検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽ーその隠れた真相

写楽ーその隠れた真相から 240件ヒットしました。

写楽ーその隠れた真相


写 楽 ー ー 、 ・ そ の 隠 れ た 真 相 ・ 目 次

写楽ーその隠れた真相


写 楽 ー ー ↓ て の 隠 れ た 真 相

写楽ーその隠れた真相


画 家 と い う よ り タ レ ン ト 的 な 人 気 を 湧 か せ て い た 画 家 の 池 田 満 寿 夫 が 、 日 本 放 送 協 会 か ら 写 凵 こ の ぞ う 楽 Ⅱ 歌 舞 伎 役 者 中 村 此 蔵 説 の 『 こ れ が 写 楽 だ 』 を 出 し 、 夏 の テ レ ビ に 出 演 し て 、 く す ぶ り 出 し て い た 写 楽 プ ー ム に 火 を つ け た 。 つ づ い て 哲 学 者 梅 原 猛 が 、 「 芸 術 新 潮 」 に 歌 川 豊 国 説 の 「 写 楽 が み つ か っ た 」 を 書 き 、 昭 和 , ハ 十 年 代 に 入 っ て 、 中 村 節 子 の 「 東 洲 斎 写 楽 は オ ラ ン ダ 人 だ っ た 」 が 「 芸 術 公 論 」 に 三 回 に わ た っ て 連 載 さ れ た 。 さ ら に 同 年 十 一 一 月 号 の 「 歴 史 読 本 」 に は 、 「 謎 の 浮 世 絵 師 写 楽 を 探 せ ! 」 の 特 集 が 組 ま れ た 。 そ の 目 次 は 次 の よ う で あ っ た 。 写 楽 は 司 馬 江 漢 十 X だ ー 福 富 太 郎 ( 江 漢 は 写 楽 の 仕 掛 人 。 し か し 、 写 楽 は 面 白 い 。 写 楽 を 語 楽 す る ) 写 楽 は 近 松 昌 栄 だ ? 高 橋 克 彦 ( 写 楽 は 平 賀 源 内 の 孫 弟 子 で 、 洋 風 画 ・ 秋 田 蘭 画 の 絵 師 だ っ 写 楽 は 鳥 居 清 政 だ ! 中 石 瑛 ( 写 楽 は 歳 だ っ た 。 天 才 少 年 絵 師 は 、 な ぜ 筆 を 折 っ た の か ? ) 写 楽 は 山 東 京 伝 だ ! 谷 峯 蔵 ( 冷 悧 な リ ア リ ズ ム と デ フ ォ ル メ に よ る 戯 画 化 が 両 者 の 特 徴 だ ) 写 楽 は 十 返 舎 一 九 だ ! 宗 谷 真 爾 ( 写 楽 画 が 登 場 し た 寛 政 六 年 。 謎 を 解 く カ ギ は こ の 年 に あ っ た ) 写 楽 は 喜 多 川 歌 麿 だ ! 石 森 章 太 郎 ( 写 楽 絵 の 表 現 は 天 才 歌 麿 の 筆 に よ っ て し か 描 け る は ず

写楽ーその隠れた真相


て 、 こ れ が 写 楽 Ⅱ 歌 麿 説 か ら 高 橋 氏 が 撤 退 す る 、 そ も そ も の き っ か け と な っ た と い う の で あ っ た 。 以 来 高 橋 氏 は 、 絵 か ら 写 楽 に 迫 る 方 向 を 換 え て 、 も う 一 度 写 楽 の 基 礎 的 な 文 献 資 料 か ら 写 と い う の だ が 、 な ん と も 合 点 の い か ぬ ( し か し 、 合 点 の い か ぬ 私 楽 を 考 え 直 す こ と に し た に と っ て 奇 跡 的 な ま で に 幸 運 な ) 高 橋 氏 の 方 向 転 換 で あ っ た 。 い ま 日 本 の 美 術 界 で 活 躍 中 の 、 特 異 な 人 物 画 で 売 る 油 絵 画 家 で も 、 描 く 人 物 ( 女 性 ) の 表 情 明 ( 特 に 目 ) と 同 じ 比 重 で か そ れ 以 上 に 、 衣 装 の 柄 を て い ね い に 描 き こ む こ と に 重 点 を お い て い る 人 気 画 家 の 例 も 見 ら れ る 。 人 物 の 着 る 衣 装 に 季 節 に 合 っ た 柄 模 様 を 多 く 描 き 込 む こ と で 、 日 本 お 人 好 み の 絵 に し て い る の で あ る 。 任 、 歌 麿 と 写 楽 の 見 た と こ ろ の 感 じ の ち が い を 認 め た 上 で 、 む し ろ ち が う 作 風 に 見 え る 両 の 者 の 絵 の 裏 に 、 同 じ 作 者 に よ る 意 図 的 な 描 き か た の ち が い が 隠 さ れ て い る こ と に 気 づ い た の も 、 そ の 秘 密 に よ っ た 。 一 三 ロ 術 「 女 と 男 、 日 本 人 と 外 国 人 、 や ま と 絵 と 洋 風 画 」 美 と い っ た 相 違 点 を 持 っ 歌 麿 と 写 楽 の 絵 に こ そ 、 同 じ 一 人 の 作 者 が 「 女 と 男 」 ほ ど に 違 う よ 、 つ 章 に 見 え る 絵 を 描 き わ け て い る 、 共 通 点 と い う よ り ま ぎ れ も な い 同 一 性 に 、 私 は 気 づ い た の で あ 十 第 写 楽 の 絵 は 、 美 人 画 の 歌 麿 が 名 を 伏 せ 、 こ と さ ら 西 洋 絵 画 的 な 写 実 ( あ ま り の 真 ) を 盛 り 込 四 る 。

写楽ーその隠れた真相


「 あ れ は 自 画 像 で し た ね 。 ま ち が い な く 写 楽 の 、 自 画 像 で し た ね 」 写 楽 の 自 画 像 、 と い 、 つ こ と は : 「 俳 諧 の 大 立 者 の 素 外 が で す よ 。 こ れ が な ん と 写 楽 、 写 楽 が 谷 素 外 だ っ た の で す よ 。 こ れ が は つ き り し た の で す よ 、 こ れ に は 、 た ま げ ま し た な あ 」 ば か な ー 私 に は 、 も は や 相 工 丁 に 一 一 一 口 、 つ こ と ば か な か っ た 。 ナ ゾ に 包 ま れ た そ の 伝 記 か ら 、 写 楽 を 北 斎 と い い 、 応 挙 に し 、 司 馬 江 漢 、 酒 井 抱 一 、 谷 文 晁 、 私 版 元 蔦 屋 重 三 郎 と 限 り な く そ れ に 替 え ら れ そ う な 人 物 を あ げ つ ら う の は 勝 手 だ が 、 は や り の 安 手 な 写 楽 プ ー ム に 便 乗 し て 、 見 た と こ ろ は 誠 実 そ の も の に 見 え た こ の 男 も ま た 私 を 使 っ て 、 写 れ び 楽 Ⅱ 素 外 説 を 売 り だ す 魂 胆 だ っ た の か ? し あ の 素 外 を 写 楽 が 描 い た も の と し て ス ク ー プ す る の さ え 、 実 証 的 に は な お 根 拠 が 弱 い 部 分 が 毒 し き れ ぬ と き に 、 ど う し て 、 遙 か に そ れ 以 上 に 危 険 が っ き ま と う 写 楽 Ⅱ 素 外 説 が 持 そ ち だ せ る も の か ? 章 四 そ れ を 聞 け ば 、 恐 ら く こ れ ほ ど の 特 ダ ネ は な い と ば か り に 、 一 気 に 、 写 楽 Ⅱ 素 外 に 暴 走 し そ 第 、 つ な 社 会 部 が 、 す ぐ 近 く に 立 っ こ と を 考 慮 し た 私 は 、 相 手 の 電 話 に は 殆 ど か か わ ら ず 事 務 的 に 一 6

写楽ーその隠れた真相


こ の 「 か ね つ け 」 で 、 こ う し て 最 晩 年 の 歌 麿 は 、 そ れ ま で 隠 し つ づ け て き た 極 秘 の 写 楽 の 正 体 を 、 チ ラ リ と 見 せ た と 私 は 、 思 い 切 っ て 正 直 に 解 説 し た い と こ ろ だ っ た が 、 美 術 評 論 家 の 責 任 に お い て 、 こ こ で も 私 は い よ い よ 確 信 を 持 っ て き て い た 写 楽 Ⅱ 歌 麿 の 秘 密 は 伏 せ た 。 伏 せ 通 し た つ も り で あ っ た 。 東 洲 斎 写 楽 「 松 本 米 三 郎 の け は い 坂 の 少 将 実 は し の 219 第 十 一 章 写 楽 は 歌 麿 ?

写楽ーその隠れた真相


馬 江 漢 と 浮 世 絵 師 栄 松 斎 長 喜 の 合 作 で 写 楽 版 画 は 描 か れ た と す る 『 写 楽 を 捉 え た 』 ( 画 文 堂 ) と 、 異 端 の 日 本 画 家 中 村 正 義 の 阿 波 蒔 絵 師 説 『 写 楽 』 ( ノ ー ベ ル 書 房 ) と が 、 い ず れ も 進 行 中 で あ る こ と な ど を 私 は 数 え あ げ た 。 「 応 挙 に 抱 一 、 文 晁 は 、 い ず れ も 本 格 派 の 絵 か き で し た ね 」 と 近 藤 記 者 が い っ て 、 日 出 造 を 父 親 に 持 っ 絵 の 素 養 を ち ら り と 見 せ た 。 「 か れ ら は 、 社 会 的 に も 地 位 が 高 か っ た 。 そ れ に 比 べ た ら 、 浮 世 絵 師 な ど 虫 ケ ラ 同 然 の 町 の 職 人 で 、 い ま で い え ば 梅 原 龍 三 郎 や 林 武 と 、 三 流 娯 楽 雑 誌 の さ し え 画 家 ほ ど の ひ ら き が あ っ た 」 「 と す る と 、 当 然 、 応 挙 、 抱 一 、 文 晁 の 説 は 問 題 に な ら ん で す ね 」 「 と こ ろ が 、 そ う い う 説 の 主 唱 者 は 、 身 分 の 高 い 絵 師 だ っ た か ら こ そ 、 写 楽 と い う 名 に 身 分 を か く し た と 言 っ て い る 」 「 も っ と も ら し い 理 屈 は あ る も の で す ね 」 と 言 っ た 相 手 は 、 「 と こ ろ で 」 と 急 に 改 ま っ た 。 「 こ れ も 素 朴 な 質 問 で す が 。 こ ん ど 出 た 素 外 の 肖 像 画 を か い て い る 写 楽 は 、 こ れ ま で 挙 が っ て き て い る う ち の 、 ど の 写 楽 に 当 た る ん で し よ う か ? 」 「 ど の 写 楽 ? 「 阿 波 の 能 役 者 の 写 楽 も 、 ひ ど く あ ぶ な く な っ て い る わ け で し ょ ? 」 こ れ ま で 挙 げ た う ち の ど の 写 楽 に も 入 ら な い 」 「 そ の 写 楽 だ が 、 こ れ は :

写楽ーその隠れた真相


写 楽 の 謎 は 、 世 界 中 に 版 画 が 散 ら ば っ て い る だ け で 、 あ と は 皆 目 わ か ら な い 正 体 の わ か ら ぬ 写 楽 を 、 同 時 代 に 活 躍 し た 別 の 絵 師 、 小 説 家 、 俳 人 、 浮 世 絵 出 版 あ る じ 社 の 主 な ど な ど 、 と 結 び つ け る 写 楽 Ⅱ 別 人 説 の う ち 、 何 が ど こ ま で ど う 信 頼 で き る の か ? と い う 読 書 界 の 要 望 に 応 え て 、 私 は 一 冊 の 『 写 楽 』 ( 昭 和 四 十 , ハ 年 、 新 潮 社 刊 ) を 書 い た こ と が あ る 。 別 人 説 の 歴 史 的 な 経 過 を 、 ( こ れ 一 冊 で 写 楽 の 謎 の お よ そ の こ と が わ か る よ う に ) た ど り な が ら 、 狂 気 の 沙 汰 の プ ー ム を 浮 彫 り し た の で あ る 。 前 の そ の 『 写 楽 』 で 、 私 は 、 ひ と は だ れ で も 写 楽 に と り 憑 か れ る と 、 〃 キ ツ ネ 憑 き ~ な ら ぬ 〃 写 楽 憑 き 〃 と な っ て 、 写 楽 に 映 し た 自 分 の 顔 が 写 楽 に 見 え て き て し ま 、 つ す な わ ち 、 写 楽 は 魔 鏡 だ あ と が き 236

写楽ーその隠れた真相


ね つ け 」 を 観 る た び に 必 す と い っ て い い く ら い 私 の 脳 裡 に 思 い 浮 か ぶ ) 写 楽 の 描 く あ の 大 首 絵 お お た に お に じ ゃ っ こ え ど べ え 「 大 谷 鬼 次 の 奴 江 戸 兵 衛 」 の イ メ ー ジ の か な し い ま で の 強 烈 さ そ の ま ま な の だ 。 大 谷 鬼 次 の 奴 江 戸 兵 衛 は 、 前 に 突 き 出 し た 悪 役 ゼ ン と し た 面 構 え を 、 ハ ッ シ と ば か り ひ ろ げ た 両 手 の ワ ナ ワ ナ と 気 弱 に 震 え て い る か の よ う な 印 象 が ユ ー モ ラ ス に な ご め て い て 、 絵 全 体 と 歌 麿 の し て は ほ の ば の と し た 人 間 的 な あ た た か み を 感 じ さ せ る 悪 党 の 顔 に な っ て い る の だ が 、 「 か ね つ け 」 の 硬 軟 い り ま じ っ た 絵 の 味 わ い も 、 写 楽 の 鬼 次 の 奴 江 戸 兵 衛 と ま さ に そ っ く り 同 じ な の で あ る 。 「 か ね つ け は 、 浮 世 絵 の 専 門 家 た ち の 間 で は 、 歌 麿 美 人 画 の 晩 年 の 変 容 ぶ り を 示 す 代 表 作 に さ れ 、 〈 時 代 と 共 に 変 化 し た 歌 麿 自 身 の 美 意 識 と 享 受 層 の 好 み に 合 わ せ た 晩 年 の 代 表 的 揃 物 の 一 つ 〉 と 言 わ れ て い る 。 し か し 、 こ こ で も 、 ホ ン ネ の 部 分 で 私 に 一 言 わ せ て も ら う な ら 、 蔦 屋 の も と で 幻 の 大 画 家 写 楽 を 演 じ ぬ き 、 そ の 正 体 を 蔦 重 亡 き あ と も 隠 し と お し て き た 最 晩 年 の 歌 麿 が 、 蔦 屋 ( と い う よ り 写 楽 ) 時 代 の 昔 を し の ぶ 思 い を こ め て 描 い た 絵 だ っ た か ら こ そ 、 「 か ね つ け 」 は 同 じ 「 婦 人 相 学 拾 躰 ー シ リ ー ズ 中 の も っ と も 歌 麿 的 な 美 人 画 の 「 浮 気 之 相 」 に は な ら ず 、 写 楽 版 画 の 中 で も た い へ ん 強 烈 で い て 哀 し い ま で に 愛 ら し い 「 大 谷 鬼 次 の 奴 江 戸 兵 衛 」 ふ う の 絵 に な っ て し ま っ た 。 218

写楽ーその隠れた真相


じ っ ぺ ん し ゃ と り 上 げ ら れ た 。 写 楽 Ⅱ 歌 舞 伎 俳 優 中 村 此 蔵 説 か ら 、 い っ か 此 蔵 と ( の ち の ) 人 気 作 家 十 返 舎 ふ た り 一 九 と の 合 作 だ っ た と す る 、 す な わ ち 此 蔵 十 一 九 の 写 楽 二 人 説 に 変 身 し て い た 池 田 満 寿 夫 と 、 平 賀 源 内 の 孫 弟 子 ( 近 松 昌 栄 ) 説 か ら 歌 麿 、 さ ら に ( 写 楽 別 人 説 の 元 兇 と も 一 一 一 〕 う べ き ) 江 戸 末 さ い と 、 つ 洋 リ っ し ん の 学 者 斎 藤 月 岑 の 写 楽 Ⅱ 能 役 者 斎 藤 十 郎 兵 衛 説 へ と 二 転 三 転 し た 高 橋 克 彦 が 、 そ れ ぞ れ の 写 楽 説 を 披 露 し た 。 そ の 後 、 し ば ら く し て 、 対 立 す る 写 楽 別 人 説 の そ れ ぞ れ の 写 楽 を " 熱 演 ~ し た 池 田 、 高 橋 の 両 氏 を 、 同 じ ス タ ジ オ に 、 " 面 突 き 合 わ せ て ~ 対 決 さ せ る 特 別 番 組 が 、 同 じ テ レ ビ で 放 映 さ れ た り し た 。 そ し て 、 平 成 六 年 一 月 下 旬 、 俳 優 の フ ラ ン キ ー 堺 が 三 十 年 来 の 夢 を 実 現 す る " 写 楽 の 映 画 化 ~ に 踏 み 切 る 話 題 が 、 マ ス コ ミ で い っ せ い に と り 上 げ ら れ た 。 私 の " 母 校 ~ の 読 売 ( 新 聞 ) の 、 一 月 二 十 日 付 の 夕 刊 芸 能 欄 の ト ッ プ を 、 フ ラ ン キ ー 堺 氏 の ポ ー ズ 写 真 と 一 緒 に 大 き く 飾 っ た 記 事 に よ る と 、 フ ラ ン キ ー 堺 氏 が 、 企 画 、 製 作 、 総 指 揮 を す る 映 画 「 写 楽 」 は 、 写 楽 や 版 元 の 蔦 屋 重 三 郎 ら が 織 り な す 群 像 劇 で 、 美 術 通 の 篠 田 正 浩 監 督 が メ ガ ホ ン を と る 、 と い う 書 き 出 し で あ っ た 。 そ も そ も が フ ラ ン キ ー 堺 氏 に は 、 今 回 の 「 写 楽 、 の 映 画 化 で は 、 一 一 人 の 名 監 督 の 思 い 出 が あ る そ う で あ っ た 。 一 人 は 、 同 氏 の 出 世 作 「 幕 末 太 陽 伝 」 ほ か で 親 し く し た 川 島 雄 三 監 督 で 、 同