検索 - みる会図書館

全データから 213783件ヒットしました。

僕たちの背に翼はない


僕 た ち の 背 に 翼 は な い 七 条 楓 華 TALK MAKER p ロ 0 SELECTI ロ N

現代日本の文学 11 芥川龍之介 集


318 戸 の 中 へ は い ら ず に 引 き 返 し た 。 す る と い っ か 僕 の 影 の 左 神 経 を 丈 夫 に し た 。 僕 は ラ ス コ ル ュ コ フ を 思 い 出 し 、 何 ご ざ ん げ 右 に 揺 れ て い る の を 発 見 し た 。 し か も 僕 を 照 ら し て い る の と も 懺 悔 し た い 欲 望 を 感 じ た 。 が 、 そ れ は 僕 自 身 の 外 に は 無 気 味 に も 赤 い 光 だ っ た 。 僕 は 往 来 に 立 ち ど ま っ た 。 け も 、 い や 、 僕 の 家 族 の 外 に も 悲 劇 を 生 じ る の に 違 い な れ ど も 僕 の 影 は 前 の よ う に 絶 え ず 左 右 に 動 い て い た 。 僕 は か っ た 。 の み な ら ず こ の 欲 望 さ え 真 実 か ど う か は 疑 わ し か の 込 っ ガ ラ ス 怯 ず 怯 ず ふ り 返 り 、 や っ と こ の ・ ハ ア の 軒 に 吊 っ た 色 硝 子 の っ た 。 若 し 僕 の 神 経 さ え 常 人 の よ う に 丈 夫 に な れ ば 、 お も む ラ ン タ ア ン を 発 見 し た 。 ラ ン タ ア ン は 烈 し い 風 の 為 に 徐 ろ け れ ど も 僕 は そ の 為 に は ど こ か へ 行 か な け れ ば な ら な か っ に 空 中 に 動 い て い た 。 ・ マ ド リ ッ ド へ 、 リ オ へ 、 サ マ ル カ ン ド へ 、 僕 の 次 に は い っ た の は 或 地 下 室 の レ ス ト オ ラ ン だ っ た 。 そ の う ち に 或 店 の 軒 に 吊 っ た 、 白 い 小 型 の 看 板 は 突 然 僕 ち ゅ う も ん つ ば さ 僕 は そ こ の ・ ハ ア の 前 に 立 ち 、 ウ イ ス キ イ を 一 杯 註 文 し た 。 を 不 安 に し た 。 そ れ は 自 動 車 の タ イ ア ア に 翼 の あ る 商 標 を 「 ウ イ ス キ イ を ? Black and White ば か り で ご ざ い ま 描 い た も の だ っ た 。 僕 は こ の 商 標 に 人 工 の 翼 を 手 よ り に し ギ リ シ ャ あ げ す が 、 た 古 代 の 希 臘 人 を 思 い 出 し た 。 彼 は 空 中 に 舞 い 上 っ た 揚 で し 僕 は 曹 達 水 の 中 に ウ イ ス キ イ を 入 れ 、 黙 っ て 一 口 ず つ 飲 句 、 太 陽 の 光 に 翼 を 焼 か れ 、 と う と う 海 中 に 溺 死 し て い た 。 み は じ め た 。 僕 の 隣 に は 新 聞 記 者 ら し い 三 十 前 後 の 男 が 二 マ ド リ ッ ド へ 、 リ オ へ 、 サ マ ル カ ン ド へ 、 ー ー ・ 僕 は こ う 云 う あ ぎ わ ら ム く し ゅ う 人 何 か 小 声 に 話 し て い た 。 の み な ら ず 仏 蘭 西 語 を 使 っ て い 僕 の 夢 を 嘲 笑 わ な い 訣 に は 行 か な か っ た 。 同 時 に 又 復 讐 の た 。 僕 は 彼 等 に 背 中 を 向 け た ま ま 、 全 身 に 彼 等 の 視 線 を 感 神 に 追 わ れ た オ レ ス テ ス を 考 え な い 訣 に も 行 か な か っ た 。 じ た 。 そ れ は 実 際 電 波 の よ う に 僕 の 体 に こ た え る も の だ っ 僕 は 運 河 に 沿 い な が ら 、 暗 い 往 来 を 歩 い て 行 っ た 。 そ の う わ さ た 。 彼 等 は 確 か に 僕 の 名 を 知 り 、 僕 の 噂 を し て い る ら し か う ち に 或 郊 外 に あ る 養 父 母 の 家 を 思 い 出 し た 。 養 父 母 は 勿 ろ ん 論 僕 の 帰 る の を 待 ち 暮 ら し て い る の に 違 い な か っ た 。 恐 ら ••trés mauvais•• 「 Bien•• : pourquoi 7 : く は 僕 の 子 供 た ち も 、 し か し 僕 は そ こ へ 帰 る と 、 お の ••le diable est mort 一 : 「 Pourquoi 7 : ず か ら 僕 を 束 縛 し て し ま う 或 力 を 恐 れ ず に は い ら れ な か っ だ る ま ぶ ね そ う ••d'enfer•• 「 Ou 一 . oui•• た 。 運 河 は 波 立 っ た 水 の 上 に 達 磨 船 を 一 艘 横 づ け に し て い 僕 は 銀 貨 を 一 枚 投 げ 出 し 、 ( そ れ は 僕 の 持 っ て い る 最 後 た 。 そ の 又 達 磨 船 は 船 の 底 か ら 薄 い 光 を 洩 ら し て い た 。 そ な ん に よ の 一 枚 の 銀 貨 だ っ た 。 ) こ の 地 下 室 の 外 へ の が れ る こ と に こ に も 何 人 か の 男 女 の 家 族 は 生 活 し て い る の に 違 い な か っ し た 。 夜 風 の 吹 き 渡 る 往 来 は 多 少 胃 の 痛 み の 薄 ら い だ 僕 の た 。 や は り 愛 し 合 う 為 に 憎 み 合 い な が ら 。 ・ 、 、 僕 は も ア ラ ン ス も ち

エデン 明日への翼


ギ ッ と 唇 を 噛 ん で 、 や が て い つ ば い に あ ふ れ て き た も の と 一 緒 に そ の 唇 を 開 い た 。 「 シ ョ ウ ヤ に 、 何 を し た ? 「 知 り た い か ? 「 知 り て え か ら 訊 い て ん だ ろ ! 」 「 な ら ば お ま え の 父 親 に 訊 く が い い 」 ざ わ っ と リ ュ ウ ト の 背 筋 が 予 感 に 打 ち 震 え た 。 記 憶 の 海 が ざ わ め く 。 四 年 前 に 自 分 の 記 憶 か ら 暴 力 的 に 消 さ れ た 父 親 の 顔 。 も う 薄 れ か け て い た は ず の 記 憶 が ふ い に 浮 上 し て き て 、 不 安 定 な 水 面 を 揺 ら し た 。 生 き て い る は ず が な い 。 生 き て い る は ず が な い の だ 。 だ が 。 翼 「 そ れ が 僕 の 息 子 で す か ? う わ 。 ち ょ っ と オ ド ロ キ だ な あ 。 も う 僕 よ り 背 が 高 い ん じ ゃ な い へ で す か ? 明 突 然 、 背 後 か ら 響 い て き た 男 の 声 。 振 り 返 っ た リ ュ ウ ト は 、 は っ き り と そ の 一 一 = ロ 葉 を 口 に し て い た 。 「 父 さ ん : ・

人民の敵 第36号


な 感 じ だ っ た 。 又 、 そ の 前 に は 連 合 赤 軍 の リ ー ダ ー 使 っ た 」 と 書 い て い る 。 鈴 木 の 『 腹 腹 時 計 と 〈 狼 〉 」 を 森 恒 夫 も 拘 置 所 で 自 殺 し た 。 「 左 翼 は い つ も 大 衆 を 楯 評 す る 中 で 最 初 に 使 っ た も の ら し い 憂 国 同 志 会 を 宰 し て い た 野 村 は 、 同 会 い 松 野 草 に し て 自 分 だ け 逃 げ よ う と す る 。 卑 怯 だ 。 そ れ に 比 鈴 木 は 『 腹 腹 時 計 と 〈 狼 ご に よ っ て 、 右 翼 シ ー ン の 夫 と と も に 河 野 一 郎 建 設 相 の 私 邸 に 拳 銃 を 持 っ て 押 べ て 翼 は 堂 々 と 名 乗 り を 上 げ て テ ロ を や り 、 そ の 外 に も 知 ら れ る 存 在 と な る 。 ち ょ う ど 同 じ 七 五 年 に 、 プ し 人 り 、 秘 書 や 家 人 を 安 全 な 場 所 に 追 い や っ た あ と 、 後 で 責 任 を と っ て 自 決 す る か 逮 捕 さ れ る 」 と 教 え ら ン ト 系 の 小 セ ク ト の 一 つ と 、 六 〇 年 代 末 に 日 学 同 委 員 長 ガ ソ リ ン を 妝 布 し て 放 火 、 同 邸 宅 を 全 焼 さ せ た 事 件 よ し か わ れ て き た し 、 僕 自 身 も そ う 信 じ て い た 。 だ か ら 斉 藤 和 、 を 務 め た 吉 川 誠 の グ ル ー プ と が 組 ん で 、 茨 城 県 知 事 選 に で あ る 。 こ う 書 く と 単 純 な 事 件 の よ う だ が 、 背 景 は 森 恒 夫 の よ う な 左 翼 の 自 殺 は シ ョ ッ ク だ っ た 。 候 補 者 を 擁 立 し て 善 戦 し た こ と も あ り 、 ″ 左 右 両 極 の 接 深 い 。 当 時 、 河 野 は 、 可 — 汐 里 派 の 領 袖 と し て 強 大 な 政 こ れ は 今 ま で の よ う な 、 大 衆 を 犠 牲 に し て も 生 き 近 な が 一 言 わ れ る よ う に も な っ た 。 治 力 を 持 ち 、 次 期 相 の 声 ま で あ り 、 あ か ら さ ま に の び る 革 命 家 群 像 と は 全 く 違 う の で は な い か 。 そ ん 前 後 し て 同 じ 七 五 年 、 鈴 木 は い わ ば ″ 反 体 制 右 翼 々 の 利 権 を あ さ っ て い た ぐ そ の ・ 例 が 那 須 の 御 用 邸 に 隣 な 思 い か ら 『 腹 腹 時 計 と 〈 狼 〉 』 と い う 本 を 書 い た 先 輩 格 で あ る 野 村 秋 介 と も 初 め て 出 会 っ て い る 。 接 す る 国 有 林 の 払 い 下 げ 問 題 で あ る 。 十 し 万 六 千 坪 三 五 年 生 ま れ の 野 村 は 、 そ も そ も は 横 浜 の 、 " 義 理 人 の 広 大 な 地 を 、 最 終 的 に 買 い 取 っ た の は 恵 比 寿 商 情 に 厚 い ″ と こ ろ は あ る も の の 、 単 な る 不 良 少 年 だ っ た 事 と い う 会 社 で 、 そ の 社 長 が 何 と 河 野 の 河 野 照 だ っ た 。 反 日 武 装 戦 線 や 連 合 赤 軍 に 対 す る 鈴 木 の 評 は か な り 粗 よ う だ 。 「 初 犯 の 事 件 は 横 浜 で な ん で す 。 僕 は 朝 鮮 人 の ( 略 ) 雑 で ト ン チ ン カ ン な も の で は あ る が 、 鈴 木 は い つ も わ さ お ば さ ん に か わ い が ら れ て い た 。 そ の お ば さ ん が 佐 々 木 と 頭 が 悪 そ う に 振 る 舞 っ て い る 可 能 性 も 否 定 で き な い 組 と い う ヤ ク ザ に い じ め ら れ て 僕 は 中 に 入 っ て 口 き い 争 い と 利 権 の 追 求 に 忙 し い 自 民 党 各 派 は 、 や り た い 放 題 の 河 野 の 暴 走 を 抑 え き れ な か っ た ) 河 野 の 地 し 、 そ も そ も 鈴 木 は 反 日 武 装 戦 線 の メ ン バ ー た ち の 右 翼 た 。 若 か っ た か ら コ ケ に さ れ て 、 そ ん で 口 径 の 拳 銃 を も 顔 負 け の ス ト イ ッ ク な " 生 き さ ま 。 や " 死 に さ ま ~ に 持 っ て 賭 場 で ぶ っ 放 し 、 そ れ か ら 抗 争 が 始 ま る わ け で 盤 の 神 奈 川 は ま さ に 河 野 天 ド で 、 自 民 党 県 連 の 、 要 ポ ス ト は す べ て 野 派 か 抑 え て い た 。 ご り 押 し で 自 派 候 感 銘 を 受 け た の で あ っ て 、 と く に 思 想 の 中 身 に つ い て す 」 ( 野 村 ま 君 に 牙 は あ る か 」 幸 洋 出 版 年 ) 。 一 九 五 〇 年 、 云 々 し よ う と い う の で は な い か ら 適 当 な こ と を 言 っ て ご 野 村 が ニ 十 歳 の 時 で あ る 。 こ の 抗 争 に 絡 ん で 逮 捕 さ れ 、 補 を 出 し て 汽 長 選 に 破 れ る こ と も あ っ た 。 そ の 斃 害 は 、 ま か し て い る の か も し れ な い 。 中 央 政 界 か ら 全 国 に お よ び 始 め て い た 。 ( 略 ) 網 走 刑 務 所 で の 一 一 年 間 の 服 役 中 に 、 一 九 三 ニ 年 の 五 ・ 一 五 い め か い つ よ し 『 腹 腹 時 計 と 〈 狼 ご は 、 七 五 年 十 月 に 三 一 新 書 か ら 刊 事 件 の 中 心 人 物 と し て 犬 養 毅 首 相 を 射 殺 し た 当 人 で 戦 野 村 秋 介 は 「 こ こ で 警 告 し て お か な い と 、 取 り 返 行 さ れ る 。 「 僕 と し て は 、 今 ま で と 全 く 違 っ た 左 翼 が 出 後 は " 右 翼 の 大 物 み の 中 で も 飛 び 抜 け た 存 在 と な っ て い し が っ か な く な る 」 と 、 河 野 邸 焼 き 打 ち と い う 非 常 手 た く て き た と い う こ と に 興 味 を 持 っ て 書 い た の だ が 一 般 の マ た 三 上 卓 の 門 下 生 ・ 青 木 哲 と 知 り 合 う 。 「 『 お ま え 、 横 浜 段 に 出 た の で あ る 。 檄 文 で は 「 派 閥 抗 争 の 粛 正 」 と ス コ ミ か ら は 「 新 右 翼 が 新 左 翼 の 爆 弾 闘 争 を 評 価 し た 」 の 片 隅 を 取 っ た と か 取 ら れ た と か で 、 一 生 を 送 っ ち ゃ い 利 権 追 求 に 狂 奔 す る 「 権 力 者 の 自 粛 」 を 求 め た の だ が 、 マ ス コ ミ が ま A 」 も に 取 り げ ・ る は ず . は な く 、 里 ・ カ と い う 形 で 報 道 さ れ た 。 ニ 万 部 が 売 れ 、 こ れ で 『 新 右 翼 」 け な い よ 』 と 言 わ れ て 、 ま ず 歴 史 の 勉 強 か ら 始 め た ん で と い う 言 葉 も 定 着 し た よ う だ 」 す 」 ( 同 ) 。 出 所 後 、 野 村 は 三 上 の も と で 右 翼 活 動 家 と な り 、 た も の は 、 「 元 ぐ れ ん 隊 」 と い う 汚 名 と 罵 詈 雑 言 だ け だ っ た 。 " 右 翼 。 や " ヤ ク ザ ″ に 関 す る レ ポ ー ト の 第 一 人 者 で や が て 六 一 年 に は 自 ら の 団 体 「 憂 国 同 志 会 」 を 結 成 し た 。 ( 「 日 本 の 翼 し あ る 猪 野 健 治 は 、 『 日 本 の 右 翼 」 ( ち く ま 文 庫 年 ) で 、 「 新 野 村 の 名 声 を ( 右 翼 シ ー ン で ) 一 気 に 高 め た の が 、 六 三 年 こ う の 右 翼 と い う 言 葉 を 最 初 に 使 っ た の は 実 は 私 で 、 『 新 左 翼 七 月 、 当 時 の 自 民 党 の 大 物 政 治 家 ・ 河 野 一 郎 邸 の 焼 き 打 に 対 抗 し 得 る 理 論 を も っ た 民 族 派 潮 流 」 と い う 意 味 で ち 事 件 で あ る 。 野 村 は こ の 事 件 で 、 七 五 年 ま で 十 ニ 年 間 、 服 役 す る こ し ゅ う す け 8 っ 4

現代日本の文学 20 堀 辰雄 集


っ て 次 第 に 汗 ば ん で 行 っ た 。 槇 が 僕 の グ ラ ス に ウ イ ス キ イ を 注 い だ 。 そ れ が 僕 に よ い 機 会 を 与 え た 。 僕 は 女 か ら 無 理 に 僕 の 手 を 離 し な が ら 、 そ の グ ラ ス を 受 取 っ た 。 し か し 僕 は も う こ れ 以 上 に 酔 う こ と を 恐 れ て い る 。 僕 は 酔 っ て 槇 の 前 に 急 に 泣 き 出 す か も 知 れ な い 自 分 自 身 を 恐 れ て い る 。 そ し て 僕 は わ ざ と 僕 の グ ラ ス を テ イ プ ル の 上 に 倒 し て し ま っ た 。 一 時 過 ぎ に 僕 等 は ジ ジ ・ ・ ハ ア を 出 た 。 僕 等 の 乗 っ た タ ク シ は 僕 等 四 人 に は 狭 か っ た 。 僕 は 無 理 に 槇 の 膝 の 上 に 乗 せ ら れ た 。 彼 の 腿 は 大 き く て が っ し り と し て い た 。 僕 は 少 女 の よ う に 耳 を 赤 ら め た 。 槇 が 僕 の 背 中 で 言 っ た 。 「 気 に 入 っ た か い 」 「 ち え つ 、 あ ん な と こ が : : : 」 ひ じ 僕 は 彼 の 胸 を 肱 で 突 い た 。 そ の 時 、 僕 は 頭 の 中 に ジ ジ ・ ハ ア の 女 の 顔 を は っ き り と 浮 べ た 。 す る と 一 し ょ に シ ャ ノ ア ル の 女 の 顔 も 浮 ん で き た 。 そ し て そ の 二 つ の 顔 が 、 僕 の こ ん が ら か り 、 そ し て 煙 草 の 煙 り 頭 の 中 で 、 重 な り 合 い の よ う に 拡 が り な が ら 消 え て 行 っ た 。 僕 は 僕 が 非 常 に 疲 れ は な く そ て い る の を 感 じ た 。 僕 は 何 の 気 な し に 指 で 鼻 糞 を ほ じ く り 出 し た 。 僕 は そ の 指 が ま だ 白 粉 で よ ご れ て い る の に 気 づ い

日本会議の研究


怒 り を 僕 は ど う し て も 押 え る 事 が で き な か っ た 。 ( 安 東 前 掲 文 ) 左 翼 に 殴 ら れ る : な ん と い う 鮮 烈 な 「 運 動 デ ビ ュ ー ー だ ろ う か 。 冷 静 に 見 れ ば 天 皇 観 も 国 防 論 も 憲 法 論 も 大 幅 に 違 う さ ま ざ ま な 宗 教 団 体 や 市 民 団 体 が 、 「 サ ヨ ク 嫌 い 」 と い 、 つ 一 点 だ け で 日 本 会 議 界 隈 に 蝟 集 し て い る 今 現 在 の 彼 ら の 運 動 の 姿 は 、 も う こ の 段 階 で 芽 生 え て い る 。 安 東 の 怒 り は 、 左 翼 学 生 に 対 す る も の だ け に と ど ま ら な か っ た 。 し か し 、 最 も 僕 を 激 せ し め た も の 、 そ れ は か く の ご と き 状 况 下 に あ り な が ら 、 尚 も 沈 黙 し 続 け る 一 般 学 友 の 姿 で あ っ た 。 僕 が 全 学 連 打 倒 を 決 意 し た の は ま さ に こ の 時 で あ る 。 左 翼 自 治 会 が あ る 限 り 「 学 園 か ら 暴 力 は 消 失 し な い 」 と 考 え た か ら で あ る 。 ( 安 東 前 掲 文 ) 左 翼 に リ ン チ を 受 け る 自 分 達 を 無 視 す る 一 般 の 学 生 に も 、 安 東 の 怒 り は 及 ん で い る 。 そ し て 、 そ の 瞬 間 、 彼 は 「 全 学 連 打 倒 ー を 誓 っ た 。 0 270

天空の魔法陣 プラパ・ゼータ2⃣


自 分 の 身 を け た 。 ( 助 か っ た の ね ) あ の ま ま 落 下 し て い た な ら 紅 の 炎 に 飲 ま れ て い た は ず だ 。 他 の 者 た ち と 同 じ よ う に 、 骨 す ら 残 さ ず 燃 え 崩 れ て い た は ず だ 。 飛 び お り た と こ ろ ま で は 覚 え て い る の だ が 。 ど う や っ て 助 か っ た も の な の か 。 た だ 、 皆 が 楽 し み に 待 っ て い る と い う の だ か ら 、 歓 迎 さ れ て い な い わ け で は な さ そ う だ 。 彼 女 は 恐 る 恐 る 自 分 の 背 を 指 先 で ま さ ぐ っ た 。 け ん こ う こ っ 肩 甲 骨 の あ た り 。 そ の ま わ り 。 す べ や か な 背 に は 、 何 も 翼 ら し き も の は な い 。 翼 が あ っ た よ う な 気 が す る 。 陣 で も 、 な い 。 夢 だ っ た の だ ろ う か 。 空 よ く わ か ら な い 。 天 溜 め を つ い た 。 あ と 泣 い た 跡 の あ る 顔 が 、 涙 で 少 し つ つ ば っ て い た 。

六人の兇王子 サーリフの宴


こ こ に も さ ま ざ ま な 調 度 が お か れ て い る 。 天 井 付 近 に 明 か り と り の 窓 が あ る 。 外 部 か ら は 装 飾 物 に 隠 さ れ て こ の 部 屋 の 存 在 は わ か ら ぬ よ う に な っ て い る の だ ろ う 。 ほ お づ え 安 楽 椅 子 へ 座 っ た 。 足 を な げ だ し 、 頬 杖 を つ い て 、 す み き っ た 声 を だ す 。 さ つ り く ・ : 六 人 の 兇 王 子 に よ っ て 、 世 界 は 破 減 の な か に 沈 ん だ 。 破 壊 と 殺 戮 が 満 ち 満 ち て 、 血 に よ っ て 土 は 赤 く 染 ま っ た 。 空 は 暗 黒 の 雲 に 覆 わ れ て 太 陽 は 隠 れ た 。 死 に 浸 っ た 地 上 ア ン ジ ェ ロ に 、 天 使 が 現 れ た 。 〈 破 天 使 〉 と 名 づ け ら れ た 御 使 で あ る 。 背 に は 、 右 に 八 枚 、 左 に 八 枚 、 計 十 六 枚 の 翼 が あ っ た 。 光 の 翼 で あ り 、 ひ ろ げ る と 闇 の 天 へ と 届 い た 。 雲 を つ き ぬ ほ う こ う け 、 天 上 ま で も 広 が っ た 。 〈 破 天 使 〉 は 世 界 の 再 生 の 咆 哮 を 走 ら せ た 。 世 界 に 終 末 を 告 は て の フ げ る 声 で あ る 。 声 は 地 の 涯 ま で に も 届 い た ・ : サ 詠 唱 を や め た 。 子 王 異 物 の 気 配 が す る 。 の 座 っ た ま ま 、 部 屋 の 隅 に 瞳 を む け る 。 マ ン テ ッ ロ 視 線 の 先 に は 、 黒 い 外 套 を ま と っ た 姿 で 片 膝 を つ い て い る 者 が い た 。 オ ン プ ラ 「 〈 影 〉 か 。 な ん の 用 だ い ? 僕 は さ ・ ほ ら ず に が ん ば っ て い る ん だ け ど な あ 。 ち ゃ ん と こ う み つ か い

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


た 。 僕 ら は ま っ た く 躰 中 の あ ら ゆ る 血 管 を 狂 気 に 毒 さ れ て 弟 は く り か え し て 強 調 し た 。 弟 が 自 分 た ち の 罠 に 帰 ろ う と し た 時 、 再 び レ オ が 勢 い よ く 跳 び 出 し て 行 き 、 も う 殆 ど 飛 う ら じ ろ 急 に 弟 が ぐ っ た り カ を ぬ い て 坐 り こ み 、 僕 も 彼 に 腕 を か ぶ 能 力 の な い 雉 が 裏 白 の か げ に ひ そ ん で い る の を 追 い 出 し ら ん だ ま ま 雪 に 腰 を お ろ し た 。 レ オ が 雉 に 跳 び つ き 、 そ れ た 。 弟 が そ れ に く み つ き 、 巨 大 で 力 強 い 翼 に 撃 た れ な が ら ひ ざ を 弟 の 膝 に 運 ん だ 。 僕 ら は 黙 っ た ま ま そ れ を 長 い 間 見 つ め つ い に 勝 を し め た 。 つ や た 。 弟 の 指 が 雉 の 頭 頂 の 赤 つ 。 ほ い 艶 の あ る 硬 い 緑 の 羽 毛 を 「 ほ ら 」 と 弟 は 顔 を ふ り た て て い っ た 。 「 僕 の 右 の 眼 ひ ど だ え き ぬ す み れ い ろ 小 き ざ み に な で た 。 そ し て 大 の 唾 液 に 濡 れ て い る 暗 い 菫 色 く や ら れ て 、 ま だ う ま く 見 え な い よ 」 は ん ら ん あ ん す み の 頸 、 豊 か な 色 の 氾 濫 す る 背 。 そ れ は し つ か り 引 き し ま っ ほ ん と う に そ れ は 充 血 し て 熟 れ す ぎ た 杏 の 実 の よ う だ っ た 。 僕 は 弟 の 頭 を つ か ま え て 揺 さ ぶ り 、 弟 の 笑 い 方 を ま ね て 連 動 感 覚 に み ち 美 し か っ た 。 僕 は 弟 の 頬 に 涙 が 流 れ て い る の を 見 、 そ の 首 筋 に 無 数 の て 笑 っ た 。 引 っ 掻 き 傷 が あ る の を 見 た 。 分 教 場 の 前 の 広 場 に 僕 の 仲 間 た ち が 李 を か こ ん で 立 ち 、 え も の 「 お 前 や ら れ た な 。 ず い ぶ ん や ら れ て る な 」 と 僕 は 弟 の 躰 彼 ら の 獲 物 を 誇 示 し あ っ て い る 所 へ 僕 ら は 叫 び た て な が ら か ら 雪 を は ら い 落 し て や り な が ら い っ た 。 駈 け て 行 っ た 。 弟 の 獲 物 が た ち ま ち す べ て の 幼 い 猟 師 た ち し っ と 弟 は 涙 の 光 を た た え る 眼 で 僕 を 見 あ け 、 短 く 断 続 す る 甲 の 驚 嘆 と 嫉 妬 の 軸 に な っ た 。 雉 は 仲 間 た ち の ロ ぐ ち の 嘆 声 ふ く 高 い 声 で 笑 っ た 。 そ れ か ら 僕 ら は 立 ち あ が り 、 よ ろ よ ろ し の な か で 膨 れ あ が り 金 色 に 輝 き 、 谷 あ い の 村 を す っ か り 埋 ぞ う き ば や し こ う よ う な が ら 杉 林 を ぬ け 雑 木 林 を 降 り て 行 っ た 。 そ の 間 ず っ と 弟 め つ く し た 。 私 は 短 い 昻 揚 し た 笑 い に 身 も だ え し な が ら 彼 は 僕 に と り と め な く 彼 の 勇 敢 な 狩 り に つ い て 話 し つ づ け な の 冒 険 談 を 夢 中 に な っ て く り か え し た 。 そ れ は 殆 ど 意 味 を う な 撃 が ら 、 そ の 破 裂 す る ま ぎ わ ま で 感 情 を 膨 脹 さ せ て い る 者 の 理 解 し に く い 唸 り 声 に し か す ぎ な く な っ た り も し た 。 か ん け っ て き 仔 笑 い に 間 歇 的 に と り つ か れ 、 ま た 彼 は 発 作 に 揺 り 動 か さ れ 「 お 前 、 す ご い な 」 と 李 が 友 情 の こ も っ た 眼 で 弟 を 見 つ め な が ら い っ た 。 し て 雉 を 抱 き し め 、 そ の 肉 に 爪 を 立 て た 。 む 弟 が 灌 木 の 茂 み か ら 罠 を 見 は っ て い る 間 に レ オ が 雉 を 雪 弟 は 李 に 認 め ら れ た こ と で 喜 び の あ ま り 雉 を 雪 の 上 へ 叩 芽 つ ば さ か に か こ ま れ た 草 む ら か ら 追 い 出 し て 来 、 し か も そ の 翼 に 咬 き つ け た 。 そ し て 南 が 一 羽 の ご く 小 さ い 目 白 を ま え て 帰 ち ょ う し よ う み つ い た の だ 。 弟 は レ オ に 加 勢 し て 雉 を 追 0 た が 杉 林 の 前 0 て 来 る と 、 僕 ら は 彼 に 嘲 笑 を あ び せ か け た 。 南 は 口 惜 で そ れ を 見 失 っ た 。 僕 は 口 惜 し い か ら 、 泣 き そ う だ っ た と し が っ た が タ 暮 の 金 色 と 橙 色 の 燃 え た っ 光 の な か で 静 か わ な ぼ う ち ょ う と か ん め じ ろ っ か

聖女の召喚 プラパ・ゼータ1⃣


192 静 か に 落 ち て い た 。 魔 道 士 レ イ ム と も 健 い シ ル ヴ ィ ン は 。 激 突 す る か と い う 寸 前 で 動 き を 止 め て い た 。 最 後 の 魔 道 を 用 い た レ イ ム の 体 か ら 、 す べ て の 力 が 抜 け て い た 。 魔 道 の で 意 識 が 弾 け 飛 ん で い た 。 死 ん だ よ う に ぐ た り と 弛 し て い た 。 シ ル ヴ ィ ン は 激 突 す る か と 思 っ た と き す で に 気 を 失 っ て い た 。 二 人 は 全 身 を 光 そ の も の の よ う に 輝 か せ な が ら 。 静 か に 浮 か び あ が っ て き た 。 お と め 、 ノ 十 60 背 に 白 き 翼 を 持 っ 聖 な る 乙 女 フ ァ ラ ・ 光 球 に 包 ま れ な が ら 、 緩 や か に 地 に 降 り 立 っ た 。 地 を 踏 み し め た フ ァ ラ ・ ハ ン を 包 ん で い た 光 球 が 、 ふ い と 消 滅 し た 。 う る わ ひ と み フ ァ ラ ・ ハ ン は 翼 と 麗 し い 青 い 瞳 を 閉 じ 、 く た り と そ の 場 に 頽 れ た 。 ハ ン の 白 い 背 中 に 、 す る り と 翼 が し ま い こ ま れ た 。 倒 れ た フ ァ ラ ・ ゆ る