検索 - みる会図書館

検索対象: 陽影の舞姫 Ⅳ

陽影の舞姫 Ⅳから 246件ヒットしました。

陽影の舞姫 Ⅳ


151 陽 影 の 舞 姫 Ⅳ 「 お ば あ : : : ち ゃ ん : 胸 の 奥 に 嵐 ー ー 、 感 動 と 疑 問 だ け を 残 し て 消 え た 舞 姫 の 伝 説 は 、 こ の 先 彼 女 を 支 え 、 追 い 立 て る も の と な る 。 け れ ど 、 い ま は : : : い ま だ け は : 老 い た 祖 母 と ふ た り 、 し つ か り と 抱 き 合 っ て : : : ふ た り は た だ 涙 を 流 し た 。 そ し て こ の 日 、 太 陽 精 霊 宮 は 、 久 し く 不 在 で あ っ た 司 を 取 り 戻 し た 影 は 『 光 』 を も 意 味 す る 。 日 の カ 護 を 受 け 、 守 ら れ て き た 少 女 は ー ー や が て は 陽 光 そ の も の と な り 、 影 を 知 る が ゆ え に 、 光 そ の も の を 守 る こ と が で き た の で あ る ・ お わ り

陽影の舞姫 Ⅳ


陽 影 の 舞 姫 ・ 外 伝 落 陽 記

陽影の舞姫 Ⅳ


目 次 ノ 4 【 0 ー 8 0 1 ワ 0 14 ワ 】 っ 0 L.n っ ー 0 1 っ 朝 4 1 1 1 1 陽 影 の 舞 姫 ・ 外 伝 落 陽 記 プ ロ ロ ー グ エ ピ ロ ー グ あ と が き ・ ・ 154 ・ 157 ・ 169 ・ 181 ・ 191 ・ 204 ・ 218 ・ 232 ・ 245 ・ 249

陽影の舞姫 Ⅳ


148 な る か な ら ず だ っ た は ず だ : : : な ら ば 、 あ る い は 彼 女 は 『 瑠 璃 の 舞 姫 』 の 舞 を 実 際 に 目 に し た か も し れ な い 。 「 お ば あ ち ゃ ん っ ! も し か し て : : : 」 あ の 舞 姫 の こ と を 知 っ て る の 問 い か け よ う と し て 、 ロ を 開 い た 瞬 間 だ っ た ー ー そ れ は 。 天 幕 の 外 で 、 ど よ め き が 起 こ っ た 。 「 な 、 な に : い っ た い な に が : 好 奇 心 旺 盛 な シ ャ 1 リ ィ ー デ は 、 も ち ろ ん す ぐ に 天 幕 を 飛 び 出 し た 。 祖 母 ま で も が つ い て き た の は 、 そ の ど よ め き が 、 競 い 舞 の 舞 台 の 方 向 か ら 聞 こ え て き た せ い だ ろ う 。 飛 び 出 し て : : : 彼 女 は 、 光 に 溢 れ た 舞 台 を 見 つ め た 。 目 を そ ら す こ と も で き ぬ ほ ど 、 そ れ は 見 事 で 、 魅 力 に 溢 れ た 一 幕 だ っ た の だ 。 ま と ま だ 準 備 も 整 わ ぬ 舞 台 で 、 ひ と り の 少 女 が 光 を 纏 っ て 踊 っ て い た 。 身 に 纏 う の は 黄 金 の 光 ー ー 輪 郭 さ え 定 か で は な い と い う の に 、 彼 女 の 腕 の 微 妙 な 動 き 、 指 先 の 表 現 す る わ ず か な 意 味 ま で も が : : : 空 気 に 溶 け て 、 伝 わ っ て く る 。 音 は 、 な い 。 楽 な ど 必 要 な い ほ ど に 、 彼 女 の 舞 が す べ て を 伝 え て く る 。 金 茶 の 髪 は 、 木 漏 れ 日 を 思 わ せ る 光 に 溢 れ 、 そ の 金 と 瑠 璃 の 色 違 い の 瞳 が 、 夜 が あ る か ら こ お う せ い

陽影の舞姫 Ⅳ


現 に 、 見 ろ た の 相 手 に 届 か ぬ 声 を 、 相 手 に 伝 わ ら ぬ こ と を 、 彼 は 平 気 で ロ に す る ー ー 娯 し げ な 笑 み さ え 浮 か ジ ャ イ ド プ レ ス の 目 に は 、 徐 々 に サ ン タ ー ニ ナ に 追 い 詰 め ら れ て い く 、 サ リ エ の 姿 が 映 っ て い た 。 だ が 、 こ れ は 彼 だ か ら こ そ 見 え る 光 景 ー ・ ー 結 界 の 外 、 し か も こ こ を 感 知 す ら し て い な い 相 手 に は 伝 わ り よ う の な い こ と だ っ た 。 よ う し ゃ だ が 、 彼 は 容 赦 す る つ も り な ど な か っ た 。 罪 は 罪 ー ー 罰 は 罰 。 な ら ば 、 自 分 を 裏 切 り 、 苦 し う ら め た あ の 相 手 は 、 自 分 の 恨 み と 憎 悪 を も 背 負 い 、 よ り 苦 し ま ね ば な ら ぬ は ず な の だ 。 「 早 く 、 お い で 」 こ の 世 の 、 な に よ り 深 い 絶 望 を 教 え て や る か ら : : : だ か ら 。 「 で な い と 、 小 鳥 は 闇 に 染 ま る よ ? 」 も ち ろ ん 、 そ の つ も り だ っ た 。 Ⅳ た と え 、 相 手 が ど れ ほ ど に 急 ぎ 、 こ こ に た ど り つ い た と し て も 、 そ の と き に は 手 遅 れ で あ る 姫 と い う ー ー そ の 状 況 を 、 彼 は 最 初 か ら 用 意 し て お く つ も り だ っ た 。 そ う で な け れ ば お も し ろ く の な い 。 影 せ つ な 陽 傷 つ け る 衝 動 に 、 歯 止 め な ど 存 在 し な い 。 彼 は 傷 つ く べ き だ ー ー そ う 、 自 分 が 思 っ た 刹 那 、 彼 は 当 然 傷 つ く の だ 。 自 分 の 意 志 は 運 命 に す ら な り う る 。 そ れ だ け の 細 心 な 準 備 を 整 え て き た ば っ

陽影の舞姫 Ⅳ


126 ば く 声 が 聞 こ え た ー ー ー 苦 し げ な 、 サ リ エ の そ れ が 。 じ ゅ ジ ャ イ ド プ レ ス に よ っ て 与 え ら れ た 苦 痛 は 、 魂 す ら も 消 し 去 る ほ ど の 強 さ で あ ろ う に : : : 呪 縛 で あ ろ う に 。 そ れ で も 、 自 分 を 呼 ぶ と い う の か : : : 他 で も な い 、 こ の 自 分 を 卩 救 わ ね ば な ら な い 。 な に が あ ろ う と : : : 君 を : : : サ リ エ 。 固 い 決 意 を 胸 に 、 彼 は 最 後 の 攻 撃 の た め に 黒 銀 に 染 ま っ た 光 剣 を 握 り し め た 。 相 手 も 同 じ こ と を 考 え て い る の だ ろ う : : ・ 次 で か た を つ け る 、 と 。 魂 す ら も 力 に 変 え て 、 彼 は 光 剣 に す べ て を 集 め 、 ジ ャ イ ド プ レ ス に 襲 い か か る ー ー 同 時 に 相 手 も 闇 の 剣 を 自 分 に 向 け て 襲 い か か っ て く る ! 存 在 そ の も の を か け た 一 撃 ー ー 闇 そ の も の に も 思 え る 黒 銀 の 光 と 、 不 浄 な る 闇 が ぶ つ か り あ っ た そ の 刹 那 少 女 の 絶 叫 が 世 界 を 支 配 し た 。 「 フ ァ ー デ ィ ス 、 フ ァ ー デ ィ ス 、 フ ァ ー デ ィ ス っ ! 」 溢 れ る : : : 黄 金 の 光 、 光 、 光 ! そ れ は 陽 光 の ー ー 黄 金 の 。 い や 、 違 う : : : そ う 思 い 、 フ ァ ー デ ィ ス は 奇 跡 を 前 に 徴 笑 ん だ 。 そ れ は 癒 し の 光 : : : 浄 化 の カ そ の も の 。 精 霊 た る 身 に さ え 、 そ の 力 を 与 え ら れ る 者 は 少 な い

陽影の舞姫 Ⅳ


ま え だ ・ た ま こ 1965 年 、 10 月 15 日 、 佐 賀 県 生 ま れ 。 天 秤 座 、 B 型 。 1987 年 4 月 「 眠 り 姫 の 目 覚 め る 朝 」 で 第 9 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 字 宙 に 吹 く 風 白 い 鳥 」 「 イ フ ァ ン の 王 女 』 「 ま ど ろ み の 守 護 者 」 「 銀 の 守 り 手 」 「 竜 の 牙 を 越 え て 講 「 漆 黒 の 魔 性 』 「 冥 界 の 門 さ し の べ ら れ た 腕 」 「 白 焔 の 罠 』 「 女 妖 の 街 」 「 ジ ェ ス の 契 約 一 前 後 編 - 」 「 目 覚 め る 日 柘 榴 の 影 精 霊 宮 の 宝 珠 ト ラ ブ ル ・ コ ン ビ ネ ー シ ョ ン ( 上 ) ( 中 ) 」 「 陽 影 の 舞 姫 I 、 Ⅱ 、 Ⅲ ′ 紫 紺 の 糸 ( 前 ) ( 後 ) 」 「 煉 獄 さ さ や き の 行 方 』 が あ る 。 大 河 ド ラ マ を こ よ な く 愛 し 、 戦 国 武 将 に 熱 い 眼 差 し を 向 け つ つ 、 取 材 旅 行 の 機 会 を 狙 っ て い る 。 陽 影 の 舞 姫 Ⅳ COBALT-SERIES 1994 年 11 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 前 田 珠 子 若 菜 正 集 英 社 〒 101 ー 50 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 OTAMAKO MAEDA 1994 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 ー 0 8-61 4 0 0 7 ー 1 C 01 9 5 / → ま な 。 み 。

陽影の舞姫 Ⅳ


186 何 度 と な く 顔 を 合 わ せ た 。 先 代 の 司 で あ る 精 霊 と も 数 度 会 っ た こ と が あ る 。 最 高 の 力 と 精 神 の 高 貴 さ を 誇 る ー ー ー そ れ が 司 の 条 件 で あ る 。 自 ら の 後 継 者 を 見 い だ し 、 育 て 上 げ た 後 、 司 は そ の 地 位 を 下 り る 。 時 に そ れ は 次 位 で あ り 、 時 に は 無 位 の 存 在 で あ る 。 だ が 、 こ れ ほ ど に あ で や か な 精 霊 を 、 こ れ ま で 彼 は 見 た こ と は な か っ た 。 ま と し つ こ く 夜 の 瞳 、 褐 色 の 肌 、 闇 を 紡 い だ 漆 黒 の 髪 ー ー 同 じ 色 彩 を 纏 う 闇 の 精 霊 た ち の 中 に あ っ て さ え 、 そ の 女 性 は 特 別 な 存 在 だ っ た 。 そ う な う ど ん な 夜 よ り も 深 い 夜 が そ の 双 眸 に は 宿 り 、 褐 色 の 肌 に は 闇 と 光 が 融 合 し て い た 。 黒 髪 の 美 な い う し さ は 、 こ の 世 で 最 高 の も の で あ り 、 過 去 に も 未 来 に も 、 そ れ と 同 じ 輝 き と 闇 を 内 包 し た も の は 存 在 し な い に 違 い な い も の だ っ た 。 人 間 に と っ て 、 精 霊 の 姿 は 時 に 奇 跡 と 表 さ れ る 。 で は 、 と 彼 は 思 う 。 な ら ば 彼 女 は 、 精 霊 に と っ て す ら 、 奇 跡 で あ る 、 と 闇 の 女 神 は 、 自 ら の 姿 と 魂 を そ っ く り そ の ま ま 写 し た 存 在 と し て 、 彼 女 を こ の 世 に 送 り 出 し た に 違 い な い 。 い や 、 彼 女 こ そ が 女 神 で は な い の か 。 つ む

陽影の舞姫 Ⅳ


146 白 夜 祭 は 催 さ れ る 。 き そ そ の 最 大 の 目 玉 と も 呼 ぶ べ き 『 競 い 舞 』 に お い て 、 半 世 紀 ぶ り に 市 井 の 舞 姫 が 招 か れ た と い う こ と で 、 人 々 は 好 奇 心 と 期 待 に 目 を 輝 か せ て い た 。 る り 半 世 紀 の 昔 、 『 瑠 璃 の 舞 姫 』 と 呼 ば れ た 少 女 が 、 こ の 誉 れ あ る 競 い 舞 に 参 加 し た 、 と 記 録 に よ う は あ っ た 。 だ が 、 彼 女 の そ の 後 の 消 息 は 、 杏 と し て 知 れ な い 。 ゆ く え 誰 も が 知 ら ぬ そ の 行 方 と 、 語 り 継 が れ る 舞 の 見 事 さ に 、 彼 女 は す で に 半 ば 伝 説 と 化 し て い こ 0 市 井 か ら 招 か れ た 舞 姫 は 、 彼 女 以 来 ー ー ー そ う と な れ ば 、 人 々 が 期 待 を 胸 に 抱 く の は 当 然 と い え ば 当 然 の も の で あ る 。 「 や り に く い っ た ら : : : 」 シ ャ ー リ ィ ー デ で く し や く し や と 髪 を か き 乱 し な が ら 、 唇 を 噛 む の は 今 回 招 か れ た 舞 姫 あ る 。 祖 母 の 血 を 濃 く 引 い た せ い で 、 髪 は 金 と 銀 の ま だ ら 。 瞳 は 父 譲 り の 緑 ー ー あ で や か な 容 姿 と 大 柄 な 体 格 が 人 目 を ひ く 舞 姫 で あ る 。 「 こ れ 、 せ つ か く 結 っ て も ら っ た 髪 を 乱 す で な い よ 」 と が そ ん な 彼 女 を 咎 め る 声 を あ げ る の は 、 こ の 一 座 の 長 で あ っ た 、 シ ャ ー リ ィ ー デ の 祖 父 亡 き 後 、 し つ か り 役 目 を 引 き 継 い だ 彼 女 の 祖 母 だ 。 ゅ お さ し せ い

陽影の舞姫 Ⅳ


陽 影 の 舞 姫 Ⅳ 101 う な と て 長 そ 支 精 そ 光 え な ず も 精 そ い 光 の い い い を だ や い た れ 配 霊 を ま れ が こ の に : 考 色 剣 。 を も ば の と や の や こ そ 長 知 隷 、 長 の 身 、 統 ま に と え に 染 編 身 が 自 い り . 属 べ た 十 し つ は い る 勝 は 髪 、 を 闇 引 広 つ な て ま み 内 ど 光 す 焼 の 光 算 は つ な つ と に の な 端 こ 染 司 は の 光 と は て お て 。 に : 支 ま た さ 、 低 を に う る そ い 闇 う 彼 る い 用 れ 配 た と っ 闇 が こ 贏 広 員 者 闇 を 関 も い に て が 考 係 は 外 る 身 、 も と た や は で 、 れ 無 な ば イ 也 、 を る あ こ え は し を 者 び た 存 共 た 理 自 放 身 か 浸 い さ る 棄 フ 在 に 存 や 分 か り に り こ な カ く し し あ 在 丨 司 つ り は ふ と ア し い 。 操 を に 光 た も と け な る る に い 髪 い も な で を る た っ オ ) こ ァ を 憎 の っ も 0 ク ) て か ふ イ の て が 、 た 支 る 身 ・ っ き こ ス こ 酉 己 き は だ が わ そ て た つ で あ と し て そ い の げ 魂 を っ や て み の る で 証 み せ ど カ あ の た た は 奥 り 明 せ れ を る る す ほ 放 も る に 闇 ど う ら る つ を も そ の 生 う 光 の 民 み れ で し 使 出 ぬ 道 う え か し な を 踏 も そ か れ み の ′ つ 出 た が 顕 し て た し だ ま け ゝ 0 0 ヂ 」 、 、 ゝ 、 6 」