検索 - みる会図書館

全データから 215250件ヒットしました。

写楽ーその隠れた真相


写 楽 ー ー 、 ・ そ の 隠 れ た 真 相 ・ 目 次

写楽ーその隠れた真相


写 楽 ー ー ↓ て の 隠 れ た 真 相

写楽失踪事件


第 1 章 写 楽 失 踪 事 件 ・ も く じ 写 楽 が 十 カ 月 て 消 え た 理 由 。 い ま だ 解 決 さ れ な い 謎 の 数 々 大 衆 に あ き ら れ た 写 楽 能 役 者 の 非 番 が 終 っ た 幕 府 が 嫌 っ た 西 洋 画 あ ま り に 真 を 描 い て 役 者 達 に 嫌 わ れ る 勝 川 派 の 敗 退 ど 美 意 識 の 転 換 写 楽 は 素 性 を 隠 す 必 要 が あ っ た ◎ 0

増補改訂版 写楽は歌麿である


な で ″ 写 楽 〃 を 描 い て い た か ら で す よ 。 僕 は ね 、 中 心 に な っ て 元 絵 を 描 い た の は も ち ろ ん 歌 麿 だ け ど 北 斎 や 一 九 な ん か が 手 伝 っ て い る と 思 う 。 要 す る に 共 同 作 業 だ よ ね 」 「 写 楽 の 絵 は 、 あ と の 方 に な る と 初 期 と は 作 風 が や や 変 わ っ て く る と 言 わ れ る で し よ 。 あ れ も や つ ば り 共 同 作 業 だ か ら で す よ 」 「 僕 ら の や っ て い る 仕 事 も 、 い つ も 共 同 作 業 で し よ 。 だ か ら そ の 辺 の こ と は 非 常 に よ く 分 り ま す よ 」 石 森 宅 訪 問 後 の こ と を 、 川 竹 氏 は 次 の よ う に 記 し て い る 。 「 そ の 日 の 夜 、 私 た ち の 第 一 の 仕 事 は 、 写 楽 と 歌 麿 の ″ 指 の 描 き 方 〃 を 比 較 す る こ と で あ っ た 。 石 森 さ ん は こ う も 言 っ て い た 。 『 指 な ん て い う の は 普 通 あ ま り 意 識 し な い で 描 く 。 だ か ら つ い 日 頃 の パ タ ー ン と い う か 、 ク セ で 描 い し い つ も の と お り に な っ て し ま う 。 て し ま う も の な ん で す 。 歌 麿 も 、 名 を 伏 せ て 写 楽 を 描 い て も 、 つ 、 隠 そ う と し て 隠 せ な か っ た 。 そ れ が 写 楽 の 指 な ん で す よ : : : 』 私 た ち は 写 真 資 料 を も と に 、 可 能 な 限 り 多 く 、 二 人 の 指 の 比 較 を し て み た 。 似 て い る 。 全 部 で は な い が 確 か に 似 た も の が 相 当 あ る 。 指 だ け を 切 り 抜 い て 二 人 の も の を 混 ぜ て み 説 る と 、 な お さ ら 似 て い る こ と が よ く わ か る 。 こ れ で 、 も し 指 の ポ ー ズ が 同 じ な ら 、 写 楽 と 歌 麿 の 見 分 役 け は 困 難 か も し れ な い 、 と 思 え る ほ ど だ 。 こ れ で は 本 当 に 歌 麿 が 写 楽 に な っ て し ま う で は な い か : 章 し か し や が て 、 私 は 一 つ の 話 を 思 い 出 し た 。 北 斎 の 手 紙 の こ と で あ る 。 そ れ は 、 北 斎 が 自 分 の 描 い た 下 絵 を 彫 る 彫 師 の 人 達 に つ い て 、 版 元 に 注 文 を つ け た 手 紙 で あ る 。 手 紙 の 現 物 は 現 在 無 い が 、 そ の 内 容 を 伝 え る 話 に よ る と 、 北 斎 は 『 近 頃 は 、 ど の 彫 師 も み ん な 、 ど

写楽ーその隠れた真相


画 家 と い う よ り タ レ ン ト 的 な 人 気 を 湧 か せ て い た 画 家 の 池 田 満 寿 夫 が 、 日 本 放 送 協 会 か ら 写 凵 こ の ぞ う 楽 Ⅱ 歌 舞 伎 役 者 中 村 此 蔵 説 の 『 こ れ が 写 楽 だ 』 を 出 し 、 夏 の テ レ ビ に 出 演 し て 、 く す ぶ り 出 し て い た 写 楽 プ ー ム に 火 を つ け た 。 つ づ い て 哲 学 者 梅 原 猛 が 、 「 芸 術 新 潮 」 に 歌 川 豊 国 説 の 「 写 楽 が み つ か っ た 」 を 書 き 、 昭 和 , ハ 十 年 代 に 入 っ て 、 中 村 節 子 の 「 東 洲 斎 写 楽 は オ ラ ン ダ 人 だ っ た 」 が 「 芸 術 公 論 」 に 三 回 に わ た っ て 連 載 さ れ た 。 さ ら に 同 年 十 一 一 月 号 の 「 歴 史 読 本 」 に は 、 「 謎 の 浮 世 絵 師 写 楽 を 探 せ ! 」 の 特 集 が 組 ま れ た 。 そ の 目 次 は 次 の よ う で あ っ た 。 写 楽 は 司 馬 江 漢 十 X だ ー 福 富 太 郎 ( 江 漢 は 写 楽 の 仕 掛 人 。 し か し 、 写 楽 は 面 白 い 。 写 楽 を 語 楽 す る ) 写 楽 は 近 松 昌 栄 だ ? 高 橋 克 彦 ( 写 楽 は 平 賀 源 内 の 孫 弟 子 で 、 洋 風 画 ・ 秋 田 蘭 画 の 絵 師 だ っ 写 楽 は 鳥 居 清 政 だ ! 中 石 瑛 ( 写 楽 は 歳 だ っ た 。 天 才 少 年 絵 師 は 、 な ぜ 筆 を 折 っ た の か ? ) 写 楽 は 山 東 京 伝 だ ! 谷 峯 蔵 ( 冷 悧 な リ ア リ ズ ム と デ フ ォ ル メ に よ る 戯 画 化 が 両 者 の 特 徴 だ ) 写 楽 は 十 返 舎 一 九 だ ! 宗 谷 真 爾 ( 写 楽 画 が 登 場 し た 寛 政 六 年 。 謎 を 解 く カ ギ は こ の 年 に あ っ た ) 写 楽 は 喜 多 川 歌 麿 だ ! 石 森 章 太 郎 ( 写 楽 絵 の 表 現 は 天 才 歌 麿 の 筆 に よ っ て し か 描 け る は ず

写楽 よみがえる素顔


主 な 参 考 文 献 野 口 米 次 郎 『 写 楽 』 ( 一 九 三 一 一 年 、 誠 文 堂 ) 吉 田 暎 一 一 『 写 楽 』 ( 一 九 五 七 年 、 美 術 出 版 社 ) 吉 田 暎 一 一 『 浮 世 絵 師 と 作 品 Ⅲ 』 ( 一 九 六 四 年 、 緑 園 書 房 ) 鈴 木 重 三 『 写 楽 』 浮 世 絵 美 人 画 ・ 役 者 絵 六 ( 一 九 六 六 年 、 講 談 社 ) 榎 本 雄 斎 『 写 楽 ー ー ・ ま ば ろ し の 天 才 』 ( 一 九 六 九 年 、 新 人 物 往 来 社 ) 谷 峯 蔵 『 写 楽 新 考 』 ( 一 九 八 一 年 、 文 藝 春 秋 ) 浮 世 絵 八 華 4 『 写 楽 』 ( 一 九 八 五 年 、 平 凡 社 ) 瀬 木 慎 一 『 写 楽 実 像 』 ( 一 九 八 五 年 、 美 術 公 論 社 ) 宗 谷 真 爾 『 写 楽 絵 考 』 ( 一 九 八 五 年 、 大 和 書 房 ) 中 右 瑛 『 写 楽 は 十 八 歳 だ っ た ! 』 ( 一 九 八 五 年 、 里 文 出 版 ) 渡 辺 保 「 東 洲 斎 写 楽 』 ( 一 九 八 七 年 、 講 談 社 ) 梅 原 猛 『 写 楽 仮 名 の 悲 劇 』 ( 一 九 八 七 年 、 新 潮 社 ) 松 木 寛 『 蔦 屋 重 三 郎 』 ( 一 九 八 八 年 、 日 本 経 済 新 聞 社 ) 田 村 善 昭 『 写 楽 と 相 撲 絵 』 ( 一 九 八 八 年 、 徳 島 県 出 版 文 化 協 会 ) 定 村 忠 士 『 写 楽 が 現 れ た 』 ( 一 九 八 九 年 、 一 一 見 書 房 ) 明 石 散 人 ・ 佐 々 木 幹 雄 『 東 洲 斎 写 楽 は も う い な い 』 ( 一 九 九 〇 年 、 講 談 社 ) 218

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 代 斎 こ 己 が ば 画 ふ て か な な の 楽 い 問 つ 名 つ 大 ぬ 本 つ わ 写 仮 が 同 を 多 量 特 名 あ た れ 楽 名 及 誰 の 使 が か 代 、 ん ね カ ゞ の と 。 あ と 者 名 か ば A ム そ 十 事 し あ し そ し 沈 中 の 画 ら あ に 秘 3 き 写 な は 情 も 伏 ざ が か と い な に め 楽 な ら い 自 十 役 で あ よ 時 己 分 者 て 仮 客 を 世 に 絵 い 名 新 実 に 発 絵 な も 表 師 ぜ の 本 寛 の 作 名 欲 大 ど 術 明 つ 好 、 明 暗 を 百 か ロ れ 名 、 は が 年 さ に ね 四 で て で ば 隠 け 自 五 月 い な し れ 分 る 、 い 枚 作 す 力 、 ば の し 引 ら 鍵 を な わ な 作 が 隠 は す で 名 カ 月 ん れ 分 カ い 発 の て 間 の で 強 に お に 理 れ ' 役 あ 大 由 を 楽 た な 者 る 心 画 い 絵 こ 何 里 百 て ち 。 を 四 十 楽 い す 発 あ 何 さ 表 る し 事 の な れ た か せ ば 絵 た 情 し と の い で た け れ の 描 い 己 。 る の と は い か 東 こ へ 同 そ 、 し 、 い た ん 時 。 洲 ね る 者 写 ④ い っ 現 る 在 ー で れ て い な つ は つ し 、 て の 時 の と カ ゞ 若 そ 、 干 の 及 政 解 謎 者 を 写 と つ の の を 暗 す る 秘 か 隠 さ れ る で は い の 楽 名 な の い ど 画 に 自 真 分 自 の 小 る 建 を て い に い よ っ 家 と 、 て 、 か わ 写 て 殀 な も 小 す た 十 そ な と ら い が と 残 を な 彼 彼 が と 自 亡 月 を も も で る の っ に し 考 ぐ 自 着 た い 工 ( し 、 自 市 、 そ に わ ば な ら も の の 者 る と 小 っ の 欲 作 ら 仮 た か ぜ ら た の 、 カ ゞ 説 ら い な の 情 の 在 わ し る こ 作 さ 本 考 か 都 た 名 ス - な 名 写 す 使 が に A で れ ば 隠 A ま く の 術 の た く ら か の 自 の つ つ る 雇 頁 つ 合 な あ ざ ら 品 画 続 号 仮 家 尊 も な す 名 れ 表 合 絵 あ 豸 ミ を に さ 、 て ざ を を 。 表 自 る を る て 、 、 作 し ら い そ は 満 で 斎 こ 多 、 足 作 な を 本 ら 発 場 者 る す を の カ ゞ な ロ ロ 浮 ば の ば 多 楽 画 あ る の が か 、 が も ( 3 ) し で る 、 写 し 、 つ で 謎 42 か 百 別 、 四 家 事 枚 が わ を を て 。 わ な ざ 仮 つ て ば な 万 北 も ロ ロ ど の の く を

写楽失踪事件


あ い ば ん お お く び え 十 七 枚 、 間 判 大 首 絵 十 一 枚 、 計 五 十 八 枚 の 役 者 絵 を 刊 行 し 、 こ の 他 に 相 撲 絵 、 追 善 絵 も 描 い て い る 。 翌 寛 政 七 年 正 月 に は 十 枚 の 細 判 役 者 絵 等 を 刊 行 し た 後 に 、 写 楽 は 突 然 制 作 を 断 念 し 姿 を 消 し て し ま っ た 。 写 楽 は 、 ど う し て 、 き っ ち り 十 カ 月 間 だ け 浮 世 絵 に 携 わ り 、 何 処 へ 姿 を 隠 し て し ま っ た の で あ ろ う か ? こ う し た 謎 を 順 次 解 い て ゆ く た め に 、 写 楽 役 者 絵 の 取 材 対 象 で あ る 江 戸 歌 舞 伎 界 の 状 況 や 動 向 、 う た が わ と よ く に 同 じ 舞 台 を 競 作 し た 歌 川 豊 国 と の 役 者 絵 比 較 や 西 洋 肖 像 画 を 描 い た 絵 師 達 の 生 き 様 を 通 じ 、 写 楽 が あ の 役 者 絵 で 何 を 表 現 し た か っ た の か 、 写 楽 が ど う し て 短 期 間 で 姿 を 消 し て し ま っ た の か 等 の 謎 の 核 心 部 分 に 迫 っ て み る こ と に し た 。 大 衆 に あ き ら れ た 写 楽 に ど の か け か つ い ろ そ が 寛 政 七 年 正 月 、 桐 座 「 再 魁 罧 曾 我 」 か ら 、 写 楽 は 細 判 三 枚 揃 を 刊 行 し た 後 、 突 然 、 浮 世 絵 界 か ら 姿 を 消 し た 。 な ぜ か ? 寛 政 六 年 五 月 、 写 楽 は 、 黒 雲 母 摺 大 首 絵 の 役 者 絵 一 一 十 八 枚 を 引 っ 下 げ て 、 浮 世 絵 界 に 突 如 登 場 す る 。 舞 台 で 演 技 す る 役 者 の 姿 態 ・ 性 格 ・ 表 情 を リ ア ル に 写 し 出 し た 徹 底 し た 写 実 描 法 は 、 江 戸 っ 子 の 度 肝 を 抜 か せ る 程 、 迫 真 力 に 富 ん で い た 。 な か で も 、 写 楽 ら し い 個 性 を 発 揮 し て い る の は 、 実 悪 、 敵 役 等 、 演 技 力 の あ る 役 者 の 半 身 像 を 描 第 1 章 ・ 写 楽 が 十 カ 月 で 消 え た 理 由

写楽 仮名の悲劇


こ の 初 学 者 向 き の 役 者 絵 入 門 書 と い う べ き 書 物 で 、 豊 国 自 ら が 語 っ た 画 論 が 、 豊 国 絵 ば か り か 写 楽 絵 を も 十 分 説 明 し う る 理 論 を 提 供 す る と す れ ば 、 そ れ は 前 章 に お い て 私 が 行 っ た 、 写 楽 を 豊 国 と 考 え た 場 合 に お け る さ ま ざ ま な 写 楽 に 関 す る 謎 の 解 明 と と も に 、 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を さ ら に い っ そ う 強 め る も の で あ ろ う 。 以 上 の 論 証 で 、 私 は ほ ば 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を 十 分 証 明 し え た と 思 う 。 も ち ろ ん こ の 仮 説 を 、 私 、 ま ま で の 学 者 お よ び 非 学 者 の 、 世 間 を 騒 が せ る に は 十 分 興 明 は 絶 対 と は 考 、 ん て は い な い 力 し 味 深 い 話 題 で あ っ た 写 楽 別 人 説 を 、 多 少 学 問 的 基 礎 の 上 に 立 た し め る こ と が で き た と 思 う 。 手 近 に あ っ た 「 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 」 レ 」 国 こ の 長 い 写 楽 論 の 途 中 で 、 し ば し ば 、 私 は 写 楽 論 が た だ の 推 理 遊 び に 尽 き る も の で は な く 、 一 そ れ は 江 戸 文 化 論 あ る い は 、 さ ら に 日 本 文 化 論 の 問 題 と 深 く 関 わ ら ね ば な ら な い と 論 じ た 。 第 そ れ は 次 の よ う な 意 味 で あ る 。 私 は 、 人 に 字 を 書 く よ う 求 め ら れ る と き に 、 し ば し ば 「 真 理 は 手 近 に 隠 れ て い る 」 と 書 く 。 ー の 上 に 立 て ら れ て い る 。 も ち ろ ん 、 私 の 日 本 古 代 に 関 す る 学 説 は す べ て そ の よ う な モ ッ ト 先 に 信 念 が あ っ て 、 そ こ か ら 学 説 が 発 見 さ れ た わ け で は な く 、 い ろ い ろ 考 え て 到 達 し た 説 が 、 実 は 最 も 手 近 に あ っ た と い う こ と で あ る 。 何 ら か の 偏 見 の た め に 、 人 は そ の 手 近 な も の を 見 よ う と し な い 。 真 理 は い つ も 手 近 に あ っ て 、 常 に 人 に 語 り か け て い る の に 、 人 は そ の 真 理 の 435 る 。

写楽 仮名の悲劇


家 た ち 、 特 に 役 者 絵 を 描 い て い る 画 家 た ち の 絵 と 写 楽 の 絵 を 一 枚 一 枚 較 べ て み た 。 そ し て ま た 写 楽 と そ の 人 に 関 す る 同 時 代 の 証 言 を 調 べ 、 そ の 人 の 作 品 を 錦 絵 や 黄 表 紙 ま で 調 べ て み た 。 そ の 結 果 、 意 外 な こ と が 分 か っ た の で あ る 。 私 が ま さ か そ の 人 で は あ る ま い と 思 っ た そ の 人 の 絵 と 写 楽 の 絵 と は 実 に 深 い 類 似 性 を 持 っ て い る の で あ る 。 写 楽 を 彼 で あ る と 百 パ ー セ ン ト 決 め つ け る こ と は で き な い に し て も 、 写 楽 を 彼 で な い と い う 証 拠 を 見 付 け る こ と は も っ と 困 難 な こ と で あ っ た 。 そ う で は な く て 写 楽 を 彼 で あ る と 考 え る と 、 写 楽 に 対 す る さ ま ざ ま な 謎 が ほ ば 全 て 解 け る 。 そ し て そ れ に よ っ て 江 戸 美 術 史 に お け る 写 楽 の 位 置 付 け も 、 よ り 深 く 挑 理 解 で き る 。 こ れ は 大 変 な こ と で あ る 。 そ う 思 っ て 私 は 今 、 こ の 著 書 を 書 き 始 め よ う と し て へ い る の で あ る 。 こ う し て 私 は 今 、 筆 を と り 始 め か け た わ け で あ る が 、 も 、 つ 一 度 こ こ で じ っ く り 自 己 反 省 を 一 , し て み よ う 。 本 当 に 私 は 自 分 の 意 志 に 反 し て 、 今 こ の 興 味 深 い 、 し か し 危 険 の 多 い 写 楽 の 謎 ち ょ う せ ん い 。 私 は 物 を に 挑 戦 し よ う と し て い る 。 確 か に そ こ で は な か な か 確 定 的 な 真 理 を 見 付 け に く 書 く と き 、 七 十 パ ー セ ン ト 見 え て き た と こ ろ で 書 く こ と に し て い る 。 『 隠 さ れ た 十 字 架 』 の と き も 『 水 底 の 歌 』 の と き も そ う で あ っ た 。 ま だ 多 少 不 明 の 部 分 が あ る が そ の 方 が 筆 に 力 が 入 る 。 も う 書 き 始 め て も よ い と 思 っ て 書 き 始 め た 。 今 そ う い う 状 態 に 私 は あ る 。 写 楽 に つ い て 書 き 始 め る こ と に し よ う そ の 挑 戦 に 私 は 成 功 す る で あ ろ う か 、 今 ま で の 全 て の 人 が 、 そ の 主 観 的 信 念 に も か か わ ら す 、 そ の 挑 戦 に 失 敗 し た と す れ ば 、 私 か そ の 失 敗 を 繰 り 返 さ な い 保 言 か ど こ に あ ろ う 。 私 の