公益財団法人 - みる会図書館


検索対象: 全ての本
202373件見つかりました。

1. あうる 2012年 夏号

投資される財源は減少の一途をたどっています。これは本来、自立 的判断ができる個により構成されるべき民主国家にとって、その存 立基盤を脅かすものであるといえるでしよう。わが国は、天然資源 に乏しく、国力の源泉の多くを人材に負っています。国民の知力を 高めることか即ちわか国の発展の原点でありましよう。その根底を 支えるのが、図書館であるはすです。 ・カー、不キーと 幻世紀初頭、「アメリカの鋼鉄王ーアンドリュー カーネギー財団は、アメリカ国内に 1600 以上もの公共図書館設 立のための資金を寄付しました。それがアメリカの公共図書館の発 展の基盤となり、現在では図書館のデータベース機能と情報技術の 飛躍的進化が結びついて、アメリカの国力の源となっています 図書館に対する社会の認識を、無料で本が読めるところというレ ベルから、個人の自立を支援する教育の場であり、知的立国のイン ノ、ラ ) 、し J フラストラクチャーである、とい , っレベルへと転換させてい か、わが国の永続的な発展に寄与することと確信します。 公益財団法人図書館振興財団の成り立ち 公益財団法人図書館振興財団は、 2012 年 4 月 1 日に、財団法人図書館振興財団と zæo 「図書館の 学校」の事業を一体化し、図書館振興のためにさらな る貢献を目指し、改めてスタートいたしました。前身 の財団法人図書館振興財団は、株式会社図書館流通 センター ( 以下 ectO ) の年にわたる事業の成果を理事長石井昭 株式会社図書館流通センター代 もとに、億円の基金 ( 基本財産億円、運用財産 表取締役会長。 1960 年株式 億円 ) により、わが国の図書館振興に尽くすことを 会社学校図書サービスを創業。 目的として、年ⅱ月に文部科学省より設立 979 年社団法人日本図書館協 会整理事業部の業務を継承する 認可を受けました。その時の設立趣旨は右に示すと 形で創立された株式会社図書館 おりです。公益財団法人図書館振興財団となっても 流通センターの代表取締役専務 この趣旨を継承します。 に就任。 1992 年同社代表取締 役社長に就任。 0

2. 明解漢和辞典 新版 長澤規矩也編著

【公庁】ウ 1 公巍。やくば。おおやけの役所 と。公人と私人と。社会と個人と 〇裁判。事件〇役所の机@〔仏〕禅宗で悟道の字 る 【公田】 (D 導井田の中央の田、その周囲の八【公社】 (D 国の全額出資によってつくられたために考えさせる問題 え 家が協力して耕作し、その収入を租税とす公共のための企業団体〇官社。政府で設け【公益】公衆の利益。世間一般の利益 る〇官有の耕作地 「るた、神を祭るところ 【公家】 (D 天子の家。皇室。公室〇天子〇殿 【公布】ハウ一般にふれ示す。一般の人に知らせ 1 【公売】イ公賣。公告して競売する 上に奉仕する高官。殿上人。公卿 【公平】平等でかたよらない。えこひいきや【公判】鍔〔法〕公開の法廷で犯罪の有無を審」【公称】ウ 1 公稱 (D 表向きにそうよ・ふこと 0 」正 不正がない。公明正大 【公余 = ウ 1 公餘。公務の余瑕 L 理する【公孫】 O 王侯の孫〇貴族の子孫 L 公の名称補 【公辺】鍔 1 公邊。公儀 O 朝廷または政府〇お【公利】ウ公共の利益。公益 公孫丑芻ン↓孟竓子のでし、政治を好んだは もてむき。おもてざた。おおやけ 【公里】ウキロメートル、わが九町一 0 間 【公孫弘漢の武帝に仕えた儒学者 【公民】市町村の公務に関係する権利・義務一公函一 % 同級または従属関係がない役所間」【公孫述芻ン 王莽竓の末年、蜀銘王と自称し、 のある人民。公民としての資格のある住民【公金】政府または公共のかね L の公文書国を成と号したが、光武帝に殺された る 【公用】 () 共同の使用〇おもてむきの費用。【公使】っ () 公事につかうこと。おおやけの使【公孫衍一一芻戦国の魏の人、秦のために斉・魏 国家や公の費用〇官庁や公の用務。公務。 X 」用〇外国に駐在し、自国を代表する外交官、に説いて趙を攻め、蘇秦 , の従約を破 0 た 【公立】 % 地方自治体の設立。 X 私立 L 私用大使に次ぐもの 〔公孫毫ウソン , 、ウ 1 公孫龍。戦国の趙の学者、↓堅案 【公安】公共の安寧。社会の秩序と平和と【公事】 (D おおやけの仕事。政治上の公白同異の弁をふるった詭キ弁家、公孫竜子は正 【公安体 1 公安體。明末、公安の袁宗道兄務〇公共の事がら。 x 私事〇朝廷の年中行事その著という は ( 公孫鞅芻戦国の衛の人、↓刑名の学を修 弟が↓古文辞派に反抗して起こした文人の @おもてだった事がら⑩うったえ。訴訟 一派ゞ白居易らの清新の作風を好んだ 【公述】ッ公聴会で意見をのべる め、秦の孝公に仕えて富国強兵の実をあげ、二 商君とよばれた、商子はその著という 【公会】 1 公會 () おおやけの会合。公用のた【公所】 () やくしよ。官庁〇君主がいる所 めの会合〇公衆の会合 0 公開の会合 @同」【公定】霧おおやけにさだめる。一般のさだめ公孫僑こ芻ン春秋鄭←国の大夫、↓子産 【公共】芻ウ (D 社会一般〇公衆のための L 業組合【公表】ウ公式に発表する。世間一般への発」【公孫樹】 1 いちょうの木。銀杳の木 【公行】公然と行なう。おおっぴらに行なう【公府】ハウ役所。三公の役所 L 表【公党】 1 公黨 O 公然と主義・方針を発表し堋 当 【公式】 O おおやけに定められた法式。正式。【公武】たウ公家と武家と。朝廷と幕府と た覚派〇公然と政策を発表した政党 は 本式〇〔数〕計算の方法を文字で示す式 【公服】島官服。官吏の制服 【公許】おおやけにゆるされる。官許 【公団】 1 公團。政府の出資と責任とのもと【公法】 (l) おおやけのおきて〇〔法〕統治また一公娼】ウ官庁の許可をえた、公認の売春婦 に、重要事業の実務をとる公共企業団体 は権力に関する法律、憲法・行政法・刑法な【公設】公共団体で設立したもの。 X 私設 字 【公有】国家や公共団体の所有。 X 私有 ど。 X 私法「い。天地にはしない心。光明正大【公族】王侯の同族。諸侯のみうち 一公羊伝】。「・公羊傳。春秋の書法を注釈説【公明正大】心が潔白で道理正しく大き一【公堂】 (D 学校〇法廷「団体の職務「ーー員」胼 明した書、公羊高の作と称するが、未詳 【公門】 O 宮門〇役所の門@役所 【公務】 (D 務めの上のしごと。公用@国・公共一当 【公吏】 (D 公務を取り扱う役人〇地方公務【公海】「公海。どの国の領分にも属さない【公理】 ()l 般に通用する道理。だれでも正は 員 OX 官吏 「〇一般に通しることば海。各国が自由平等に使用できる海洋。 X 領当と認める道理〇〔数〕証明をしなくとも明【】 【公言】 (D はっきりという。公然と発表する一海 「家が協議してきめた条約らかな真理 「を許す。 X 秘密の 【公告】ひろく公衆につげ知らせる 【公約】 O 社会に発表した約東 @多くの国一【公開】公衆に開放する。一般の傍聴・観覧一字 コウカイ 【公私】 % おおやけとわたくしと。政府と民間【公案】島 (D 法律によって処理する役所の文書【公開状】ジ 1 公開状。公衆の批判を求める親 2 【八・八・ / 、・リ】 2 コウ 一岩

3. ジュリスト 2016年11月号

解説 財団法人の設立に際しては , 設立者が 根本規則である寄附行為 ( 旧民法の場 合 ) 又は定款 ( 一般社団・財団法人法の場合 ) を作成することとなる。 旧民法は , 財団法人の寄附行為の変更に係る 規定を欠いていたが , 学説は , 財団法人は , 設 立者の決定した根本規則に基づき理事が活動す るだけであって , 法人の活動を自主的に決定す る機関を持たないことから , 寄附行為は原則と して変更することができず , ただ , 寄附行為に 変更の方法を規定している場合には , 寄附行為 の実行として変更が可能であるなどと解するの が通説的見解であった ( 我妻榮・新訂民法総則 182 頁等 ) 。この場合 , どのような範囲の変更 が可能であるかは , 財団法人の設立者が寄附行 為の定めによってどの範囲の変更を許容してい るかという個別的な認定に係る問題であると考 えられる。この点が直接問題となった判例 , 裁 判例は見当たらないが , 寄附行為の変更の認可 に係る主務官庁の実務はこれと同様の立場から 運用されていたようにうかがわれる。 平成 18 年に成立 , 公布された一般社団・財 団法人法及び公益社団法人及び公益財団法人の 認定等に関する法律においては , 法人格の取得 と公益性の判断を分離し , 剰余金の分配を目的 としない社団又は財団について , その行う事業 の公益性の有無にかかわらず , 準則主義により 簡便に法人格を取得することができる一般的な 法人制度を創設し , そのうちで公益目的事業を 行うものは内閣総理大臣等の認定を受ければ公 益社団法人又は公益財団法人となることができ るとされた。このような制度の下における一般 財団法人の定款変更については , ①目的並びに 評議員の選任及び解任の方法に係る定款の定め ( 以下「目的等の定め」という ) を除き , 評議 員会の決議によって変更することができ ( 一般 社団・財団法人法 200 条 1 項 ) , ②設立者が原 始定款において目的等の定めを評議員会の決議 により変更することができる旨を定めた場合に [ Jurist ] November 2016 / Number 1499 90 は , 評議員会の決議によってこれを変更するこ とができ ( 同条 2 項 ) , さらに , ③設立当時予 見することのできなかった特別の事情によっ て , 目的等の定めを変更しなければ運営の継続 が不可能又は著しく困難となるに至ったとき は , 裁判所の許可を得て , 評議員会の決議によ り , これを変更することができるとされている ( 同条 3 項 ) 。立案担当者は , ① , ②のとおり目 的等の定めの変更の可否を設立者の意思に委ね たことにつき , 一般財団法人は設立者の定めた 目的を実現するための法人であり , その運営等 の根幹部分につき設立者の意思が尊重される仕 組みとすることが相当と考えられるからである と , また , ③につき , そのような場合にも定款 変更を一切許容しないとすれば , かえって法人 運営の機動性・柔軟性を阻害するため , 定款変 更を認めることがむしろ設立者の合理的意思に も合致すると考えられることから定款の変更が 認められると , それぞれ説明している ( 新公益 法人制度研究会編著・一問一答公益法人関連 三法 145 頁 ) 。一般社団・財団法人法に基づく 一般財団法人の定款変更の範囲について具体的 に論じた学説や , 判例 , 裁判例は見当たらな 旧民法の規定に基づき設立された財団法人 は , 一般社団・財団法人法及び整備法の施行に より , 一般社団・財団法人法の規定による一般 財団法人として存続しつつ整備法の定める経過 措置が適用される特例財団法人となる。この特 例財団法人が一般財団法人に移行するに当たっ ては , その保有する財産は寄附や税制優遇を受 けて形成されてきた公益的性格を有するもので あり , これが , 事業内容や残余財産の帰属が法 人自治に委ねられる通常の一般財団法人に移行 することで , 無制限に公益目的以外に費消され ることは適切ではないことから , 整備法では , 移行の時点の純資産を基礎として算定した額に 相当する額を , 通常の一般財団法人に移行後 , 計画的に公益の目的に支出させる制度として公 益目的支出計画の作成を要することとされてお り ( 整備法 119 条 1 項・ 123 条 1 項 ) , 立案担

4. ジュリスト 2016年11月号

民事 特例財団法人は , その同一性を失わせるような 根本的事項の変更に当たるか否かにかかわら ず , その定款の定めを変更することができるか 最高裁平成 27 年 12 月 8 日第三小法廷判決 平成 25 年 ( 受 ) 第 2307 号 , 寄附行為変更無効確認等請求事 件 / 民集 69 巻 8 号 2211 頁 / 第 1 審・京都地判平成 24 年 3 月 27 日 / 第 2 審・大阪高判平成 25 年 7 月 19 日 Nomura Takenori 最高裁判所調査官野村武範 事実 本件は , 宗教法人である X ( 原告・控 訴人兼被控訴人・被上告人 ) が , 一般社 団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益 社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法 律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律 ( 以下「整備法」という ) による改正前の民法 ( 以下「旧民法」という ) に基づき財団法人と して設立され , 平成 20 年の一般社団法人及び 一般財団法人に関する法律 ( 以下「一般社団・ 財団法人法」という ) 等の施行により一般財団 法人として存続しつつ整備法に定められた経過 措置が適用される特例財団法人となり , 平成 23 年に通常の一般財団法人に移行した Y ( 被 告・被控訴人兼控訴人・上告人 ) に対し , Y の寄附行為に加えられた 4 件の変更の無効確認 等を求めた事案である。上記変更のうち , 特例 財団法人から一般財団法人への移行時にされた 2 件の変更について , 法人の同一性を失わせる ような根本的事項の変更である場合には無効と なるか否か等が争われた。 事実関係の概要等は , 次のとおりであ Ⅱ る。 Y は , 大正元年 , A 宗 B 派の門徒らにより , 旧民法に基づく財団法人として設立された。設 立時の Y の寄附行為には , ① Y の目的につい て定める条項 ( 以下「本件目的条項」という ) において , Y は B 派の維持を目的とするもの 最高裁時の判例 と , ② Y の解散に伴う残余財産の帰属につい て定める条項 ( 以下「本件残余財産条項」とい う ) において , Y の解散に伴う残余財産は B 派に寄附するものと , ③ Y の寄附行為は所定 の手続を経てこれを変更することができるもの とする定めがあった。 X は , 昭和 27 年に宗教法人として設立さ れ , B 派の地位を承継した。 Y は , 平成 20 年 12 月 , 一般社団・財団法 人法及び整備法の施行により特例財団法人とな り , その寄附行為は定款とみなされた。さら に , Y は , 平成 23 年 2 月 , 整備法 45 条の認 可を受け , 通常の一般財団法人に移行したが , ーの際①本件目的条項が , 広く仏教文化を興 隆する事業を行うことにより世界の精神文化発 展に寄与すること等を目的とする旨に , ②本件 残余財産条項が , Y の残余財産は類似の事業 を目的とする公益法人等に贈与する旨に変更さ れた。 原審 ( 第 1 審同旨 ) は , 上記の 2 件の Ⅲ 寄附行為の変更は Y の同一性を失わせ るような根本的事項の変更であるから無効であ るなどとして , その無効確認等を求める限度で X の請求を認容すべきものとした。 これに対して Y が上告及び上告受理申立て をしたところ , 最高裁第三小法廷は , 上告受理 申立て事件を受理した上で次のとおり判示し て , 上記の 2 件の寄附行為の変更に関する X の請求を棄却した。 判旨 「一般社団法人及び一般財団法人に関する法 律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等 に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に 関する法律」 42 条 1 項に規定する特例財団法 人は , 所定の手続を経て , その同一性を失わせ るような根本的事項の変更に当たるか否かにか かわらず , その定款の定めを変更することがで きる。 [ Jurist ] November 2016 / Number 1499 89

5. 日本大百科全書 21

ほうじん 傍心 ほうじんかくのては、資産・負債および資本、固定資産の種類 を主張した ( 法人実在説 ) 。法人実在説が通説表機関としては理事 ( 公益法人の理事、株式会法人格のない社団・財団 しやだん けんりの・つりよく 別増減、損益、人件費、一時保有の有価証券、 ないしやだん・ざいだん 0 権利能力のない社団・ とされるが、最近ではさらに一歩を進めて、そ社の代表取締役など ) があり、これがすべて法 ざいだん 投資勘定明細、業種別売上高である。調査結果 れぞれの説は、法人のある一面を述べているの人を代表する。理事は他方、法人の対内的業務財団 ほうじんかくひにんのほう は、年報については『財政金融統計月報』の特 であるから、その実在としての側面、および法をも行う。意思決定の機関としては、社団法人法人格否認の法理 特定の事案解決に際し、その具体的妥当を集号および『法人企業統計年報』として、季報 には社員総会 ( 公益法人の社員総会、株式会社 技術としての側面をそれそれ明らかにしていく については『法人企業統計季報』として、いず の株主総会など ) がある ( 財団法人は寄付行為図るため、会社の法人格を否認し、会社と支配 べきだ、という学説も有力である。 〔種類〕法人格の担い手が人の集合 ( 社団 ) で者の意思に従って動くから、最高の意思決定機株主 ( 社員 ) とを同一視することをいう。このれも大蔵省より公表されている。〈高島忠〉 ばうしんごうきん damplng alloy 法理はあくまでも個別事案におけるものであっ防振合金 あるか財産の集合 ( 財団 ) であるか、に応じ関は存在しない ) 。 て、社団法人と財団法人とに区別される。ま〔消滅〕法人は解散により、清算段階 ( 財産のて、会社の解散命令とは異なる。法人格否認の振動の減衰の著しい合金。機械の振動発生源に 法理には、二つの態様が認められている。その使用して騒音を防ぎ、また共振状態になること た、公益を目的とするものを公益法人 ( 民法一一一整理をする段階 ) に入り、消滅する ( 民法六 四条 ) 、営利を目的とするものを営利法人 ( 会条以下、商法四〇四条以下など ) 。↓社団法人一つは、いわゆる形骸化の場合といわれているを防止するための合金である。減衰の原理から ↓財団法人↓公益法人↓営利法人↓外国法ものである。すなわち、会社の法人格を否認次のように分類される。①母相と第二相界面の 社 ) 、公益も営利も目的としないものを中間法 〈淡路剛久〉し、会社と支配株主を同一視することによっ流動 ( 片状黒鉛鋳鉄など ) 、②磁性合金中の磁 人 ( 各種協同組合、労働組合など ) という。さ人 ほうじん仏教用語。サンスクリットて、会社財産より弁済を受けられなかった会社区の移動 ( 鉄ークロムーアルミニウム合金 = サ らに、日本に主たる事務所を有し、日本の法律報身 しし、そ語サンポーガカーヤ sambhogakäya の漢訳債権者が、支配株主に対しても会社に対する債イレンタロイなど ) 、③双品やマルテンサイト に従って設立されるものを内国法人と、 おうじん ぶっさんじんほっしん れ以外を外国法人という。最後に、公権力の行で、仏の三身 ( 法身、報身、応身 ) の一つ。悟権をもって請求しうるとするものである。もう相の境界の移動 ( ニッケルーチタン合金Ⅱニチ ばさっ ノール、およびマンガンー銅合金など ) 。その 使を主たる目的とし ( たとえば、国や地方公共りを求める人 ( 菩薩 ) が仏になるための因とし一つが濫用といわれる場合である。この場合 くどく ほか、マグネシウム合金も減衰能が大きいので は、会社と支配株主が同一視されることによっ 団体など ) 、あるいは、特定の行政目的のためての行を積み、その報いとしての功徳を備えた 〈須藤一〉 利用される。↓形状記憶合金 1 一口 こ設立される法人 ( たとえば、公共組合、公仏の身体。また報身には法身、応身を統合したて、支配株主に対する債権者が会社 ( 財産 ) に ばうしんーー振動や衝撃の伝達を も責任を追及しうると認められたり、会社のな防振ゴム しし、それ以外の法ような概念があり、永遠な真理が現存する生き 団、公庫など ) を公法人と、 した取引が支配株主の第三者に対する競業避止防ぎ、または緩和させる目的で使われる加硫ゴ た姿として現れた仏身を意味する。↓応身↓ 人を私法人という。 コム製のばねということもできる。防 〈坂部明〉義務に違反した取引であると認められたりするム製品。、、 〔設立〕法人の設立については、特別の法律を法身↓仏身 〈永井和之〉振ゴムは、機械の運転に伴う振動あるいは衝撃 ことになる。 必要とする特許主義 ( 日銀など ) 、設立に許可傍心ばうしん三角形の一つの角の内部に を要する許可主義 ( 民法の定める公益法人、同あって、三角形の一辺と他の二辺の延長とに接法人企業統計ほうじんきぎようとうけいわが基礎に伝わるのを防止するのに使われる。デ ィーゼル発電機、コンペャー、鍛造機、油圧プ 、その円をが国の大蔵省が、企業経営の実態を把握する目 する円の中心を三角形の傍心といし 法三三条・三四条 ) 、一定の要件に合致してい れば設立を認めなければならない準則主義 ( 商傍接円という。傍心は、三角形の一つの角の一一的で毎年行う調査に基づく統計であり、その調レスなどを防振ゴムで支持するのはこの例で、 法の定める営利法人、同法五七条など ) 、自由等分線と他の二つの角の外角の二等分線の交点査範囲および頻度の面から、わが国の企業経営振動による公害対策として広く使われている。 またこれとは逆に、基礎の振動、衝撃が機械に に設立できるとする自由設立主義 ( わが国ではであり、三角形の三つの角の内部に一つずつ計に関する統計の代表的なものとされている。 一般に企業に関する統計は、静態的な企業構伝えられるのを防止するのにも防振ゴムは使用 三つある。三角形の三辺を延長してできる三つ 認められていない ) 、などがある。 〔活動〕法人はその機関を通じて活動する。代の直線から等距離にある点は、内心と三つの傍造に関するものと、動態的な企業経営に関するされる。鉄道車両の台車につけられているばね ものとに大別される。後者に関する統計は、各系、自動車の懸架装置、精密工作機械の弾性支 心の四つである。また、四面体についても傍 、し、し 心、傍接球を考えることができる。〈柴田敏男〉企業で作成される財務諸表を基礎資料として作持などはこの例である。防振ゴムの形状は圧縮 傍内 せ人だん みん 形、剪断形、複合形があり、目的により適宜使 封神演義ほうしんえんぎ中国、明代の長編成されるものが多いが、この法人企業統計は、 一六一九 ) なかばの成立と考え総務庁長官の指定により国が実施者となって行用する。防振ゴムは形状、寸法を適当に選ぶと 小説。万暦 ( 一五七三 ~ られる。『封神伝』『封神』ともよぶ。一〇〇う特別の調査である「法人企業統計調査」 ( 指上下、左右、前後の三方向のばね定数を希望の りくせいせい あぎなちょう 回。作者陸西星 ( 一五 = 0 ー一六 0 四以降 ) は字を長定統計第一一〇号 ) に基づくものであり、対象値にできる特徴がある。またゴムの内部摩擦は 庚といい、道教丹道派東派の開祖で潜虚真人と企業の決算期に応じて行われる年報 ( 調査 ) 金属に比べて一〇〇〇倍以上も大きいので、共 りよう ) んきようじゅっし と、毎四半期末現在で行われる季報 ( 調査 ) 振時の振幅を押さえたり、衝撃に伴う自由振動 号し、『ガ壺外史』『南華副墨』『楞厳経述旨』 だつぎ を早く減衰させるのにも都合がよいとくに高 などの著述がある。妲己に惑わされ無道な行い とに分かれている。 ちゅう きようしが 調査対象は、金融業および保険業を除く全国周波振動を吸取する長所がある。しかし、耐高 を続ける紂王と、姜子牙 ( 太公 ) を軍師とした せん 温・低温性に問題があり、油に浸すと膨潤する 文王・武王の争いに、仙界の二大派閥、闡教との営利法人であり、資本金一〇億円以上につい 截教が参加し、子牙により戦死した多数の仙人ては全法人、それ未満の法人については層別抽ので、このような場合には耐油性ゴム ( ウレタ ンゴムなど ) を使用する配慮が必要である。↓ が神に封ぜられることをもって終わる。殷周交出による。ただし、季報においては、資本金一 〈中山秀太郎〉 代にかかわる伝承をもとに、明代後期の三教合〇〇〇万円以上の法人が対象とされる。調査事緩衝装置 ほうじんぜい法人所得を課税標準と 一思想や民間の説話・俗信を交え、西星が自己項は、年報については、資産・負債および資法人税 して、法人に課される税。アメリカでは所得税 3 本、損益および剰余金処分表、費用、役員およ の思想をもって統一したもの。先行する作品に の一種として考えられており、法人所得税 cor ・ は『武王伐紂平話』がある。 〈大塚秀高〉び従業員数、業種別売上高であり、季報につい せつ

6. 三省堂漢和辞典 第3版

瀟湘八景、平沙サ落雁遠浦帰帆・△丈八、亡八、尺八 【公方 )8 品緲ウ〇私心がなくて正しい〇朝式。本式 0 〔数〕計算の方法を文字で示す もとー 2 ア (D アゲマキ。つの髪。廷 0 将軍または幕府の称④公事 【公有】芻国家や公共団体の所有 L 式 山市晴嵐江天暮雪・洞庭秋月・瀟湘 ( 公羊ウ姓の一、複姓 揚げ巻。総角 0 また。ふたまた【公司】会社のこと「有限ーー」 夜雨・煙寺晩鐘・漁村タ照〇近江ノ ウ s- 公羊傳。導春秋の書法を 一公羊伝】デ 景、堅田落雁・矢走帰帆・栗津晴【 >- 頭ウⅡ了鬟 () 年の若いむすめ、あげ【公示】ひろく一般の人に示す 嵐・比良暮雪・石山秋月・唐崎の夜まきにゆうから 0 こしもと。小間使 【公主】天子のむすめ、天子がむすめを諸注釈説明した書、公羊高の作と称するが、 「公務員。 X 官吏 @ケイ (D 音調を助ける助字、楚ソ侯に嫁入りさせるとき、天子自身が婚礼を未詳 雨・三井い晩鐘・瀬田タ照 0 このほか 地方で主として使われた 行えないから、同姓の諸侯または三公に【公吏】 O 公務を取り扱う役人 0 地方 金沢八景など各地にもある 「正しい【公言】〇はっきりという。公然と発表す 【八達】勢八方に道が通ずゑ交通が便利、ム】、ム公旧字 0 ウ多 (l) 一代用 = た 0 で公主と【う 【八道】 O 〔日〕東海道・東山道・北陸 / , ( ホ ) ャケ。 x 私④社会一般に【公正】務 O 私心がなくて正しい〇明白でる 0 一般に通じることば 道・北海道・山陰道・山陽道・南海道・西関すること。社会的。公共的「ー害」 @お【公庁】芻ウ公廳。役場。地方自治体の役【公告】役所が広く公衆に告げ知らせる 【公私ウおおやけとわたくしと。政府と民間 海道 0 朝鮮で、京畿キ道・江原道・成乃鏡上。役所に関すること 6 朝廷 @おもてだ「所。公共団体の役所 道・平安道・黄海道・忠清道・慶尚 ~ ョ道・たこと。おもてむき。公然。きつばり①かたよら【公田】芻 O ↓井田の中央の田、その周囲と。公人と私人と。社会と個人と 「とないこと。公平 6 正しい「ー心」①共同的。の八家が協力して耕作し、その収入を租税【公社】芻国の全額出資によって造られた 全羅ラ道 「知らせる公共のための企業団体 『八裂レ八つ裂き。ずたずたにきりさくこ共有的⑦地方自治体「ー立」 X 国。 X 私とする 0 官有の耕作地 公賣。公告して競売する 一八愷】古伝説に、八人の和徳ある人、愷⑦全般に関すること 0 キミ④天子。君主【公布ウ広く一般にふれ示す。一般の人に【公売】 は和の意、蒼舒芻・饋敗・檮載・大臨・ @五等の爵位の最上級諸侯の敬称〇【公平】平等でかたよらない。えこひいきや【公判】鍔〔法〕公開の法廷で犯罪の有無を L 審理する 長者の敬称①同輩の敬称公務。公職。不正がない。公明正大「 ( 韓詩外伝七 ) 【公冾ウ姓の一、複姓 尨降・庭堅・仲容・叔達 【八旗瓢ッ清朝えりぬきの近衛ラ兵、初め、 x 私事@役所父の敬称因祖父①夫の【公平無私】齶ハ公平で少しも私心がない【公余ウ公餘。公務の余暇 黄・白・紅・藍ち四旗をおき、のちに夂 ~ ・父 @姓の一の〔日〕軽視して、名まえの下【公辺】鍔づ公邊。公儀〇朝廷または政府【公利】公共の利益。公益 【公里】キロメ 1 トル、わが昔の九町一 0 間 に分けて満洲 ~ = 八旗とし、さらに、蒙 ~ につける語「八ー、熊ー」①〔日〕犬・猫一 0 おもてむき。おもてざた。おおやけ などの愛称につける語 【公民】国家や市町村の公務に関係する【公函】〇同級または従属関係がない役 古・漢の八旗をおき、計二十四旗とした 権利・義務のある人民。公民としての資格所間の公文書〇公文書 【八穀】八種の穀物、黍・稷稲・粱・〔当 へ公公 のある住民 【公金】男役所や会社などのかね 「の一種の名称 禾擘麻・菽・麦 【八端】勢たてよこにしま模様がある絹織物【公人】窈公職にある人。おおやけの人【公用】芻〇共同の使用〇表向きの費用。【公使】 O 公事に使うこと。おおやけの使 【公子】 O 諸侯の子〇貴族の子。きんだ国家や公共団体の費用 0 官庁や公の用用 0 外国に駐在し、自国を代表する外交 【八閲月】ハ八か月、閲はすごす意 務。公務。 X 私用国や公共団体の使用官、大使に次ぐもの 【八潮路】に遠い海路「一部が乗 0 た船ち。わかとの 0 他人の子の尊称 コウジ O おおやけの仕事。政治上の @ 一般公衆の使用 「と【公事クジ 【八幡船】ン足利靆時代の末、倭寇「ウの【公子王孫】芻ルン貴族の子弟 【八難】勢 O 八つの災難、飢・渇・寒・暑・水・【公斤】芻キログラム、わが国の 0 ・ = 套貫【公安】公共の安寧。社会の秩序と平和公務〇公共の事がら 0 朝廷の年中行事 コウづ公會 O おおやけの会合。公用の④表だった事がら@う 0 たえ。訴訟 【公会】カイ 火・刀・兵 0 〔仏〕修行をさまたげる八つの【公元】西暦。キリスト教紀元 ための会合 0 公衆の会合〇公開の会合【公述】ッ公聴会で意見をのべる 障害、地獄・餓鬼・畜生・北拘廬洲ウ【公尺】召クメ 1 トル、わが国の三・三尺 【公定】 O 役所で定めた 0 一般の定め コウリットル、わが国の 0 ・五五升 @同業組合 ( 欝単越じ・長寿天・聾盲瘠唖癶ウ・、 【公升】ショウ 世智 ' 弁聡 ~ ・仏前仏後に生まれた苦しみ【公分】たウセンチメートル、わが国の 0 ・ = 三寸【公共】芻ウ〇社会一般〇公衆のための【公表】ウ公式に発表する。世間一般への 〇いろいろな欠点 「が多いところ【公文】窈〇おおやけの文書〇役所や団体【公行】芻公然と行う。おお 0 びらに行う【公府ウ〇役所 0 三公の役所〔発表 【公式】芻 O おおやけに定められた法式。正【公武】公家武家と。朝廷と幕府と 【八衢】麓 O 道が八つにわかれるつじ〇交通から出す文書。公文書 熟語の【】の中とレの下とは現代表記、 X は対語、北は類義語、 ( 文 ) は文語表現 ハチー 2 コウ

7. あうる 2012年 秋号

です。私が長く図書館に関わる仕事ができたのは、これらがあては 0 まったからでしょ , っ 学校図書の巡回販売から図書館流通センターを設立し、 「図書館の学校、を立ち上げ、 2008 年Ⅱ月に図書館振興財団を スタートさせました。このように図書館に関わってきたのは、図書 館こそ日本人の知性と判断力を育てると確信しているからです。 後藤新平日く、「教育は自立した人間を作る」。その自立とは、 「自立Ⅱお世話にならすにお世話する」ということですか、そうい う人間を作るのに図書館が有効です。アメリカの大学生に比べ、日 本の大学生は図書館を使わない。だからか、学校を出ると、たちま ち学ばなくなる。しかし、自分で問題提起し、図書館に調べにきて 「図書館リテラシー」とでもいうべきものを身につけてほしいと田 5 っています。図書館は「知識と情報の巨大な集積ーそのもの。その 役割を担う図書館のために自分はなにができるのか。私なりに考え て仕事をしてきました。そしていま、図書館流通センターは全国 350 の図書館の館内業務を受託しています。 次回はここに至るまでの話をしてみたいと思います。 公益財団法人図書館振興財団の成り立ち 公益財団法人図書館振興財団は 2012 年 4 月 1 日に、財団法人図書館振興財団と ZO-O 図書館の学校の事業を一体化し、図書館振興の ためにさらなる貢献を目指し、改めてスタート いたしました。前身の財団法人図書館振興財団 は、株式会社図書館流通センター ( ecr-(-) ) の 年にわたる事業の成果をもとに、億円の基金 ( 基本財産億円、運用財産億円 ) により、わ が国の図書館振興に尽くすことを目的として、 2008 年ⅱ月に文部科学省より設立認可を 受けました。 理事長石井昭 株式会社図書館流通センター代表取締役会長。 1960 年株式会社学校図書サービスを創業。 1979 年社団法人日本図書館協会整理事務 部の業務を継承する形で創立された株式会社 図書館流通センターの代表取締役に就任。 19 92 年同社代表取締役社長に就任。

8. 図書館の学校 2013年 春号

ね書房の岡本陸人さんからは、金が入るまでは絶対に待ってあげる から、支払いに手形を使うなとやかましく言われた。岩崎徹太さん は、あるときポケットマネーを百万円貸してくれて、これで岩崎書 店の分を払っておきなさいと言う。考えてみれば、同じポケットか ら出たり入ったりするだけなんだが、とにかくそのときはそれでお おいに救われた なせそんなに信用されたのか、駆けだしの青一一才にはよくわから す、ただありがたかったのだけれど、今となれば、なんとなくわか る気がする。つまり版元からみて、ます勤勉で便利な売り手を作っ ておきたかったということが前提にある。その上で人を見る。そし て、メカネに適ったと一言 , つべきだろう。 それにしても、創業の頃の版元の応援はこんなふうに暖かくあり ゞこかった。誰も彼もがそんなふうに親身であり、そんな中で僕は 最高の経営を教わったことになる。 事業のスタートは資金ではないと思う。人の役に立っしつかりし たアイディアさえあれば、金はあとからついてくる。それは本当の , ) とたと田 5 , っ 公益財団法人図書館振興財団の成り立ち 公益財団法人図書館振興財団は 2012 年 4 月 1 日に、財団法人図書館振興財団と zæo 図書館の学校の事業を一体化し、図書館振興の ためにさらなる貢献を目指し、改めてスタート いたしました。前身の財団法人図書館振興財団 は、株式会社図書館流通センター ( ecto ) の釦 年にわたる事業の成果をもとに、億円の基金 ( 基本財産億円、運用財産億円 ) により、わ が国の図書館振興に尽くすことを目的として、 年ⅱ月に文部科学省より設立認可を 受けました。 理事長石井昭 株式会社図書館流通センター代表取締役会長。 1960 年株式会社学校図書サービスを創業。 1979 年社団法人日本図書館協会整理事務 部の業務を継承する形で創立された株式会社 図書館流通センターの代表取締役に就任。 19 92 年同社代表取締役社長に就任。 「にれ 0 ド 'd 町 .

9. タックス・イーター : 消えていく税金

った。その第一歩が、二〇〇一年から始まった制度改革である。財政投融資の改革は、官僚機 構の中に巣食っているタックス・イーターが追い立てられていった歴史の重要な一部でもある。 これは行政改革の主要な柱と密接に関連するものでもあった。 一一〇〇五年、日本道路公団は、東日本、中日本、西日本高速道路株式会社に分割されて特殊 会社とされた。首都高速公団、阪神高速公団、本四連絡橋公団も、同時に、特殊会社たる株式 会社に改組された。年金福祉事業団は、一一〇〇一年に解散させられて特殊法人年金資金運用基 金となり、業務が引き継がれた。この基金はさらに改組されて、二〇〇六年からは年金積立金 管理運用独立行政法人 ( ) となっている。二〇〇八年には、国民公庫、中小公庫、農林 公庫は、株式会社日本政策金融公庫に統合され、日本政策投資銀行 ( 旧開銀 ) 、国際協力銀行 ( 旧 輸銀 ) も同じときに株式会社化された。 かって小泉政権の塩川正十郎財務相は「母屋でおかゆをすすっているときに、離れですき焼 きを食べている」と言って話題となった。「母屋、とは一般会計のことで、「離れ」とは特別会 計のことである。しかし、じつは「離れ」は特会だけに限らない。財投対象機関や直接間接に 公的資金の恩恵を受けている公企業は、公益法人に至るまで、多かれ少なかれ同じような「離 れーといえるのである。 128

10. ジュリスト 2016年11月号

最高裁時の判例 法人における定款変更の必要性を指摘する。立 当者は , 上記計画に記載する公益目的事業は新 たなものでもよいと説明している ( 新公益法人 案担当者も指摘するとおり , 特例財団法人が一 制度研究会編著・前掲 270 頁 , 273 頁 ) 。そし 般財団法人に移行するに当たっては , ①旧民法 て , 特例財団法人の定款変更について , 整備法 の規定に基づく財団法人の寄附行為の記載事項 ( 旧民法 37 条 ) と一般財団法人の定款の記載事 94 条は , 既に評議員を置く特例財団法人は , 項 ( 一般社団・財団法人法 153 条等 ) とは異な 目的等の定め以外の事項に係る定款の定めにつ るから定款変更カ坏可欠であるし , ②特例財団 いては一般財団法人と同様にこれを変更するこ 法人は公益目的支出計画の作成及び実施を義務 とができるほか , 目的等の定めについても , 評 付けられているところ , 現在の目的が公益目的 議員会の決議によってこれを変更することがで 事業とはいい難いため公益目的の支出のための きる旨を定款で定めることで変更することがで 事業ができない場合や , 現在の目的に従って上 きるとし , また , 上記以外の特例財団法人は , 定款にその変更に関する定めのある特例財団法 己事業を行うだけでは実効性のある公益目的支 人は当該定めに従い , また , そのような定めの 出計画が作成 , 実施できない場合等には , 設立 ない特例財団法人は当該定めを設ける定款の変 者の意思等にとらわれずに目的を変更すること 更をすることによって , 定款変更をすることが が必要となり得るところである。 次に , 本判決は , 整備法の規定ぶりを指摘す できるとしている。これにつき , 立案担当者 は , 特例財団法人が一般財団法人へ移行するた る。整備法では , 特例財団法人において , 必要 めには定款変更が不可欠であることから , これ ならば定款変更に関する規定を自ら整備した上 で , 定款変更ができる旨が規定されており , 他 を可能とする手続を規定したものであると説明 している ( 新公益法人制度研究会編著・前掲 方 , 特例財団法人の同一性を失わせるような根 258 頁等 ) 。整備法に基づく特例財団法人の定 本的事項に関して定款の変更が許されない旨を 款変更の範囲について具体的に論じた学説や , 定めた規定は存在しない。 さらに , 本判決は , 整備法の趣旨にも言及し 判例 , 裁判例は見当たらない。 ている。公益法人制度改革における議論 ( 「公 本件では , 特例財団法人の定款の変更 Ⅱ 益法人制度改革に関する有識者会議報告書」 が可能な範囲が争われている。この点に 〔平成 16 年 11 月 19 日〕等 ) では , 旧民法の規 ついての詳細な議論は見当たらないが , 論理的 定に基づく公益法人から一般の非営利法人への には , ①旧民法の規定に基づく財団法人の寄附 移行は円滑に行われるべきであるとされてきた 行為の変更に関する通説的見解と同様に , 設立 ことなどからしても , 特例財団法人の定款の変 者が定款の定めによってどの範囲の変更を許容 しているかという観点から判断する見解と ( 原 更に明文にない制約があると解することは困難 審も , その判断の根拠を設立者の意思に求める と思われる。 点で , この見解と同様の考え方を基礎とするも なお , このような理由付けに照らすと , 本判 のといえる ) , ②整備法の規定ぶりに照らし , 決は , 一般社団・財団法人法に基づく一般財団 特段の制約はないものとする見解とが考えられ 法人の定款の変更が可能な範囲について直接に 言及するものではないといえる。 るように思われる。 本判決は , 特例財団法人は , その同一 本判決は , 特例財団法人の定款変更と Ⅳ Ⅲ 性を失わせるような根本的事項の変更で いう財団法人制度の本質にも関わる点に あるか否かにかかわらず , 所定の手続を経るこ ついて最高裁が初めて判断を示したものであ り , 実務的にも , 理論的にも , 重要な意義を有 とで , その定款の定めを変更することができる するものと考えられる。 ものとした。 その理由として , 本判決は , まず , 特例財団 1 三ロ [ Jurist ] November 2016 / Number 1499