検索 - みる会図書館

全データから 210548件ヒットしました。

六人の兇王子 サーリフの宴


六 人 の 兇 王 子 サ ー リ フ の 宴

六人の兇王子 サーリフの宴


COBALT-SERIES 六 人 の 兇 王 子 サ ー リ フ の 宴 荻 野 目 悠 樹 集 英 社

六人の兇王子 サーリフの宴


153 六 人 の 兇 王 子 サ ー リ フ の 宴 ( ど う す れ 。 よ 、 い い ん だ )

六人の兇王子 サーリフの宴


目 次 六 人 の 兇 王 子 サ 。 フ ロ ロ ー グ : 第 一 章 : 第 二 章 : ・ 第 三 章 : 第 四 章 ・ : 第 五 章 : 第 六 章 : ・ 第 七 章 : ・ 第 八 章 : 第 九 章 : 第 十 章 : ・ ー リ フ の 宴 第 十 一 章 : ・ 第 十 一 一 章 ・ 第 十 三 章 : ・ 第 十 四 章 ・ : 第 十 五 章 ・ : 第 十 六 章 : ・ 第 十 七 章 ・ : 第 十 八 章 : ェ ビ ロ ー グ : あ と が き 三 人 の 兇 王 子 ・ 特 別 座 談 会 イ ラ ス ト / 亀 井 高 秀

六人の兇王子 サーリフの宴


205 六 人 の 兇 王 子 サ ー リ フ の 宴 五 人 ほ ど の 士 官 が 馬 に 乗 っ て い る 。 ( ヴ ェ ネ ト ヴ ァ 兵 か ) 士 官 が 腕 を あ げ る と 、 歩 兵 が 展 開 を 始 め る 。 教 会 を 、 と り か こ も う と し て い た 。 ( サ ー リ フ め 。 さ っ そ く 動 い た か )

六人の兇王子 サーリフの宴


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ . わ し き 力 を も つ 兇 王 子 し 0 、 愛 と 戦 0 、 の フ , タ : ・ ま 荻 野 目 悠 樹 ◆ イ ラ ス ト / 亀 井 高 秀 ◆ 秘 密 結 社 く 家 〉 で 世 界 を ◆ 破 滅 に 導 く た め 行 動 し ア り ン チ - 《 ・ グ ワ イ オ ◆ て い る く 兇 王 子 〉 た ち 。 1 0 歳 で 、 く 家 〉 に 連 れ て こ 思 想 を 教 え 込 ま れ る の ら イ ( に , 、 、 : だ が 、 心 の 奥 で は く 家 〉 に 反 発 し て い て ・ ・ ・ 六 人 の 兇 王 子 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ウ ア イ サ ル の 血 ラ ・ フ ア ま リ ア

六人の兇王子 サーリフの宴


281 六 人 の 兇 王 子 サ ー リ フ の 宴 い 憎 悪 す べ き 男 が の う の う と 生 き て い る の か 。 息 苦 し さ と 悔 し さ が な い ま ぜ と な っ て 胸 を か ぎ む し る 。 「 目 を さ ま し て 。 ギ ヴ ァ ! お ね が い だ か ら : : : 」 ふ た り の 兇 王 子 が 決 闘 し た 岩 の 露 台 を 見 た 。 あ そ こ に は ま だ ア ン ジ ェ ラ が い る は ず だ 。 歯 を 食 い し ば っ て 、 足 を 動 か し た 。 水 を 蹴 っ て 、 岸 へ と む か う 。 「 ギ ヴ ァ : : い や だ よ 。 こ ん な の 。 こ ん な の い や だ よ 。 死 な な い で 。 死 ん じ ゃ : ・ : い や だ よ 」 声 は 、 カ な く 掠 れ た 。 水 が ロ に 入 り 、 咳 き 込 み な が ら 、 何 度 も ギ ヴ ァ の 名 を 呼 ん だ 。 ギ ヴ ァ の 体 は 、 氷 の よ う に 冷 た か っ た 。 お わ り

六人の兇王子 サーリフの宴


赤 い 表 紙 を ひ ろ げ た 。 こ も ん レ よ 「 私 も 最 初 は 単 な る 古 文 書 と し か 思 え ま せ ん で し た 。 こ れ に 書 い て あ る こ と は 神 話 か 古 代 人 た た ぐ い ち の 伝 説 の 類 た と 」 お び チ ー ボ ア レ に む き な お る 。 な に を 恐 れ て い る の か 、 怯 え た 顔 が む い て く る 。 「 旅 の 商 人 か ら き い た の で す が 、 こ こ ス ケ ル ツ ツ ォ 公 国 と べ ニ ビ ア 公 国 で 、 原 因 不 明 の 疫 病 が ま ん え ん 蔓 延 し 、 大 勢 の 人 が 死 に 、 そ の な か で 死 体 ま で も 動 い た と 」 黙 っ て い る と 老 人 は つ づ け る 。 「 こ の 書 に 書 い て あ る 予 言 に よ れ ば 、 世 界 は 破 滅 す る こ と に な る 。 六 人 の 兇 王 子 が も た ら す 六 は や せ い じ ゃ つ の 災 い に よ っ て 。 死 者 が 大 地 に 蘇 り 、 生 者 を 仲 間 と す る こ と 。 謎 の 疫 病 が 流 行 る こ と 。 こ れ 宴 は 兇 王 子 が 司 る 六 つ の 災 い の う ち の ふ た つ で す 。 私 は そ れ を 確 か め る べ く こ こ へ 参 っ た の で チ ー ボ ア レ は 必 死 に 表 情 を 崩 さ な い よ う に し た 。 言 葉 を 捜 す 。 こ の 老 人 を 信 じ て よ い も の サ 子 か 、 考 え を 巡 ら し た 。 兇 老 人 の 言 う こ と が 真 実 な ら ば 、 世 界 は 兇 王 子 た ち に よ っ て 破 減 さ せ ら れ る こ と に な る 。 人 深 酒 を し た あ と の よ う な 不 快 感 が 腹 部 に 起 こ っ た 。 「 そ う た 。 た し か に 起 こ っ た あ な た の 言 う と お り の こ と が 」 「 そ う で す か 。 や は り 。 ほ ん と う に あ っ た の で す ね 」

六人の兇王子 サーリフの宴


ん な こ と を し て も な ん の 意 味 も な い 。 世 の 人 々 が 望 む よ う な 出 世 欲 、 物 欲 、 権 勢 欲 な ど と は 、 兇 王 子 は 無 縁 な の だ 。 な に よ り 逆 ら っ て も 意 味 が な い ほ ど 〈 家 〉 の 力 が 強 大 で あ る こ と を 知 っ て い る か ら だ っ た 。 兇 王 子 な ど 〈 家 〉 の ほ ん の 一 部 に し か す ぎ な い 。 ( ギ ヴ ァ 、 そ れ を 承 知 で 裏 切 っ た の か い 。 裏 切 っ て な に を し た い の ? •) 彼 は 子 供 時 代 を 思 い 出 し た 。 か っ て ギ ヴ ァ が 〈 家 〉 に つ れ て こ ら れ た と き の こ と を 。 ギ ヴ ァ は 最 初 、 ロ を 開 こ う と し な か っ た 。 他 の 五 人 の 兇 王 子 と と も に 暮 ら す よ う に な っ て も か た く 頑 な な 態 度 を 崩 さ な か っ た 。 兇 王 子 た ち も 十 歳 に な っ た ば か り で あ っ た が 、 意 志 や 行 動 は 、 充 分 に 長 老 た ち が 要 求 す る も の と な っ て い た 。 宴 の フ レ イ バ リ と ヴ ァ レ ー ジ は 年 齢 以 上 に お と な び て い た が 、 ヴ ァ キ オ と ヴ ァ イ サ ル は 邪 気 を 多 分 に も 0 て い た 。 口 を つ ぐ ん だ ま ま の 新 入 り の 子 供 に 、 ふ た り は 拗 な い じ め を 始 め た 。 サ そ の 日 、 地 下 の 部 屋 を サ ー リ フ が 見 回 る と 、 い た の は レ イ バ リ だ け だ っ た 。 六 人 中 も っ と も た い く 子 え い り と び い ろ 王 長 身 で 体 驅 が 大 き い 彼 は い る だ け で 他 を 圧 す る 。 鳶 色 の 髪 に 囲 ま れ た 顔 は 鋭 利 で あ る 。 そ の 構 せ ん え い の 成 部 ひ と つ ひ と つ が 鋭 い 。 そ の 尖 鋭 さ は 、 人 が 近 づ く こ と を 拒 絶 し て い た 。 額 に あ る 〈 骨 〉 は デ ィ ア マ ン テ 六 無 色 透 明 で 、 金 剛 石 を 思 わ せ る 。 こ の 兇 王 子 は 他 の 者 と め っ た に 口 を き か な い 。 周 囲 に 威 圧 感 を 与 え る だ け で な く 、 実 力 も も ち あ わ せ て い る た め 、 彼 の 孤 独 癖 を 責 め る 者 は い な か っ た 。 け ん せ い よ く

六人の兇王子 サーリフの宴


そ の 赤 子 こ そ ギ ヴ ァ で あ る 。 両 親 は 、 命 令 を 拒 絶 し 、 信 者 で あ る こ と を 捨 て た 。 親 子 三 人 の 生 活 を 望 み 、 脱 走 し た 。 ざ ん さ っ 十 年 の 逃 亡 生 活 の 末 、 〈 家 〉 の 追 手 に 発 見 さ れ 、 両 親 は 惨 殺 さ れ た 。 ギ ヴ ァ は 、 シ ヴ ァ イ 山 の 地 下 深 い 〈 家 〉 の 総 本 山 へ と 連 れ も ど さ れ た 。 兇 王 子 と な る べ く 、 せ ん の う ほ ど こ 破 滅 の 思 想 を 洗 脳 に よ っ て 埋 め 込 ま れ 、 超 常 能 力 を 発 揮 す る た め の 外 科 手 術 を 施 さ れ た 。 額 に あ る 宝 石 こ そ 兇 王 子 の 〈 カ 〉 の 根 元 で あ り 、 そ の 印 で あ る 。 オ ッ ソ 〈 骨 〉 と い う 。 〈 家 〉 の 超 科 学 の 根 本 を な す 古 代 シ ヴ ァ イ 文 明 の 遺 産 で あ る 。 へ ん ば う 〈 骨 〉 に よ っ て ギ ヴ ァ の 体 質 は 劇 的 に 変 貌 し た 。 筋 力 も 五 感 も 常 人 を 超 え る 。 な に よ り 〈 兇 王 い つ だ っ 宴 子 〉 の 最 大 の 武 器 は 、 〈 骨 〉 が 発 揮 す る 自 然 法 則 を 逸 脱 し た 恐 る べ き 〈 カ 〉 で あ る 。 〈 家 〉 は の フ ギ ヴ ァ か ら 両 親 を 奪 い 、 平 穏 な 生 活 を 砕 い た だ け で な く 、 体 ま で も 変 異 さ せ た の だ 。 一 ( 私 は 、 人 で は な い ) サ 兇 王 子 は 、 異 生 物 と い っ て い い 。 子 さ い な 王 そ の 認 識 は 何 度 と な く ギ ヴ ァ を 苛 ん で き た 。 の ( 心 を 守 れ 。 生 き 長 ら え ろ ) 父 の 遺 言 だ け が よ す が だ っ た 。 洗 脳 に 逆 ら い 、 己 の 心 を 意 志 に よ っ て 守 っ て き た 。 予 言 の 時 が 迫 り 、 兇 王 子 六 人 は 〈 ガ イ ガ ン テ = ア 〉 各 国 へ と 出 陣 し て い っ た 。 手 始 め と し て は っ き