検索 - みる会図書館

検索対象: 福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)から 150件ヒットしました。

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


き ゅ う も き ゅ う お お さ か し よ う せ ん ・ 旧 大 阪 商 船 ・ 旧 門 司 税 関 大 正 期 に 大 陸 航 路 の 待 海 の キ ャ ラ リ ー 、 門 司 港 明 治 45 年 ( 1912 ) に 合 室 と し て 使 わ れ た 木 ア ー ト 村 キ ャ ラ リ ー と し 建 築 さ れ 、 昭 和 初 期 造 建 築 を 復 元 。 現 在 は 、 て 利 用 さ れ て い る 。 八 角 ま で 税 関 庁 舎 だ っ た 2 階 は わ た せ せ い そ う と 形 の 塔 屋 が 目 印 。 レ ン ガ 造 り の 建 物 。 館 谷 093-321 ー 4151 内 に は 休 憩 室 や ギ ャ ( 門 司 港 レ ト ロ 総 合 に に 「 に い を ラ リ ー 、 カ フ ェ が あ る 。 イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン ) 谷 093-321-4151 ( 門 司 港 朝 」 R 門 司 港 駅 か ら レ ト ロ 総 合 イ ン フ ォ メ ー シ 徒 歩 2 分 朝 9 時 ~ 17 ョ ン ) ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 時 の 無 休 朝 入 館 無 歩 5 分 の 9 時 ~ 17 時 の 無 料 ( 2F キ ャ ラ リ ー は 休 朝 入 館 無 料 0 な し の 9 月 30 日 、 3 月 31 日 工 ー コ 朝 100 円 ) 0 な し い で み つ び じ ゅ っ か ん 咄 光 美 術 館 ( 門 司 ) 出 光 興 産 の 創 設 者 ・ 出 光 佐 三 氏 が 集 め た 書 画 、 東 ト 関 洋 の 陶 磁 器 を 中 心 に 展 示 。 出 光 創 業 資 料 館 も 併 設 。 , ネ 国 谷 0 9 3 - 3 3 2 - 0251 朝 」 R 門 司 港 : 地 駅 か ら 徒 歩 8 分 光 港 : ヒ ′ 物 レ 朝 10 時 ~ 17 時 ( 入 館 は 16 時 30 分 ま 館 ロ / レ ト ロ 門 で ) の 月 曜 ( 祝 日 、 振 替 休 日 の 場 合 は 会 館 前 「 一 開 館 ) 朝 入 館 600 円 0 な し 老 ′ 公 園 前 老 松 公 園 こ く さ い ゆ う こ う き ね ん と ・ 国 際 友 好 記 念 図 書 館 、 当 司 港 , 、 一 橋 公 園 0 297 帝 政 ロ シ ア が 中 国 ・ 大 連 に 建 て た 東 清 鉄 道 の オ フ ィ ス ザ を 復 元 し た 建 物 。 現 在 は 図 伺 局 町 、 、 書 館 や 資 料 館 に 利 用 。 齷 門 支 ゞ 局 谷 093 ー 33 ト 5446 ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 7 分 朝 9 時 30 分 ~ 19 時 ( 土 ・ 日 曜 、 祝 日 は ~ 18 ッ ク ー 丿 7 時 ) の 無 休 ( 図 書 館 は 見 学 の み は 放 浪 ー 2 虹 、 峡 プ ラ サ 9 ~ 17 時 開 館 、 月 曜 休 、 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) 朝 入 館 無 料 0 な し 食 品 か ら 物 販 ま で 、 4 ・ 、 錦 町 ぞ こ 門 司 港 名 物 が 数 多 く 清 滝 ー 海 胃 小 揃 う 複 合 施 設 【 知 恵 袋 】 ラ ヾ ナ ナ の 叩 き 売 り ' 門 司 ℃ へ 、 っ て な ~ に ? - ・ 旧 門 司 三 井 倶 楽 部 門 司 港 は バ ナ ナ の 叩 き 売 り 発 祥 の 地 。 そ の 始 ま り は 明 治 三 井 物 産 の 社 交 倶 楽 部 ( 大 正 10 年 ( 1921 ) 築 ) を 移 時 代 後 期 、 台 湾 か ら 大 量 に 築 ・ 復 元 し た 建 物 で 国 の 重 要 文 化 財 。 物 理 学 者 ア イ 荷 揚 げ さ れ て い た バ ナ ナ の ン シ ュ タ イ ン 博 士 が 宿 泊 し た 逸 中 で 熟 れ 過 ぎ た も の を 早 急 に さ ば く た め だ っ た そ う 。 現 話 も 残 る 。 1 階 は 食 堂 、 2 階 に は 在 も 週 末 な ど に 保 存 会 の 人 ア イ ン シ ュ タ イ ン と 作 家 ・ 林 芙 た ち に よ る 実 演 を 美 子 の 資 料 室 が あ る 。 見 る こ と も で き る 。 谷 093 ー 321-4151 ( 門 司 港 レ ト ロ 総 合 イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン ) ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 す ぐ の 9 時 ~ 17 時 の 無 休 朝 2 階 の み 入 場 18 円 0 な し な 祝 2 ・ 谷 タ ナ 気 と と 店 老 と ・ 税 分 ・ 谷 ス 酸 ト す 茶 ト な 作 芙 作 ・ ク 、 。 。 。 朝 。 。 。 れ , 、 。 = ィ , 、 蹊 ら コ 95 日 の 足 季 放 弩 門 の 10 門 3 ラ 利 の は お 喫 レ ち の 林 、 。 メ 司 p 時 10 門 相 ー ツ ナ 人 ス ヤ 茶 の や ー 場 時 司 , ダ ぃ 95 5 時 司 3 性 の 駅 1 抜 休 王 徒 7 0 日 歩 0 門 司 港 レ ト ロ 297 し よ か ん 198- 発 桟 橋 り 内 当 山 口 銀 ' ー き ゅ う も 海 峡 プ ラ サ 前 の バ ナ ナ マ ン 【 矢 袋 】 0 込 。 三

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


ハ 女 ギ ャ ラ リ ー 】 よ こ ま ち ま ち ゃ 横 町 町 家 交 流 館 こ う リ ゆ う か ん お 茶 の 産 地 と し て 有 名 観 光 の 情 報 が 揃 っ た 白 壁 の 町 家 が 続 く 城 下 町 観 光 の 前 に 訪 ん ん 後 平 野 か ら 九 州 山 地 へ の 入 口 に あ 谷 0943-23-4311 れ て 情 報 を 収 集 す る の が オ た り 、 「 日 本 書 紀 」 に も 登 場 す る 地 。 円 20 B-2 ス ス メ だ 慶 長 6 年 ( 1601 ) に 田 中 吉 政 が 城 を 築 い た 江 戸 時 代 の 町 家 を 復 元 し た 施 設 。 風 通 し を 良 く す が 、 13 年 後 に 取 り 壊 さ れ た 。 江 戸 末 期 以 る 目 的 や 採 光 の た め に 、 屋 根 を 対 照 に 「 へ 」 の 字 降 、 和 紙 や 提 灯 、 お 茶 な ど で 栄 え 、 今 も 全 に 置 い た 、 袖 下 屋 と 呼 ば れ る 造 り だ 。 八 女 の 古 い 写 真 や 酒 井 田 柿 右 衛 門 の 作 品 、 地 元 作 家 ら の 資 国 的 に お 茶 で 知 ら れ る 。 ま た 、 雛 人 形 や 仏 料 を 展 示 し て お り 、 観 光 資 料 も 豊 富 。 壇 な ど の 伝 統 工 芸 も 盛 ん 。 町 に は lkm に 渡 っ て 昔 な が ら の 白 壁 の 町 家 が 続 朝 ハ ス 停 ハ 女 学 院 高 前 か ら 徒 歩 7 分 朝 10 時 ~ 17 時 の 無 休 朝 入 館 無 ネ 引 0 台 ( 市 役 所 の 駐 車 場 も 利 用 可 ) き 、 風 情 豊 か た 。 ー formotlon 工 芸 館 】 や め で ん と う 》 八 女 市 商 工 観 光 課 谷 0943-23-1596 八 女 伝 統 工 芸 館 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス ー ー 龜 第 ) 」 R 鹿 児 島 本 線 堀 川 ハ ス 籠 が あ っ と い 約 20 分 で 約 37 分 う 間 に 編 み 上 谷 0943-22-3131 が っ て い く エ 円 20 B-2 程 を 見 学 ど う 回 る ? 仏 壇 、 灯 篭 、 提 灯 、 人 形 、 籠 編 み な ど 江 戸 時 代 か ら 八 女 に 伝 わ る 伝 統 工 芸 の 技 術 伝 承 の た め に 造 ら れ た 工 芸 館 。 常 時 職 人 た ち が 作 業 を し て い る 様 子 白 壁 の 町 並 み が 続 く 福 島 地 区 は 道 路 も 狭 い の で 、 徒 を 無 料 で 見 学 で き る ほ か 、 工 芸 品 の 販 売 や 紙 漉 歩 で ゆ っ く り 散 策 す る の が オ ス ス メ た 。 古 い 町 家 を き な と の 体 験 500 円 ~ も で き る 。 利 用 し た く つ ろ ぎ の ス ポ ッ ト も 多 い の で 、 散 策 に 疲 れ た ら 和 の 空 間 で 休 憩 し よ う 。 ま た 、 時 間 が あ れ は せ ひ パ ス 停 八 女 学 院 高 前 か ら 徒 歩 10 分 09 時 ~ 17 日 芋 D 訪 れ て み た い の が 星 野 村 。 自 然 が 美 し く 、 日 本 人 の 心 月 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 開 館 ) 朝 入 場 無 引 台 に 響 く 原 風 景 が 広 が っ て い る 。 キ ャ ラ リ ー 】 ハ 女 茶 時 代 ギ ャ ラ リ ー そ の 昔 、 照 明 が な か っ た 時 谷 0943-24-2020 代 の 茶 の 鑑 定 円 20 A-2 慶 応 3 年 ( 1867 ) 創 業 の 八 女 地 方 で 最 初 の 茶 専 門 問 屋 。 江 戸 末 期 に 建 て ら れ た 店 舗 兼 住 居 を 町 家 ギ ャ ラ リ ー と し て 活 用 し 、 代 々 伝 わ る 骨 董 品 や 明 治 ~ 大 正 期 の 緑 茶 や 紅 茶 の ラ ベ ル 、 袋 、 茶 壷 を 展 示 し て い る 。 八 女 茶 の 試 飲 も 行 っ て い る 。 ノ ヾ ス 停 八 女 学 院 高 前 か ら 徒 歩 5 分 39 時 ~ 17 時 の 不 定 休 朝 入 場 無 半 の 8 台 DATA 匠 の 技 が 光 る 伝 統 芸 能 品 を 見 学 ・ 購 入 博 多 駅 ( 」 R) ノ ヾ ス 停 か ら は 歩 い て 散 策 DATA ハ 女 JA ・ 国 道 3 へ 亠 〇 八 女 院 高 堀 江 宮 町 原 矢 町 0 ) 」 女 ℃ へ 大 正 町 、 女 谷 園 、 女 著 ⑩ 裁 判 所 検 察 ・ . 八 茶 時 代 ギ ャ リ 町 ハ 女 市 血 横 町 町 家 交 流 館 . 1 話 食 茶 屋 ひ る よ け DATA 族 資 料 館 . ・ 八 女 = 館 ー ー 2120 老 舗 茶 舗 に 併 設 さ れ た キ ャ ラ リ ー ◎ 〇 福 島 小 八 女 市 役 所 市 役 所 語 屋 幵 福 島 ハ 幡 宮 - 一 物 一 ② 〇 八 女 農 高 0 0

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


中 里 太 郎 右 衛 門 房 市 街 地 か ら 離 れ た 山 あ 唐 津 焼 の 御 用 窯 に な っ い に 窯 を 持 つ 、 唐 津 焼 て 以 降 、 約 400 年 の 歴 を 代 表 す る 作 家 の 一 人 、 史 を 持 つ 唐 津 焼 の 名 門 。 中 里 隆 氏 と 長 男 ・ 太 亀 現 在 は 十 四 代 中 里 太 氏 の 窯 。 絵 唐 津 や 三 島 、 郎 右 衛 門 が 伝 統 を 受 け 粉 引 な ど 作 風 も 多 彩 で 、 継 い で い る 。 陳 列 館 で 料 理 が 引 き 立 つ 器 が 多 は 現 当 主 や 十 三 代 の 作 谷 0955-74 ー 3503 ・ DATA 朝 」 R 唐 津 駅 か ら 車 で い と 評 判 だ 。 な か で も 品 を 展 示 。 近 く に は 大 10 分 朝 9 時 ~ 17 時 の 11 月 谷 0955 ー 72 ー 8171 釉 薬 を か け す に 焼 き 締 正 時 代 ま で 中 里 家 が 御 : DATA ・ 」 R 唐 津 駅 か ら 徒 歩 7 3 ・ 4 日 ( 工 房 は 日 曜 、 第 2 ・ 4 め る 唐 津 南 蛮 は 独 自 の 用 窯 と し て 使 用 し た 登 月 曜 も 休 ) 03 台 分 朝 9 時 ~ 17 時 30 分 の 無 休 05 台 風 合 い だ 。 り 窯 も あ り 、 見 学 で き る 。 焼 作 家 の 個 性 を 感 じ な が ら 舅 唐 津 焼 窯 元 め ぐ り 安 土 桃 山 時 代 に 茶 道 が 流 行 し た こ と か ら 発 展 し 、 「 一 楽 ニ 萩 三 唐 津 」 と い わ れ る ほ ど 茶 器 と し て の 人 気 が 高 か っ た - 唐 津 焼 。 現 在 、 唐 津 市 と 周 辺 に は 約 30 軒 ほ ど の 窯 元 が あ り 、 そ れ そ れ の 作 家 が 個 性 あ ふ れ る 作 品 を 作 っ て い る 。 多 く の 窯 元 が 工 房 と 展 示 室 と を 兼 ね て い て 、 工 房 見 学 が で き る ほ か 、 気 軽 に 唐 津 焼 の 名 品 を 鑑 賞 す る こ と が で き る 。 旅 の 記 念 に 、 お 気 に 入 り の 一 所 要 時 間 " P 輛 -3 、 4 品 を 探 し て み る の も い い 。 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス 3 時 間 込 ( 凌 雲 窯 ) 作 3 の 幸 悦 一 5 駄 鏡 山 窯 ) 中 代 十 加 ら っ 屋 陶 工 房 赤 水 窯 ) ) . 7 あ や 窯 展 示 場 淡 如 庵 ) 「 窯 ジ 8E ( ( 中 里 太 郎 右 衛 門 陶 房 ) . 6 隆 太 窯 ) 円 34 参 照 」 R 唐 津 駅 約 6km ー f0 「 m 寸 on 唐 津 観 光 協 会 谷 0955-74-3355 が ま て ん し あ や 窯 展 示 加 ら っ 屋 陶 工 幸 悦 薰 場 淡 如 庵 房 赤 水 窯 歴 史 あ る 唐 津 焼 の 伝 ろ く ろ 技 術 と 丁 寧 な 仕 御 茶 鈕 窯 通 り に あ る 中 伝 統 に こ た わ ら す 、 独 創 的 な 作 品 を 作 り 続 け 統 を 守 り 、 昔 な が ら の 事 ふ り に 定 評 が あ る 瀧 里 文 子 さ ん の キ ャ ラ リ 。 古 唐 津 の 技 法 を 取 て い る 熊 本 千 治 氏 の 工 登 り 窯 で 焼 き 続 け て い 下 幸 悦 氏 の 窯 。 松 や 杉 房 。 顔 料 を 加 え た 土 を る 井 上 東 也 氏 の 窯 元 。 の 灰 釉 を 使 っ て 微 妙 な り 入 れ 、 女 性 作 家 ら し い 優 し い 作 風 の 普 段 使 重 ね て 仕 上 げ た 彩 泥 シ 作 品 は 茶 器 が 主 だ か 日 透 明 感 を 出 し た 青 唐 津 い の 器 や 茶 器 が 多 く 、 リ ー ズ を は し め 、 磁 器 用 食 器 も 揃 っ て い て 広 が 人 気 。 ほ か 、 細 や か 特 に 鳥 や 季 節 の 草 花 を な 文 様 が 刻 み 込 ま れ た な ど も 手 が け 、 オ リ ジ い 年 齢 層 で 楽 し め る 。 描 い た 器 が 人 気 と な っ 青 唐 津 象 嵌 な ど 、 土 の ナ リ テ ィ あ ふ れ る 作 品 手 び ね り や 絵 付 け の 体 て い る 。 1 階 に は 入 場 無 が 並 ふ 。 使 っ て 良 さ を 験 ( 要 事 前 予 約 ・ 1155 温 か み の 中 に 繊 細 さ を 料 の 古 唐 津 ミ ニ 資 実 感 で き る 作 品 は か り 円 ~ ) も で き 、 作 品 は 郵 感 じ る 手 の 技 が 生 き た 料 館 が あ る 。 で 、 幅 広 い 層 に 人 気 だ 。 送 し て く れ る 。 作 品 が 豊 富 に 並 ふ 。 や と う こ っ き ん た ん に よ あ ん ″ は う あ か み す か ま 谷 0955-77-2131 ・ 」 R 虹 の 松 原 駅 か ら 徒 歩 10 分 の 9 時 ~ 17 時 30 谷 0955 ー 72 ー 5709 谷 0955 ー 77-2061 谷 0955-56 ー 81 23 R 唐 津 駅 か ら 徒 歩 7 分 の 無 休 ( 工 房 は 1 2 月 の 日 ・ 」 R 浜 崎 駅 か ら 車 で 8 ・ 」 R 虹 の 松 原 駅 か ら 分 朝 IO 時 ~ 17 時 の 無 休 0 徒 歩 5 分 の 11 時 ~ 19 時 の 分 朝 9 時 ~ 1 7 時 の 水 曜 曜 祝 日 休 、 体 験 は 要 予 約 ) 4 台 不 定 休 02 台 DATA DATA DATA DATA 020 台

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


秋 目 ・ : 第 三 を ト 、 ご ぢ あ き づ き 山 里 の 風 情 た っ ぷ り ! 清 流 沿 い の 城 下 町 を そ そ ろ 歩 き 倉 市 北 部 の 古 処 山 の 麓 に あ る 町 。 鎌 倉 初 期 に ・ 古 処 山 か ら 流 れ 出 る 清 流 を 活 か し た 川 豪 族 秋 月 氏 が 山 城 を 築 い た 地 で 、 江 戸 時 代 に 茸 や 葛 は 秋 月 を 代 表 黒 田 長 政 の 三 男 ・ 長 興 の 居 城 と な り 、 秋 月 黒 田 藩 の す る 美 味 。 こ の ほ か 城 下 町 と し て 栄 え た 歴 史 を 持 つ 。 明 治 維 新 後 多 く の 和 紙 や 草 木 染 め な ど △ 杉 の 馬 場 の 桜 並 木 ー 武 士 カ 啾 月 を 離 れ た た め 、 武 家 屋 敷 は 残 っ て い な い の 工 芸 品 が 名 物 。 ・ 約 200 本 の 桜 並 木 が 、 町 家 工 リ ア に は 古 い 商 家 が 軒 を 連 ね 、 城 跡 周 辺 な ど と あ わ せ て が 続 く 杉 の 馬 場 通 り 。 " 筑 前 の 小 京 都 ” と 呼 ば れ る し っ と り と し た 風 情 を 漂 わ せ て い る 。 杉 こ れ ら の 桜 は 、 日 露 戦 の 馬 場 の 桜 並 木 や 秋 月 城 跡 の 紅 葉 は 見 事 で 、 こ の 季 節 に 争 の 戦 勝 記 念 に 植 え は 多 く の 観 光 客 で 賑 う 。 ら れ た も の だ と い う 。 ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス -- 一 ( ~ 甘 木 観 光 バ ス 秋 月 行 き 約 24 分 ・ ( 芦 本 鉄 導 厂 約 20 分 約 28 分 岡 同 速 ・ 州 自 車 道 ・ ス 停 国 道 322 号 大 分 自 動 車 道 甘 木 ℃ 約 12km 約 42km ど う 回 る ? 秋 月 城 跡 . ′ ー ( 川 に ) 主 な 見 ど こ ろ は 目 鏡 橋 ー ・ - れ 時 ) コ コ ! 秋 月 美 術 館 ー ′ ー 加 頭 ) バ ス 停 か ら 徒 歩 で 行 け る 、 杉 の 馬 場 と 呼 ば れ る 58m ほ ど の 通 リ と 、 杉 の 昔 な が ら の 製 法 を 守 り 続 け て い る 秋 月 の 本 葛 は 吉 野 お い し い も の は 馬 場 か ら 目 鏡 橋 に 至 る 町 の 葛 と 並 び 称 さ れ る 逸 品 。 野 生 の 本 葛 を 秋 月 の 水 で さ 家 工 リ ア の 周 辺 に 見 ど こ ら し た 上 質 の 葛 を 使 用 し た 葛 も ち な ど が 味 わ え る 。 コ レ ! ろ が 集 ま る 。 古 い 町 並 み と 川 茸 ー - 川 止 の の ど か な 山 里 の 風 情 を 楽 綺 麗 な 水 に 恵 ま れ る 秋 月 の 名 産 の 川 茸 。 コ リ コ リ ッ と し し み な が ら 、 点 在 す る ギ ャ た 食 感 の 川 茸 は 天 然 の 淡 水 の り で 、 高 級 珍 味 と し て 秋 ラ リ ー や 民 芸 品 店 、 休 憩 処 月 黒 田 藩 か ら 幕 府 へ の 献 上 品 に も な っ て い た 。 を 訪 ね よ う 。 響 み た ご あ 目 鏡 橋 2112 御 蕎 麦 ち き た 旅 ネ タ f0 「 motion 朝 倉 市 商 工 観 光 課 谷 0946-52-1428 朝 倉 市 観 光 協 会 谷 0946-24-6758 博 多 駅 ( 」 R) 天 神 北 出 入 口 主 な ス ポ ッ ト は 徒 歩 で OK 焼 橘 元 2112 0 甘 宙 限 -- 、 鴫 渡 観 音 枩 中 匙 寺 切 岩 0 / 天 院 、 卍 一 恵 利 暢 尭 殉 節 碑 紙 前 宮 半 寺 卍 秋 月 観 光 案 内 所 秋 月 前 処 秋 鏡 橋 黒 門 茶 屋 卍 日 照 院 一 目 鏡 月 の 峠 石 田 家 住 宅 - 響 鶚 ー 朝 意 市 高 助 凸 垂 裕 神 社 、 黒 ヴ ( 秋 月 城 本 門 ) 枉 駕 亭 菓 秀 桜 秋 月 店 幻 11 0 386 号 へ / 川 底 が 透 き 通 谷 0946-24-6758 ( 市 観 光 協 会 ) っ て 見 え る ほ ど の 清 流 に 架 円 10A -2 か る 清 流 ・ 野 鳥 川 に 架 か る 石 橋 。 秋 月 黒 田 藩 の 家 老 が 長 崎 の 石 工 を 雇 い 、 文 化 7 年 ( 1810 ) に 築 造 さ せ た オ ラ ン ダ 風 の ア ー チ 橋 。 花 崗 岩 ( 御 影 石 ) で で き た 贅 沢 な 造 り で 、 当 時 の 秋 月 黒 田 藩 の 繁 栄 を 伝 え て く れ る 。 県 の 有 形 文 化 財 に 指 定 さ れ て い る 。 / ヾ ス 停 目 鏡 橋 か ら す ぐ 臥 見 学 自 由 近 隣 駐 車 場 を 使 用 可 秋 月 め が ね ば し 空 庵 9 14 ・ 300m ・ ・ ヨ 3 322 江 戸 時 代 に 造 ら れ た 石 の ア ー チ 橋 - - 2111 秋 月 城 跡 ~ E11 ~ 秋 月 小 甘 木 DÅTA 小 石 原 へ `

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


( 0 L U M N き よ う 関 門 海 峡 の 今 昔 古 来 よ り 現 代 に 至 る ま で 、 数 々 の 歴 史 の 舞 台 と な っ て き た 関 門 海 峡 。 海 上 を 走 り 、 橋 を 渡 り な が ら そ の ロ マ ン に 浸 っ て み た い 。 司 港 下 の 九 州 と 本 州 を 隔 て る 関 門 海 り 、 今 も 昔 も 、 " 海 の 難 所 " と け て は 日 本 と 外 国 を 結 ふ 重 要 要 峡 は 、 1 日 に 約 78 隻 も の 大 小 言 わ れ て き た 。 そ ん な 土 地 柄 な 貿 易 港 と し て 発 展 す る な ど 、 さ ま ざ ま な 船 の 往 来 が あ り な ゆ え か 、 平 安 時 代 末 期 に は 源 日 本 の 歴 史 に お い て 欠 か す こ が ら 、 最 も 狭 い と こ ろ で 幅 約 平 合 戦 最 後 の 壇 之 浦 の 戦 い の 、 と の で き な い ド ラ マ テ ィ ッ ク 700m ほ ど し か な い 小 さ な 海 江 戸 時 代 に は 佐 々 木 小 次 郎 と な 土 地 と し て 名 を 轟 か せ て き 宮 本 武 蔵 の 一 騎 打 ち の 舞 台 と 峡 。 し か し な が ら 潮 の 流 れ は た 。 門 司 港 ・ 下 関 の 旅 は 、 こ の 西 か ら 東 へ と 1 日 に 4 度 も 変 わ な り 、 幕 末 か ら 大 正 時 代 に か 海 峡 を 知 る こ と か ら 始 め よ う 。 の 海 峡 ド ラ マ シ ッ プ 連 絡 船 か ら 関 門 橋 を 望 む 。 荒 波 を 漂 い 歴 史 に 想 い を 馳 せ て 関 門 海 峡 を 知 る 6 つ の ス ポ ッ ト ・ い 髷 イ に 鹽 4- が ん り ゆ う じ ま か ん も ん き よ う か い き よ う 資 料 館 関 門 橋 巌 流 島 谷 083-232-28 ⅱ 谷 093-32 ト 41 51 円 2 B-2 谷 083-231-1350 円 2A -2 円 2B ヨ ( 下 関 市 観 光 振 興 課 ) ( 西 日 本 高 速 道 路 ) ( 門 司 港 レ ト ロ 総 合 イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン ) 橋 長 188m 、 水 面 か ら の 高 さ 61m 。 5 フ ロ ア に 渡 り 、 関 門 海 峡 に ま つ わ 佐 々 木 小 次 郎 と 宮 本 武 蔵 が 決 闘 を る 歴 史 や 文 化 を 、 子 供 も 大 人 も 楽 行 っ た 巌 流 島 。 現 在 は 海 上 公 園 と 高 速 道 路 の 一 部 と し て 昭 和 年 ( 1973 ) に 開 通 し た 関 門 橋 。 通 行 は し め る よ う に ハ イ テ ク を 駆 使 し て し て 整 備 さ れ 、 遊 歩 道 や 文 学 碑 な 紹 介 。 屋 上 デ ッ キ か ら の 眺 め も よ ど が 立 つ 。 直 行 便 や 遊 覧 船 を 利 用 車 の み 可 。 関 門 海 峡 の シ ン ホ ル で し て 上 陸 す る こ と が で き る 。 あ り 、 ラ イ ト ア ッ プ さ れ た 夜 の 姿 い 。 船 を あ し ら っ た 建 物 が 目 印 。 も 見 も の だ 。 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 5 分 朝 9 時 ~ ・ 唐 戸 桟 橋 か ら 関 門 汽 船 で 10 DATA DATA 17 時 ( 入 館 ~ 16 時 30 分 ) の 無 休 ( 臨 ・ 門 司 港 ℃ 、 下 関 ℃ か ら そ れ ぞ 分 ( 9 時 30 分 ~ 16 時 の 間 で 30 DATA 時 休 館 日 あ り ) 朝 入 館 500 円 ( 企 画 展 観 覧 分 ご と に 運 行 、 季 節 便 あ り 、 往 復 1000 れ 車 で 約 1 0 分 ( 門 司 港 ℃ ~ 下 関 料 は 別 途 要 ) 0200 台 ( 1 時 間 200 円 ) 円 鳫 内 見 学 自 由 0 な し ℃ 間 の 高 速 料 金 普 通 車 350 円 ) 0 な し じ ん ど う か ん も ん れ ん ら く せ ん か ん も ん 関 門 ト ン ネ ル ( 人 道 ) 関 門 連 絡 船 め か り じ ん じ ゃ 地 下 道 社 和 布 刈 神 社 谷 093-582-2054 谷 093-33 ト 0222 円 2 B-2 谷 093-32 ト 0749 円 2 B-I 円 2 圏 ( 関 門 汽 船 門 司 営 業 所 ) ( 北 九 州 市 役 所 観 光 課 ) 約 188 年 の 歴 史 を 持 ち 、 壇 之 浦 の 全 長 7 m 、 幅 4m 。 関 門 海 峡 を 歩 い カ モ ン ワ ー フ 横 の 唐 戸 桟 橋 と 門 司 港 レ ト ロ エ リ ア を 5 分 で 結 ぶ 連 絡 戦 い の 前 夜 に は 平 家 が 最 後 の 酒 宴 て 渡 れ る 地 下 道 。 途 中 に は 福 岡 県 を 開 い た 場 所 と し て 知 ら れ る 。 旧 と 山 口 県 の 県 境 が あ り 、 片 道 約 15 船 。 1 日 88 便 が 運 航 さ れ 、 観 光 客 だ 暦 元 旦 に 行 わ れ る 「 和 布 刈 神 事 」 は 分 。 ジ ョ ギ ン グ コ ー ス と し て も 人 け で な く 市 民 の 足 と し て も 親 し ま 福 岡 県 の 無 形 文 化 財 に 指 定 さ れ て 気 。 自 転 車 で も 通 行 で き る 。 れ て い る 。 い る 。 ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 西 鉄 ノ ヾ ス で 関 門 ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 門 司 港 側 乗 船 DATA DATA 場 ま で 徒 歩 2 分 の 6 時 ~ 22 時 ( 日 ト ン ネ ル 人 道 ロ / ヾ ス 停 下 車 す ぐ 朝 ノ ヾ ス 停 和 布 刈 神 社 か ら 徒 歩 す ー 時 ~ 22 時 の 無 休 朝 自 転 車 、 原 付 の み 曜 、 祝 日 は 7 時 ~ ) の 無 休 ( 悪 天 候 時 は 運 DATA ぐ 拝 観 自 由 020 台 憮 料 ) 休 の 場 合 あ り ) 朝 大 人 片 道 390 円 0 な し 20 円 021 台 ( 無 料 、 下 関 側 の み に あ り )

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


ッ グ 幕 末 関 係 の 展 示 物 も 多 く 、 幕 末 フ ァ ン は 必 見 ! 亠 宀 い し ち や や お 石 茶 屋 楼 門 を く ぐ る と 、 す ぐ 目 の 前 に 本 殿 が 姿 宰 を 表 す 府 ・ 楼 門 谷 092-922-4045 刪 御 本 殿 の 入 口 に 立 つ ニ 正 3 年 ( 1914 ) に 再 建 さ 菅 公 の 御 真 筆 と 伝 え ら 明 治 時 代 に 「 筑 前 3 美 重 門 。 檜 皮 葺 の 屋 根 と れ た 。 門 の 手 前 に は 、 鷽 れ る 書 や 7 世 紀 東 ア ジ ア 人 」 に 数 え ら れ た 女 性 が は し め た と い う 茶 鮮 や か な 朱 色 の 柱 が 目 ( う そ ) と 麒 麟 ( き り ん ) と の 地 誌 の 写 し で あ る 国 店 。 境 内 奥 の 風 情 あ る を 引 く 。 現 在 の も の は 大 牛 の 銅 像 が あ る 。 宝 「 幹 苑 」 を は じ め 、 古 文 場 所 に あ る 。 梅 ヶ 枝 餅 書 、 工 芸 品 等 約 5 万 点 の と 自 家 製 梅 干 し 入 り の 宝 物 か 収 蔵 さ れ て い る 。 昆 布 茶 「 梅 香 茶 」 セ ッ 太 宰 府 や 太 宰 府 天 満 宮 ト 360 円 の 調 査 研 究 の た め の 文 ・ 西 鉄 太 宰 府 駅 か DATA ら 徒 歩 15 分 の 9 時 化 研 究 所 も 併 設 。 182 30 分 ~ 16 時 30 分 頃 の 年 に 全 面 改 装 さ れ た 。 不 定 休 0 な し 朝 9 時 ~ 16 時 ( 入 館 ) の 月 曜 ・ ・ ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 300 円 キ リ ン ビ ー ル の 由 来 九 州 国 立 博 物 館 へ の 連 絡 通 路 土 鬩 内 か ら 直 結 し て し 、 る ア ク セ ス ル ー に な っ た と い う 説 も ト が あ り 、 虹 色 に 皹 く 連 絡 ト ン ネ ル は 必 見 工 ス カ レ ー タ ー と 動 く 歩 道 で 結 は れ て い て 、 疲 れ な し 切 も ポ イ ン ト 。 ー 、 ・ = 連 絡 ト ン ネ ル 九 州 国 立 . 博 物 館 入 。 長 物 物 、 中 島 坤 社 グ リ , ー ン ハ ウ ス 御 神 牛 せ き ぞ う - ー と り 花 崗 岩 製 の 鳥 居 。 参 道 が 終 わ り 、 本 殿 に 向 か う と こ ろ で 迎 え て く れ る 。 形 延 寿 王 院 、 汰 鼓 橋 式 か ら 県 内 最 古 と さ れ 太 鼓 橋 こ る か 群 細 は 不 明 。 県 の 文 石 造 鳥 居 化 財 に 指 定 さ れ て い る 。 ノ ・ 心 字 池 神 牛 東 風 吹 が ば の 歌 碑 . 、 い 口 案 内 所 ′ 288 光 明 禅 寺 へ 亠 心 字 池 。 鳥 居 を く ぐ る と す ぐ に 「 心 」 と い う 字 を 象 っ た 大 き な 池 が 広 が る 。 池 の 中 で は 優 雅 に 泳 ぐ 鯉 ま . に 物 の 姿 も 。 = の 池 に 太 鼓 ー ー 第 ' ・ 橋 ・ 平 橋 が 架 か る 。 ろ う も ん は う も つ で ん 菅 公 ゆ か り の 御 神 牛 。 麒 麟 像 自 分 の 身 体 の 悪 い 部 分 と 同 じ 牛 の 部 位 を 触 る と 効 き 目 が あ る と 伝 え ら れ て い る 。 ふ 地 ロ い 園 入 ざ 遊 、 九 州 国 立 博 物 館 P87. 曲 水 の 庭 ・ エ ス カ レ ー タ - 0 東 神 苑 蒲 池 ・ い . 員 . ネ 土 ー 絵 馬 堂 し ん じ い け ” 菅 原 道 百 っ て ど ん な 人 ? 菅 原 是 善 の 三 男 と し て 生 ま れ た 道 真 公 は 幼 い 頃 か ら 文 才 に 秀 で 、 歳 で 文 学 博 士 に な る 。 そ の 後 宇 多 天 皇 か ら 右 大 臣 に 大 抜 擢 さ れ る が 、 藤 原 氏 ら の 策 略 に よ り 、 大 宰 府 に 左 遷 さ れ る 。 そ の 後 、 失 意 の 日 々 を 送 り 、 そ の ま ま 大 宰 府 で 亡 く な っ た 。 す る と 、 京 で は 次 々 と 異 変 が 起 こ り 、 こ れ を 道 真 公 の 怨 霊 と 恐 れ た 朝 廷 は 、 太 政 大 臣 の 位 を 贈 っ て 神 霊 を な ぐ さ め た 。

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


0 城 跡 】 あ き づ き じ よ う せ き 秋 月 城 跡 杉 美 術 館 】 の あ き づ き 馬 場 は 秋 美 術 館 の 代 表 的 な 散 風 情 あ ふ れ る コ 谷 0946-25-0895 武 家 屋 敷 の よ ス う な 佇 ま い の 円 10 A-I 建 物 落 ち 着 い た 佇 ま い の 美 術 館 。 特 に 、 庭 の 大 カ エ デ は 見 事 。 館 内 に は 、 福 岡 藩 御 用 窯 の 高 取 焼 の 名 品 を 中 心 に 、 上 畑 焼 、 小 石 原 焼 、 薩 摩 焼 、 中 国 壷 な ど の 陶 磁 器 を 数 多 く 展 示 。 茶 器 の コ レ ク シ ョ ン を 年 代 別 に 分 か り や す く 紹 介 し て い る の が 魅 力 。 ハ ス 停 郷 土 館 前 か ら 徒 歩 2 分 310 時 ~ 17 時 ( 入 館 は 16 時 30 分 ま で ) の 無 休 朝 入 館 200 円 な し び じ ゅ っ か ん 豊 か な 自 然 に 彩 ら れ た 秋 月 の シ ン ホ ル 谷 0946-24-6758 ( 朝 言 市 観 光 協 会 ) 円 10A -2 城 下 町 の 雰 囲 気 が 漂 う 美 術 館 DATA 郷 土 館 】 秋 月 黒 門 は 黒 一 色 に 塗 ら れ た か っ て の 大 手 門 郷 土 館 建 仁 3 年 ( 1203 ) 、 こ の 地 方 の 豪 族 原 田 種 雄 が 秋 月 氏 を 名 乗 り 天 守 閣 を 持 た な い 平 城 を 築 い た 。 そ の 後 、 寛 永 元 年 ( 1624 ) に 黒 田 長 政 の 三 男 ・ 長 興 が 秋 月 五 万 石 を 与 え ら れ て 入 封 し 、 山 麓 に 陣 屋 を 整 備 し た 。 現 在 は 、 杉 の 馬 場 通 り 沿 い に 長 屋 門 や 藩 主 愛 用 の 甲 黒 門 な ど が 残 り 、 苔 む し た 石 垣 な ど が 当 時 の 面 影 胄 や 刀 剣 な ど 谷 0946-25-0405 を 偲 ば せ て い る 。 黒 門 の 石 段 を 登 り つ め た と こ ろ も 数 多 く 展 示 円 10A -1 に あ る 垂 裕 神 社 に は 、 黒 田 長 興 が 祀 ら れ る 。 野 鳥 し て い る 橋 か ら 黒 門 へ 続 く 通 り は 「 杉 の 馬 場 」 と 呼 ば れ 、 か 秋 月 の 上 級 武 士 だ っ た 戸 波 家 の 屋 敷 跡 を 利 用 し っ て 武 士 た ち が 馬 術 の 腕 を 競 い 合 っ た と こ ろ 。 杉 た 施 設 。 歴 代 藩 主 の 資 料 や 民 族 資 料 を 陳 列 す る の 馬 場 通 り の 全 長 500m も の 桜 並 木 と 、 黒 門 周 辺 歴 史 資 料 館 と 、 ル ノ ワ ー ル や シ ャ ガ ー ル 、 横 山 大 の モ ミ ジ の 大 木 は 、 秋 月 の 最 大 の 名 所 で も あ り 、 観 、 岸 田 劉 生 な ど 国 内 外 の 巨 匠 た ち の 作 品 を 収 蔵 桜 と 紅 葉 の 時 期 に は 多 く の 見 物 客 で 賑 わ う 。 す る 郷 土 美 術 館 か ら な る 。 パ ス 停 郷 土 館 前 か ら 徒 歩 8 分 見 学 自 由 近 隣 ハ ス 停 郷 土 館 前 か ら 徒 歩 2 分 9 時 ~ 17 時 ( 入 館 は 駐 車 場 あ り 1 卻 寺 30 分 ま で ) の 無 休 朝 入 館 500 な し ゾ ま 下 あ き づ き き よ う ど か ん 秋 月 の 歴 史 と 美 術 を 学 べ る ス ポ ッ ト DATA DATA 杉 の 馬 場 の 立 ち 寄 り ス ポ ッ ト 情 緒 あ ふ れ る か し う さ く ら あ き づ き て ん あ き づ き ゅ め ざ い く ほ ん て ん く ろ も ん ち や や 食 事 処 菓 秀 桜 秋 月 店 秋 月 夢 細 工 本 店 黒 門 茶 屋 谷 0946-2 492 川 OA -1 谷 0946-25-0273 円 10 A-I 谷 0946-25-1619 川 OA -2 清 流 に し か 自 生 せ す 、 将 軍 家 に も 献 花 が 咲 く 直 前 の 桜 の 小 枝 で 染 め た し っ と り フ ワ フ ワ の シ フ ォ ン ケ ー 上 さ れ た 高 級 珍 味 川 茸 が 味 わ え る 。 18 % 天 然 の ピ ン ク 色 の 草 木 染 め キ が 評 判 の 菓 子 店 。 定 番 は レ モ ン 川 茸 は 海 藻 と 寒 天 の 中 間 の よ う な は 、 優 し い 色 あ い が 特 徴 。 こ 主 人 が と チ ー ズ の シ フ ォ ン ケ ー キ で 各 コ リ コ リ ッ と し た 食 感 。 こ ん に や く や 開 発 し た も の で 、 秋 月 の 水 で し か 78 円 。 ハ イ シ ー ズ ン に は 売 切 れ に 酢 の 物 、 こ 飯 、 佃 煮 な ど に 川 茸 を 贅 出 せ な い 色 だ と か 。 衣 類 か ら 小 物 な る こ と も 多 い の で 、 予 約 し て お 沢 に 使 用 し た 川 茸 定 食 は 1 0 円 。 ま で い ろ い ろ 選 べ る 。 く の が ペ タ ー 朝 ノ ヾ ス 停 郷 土 館 前 か ら 徒 歩 3 分 ・ バ ス 停 郷 土 館 前 か ら 徒 歩 3 分 ・ / ヾ ス 停 郷 土 館 前 か ら 徒 歩 1 分 DATA DATA の 1 0 時 ~ 16 時 LOO 月 2 回 不 定 の 10 時 ~ 1 7 日 無 休 80 台 の 1 1 時 ~ 17 時 の 不 定 休 ( ※ 要 問 休 04 台 合 せ ) ( 桜 ・ 紅 葉 シ ー ズ ン は 無 休 ) 0 な し DATA

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


〔 0 L U M N く だ ト 柳 川 で 川 下 り 柳 川 を 旅 す る と き 、 ド ン コ 舟 で の 川 下 り は 一 番 の お 楽 し み 。 船 頭 さ ん の 説 明 や 唄 を 聞 き な が ら 、 域 下 町 の 風 情 に 浸 っ て み よ う 。 水 路 の ほ と り に あ る 並 倉 。 こ れ は 、 味 噌 工 場 の 建 物 。 現 在 も 工 場 と し て 使 わ れ て い る 川 下 り の コ ー ス 上 に は 、 町 中 を 縦 横 に 堀 割 が 走 る が 整 い 、 一 時 、 堀 割 は 放 置 さ 水 郷 ・ 柳 川 。 巧 み な 竿 さ ば き れ た 状 態 に な っ た が 、 昭 和 北 原 白 秋 や 壇 一 雄 な ど 柳 川 に 50 年 代 に な っ て 観 光 用 と し ゆ か り の あ る 、 こ の 地 を 愛 し の 船 頭 さ ん に エ ス コ ー ト さ れ て よ み が え っ た 。 現 在 、 大 小 た 文 人 た ち の 文 学 碑 が 点 在 し な が ら 、 ド ン コ 舟 に 乗 っ て 川 下 り に 出 発 。 し た れ 柳 を は じ 合 わ せ て 約 28 隻 の ド ン コ 舟 て い る 。 舟 は 歩 く よ う な ゆ っ め 、 四 季 折 々 の 花 々 や 緑 が 水 が 、 柳 川 の 堀 を 行 き 交 っ て い く り と し た 速 度 で 進 む の で 、 面 を 彩 り 、 い つ 訪 れ て も 自 然 文 学 碑 を じ っ く り と 鑑 賞 し よ る 。 う 。 途 中 、 売 店 な ど も あ る 。 の 美 し さ を 感 し る こ と が で き 城 堀 水 門 を く ぐ っ て る 。 緑 豊 か な 水 景 色 の 中 を 揺 四 季 折 々 の 花 が 咲 く 風 情 あ ふ れ る 城 内 へ ら れ て 約 70 分 。 古 き よ き 時 自 然 豊 か な 柳 川 代 へ と 思 い を 馳 せ な が ら 、 シ 川 下 り の 運 航 会 社 は 6 社 あ ョ ー ト ト リ ッ プ を 楽 し も う 。 春 は 桜 や 藤 、 5 ~ 6 月 は 牡 り 、 コ ー ス は そ れ ぞ れ 若 干 異 丹 に 芍 薬 、 市 の 花 で も あ る 花 な っ て い る 。 お 堀 の 外 に あ る 柳 川 の お 堀 は 業 者 を 利 用 し た 場 合 、 柳 川 城 菖 蒲 、 ア シ サ イ 、 夏 は ヒ マ ワ 大 名 た ち の 工 夫 の 賜 物 リ 、 柳 の 木 々 、 秋 は ス ス キ や 堀 水 門 を く ぐ っ た と こ ろ か ら 城 内 に 入 る 。 城 へ の 水 門 は 、 コ ス モ ス に 紅 葉 。 行 く 先 々 、 筑 後 川 の 河 口 に 広 が る 柳 色 と り ど り の 花 や 木 の 実 に 彩 川 。 堀 割 は 、 ク リ ー ク と も 呼 こ の 1 箇 所 だ け 。 こ の 辺 か ら ば れ る 水 路 で 、 総 延 長 は 約 城 下 町 ら し い 落 ち 着 い た 雰 囲 ら れ る 。 改 め て 、 柳 川 の 自 然 気 が 漂 い 始 め る 。 舟 は 、 IO 470 に も 及 ぶ と い わ れ て 数 ヶ 所 も の 橋 を く ぐ り な が ら 、 い る 。 戦 国 時 代 に 当 時 の 領 主 ゆ っ く り と 進 ん で い く 。 し ば が 水 の 防 壁 と し て 開 発 さ せ た の が そ の 始 ま り で 、 現 在 の よ ら く 行 く と 外 堀 と 内 堀 の 分 岐 点 へ 。 赤 い レ ン ガ の 並 倉 が 見 う な 形 に な っ た の は 江 戸 時 代 こ ろ 。 当 時 の 領 主 ・ 田 中 吉 政 え る こ ろ 、 内 堀 へ と 舟 は 入 っ に よ っ て 、 上 水 道 、 農 業 用 水 て い く 。 数 あ る 橋 の 中 に は 、 路 、 洪 水 予 防 の 貯 水 路 な ど の 水 面 と の 高 さ が あ ま り な い も 機 能 が 強 化 さ 払 整 備 さ れ た 。 の も あ り 、 思 い っ き り 頭 を か 現 代 に な っ て 、 上 水 道 や 道 路 が め な が ら く ぐ る の も 楽 し い 。 左 ) い く つ も の 橋 を く ぐ っ て い く 右 ) 船 頭 さ ん の 竿 捌 き は 見 事 ! 花 し よ う ふ 園 が 川 下 り の 途 中 に あ る

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


、 ぎ よ 可 ト JR 門 司 港 駅 。 大 正 3 年 ( 1914 ) に 建 て ら れ た 木 造 2 階 建 て の 駅 舎 は 駅 と し て 全 国 初 の 国 の 重 要 文 化 財 に 指 定 さ れ た も の 。 門 司 港 歩 き の 拠 点 。 谷 093 ー 321-6110 ・ 」 R 門 司 港 駅 下 車 す ぐ ) 見 学 自 由 027 台 ( 1 時 間 200 円 ) ロ ノ レ ト ロ 港 町 と し て 栄 え た 面 影 を 残 す 異 国 情 緒 満 点 の レ ト ロ タ ウ ン 州 の 最 北 端 に 位 置 す 九 コ stort ー 緲 る 門 司 港 の 開 港 は 明 を 徒 歩 す ぐ 治 22 年 ( 1 9 ) 。 当 時 、 海 外 チ / 們 司 郵 船 ビ ル 貿 易 の 要 と な っ た 港 に は 、 を 徒 歩 3 分 マ リ ン ゲ ー ト も じ ( 連 絡 船 の り ) 月 に 28 隻 の 船 が 入 港 し 、 日 産 船 船 プ ル ー ウ イ ン グ ト 徒 歩 5 分 年 間 68 万 人 も の 乗 降 客 で も じ 賑 わ っ た と も い わ れ て い る 。 全 国 で 最 大 級 の 歩 行 者 門 を 徒 歩 2 分 専 用 は ね 橋 。 ラ イ ト ア ッ 一 帯 に は 、 商 社 を は し め と プ も 美 し い す る 近 代 的 な 建 築 物 が 数 々 を 徒 歩 5 分 門 司 港 湾 合 と 建 て ら れ 、 モ ダ ン な 文 化 寺 徒 歩 10 分 が 花 開 い た 。 そ の 古 き よ き 時 代 を 今 に 残 す の が 、 」 R 門 ッ 徒 歩 4 分 GooI ー 司 港 駅 を 中 心 に 美 し く 整 備 小 倉 へ . レ 。 へ / さ れ た 「 門 司 港 レ ト ロ 」 。 徒 き ゅ う し ゅ う て つ ど う き ね ん か ん 歩 で 回 れ る 範 囲 に 移 築 ・ 復 元 さ れ た 明 治 ・ 大 正 の 洋 風 建 築 、 そ れ ら の 建 物 を 利 用 し た 資 料 館 や 美 術 館 、 レ ト ロ 気 分 を 盛 り 上 げ て く れ る グ ル メ ス ポ ッ ト な ど が 充 実 。 1 日 か け て 満 喫 し た い 。 施 設 に よ り 異 な る ・ ・ 約 5 時 間 谷 093-321-4151 ー シ ョ ン ) 們 司 港 レ ト ロ 総 合 イ ン フ ォ メ 谷 093-32 ト 6110 ( 門 司 港 駅 観 光 案 内 所 ) 円 2 B-2 ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 圏 内 0 門 司 港 レ ト ロ 駐 車 場 501 台 ( 1 時 間 200 円 ~ ) 」 ※ 門 司 港 レ ト ロ 内 桟 橋 よ り 、 1 1 時 か ら 約 25 分 間 で 運 行 す る 門 司 港 レ ト ロ ク ル ー ズ も あ る 。 1 5 分 500 円 桟 橋 か ら 見 た 左 は 門 司 港 ホ - テ ル 、 右 は 門 司 港 レ ト ロ 展 望 室 じ え い あ ー る も じ こ っ え さ 門 司 港 レ ト ロ map 門 司 港 レ ト ロ ク ル ー ズ 、 下 関 市 唐 一 “ 04 150E 、 、 ス ペ ー ス ク ル ー ズ ( ヴ ィ ジ ャ ー ) の り ば ー ・ ( 2008 年 1 1 月 ま で ) 門 司 、 199 、 ツ ブ 九 州 鉄 道 記 念 館 。 明 治 24 年 ( 1891 ) 建 築 の 旧 九 州 鉄 道 本 社 の 建 物 を 整 備 し た 鉄 道 テ ー マ バ ー ク 。 館 内 の 運 転 シ ュ ミ レ ー タ ー や 、 初 の 国 産 貨 物 機 関 車 な ど 屋 外 の 展 示 も 見 ど 谷 093-322-1006 ・ 」 R 門 司 港 駅 か ら 徒 歩 4 分 の 9 時 ~ 16 時 30 分 の 第 2 水 曜 ( 8 月 は 除 く ) 、 7 月 第 2 水 ・ 木 曜 朝 入 館 38 円 0 有 料 50 台 不 17 7 ・ 谷 ズ る ス る 種 ら 食 カ 物 門 定 時 分 」 0 々 、 る を ヨ 含 焼 コ 休 30 の 。 瞿 作 ィ え な を き 名 ツ 0 分 1 1 司 当 ト な 5 時 港 3 0 し 248 實 時 分 の 蒙 歩 3 入 場 料 ・ 所 要 時 問 DATA

福岡・柳川・門司港レトロ (楽楽 九州 2)


ふ た み が う ら ニ 見 ヶ 浦 ギ ャ ラ リ ー 風 「 日 本 の 渚 百 選 」 や 「 日 岩 と 呼 ば れ 、 古 く か ら 2 階 建 て の 工 房 に は 、 1 本 の 夕 日 百 景 」 に も 選 神 聖 な 場 所 と し て 崇 め 階 に 教 室 、 2 階 に キ ャ ラ ば れ て い る 景 勝 地 。 海 ら れ て い る 。 夏 場 は 海 リ ー が あ り 、 オ ー ナ ー 自 岸 か ら 150m の 海 の 中 水 浴 場 と し て も 人 気 。 身 の 作 品 の 他 、 オ ー ナ に 並 ん で 立 つ 岩 は 夫 婦 ト イ レ も あ る 。 050 台 ー が 全 国 か ら 選 り す ぐ っ た 作 品 が 並 ふ 。 陶 器 磁 器 、 炻 器 、 土 器 、 ガ ラ 小 皿 88 円 ~ な ど 、 手 頃 な も の も ス の 食 器 、 ラ ン プ な ど 能 ( 要 予 約 ) 。 海 を 見 渡 さ ま ざ ま な 作 品 が あ る せ る 眺 望 の い い 山 中 に な か 、 特 に 料 理 を 引 き あ る 。 立 て る 粉 引 の 作 品 に カ 谷 092 ー 327 ー 1 566 朝 IO 時 30 分 ~ 18 時 を 入 れ て い る 。 1 階 の 教 の 木 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 営 業 ) 室 で は 、 陶 芸 体 験 も 可 050 台 ・ DATA 快 ! 海 岸 沿 い を 駆 け 抜 け よ う ! 、 島 半 島 ド ラ イ ブ 博 多 湾 の 西 、 玄 界 灘 に 大 き く 張 り 出 し た 半 島 。 福 岡 市 西 部 か ら 前 原 市 、 志 摩 町 、 ニ 丈 町 ま で を 含 む 。 約 35km に 渡 っ て 海 岸 沿 い に 道 路 が ぐ る り と 巡 り 、 白 砂 青 松 の 絶 景 が 楽 し め る 。 海 岸 線 に は 、 大 海 食 洞 窟 の あ る 芥 屋 の 大 門 、 夫 婦 岩 が タ 日 に 映 え る ニ 見 ヶ 浦 な ど の 景 勝 地 が 連 な る 。 豊 か な 自 然 を 生 か し 、 有 機 野 菜 の レ ス 彡 作 家 の 工 房 な ど が 点 在 す る の も 魅 力 。 車 で ワ ー 所 要 時 簡 ) ・ ・ P4 て 」 3 ン テ ー ト リ ッ プ を 楽 し み た い 。 青 い 海 が 広 が り 、 期 待 値 も ぐ ー ん と UP △ ス タ ー ト 地 点 と ア ク セ ス 約 ケ 約 ラ 約 約 福 岡 都 市 高 速 経 由 く 5 2 リ - 0 9 直 6 西 九 州 自 動 車 道 今 宿 ℃ ま で 1 5km 》 志 摩 町 観 光 協 会 谷 092-327-4048 前 原 市 観 光 協 会 谷 092-322-2098 ニ 丈 町 観 光 協 会 谷 092-326-6334 ま た い ち の 塩 芥 屋 の 大 門 工 房 と っ た ん 玄 海 国 定 公 園 の 一 つ 付 近 ま で で あ っ た り す ら れ て で き た 洞 窟 の 中 名 前 通 り 岬 の 先 に あ る は 、 6 角 形 、 8 角 形 の 柱 塩 工 房 。 こ こ で は 、 福 の で 国 内 最 大 級 の 玄 武 岩 る が 、 大 き な 洞 窟 に 向 の 海 蝕 洞 。 玄 界 灘 の 荒 っ て 進 む の は か な り の が 幾 重 に も 重 な り 、 自 浦 の 海 水 を 1 週 間 ほ ど 波 に そ そ り 立 つ 岬 に は 迫 力 ! 波 の 状 況 に よ っ 然 の 偉 大 さ を 改 め て 実 か け て 濃 縮 さ せ た も の 海 側 に 洞 窟 が あ り 、 遊 を 薪 釜 で 炊 く 「 炊 き 塩 」 て は 欠 航 も あ り 得 る の 感 す る こ と だ ろ う 。 覧 船 で 近 づ い て い く 。 で 、 事 前 に 問 合 せ て お を 造 っ て い る 。 ま た い 芥 屋 大 門 遊 覧 船 ( 芥 屋 DATA 大 門 観 光 社 ) 谷 092- 天 候 に よ っ て 洞 窟 の 奥 ち の 塩 315 円 ~ 。 塩 の き た い 。 玄 界 灘 の 荒 波 328 ー 2012 朝 9 時 ~ 17 時 他 に 味 噌 や 醤 油 な ど も ま で 入 れ た り 、 入 り 口 で 玄 武 岩 の 裂 け 目 が 削 ( 4 ~ 1 1 月 運 航 ) の 2 ・ 4 水 曜 販 売 。 ( 7 ・ 8 月 は 無 休 ) 朝 700 円 ※ 谷 092 ー 330-8732 最 低 運 航 料 金 IOOO 円 015 DATA ( 季 節 屋 ) の 9 時 ~ 日 没 ま で の 不 定 休 020 台 天 神 北 出 入 口 】 約 8 n 0 motlffl こ つ は つ 3