検索 - みる会図書館

検索対象: クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間から 234件ヒットしました。

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


新 し い 誕 生 日

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


誕 生 日 プ レ ゼ ン ト あ と が き に か え て 解 説 小 林 良 彰 ( 慶 応 義 塾 大 学 教 授 ) 303 29 ラ 313

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


僕 に 巣 喰 う ク ル ミ の 殻 待 合 室 の 患 者 再 建 手 術 患 者 O の 病 室 新 し い 誕 生 日 映 画 「 フ ェ ラ ー リ 事 故 の ビ デ オ 風 の 音 、 炎 の 音 黒 い マ ン ト の 男 の 正 体 生 き る 意 味 ク ラ ッ シ ュ 292 288 260 275 ー 272 285

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


287 新 し い 誕 生 日 り 去 っ て く れ た 。 心 の 中 に 入 り 込 ん で 僕 の 人 生 に 対 す る 価 値 観 を 探 り 、 僕 の 記 憶 の 外 に あ っ た 、 し か し 僕 の 心 を も っ と も ほ っ と さ せ て う れ し く さ せ る 言 葉 、 「 君 は 濃 い 人 生 を 送 っ た 」 を 選 び 出 し て 、 心 の 痛 み も 取 り 去 っ て く れ た 。 そ し て そ の 後 、 熱 く て 、 辛 か っ た そ の と き の 経 験 を 、 僕 の 記 憶 か ら 完 全 に 取 り 除 い た 。 彼 は 僕 を 苦 し め よ う と し て い た の で は な い 。 苦 し み か ら 逃 れ さ せ よ う と し て く れ て い た の 僕 の 心 は 動 揺 し て い た 。 ま る で 巨 大 な 男 に 心 臓 を わ し づ か み に さ れ て 、 ゆ さ ぶ ら れ て い る か の よ う に 激 し く 動 き は じ め た 。

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


誕 生 日 プ レ ゼ ン ト と う な っ て も い し 僕 は 生 き て い く こ と に し た 。 も う 、 投 げ や り な 気 持 ち で 、 で は な い 。 、 」 う 気 持 』 も 違 う 。 = 「 』 く す ぐ 「 〈 」 、 」 「 0 り 』 地 面 0 蹴 「 足 を 前 」 進 0 こ う と 思 っ て い る 。 僕 の 目 の 前 に は 、 ア マ ゾ ン が あ る 。 流 れ が ゆ っ く り で 、 止 ま っ て い る よ う に も 見 え る し 、 河 幅 も 広 く 、 支 流 も た く さ ん あ り 、 ど こ が 僕 の 行 き 着 く 先 で あ る か は よ く わ か ら な い 。 で も 、 道 が な い と こ ろ に 道 を 作 り な が ら 進 む の も 、 希 望 あ る 「 旅 ー と い う ャ ツ だ ろ う 。 事 故 に 遭 う ま で の 僕 は 、 人 生 を 、 い っ か く る 本 番 舞 台 の た め の 稽 古 で で も あ る か の よ う に 日 考 え て い る 面 も あ っ た 。 い っ か も っ と 幸 せ に な れ る は ず だ と 感 じ て い た 。 し か し 、 も っ と 大 切 な こ と は 、 海 に た ど り 着 く こ と を 信 じ な が ら 、 進 ん で い く 「 旅 」 の 過 し 程 に あ る よ う な 気 が し て き て い る 。 自 分 な り の 楽 し み を 見 つ け 出 し て 、 そ の 過 程 を 充 実 し て 新 過 ご す こ と に こ そ 意 味 が あ る 。 事 故 か ら こ れ ま で の 一 年 間 は 河 の 流 れ に 乗 っ て い る だ け だ っ た け れ ど 、 こ れ か ら は バ ル ケ

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


1 キ ン グ を 多 用 し て い た 。 慣 れ れ ば き っ と ス ム 1 ズ に で き る よ う に な る だ ろ う 。 今 ま で の 僕 だ っ た ら 、 こ ん な ん じ や 運 転 で き っ こ な い と 思 っ た だ ろ う 。 ア ク セ ル オ フ の タ イ ミ ン グ が 一 秒 も ず れ た ら お 話 に な ら な い 。 そ ん な ふ う に 考 え た は ず だ 。 け れ ど も こ の と き 、 僕 は そ う 思 わ な か っ た 。 こ れ な ら 何 と か な る 。 今 は ま だ ポ ロ っ ち い 体 だ が 、 い っ か き っ と で き る よ う に な り そ う だ 、 と 思 っ た 。 エ ン ジ ン を か け て み る 。 ア ル フ ア ・ ロ メ オ 製 ュ ニ ッ ト が 、 プ ロ ロ ロ ッ と う れ し そ う に ア イ ド リ ン グ を 刻 ん だ 。 自 分 が 知 ら な か っ た 出 来 事 と そ の 意 味 を 見 つ め 直 し た こ と で 、 自 分 の 存 在 を 少 し 離 れ た と こ ろ か ら 見 ら れ る よ う に な っ た よ う だ 。 す べ て を 受 け 入 れ よ う と 思 っ た 。 日 一 年 前 に 、 日 本 一 の フ ェ ラ ー リ 遣 い と 異 名 を と っ た 「 太 田 哲 也 , と い う 名 前 の 男 は 死 ん だ 。 そ し て 新 し い 「 太 田 哲 也 、 が 誕 生 し た 。 奇 跡 的 に 助 か っ た の で は な い 。 死 ん だ の だ 。 そ の 後 新 に 別 の 人 間 が 新 し く 生 ま れ て き て 、 新 し い ス タ ー ト ラ イ ン に 並 ん だ 。 過 去 の 自 分 を 、 そ の ま ま の 形 で 取 り 戻 す 必 要 は な い 。 ク ル ミ の 中 身 は か ら つ ほ じ ゃ な い の だ 。 中 に は 別 の 新 し い 太 田 哲 也 が 詰 ま っ て い る 。

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


281 新 し い 誕 生 日 だ ま ま 考 え た 。 衝 突 し た 後 は 、 僕 の 意 識 は な か っ た は ず だ 。 暗 闇 の 中 で 聞 い た カ シ ャ ン と い う 音 は は っ き り と 耳 に 残 っ て い る が 、 火 を 見 た 記 憶 は な い 。 も ち ろ ん 立 ち 上 が っ た り 崩 れ た り し て い た 記 憶 も ま っ た く な か っ た 。 そ れ な の に 、 ビ デ オ の 中 の 僕 は 、 間 違 い な く 、 倒 れ た り 起 き 上 が っ た り を 続 け て い る : ど う い 一 つ こ と な の だ ろ 一 つ ? ・

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


素 直 な 気 持 ち で 、 も う 一 度 彼 の 言 葉 を 思 い 出 し て み る 。 「 生 き る こ と は 辛 い こ と だ よ と い う 一 一 = ロ 葉 は 、 「 人 生 と は 、 も と も と 辛 い も の な ん だ よ 。 重 い 荷 物 を 背 負 っ て 、 歩 い て い く よ う な も ん な ん だ よ 」 と 言 っ て い る よ う に 聞 こ え て く る 。 「 で も 、 辛 い か ら と い っ て 絶 望 す る ん じ ゃ な い 。 人 生 と い う も の は も と も と 辛 い も の と し て 与 え ら れ て い る け れ ど も 、 そ れ を 君 が ど う 選 ん で 、 ど う 乗 り 越 え て そ こ に 楽 し み を 見 出 し て い く か 、 そ の 過 程 に こ そ 意 味 が あ る の だ 」 。 そ う 語 り か け て く る 。 た と え ば 、 家 族 と 以 前 の こ と を ふ り 返 っ て み る 。 あ た り 前 の こ と だ と 思 っ て い た こ と 食 事 を し た り 、 友 人 と 語 り 合 っ た り 、 本 を 読 ん だ り 、 外 の 景 色 を 見 た り ー ー そ ん な 些 細 な こ と も 、 実 は 幸 福 の 大 き な 要 素 だ っ た の で あ る 。 僕 は 、 自 分 だ け が 辛 い 目 に 遭 っ て い る の だ と 思 っ て い た 時 期 が あ っ た 。 周 り の 人 と 見 比 べ 日 て 、 自 分 の こ れ か ら の 人 生 は あ ま り に も 悲 惨 す ぎ る と い う 気 持 ち が あ っ た 。 そ し て 幸 福 そ う 誕 に し て い る 人 を う ら や ま し く 、 時 に は 妬 ま し く 思 う 気 持 ち も あ っ た 。 し か し 、 そ う 思 え ば 思 し う ほ ど 、 自 分 の 不 幸 が 拡 大 し て 見 え て き て し ま う の だ っ た 。 新 そ う い え ば レ ー ス を は じ め た 頃 、 ラ イ バ ル に 先 を 越 さ れ て い く と 、 自 分 が 頑 張 っ て 追 い こ そ う と す る よ り も ラ イ バ ル が 失 敗 す る こ と を 望 ん だ り し た こ と も あ っ た 。 し か し そ ん な こ と ね た

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


当 然 、 レ ー シ ン グ ・ カ 1 ト に 乗 っ た り す る よ う な 、 多 く の レ ー シ ン グ ド ラ イ バ 1 が 子 ど も 時 代 に 経 験 す る 環 境 は な か っ た し 、 そ れ ど こ ろ か 実 際 に レ ー ス を 見 た こ と さ え な か っ た 。 普 通 に 一 八 歳 で 免 許 を 取 り 、 知 り 合 い の ア マ チ ュ ア ・ レ 1 サ ー の 手 伝 い で サ ー キ ッ ト に 行 く よ う に な っ て は じ め て 、 生 の レ 1 ス を 見 た の で あ る 。 し か し 、 レ ー ス の 世 界 に 触 れ て み て 、 レ ー ス は 結 果 が す ぐ に は っ き り と 出 る し 、 自 分 に 向 い て い る と 思 っ た 。 か ん ど う レ ー ス 界 に は コ ネ も 資 金 も 何 も な か っ た が 、 大 学 を 卒 業 し た 後 は 勘 当 さ れ た 状 態 と な っ て 家 を 出 て 、 数 年 間 、 修 行 を し て プ ロ と な る こ と が で き 、 レ ー シ ン グ ド ラ イ バ ー を 生 業 と す る よ う に な っ た 。 あ と に な っ て 、 結 婚 、 そ し て 子 ど も の 誕 生 を き っ か け に 、 親 と は ま た 会 う よ う に な っ た が 、 一 五 年 が た っ た 今 で も 、 父 の 心 の 奥 底 に は 、 親 の 言 う こ と を 聞 か な か っ た 、 親 を 裏 切 っ た 、 決 し て 許 さ な い ぞ 、 と い う 思 い が 続 い て い る よ う に 、 僕 は 感 じ て い た 。 け れ ど も 、 最 近 に な っ て 父 の 友 人 か ら 聞 い た 話 で は 、 僕 が 「 日 本 一 の フ ェ ラ ー リ 遣 い ー と マ ス コ ミ で 書 か れ て い る の を 見 つ け て 、 僕 を 認 め る よ う な 素 振 り を 見 せ る こ と が あ っ た ら し お や じ と し 。 そ の 話 を 聞 い て 、 「 親 父 も 歳 を と っ た の か な 」 と 僕 は 感 じ て い た 。 父 は レ ー ス は 嫌 い で も 気 に は な る ら し く 、 と き ど き レ 1 ス 場 に 来 て は 、 僕 と 顔 を 合 わ せ な な り わ い

クラッシュ 絶望を希望に変える瞬間


後 方 は ビ ル ほ ど の 高 さ も あ ろ う か と い う ウ ォ ー タ ー ・ ス ク リ ー ン が 視 界 を 塞 ぎ 、 そ こ に い る は ず の 数 十 台 の 集 団 の 姿 は 、 白 い 水 の 幕 の 中 に 埋 没 し て い る 。 突 然 、 ウ ォ ー タ ー ・ ス ク リ 1 ン の 中 か ら 白 の ポ ル シ ェ 911 が 飛 び 出 し て く る 。 コ ン ク リ 1 ト 壁 に 後 部 か ら ク ラ ッ シ ュ 。 部 品 が 飛 び 散 っ て フ ロ ン ト ガ ラ ス が 紙 切 れ の よ う ま り に 空 を 舞 い 、 は ず れ た タ イ ヤ が ゴ ム 毬 の よ う に コ ー ス 上 を 跳 ね て 転 が っ て い く 。 第 一 事 故 の 発 生 だ 。 後 方 集 団 に は 混 乱 が 起 き て い る よ う だ っ た 。 数 秒 後 、 ウ ォ ー タ ー ・ ス ク リ 1 ン の 中 か ら 、 赤 い ク ル マ が 安 全 地 帯 の グ リ ー ン 上 に 斜 め に 飛 び 出 し て く る 。 そ の 前 方 に は 大 破 し て ポ ン ネ ッ ト を 飛 ば し た ポ ル シ ェ が 、 ガ ソ リ ン タ ン ク を 剥 き 出 し に し て 止 ま っ て い る 。 赤 の ク ル マ は 左 に 向 き を 変 え る 。 し か し 、 間 に 合 わ な い 。 「 カ シ ャ ン , と 音 を た て て 二 台 は 激 突 。 そ の 音 は 僕 の 耳 に 残 っ て い た 音 と 同 じ だ っ た 。 日 灰 色 だ っ た 画 面 全 体 が 一 瞬 で オ レ ン ジ 色 に 変 わ る 。 赤 い ク ル マ は 、 僕 が 運 転 し て い た フ ェ 誕 ラ ー リ だ っ た 。 し こ こ か ら 先 の 僕 の 記 憶 は な い 。 爆 発 の 瞬 間 に 意 識 を な く し て い た か ら だ 。 新 僕 は ソ フ ァ 1 か ら 身 を 乗 り 出 し て 、 食 い 入 る よ う に 画 面 を 見 つ め た 。 こ れ か ら 何 が 起 こ る の か 一 瞬 で も 見 逃 さ な い ぞ 、 と 思 っ て い る 。 ま い ぼ っ ふ さ