ 塩 田 平 を 歩 く 小 諸 ・ 上 田 ・ 別 所 温 泉 ・ 塩 田 平 善 光 寺 、 松 本 城 を 訪 ね て 信 州 2 大 タ ウ ン 巡 り 1 泊 2 日 長 野 ・ 松 本 信 州 高 原 ド ラ イ ブ ビ ー ナ ス ラ イ ン か ら 清 里 へ 美 ヶ 原 ・ 霧 ケ 烽 ・ 蓼 科 ・ 清 里 奈 良 井 、 木 曽 福 島 、 妻 籠 ~ 馬 籠 木 曽 路 を 歩 く 1 泊 2 日 奈 良 井 ・ 木 曽 福 島 ・ 妻 籠 ~ 馬 籠

信州 (楽楽 中部 2)


長 野 ・ 小 布 施 ・ 温 田 中 渋 高 社 山 を バ ッ ク に 、 湯 田 中 駅 に 向 か う 特 急 列 車 の と か な 里 凵 - ↓ 圃 , 景 北 信 五 岳 を 車 衣 し 一 果 樹 畑 の 中 を 走 る ロ ー カ 丿 レ 私 鉄 「 な が で ん 」 の 愛 称 名 で 地 元 の 人 々 に 親 し ま れ て い る 長 野 電 鉄 。 長 野 と 志 賀 高 原 の 麓 の 湯 の 里 ・ 湯 田 中 を 結 ふ 長 野 線 と 、 し な の 鉄 道 屋 代 と 長 野 線 の 須 坂 を 結 ふ 屋 代 線 の 2 路 線 を も つ 。 地 下 駅 で 長 野 を 発 車 し た 列 車 は 、 善 光 寺 下 を 過 ぎ 地 上 に 出 て し ば ら く 、 千 曲 川 を 渡 る 。 須 坂 、 小 布 施 、 信 州 中 野 と 、 栗 や り ん こ 、 桃 と い っ た 北 信 の 特 産 品 を 育 む 畑 の 中 を 行 く 。 戸 隠 、 飯 綱 、 妙 高 黒 姫 、 班 尾 の 五 岳 の 眺 め が い い 。 山 里 の 風 景 と と も に 途 中 駅 の な ん と も 懐 か し い 駅 の 風 情 も 楽 し み た い 。 夜 間 瀬 川 を 渡 っ て 高 井 富 士 と 呼 ば れ る 高 社 山 が 見 え て く る と 終 着 が 近 い 。 鉄 の 旅 長 野 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス 長 野 新 幹 線 長 野 駅 約 1 時 間 40 分 1 0 す さ か 湯 田 中 駅 ホ ー ム に 隣 接 し て 保 存 さ れ て い る 、 昭 和 3 年 ( 1928 ) に 信 州 中 野 ~ 湯 田 中 開 通 当 時 に 建 て ら れ た 駅 舎 夜 間 上 高 社 山 瀬 湯 田 中 箱 山 信 濃 竹 原 中 野 松 川 須 坂 駅 の ホ ー ム の コ レ ク シ ョ ン 信 州 中 野 駅 前 に 少 女 が 母 の 肩 を た た く 像 が た っ て い る 。 「 か あ さ ん お 肩 を た た き ま し よ 」 の 歌 平 の ふ る さ と が こ の 沿 線 。 中 山 晋 平 記 念 館 は 信 州 中 野 駅 か ら 車 で 10 分 ほ ど 。 信 州 中 野 中 山 晋 平 記 念 館 電 車 の 広 場 養 蚕 や 製 糸 業 、 生 糸 商 売 で 栄 え 、 今 も 蔵 屋 敷 が 多 く 残 る 須 坂 。 千 曲 川 の 反 対 岸 を 走 っ て き た 屋 代 線 が こ こ で 合 流 す る 。 都 住 」 R 東 京 駅 ホ ー ム か ら の 眺 め が い い 小 布 施 。 駅 構 内 に 「 電 車 の 広 場 」 の 看 板 が 見 え る 。 か っ て 活 躍 し た 長 野 電 鉄 の 歴 史 の 証 人 ・ 木 造 車 両 テ ハ ニ が 保 存 さ れ て い る 。 小 布 施 北 須 坂 f0 「 m 曲 on 列 車 本 数 は 多 く な い の で 、 気 ま ま ぶ ら り 旅 で も 時 刻 は 確 認 し て お き た い 。 長 野 ~ 須 坂 ・ 信 州 中 野 間 は 、 1 時 間 に 2 ~ 4 本 、 朝 夕 は 4 ~ 6 本 、 信 州 中 野 ~ 湯 田 中 は 1 ~ 2 時 間 に 1 本 。 長 野 ~ 湯 田 中 間 ( 33.2km 、 運 賃 1 , 130 円 ) に は 「 特 急 」 ( 特 急 料 金 100 円 ) が 1 日 に 12 本 あ っ て 、 途 中 の 小 布 施 、 信 州 中 野 に も 停 車 す る 。 か っ て 小 田 急 ロ マ ン ス カ ー と し て 活 躍 し た 先 頭 が 展 望 車 の 車 両 が 特 急 「 ゆ け む り 」 と し て 活 躍 、 人 気 が あ る 。 長 野 電 鉄 の 駅 は 、 」 R 長 野 駅 前 の 地 下 に あ る 。 」 R お よ び し な の 鉄 道 か ら の 乗 換 え に は 、 10 分 以 上 余 裕 を み て お き た い 。 お 得 な き つ ぶ 「 長 電 フ リ ー 乗 車 券 」 全 線 2 日 間 乗 り 降 り 自 由 。 お と な 2260 円 。 特 急 は 料 金 途 必 要 。 長 野 電 鉄 谷 026-248-6000 柳 原 附 属 中 学 前 朝 陽 信 濃 吉 田 桐 原 本 郷 卍 善 光 寺 下 善 光 寺 権 堂 市 役 所 前 長 野 須 坂 ン 屋 代 へ 日 野 村 山 長 野 電 鉄 キ 雇 独 名 村 山 梁 は 、 全 国 で も 珍 し い 道 路 併 用 橋 。 橋 を 渡 る 時 に 車 窓 に 見 る 千 曲 川 の 川 面 と 川 岸 の 風 景 が 美 し く 、 晴 れ た 日 は 特 に す が す が し い 眺 め 。

信州 (楽楽 中部 2)


コ コ へ 行 き た い / ・ 解 決 ・ 信 州 、 高 原 ド ラ イ ブ ヒ ナ ス ラ イ ン か ら 【 楽 楽 歩 き 方 】 美 ヶ 原 、 霧 ケ 峰 、 車 山 、 蓼 科 / \ と 信 州 中 央 工 リ ア の 高 原 か ら 八 ヶ 岳 を 越 え て 野 辺 山 ・ 清 里 高 原 コ ー ス 。 ビ ー ナ ス ラ イ ン は 、 ビ ュ ー ポ イ ン ト も 多 く 、 快 適 な ド ラ イ プ が 楽 し め る 。 1 日 目 ー 約 3 時 。 4 毓 ま つ も と い ん た 一 ち え ん し : 車 で 30 分 う つ く し が は ら こ う け ん ひ し ゆ っ カ 吮 車 で 30 分 ※ 以 下 、 ヒ ー ナ ス ラ イ ン ド ラ イ プ 白 樺 湖 ま で 約 1 時 間 モ テ ル ル ー ト ー 松 本 ℃ 美 ヶ 原 高 原 美 術 館 八 島 湿 原 霧 ケ 烽 高 原 車 山 高 原 白 樺 湖 マ ー リ ー ロ ー ラ ン サ ン 美 術 館 蓼 科 高 原 2 日 目 蓼 科 高 原 麦 草 峠 白 駒 池 ハ 千 穂 高 原 松 廓 胡 の へ や ま 野 辺 山 所 要 30 分 」 R 鉄 道 最 高 地 点 や し ま し つ げ ん き リ が み ね こ う げ ん く る ま や ま こ う け ん し ら か は こ 車 45 分 ・ ・ ・ ・ ・ レ ス ト ラ ン チ ャ ッ プ リ ン ・ ・ ・ カ フ ェ 山 の 駅 0 ま ー リ ー ろ ー ら ん さ ん び し つ か ん 所 要 円 / 4 た て し な こ う け ん 円 76 = = 約 4 時 間 20 分 所 要 時 間 た て し な こ う げ ん 車 40 分 む き く さ と う げ し ら こ ま い け 車 40 分 や ち は こ う け ん ま つ は ら こ き よ さ と せ い せ ん リ よ う 清 里 清 泉 寮 小 淵 沢 ℃ 所 要 ・ ・ ・ 」 oichi 〇 三 車 30 分 ・ ・ ・ ・ ・ ・ そ は 処 三 分 一 朝 186 円 92 ) こ ぶ ち さ わ い ん た 一 ち え ん し 円 90 )

信州 (楽楽 中部 2)


信 州 な ら で は の 味 松 本 グ メ & カ フ ェ 信 州 の 食 材 を 生 か し た 料 理 に 舌 鼓 。 城 下 町 の 落 ち 着 い た カ フ ェ で 散 策 の 疲 れ を 癒 し た い 民 芸 み ん け い 【 洋 食 】 【 郷 土 料 理 】 木 曽 屋 円 25 B-2 谷 0263-32-0528 田 楽 が 人 気 仕 上 け る 信 州 味 噌 で シ ソ の こ 飯 に 合 う 田 楽 定 食 明 治 20 年 ( 1887 ) 創 業 の 老 舗 の 食 事 処 。 民 芸 家 具 を 配 し た 落 ち 着 い た 雰 囲 気 の 中 で 食 事 が 楽 し め る 。 名 物 の 味 噌 田 楽 は 木 綿 豆 腐 に 甘 辛 味 噌 を つ け て 焼 き 上 げ た も の で 、 香 ば し く 素 朴 な 味 わ い 。 お す す め は 田 楽 定 食 850 円 。 ハ ス 停 東 町 か ら 徒 歩 2 分 011 時 30 分 ~ 1 4 時 30 DATA 分 、 1 7 時 ~ 21 時 ( 1 9 時 30 分 LO ) の 火 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 営 業 ) 07 台 レ ス ト ラ ン 盛 よ し 谷 0263-36-2903 円 25 A-3 地 元 て 愛 さ れ る 松 本 民 芸 家 具 の 洋 食 店 温 か な 落 ち 着 い た ム ー ド の 民 芸 調 の 店 内 【 洋 食 】 お き な 堂 新 旧 の メ ニ ュ ー が 揃 う 老 舗 洋 食 店 円 25 B-2 谷 0263-32-0975 伝 統 の ホ ー ク ス テ ー キ 定 食 1500 円 地 元 で も 評 判 の 行 列 の で き る 店 。 店 内 の 家 具 は 松 本 家 具 で 統 一 さ れ て い る 。 食 事 は 手 作 り の 洋 食 が 味 わ え 、 ポ リ ュ ー ム た っ ふ り の 定 食 類 が 揃 う 。 2 つ の メ ニ ュ ー を 組 み 合 わ せ た コ ン ヒ メ ニ ュ ー 1250 円 ~ な ど も 。 創 R 松 本 駅 か ら 徒 歩 5 分 01 1 時 30 分 ~ 1 5 時 LO ( 日 曜 は ~ 15 時 30 分 LO ) 、 1 7 時 30 分 ~ 21 時 30 分 LO ( 日 曜 は ~ 21 時 (O) の 火 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 0 な し DATA バ ン カ ラ と 呼 ば れ て い た 旧 制 松 本 高 等 学 校 の 生 徒 御 用 達 の 洋 食 店 。 メ ニ ュ ー の 中 に は ポ ー ク ス テ ー キ 定 食 な ど 、 昭 和 8 年 ( 1933 ) の 創 業 時 か ら 変 わ ら な い も の も あ り 、 古 き 良 き 時 代 を 彷 彿 さ せ る 。 無 農 薬 豆 を 使 っ た コ ー ヒ ー を 食 後 に 楽 し み た い 。 」 R 松 本 駅 か ら 徒 歩 1 2 分 09 時 ~ 20 時 30 分 LO ( 日 DATA 曜 、 祝 日 は ~ 1 8 時 ) の 無 休 0 契 約 利 用 (2000 円 以 上 の 食 事 で 1 時 間 無 料 ) 【 馬 刺 料 理 】 み か わ や 三 河 屋 と ろ け る よ う な 極 上 の 馬 刺 し に 舌 鼓 円 25 B-2 谷 0263-32-0339 馬 さ し 定 食 1 99 5 円 は せ ひ 試 し て み た 【 居 酒 屋 】 し づ か 松 本 民 芸 家 具 か 並 ふ 店 内 は 資 料 館 さ な か ら 円 25 B-2 谷 0263-32-0547 設 計 は 松 本 民 芸 家 具 の 創 始 者 池 田 三 四 郎 三 河 屋 は 明 治 16 年 ( 1883 ) 創 業 の 馬 肉 料 理 の 老 舗 。 小 説 侒 曇 野 』 の 作 者 、 臼 井 吉 見 も 通 っ た 店 。 時 代 の 風 格 を 感 じ さ せ る 店 内 に は 、 テ ー プ ル 席 と 小 座 敷 が あ る 。 人 気 は 道 産 子 馬 肉 と 根 深 ネ ギ を 味 噌 だ れ で 煮 る 名 代 桜 鍋 は 2 人 前 5670 円 。 R 松 本 駅 か ら 徒 歩 10 分 011 時 30 分 ~ 14 時 、 17 ~ 21 時 の 日 曜 ( GW 、 8 月 は 無 休 ) 08 台 DATA 8 店 内 の テ ー プ ル や 椅 子 は 松 本 民 芸 家 具 で 統 一 さ れ 、 黒 光 り す る 梁 や 柱 な ど が 醸 し 出 す 趣 き あ る 雰 囲 気 も 人 気 。 料 理 は 地 元 な ら で は の お ふ く ろ の 味 が 楽 し め 、 地 鶏 の 焼 き 烏 や お で ん が 付 く し づ か 定 食 2100 円 が お す す め 。 」 R 松 本 駅 か ら 徒 歩 15 分 012 時 ~ 22 時 30 分 LO の 日 曜 、 祝 日 ( 要 問 合 せ ) 06 台 DATA

信州 (楽楽 中部 2)


高 原 を 散 策 す る ① 高 烽 高 原 ① 志 賀 高 原 ① 蓼 科 高 原 ④ 清 里 高 原 信 州 と 言 え ば 、 誰 も が 思 い 浮 か べ る イ メ ー シ が 高 原 や 森 の さ わ や か な 風 景 。 春 夏 秋 冬 、 季 節 こ と に さ ま ざ ま な 表 情 を 見 せ て く れ る 高 原 が 数 多 く あ る 。 名 湯 ・ 秘 湯 に つ か る ① 別 所 温 泉 ① 湯 田 中 渋 温 泉 郷 ① 野 沢 温 泉 湯 あ が り の そ そ ろ 歩 き 山 に か こ ま れ た 信 州 は が 楽 し い 情 緒 あ る 温 泉 湯 量 豊 富 で 良 質 な 温 泉 街 の あ る 温 泉 地 も た く の 宝 庫 。 山 間 の 秘 湯 や 8 ~ 9 月 に か け て さ ん あ る 。 展 望 の い い 湯 も 多 い が 、 高 峰 高 原 に 咲 く ヤ ナ ギ ラ ン 1 知 恵 袋 】 別 所 温 泉 ・ ・ ・ 単 純 硫 黄 泉 な ど 湯 田 中 温 泉 ・ ・ ・ ナ ト リ ウ ム ・ 塩 化 物 泉 な ど 野 沢 温 泉 ・ ・ ・ 単 純 硫 黄 泉 な ど 知 恵 袋 高 高 原 ・ ・ ・ 標 高 約 208E 志 賀 高 原 ・ ・ ・ 標 高 約 178E 蓼 科 高 原 ・ ・ ・ 標 高 約 1700m 清 里 高 原 ・ ・ ・ 標 高 約 180m と こ に 行 き た い ? 何 を し た い ? 7 つ の キ ホ ン 早 わ か り 郷 土 美 術 館 を 訪 房 食 を ① 長 野 県 信 濃 美 術 館 ・ 東 山 魁 夷 館 ① 碌 山 美 術 館 堪 能 す る 信 州 の 豊 か な 自 然 に 育 ま れ た 作 品 を 収 蔵 展 示 す る 美 術 館 や ギ ャ ラ リ ー が エ リ ア 内 に 多 く あ る 。 街 、 森 、 高 原 な ど の つ ツ ー 立 地 環 境 と と も に 、 こ を 故 郷 と す る 人 や 、 信 州 の 魅 力 に と り つ か れ 移 り 住 ん だ 人 、 信 州 ゆ か り の 作 家 た ち の 作 品 に 触 れ て み た い 。 な ん と 言 っ て も 「 信 州 そ ー 安 曇 野 ・ 穂 高 の シ ン ポ 工 リ ア に よ っ て つ な ぎ や ル 、 碌 山 美 術 館 方 の 違 い も あ る 四 方 を メ ー ト ル 級 の 山 々 に 囲 ま れ 、 県 土 の 約 8 割 が 森 林 と い う 豊 か な 自 然 環 境 に 恵 ま れ た 信 高 原 や 歴 史 あ る 町 並 み の 散 策 、 森 林 浴 や 温 泉 浴 、 郷 土 食 な ど な ど 信 州 の 旅 の テ ー マ は 多 彩 た 浴 衣 姿 で カ ラ ン コ ロ ン 、 そ そ ろ 歩 き が 似 合 う 渋 温 泉 街 0 6

信州 (楽楽 中部 2)


を 爨 第 北 信 濃 屈 指 の 名 湯 と 、 信 越 国 境 の 秘 境 ・ 渋 温 泉 外 湯 巡 り で く か ら の 湯 治 場 と し て 知 ら れ る 湯 田 中 渋 温 泉 厄 除 け 祈 願 郷 と 野 沢 温 泉 は 、 奈 良 時 代 に 僧 行 基 が 発 見 し ・ 地 獄 谷 の サ ル の 入 た と 伝 え ら れ る 、 約 1300 年 の 歴 史 あ る 名 湯 。 ど ち ら の 浴 姿 が 見 も の 温 泉 地 も 巡 浴 手 拭 や 集 印 帳 を 片 手 に 至 福 の 外 湯 巡 ・ 高 山 植 物 が 咲 き 乱 △ 外 湯 め ぐ り の 人 り が 楽 し め る 。 個 性 的 な 宿 が 立 ち 並 ふ 湯 田 中 渋 温 泉 れ る 湖 沼 と 湿 原 た ち で 賑 わ う 野 沢 ・ 奥 信 濃 屈 指 の 湯 治 郷 は 、 志 賀 高 原 か ら 流 れ る 横 湯 川 と 角 間 川 が 合 流 し 温 泉 の ほ ほ 中 央 に 場 ・ 野 沢 温 泉 立 つ 大 湯 て 夜 間 瀬 川 と な る 流 域 に 点 在 す る 温 泉 郷 。 東 西 お よ ・ 本 場 で 野 沢 菜 の 味 そ 4 ~ 5km の 範 囲 に 、 新 湯 田 中 ・ 星 川 ・ 湯 田 中 ・ 穂 波 ・ 安 代 ・ 渋 ・ 角 間 ・ 上 林 ・ を 堪 能 ・ 中 津 川 に 面 し た 秘 地 獄 谷 の 9 つ の 温 泉 の 総 称 。 温 泉 郷 の 中 心 は 晩 年 の 小 林 ー 茶 が 足 繁 境 の 河 原 で 天 然 露 天 く 訪 れ た 湯 田 中 温 泉 と 外 湯 巡 り が 楽 し め る 渋 温 泉 。 ま た 、 ス キ ー と 野 風 呂 を 満 喫 沢 菜 、 鳩 車 の ふ る さ と と し て 古 く か ら 親 し ま れ て き た 野 沢 温 泉 は 、 湯 量 ・ 豪 雪 地 帯 の 伝 統 文 豊 富 で 昔 か ら の 温 泉 風 情 が 残 る 湯 里 。 温 泉 街 の 中 心 に あ る 麻 釜 は 野 化 に 触 れ る 沢 を 代 表 す る 源 泉 で 、 竹 籠 に 入 れ た 名 産 の 野 沢 菜 を 茹 で る 姿 は 、 野 lnformotion 沢 の 初 各 の 風 物 詩 。 湯 仲 間 と い う 住 民 組 織 に よ っ て 管 理 に さ れ て い る 山 ノ 内 町 観 光 商 工 課 源 泉 や 共 同 浴 場 か ら は 、 温 泉 を 大 切 に す る 野 沢 な ら で は 雰 囲 気 が 漂 谷 0269-33 Ⅲ 07 っ て く る 。 各 の 豪 雪 地 帯 を 走 る 飯 山 線 は 、 信 越 本 線 豊 野 と 上 越 線 越 後 山 ノ 内 町 観 光 連 盟 谷 0269-33-2138 川 口 を 結 ふ ロ ー カ ル 列 車 。 飯 山 線 の 東 に そ び 野 沢 温 泉 観 光 協 会 え る 鳥 甲 山 と 苗 場 山 に 挟 ま れ た 細 長 い 山 峡 は 谷 0269-85-3155 秋 山 郷 と い わ れ 、 積 雪 が 日 本 一 を 記 録 し た こ 》 野 沢 温 泉 村 商 工 観 光 課 谷 0269-85-3114 と も あ る 豪 雪 地 。 今 で も 先 人 の 知 恵 と 技 を 受 志 賀 高 原 観 光 協 会 け 継 い た 独 特 の 文 化 が 根 強 く 残 っ て お り 、 中 谷 0269-34-2404 津 川 沿 い に ひ っ そ り 佇 む 集 落 の 随 所 に 秘 境 飯 山 市 観 光 協 会 谷 0269-62-3133 の 歴 史 が 感 じ ら れ る 。 秋 山 郷 観 光 協 会 谷 025 / -67-2202 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー 、 ・ 一 ) 長 野 新 幹 線 ひ と り 言 ” 「 あ さ ま 」 約 1 時 間 40 分 廃 線 跡 を た ど る ノ ヾ ス 移 動 特 急 「 ワ イ ド ビ ュ ー し な の 2 時 間 50 分 野 沢 温 泉 と 湯 田 中 渋 温 泉 を は し こ し 長 野 、 特 急 長 電 / ヾ ス 上 林 温 泉 行 き て 楽 し む 場 合 は 、 バ ス 便 利 用 も 楽 し い 。 47 分 5 分 野 沢 温 泉 か ら 飯 山 飯 山 の さ わ 温 泉 交 通 ハ ス 湯 の 花 号 野 沢 温 泉 行 き 行 き の バ ス に 乗 り 、 途 中 の 木 島 で 乗 り 60 分 換 え る 。 木 島 か ら 信 州 中 野 ま で は 、 今 は も う な い 長 野 電 鉄 木 島 線 の 跡 を た ど る 。 所 々 に 残 る 線 路 跡 や 千 曲 川 を 眺 め な が ら の ん び り バ ス 旅 が 楽 し め る 。 昜 田 中 渋 野 沢 日 Ⅲ Ⅲ ゆ だ な か し ぶ ・ の さ わ Ⅲ Ⅲ 叫 ー 旅 ネ タ P69 D-3 」 R 東 京 駅 長 野 駅 」 R 名 古 屋 駅 長 野 駅 長 野 駅 渋 温 泉 湯 田 中 駅 、 野 / 」 R 長 野 駅 野 沢 温 泉 1 5 分 長 電 / ヾ ス 行 き 1 時 間 20 分 志 賀 中 野 有 料 道 路 ・ 国 道 292 号 約 1 1 km 国 道 1 17 号 ・ 県 道 38 号 約 20km 国 道 292 号 な ど 約 20æ40km 長 野 駅 上 信 越 道 信 州 野 沢 温 泉 田 中 野 ℃ 上 信 越 道 豊 田 飯 山 ℃ 上 信 越 道 信 州 野 沢 温 泉 志 賀 高 原 中 野 ℃

信州 (楽楽 中部 2)


野 ・ 戸 隠 な が の ・ と が く し ・ 門 前 町 の 老 舗 探 訪 が 楽 し い 長 野 、 北 信 の そ ば 処 戸 隠 ・ 善 光 寺 の 参 詣 に は 88 年 の 冬 季 オ リ ン ピ ッ ク を 機 に 、 そ の 名 を 世 1 9 年 間 600 万 人 が こ 利 界 に 知 ら れ た 長 野 は 、 北 信 州 主 要 観 光 地 へ の 益 を 求 め て 訪 れ る 。 7 玄 関 口 で も あ る 。 長 野 は 善 光 寺 の 門 前 町 と し て 発 展 し 年 に 1 度 の 御 開 帳 。 次 た 町 で あ る 。 現 世 の 長 寿 と 来 世 で の 極 楽 往 生 が 叶 う 回 は 2009 年 春 。 △ ニ 層 入 母 屋 造 の と い わ れ る 善 光 寺 。 詣 で た ら " お 戒 壇 め ぐ り ” に チ ャ レ ・ 戸 隠 そ は 、 ま つ り は 三 門 。 屋 根 は 平 成 の 毎 年 9 月 の 下 旬 ( 谷 大 修 理 で 建 立 当 時 と ン シ し よ う 。 本 尊 の 下 に 造 ら れ た 暗 闇 の 地 下 道 を め ぐ 026 ー 254 ー 2541 長 野 同 じ 栩 葺 き に る の が お 戒 壇 め ぐ り 。 地 下 道 に あ る 密 室 の 鍵 に 触 れ 市 商 工 会 戸 隠 支 所 ) る こ と が で き れ ば 、 極 楽 往 生 が 約 束 さ れ る と い う 。 参 詣 の 後 の 楽 し み ・ 信 玄 ・ 謙 信 の 川 中 島 の 戦 い は 5 度 に わ は 門 前 町 の 散 策 で あ る 。 み こ と な 石 畳 が 続 く 本 堂 ま で の 参 道 に は 、 精 、 た っ て 戦 わ れ た 進 料 理 が 堪 能 で き る 宿 坊 が 集 ま り 、 善 光 寺 詣 り の 定 番 み や げ を 売 る ・ 参 拝 者 た ち の 宿 泊 老 舗 が 軒 を 並 べ て い る 。 - 施 設 「 宿 坊 」 は 門 前 に 長 野 の 北 、 戸 隠 バ ー ド ラ イ ン が 走 る 飯 綱 山 の 南 麓 は カ ラ マ ッ 林 が 39 カ 寺 。 一 般 の 宿 泊 も を 、 受 け 付 け て お り 、 予 約 広 が る リ ゾ ー ト エ リ ア と し て 知 ら れ る 飯 綱 高 原 。 高 原 の 北 西 に そ び え を す れ ば 、 伝 統 あ る 精 驀 る 戸 隠 山 山 麓 の 森 の 中 に 神 秘 的 な 雰 囲 気 が 漂 う 戸 隠 が あ る 。 戸 隠 は 、 進 料 理 も い た だ け る 。 戸 隠 忍 法 や 修 験 道 の 聖 地 と し て 知 ら れ た が 、 今 は 野 鳥 や 高 山 植 物 、 そ ば の 味 わ い が 楽 し み な と こ ろ 。 戸 隠 の 南 に 位 置 す る 鬼 無 里 は 鬼 女 長 野 県 観 光 部 観 光 振 興 課 伝 説 と 水 芭 蕉 の 里 。 戸 隠 山 、 黒 姫 山 、 飯 綱 山 谷 026-235-7254 は 、 妙 高 山 、 斑 尾 山 と 合 わ せ て 北 信 五 岳 と 呼 長 野 市 産 業 振 興 部 ば れ 、 そ れ ぞ れ に 特 徴 あ る 山 容 は 古 く か ら 信 観 光 課 谷 026-224-8316 州 の 人 々 に 親 し ま れ て き た 山 で あ る 。 な が の 観 光 コ ン べ ン シ ョ ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー ー ー ( 躱 ) ン ビ ュ ー ロ ー 谷 026-223-6050 飯 綱 高 原 観 光 協 会 長 野 新 幹 線 谷 026-239- 引 85 「 あ さ ま 」 で 約 1 時 間 40 分 戸 隠 観 光 協 会 谷 026-254-2888 中 央 西 線 特 急 鬼 無 里 観 光 振 興 会 「 ワ イ ド ビ ュ ー し な の 」 で 2 時 間 50 分 谷 026-256- 引 88 関 越 ・ 上 信 越 道 204km 県 道 35 号 ・ 国 道 19 号 で 約 10km 中 央 ・ 長 野 ・ 上 信 越 道 県 道 35 号 ・ 国 道 19 258km 号 で 約 10km 旅 ネ タ P68 A -3 ・ B-4 」 R 東 京 駅 」 R 名 古 屋 駅 練 馬 ℃ 長 野 ℃ 長 野 ℃ 名 古 屋 ℃ 旅 ワ サ 最 新 情 報 を 長 野 市 観 光 情 報 セ ン タ ー 」 R 長 野 駅 構 内 、 新 幹 線 改 札 ロ 向 か い 東 西 自 由 通 路 に あ る 長 野 市 観 光 情 報 セ ン タ ー に は 長 野 市 や 周 辺 市 町 村 の バ ン フ レ ッ ト が 揃 い 、 長 野 市 周 辺 の 観 光 案 内 も し て く れ る 。 が 集 ま っ て い る 。 長 野 駅 に 到 着 し た ら 立 ち 寄 り た い 。 9 時 ~ 18 時 ・ 年 末 休 谷 026-226 ー 5626 (FAX る ロ で 、 徒 歩 分 う 徒 歩 分 と . 徒 歩 す ぐ ジ 徒 歩 2 分 ン ・ 勺 ノ 徒 歩 5 分 る 回 ー 一 ハ ス 分

信州 (楽楽 中部 2)


も ろ じ よ う し 小 諸 城 址 上 田 域 跡 公 園 別 所 温 泉 懐 古 園 モ 信 玄 が 山 本 勘 助 に 真 田 昌 幸 、 幸 村 親 約 軒 の 温 泉 宿 に 命 し て 整 備 さ せ 原 子 の 居 城 と し て 、 は 木 造 建 築 も あ る た 型 が 完 成 。 城 址 内 関 ヶ 原 戦 い に 向 か め 、 町 並 み は ど こ か に は 島 崎 藤 村 の 記 う 徳 川 軍 を 2 度 も ル 懐 か し い 雰 囲 気 , 共 念 館 や 小 諸 出 身 の 退 け た 難 攻 不 落 の 同 浴 場 で IOOO 年 洋 画 家 、 小 山 敬 三 城 で あ る 。 そ の 城 以 上 の 歴 史 あ る 湯 の 美 術 館 が あ る 。 跡 を 整 備 し た 公 園 。 を 楽 し み た い 。 せ ん さ ん じ ち ゅ う ぜ ん じ む ご ん か ん 常 楽 寺 前 山 寺 中 禅 寺 無 言 館 別 所 北 向 観 音 を お 弘 法 大 師 が 護 摩 修 東 西 南 北 ど ち ら か 信 濃 デ ッ サ ン 館 の 守 り す る 天 台 宗 の 行 の 霊 場 と し て 開 い ら も 同 じ 形 に 見 え 分 館 。 第 ニ 次 世 界 寺 。 平 安 初 期 に 慈 た 寺 。 ひ っ そ り と 立 る 宝 形 造 り の 屋 根 大 戦 中 、 志 半 ば で 覚 大 師 に 開 か れ つ 木 造 三 重 塔 は 2 を も つ 薬 師 堂 が あ 戦 場 に 散 っ た 画 学 た 。 杉 木 立 の 中 に ~ 3 層 が 完 成 し て る 。 鎌 倉 初 期 頃 の 生 の 遺 作 、 絵 画 や 石 造 多 宝 塔 が ひ っ い な い た め 未 完 成 中 部 地 方 で は も っ プ ロ ン ズ 像 を 収 蔵 、 そ リ 佇 む 。 の 塔 と も 呼 ば れ る 。 と も 古 い 木 造 建 築 。 展 示 し て い る 。 う え だ じ よ う せ き こ う え ん べ っ し よ お ん せ ん じ よ う ら く じ 前 山 寺 飯 島 商 店 刀 屋 丁 子 庵 お は ぎ 味 噌 を だ し 汁 で の 前 山 寺 に 代 々 伝 わ 江 戸 末 期 の 穀 物 蔵 新 鮮 な フ ル ー ツ を ば し 、 隠 し 味 に 蕎 麦 を 改 装 し た 店 舗 の 生 か し た 信 州 銘 菓 る 手 作 り の お は ぎ つ ゆ を 加 え て 食 べ が 名 物 。 予 約 す れ そ ば 屋 さ ん 。 い つ み す ゞ 飴 の 製 造 販 は 地 域 特 産 の 鬼 ぐ で も 打 ち た て の 美 る 真 田 そ ば は 、 こ の 売 店 。 い ろ い ろ な フ 味 し い そ は が 味 わ ル ー ツ の 味 が 揃 っ 店 の オ リ ジ ナ ル 。 る み の タ レ で い た だ け る 。 1 え る 。 >P54 て し 、 る 。 P59 >P59 せ ん さ ん じ い い し ま し よ う て ん ち ょ う じ あ ん

信州 (楽楽 中部 2)


馬 ・ 大 町 は く は ・ お お ま ち 北 ア ル プ ス 山 麓 の 山 岳 都 市 大 町 、 絶 景 の ト レ ッ キ ン グ べ ー ス 白 馬 糸 線 沿 い の 大 町 ・ 白 馬 ・ 小 谷 は 残 雪 の 北 ア ル プ ・ 絶 景 を 楽 し む 動 く 展 望 台 ロ ー プ ウ ェ イ ス の 峰 々 を 望 む 山 麓 の 町 。 大 町 は 、 雲 上 の ア ・ 高 山 植 物 を 鑑 賞 し ル プ ス を た ど る 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト の 起 点 と し な が ら ト レ ッ キ ン グ て 、 登 山 客 や 観 光 客 で 賑 わ う 山 岳 都 市 。 町 中 に は 「 塩 ・ ユ ニ ー ク な 山 麓 の △ 豪 快 に 観 光 放 水 の 道 」 「 山 岳 」 「 酒 」 な ど 、 ユ ニ ー ク な タ イ ト ル を 冠 し た 美 術 館 め ぐ り を す る 黒 部 ダ ム と ・ 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ア ル プ ス の 山 々 に 博 物 館 が あ る 。 ま た 、 鎌 倉 時 代 、 付 近 一 帯 を 治 め た 仁 ル ー ト で 雲 上 散 策 囲 ま れ た 黒 部 湖 科 氏 の 居 城 が お か れ た こ と か ら 、 仁 科 氏 ゆ か り の 史 ・ 高 山 植 物 が 咲 き 乱 跡 や 見 ど こ ろ も 多 い 。 現 在 の 大 糸 線 が 走 る ル ー ト に は 、 か っ て 松 本 と れ る 湿 原 と 雪 渓 糸 魚 川 と 結 ふ 千 国 街 道 が 通 し て い た 。 こ の 街 道 は 、 信 州 と 越 後 を 結 ふ ・ 歴 史 の 道 、 千 国 街 道 散 策 謙 信 公 ゆ か り の 塩 の 道 で も あ り 、 街 道 沿 い に は 、 往 来 し た 昔 の 旅 人 が ・ 湖 畔 の リ ゾ ー ト 、 眺 め た で あ ろ う 石 仏 な ど が 残 っ て い る 。 街 道 の 西 側 に 連 な る 北 ア ル プ 科 胡 で 水 辺 の 散 策 ス の 山 並 が 飛 騨 山 脈 か ら 後 立 山 連 峰 と 名 前 を 変 え る と 、 白 馬 ェ リ ア に ・ 森 に 囲 ま れ た 静 か な る 。 気 候 も 大 町 を 過 ぎ た 青 木 湖 あ た り か ら 内 陸 型 か ら 裏 日 本 型 に 変 な 温 泉 、 大 町 温 泉 郷 わ り 、 各 は 豪 雪 に 見 舞 わ れ る 地 帯 に な る 。 雪 の 多 い 白 馬 は 長 野 冬 季 オ リ ン ピ ッ ク の シ ャ ン プ 競 技 場 に も な っ た 洗 練 さ れ た ス キ ー リ ゾ ー ト 。 白 馬 工 リ ア の 楽 し み は 、 冬 の ス キ ー は も ち ろ ん 、 夏 は 雄 大 な 山 々 を 眺 め な が ら の ト レ ッ キ ン グ が す ば ら し い 。 ゴ ン ド ラ と リ フ ト を 乗 り 継 い で 高 山 植 物 と 白 馬 三 山 の バ ノ ラ マ が 楽 し め る 八 方 尾 根 自 然 研 究 路 や 湿 原 植 物 を 木 道 か ら 観 察 で き る 栂 池 自 然 園 な ど 比 較 的 手 軽 に 楽 し め る コ ー ス も 多 い 。 旅 ネ タ 大 町 市 観 光 課 谷 0261-22-0420 白 馬 村 観 光 局 谷 0261-72-7100 》 白 馬 観 光 開 発 ( ハ 方 ア ル べ ン ラ イ ン ) 谷 0261-72-3280 小 谷 村 観 光 連 盟 白 谷 0261-82-2233 小 谷 村 観 光 商 工 課 谷 0261-82-2001 山 八 旅 ワ サ 方 白 馬 駅 マ イ カ ー や 手 荷 物 を 運 ん で も ら っ て 、 立 山 黒 部 ア 丿 レ ベ ン 丿 レ ー ト を 横 断 ・ マ イ カ ー 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト は マ イ カ ー で は 通 過 で き な い 。 そ ん な マ イ カ ー の 旅 行 者 の た め に 車 両 回 送 サ ー ビ ス が あ る 。 マ イ カ ー を 扇 沢 で 預 け て 、 富 山 県 側 の 立 山 で 受 け 取 る も の で 、 立 山 黒 部 ア ル ペ ン ル ー ト を ゆ っ く リ 堪 能 し 、 富 山 県 か ら の ド ラ イ プ も 楽 し め る 。 ( 大 町 立 山 ト ラ フ ィ ッ ク サ ー ビ ス セ ン タ ー 00261 ー 23 ー 3331 ) ・ 手 荷 物 白 馬 や 大 町 温 泉 郷 に 宿 泊 し て 翌 日 、 富 山 市 内 や 宇 奈 月 温 泉 に 宿 泊 す る 場 合 、 手 荷 物 を 次 の 宿 泊 地 ま で 配 送 し て も ら え る 。 そ の 反 対 も 可 能 。 1 個 1200 円 。 要 予 約 。 ( 立 山 黒 部 サ ー ビ ス 0 076-464-1788 ) 円 19 ト 2 円 21 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー - ー ( 第 ) 特 急 「 あ す さ 」 南 小 谷 行 き 新 宿 か ら 3 時 間 57 分 3 時 間 31 分 」 R 大 糸 線 55 分 1 時 間 40 分 川 中 島 バ ス ( 特 急 ハ ス ・ 扇 沢 行 き ) 信 濃 大 町 1 時 間 5 分 川 中 島 ハ ス ・ 松 本 電 鉄 ハ ス ( 特 急 ハ ス ・ 栂 池 行 き ) 白 馬 駅 1 時 問 5 分 filllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllel 信 濃 大 町 大 糸 線 」 R 松 本 駅 信 濃 大 町 白 馬 駅 長 野 新 幹 線 「 あ さ ま 」 約 1 時 間 40 分 」 R 東 京 駅 長 野 駅 長 野 新 幹 線 「 あ さ ま 」 約 1 時 間 40 分 長 野 駅 」 R 東 京 駅 大 糸 線 白 馬 駅 」 R 信 濃 大 町 駅 約 40 分 国 道 148 号 34km 県 道 310 ・ 306 号 ・ 国 道 147 号 長 野 道 豊 科 に 28km 信 濃 大 町 白 馬

信州 (楽楽 中部 2)


Ⅱ 谷 あ い に 広 が る “ も う ひ と つ の 軽 井 沢 " さ わ ① 全 室 に テ ラ ス か 広 縁 か 付 い て い る の て 、 目 の 前 に 広 か る 自 然 を 感 し つ つ 滞 在 で き る ② テ ラ ス の 付 い た 山 路 地 の 部 屋 の 2 階 3 客 室 に は テ レ ヒ を 置 か な い 配 慮 も ホ テ ル ブ レ ス ト ン コ ー ト 谷 026 / -46-6200 P45 A-3 1 万 8000 円 ~ 1 泊 2 食 小 高 い 丘 の 上 に 立 つ リ ゾ ー ト ホ テ ル 。 客 室 は す べ て コ テ ー ジ タ イ プ で 、 用 途 に 合 わ せ て 4 つ の タ イ プ か ら 選 ふ こ と が で き る 。 プ ラ イ ベ ー ト コ テ ー ジ は 、 白 い 大 理 石 の 床 と 白 い 壁 に 囲 ま れ た 非 日 常 の 空 間 。 ィ ー ト イ ン 限 定 の ミ ル フ ィ ー ユ が 好 評 の 「 サ ・ ラ ウ ン シ 」 や 、 五 感 で 楽 し む 本 格 フ レ ン チ の レ ス ト ラ ン 「 ノ ー ワ ン ズ レ シ ピ 」 も 。 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 車 で 5 分 ( 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 1 日 4 ~ 6 便 の 無 料 送 迎 ノ ヾ ス あ リ ) ) 1 5 時 ( ) 1 2 時 42 室 0160 台 星 の や 軽 井 沢 谷 0267-45-6000 P45 A-2 ツ イ ン ( 食 事 別 ) 4 万 4000 円 ~ ( 通 常 2 泊 ~ 利 用 ) 緑 豊 か な 谷 あ い の 集 落 を イ メ ー ジ し た 、 新 感 覚 の 滞 在 型 温 泉 旅 館 。 敷 地 内 に は 川 が 流 れ 、 棚 田 が 広 が る 。 客 室 は 木 立 の 間 に 隠 れ る よ う に 点 在 。 「 庭 路 地 」 、 「 山 路 地 」 、 川 沿 い の 「 水 波 」 な ど 工 リ ア こ と に 間 取 り が 異 な り 、 違 う 風 景 が 楽 し め る 。 館 内 施 設 は も ち ろ ん 、 星 野 リ ゾ ー ト 内 の ト ン ポ の 湯 、 レ ス ト ラ ン な ど も 利 用 し た い 。 し な の 鉄 道 中 軽 井 沢 駅 か ら 車 で 6 分 ( 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 1 日 4 ~ 6 便 の 無 料 送 迎 ハ ス あ り ) ( 215 時 6 の 1 2 時 77 室 078 台 軽 井 沢 ・ 小 諸 ・ 上 田 DATA プ ラ イ ベ ー ト を 満 喫 で き る と っ て お き の 空 間 ① 修 道 院 を 思 わ せ る フ 。 ラ イ ヘ ー ト コ テ ー シ の 外 観 ② 白 を 基 調 に し た プ ラ イ ベ ー ト DATA コ テ ー シ の 内 欟 3 さ わ や か な 空 気 の 中 て 朝 食 を 3 ホ テ ル 鹿 島 ノ 森 旧 軽 井 沢 ホ テ ル 音 羽 の 森 谷 0267-42-3535 谷 0267-42-7 川 P30 B-3 P30 A-2 ノ イ ン 2 万 3000 円 ~ ツ イ ン 自 然 豊 か な 中 庭 と 本 格 フ レ ン チ を 堪 能 森 に 溶 け 込 む よ う に 立 つ 自 然 と 調 和 し た ホ テ ル ク ラ シ カ ル な 雰 囲 気 と 、 ス タ ッ フ の 真 心 こ も っ 雲 場 池 か ら ほ ど 近 い 自 然 豊 か な ロ ケ ー シ ョ ン 。 た 接 客 が 魅 力 。 メ イ ン ダ イ ニ ン グ の 本 格 フ レ ン 3 万 3000m ' も の 庭 園 に は 緑 の 芝 生 と 木 々 が 生 い チ も 好 評 で 、 朝 ・ 夕 食 に 味 わ え る 新 鮮 な 有 機 野 菜 茂 り 、 野 鳥 や リ ス が 姿 を 見 せ る 。 2 階 は 全 室 バ ル や 焼 き た て の バ ン は 思 い 出 コ ニ ー 付 き 。 レ ス ト ラ ン で に 残 る お い し さ 。 メ イ ン ス は 、 信 州 牛 や ニ ジ マ ス な ど 、 ト リ ー ト の 喧 騒 か ら 離 れ た . 地 元 の 食 材 を 使 っ た フ ラ ン 別 世 界 で 疲 れ を 癒 し た い 。 ス 料 理 が 楽 し め る 。 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 徒 歩 」 R 軽 井 沢 駅 か ら 車 で 5 敷 地 内 に は 本 館 、 新 館 の 12 分 俍 ⅱ 4 時 ( 引 1 時 DATA 分 俍 ) 1 5 時 512 時 ほ か 礼 拝 堂 も あ る 50 室 050 台 38 室 070 台 中 軽 井 沢 料 目 さ わ き ゅ う か る 旧 軽 井 沢 料 旧 軽 井 沢 緑 の 芝 生 を 囲 む 庭 園 の 落 葉 樹 の 林 。 秋 に は 見 事 な 紅 葉 か 楽 し め る DAIA 39