検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集から 449件ヒットしました。

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


み つ く ち 「 あ い つ ら が 谷 を 駈 け て く る の を 見 た よ 」 と 弟 が 熱 心 に し 村 の 入 口 の 敷 石 道 の 始 ま る 所 で 、 兎 口 が 大 を 胸 に か か え て 立 っ て い た 。 僕 は 弟 の 肩 を 押 し つ け な が ら 杏 の 老 木 が 深 っ た 。 「 親 が 五 匹 そ ろ っ て 」 の ぞ ぶ か と お と す 影 の な か を 走 り 、 兎 ロ の 腕 の な か の 犬 を 覗 き 「 あ あ 」 と 兎 ロ は い っ た 。 「 い っ ? 」 「 昼 の す ぐ あ と 」 こ み に 一 何 っ た 0 う な 「 そ れ か ら 俺 が 出 か け た ん だ 」 「 ほ ら 」 と 兎 口 が 腕 を 揺 す り 犬 を 唸 ら せ た 。 「 見 ろ よ 」 せ ん ぼ う 「 そ い つ 、 白 く て い い な 」 と 僕 は 羨 望 の 響 ぎ を 押 し こ ろ し 僕 の 前 に 突 き だ さ れ た 兎 ロ の 腕 に は 周 り に 血 と 犬 の 毛 の こ び り つ い た 咬 み 傷 が い つ ば い な の だ 。 兎 ロ の 胸 に も 、 太 て い っ た 。 「 こ い つ の 親 は 狼 と 交 接 し た ん だ 」 と い う 意 味 の こ と を 兎 く 短 い 頸 に も 咬 み 傷 が 芽 の よ う に ふ き で て い る 。 ロ は 、 卑 猥 な し か し 現 実 感 の み ち あ ふ れ た 方 言 で い っ た 。 「 ほ ら 」 と 兎 ロ は 重 お も し く い っ た 。 く や す ご 「 俺 と 山 大 狩 り に 行 く 約 束 を 破 っ た な 」 と 僕 は 驚 き と 口 惜 「 妻 い な あ 」 と 弟 が 夢 み る よ う に い っ た 。 「 俺 に す っ か り 慣 れ た よ 」 と 兎 口 が 自 信 を 誇 張 し て い っ し さ に 胸 を つ ま ら せ て い っ た 。 「 一 人 で 行 っ た ん だ ろ 」 た 。 「 山 犬 の 仲 間 の 所 へ 帰 っ て 行 か な い 」 「 お 前 を 呼 び に 行 っ た ん だ そ 」 と 兎 ロ は 急 い で い っ た 。 「 お 前 が い な か っ た か ら 」 僕 と 弟 は 黙 っ た ま ま で い た 。 、 犬 を 敷 石 道 に お ろ し て 手 を 「 咬 ま れ た な あ 」 と 僕 は 狼 の よ う に 狂 暴 な 眼 を し 鼻 を ふ 「 ほ ら 、 見 ろ 」 と 兎 ロ は い し く ら ま せ る 大 を 指 さ き で 軽 く ふ れ な が ら い っ た 。 「 巣 へ 這 離 し て み せ た 。 「 ほ ら 」 し か し 僕 ら は 犬 を 見 お ろ す か わ り に 狭 い 谷 間 を お お う 空 い こ ん だ の か 」 の ど 「 喉 を や ら れ な い よ う に 、 皮 お び を ま き つ け て 行 っ た ん を 見 上 げ た 。 そ こ を 信 じ ら れ な い ほ ど 巨 き い 飛 行 機 が 妻 ま じ い 速 さ で 通 り す ぎ た の だ 。 空 気 を 波 う た せ 響 き で み た す だ 」 と 兎 ロ は 誇 り に み ち て い っ た 。 と ら 僕 は 皮 帯 を 喉 に ま い て 武 装 し た 兎 口 が 躰 中 を 山 犬 に 咬 み 激 し い 音 が 短 い 間 僕 ら を ひ た し た 。 僕 ら は 油 に 捉 わ れ た 羽 か ん ぼ く す あ な 育 つ か れ な が ら 枯 れ た 草 や 灌 木 で 作 ら れ た 巣 穴 か ら 仔 犬 を 抱 虫 の よ う に そ の 音 の 中 で 身 動 き も で き な い 。 飼 え て 出 て く る 姿 勢 を 、 暮 れ た 紫 色 の 山 腹 や 敷 石 道 に は っ き 「 敵 の 飛 行 機 だ 」 と 兎 口 が 叫 ん だ 。 「 敵 が や っ て 来 た 」 り 見 る の だ っ た 。 僕 ら は 空 を 見 上 げ 、 声 を 嗄 れ さ せ て 叫 ん だ 。 「 敵 の 飛 行 「 喉 さ え や ら れ な き や 」 と 兎 ロ は 自 信 の 強 い 声 で い っ た 。 機 ・ : ・ : 」 し か し 、 す で に 空 は 西 日 に 輝 い て い る 褐 色 の 雲 の ほ か に 「 そ れ に 若 い 大 し か 残 っ て な い 時 を 待 っ た ん だ 」 お お か み あ ん す

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


え ん さ す み え き び よ う の 怨 嗟 に ま で 高 ま っ た 羨 望 の 熱 い 吐 息 を 背 い つ ば い に う け ゆ る 隅 ず み を 黒 人 兵 で み た し て い た 。 黒 人 兵 は 疫 病 の よ う と め て 歩 く と い う こ と の 快 楽 だ け で 、 僕 は こ の 作 業 を や り に 子 供 た ち の 間 に ひ ろ が り 浸 透 し て い た 。 し か し 人 た ち 続 け た だ ろ う 。 に は 、 そ の 仕 事 が あ る 。 大 人 た ち は 子 供 の 疫 病 に は か か ら し か し 僕 は 、 午 後 一 度 だ け 兎 口 が 地 下 倉 へ 入 っ て 来 る こ 力 し よ 、 。 町 役 場 か ら の 遅 い 指 示 を 待 ち う け て じ っ と し て い る と を 特 に 父 に 頼 ん で 許 し て も ら っ た の だ っ た 。 そ れ は 、 僕 こ と は で き な い 。 黒 人 兵 の 監 視 を 引 受 け た 僕 の 父 さ え 、 猟 一 人 で な し と げ る に は 過 重 な 労 働 の 一 部 を 兎 口 に 肩 が わ り に 出 は じ め る と 、 黒 人 兵 は ど ん な 保 留 条 鮏 も な し に 、 オ ナ さ せ る た め だ っ た 。 地 下 倉 に は 、 黒 人 兵 の た め に 古 い 小 型 子 供 た ち の 日 常 を み た す た め に だ け 、 地 下 倉 の 中 で 生 ぎ は の 樽 が 柱 の 蔭 に 置 か れ て い る 。 午 後 に な る と 僕 と 兎 ロ は 樽 じ め た の だ っ た 。 な わ に 通 し た 太 い 縄 を 両 側 か ら 注 意 深 く さ げ て 階 段 を 上 り 、 共 同 堆 肥 場 へ 黒 人 兵 の 糞 と 尿 の ま じ っ た 、 ・ ・ ・ ・ と ふ と ふ 音 を た て 昼 の 間 、 僕 と 弟 と 兎 ロ は 、 始 め は 規 則 を 犯 す こ と の 誘 惑 悪 臭 を ま き ち ら す 濃 い 液 体 を 棄 て に 行 く の だ 。 兎 ロ は そ の 的 な 胸 の 高 鳴 り を 感 じ な が ら 、 そ し て す ぐ そ の 状 態 に 慣 わ き 仕 事 を 過 度 な 熱 心 さ で や り と げ 、 時 に は 堆 肥 場 脇 の 大 き い れ 、 ま る で 大 人 た ち が 山 や 谷 へ 出 は ら っ て い る 昼 間 、 黒 人 す い そ う ゆ だ 水 槽 に う っ す 前 に 樽 を 木 片 で か き ま わ し て 、 黒 人 兵 の 消 兵 を 監 視 す る の が 僕 ら に 委 ね ら れ た 守 る べ き 職 務 で も あ る 化 、 特 に ア 町 の 状 態 を 説 明 し 、 そ れ が 雑 炊 の 中 の よ う に 平 然 と し て 、 黒 人 兵 の 坐 0 て い る 地 下 倉 〈 こ も る 習 の ぞ に 原 因 す る こ と な ど を 断 定 す る の だ っ た 。 慣 を つ け た 。 そ し て 、 兎 ロ と 弟 と が 放 棄 し た 明 り と り の 覗 ま こ り か わ 僕 と 兎 口 が 父 に つ き そ わ れ 、 樽 を と り に 地 下 倉 へ 下 り て き 穴 は 、 村 の 子 供 た ち に さ げ わ た さ れ た 。 熱 く 、 の 乾 い し り 行 き 、 黒 人 兵 が ズ ボ ン を ず り さ げ 黒 く 光 る 尻 を 突 き 出 し て い る 地 面 に 腹 ば っ た 子 供 た ち は 、 僕 と 兎 ロ と 弟 が 黒 人 兵 ほ と ん て 、 殆 ど 交 尾 す る 大 の よ う な 姿 勢 で 小 さ な 樽 に ま た が っ て を 囲 ん で 坐 っ て い る 光 景 を 、 羨 望 で 喉 を ほ て ら せ な が ら 代 い る の に で く わ し た り す る と 、 僕 ら は 黒 人 兵 の 尻 の う し ろ る が わ る 覗 き こ む の だ っ た 。 そ し て 、 羨 望 の あ ま り に 我 を し ば ら で 暫 く 待 た ね ば な ら な い 。 そ う い う 時 、 兎 ロ は 敬 の 念 と 忘 れ 、 時 に 僕 ら の 後 に つ い て 地 下 倉 へ 入 っ て 来 よ う と す る 驚 き と に う た れ て 、 夢 み る よ う な 眼 を し 、 樽 の 両 側 に ま わ 子 供 が い る と 、 彼 は そ の 反 逆 的 な 行 為 の つ ぐ な い に 、 兎 ロ わ な さ れ た 黒 人 兵 の 足 首 を つ な ぐ 猪 罠 が ひ そ か な 音 を た て る の か ら 殴 り つ け ら れ 鼻 血 を 流 し て 地 に 倒 れ ね ば な ら な い 。 を 聞 き な が ら 僕 の 腕 を し つ か り ん で い る の だ っ た 。 僕 ら は 既 に 、 黒 人 兵 の 《 樽 》 を 階 段 の 降 り 口 に ま で 運 び 僕 ら 子 供 た ち は 黒 人 兵 に か か り き り に な り 、 生 活 の あ ら あ げ る だ け で 、 そ れ 以 後 の 、 樽 を 共 同 堆 肥 場 ま で 炎 天 の 下 た い ひ た る こ せ ん う に よ う た る せ ん ぼ う え ん て ん

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


を 、 悪 臭 に な や ま さ れ て 運 ぶ 作 業 は 、 僕 ら が 尊 大 に 指 名 す 罠 を 壁 に 放 り つ け 階 段 を 逃 げ 上 っ て 行 っ た が 、 僕 と 弟 は 立 る 子 供 ら に 委 ね て い た 。 指 名 さ れ た 子 供 ら は 喜 び に 頬 を 輝 ち あ が る こ と さ え で き ず 、 躰 を し め つ け あ う だ け な の だ 。 か せ 、 樽 を ま っ す ぐ に 支 え て 、 彼 ら に と っ て 貴 重 に 思 え る 僕 と 弟 を 突 然 回 復 し た 黒 人 兵 へ の 恐 怖 が 息 も た え だ え に す お う だ く 黄 濁 し た 液 体 を 一 滴 も こ ぼ さ な い よ う に 注 意 し な が ら 運 ん る 。 し か し 、 黒 人 兵 は 鷲 の よ う に 僕 ら へ 掴 み か か っ て 来 る で 行 く の だ っ た 。 そ し て 僕 ら を 含 め て 、 あ ら ゆ る 子 供 た ち か わ り に 、 そ の ま ま 腰 を 下 し 長 い 膝 を か か え こ ん で 、 ど ん ぞ う き ば や し よ り し た 涙 と 脂 に 濡 れ た 眼 を 壁 の 根 に 落 ち て い る 猪 罠 に そ が 、 毎 朝 、 尾 根 の 道 か ら 下 る 雑 木 林 の 間 の 細 道 を 、 気 が か り な 指 令 を 持 っ た 書 記 が や っ て 来 な い こ と を 殆 ど 祈 り な が そ い で い た 。 兎 口 が 恥 に う な だ れ て 地 下 倉 へ 戻 っ て 来 た 時 、 僕 と 弟 は 彼 を 優 し い 徴 笑 で む か え た 。 黒 人 兵 は 家 畜 の ら 見 あ げ る の だ 。 黒 人 兵 の 猪 罠 に し め つ け ら れ た 足 首 の 皮 膚 が 剥 か れ 炎 症 よ う に お と な し い : な ん き ん じ よ う あ げ ぶ た お お そ の 夜 ふ け 、 地 下 倉 の 揚 蓋 の 巨 き い 南 京 錠 を お ろ し に 来 を 起 し 、 そ こ か ら 流 れ る 血 は 足 の 甲 に 乾 い た 草 の 葉 の よ う に 縮 れ て こ び り つ い て い た 。 僕 ら は い つ も そ の 桃 色 の 炎 症 た 父 が 、 黒 人 兵 の 自 由 に な っ た 足 首 を 見 た が 、 不 安 に 胸 を を 起 し た 傷 つ い た 皮 膚 を 気 に し て い た 。 樽 に ま た が る 時 、 熱 く し て い る 僕 を と が め は し な か っ た 。 黒 人 兵 が 家 畜 の よ 黒 人 兵 は 苦 痛 を 耐 え る た め に 、 笑 う 子 供 の よ う に 歯 を 剥 き う に お と な し い 、 と い う 考 え は 空 気 の よ う に 子 供 ら も 大 人 だ す ほ ど だ っ た 。 僕 ら は 長 い あ い だ 、 お 互 い の 眼 の 底 を さ た ち も 含 め て 、 村 の あ ら ゆ る 者 た ち の 眦 へ し の び こ み 融 け は す ぐ り あ い 、 話 し あ っ た あ と 、 黒 人 兵 の 足 首 か ら 猪 罠 を 外 す こ ん で き て い る の だ っ た 。 決 心 を し た の だ 。 黒 人 兵 は 黒 い 鈍 重 な 獣 の よ う に い つ も 眼 翌 朝 、 僕 と 弟 と 兎 ロ は 朝 食 を 届 け に 行 き 、 黒 人 兵 が 猪 罠 あ ふ ら を 膝 の 上 で い じ り ま わ し て い る の を 見 た 。 猪 罠 は 兎 口 が 壁 を 涙 か 脂 か は っ き り し な い 濃 い 液 体 で う る お し 、 膝 を か か え こ ん で 地 下 倉 の 床 に 坐 り 黙 0 て い る の だ か ら 、 猪 罠 を 取 に 投 げ つ け た た め に 咬 み あ う 接 合 部 が れ て い る の だ 0 わ な し ゅ う ぜ ん や た 。 黒 人 兵 は 春 、 村 へ 来 る 罠 の 修 繕 屋 の よ う に 、 技 術 的 な り の ぞ い た と こ ろ で 、 僕 ら に ど ん な 危 害 を 加 え 得 よ う ? 育 一 匹 の 黒 ん ぼ に す ぎ な い の だ か ら 。 確 固 と し た や り か た で 罠 の 故 障 部 分 を 点 検 し て い た 。 そ れ か ぎ 僕 が 父 の 道 具 入 れ か ら 取 り だ し て き た 鍵 を 兎 口 が 強 く 握 か ら 急 に 彼 は 黒 く 輝 く 額 を あ げ て 僕 を 見 つ め 、 身 ぶ り で 彼 り し め て 、 黒 人 兵 の 膝 に 肩 が ふ れ る ほ ど 屈 み こ ん で 猪 罠 を の 要 求 を 示 し た 。 僕 は 兎 ロ と 顔 を 見 合 せ な が ら 、 頬 を ゆ る 9 外 し た 時 、 黒 人 兵 は 急 に 呻 く よ う な 声 を あ げ て 立 ち あ が め と き ほ ぐ す 喜 び を 押 さ え る こ と が で き な い 。 黒 人 兵 が 僕 り 、 足 を ば た ば た さ せ た 。 兎 ロ は 恐 怖 に 涙 を 流 し な が ら 猪 ら に 語 り か け る 、 家 畜 が 僕 ら に 語 り か け る よ う に 、 黒 人 兵 ち ち う め

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


「 き 0 と 撃 た な い だ ろ 、 弾 が 少 な く な 0 て る ん だ し 」 と 裸 の 足 、 そ の 短 く て 頑 丈 な 指 を 見 つ め た 。 失 望 が 樹 液 の よ く ち か ら だ ロ は 親 切 に 答 え た 。 「 そ れ よ り も 捕 ま え る ん だ 」 う に じ く じ く 僕 の 躰 の な か に し み と お っ て 行 き 、 僕 の 皮 膚 「 飛 行 機 は ど う な っ た だ ろ う な 」 と 僕 は い っ た 。 を 殺 し た ば か り の 鶏 の 内 臓 の よ う に 熱 く ほ て ら せ た 。 も み 「 樅 の 林 に 突 っ こ ん で ば ら ば ら だ よ 」 と 兎 口 が 眼 を 光 ら せ 「 敵 兵 は ど ん な 顔 だ ろ う な あ 」 と 弟 が い っ た 。 て 早 口 に い っ た 。 「 郵 便 屋 が 見 た ん だ 、 あ の あ た り 知 っ て 僕 は 兎 ロ と 別 れ 、 弟 の 肩 を 抱 い て 敷 石 道 を 帰 っ て 行 っ る だ ろ 」 た 。 ほ ん と う に 敵 の 外 国 兵 は ど ん な 顔 を し て い る の だ ろ 僕 は 知 っ て い た 、 今 そ の 林 に は 草 の 穂 の よ う な 樅 の 花 が う 、 ど ん な 姿 勢 で 草 原 や 林 に ひ そ ん で い る の だ ろ う 。 僕 に 開 い て い る は ず だ っ た 。 そ し て 夏 の 終 り に は 野 鳥 の 卵 の 形 は 谷 あ い の 村 を 囲 む あ ら ゆ る 林 と 草 原 に 、 息 を ひ そ め て し * き ゅ う か を し た 毬 果 が 穂 の あ と に 結 ば れ 、 僕 ら は そ れ を 武 器 に す る の ぶ 外 国 兵 が み ち あ ふ れ 、 そ の 低 い 呼 吸 音 に か き た て ら れ た め に 取 り に 行 く の だ の 僕 の 倉 庫 に も タ 暮 や 夜 明 け が た 、 て 激 し い ざ わ め き が 起 ろ う と し て い る よ う に 感 じ ら れ る の か っ し よ く 突 然 激 し い 音 を た て て 、 そ の 褐 色 の 銃 弾 が 撃 ち こ ま れ る こ だ 。 彼 ら の 汗 ば ん だ 皮 膚 と 荒 あ ら し い 体 臭 が 一 つ の 季 節 の と だ ろ う : よ う に 谷 あ い を お お い つ く す 。 く ち び る は ぐ き む 「 え ? 」 と 脣 を ひ き し め 桃 色 に 光 る 歯 茎 を 剥 き 出 し て 兎 「 死 ん で な か っ た ら い い が な あ 」 と 弟 は 夢 み る よ う に い っ ロ 、 刀 し ー た 。 「 撼 ま え て 来 て く れ る と 、 し い が な あ 」 の ど ね ば だ え き 「 知 っ て る ん だ ろ う な 」 豊 か な 陽 の 光 の 中 で 、 喉 に 粘 っ く 唾 液 を か ら ま せ 、 僕 と 「 知 っ て る さ 」 と 僕 も 脣 を 硬 く し て い っ た 。 「 行 く か ? 」 弟 は 空 腹 に み そ お ち の あ た り を し め つ け ら れ て い た 。 父 が こ う か っ 兎 ロ は 眼 の 周 囲 に か ず 知 れ な い 皺 を う か べ な が ら 狡 猾 に 帰 っ て く る の は お そ ら く タ 暮 に な っ て か ら だ ろ う 。 僕 ら は の ぞ い ら だ 笑 い 、 僕 を 覗 き こ ん で 黙 っ て い た 。 僕 は 苛 立 っ た 。 自 分 た ち の た め の 食 物 を 探 さ ね ば な ら な い 。 僕 ら は 倉 庫 の 「 行 く な ら は す ぐ シ ャ ツ を 取 0 て く る 」 と 僕 は 兎 口 を 睨 裏 の 釣 瓶 が 壊 れ て い る 井 戸 〈 降 り て 行 き 、 蛹 の 腹 部 の よ う ふ く み つ け て い っ た 。 「 一 人 で 出 か け て も す ぐ 追 い つ く そ 」 に 膨 ら ん だ 井 戸 の 内 壁 の 冷 た く 汗 ば ん で い る 石 に 両 手 を 支 て つ な ペ 兎 ロ は 顔 を く し や く し や に し 満 足 に 耐 え な い 声 で い っ え て 水 を 飲 ん だ 。 底 の 浅 い 鉄 鍋 に 水 を 汲 み こ ん で か ら 火 を 、 み が ら た 。 「 だ め だ 、 子 供 は 山 へ 入 っ て 行 く の を と め ら れ て い る 。 焚 き つ け る と 、 僕 ら は 倉 庫 の 奥 の 籾 殻 の 中 へ 腕 を 突 っ こ ん ! れ い し ょ て の ひ ら 外 国 兵 と ま ち が っ て 撃 た れ る そ 」 で 鈴 薯 を 盗 む 。 馬 鈴 薯 は 僕 ら の 掌 の な か で 水 に 洗 わ れ 僕 は う な だ れ て 、 朝 の 光 に 焼 け て い る 敷 石 の 上 の 自 分 の な が ら 石 の よ う に 固 か っ た 。 か た し わ

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


」 う ま ん 気 ど ら れ な い よ う に 傲 慢 に 顔 を 歪 め て い っ た 。 広 場 に は 大 人 た ち が 群 ら が り 、 彼 ら の な か に 旱 ・ 供 た ち が 「 あ あ 」 と 弟 は 自 分 の 臆 病 さ を 恥 じ て 眼 を ふ せ た 。 「 あ い 小 さ な 汚 れ た 顔 を 不 安 に こ わ ば ら せ て あ お む け て い た 。 そ み つ く ち し や が つ 、 ど う ? 」 し て 彼 ら か ら 離 れ 、 兎 ロ と 弟 が 地 下 倉 の 明 り と り の 傍 に 蹲 ゅ う し ゆ っ の ぞ 「 と て も 臭 う だ け さ 」 と 僕 は 疲 れ の 湧 出 の な か で い っ た 。 み こ ん で い る の だ っ た 。 あ い つ ら は 覗 い て い た ん だ 、 と 僕 ほ ん と う に 僕 は 疲 れ き っ て 貧 し い 感 情 を も て あ ま し て い は 腹 を 立 て て 考 え 、 兎 ロ た ち に 駈 け よ ろ う と し て 、 地 下 倉 ま つ ば づ え た 。 《 町 〉 へ の 旅 、 黒 人 兵 の 夕 食 、 僕 は 長 い 一 日 を 働 き 続 の 降 り 口 か ら 松 葉 杖 で 軽 く 身 を 支 え た 書 記 が 顔 を う な だ れ け た 後 、 水 を 大 量 に 吸 っ た 海 綿 の よ う に 鉢 を 疲 れ で 重 く し て 出 て 来 る の を 見 た 。 激 し く 暗 い 虚 脱 、 な だ れ て く る 失 望 て い た の だ 。 僕 は 枯 れ た 草 の 葉 や 、 多 毛 質 の 草 の 実 の こ び が 僕 の 躰 を ひ た し た 。 し か し 、 彼 の あ と に 続 い て 黒 人 兵 の は だ し ぞ う き ん り つ い て い る シ ャ ツ を 脱 ぎ 、 汚 れ た 裸 足 を 雑 巾 で ぬ ぐ う た 死 体 が 運 び 出 さ れ て 来 る か わ り に 僕 の 父 が 銃 身 に 袋 を か ぶ め に 鉢 を 屈 め 、 弟 の 次 の 質 問 を う け つ け る 意 志 の な い こ と せ た ま ま の 銃 を 肩 に か け 、 部 落 長 と 小 声 で 話 し 合 い な が ら を 誇 示 し た 。 弟 は 脣 を と が ら せ 眼 を 見 は り 、 僕 を 心 配 そ う 出 て 来 た の だ っ た 。 僕 は 吐 息 を つ き 、 脇 や 内 股 に 、 た ぎ る に 見 守 っ て い た 。 僕 は 弟 の 横 に も ぐ り こ み 、 顔 を 汗 と 小 動 湯 の よ う に 熱 い 汗 を し た た ら せ た 。 そ ろ 物 の 臭 い の す る 毛 布 に 埋 め た 。 弟 は 僕 の 肩 に 膝 を 揃 え て 押 「 覗 い て 見 ろ 」 と 兎 口 が 立 っ た ま ま の 僕 に 叫 ん だ 。 「 見 ろ し つ け て 坐 り 、 僕 を 見 守 っ て い る だ け で 、 質 問 を 続 け よ う よ 」 と は し な い の だ っ た 。 そ れ は 僕 が 熱 病 に か か っ た 時 と 同 じ 僕 は 熱 い 敷 石 に 腹 ば い 、 地 面 す れ す れ に 開 い て い る 狭 い こ と だ っ た 、 そ し て 僕 も 熱 病 に - か か っ た 時 と 同 じ よ う に 、 明 り と り か ら 中 を 覗 き こ ん だ 。 暗 が り の 水 の 底 で 、 黒 人 兵 ね む か ち く ひ た す ら 、 り た い の だ っ た 。 が 打 ち の め さ れ 、 叩 き ふ せ ら れ た 家 畜 の よ う に ぐ っ た り し か ら だ か が 躰 を 屈 め て 倒 れ て い た 。 翌 朝 、 遅 く 眼 ざ め る と 、 倉 庫 脇 の 広 場 か ら ざ わ め き が 伝 「 殴 っ た の か 」 と 怒 り に ふ る え る 上 体 を 起 し て 僕 は 兎 口 に 育 わ っ て 来 て い た 。 弟 も 父 も 部 屋 に い な か っ た 。 僕 は 熱 い 臉 い っ た 。 を 開 き 壁 を 見 あ げ て 、 そ こ に 猟 銃 が な い の を 確 か め た 。 ざ 「 足 を 縡 ら れ て 動 け な い あ い つ を 殴 っ た の か ? 」 飼 わ め き を 聞 ぎ 、 の の 木 枠 を 見 つ め て い る と 僕 の 胸 は 「 え ? 」 と 僕 の 怒 り を は ね か え す た め に 、 頬 を こ わ ば ら せ 5 激 し い 鼓 動 を う ち は じ め る 。 僕 は 寝 台 か ら 跳 び 出 し 、 シ ャ ロ を と が ら せ て 闘 い の 姿 勢 を と り 兎 ロ は い っ た 。 「 殴 る ? 」 「 あ い つ を 殴 っ た の か 」 と 僕 は 叫 ん だ 。 ツ を 手 に ん で 階 段 を 駆 け 下 り て 行 っ た 。 に お か い め ん ま ふ た な ぐ

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


に 来 る だ け で 僕 の 喉 を 乾 か せ る 。 っ た 。 「 黒 ん ・ ほ の 臭 い だ 」 兎 ロ は あ っ け に と ら れ て 僕 を 見 守 っ て い た 。 僕 は 脣 を 噛 「 橇 あ そ び を や ら な い の か 、 蛙 」 と 書 記 は い っ た 。 「 お 前 く る ぶ し が 考 え 出 し た ん だ と 思 っ て い た が な あ 」 み し め て 兎 口 か ら 眼 を そ ら し 、 兎 ロ の 裸 の 踝 を 埋 め て い る 、 小 さ く 細 か い 草 の 葉 の 泡 だ ち を 見 お ろ し た 。 兎 ロ は 軽 僕 は 頑 く な に 黙 っ て い た 。 書 記 は 義 肢 を が ち が ち 鳴 ら し つ ば 蔑 を あ ら わ に し て 肩 を 揺 り 、 勢 よ く 唾 を 吐 き と ば す と 、 喚 て 坐 り こ む と 上 衣 か ら 黒 人 兵 が 彼 に 献 じ た パ イ プ を 取 り 出 ね ん ま く し 、 彼 の 煙 草 を つ め た 。 鼻 孔 の 柔 か い 粘 膜 に い が ら つ 。 ほ い き た て な が ら 橇 の 仲 間 へ 駈 け 戻 っ て 行 っ た 。 僕 は も う 子 供 で は な い 、 と い う 考 え が 啓 示 の よ う に 僕 を 刺 戟 と 動 物 的 な 情 念 を 炎 え あ が ら せ る 強 い 匂 い 、 雑 木 林 を み た し た 。 兎 ロ と の 血 ま み れ の 戦 い 、 月 夜 の 小 鳥 狩 り 、 橇 焼 く 野 火 の 香 り が そ こ か ら 立 ち の ・ ほ り 、 僕 と 書 記 を 同 じ 淡 も や あ そ び 、 山 犬 の 仔 、 そ れ ら す べ て は 子 供 の た め の も の な の 青 い ろ の 靄 に 閉 じ こ め た 。 た た だ 。 僕 は そ の 種 の 、 世 界 と の 結 び つ き 方 と は 無 縁 に な っ て 「 戦 争 も 、 こ う な る と び ど い も の だ な 。 子 供 の 指 ま で 叩 き し ま っ て い る 。 つ ぶ す 」 と 書 記 が い っ た お か ん 僕 は 疲 れ き っ て 悪 寒 に 震 え な が ら 、 ま だ 日 中 の 温 も り の 僕 は 息 を 深 く 吸 い こ み 黙 っ て い た 。 戦 争 、 血 ま み れ の 大 残 っ て い る 地 面 に 腰 を 下 し た 。 僕 が 躰 を 低 く す る と 谷 底 の 規 模 な 長 い 闘 い 、 そ れ が 続 い て い る は ず だ っ た 。 遠 い 国 ひ つ じ し ば ふ こ う す 、 大 人 た ち の 黙 り こ ん だ 作 業 は 、 荒 あ ら し く 伸 び た 夏 草 の 蔭 で 、 羊 の 群 や 、 刈 り こ ま れ た 芝 生 を 押 し 流 す 洪 水 の よ う に か く れ 、 そ の か わ り に 橇 あ そ び の 子 供 た ち が 急 激 に 黒 ぐ に 、 そ れ は 決 し て 僕 ら の 村 へ は 届 い て こ な い 筈 の 戦 争 。 と く し ん こ う ず い ろ と 牧 神 の よ う に そ び え た っ て く る 。 そ し て 洪 水 に 逃 げ ま こ ろ が 、 そ れ が 僕 の 指 と 掌 を ぐ し ゃ ぐ し や に 叩 き つ ぶ し に な た ど う 難 民 の よ う に 走 り ま わ る 年 若 い 牧 神 と 大 た ち の 間 で 、 来 る 、 父 が 鉈 を ふ る っ て 戦 争 の 血 に 躰 を 酔 わ せ な が ら 。 そ き ん み つ 》 ぐ っ と う 夜 の 空 気 が し だ い に 色 を 濃 く し 、 緊 密 に な り 、 清 ら か に な し て 、 急 に 村 は 戦 争 に お お い つ く さ れ 、 そ の 雑 沓 の 中 で 僕 っ て 行 く の だ っ た 。 は 息 も つ け な い 。 育 「 お い 、 元 気 を 取 戻 し た か 、 媼 〕 「 そ の あ げ く 終 り が 近 い よ う だ が な 」 と 書 記 は 大 人 同 士 が 飼 僕 は 背 後 か ら 、 乾 い た 熱 い 掌 で 頭 を 押 し つ け ら れ た が 、 話 し 合 う 時 の よ う に 重 お も し く い っ た 。 「 市 の 軍 隊 に 連 絡 振 り む い て 立 上 ろ う と は し な か っ た 。 僕 は 斜 面 の 子 供 ら の し て も 混 乱 し て い て 通 じ な い 、 ど う し て い い か わ か ら な 1 遊 び に 顔 を 向 け た ま ま 、 眼 だ け で 僕 の 裸 の 臑 の 横 に し つ か い 」 っ ち り 立 っ て い る 書 記 の 黒 い 義 肢 を が た 。 書 記 さ え 、 た だ 傍 谷 底 か ら 槌 の 音 が 響 き 続 け て い た 。 谷 間 に う 0 そ う と 覆 あ わ わ め は す た ん お お

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


償 の 予 約 を し て か ら 明 り と り を 短 い 時 間 、 覗 か せ た 。 子 供 て く る の だ っ た 。 明 り と り か ら 息 を ひ そ め て 覗 き こ ん で い み つ く ち る 兎 ロ と 弟 を 見 あ げ 、 僕 は 彼 ら の 黒 っ 。 ほ く 濡 れ て 光 る 眼 に た ち は 、 驚 き と 感 動 に 首 筋 ま で 真 赤 に し な が ら 覗 き こ み 、 こ う か っ あ ・ : こ り 埃 に 汚 れ た 顎 を 掌 で こ す り つ け な が ら 立 ち あ が る の だ っ 狡 猾 で す ば や い 徴 笑 を 送 っ た 。 黒 人 兵 に 慣 れ は じ め て い る た 。 倉 庫 の 壁 に 背 を も た せ て 僕 は 、 兎 口 に せ き た て ら れ 小 こ と が 僕 に と っ て 実 に 得 意 な 喜 び の 種 子 を 生 み つ け 育 て さ い 尻 を 陽 に 焼 い て 自 分 の 生 れ て は じ め て の 体 験 に 熱 中 す る 。 し か し 、 黒 人 兵 の 躰 が ど う か す る は ず み に か し ぎ 、 そ わ な く さ り る 子 供 ら を 見 お ろ し な が ら 、 不 思 議 な 満 足 と 充 実 、 陽 気 な の 足 首 に か ら み つ い た 猪 罠 の 鎖 が 金 属 質 の 硬 い 音 を た て る - 」 う よ う 昻 揚 を 感 じ た 。 兎 ロ は 、 大 人 た ち の 群 ら が り か ら 離 れ て 来 と 、 僕 は 激 し い 勢 で お び え が 回 復 し 、 僕 の 血 管 の す み ず み と り は だ あ め い ろ つ め た 猟 大 を 裸 の 膝 に 倒 し て 蚤 を 探 し 、 そ れ を 飴 色 の 爪 で つ ぶ に な だ れ こ ん で 、 あ ら ゆ る 皮 膚 を 鳥 肌 だ た せ る の を 感 じ る ・ こ う ま ん ば せ し し な が ら 、 傲 慢 な 罵 声 を ま じ え て 子 供 た ち に 号 令 す る の だ の だ 。 っ た 。 僕 ら は 、 書 記 を 送 っ て 大 人 た ち が 尾 根 の 道 へ 上 っ て 行 っ た 後 も そ の 奇 妙 な 遊 び を 続 け た 。 そ し て 、 時 ど き 子 供 翌 日 か ら 、 僕 は 既 に 銃 を 肩 か ら 離 し て か ま え る こ と を し え ん さ な い 父 に つ き そ わ れ て 、 朝 と 夜 一 度 ず っ 黒 人 兵 に 食 事 を 連 た ち の 怨 嗟 の 声 を 背 に う け て 僕 ら 自 身 が 長 な が と 覗 き こ む ぶ 、 特 権 的 な 仕 事 を 自 分 の も の に し た 。 朝 早 く 、 あ る い は の だ が 、 黒 人 兵 は 動 こ う と は し な い で 寝 そ べ っ た ま ま で い 、 こ 夕 暮 と 夜 の か わ り め に 、 食 物 籠 を さ げ た 僕 と 父 が 倉 庫 脇 に る の だ っ た 。 激 し く 殴 ら れ 蹴 り つ け ら れ た 後 の よ う に ナ あ ら わ れ る と 、 広 場 で 待 ち か ま え て い る 子 供 た ち は 、 雲 の だ 大 人 た ち に 見 ら れ た だ け で 傷 つ い て し ま っ た よ う に 。 よ う に ひ ろ が り 空 へ 上 っ て 行 く 大 き い 嘆 息 を 一 斉 に も ら す 夜 に な っ て 僕 は 再 び 、 猟 銃 を 持 っ た 父 に つ き そ わ れ て 、 て つ な べ そ う す い の だ っ た 。 僕 は 自 分 の 仕 事 に 全 く 興 味 を 失 っ て は い る が 事 雑 炊 の 入 っ て い る 重 い 鉄 鍋 を さ げ 地 下 倉 へ 下 り て 行 っ た 。 ま ゆ し ゅ う と う あ ふ ら 黒 人 兵 は 縁 に 黄 色 の 脂 が 厚 く た ま っ た 眼 で 僕 ら を 見 あ げ 、 を 連 ぶ に 際 し て 周 到 さ は 持 ち つ づ け る 専 門 家 の よ う に 、 眉 そ れ か ら 毛 の 生 え た 指 を じ か に 熱 い 鍋 へ 突 っ こ ん で 熱 心 に を ひ そ め て 広 場 を 横 ぎ り 子 供 た ち を 一 瞥 も し な い 。 弟 と 兎 食 べ た 。 僕 は 落 ち つ い て そ れ を 眺 め る こ と が で き た し 、 父 ロ は 、 僕 の 両 側 に び っ た り 寄 り そ っ て 地 下 倉 へ の 降 り 口 ま 飼 も 猟 銃 を 黒 人 に 擬 す こ と を 止 め 壁 に も た れ て 退 屈 そ う だ 0 で 歩 く こ と で 満 足 し て い た 。 そ し て 、 彼 ら は 僕 と 父 が 地 下 た 。 額 を 鍋 の 上 へ 傾 け て い る 黒 人 の 太 い 首 筋 の 細 か い 震 え 倉 へ 降 り て 行 く と 、 す ぐ に 駈 け 戻 っ て 明 り と り か ら 覗 き こ や 、 筋 肉 の 突 然 の 緊 張 と 弛 緩 を 見 お ろ し て い る と 、 僕 に は む の だ っ た 。 も し 、 僕 が 黒 人 兵 に 食 事 を 運 ぶ 仕 事 に 飽 き て み つ く ち 黒 人 兵 が 柔 順 で お と な し く 、 優 し い 動 物 の よ う に 感 じ ら れ し ま っ て い た と し て も 、 兎 口 を 含 め て 、 あ ら ゆ る 子 供 た ち し り し か ん の み け い ち べ っ

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


つ い ら く お び え さ せ る の を 感 じ て 、 そ の た び に 頭 を 窓 の 中 へ 引 い ら は 、 墜 落 し た 黒 人 兵 の 飛 行 機 の 尾 翼 を 橇 に し て 、 草 原 を か っ こ う た 。 大 人 た ち が 、 僕 の 寝 て い る あ い だ に 、 す っ か り 別 の 怪 滑 降 し て い る の だ っ た 。 彼 ら は 稜 角 の 鋭 い 、 す ば ら し い 軽 物 に 変 っ て し ま っ た よ う だ っ た 。 そ し て 僕 の 躰 は す み ず み 快 さ の 橇 に ま た が っ て 、 草 原 の 上 を 若 い 獣 の よ う に 滑 降 し ま で 濡 れ た 砂 が つ ま っ て い る よ う に 重 く 、 ぐ っ た り し て い て 行 く 。 草 原 に と こ ろ ど こ ろ 突 出 す る 黒 い 岩 に 橇 が ぶ つ か り そ う に な る と 少 年 の 裸 の 足 が 草 原 を 蹴 り つ け て 橇 に 方 向 僕 は 悪 寒 に 身 震 い し 、 か さ い さ に 乾 い た 脣 を 噛 み し め な 転 換 さ せ る の だ 。 子 供 の 一 人 が 橇 を 引 き ず り あ げ て 来 る 時 が ら 、 敷 石 道 の 一 つ 一 つ の 石 が 、 は じ め 淡 い 金 色 の 影 を お に は も う 下 り の 橇 の 通 っ た あ と の 押 し ひ し が れ た 草 が ゆ っ く り 起 き あ が っ て 勇 敢 な 少 年 の 航 跡 を あ い ま い に し て し ま び て 柔 か に ふ く ら み 、 そ し て 輪 郭 が す っ か り ふ や け て 一 面 ふ ど う う 。 そ れ ほ ど 子 供 ら と 橇 は 軽 い の だ 。 子 供 ら は 叫 び た て な に 胸 の せ ま る 葡 萄 色 に な り 、 そ れ か ら 不 透 明 な 紫 色 の 弱 い 光 の 中 へ 沈 み こ ん で し ま う の を 見 つ め て い た 。 ひ び わ れ た が ら 滑 降 し 、 大 が 吠 え た て て そ れ を 追 い 、 そ し て 子 供 ら は し お 、 ら 脣 を 時 ど き 塩 い 涙 が 湿 ら せ 、 ひ り ひ り 痛 ま せ た 。 再 び 橇 を 引 き ず り あ げ て 来 る 。 押 し つ ぶ し よ う の な い 、 む ま ほ う つ か い 倉 庫 の 裏 か ら 子 供 ら の 喚 声 が 黒 人 兵 の 死 体 の 臭 い を 貫 い く む く 動 く 情 念 が 子 供 ら の 躰 を 魔 法 使 の 前 ぶ れ の 火 の 粉 の て 激 し く 湧 き 起 っ た 。 僕 は 長 い 病 気 の 後 の よ う に 、 震 え る よ う に ば ち ば ち け て 駈 け ま わ っ て い る の だ 。 ひ と け 足 を 注 意 深 く 踏 み し め な が ら 暗 い 階 段 を 下 り 、 人 気 の な く 子 供 ら の 塊 り の 中 か ら 、 草 の 茎 を 歯 の 間 に 噛 み し め た ル く ち な っ た 敷 石 道 を 歩 い て 、 子 供 ら の 叫 び に 近 づ い て 行 っ た 。 口 が 僕 の 方 へ 駈 け あ が っ て 来 、 鹿 の 足 に 似 た 樫 の 幹 に よ り 子 供 ら は 、 谷 の 底 の 小 川 へ の 草 の 茂 っ た 斜 面 に 群 ら が っ か か っ て 僕 の 顔 を 覗 き こ ん だ 。 僕 は 兎 口 か ら 顔 を そ む け 、 そ り て 叫 び た て 、 彼 ら の 犬 も け ま わ り な が ら 呎 え て い た 。 大 橇 あ そ び に 熱 中 し て い る ふ り を し て い た 。 兎 ロ は 興 味 ぶ か か ん ぼ く 人 た ち は 斜 面 の 下 の 灌 木 が 茂 っ て い る 谷 底 で 、 黒 人 兵 の 死 く 、 し げ し げ と 僕 の 首 に つ っ た 腕 を 見 つ め 鼻 を 鳴 ら し た 。 が ん じ よ う さ く 体 を 保 存 し て あ る 廃 坑 に 山 大 よ け の 頑 丈 な 柵 を 、 な お 作 り 「 臭 う な あ 」 と 兎 ロ は い っ た 。 「 お 前 の ぐ し ゃ ぐ し や に な つ づ け て い た 。 そ こ か ら は 杙 を う つ 重 い 響 が 上 っ て 来 た 。 っ た 掌 、 ひ ど く 臭 う な あ 」 大 人 た ち は 黙 り こ ん で 彼 ら の 作 業 を 続 け て い た が 、 子 供 ら 僕 は 兎 ロ の 闘 争 心 に き ら め い て い る 眼 を 見 か え し た が 、 は 気 が 狂 っ た よ う に 陽 気 に 叫 び た て な が ら 駈 け ま わ っ て い 兎 口 が 僕 の 攻 撃 に そ な え て 、 足 を 開 き 、 戦 い の 体 勢 を 整 え の ど と た の も 無 視 し て 、 彼 の 喉 へ 跳 び か か っ て は ゆ か な か っ た 。 き り み ぎ 僕 は 古 い 桐 の 幹 に も た れ て 子 供 ら の 遊 び を 見 守 っ た 。 彼 「 あ れ は 僕 の 臭 い じ ゃ な い 」 と 僕 は カ の な い 嗄 れ た 声 で い こ 0 お か ん に お そ り

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


僕 は 自 分 の 落 ち こ ん だ ど ん づ ま り 、 自 分 を 捕 え た 罠 が 信 じ て り が 内 側 か ら 伝 わ っ て 来 る 壁 に 汚 れ た 額 を 押 し つ け 、 声 は さ み ら れ な い で 、 傷 つ い た 足 音 を し め つ け る 鉄 の 鋏 を 見 つ め て を ひ そ め て 長 い 間 す す り 泣 い た 。 夜 は 長 か っ た 。 森 で 山 大 の う さ ぎ こ い る 間 に 衰 弱 し て 死 ん で し ま う 野 兎 の 仔 だ っ た 。 黒 人 兵 を の 群 れ が え て い た 。 空 気 が 冷 た く な っ て い っ た 。 そ し て お ろ 友 人 の よ う に 信 じ て い た こ と 、 そ れ が い か に 愚 か し い こ と 疲 れ が 僕 を 重 く 領 し 、 僕 は く ず お れ て 眠 っ た 。 だ っ た か と い う こ と が 僕 を 激 し く 責 め た て る 。 し か し 、 あ 眼 ざ め る と 僕 の 腕 は 、 や は り 黒 人 兵 の 掌 の 強 い 圧 迫 を う に お の い つ も 笑 っ て ば か り い る 黒 く て 臭 う 大 男 を 疑 る こ と が で け て 、 な か ば 痺 れ て い る の だ っ た 。 明 り と り か ら 荒 あ ら し ぎ る か ? し か も い ま 、 僕 の 前 の 暗 闇 の な か で 鋭 い 歯 音 を い 霧 と 、 大 人 た ち の 声 が 吹 き こ ん で 来 た 。 そ し て 、 書 記 が 時 ど き た て て い る 男 が 、 あ の 大 き い セ ク ス の ば か な 黒 ん ・ ほ 義 肢 を 軋 ま せ て 歩 き ま わ る 音 も 聞 え た 。 や が て 揚 蓋 を 太 い う だ と は 思 え な い 。 槌 で 殴 り つ け る 音 が そ れ に 交 っ た 。 そ の 重 く 強 い 音 が 空 腹 お か ん 僕 は 悪 寒 に 震 え て 、 歯 を が ち が ち 鳴 ら し た 。 腹 が 痛 み 始 に か り た て ら る 僕 の 胃 に 響 き 、 胸 を う ず か せ た 。 わ め し や が 黒 人 兵 が 急 に 喚 き た て 、 僕 の 肩 を ん で 立 ち 上 ら せ る と め て い た 。 僕 は 下 腹 を 押 さ え て 蹲 み こ み 、 そ し て 急 に ひ ど い 当 惑 に つ ぎ あ た る の だ 。 僕 は ア 痢 ぎ み だ 0 た 。 僕 の 躰 中 地 下 倉 の 中 央 ま で 引 き ず り 出 し て 、 僕 を 明 り と り の 向 う の そ く し ん の 神 経 の 苛 立 ち が そ れ を 促 進 し て も い た 。 し か し 僕 は 黒 人 大 人 た ち の 眼 に さ ら し た 。 僕 に は 黒 人 兵 の 行 為 の 理 由 が ま う さ ぎ っ た く わ か ら な か っ た 。 明 り と り か ら 数 か ず の 眼 が 兎 の よ 兵 の 前 で そ れ を 果 た す こ と は で き な い 。 僕 は 歯 を 喰 い し ば 、 額 ご 苦 い 汗 を に じ ま せ て そ れ に 耐 え て い た 。 そ れ に 耐 う に つ り さ げ ら れ て い る 僕 の 恥 辱 を 見 つ め た 。 そ れ ら の 眼 の な か に 弟 の 濡 れ て 黒 い 眼 が あ っ た ら 、 僕 は 恥 じ て 舌 を 噛 え る 努 力 が 、 恐 怖 の 占 め て い た 場 所 を お お う ほ ど 長 い あ い み き っ た だ ろ う 。 し か し 、 覗 き 穴 に は 大 人 た ち の 眼 だ け が だ 、 僕 は 苦 し み な が ら 耐 え て い た 。 し か し 僕 は や が て 諦 ら め 、 黒 人 兵 が ま た が 0 て い る の を 蠍 ル し て 僕 を 見 つ め て い る の だ 。 た る 見 て 笑 い ざ わ め い た 樽 へ 歩 い て 行 き 、 ズ ボ ン を 下 し た 。 僕 槌 の 音 が よ り 激 し く な り 、 黒 人 兵 は 叫 び た て る と 、 背 後 育 か ら 僕 の 喉 を 巨 ぎ い 掌 で 掴 ん だ 。 僕 の 喉 の 柔 か い 皮 膚 に 黒 に は 剥 き 出 さ れ た 白 い 尻 が 非 常 に 無 抵 抗 で 弱 く 感 じ ら れ 、 く つ じ よ く 飼 屈 辱 が 僕 の 喉 か ら 食 道 を 通 じ 、 胃 の 内 雎 ま で 、 す べ て 真 黒 人 兵 の 爪 が 食 い こ み 痛 か っ た し 、 喉 ぼ と け が 圧 迫 さ れ て 呼 に そ め て し ま う よ う に さ え 感 じ ら れ る の だ 。 そ れ か ら 立 ち 吸 が で き な い 。 僕 は 手 足 を ば た ば た さ せ 、 顔 を の け ぞ っ て う め す み あ が り 、 僕 は 壁 の 隅 〈 帰 0 た 。 僕 は う ち ひ し が れ 、 屈 服 呻 い た 。 明 り と り の 向 う の 大 人 た ち の 眼 の 前 で の 僕 の 苦 い し 、 す っ か り ど ん づ ま り に 落 ち こ ん で い た 。 僕 は 地 熱 の ほ 屈 辱 、 僕 は 躰 を ね じ り 、 背 に 密 着 し て い る 黒 人 兵 の 躰 か ら と ら っ ち な ぐ き し し び お お し た か

現代日本の文学 47 安部 公房 大江 健三郎 集


3 飼 育 に な っ て 村 の 上 空 を 通 過 し 始 め た 《 敵 》 の 飛 行 機 も 僕 ら に が み な ぎ っ て い た 。 子 供 た ち が 光 の 中 で ま ぶ し が り な が の み は 珍 ら し い 鳥 の 一 種 に す ぎ な い の だ っ た 。 ら 、 ・ ほ ん や り 佇 っ た り 、 犬 を 寝 こ ろ ば せ て 蚤 を 取 っ た り 、 あ る い は 叫 び な が ら 駈 け た り し て い た が 大 人 た ち は い な か く す の き じ ゃ 夜 明 け 近 く 、 激 し い 地 鳴 り と 妻 じ い 衝 撃 音 が 僕 を 眼 ざ め っ た 。 僕 と 弟 は 駈 け て 、 楠 の 茂 り の 蔭 の 、 冶 屋 の 小 屋 さ せ た 。 僕 は 床 に 敷 い た 毛 布 の 上 で 父 が 半 身 を 起 し 、 夜 の へ 行 っ て み た 。 そ の 暗 い 土 間 に 、 炭 火 が 赤 あ か と 炎 を 噴 い 森 に ひ そ ん で 獲 物 に 跳 び か か ろ う と す る 獣 の よ う に 鋭 く 欲 て は い ず 、 ふ い ご の 音 も せ ず 、 腹 ま で 地 下 に 埋 め た 鍛 冶 屋 望 に み ち た 眼 を 開 い て 躰 を ち ぢ め る の を 見 た 。 し か し 父 は が 異 常 に 日 や け し 脂 の 乾 い た 腕 で 、 赤 熱 し た 鉄 を 拾 い あ げ 跳 び か か る か わ り に ぐ っ た り 躰 を 倒 し 、 そ の ま ま 再 び 眠 り よ う と し て も い な か っ た 。 午 前 中 に 、 鍛 冶 屋 が 店 に い な こ む 様 子 だ っ た 。 い 、 そ れ は 僕 ら に 始 め て の こ と だ っ た 。 僕 と 弟 は 裸 の 腕 を お と な 僕 は 長 い あ い だ 耳 を す ま し て 待 っ て い た が 地 鳴 り は く り か ら み あ い な が ら 黙 り こ ん で 敷 石 道 を 戻 っ た 。 村 に は 大 人 か え し 起 ら な か っ た 。 僕 は 倉 庫 の 高 い 明 り と り か ら し の び た ち が す っ か り 不 在 だ っ た 。 女 た ち は 暗 い 家 の 奥 ふ か く ひ か び 入 っ て く る 淡 い 月 の 光 に 明 る ま さ れ た 黴 と 小 動 物 の 臭 い の そ ん で い る の だ ろ う 。 子 供 た ち だ け が 陽 の 光 の 氾 濫 に 溺 れ す る 湿 っ 。 ほ い 空 気 を 静 か に 呼 吸 し な が ら 辛 抱 強 く 待 っ て い て い る 。 僕 は 不 安 に 胸 を し め つ け ら れ た 。 わ き ば ら た 。 長 い 時 が た ち 、 僕 の 脇 腹 に 汗 ば ん だ 額 を 押 し つ け て 眠 共 同 水 汲 場 へ 降 り る 石 段 に 寝 そ べ っ て い た 兎 口 が 僕 ら を っ て い た 弟 が 弱 よ わ し く す す り 泣 い た 。 弟 も や は り 僕 と 同 見 つ け て 腕 を 振 り な が ら 駈 け て 来 た 。 彼 は も の も の し く カ じ よ う に 地 鳴 り の 再 び と ど ろ く こ と を 待 っ て お り 、 そ し て み こ ん で 、 割 れ た 脣 の 間 か ら 粘 っ こ い 唾 液 の 白 く こ ま か い そ の 期 待 の 持 続 に 耐 え ら れ な く な っ た の だ ろ う 。 僕 は 弟 泡 を 噴 き だ し て い た 。 て の ひ ら な ぐ の 、 植 物 の 茎 の よ う に 痩 せ て 繊 細 な 首 筋 に 掌 を 押 し あ て 、 「 お い 、 知 っ て る の か 」 と 兎 ロ は 僕 の 肩 を 殴 り つ け て 叫 ん カ づ け る た め に 軽 く 揺 す ぶ っ て や っ て か ら 自 分 の 腕 の 優 し だ 。 「 お い 、 知 っ て る の か 」 い 動 き に な だ め ら れ て 眠 り こ ん だ 。 「 あ あ ? 」 と 僕 は あ い ま い に い っ こ 。 は う じ よ う 眼 ざ め る と 朝 の 豊 饒 な 光 が 倉 庫 の あ ら ゆ る 羽 目 板 の 隙 間 「 昨 日 の 飛 行 機 が 、 夜 、 山 へ 落 ち た ん だ 」 と 兎 口 が い っ か ら な だ れ こ み 、 す で に 暑 か っ た 。 父 は い な か っ た 。 壁 に た 。 「 そ れ に 乗 っ か っ て 来 た 敵 兵 を 探 し て る の さ 、 大 人 は 銃 も な か っ た 。 僕 は 弟 を 揺 り 起 し 、 上 半 身 は 裸 の ま ま で 倉 み ん な 猟 銃 を 持 っ て 山 狩 り だ 」 庫 の 前 の 敷 石 道 に 出 た 。 敷 石 道 や 石 段 に 、 激 し く 午 前 の 光 「 撃 つ の ? 敵 兵 を 」 と 弟 が 声 を た か ぶ ら せ て い っ た 。 し ん ぼ う ひ た い た