検索 - みる会図書館

検索対象: 増補改訂版 写楽は歌麿である

増補改訂版 写楽は歌麿であるから 296件ヒットしました。

増補改訂版 写楽は歌麿である


増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る 目 次

増補改訂版 写楽は歌麿である


増 補 改 訂 版 写 楽 は 歌 麿 で あ る

増補改訂版 写楽は歌麿である


3 、 素 人 に 絵 が 描 け た の か 池 田 説 は 次 の 如 く で あ る 。 「 素 人 に 果 し て 絵 が 描 け た の か 。 写 楽 が 素 人 で あ る こ と を 知 0 た 時 、 誰 し も が 抱 く 疑 問 が こ れ で あ ろ う 。 し か し 、 こ の 疑 問 に 対 し て は 逆 に 、 素 人 で な い と し た 場 合 、 ど う い う 考 え 方 が あ り 得 る の か と 、 間 い 返 し て み た い 。 写 楽 の 正 体 を 有 名 な 絵 師 に 求 め よ う と す る こ れ ま で の 説 は 、 写 楽 ほ ど の 絵 が 描 け る の は 相 当 に 腕 の あ る 、 従 っ て 名 も あ る 大 物 絵 師 に 違 い な い と い う 思 い 込 み か ら 生 れ て き た 。 し か し 、 そ の ど れ も が 成 立 し 得 な い こ と は 、 先 に つ ぶ さ に 検 討 し て き た と お り で あ る 。 し か も 、 同 時 代 の 名 の 知 ら れ た 絵 師 は 、 す で に 出 尽 し て い る 。 と す れ ば 、 写 楽 の 正 体 は 、 無 名 絵 師 以 外 の 中 に 求 め ざ る を 得 な い 」 こ こ で 池 田 氏 は 、 写 楽 が 無 名 の 専 門 絵 師 な ら ば 習 作 時 代 の 作 品 が あ る は ず で あ る の に そ れ が 見 当 た ら ぬ 。 ま た 、 ア マ チ = ア 絵 師 な ら ば 「 ど こ で 何 を し た 人 間 な の か 」 が 示 さ れ る は ず な の に 、 そ れ も 見 当 た ら ぬ 、 と い っ て 、 「 写 楽 は 絵 師 で な く 素 人 だ と い う 私 た ち の 説 は 、 そ れ ら の 過 去 の 説 を 踏 ま え て と 主 張 す る 人 に は 、 絵 師 で も な く 、 素 生 ま れ て き た 。 そ れ で も な お 、 ″ 素 人 に 絵 が 描 け る 筈 が な い “ 人 で も な い 、 一 体 ど ん な 人 物 が 写 楽 た り 得 る の か を 具 体 的 に 示 し て い た だ く ほ か は な さ そ う で あ る 」 と 居 直 る 。 4 、 な ぜ 一 期 二 八 点 で 筆 を 折 っ た の か こ の 点 に つ い て は 、 池 田 氏 は 、 報 酬 の 問 題 で あ る と 、 次 の 如 く 説 く 。 写 楽 絵 の 「 顔 が 嫌 わ れ た と い う の も 文 学 的 で 面 白 い ん だ け れ ど 、 僕 は も っ と 現 実 的 な 、 泥 臭 い ド 題 、 つ ま り 報 酬 の こ と が 原 因 だ と 思 う 。 つ ま り 蔦 屋 は 写 楽 に も と も と ち ゃ ん と し た 金 を 払 う つ も り は な か っ た に 違 い な い ん だ 。 素 人 の 写 楽 を 起 用 し た の も 、 一 つ に は そ の 為 だ っ た ん だ し ね 。 僕 の 場 合 も

増補改訂版 写楽は歌麿である


写 楽 絵 と 京 伝 絵 写 楽 絵 と 歌 麿 絵 第 十 章 写 楽 Ⅱ 歌 麿 説 の 六 要 件 諏 訪 氏 の 七 項 目 私 の 六 要 件 の 証 明 : 東 洲 斎 写 楽 の い わ れ ・ : 写 楽 が 十 カ 月 で 消 え た 理 由 : 第 十 一 章 写 楽 絵 の 命 運 写 楽 絵 へ の 注 目 と 忘 却 仮 面 の 効 果 と 忘 却 歌 麿 の 死 と 写 楽 の 命 運 〈 追 記 〉 渡 辺 保 氏 の 『 東 洲 斎 写 楽 』 に つ い て 写 楽 探 究 の 要 諦 ー ー 世 阿 弥 の 芸 能 論 に 学 ぶ 〈 補 論 一 〉 「 写 楽 は 歌 麿 で あ る , の 新 証 拠 0 2 9 2 9 ・ 3 2 2 3 2 9 2 -4- 2 2 ヨ 6 2 丿 3 2 0 22 ) 22 )

増補改訂版 写楽は歌麿である


歌 麿 芸 術 の 修 業 と 達 成 ・ 歌 麿 の 役 者 絵 : 歌 麿 絵 と 写 楽 絵 と の 類 似 性 第 八 章 梅 原 氏 の 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 梅 原 氏 の 五 つ の 証 明 要 件 ・ 東 洲 斎 写 楽 の い わ れ ・ 写 楽 絵 と 豊 国 絵 の 類 似 性 写 楽 ・ 豊 国 、 同 一 人 説 写 楽 、 豊 国 絵 の 芸 術 性 と 作 品 量 ・ 写 楽 は な ぜ 十 カ 月 で 消 え た の か 写 楽 が 豊 国 だ と わ か ら な か っ た 理 由 : ・ 第 九 章 写 楽 絵 と 三 人 の 絵 の 比 較 「 画 の 六 法 」 と 顧 愷 之 の 説 写 楽 絵 と 豊 国 絵 ・ : 0 2 2 3 ・ イ 9 工 9 ) ~ 89 ー 82 ェ ア 9 ェ 68 ー 6 ア ェ 6 イ ー 6 イ 200

増補改訂版 写楽は歌麿である


は じ め に 第 一 章 写 楽 論 の 原 点 百 家 争 鳴 の 写 楽 探 し : 写 楽 ⅱ >< 説 の 六 要 件 「 写 楽 は 写 楽 」 説 は 論 外 歌 麿 は 六 要 件 に 叶 う 第 二 章 既 往 の 写 楽 説 能 役 者 説 能 役 者 ・ 絵 師 以 外 の 説 ・ : 第 三 章 歌 舞 伎 役 者 説 池 田 満 寿 夫 氏 の 中 村 此 蔵 説 : 梅 原 猛 氏 に よ る 池 田 説 批 判 谷 峯 蔵 氏 の 池 田 説 批 判 私 の 池 田 説 批 判 と 歌 麿 、 蔦 屋 「 と び 出 し 」 説 ・ : 6 イ ) 9 4 イ 4 4 2 プ 24 2 ー 9 2 3 ) 29

増補改訂版 写楽は歌麿である


こ の 「 写 楽 は 写 楽 」 説 を 唱 え る の は 、 著 名 な 美 術 評 論 家 の 瀬 木 慎 一 氏 で あ る 。 昭 和 六 十 年 四 月 に 刊 行 し た 『 写 楽 実 像 』 に お い て で 、 そ の 要 約 は 新 人 物 往 来 社 発 行 『 歴 史 読 本 』 の 同 年 十 二 月 号 「 謎 の 浮 世 絵 師 写 楽 を 探 せ 」 に の っ て い る 。 要 約 に は 次 の 二 つ の 間 題 点 が あ る と 考 え ら れ る 。 第 一 は 、 歌 麿 、 蔦 屋 「 と び 出 し 」 説 で あ る 。 「 売 れ 行 き の よ か っ た 美 人 画 の 歌 麿 が 、 な ん ら か の こ と が あ っ て 」 蔦 屋 を 「 去 っ て い っ た 」 。 歌 麿 は 「 以 来 」 「 二 十 余 の 店 か ら 作 品 を 出 す が 、 蔦 屋 の も の は 皆 無 で あ る 」 と い う 。 だ が 、 こ の 意 見 が 誤 り で あ る こ と は 、 の ち に 述 べ る 。 第 二 は 、 写 楽 の 正 体 に つ い て 何 も 実 証 し て い な い こ と で あ る 。 蔦 屋 は 「 歌 麿 に 代 わ る も の と し て 写 楽 を 押 し 出 し た 」 と し 、 写 楽 絵 に つ い て の す ぐ れ た 分 析 を 行 な い な が ら も 、 「 近 年 発 見 さ れ た 瀬 川 富 三 郎 撰 著 『 諸 家 人 名 江 戸 方 角 分 』 写 本 に よ る と 、 写 楽 の 八 丁 堀 住 い は 地 蔵 橋 で あ っ た 。 そ し て 、 お そ く と も 文 政 元 年 ま で に は 、 故 人 と な っ て い た 」 と の べ る の み で 、 写 楽 本 人 の 正 体 に つ い て は 、 資 料 的 ・ 論 理 的 な 実 証 を し て い な い 。 の ち に 第 七 章 で み る よ う に 写 楽 の 落 款 は 左 手 で 書 い た も の で あ ろ う 。 こ の こ と は 写 楽 の 仮 面 を か ぶ っ た >< が 、 そ の 正 体 を カ モ フ ラ ー ジ ュ す る た め に 、 わ ざ と 、 不 器 用 な 左 手 で 書 い た こ と を 示 す 。 こ の 一 事 で も 「 写 楽 は 写 楽 」 説 は 成 り 立 た な い と 思 わ れ る 。 こ の よ う な わ け で 、 今 後 「 写 楽 は 写 楽 」 説 は 、 本 書 の 考 察 外 に お く こ と に す る 。 歌 麿 は 六 要 件 に 叶 う さ き に 「 は じ め に 」 で の べ た よ う に 、 歌 麿 こ そ 、 写 楽 の 正 体 で あ る と い う の が 、 私 の 見 解 で あ る 。 そ の 理 由 は 、 写 楽 >< の >< で あ る た め の 六 要 件 の す べ て に 叶 い 、 他 の 候 補 者 は 、 誰 も が 六 要 件 の ほ と 2 ) 第 一 章 写 楽 論 の 原 点

増補改訂版 写楽は歌麿である


写 楽 の 謎 の 物 的 証 拠 写 楽 の 謎 は 「 論 よ り 証 拠 」 で 写 楽 が 消 え て か ら 二 百 年 。 世 界 三 大 肖 像 画 家 の 一 人 だ け に 、 そ の 正 体 の 謎 へ の 関 心 は 、 ま す ま す 高 ま っ て い る 。 ど う 推 測 し よ う と も 各 人 の 自 由 だ が 、 謎 解 き は 、 「 論 よ り 証 拠 」 と い う 諺 の 通 り 、 万 人 納 得 の 証 拠 が 不 可 欠 で あ る 。 単 に 「 俺 は こ う 考 え る 」 で は 証 拠 に な ら な い 。 証 拠 は 「 伝 聞 」 で な く 「 物 証 」 写 楽 に 限 ら す 、 世 の 中 の 証 拠 に は 、 「 ま た 聞 き 」 即 ち 「 伝 聞 」 と い う 不 確 か な 証 拠 と 、 動 か ぬ 「 物 的 証 拠 」 と が あ る 。 現 行 の 「 刑 事 訴 訟 法 」 に は 「 伝 聞 」 に は 証 拠 能 力 を 認 め ぬ 旨 が 明 記 さ れ て い る 。 こ れ は 娑 婆 の 世 界 の み で な く 、 写 楽 に も 当 て は ま る 。 写 楽 の 謎 の 正 解 も 「 物 証 」 か ら テ レ ビ の ク イ ズ で は 、 予 め 用 意 の 正 解 が 、 裁 判 で は 証 拠 に 基 づ く 判 決 が 決 定 的 役 割 を 果 す 。 誰 も が 証 拠 に は 勝 て な い 。 と こ ろ で 写 楽 の 謎 に は 用 意 さ れ た 正 解 も 、 裁 判 官 も な い 。 と は い え 物 的 証 拠 は た の の く さ ん 残 っ て い る 。 そ れ は 、 写 楽 の 絵 と そ の 絵 を 描 い た 画 家 及 び 刊 行 し た 蔦 屋 に 関 す る 事 実 で あ る 。 楽 写 楽 の 「 物 証 」 の 五 要 件 写 9 そ の 写 楽 画 か ら 導 き 出 さ れ る 物 的 証 拠 は 、 次 の 五 つ で あ る 。 こ の 条 件 を 満 足 さ せ る 人 物 が 写 楽 に 間 7 2 違 い な 、 。 〈 補 論 一 一 〉

増補改訂版 写楽は歌麿である


る 一 要 素 た る 場 合 が 多 い こ と を 豊 国 は 証 拠 立 て て い る 」 「 写 楽 の 場 合 と 異 っ て 、 豊 国 は 俳 優 の 姿 態 を 断 片 的 に 分 解 し て 、 そ の 一 部 分 を 平 面 的 即 ち 、 実 際 的 に 描 い た も の だ 。 故 に 彼 の 作 品 は 硬 化 し て 人 形 じ み て い る が 、 そ れ だ け 素 人 受 け が い い 所 が 多 分 に あ る 」 次 に 岸 田 劉 生 は い う 。 「 豊 国 は 春 草 、 写 楽 な ど に か な り 多 く の 感 化 を う け 、 そ の 似 顏 絵 な ど の 描 写 な り 、 表 情 な り は か な り そ れ ら に 教 わ っ て い る が 、 ど う も 感 化 の う け か た が 表 面 的 で 、 内 か ら で は な い 。 だ か ら 似 て い る が 、 へ ん に だ る く て 、 顔 な ど も 、 実 感 が な く 、 生 々 し い 痛 が な い 。 写 楽 や 春 章 の 絵 を 見 る と 、 描 か れ た も の と い う よ り 、 そ の 顔 は 本 当 の 顔 の 如 く 目 鼻 口 が 絵 の 中 か ら 生 き て い る よ う に 思 え る 。 そ れ は そ の 作 家 の 観 照 が 本 物 で あ っ て 、 内 か ら 生 き て 見 え る か ら で あ っ て 、 こ れ を 外 面 的 に ま ね て で き る も の で は な し 。 が 、 こ れ ら に も か か わ ら ず 、 豊 国 の 絵 は 世 に も て は や さ れ た 」 こ の よ う に 野 口 、 岸 田 両 氏 と さ き の 吉 田 氏 の 三 氏 の 見 解 は 一 致 し て 、 写 楽 と 豊 国 と の 格 差 を 強 調 し 説 て い る の で あ る 。 梅 原 氏 の 写 楽 日 豊 国 説 は 一 一 人 の 質 的 隔 絶 に 気 づ か ぬ 、 奇 説 で あ る 。 梅 原 氏 が 明 治 末 期 以 後 の 日 本 人 驟 の の 豊 国 へ の 低 評 価 を 、 外 国 人 の 日 本 美 術 へ の 鑑 賞 眼 に 付 和 雷 同 し て い る も の と み て 、 不 信 感 を 表 明 し 氏 て い る の は 、 先 人 の 業 績 の 積 み 重 ね へ の 独 善 的 な 不 信 と 考 え ら れ る 。 梅 し か し 、 先 人 の 説 の 引 用 だ け で は 、 お そ ら く 梅 原 氏 は 納 得 し な い で あ ろ う 。 章 そ こ で 、 私 は 後 章 で 十 分 に 紙 数 を さ い て 、 写 楽 と 豊 国 絵 と の 、 芸 術 性 に つ い て の 詳 細 な 比 較 論 考 を 第 7 行 な う こ と と す る 。 2 、 梅 原 氏 の 明 治 の 薩 長 政 府 が 「 江 戸 文 化 と く に 」 「 後 期 江 戸 文 化 を 意 識 的 に も 無 意 識 的 に も 否 定

増補改訂版 写楽は歌麿である


応 物 象 形 京 伝 絵 は 小 冊 子 の 、 即 興 的 な 挿 絵 で あ る 。 『 客 衆 肝 照 子 』 に 描 か れ た 顔 は 、 写 楽 絵 大 判 大 首 絵 の 顔 と 比 較 し て 「 平 均 七 十 分 の 一 」 、 狂 歌 師 絵 本 で は 「 平 均 三 十 分 の 一 」 と 谷 氏 は い う 。 こ の 徴 小 判 と い う こ と は 、 顔 面 、 姿 態 の 精 細 な 描 写 の 致 命 的 障 害 と な っ て い て 、 応 物 象 形 と い う 重 大 な 要 請 に こ た え ら れ な い 。 写 楽 絵 は 、 役 者 の 個 性 、 役 柄 の 性 格 お よ び そ の 心 理 と い う 三 重 の 表 象 を 一 瞬 に 把 え た 大 型 の 超 一 流 作 品 で あ る 。 そ の 描 く 形 象 も 、 京 伝 は 全 身 の 静 止 的 な 立 像 か 座 像 で あ る の に 対 し 、 写 楽 は 多 様 な 姿 態 の 内 面 的 で リ ア ル な 、 画 面 い つ ば い の 躍 動 像 で 、 両 者 は 大 い に 異 な る 。 随 類 賦 彩 『 客 衆 肝 照 子 』 は 無 彩 。 狂 歌 師 絵 本 は 落 ち つ い た 渋 い 賦 彩 で 、 写 楽 絵 に 似 て い る が 何 分 に も 小 型 で 鮮 烈 な 写 楽 絵 の 配 色 と の 類 似 性 を 認 め る わ け こ よ 、 経 営 位 置 京 伝 の 構 図 は い ず れ も ソ ッ は な い よ う で 比 京 あ る が 、 残 念 な が ら 小 冊 子 で 、 迫 力 満 点 の 絵 人 盛 写 楽 絵 と の 比 較 は 無 理 で あ る 。 と 屋 伝 移 摸 写 の 谷 氏 は 『 歴 史 読 本 』 昭 和 六 十 年 十 二 月 号 写 歌 の 特 集 「 謎 の 浮 世 絵 師 写 楽 を 探 せ / 」 の 中 章 を 材 今 で 、 写 楽 と 京 伝 の 共 通 の 描 法 と し て 、 ① 平 行 線 の 多 用 と 特 異 な 利 用 ② 耳 の 描 法 が 造 型 的 に 固 定 し 、 線 の 流 れ