検索 - みる会図書館

検索対象: 出雲神話の成立

出雲神話の成立から 222件ヒットしました。

出雲神話の成立


第 一 部 出 雲 国 造 を め ぐ っ て 一 出 雲 族 の 発 祥 地 一 一 国 造 出 雲 臣 三 郡 領 と し て の 出 雲 臣 ・ : 四 氏 族 構 成 か ら 見 た 出 粲 五 国 造 系 譜 の 疑 点 第 二 部 出 雲 神 話 成 立 の 秘 密 一 出 雲 神 話 の 担 い 手 ・ :

出雲神話の成立


第 一 部 出 雲 国 造 を め ぐ っ て

出雲神話の成立


あ る の で あ る 。 し か も 、 女 神 を ま つ る 岩 窟 の 神 秘 性 ・ 尊 厳 性 を さ ら に 加 え る た め に 、 佐 太 大 神 と 結 ば れ た も の で あ る か ら 、 こ の 女 神 が 佐 太 大 神 の 母 と な っ て 、 母 神 の 名 は 明 ら か に さ れ た が 、 父 神 の 名 は 明 示 さ れ て い な い の で あ る 。 佐 太 大 神 の 血 縁 的 関 係 、 す な わ ち 、 こ の 神 を め ぐ る 神 統 図 と い う も の は 、 も と も と な か っ た か ら で あ る 。 三 名 の 大 神 の 血 縁 的 関 係 に つ い て は 、 何 一 つ 伝 承 さ れ て い な い 。 さ き の 熊 野 大 神 や 野 城 大 神 も 、 こ の 神 と の 血 縁 的 関 係 者 は 一 名 も い な い 。 そ こ で 佐 太 大 神 に も 本 来 血 縁 者 の な か っ た こ と が わ か る で あ ろ う 。 部 落 の 守 護 神 と し て 発 生 し た 神 々 は 、 も と も と 排 他 的 で あ り 、 神 々 相 互 の ま 、 そ , っ 血 縁 的 関 係 、 す な わ ち 神 統 図 と い う も の は な か っ た の で あ る 。 佐 太 大 神 の 生 誕 の 説 話 ( し た 意 味 で 、 神 統 図 が で き る 初 歩 的 形 相 を し め し た も の と し て 注 意 す べ き も の で あ る 。 佐 太 大 神 は 『 出 雲 国 風 土 記 』 の ほ か に は 記 さ れ て い な い 神 で あ る 。 し た が っ て 普 通 で あ れ ば さ き の 野 城 大 神 と 同 じ く 、 『 風 土 記 』 か ぎ り の 大 神 と い う 運 命 で 、 歴 史 の 舞 台 か ら お り る も の ち で あ る 。 と こ ろ が 後 世 、 杵 築 大 社 に 対 立 す る 出 雲 二 ノ 宮 と し て の 尊 信 を 受 け る 勢 力 を も っ た 。 大 そ し て 出 雲 十 郡 の う ち 、 杵 築 大 社 は 六 郡 半 を 、 佐 太 神 社 は 三 郡 半 の 各 神 社 を 支 配 し た 。 杵 築 大 雲 社 ・ 佐 太 神 社 の 両 社 頭 職 に よ っ て 、 出 雲 の 各 社 は 分 割 支 配 さ れ る に 至 っ た の で あ る 。 こ れ は 足 利 時 代 末 の 支 配 関 係 を し め す も の で あ る が 、 そ う し た 歴 史 が あ っ た の で 、 旧 国 幣 小 社 に も 列 格 さ れ た 。 記 紀 に も 載 ら な い 神 が 、 ど う し て こ の よ う な 破 格 な 発 展 を も た ら し た の で あ ろ う か 。 143

出雲神話の成立


六 黄 泉 国 の 説 話 よ み の く に 出 雲 国 は 神 話 の 裏 方 と し て 根 の 国 ・ 黄 泉 国 と さ れ た が 、 黄 泉 国 と し て 選 ば れ る 素 因 が 出 雲 国 に あ っ た 。 そ の 一 つ は 、 出 雲 郡 宇 賀 郷 に 黄 泉 の 坂 ・ 黄 泉 の 穴 と 伝 え る 伝 説 を も っ て い た こ と で あ り 、 そ の 二 は 、 す で に 第 二 部 三 節 で 述 べ た ご と く 、 出 雲 国 出 自 の 土 師 連 の 一 族 が 葬 儀 を つ か き ど る 職 を も つ よ う に な っ た こ と か ら の 連 想 で あ ろ う 。 黄 泉 国 の 説 話 は 『 古 事 記 』 が 大 き く 取 り 上 げ 、 し か も そ の な か で 出 雲 の 地 名 ま で 用 い て い る 。 こ れ に 対 し て 『 書 紀 』 は 、 本 文 で は 黄 泉 国 の 説 話 を 取 り 扱 わ ず 、 『 書 紀 』 一 書 の な か で 述 べ て い る が 、 す で に こ こ で は 出 雲 と の 関 係 も な く な っ て い る 。 し た が っ て 、 こ の 黄 泉 国 説 話 の 発 想 は 『 古 事 記 』 の 編 者 に よ る も の と み て よ い よ う で あ る 。 こ こ に も 『 古 事 記 』 の 編 者 と 出 雲 国 と の 密 接 な 関 係 の 存 し た こ と が う か が わ れ る 。 『 古 事 記 』 の 黄 泉 国 の 段 を み る と 、 火 の 神 を 生 ん だ こ と が 原 因 で 伊 邪 那 美 命 は 亡 く な ら れ は は き る 。 そ こ で 出 雲 国 と 伯 伎 国 の 堺 に あ る 比 婆 の 山 に 葬 っ た 。 そ こ で 伊 邪 那 伎 命 は そ の 妻 に 会 お う と 思 わ れ て 、 女 神 の あ と を 追 っ て 黄 泉 国 に 行 か れ る 。 女 神 は 堅 く し ま っ た 御 殿 の 戸 を あ け て 出 ざ な み ぎ な ぎ 6

出雲神話の成立


出 雲 神 話 の 成 立

出雲神話の成立


土 記 』 に 、 神 名 火 山 。 郡 家 の 東 北 九 里 四 十 歩 な り 。 高 さ 二 百 三 十 丈 、 周 り 一 十 四 里 あ り 、 い わ ゆ る 佐 太 大 神 の や ま も と 社 は 、 す な わ ち 彼 の 山 下 に 在 り 。 と み え て い る 。 神 名 火 山 と 呼 ば れ た 朝 日 山 は 神 社 か ら こ ・ 毳 第 、 山 六 キ ロ 、 神 社 の 背 後 の 三 笠 山 は 神 名 火 山 の 延 長 と み ら 、 、 れ て い て 、 現 在 地 が も と か ら の 社 地 の よ う で あ る 。 と こ ろ が 、 こ の 神 に は 『 出 雲 国 風 土 記 』 に 説 話 が 載 . 一 一 0 て い る 。 佐 太 大 神 の 誕 生 地 を 語 る 説 話 で 、 隣 の 嶋 根 比 郡 加 賀 郷 の 条 に 、 加 賀 郷 。 郡 家 の 北 西 一 一 十 四 里 一 百 六 十 歩 な り 。 佐 か み む す び の み こ と 太 大 神 の 生 れ ま し し 所 な り 。 御 祖 神 魂 命 の 御 子 き さ か ひ め の み こ と く ら 支 佐 加 比 売 命 、 闇 き 岩 屋 な る か も と 詔 り た ま い か が や か な ゆ み て 、 金 弓 も て 射 た ま い し 時 に 、 光 り 加 加 明 け り 。 故 れ 加 加 と い う 。 か か の か む さ き と み え 、 さ ら に 加 賀 神 埼 の 条 に は 、 左 の よ う な 注 が 記 ー 40

出雲神話の成立


) 美 保 浜 加 賀 神 崎 . 島 根 郎 黄 泉 / 穴 ・ 耿 鹿 郡 楯 縫 部 国 庁 . 雲 郡 三 △ 熊 野 山 君 ミ 大 原 郡 一 耆 国 石 郡 飯 佐 : こ 売 山 値 後 国 古 代 出 雲 国 全 図 第 1 図

出雲神話の成立


朝 臣 を 賜 う 。 臣 ら 同 じ く 一 祖 の 後 に し て 、 独 り 均 養 の 仁 に 漏 れ た り 。 伏 し て 望 み ら く 、 彼 の 宿 禰 の 族 と と も に 、 同 じ く 姓 を 改 む る の 例 に 預 か ら ん と 。 こ こ に お い て 姓 を 宿 禰 と 賜 う 。 天 武 朝 の 改 姓 で は 、 宿 禰 の 三 位 に 対 し て 、 臣 は 六 位 に ま で 下 げ ら れ て い る 。 そ こ で 中 央 の 公 か ん ど 職 に あ 「 た 彼 と し て は 、 同 祖 の 土 師 氏 を 証 と し て 、 改 姓 を 願 い 出 た わ け で あ る 。 こ の よ う に 同 族 が 同 じ 姓 で 分 か れ て ゆ く 例 は 、 同 じ 出 雲 の 地 だ け で み て も 、 出 雲 臣 か ら 神 門 た け る べ 臣 が 分 か れ 、 さ ら に そ れ か ら 御 名 代 と し て 健 部 臣 が 生 じ た の で も わ か る 。 そ れ は 『 出 雲 国 風 土 お さ か べ た じ ひ べ 記 』 の 出 雲 郡 蝕 部 郷 に み え て い る が 、 そ の ほ か 出 雲 の 蝮 部 臣 ・ 刑 部 臣 な ど の 御 名 代 も 、 同 じ く 出 雲 臣 か ら の 分 か れ と み ら れ る も の で あ る 。 こ の よ う に 出 雲 臣 は 、 地 方 の 国 造 で あ り な が ら 、 一 般 の 国 造 が も っ 直 の 姓 で は な く 、 臣 姓 を 名 の 「 て き た 。 し か し 、 国 造 と 出 雲 臣 の 称 を 授 か 0 た の は 、 さ き に 紹 介 し た 『 出 雲 国 造 世 系 譜 』 が 伝 え る よ う に 、 反 正 天 皇 の 御 代 か ら で あ 「 た と み て よ か ろ う 。 『 日 本 し か し 、 こ の 反 正 天 皇 の 御 代 に 、 は じ め て 出 雲 国 が 大 和 朝 廷 に 服 属 し た の で は な い 。 雲 書 紀 』 を み る と 、 そ の 先 々 代 の 仁 徳 天 皇 一 年 の 条 に 、 天 皇 の 直 轄 領 の 田 で あ る 倭 の 屯 田 お よ び 造 屯 の 屯 田 司 と し て 、 淤 宇 宿 禰 の 名 が 記 さ れ て い る 。 こ の 淤 宇 宿 禰 は 、 国 造 家 の 系 譜 で は 第 十 六 代 の 意 宇 足 奴 命 の こ と で あ る 。 こ れ で み る と 、 出 雲 の 主 長 が 仁 徳 朝 に は す で に 朝 廷 に 出 仕 し て い た こ と が わ か る 。 そ し て つ ぎ の 第 十 七 代 か ら 、 系 譜 も 「 国 造 宮 内 臣 」 と 記 し 、 こ の と き か あ た い

出雲神話の成立


飯 石 郡 の 少 領 を 辞 し て 帰 っ た も の と み て よ い 。 そ う な る と 、 国 造 職 を 相 続 す る ほ ど の 人 物 を 、 わ ざ わ ざ 飯 石 郡 の 少 領 と し て 迎 え て い る こ と を 考 え る と 、 こ の 飯 石 郡 へ も 国 造 家 の 勢 力 が あ っ た も の と 思 わ れ る 。 ( 注 ) 『 出 雲 国 風 土 記 』 の 大 原 郷 の 新 造 院 の 条 に 、 「 前 の 少 領 、 額 田 部 臣 押 島 が 造 る 」 と あ り 、 そ れ は 今 の 少 頼 の 伊 去 美 の 従 父 兄 で あ る と 付 記 し て い る 。 そ こ で 従 父 兄 に よ る 相 続 も あ っ た こ と が わ か る が 、 一 般 に は 直 系 親 族 の 相 続 に よ る も の と み て よ か ろ う 。 み ず は わ け た じ ひ べ の お み も う 一 つ は 仁 多 郡 の 少 領 が 出 雲 臣 で あ る 。 大 領 は 蝮 部 臣 の 出 で あ る が 、 こ の 蝮 部 は 、 瑞 歯 別 ・ : 水 歯 別 命 天 皇 ( 反 正 天 皇 ) の 御 名 代 部 で 、 『 古 事 記 』 の 仁 徳 天 皇 の 条 に 、 「 此 の 天 皇 の 御 世 に 、 た じ ひ の み す は わ け の 御 名 代 と し て 、 蝮 部 を 定 め た ま い 」 と み え 、 こ の 蝮 部 の 名 称 は 、 蝮 之 水 歯 別 命 と い っ て 、 多 治 比 之 柴 垣 宮 に い ま し た 地 名 か ら で あ る 。 皇 族 の 名 を 後 世 に 伝 え る 目 的 で 、 諸 国 に 設 け ら れ た 部 を 御 名 代 部 と い う が 、 『 姓 氏 録 』 右 京 神 別 の 天 孫 の 丹 比 宿 禰 の 条 に 、 み ず は わ け し こ め み と の 御 殿 宿 の 男 、 色 鳴 、 大 鷦 天 皇 ( 仁 徳 天 皇 ) の 御 世 に 、 皇 子 瑞 歯 別 尊 、 淡 路 宮 に 誕 生 れ ま ほ と ぎ い た ど り そ そ み す い し し 時 に 、 淡 路 の 瑞 井 の 水 を 御 湯 に 灌 ぎ ま つ り き 。 時 に 虎 杖 の 花 飛 り て 、 御 湯 の 瓮 の 中 に み な あ ま っ か み よ ご と 入 り き 。 色 鳴 宿 禰 、 天 神 寿 詞 を も う し 、 号 を 奉 り て 、 多 治 比 瑞 歯 別 尊 と も う す 。 す な わ ち た じ ひ べ ゅ あ み の と こ ろ 多 治 比 部 を 諸 国 に 定 め て 、 皇 子 の 湯 沐 邑 と し た ま い 、 や が て 色 鳴 を 宰 と し て 、 丹 治 比 部 の 戸 を 領 ら し め た ま い き 。 と あ り 、 湯 沐 邑 す な わ ち 田 荘 封 戸 の 性 格 を も っ 御 名 代 部 で あ っ た こ と が わ か る 。 一 般 に そ の 地 た じ ひ つ か さ

出雲神話の成立


わ た し は あ な た の 国 の 人 を 、 一 日 に 千 人 す っ 絞 殺 す る で し よ う 」 と い わ れ る 9 そ こ で 男 神 は 、 「 い と し い わ が 妻 よ 、 あ な た が そ う す る な ら ば 、 わ た し は 一 一 日 に 千 五 百 人 ず つ 生 ま せ ま し よ う 」 ふ や と お っ し や っ た 。 さ て 、 い わ ゆ る 黄 泉 比 良 坂 は 、 今 の 出 雲 国 の 伊 賦 夜 坂 と い う 坂 で あ る 。 み そ ぎ は ら こ の 黄 泉 国 か ら 帰 ら れ た 伊 邪 那 伎 命 は 、 身 体 に つ い た 穢 れ を 禊 祓 う べ く 、 筑 紫 の 日 向 の 橘 の ・ お ' ど . あ は ぎ は ら 門 の 阿 波 岐 原 に 行 か れ ー ... そ 効 川 瀬 で 禊 抜 わ れ る と き に 、 た く さ ん の 神 々 が 化 生 す る が 、 最 後 に 左 の 目 を 洗 う と き 一 」 照 大 神 、 つ ぎ に 右 の 目 を 洗 う と き に 月 読 命 、 つ ぎ に 鼻 を 洗 わ れ る と ・ き に 化 生 す る の が 佐 之 男 命 で あ る 9 出 雲 国 で あ る 黄 泉 国 の 穢 れ を 祓 う た め に 男 神 が 日 向 国 へ 赴 く と い う 構 成 は 、 黄 泉 国 と 顕 国 、 出 雲 国 と 日 向 国 、 そ れ は 神 話 の 裏 方 と 表 方 と を 示 し た も の で あ っ た 。 し た が っ て こ の 説 話 の な か に は 当 時 の 葬 送 習 俗 や 世 界 観 が 織 り こ ま れ て い る が 1 地 理 的 に は 神 話 の 表 方 と し て の 日 向 と 、 裏 方 と し て の 出 雲 と の 対 立 に お い て 述 べ ら れ て い る も の で あ る 。 と こ ろ が 黄 泉 比 良 坂 を 、 出 雲 国 の 伊 賦 夜 坂 に 当 て て い る 9 比 良 坂 ・ の 「 ひ ら 」 は 全 国 方 言 に み ら れ る 傾 斜 地 の 意 で あ る 。 こ の 伊 賦 夜 坂 は 出 雲 の 東 部 、 意 宇 平 野 に は い る か か り 、 い ま の 八 東 郡 東 出 雲 ・ 町 6 撮 凰 い お た グ で あ る こ こ に は 「 喪 」 に の る ' 伊 布 夜 社 が ぢ り 、 伊 邪 那 美 命 な と を 祀 っ て い る 9 し か し 、 こ の あ た り に 黄 泉 0 づ ・ い て ・ 認 ま 何 ・ 一 ・ ・ づ ・ 云 わ ・ づ ・ 、 て い な い 。 こ れ ほ 黄 泉 国 と さ れ た 出 雲 国 の 入 口 、 当 時 は 意 宇 川 の 下 流 域 が 政 治 的 ・ 文 化 的 中 心 と な っ て い た の 8