検索 - みる会図書館

検索対象: 全寮制男子校物語!【兄弟篇】

全寮制男子校物語!【兄弟篇】から 238件ヒットしました。

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 【 兄 弟 篇 】 花 衣 沙 久 羅 COBALT-SERIES 、 ↓ 集 英 社 0 6

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


全 寮 制 - 男 子 校 物 語 い 。 第 一 話 第 ニ 話 第 三 話 C 〇 N T E N T S 嵐 を 呼 ぶ 美 貌 の 兄 弟 愛 と 欲 望 の チ ェ リ ス ト 風 薫 る ピ ア ニ ス ト ・ ・ 161 最 終 話 ゆ る き な き 明 日 へ の 序 曲 ・ 223 [ シ リ ー ズ 最 終 回 ] あ と が き 特 別 企 画 そ れ ぞ れ の 日 常 263 ・ ・ 282

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


く に え だ た つ や 「 国 枝 竜 哉 。 生 徒 会 の 役 員 だ け ど 、 ソ ラ と 同 じ 専 科 の 学 生 だ ぜ 。 指 揮 と ヴ ァ イ オ リ ン を 専 攻 し て る 。 ど っ ち も す げ ー 上 手 い よ 。 オ レ が 保 証 す る 。 な っ 、 な っ ? お ん な し 音 楽 専 攻 ど う し 、 こ い っ と な ら 仲 良 く や れ ん じ ゃ ね え ? 急 に 静 か に な っ て し ま っ た 宇 宙 を 、 菱 田 が 肩 か ら お ろ す 。 そ ら に い 「 宇 宙 兄 ! 」 駆 け 寄 っ て き た 弟 に も 、 宇 宙 は 無 言 だ 。 硬 く こ わ ば っ た 表 情 で 、 同 室 者 だ と い う そ の 少 年 を に ら ん で い る 。 や が て 宇 宙 の 手 は 弟 の ダ ウ ン ジ ャ ケ ッ ト に 伸 び 、 そ れ き り 握 り し め て 放 さ な く な っ た 。 こ , っ ん 篇 恒 袒 の 視 線 が 兄 の 横 顔 か ら 離 れ な く な る 。 弟 - そ ら に い 倪 ( 字 宙 兄 : : : ) 物 校 子 男 制 寮 全 専 科 ・ 音 楽 専 攻 に と び つ き り の 美 形 男 子 が 入 っ て き た ! ( 5 ) わ が ま ま な 貴 公 子 ひ し だ

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


か い ・ さ く ら 2 月 15 日 生 ま れ 。 福 岡 県 北 九 州 市 出 身 。 水 瓶 座 。 A 型 。 1993 年 ス ー バ ー フ ァ ン タ ジ ー 文 庫 「 戒 - ー KAI ー コ で デ ビ ュ ー 。 情 熱 を テ ー マ に セ ン セ ー シ ョ ナ ル な 旋 風 を 巻 き 起 こ す 。 コ バ ル ト 文 庫 に く き み が は し い 〉 、 く リ プ ロ デ ュ ー ス ・ ク ラ シ ッ ク 〉 、 く 蒼 ( あ お ) 〉 、 く ラ ブ ュ ー > 、 く エ デ ン 〉 の 各 シ リ ー ズ の 他 、 「 孵 化 」 、 「 蜜 柑 」 、 「 き み が 魔 法 使 い 」 、 「 恋 愛 少 年 」 、 「 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! 」 な ど が あ る 。 現 在 、 愛 猫 の シ ン と 共 に 東 京 都 在 住 。 趣 味 は 読 書 ・ 料 理 ・ WEB 制 作 等 。 今 春 か ら 習 い 始 め た フ ラ メ ン コ が だ い ぶ 楽 し く な っ て き た と こ ろ 。 こ の 本 が 出 る 頃 に は 発 表 会 の 模 様 で す 。 最 近 は ダ イ エ ー ホ ー ク ス に ハ マ り 、 福 岡 ド ー ム ま で 行 っ て 応 援 す る と い う 熱 中 ぶ り 。 公 式 ホ ー ム ペ ー ジ 【 沙 漫 沙 】 http://www.sakura-kai.com/ 【 兄 弟 篇 】 全 寮 制 男 子 校 物 語 ! COBALT-SERIES 2004 年 9 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 花 衣 沙 久 羅 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 - 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 0 SAKURA KAI 2004 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 図 書 印 刷 株 式 会 社 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の べ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4 -0 8-6 0 0 4 7 5 - 5 C 01 9 5

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


「 あ あ 。 こ こ な ん だ ? 」 い ん ら ん あ い か わ ら ず 淫 乱 だ な 。 こ こ ま で 感 度 の い い や っ 「 そ う 締 め つ け る も の じ ゃ な い 。 宇 宙 : ・ も そ う は い な い ぞ 。 実 は 向 こ う で さ ん ざ ん 遊 ん で き た ん じ ゃ な い の か ? 」 ソ / ・ ツ 、 ち か ・ そ ・ : 、 体 が : •) 体 だ け 、 自 分 の 意 志 と は 切 り 離 さ れ て ど こ か に 行 っ て し ま っ た か の よ う だ 。 た つ や こ の 夜 も 、 そ し て き っ と 明 日 の 夜 も 、 同 じ よ う に ぐ ち ゃ ぐ ち ゃ に か き 乱 さ れ て 、 竜 哉 の 好 き に さ れ て し ま う 。 そ う な っ て し ま え ば 、 も 、 フ ど 、 フ し よ 、 フ も な く な る の だ 。 今 に も 溶 か さ れ て し ま い そ う な 意 識 の 端 で 、 宇 宙 は 叫 ん で い た 。 こ ん な 、 全 寮 制 の 男 子 校 な ん か に 転 校 し て く る ん し ゃ な か 兄 ( こ ん な と こ 来 な き や よ か っ た ー こ う が 恒 河 語 物 校 子 男 き り ゆ 、 っ そ ら こ う が 桐 生 字 宙 が 弟 の 恒 河 と い 0 し ょ に 全 寮 制 の 男 子 校 ・ 菜 の 花 東 高 校 に 転 校 し て き た の は 、 今 か 全 ら ひ と 月 ほ ど 前 の こ と に な る 。 こ う が そ ら そ の 頃 、 宇 宙 を 悩 ま す も の は ま だ 、 直 河 と 音 楽 の 他 は 何 も な か っ た な は な ひ が し 0

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


な た つ や い っ た ん 開 か れ た 体 が 竜 哉 の や り 方 に 馴 れ る の は 早 か っ た 。 な じ た つ や た つ や 竜 哉 の や り 方 に 、 と い う よ り 竜 哉 そ の も の に 体 が 勝 手 に 馴 染 み 、 求 め ら れ る ま ま の 形 に 変 貌 し て ゆ こ う と す る の を 、 宇 宙 は 止 め ら れ な い 。 た つ や 竜 哉 は 絶 え ず 字 宙 を 言 葉 で 嬲 り 、 弟 に 自 分 た ち の 関 係 を ば ら さ れ た く な け れ ば 言 い な り に な き つ は く 篇 れ と 脅 迫 す る 。 た つ や た つ や 兄 、 、 ツ ド に 引 き ず ・ り こ ま れ た 。 字 宙 は し よ っ ち ゅ う 竜 哉 と ぶ つ か り 、 そ の た び 、 夜 は 竜 哉 の ヘ 日 々 は 熱 に 浮 か さ れ た よ う に 過 ぎ て ゆ く 語 物 校 子 男 寮 く に え だ ~ そ ら に い 「 宇 宙 兄 、 国 枝 さ ん の こ と 嫌 い な の ? 一 週 間 後 。 ( 6 ) キ ス な ぶ 0 へ ん ぼ う

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


お う か が く い ん こ 、 つ が 恒 河 は そ こ で 初 め て 、 菜 の 花 東 高 校 と 桜 花 学 院 高 校 と の あ い だ で 伝 統 的 に 行 わ れ て き た こ の 満 月 の 夜 の 行 事 に つ い て 知 っ た の だ 。 学 」 、 つ が ド ー ル 直 河 が 花 姫 に 選 ば れ た こ と を 知 っ て 、 猛 烈 に 反 発 し て き た の が 兄 ・ 宇 宙 だ っ た 。 そ ら に い 「 わ か っ た よ 。 僕 、 宇 宙 兄 が 来 て く れ る の を 待 っ て る ね 」 こ う が 「 あ あ 、 恒 河 。 約 束 だ 」 一 一 人 だ け の 音 楽 練 習 室 で 、 兄 弟 ど う し は 誓 い 合 う 。 パ イ レ ー ツ ・ デ ィ 海 賊 の 日 の 前 夜 、 兄 は ど う し て も 自 分 を 菜 の 花 東 高 校 か ら 連 れ 出 す と 言 い 張 っ た 。 こ ん な ば か げ た お 祭 り さ わ ぎ に 付 き 合 う 必 要 は な い と 言 っ て 。 パ イ レ ー ツ ・ デ ィ こ 、 つ 幇 ~ こ た だ が 兄 の 想 い に 応 え て 約 束 し た そ の と き で さ え 、 巨 河 は 自 分 が ど う に か し て 海 賊 の 日 の 夜 に ド 1 ル 篇 敵 の 花 姫 を さ ら い に 行 く だ ろ う と 知 っ て い た 。 こ 、 つ カ 倪 抑 え の 効 か な い 熱 い 血 が 、 血 管 の 中 で マ グ マ の よ う に 滾 っ て ゆ く の を 、 恒 河 は 止 め ら れ な い 語 て い た 。 物 校 子 男 制 全 「 し ゃ あ や つ ば り 、 翔 太 く ん が 僕 の 義 兄 弟 だ と い う の は 事 実 な ん だ ね 」 「 デ ー タ は そ う 一 言 っ て る な 」 し よ う た な は な ひ が し

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


「 オ レ と し よ 」 チ ェ ロ の 弓 を 持 っ た ま ま 、 ひ ょ い と 体 を 傾 け る 。 甘 く な ら な い キ ス 。 む と ん ち ゃ く み は こ う が 直 河 は 目 を 瞠 っ た け れ ど 、 兄 が 求 め て く る こ と に は わ り と 無 頓 着 な 弟 だ 。 そ の ま ま 字 宙 の し た い こ と が 終 わ る の を 待 つ 。 そ ら や が て ゆ っ く り と 宇 宙 の 唇 が 離 れ た こ う が 巨 河 は じ っ と 兄 の 瞳 を 見 つ め る 。 篇 黒 い 瞳 に 透 け る 秘 密 の 色 。 こ 、 つ が 兄 巨 河 は 言 っ た 。 そ ら に い 「 宇 宙 兄 。 ィ ッ コ 貸 し 」 語 校 「 う る せ え よ 」 男 ぶ ん と あ ご を 上 げ て 、 宇 宙 が 自 分 の 椅 子 に 戻 る 寮 身 内 の キ ス と は 違 う 。 調 弦 を 始 め な が ら 、 字 宙 は 何 が 違 う の か 考 え た 。 味 ? 遺 伝 子 ? 体 温 ? : 体 温 。

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


み と が そ う し て 山 の ほ う へ 駆 け て ゆ く 宇 宙 の 姿 を 見 咎 め た 男 た ち が い た 。 三 年 の あ ま り 評 判 の 良 く な い グ ル ー プ の 少 年 た ち だ 。 授 業 は 当 然 の よ う に さ ば っ て い る 最 中 だ っ た 。 「 へ え ? 兄 貴 の ほ う だ ぜ 。 一 人 か よ ? 「 み た い だ な 」 「 い い ね え 。 ず い ぶ ん 生 意 気 ん だ っ て ? 「 あ あ 。 上 級 生 と 目 が あ っ て も 、 ア イ サ ツ も し や が ら ね え っ て ハ ナ シ だ ぜ 」 「 そ れ は そ れ は 」 「 あ ん ま り エ ラ そ 、 つ に の さ ば っ ち ま 、 則 に 、 一 度 き っ ち り シ メ と か ね え と な あ 「 ふ ー ん ? ボ デ ィ ガ ー ド も い ね え み た い だ な 。 完 全 に 一 人 だ ぜ ? し た ふ ん い き 少 年 た ち は 今 に も 舌 な め ず り を し そ う な 雰 囲 気 で 目 配 せ を し 合 う 。 倪 腕 に 覚 え の あ る 少 年 が 、 ふ か し て い た タ バ コ を つ ぶ し て 笑 っ た 。 「 チ ャ ン ス し ゃ ん ? 語 物 校 子 男 制 寮 全 「 お い 弟 。 兄 は ど う し た ? 」 「 は ? 」 カ ワ イ イ

全寮制男子校物語!【兄弟篇】


美 形 だ か ら と い う わ け で は な く て 、 幼 い 頃 か ら い つ も そ ば に あ っ て 、 見 て い る と そ れ だ け で 安 心 し た 。 と 、 宇 宙 が 天 を 見 上 げ た ま ま 、 ほ っ り と つ ぶ や く こ う が 「 な あ 、 恒 河 。 今 度 の 学 校 さ 、 全 寮 制 な ん だ よ な 」 こ っ ち し ん せ き 「 う ん 。 日 本 に は 僕 た ち を 預 か っ て く れ る 親 戚 な ん か い な い か ら 、 こ う い う 全 寮 制 の 学 校 が あ っ て 助 か っ た よ ね 。 僕 た ち は 初 め て だ か ら 不 安 だ け ど 、 き っ と す ぐ に 慣 れ る よ ね 。 大 丈 夫 だ し よ う ぶ 」 「 あ あ 。 大 丈 夫 さ 心 配 す ん な 。 お ま え は 体 が 弱 い し 、 最 初 は パ ニ ッ ク 起 こ す か も な 。 で も ち ゃ ん と オ レ が 面 倒 み て や る か ら 安 心 し ろ 。 ・ : け ど 」 巐 「 け ど ? 」 兄 「 オ レ た ち 、 学 年 違 う だ ろ ? そ う い う 場 合 寮 で 一 緒 の 部 屋 に な れ る と は 限 ら な い よ な 」 「 え っ ? こ 、 つ ~ 語 物 考 え て も み な か っ た こ と を 言 わ れ て 、 巨 河 は 目 を 丸 く す る 。 子 字 宙 が 弟 の そ ん な 顔 を 見 て 、 ふ っ と 苦 笑 い し た 。 贐 「 お ま え っ て ほ ん と 、 な ー ん も 考 え て な い よ な あ 。 時 々 う ら や ま し く な る ぜ 」 全 「 で 、 で も 、 た の ん で み よ う よ 。 僕 た ち は 中 途 半 端 な 時 期 の 転 校 生 な ん だ し 、 案 外 な ん と か な 片 る か も 」