検索 - みる会図書館

全データから 209574件ヒットしました。

兎の眼


兎 の 眼 灰 谷 健 次 郎 、 ツ 角 川 文 庫 1 。 6 弭

兎の眼


103 兎 の 眼 小 谷 先 生 は 青 ざ め て 立 ち あ が っ た 。 そ の 背 に セ ミ の な き 声 が む ざ ん に つ き さ さ っ た 。

兎の眼


241 兎 の 眼 「 あ い つ ら が お ら ん よ う に な っ た ら 、 ぼ く も さ び し い ワ 足 立 先 生 も 、 し ん み り と い っ た 。

兎の眼


161 兎 の 眼 小 谷 先 生 は と ん で も な い と こ ろ で 、 主 婦 の 顔 に な っ た 。 鉄 三 は た い し た こ と な い と い う 顔 を し て い る 。

兎の眼


183 兎 の 眼 と や さ し く い っ て あ げ た い 」 足 立 先 生 は そ う い っ て 腰 を お ろ し た 。 し ば ら く は 職 員 室 は 水 を う っ た よ う に 静 か だ っ た 。

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


み つ く ち 「 あ い つ ら が 谷 を 駈 け て く る の を 見 た よ 」 と 弟 が 熱 心 に し 村 の 入 口 の 敷 石 道 の 始 ま る 所 で 、 兎 口 が 大 を 胸 に か か え て 立 っ て い た 。 僕 は 弟 の 肩 を 押 し つ け な が ら 杏 の 老 木 が 深 っ た 。 「 親 が 五 匹 そ ろ っ て 」 の ぞ ぶ か と お と す 影 の な か を 走 り 、 兎 ロ の 腕 の な か の 犬 を 覗 き 「 あ あ 」 と 兎 ロ は い っ た 。 「 い っ ? 」 「 昼 の す ぐ あ と 」 こ み に 一 何 っ た 0 う な 「 そ れ か ら 俺 が 出 か け た ん だ 」 「 ほ ら 」 と 兎 口 が 腕 を 揺 す り 犬 を 唸 ら せ た 。 「 見 ろ よ 」 せ ん ぼ う 「 そ い つ 、 白 く て い い な 」 と 僕 は 羨 望 の 響 ぎ を 押 し こ ろ し 僕 の 前 に 突 き だ さ れ た 兎 ロ の 腕 に は 周 り に 血 と 犬 の 毛 の こ び り つ い た 咬 み 傷 が い つ ば い な の だ 。 兎 ロ の 胸 に も 、 太 て い っ た 。 「 こ い つ の 親 は 狼 と 交 接 し た ん だ 」 と い う 意 味 の こ と を 兎 く 短 い 頸 に も 咬 み 傷 が 芽 の よ う に ふ き で て い る 。 ロ は 、 卑 猥 な し か し 現 実 感 の み ち あ ふ れ た 方 言 で い っ た 。 「 ほ ら 」 と 兎 ロ は 重 お も し く い っ た 。 く や す ご 「 俺 と 山 大 狩 り に 行 く 約 束 を 破 っ た な 」 と 僕 は 驚 き と 口 惜 「 妻 い な あ 」 と 弟 が 夢 み る よ う に い っ た 。 「 俺 に す っ か り 慣 れ た よ 」 と 兎 口 が 自 信 を 誇 張 し て い っ し さ に 胸 を つ ま ら せ て い っ た 。 「 一 人 で 行 っ た ん だ ろ 」 た 。 「 山 犬 の 仲 間 の 所 へ 帰 っ て 行 か な い 」 「 お 前 を 呼 び に 行 っ た ん だ そ 」 と 兎 ロ は 急 い で い っ た 。 「 お 前 が い な か っ た か ら 」 僕 と 弟 は 黙 っ た ま ま で い た 。 、 犬 を 敷 石 道 に お ろ し て 手 を 「 咬 ま れ た な あ 」 と 僕 は 狼 の よ う に 狂 暴 な 眼 を し 鼻 を ふ 「 ほ ら 、 見 ろ 」 と 兎 ロ は い し く ら ま せ る 大 を 指 さ き で 軽 く ふ れ な が ら い っ た 。 「 巣 へ 這 離 し て み せ た 。 「 ほ ら 」 し か し 僕 ら は 犬 を 見 お ろ す か わ り に 狭 い 谷 間 を お お う 空 い こ ん だ の か 」 の ど 「 喉 を や ら れ な い よ う に 、 皮 お び を ま き つ け て 行 っ た ん を 見 上 げ た 。 そ こ を 信 じ ら れ な い ほ ど 巨 き い 飛 行 機 が 妻 ま じ い 速 さ で 通 り す ぎ た の だ 。 空 気 を 波 う た せ 響 き で み た す だ 」 と 兎 ロ は 誇 り に み ち て い っ た 。 と ら 僕 は 皮 帯 を 喉 に ま い て 武 装 し た 兎 口 が 躰 中 を 山 犬 に 咬 み 激 し い 音 が 短 い 間 僕 ら を ひ た し た 。 僕 ら は 油 に 捉 わ れ た 羽 か ん ぼ く す あ な 育 つ か れ な が ら 枯 れ た 草 や 灌 木 で 作 ら れ た 巣 穴 か ら 仔 犬 を 抱 虫 の よ う に そ の 音 の 中 で 身 動 き も で き な い 。 飼 え て 出 て く る 姿 勢 を 、 暮 れ た 紫 色 の 山 腹 や 敷 石 道 に は っ き 「 敵 の 飛 行 機 だ 」 と 兎 口 が 叫 ん だ 。 「 敵 が や っ て 来 た 」 り 見 る の だ っ た 。 僕 ら は 空 を 見 上 げ 、 声 を 嗄 れ さ せ て 叫 ん だ 。 「 敵 の 飛 行 「 喉 さ え や ら れ な き や 」 と 兎 ロ は 自 信 の 強 い 声 で い っ た 。 機 ・ : ・ : 」 し か し 、 す で に 空 は 西 日 に 輝 い て い る 褐 色 の 雲 の ほ か に 「 そ れ に 若 い 大 し か 残 っ て な い 時 を 待 っ た ん だ 」 お お か み あ ん す

兎の眼


の 眼 目 次

兎の眼


137 兎 の 眼 そ う い っ て 、 バ ク じ い さ ん は い と し そ う に チ = 口 を な で た 。 「 い ま で も お じ い さ ん は チ = 口 を ひ く ん で す か ー 「 い い や 。 ひ き や せ ん 。 も う じ き 金 龍 生 と ふ た り で ひ き ま す ん や 。 そ れ ま で こ の チ ェ ロ を と っ て お き ま す わ い 」 小 谷 先 生 は 静 か に う な ず い た 。

兎の眼


229 兎 の 眼 「 ロ の ヘ ら ん ガ キ や な 」 男 は た じ た じ だ っ た 。 「 だ い い ち こ と ば 遣 い が 悪 い 」 と 署 長 は ぶ ぜ ん と し て い っ た 。 「 こ れ は 学 校 教 育 の 問 題 だ 」 「 そ う で ん な ア 」 足 立 先 生 は ひ と ご と の よ う に い っ た 。 け つ き よ く 、 子 ど も た ち の 親 が か け つ け て き て 、 こ わ し た 檻 を 弁 償 す る こ と で 話 が つ い た 。 子 ど も と 先 生 は 一 時 間 ほ ど 、 署 長 の 説 教 を く ら っ て よ う よ う 釈 放 さ れ た の だ っ た 。

兎の眼


332 〈 は じ め に 〉 《 「 学 校 の 先 生 を や め ま す 。 き よ う か ら 、 た だ の オ ッ サ ン に な り ま す 。 さ よ う な ら ほ く が そ う い う と 、 み ん な ポ カ ン と し て い ま し た ナ 。 ぼ く は そ の と き 三 十 七 歳 。 十 七 年 間 み ん な の 友 だ ち で い て 、 あ る 日 ふ い と い な く な っ て し ま っ た の で す か ら 、 み ん な は あ っ け に と ら れ た の で し よ う 。 ・ ・ : : 》 一 九 七 四 年 に 刊 行 さ れ た 『 兎 の 眼 』 理 論 社 版 の 「 あ と が き 」 は 、 そ ん な ふ う に 、 か っ て の 教 え 子 た ち に 宛 て た 作 者 自 身 の こ と ば で 書 か れ て お り ま し た 。 そ し て 一 九 八 四 年 に 刊 行 さ れ た 新 潮 文 庫 の 「 解 説 」 は 、 い わ ば 児 童 文 学 者 と し て 先 輩 で あ り 僚 友 で も あ る 今 江 祥 智 さ ん に よ っ て こ ん な ふ う に 書 か れ て い る の で す 。 《 灰 谷 さ ん が 教 師 を 止 め て 、 こ う し た ″ 学 校 も の 〃 を 書 い た こ と に つ い て 、 現 場 か ら 逃 げ 受 難 者 た ち へ の エ ー ル ー ー ー 名 作 『 兎 の 眼 』 の 座 標 小 宮 山 量 平 ( 作 家 )