検索 - みる会図書館

検索対象: 全寮制男子校物語![蜜月篇]

全寮制男子校物語![蜜月篇]から 248件ヒットしました。

全寮制男子校物語![蜜月篇]


全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 【 蜜 月 篇 】 花 衣 沙 久 羅 ( OBA [ T - SER 5 イ 、 イ も 集 英 社

全寮制男子校物語![蜜月篇]


300 最 初 は ち が う と こ ろ に 立 っ て い て も 、 い っ か 同 じ 場 所 に 立 て る か も し れ な い 。 最 初 は ち が う も の を 見 つ め て い て も 、 い っ か 同 じ も の を 見 つ め る 日 が 来 る か も し れ な い 。 い っ か と い う 永 遠 の 日 を 夢 み て 、 ば く た ち は 出 会 い 続 け る か い さ く ら 花 衣 沙 久 羅 で す 。 こ ん に ち は & は し め ま し て 。 『 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 』 は 前 回 の 【 初 恋 篇 】 に 続 き 、 【 蜜 月 篇 】 に 突 入 し ま し た 。 な ん か 思 っ て た 以 上 に 蜜 月 度 の 高 い 巻 に な っ ち ゃ い ま し た が 、 い か が で し た で し よ う か ? し か も 気 が つ い た ら も の す ご い イ キ オ イ で ペ ー ジ が 増 え て っ て 、 途 中 か ら も う ど う し よ う か あ せ と 焦 り ま し た 。 み 、 蜜 月 篇 だ か ら ? ( つ ま り そ ー ゅ ー シ ー ン が 盛 り だ く さ ん ・ : と 、 得 意 技 ? ) 久 々 に 三 〇 〇 頁 を 越 え る 超 大 作 に な り ま し た ! ( 笑 ) あ と が き の ス ペ ー ス も ご く わ す か ー は る か て な わ け で コ ン パ ク ト に ま い り ま し よ う ! ま ず は み な み 遥 先 生 ! 前 作 に 引 き 続 き 、 お 忙 し い 中 、 六 人 も の 少 年 た ち の 美 麗 な イ ラ ス ト を 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。 ・ あ ど か 医 、

全寮制男子校物語![蜜月篇]


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 蕉 と ま 花 衣 沙 久 羅 ◆ イ ラ ス ト / み な み 遥 ◆ 生 徒 会 が 多 大 な 権 限 を ◆ 持 つ 男 子 校 、 菜 の 花 東 ◆ と 桜 花 。 何 か と 対 立 す る 両 校 の 間 で は 月 に 度 の 「 海 賊 の 日 」 に 激 し い ノ ヾ ト ル が 展 開 さ れ る 。 菜 の 花 東 に 入 学 早 あ き ひ さ 々 理 久 に 白 羽 の 矢 が ! ? 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 【 初 恋 篇 】 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

全寮制男子校物語![蜜月篇]


か い ・ さ く ら 2 月 15 日 生 ま れ 。 福 岡 県 北 九 州 市 出 身 。 水 瓶 座 。 A 型 。 1993 年 ス ー パ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 「 戒 - KAI ー 」 で デ ビ ュ ー 。 情 熱 を テ ー マ に セ ン セ ー シ ョ ナ ル な 旋 風 を 巻 き 起 こ す 。 同 文 庫 に 、 く 少 年 た ち の ハ イ バ ー ロ マ ン 〉 、 く ト キ オ ・ ヘ ヴ ン > 、 く 戦 国 の ヴ ァ ン パ イ ア 〉 、 く 倭 ー YAMATO—> 、 く 地 球 ( ホ ー ム ) > 、 く 緋 ( あ か ) 〉 な ど の シ リ ー ズ が あ る 。 コ バ ル ト 文 庫 で は く き み が は し い 〉 、 く リ プ ロ デ ュ ー ス ・ ク ラ シ ッ ク 〉 、 く 蒼 ( あ お ) 〉 、 く ラ ブ ュ ー 〉 、 く エ デ ン 〉 の 各 シ リ ー ズ の 他 、 「 孵 化 」 、 「 蜜 柑 」 、 「 き み が 魔 法 使 い 」 、 「 恋 愛 少 年 」 、 「 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 」 な ど が あ る 。 現 在 、 東 京 都 在 住 。 趣 味 は 料 理 ・ ガ ー デ ニ ン グ ・ WEB 制 作 等 。 こ し ば ら く 人 生 第 何 度 目 か の 読 書 プ ー ム 。 ラ ブ ロ マ ン ス か ら SF ・ ミ ス テ リ ー ・ ハ ー ド ボ イ ル ド と 乱 読 中 。 部 屋 に は 文 庫 本 が 増 え 続 け て い る そ う 。 公 式 ホ ー ム ペ ー ジ 【 沙 漫 沙 】 http : //www.sakura-kai.com/ 【 蜜 月 篇 】 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! COBALT-SERIES 2003 年 9 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 花 衣 沙 久 羅 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 0 SAKURA KAI 2003 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 工 S B N 4 ー 0 8-6 0 0 51 3 -9 C 01 9 5

全寮制男子校物語![蜜月篇]


301 あ と が き か ず し そ の み な み 遥 先 生 に よ る ド キ ド キ の 表 紙 は 、 今 回 、 和 士 と レ キ に な り ま し た 。 わ あ い ) あ き ひ さ イ チ オ シ キ ャ ラ ア ン ケ ー ト で は 理 久 と 共 に ト ッ プ を い っ て る の が こ の レ キ な ん で す が 、 私 の う れ 頭 の 中 で も 理 久 と レ キ は ダ ブ ル 主 人 公 と い う イ メ ー ジ が 強 い の で 、 な ん だ か 嬉 し か っ た で す 。 よ か っ た ら 今 回 の 蜜 月 篇 を お 読 み に な っ た 後 の イ チ オ シ キ ャ ラ も メ ー ル し て や っ て く だ さ い ま せ 。 ( メ ア ド ↓ [email protected]/ イ チ オ シ カ プ リ も お 待 ち も ー し あ げ ま す 。 携 帯 用 ホ ム ペ も 盛 り 上 が っ て ま す の で そ ち ら で も 。 ( ぎ //www.sakura-kai.com/imode/) 前 回 、 初 恋 篇 の あ と が き で 出 し た ク イ ズ の 答 え は こ の 本 の 中 に あ り ま す 。 見 つ け て や っ て く も っ だ さ い ね 。 当 選 者 発 表 は プ レ ゼ ン ト の 発 送 を 以 て 替 え さ せ て い た だ き ま す の で ご 了 承 下 さ い き ず な 六 人 そ れ ぞ れ の 気 持 ち を こ ん な ふ う に し つ く り 書 い て い っ て る と 、 ど う も こ の 物 語 っ て 絆 の 物 語 か も と 思 い 始 め ま し た 。 恋 の 絆 だ け し ゃ な く て 、 も っ と い ろ ん な ふ う に つ な が ろ う と す る 人 の 心 が す れ 違 っ て 、 誤 解 の 嵐 を 巻 き 起 こ し た り 、 初 め て ふ れ る 人 の 心 に び つ く り し た り 。 次 回 の 『 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 』 も そ ん な ふ う に 始 ま り ま す 。 心 の キ ズ ナ の 青 春 物 語 。 セ イ シ ュ ン っ て 恥 す か し ー け ど ウ レ シ イ な 。 そ ん な カ ン ジ に な れ ば 良 い な と 思 っ て ま す 。 は な さ き が わ そ れ で は ま た 今 宵 、 花 咲 川 の 橋 の 上 で お 会 い し ま し よ う 。 一 一 〇 〇 三 年 七 月 花 衣 久 羅

全寮制男子校物語![蜜月篇]


全 寮 制 C 〇 Prologue 1 2 3 epilogue あ と が き N T E 月 蝕 略 奪 共 鳴 運 命 蜜 月 N T S ・ 59 ・ 129 ・ 203 ・ 285 ・ 300

全寮制男子校物語![蜜月篇]


そ し て 自 分 が そ の こ と に 甘 え て い る の し ゃ な い か 、 と も 。 守 ら れ る の が 心 地 い い な ん て 思 っ た の は 生 ま れ て 初 め て だ っ た か も し れ な い 。 ひ し だ 菱 田 や 他 の 仲 間 た ち に 守 ら れ る の と は 違 う 。 和 士 の 腕 は 特 別 だ っ た 。 あ の 腕 の 中 に い る と 、 何 も か も を 忘 れ て 溶 け て し ま い そ う に な る 。 「 レ キ 、 も う 行 か な い と 」 「 あ あ 、 わ か っ て る 。 行 く よ 」 レ キ は ピ ア ノ の 前 か ら 立 ち 上 が り 、 ド ア の 前 で レ キ を 待 っ て い る 和 士 の ほ う へ 目 を 向 け た 。 ふ と 、 そ の 和 士 の 顔 の 上 に 誰 か の 顔 の イ メ ー ジ が 重 な っ た 。 歩 き だ そ う と し て い た 足 を 止 め 、 イ メ ー ジ を 探 る 。 篇 ( リ ク ・ : ? ) あ き ひ さ 蜜 ど う し て 理 久 の 顔 を 思 い 浮 か べ た の か わ か ら な か っ た 。 ひ と み た だ 、 そ の や さ し い モ カ 茶 の 瞳 は ゆ ら ゆ ら と 揺 ら め い て 、 い つ ま で も レ キ を 見 つ め て く る よ 語 校 う な の だ っ た 。 子 男 制 寮 全

全寮制男子校物語![蜜月篇]


校 長 室 の 彼 の 椅 子 の 後 ろ に は 、 三 〇 年 前 彼 み ず か ら 墨 で 大 き く 書 き き っ た 座 右 の 銘 が 、 古 び た 額 の 中 で 異 彩 を 放 っ て い る 。 〈 反 〉 〈 骨 〉 「 お 散 歩 で す か ? 」 た ず 菱 田 が 微 笑 み な が ら 訊 ね る 。 時 間 が あ る と き は 散 歩 と 称 し て 校 内 を め ぐ り 歩 い て は 、 様 々 な 生 徒 た ち と 話 し こ ん で し ま う 山 彦 校 長 に 、 菱 田 は 少 な か ら す 好 感 を 抱 い て い た 。 一 時 期 は 菱 田 も 彼 の 存 在 に 助 け ら れ た も の だ 。 全 寮 制 の 菜 の 花 東 高 校 で は 、 そ れ ぞ れ に 深 刻 な 理 由 に よ っ て 親 元 か ら 引 き 離 さ れ た 少 年 た ち が 多 く 生 活 し て い る 。 彼 ら に と っ て 山 彦 校 長 は 、 ど こ か 父 親 め い た 役 割 を 果 た し て い る よ う な 篇 部 分 が た し か に あ る の だ っ た 。 蜜 「 む 。 い え い え 、 少 し き み た ち に 聞 き た い こ と が あ る ん で す が 」 「 俺 た ち に で す か ? 」 物 「 む 。 ち ょ っ と い い で す か 」 子 「 あ 、 は い 。 い き な り 両 手 を 窓 枠 に 置 い た か と 思 う と 、 そ の ま ま 壁 を よ じ 登 り 、 窓 か ら 生 徒 会 室 に 入 り こ 寮 全 も う と 奮 闘 し 始 め る 。 こ れ に は 菱 田 も さ す が に 目 を む い た 。 こ し 「 校 長 先 生 や め て く だ さ い 。 腰 を や ら れ ま す よ 」 二 ロ ほ ほ え め い

全寮制男子校物語![蜜月篇]


「 な に ? あ ま り 強 く 見 つ め ら れ た の で 、 レ キ が 赤 く な っ た の が わ か る 。 レ キ の 肌 は い つ だ っ て 無 防 備 に そ の 色 を さ ら け だ す 。 和 士 は レ キ の ほ お に 手 を 伸 ば し 、 指 の 背 で 頬 骨 を な ぞ っ た 。 や は り 愛 し い ど う き こ う し て 彼 に ふ れ て い る だ け で 胃 が 縮 み 上 が り そ う だ 。 動 悸 が 激 し く な っ て い る ほ ん ろ う こ れ 以 上 翻 弄 さ れ た ら 、 間 違 い な く 呼 吸 困 難 を 引 き 起 こ し そ う だ っ た 。 こ れ が 恋 で な く て な ん だ と い う の だ ろ う ? 和 士 は 見 つ め る の も ふ れ る の も や め 、 理 性 を 宿 し た 声 で 言 っ た 。 篇 「 こ れ か ら ど う す る 気 だ ? 寮 に 戻 る つ も り は な い の だ ろ う ? 」 お や じ 蜜 「 ん ー 、 と り あ え ず う ち 戻 っ て み る よ 。 親 父 の 店 、 こ っ か ら 近 い ん だ 」 「 店 ? 物 「 え っ と 、 う ん 。 そ の 、 あ ん た も い っ し ょ に 来 る ? 」 子 男 制 全 二 ロ レ キ が 言 い よ ど ん だ 理 由 は な ん と な く 想 像 が つ い た

全寮制男子校物語![蜜月篇]


「 ご め ん 。 で も た ぶ ん 俺 が こ う な る の 、 お ま え に 対 し て だ け だ 」 中 条 が 目 を 丸 く し て 見 つ め て き た の で 、 理 久 は 度 肝 を 抜 か れ そ う に な り な が ら ( だ っ て な ん キ レ イ め て 綺 麗 な 瞳 な ん だ ) 、 も う 一 度 く り 返 し た 。 「 え っ と 、 た ぶ ん 。 ほ ん と だ よ 」 よ ろ こ 「 お ま え さ 、 な ん で そ ん な に オ レ を 歓 ば せ ん の が 得 意 な の ? 「 え 」 中 条 の 声 は 聞 き 取 れ な い ほ ど 小 さ か っ た の で 、 理 久 は 聞 き 返 そ う と す る 。 だ が そ れ を 一 一 一 一 口 う た め の く ち び る は あ っ と い う 間 に ふ さ が れ て 動 か せ な く な っ た 。 篇 中 条 か ら の そ の キ ス に は 、 セ ク シ ャ ル な 色 合 い は 一 切 な く 、 た だ 感 動 的 に 甘 か っ た 。 蜜 く ち び る の 先 を 押 し つ け て 、 ほ ん の 少 し だ け 出 し た 舌 で 理 久 の う わ く ち び る を な ぞ る 疆 や が て 名 残 惜 し げ に そ こ を 離 れ た 中 条 の く ち び る は 、 愛 を 告 げ る た め の 言 葉 を 形 に し た 。 校 告 白 の 呪 文 だ 。 男 「 ア イ ラ ヴ ュ ー 」 制 寮 一 瞬 、 英 語 に は 聞 こ え な い 。 全 妖 精 語 な の か し ら と 、 理 久 は ば か み た い に ば か ん と し て 思 っ た 。 「 夏 目 」