検索 - みる会図書館

全データから 205811件ヒットしました。

利己的な遺伝子


利 己 的 な 遺 伝 子

利己的な遺伝子


利 己 的 な 遺 伝 子 目 次

利己的な遺伝子


科 学 選 書 9 利 己 的 な 遺 伝 子 リ チ ャ ー ド ・ ド ー キ ン ス 日 高 敏 隆 岸 由 ニ 羽 田 節 子 垂 水 雄 ニ = 訳 紀 伊 國 屋 書 店

利己的な遺伝子


本 書 に 寄 せ ら れ た 書 評 一 九 七 六 年 版 へ の ま え が き 一 九 八 九 年 版 へ の ま え が き 人 は な ぜ い る の か 2 自 己 複 製 子 3 不 減 の コ イ ル 4 遺 伝 子 機 械 5 攻 撃 ー ー ー 安 定 性 と 利 己 的 機 械 6 遺 伝 子 道 7 家 族 計 画 8 世 代 間 の 争 い 109 フ 9 194 171 141

利己的な遺伝子


二 版 か ら は 、 邦 訳 の メ イ ン ・ タ イ ト ル を 原 題 そ の ま ま に 『 利 己 的 な 遺 伝 子 』 と す る こ と に な っ た 。 混 乱 は 少 し は 減 る か も し れ な い 。 一 九 九 一 年 一 月 訳 者 を 代 表 し て 日 高 敏 隆 529

利己的な遺伝子


3 不 減 の コ イ ル 本 文 頁 「 個 々 の 遺 伝 子 の 分 担 を 区 別 す る の が ほ と ん ど 不 可 能 な ほ ど い り く ん だ : : : 」 こ こ と 、 一 三 六 ~ 一 四 〇 頁 の 記 述 は 、 遺 伝 的 「 原 子 論 」 と い う 批 判 に 対 す る 私 の 解 答 で あ る 。 厳 密 に は 、 答 え で は な く 予 測 で あ る 。 な ぜ な ら 、 そ れ は 批 判 よ り 先 に 書 か れ た の だ か ら ! 自 分 の 書 い た も の を な が な が と 引 か ね ば な ら な い こ と を 遺 憾 に 思 い は す る が 、 『 利 己 的 な 遺 伝 子 』 の 当 該 の 文 章 は 、 心 配 に な る ほ ど 簡 単 に 見 過 ご さ れ て し た と え ば 、 ・ — 。 グ ー ル ド は 、 「 利 他 的 な 集 団 と 利 己 的 な 遺 伝 子 」 ( 『 。 ( ン ダ の 親 指 』 ま う よ う に 思 え る の だ ー 所 収 、 日 本 語 版 、 早 川 書 房 、 上 巻 、 一 三 〇 頁 ) に お い て 、 次 の よ う に 述 べ て い る 。 あ な た の 左 の 膝 頭 と か 、 あ な た の 指 の 爪 と か い 0 た 、 目 に 見 え る あ る 一 部 分 の 形 態 の " た め の 。 遣 伝 子 な ど と い う も の は 存 在 し な い 。 か ら だ は 個 々 の 遺 伝 子 が そ れ そ れ つ く り 上 げ る よ う な 、 多 数 の 部 分 に 分 解 で き る も の で は な い 。 何 百 と い う 遺 伝 子 が 協 同 し て か ら だ の ほ と ん ど の 部 分 を つ く り あ げ る の で あ る 。 グ ー ル ド は こ れ を 『 利 己 的 な 遺 伝 子 』 に 対 す る 批 判 と し て 書 い た 。 し か し こ こ で 、 私 が 実 際 に ど う い う 言 葉 を 述 べ て い る か を 見 て い た だ き た い ( 四 八 頁 ) 。 体 を 構 築 す る と い う こ と は 、 個 々 の 遺 伝 子 の 分 担 を 区 別 す る の が ほ と ん ど 不 可 能 な ほ ど い り く ん だ 協 同 事 業 な の で あ る 。 一 つ の 遺 伝 子 が 、 体 の い ろ ん な 部 分 に 対 し て 様 々 に 異 な る 効 果 を お よ ぼ す こ と が あ り 、 ま た 、 体 の あ る 部 分 が 多 数 の 遺 伝 子 の 影 響 を 受 け る 場 合 も あ れ ば 、 あ る 遺 伝 子 が 他 の 多 数 の 遺 伝 子 と の 相 互 作 用 に よ っ て 効 果 を あ ら わ す こ と も あ る 。 そ し て 、 再 度 ( 本 書 、 六 六 頁 ) こ う も 述 べ て い る 。 434

利己的な遺伝子


利 己 的 な 遺 伝 子 と は 何 だ ろ う ? そ れ は 単 に 一 個 の の 物 理 的 小 片 で は な い 。 原 始 の ス ー プ に お い て そ う で あ っ た と 同 様 に 、 そ れ は 世 界 中 に 分 布 し て い る 、 個 々 の 片 の 全 コ ピ 1 で あ る 。 そ う し た い と き に は い つ で も ま と も な 用 語 に な お せ る と い う 自 信 が あ る な ら 、 不 正 確 を 承 知 の 上 で 、 遺 伝 子 が 意 識 的 な 目 的 を も っ て い る か の よ う に 語 る こ と が で き よ う 。 そ う と し た ら 、 わ れ わ れ は 次 の よ う に 問 う ・ て み る こ と が で き る 。 で は 個 々 の 利 己 的 な 遺 伝 子 の 目 的 は 一 体 何 な の か 。 遺 伝 子 。 フ 1 ル 内 に さ ら に 数 を ふ や そ う と す る こ と 、 と い う の が そ の 答 で あ る 。 そ れ 、 つ ま り 個 々 の 遺 伝 子 は 、 基 本 的 に は 、 そ れ が 生 存 し 繁 殖 す る 場 と な る 体 を 。 フ ロ グ ラ ム す る の を 手 伝 う こ と に よ っ て 、 こ れ を お こ な っ て い る 。 し か し 今 や 、 「 そ れ 」 が 多 数 の 異 な る 個 体 内 に 同 時 に 存 在 す る 、 分 散 さ れ た 存 在 だ と い う こ と を 強 調 し な け れ ば な ら な い 。 こ の 章 で 重 要 な の は 、 遺 伝 子 が 他 の 体 に 宿 る 自 分 自 身 の コ ピ ー を も 援 助 で き る ら し い と い う 点 で あ る 。 も し そ う で あ れ ば 、 こ れ は 個 体 の 利 他 主 義 と し て あ ら わ れ る で あ ろ う が 、 そ れ は あ く ま で 遺 伝 子 の 利 己 主 義 の 産 物 で あ る だ ろ う 。 人 間 の ア ル ビ ノ ( 先 天 性 色 素 欠 亡 症 ) に 関 す る 遺 伝 子 を 考 え て み よ う 。 ア ル ビ / を ひ き お こ す 遺 伝 子 6 遺 伝 子 道

利己的な遺伝子


補 注 2 同 胞 ( 両 親 を 共 有 す る 兄 剃 間 の 利 己 主 義 と 利 他 主 義 の 進 化 の 条 件 。 た だ し 通 常 の 二 倍 体 生 物 を 考 え る (i) 同 胞 間 の 利 己 主 義 を う な が す 遺 伝 子 A が 広 が り う る 条 件 個 体 x が 遺 伝 子 A を も っ て い る と き , そ の 同 胞 Y が A を も つ 確 率 ( = 近 縁 度 ) は 1 / 2 で あ る 。 い ま x が , あ る 量 の 資 源 を Y か ら 利 己 的 に 奪 っ て し ま う こ と に よ っ て , 自 ら は △ B , の 利 得 を 手 に 入 れ , Y に は △ Cy の 損 失 を 与 え た と す る ( 利 得 , 損 失 は い ず れ も 生 存 率 あ る い は , ド ー キ ン ス は 好 ま な い よ う だ が , 適 応 度 で 測 る べ き も の で あ る ) 。 こ の 時 , X の 行 為 に よ っ て 遺 伝 子 A が 増 え る 程 度 は , △ B ェ ・ 1 ー △ Cy ・ 1 / 2 ( 3 ) と な る 。 こ れ が ゼ ロ よ り 大 き け れ ば , A は 広 が る と み ら れ る か ら , A の 広 △ B ェ > 1 / 2 △ Cy が る 条 件 は 次 の よ う に 示 せ る 。 れ に よ っ て x は △ c , の 損 失 , Y は △ By の 利 得 を 得 た と す れ ば , こ の 利 他 遺 伝 子 A ′ を も つ 個 体 x が , 一 定 量 の 資 源 を 同 胞 Y に 与 え る と す る 。 (ii) 同 胞 間 の 利 他 主 義 を う な が す 遺 伝 子 A ′ が 広 が り う る 条 件 を の そ い て は 訂 正 さ れ て い る 。 値 を 当 初 2 と し て い た が , こ れ は 1 / 2 の 誤 り で あ り , 第 二 版 で は 216 ペ ー ジ 胞 に 対 す る x の 利 己 主 義 は , 進 化 上 有 利 と な り う る 。 ド ー キ ン ス は , こ の つ ま り , x の 受 け る 利 得 が , Y の こ う む る 損 失 の 1 / 2 よ り 大 き け れ ば , 同 ー △ C ェ ・ 1 十 △ By ・ 一 > 0 ゆ え に , △ By > 2 △ C ェ 主 義 に よ っ て A が 増 加 す る 条 件 は , ( i ) に な ら っ て , Y に 対 す る 利 他 主 義 が 進 化 し う る 。 つ ま り , x の こ う む る 損 失 の 2 倍 以 上 の 利 得 を Y が 手 に 入 れ る な ら , X の 圃 親 子 の 対 立 親 の 体 の 中 に あ る 遺 伝 子 G は , ど の 子 供 に も 1 / 2 の 確 率 で 伝 え ら れ る 。 (ii) 532

利己的な遺伝子


な る 。 実 際 の 自 然 淘 汰 の 単 位 と し て 最 大 の も の で あ る 遺 伝 子 は 、 ふ つ う は シ ス ト ロ ン と 染 色 体 と の 中 間 の ど こ か に 位 置 す る 大 き さ で あ る こ と が わ か る で あ ろ う 。 遺 伝 子 が 自 然 淘 汰 の 基 本 単 位 の 第 一 候 補 に な り う る の は 、 遺 伝 子 が 潜 在 的 に も っ て い る 不 減 性 の た め で あ る 。 し か し 今 や こ の 「 潜 在 的 」 と い う こ と ば を 強 調 す べ き と き が き た 。 あ る 遺 伝 子 は 百 万 年 生 き る こ と が で き る が 、 多 く の 新 し い 遺 伝 子 は 最 初 の 世 代 す ら ま っ と う し な い 。 少 数 の 遺 伝 子 が 成 功 を お さ め る の は 、 一 つ に は 運 が よ 力 「 た た め で あ る が 、 ふ つ う は 、 そ の 譴 5 が 必 さ れ る も の を も 0 て い た か ら で あ る つ ま り 、 そ れ ら の 遣 伝 子 が 生 存 機 械 を つ く る 上 で す ぐ れ て い た こ と を 意 味 し て い る 。 そ れ ら の 遺 伝 子 は 、 自 分 が 住 み つ い て い る そ れ そ れ の 体 の 胚 発 生 に 影 響 を お よ ・ ほ し 、 そ の 体 が ラ イ ・ ( ル の 遺 伝 子 、 す な わ ち 対 立 遣 伝 子 の 影 響 下 に あ る と き よ り 少 し た け よ け い に 長 生 き し 、 よ け い に 繁 殖 す る よ う に す る 。 た と え ば 、 「 す ぐ れ た 」 遺 伝 子 は 自 分 の 住 み つ い て い る 体 に 長 い 肢 を 与 え て 、 そ の 体 が 捕 食 者 か ら 逃 げ や す く す る こ と に よ っ て 、 自 分 の 生 存 を 確 実 に す る で あ ろ う 。 こ れ は 個 別 的 な 例 で あ っ て 、 普 遍 的 な 例 で は な い 。 つ ま り 、 長 い 肢 は 必 ず し も 利 点 で あ る と は 限 ら な い 。 モ グ ラ に と っ て は 長 い 肢 は ( デ → キ ~ 〉 。 フ で あ る に ち が い な い 。 個 々 の 細 部 に と ら わ れ す に 、 あ ら ゆ る す ぐ れ た ( 0 長 命 〔 6 ) 遺 伝 子 に 共 通 す る な ん ら か の 普 遍 的 な 特 性 を 考 え る こ と が で き る だ ろ う か ? 反 対 に 、 あ る 遺 伝 子 を 「 劣 っ た 」 短 命 の 遺 伝 子 た ど 簡 単 に 区 別 で き る 特 性 は 何 で あ ろ う ? こ う し た 普 遍 的 な 特 性 は い く つ か あ イ に と く に 関 係 の ふ か い 特 性 が あ る 。 す な わ ち 、 遺 伝 子 レ ベ で は 、 利 他 主 義 の る か も し れ よ 、 不 は 悪 で あ り 利 己 主 義 が 善 あ る 。 利 己 主 義 と 利 他 主 義 の わ れ わ れ の 定 義 か ら し て こ う な る こ と は 避 け ら れ な い 。 遺 伝 子 は 生 存 中 そ の 対 立 遺 伝 子 と 直 接 競 い あ っ て い る 。 遺 伝 子 プ ー ル 内 の 対 立 遺 伝 子 は 、 未

利己的な遺伝子


い ミ ー ム ー ー 噺 登 場 の 自 己 複 製 子 一 ろ 長 期 的 な 利 己 的 利 益 の 方 を 促 進 さ せ る く ら い の 知 的 能 力 は あ る 。 わ れ わ れ は 、 「 ハ ト 派 の 共 同 行 為 」 に 参 加 す る こ と が 長 期 的 利 益 に つ な が る こ と を 理 解 で き る 。 わ れ わ れ は 、 同 し テ ー ・ フ ル に 座 っ て 、 そ の 共 同 行 為 を う ま く 実 行 す る 方 法 を 話 し 合 う こ と も で き る は ず な の だ 。 私 た ち に は 、 私 た ち を 産 み 出 し た 利 己 的 遺 伝 子 に 反 抗 し 、 さ ら に も し 必 要 な ら 私 た ち を 教 化 し た 利 己 的 ミ ー ム に も 反 抗 す る 力 が あ る 。 純 粋 で 、 私 欲 の な い 利 他 主 義 は 、 自 然 界 に は 安 住 の 地 の な い 、 そ し て 世 界 の 全 史 を 通 じ て か っ て 存 在 し た た め し の な い も の で あ る 。 し か し 私 た ち は 、 そ れ を 計 画 的 に 育 成 し 、 教 育 す る 方 法 を 論 じ る こ と さ え で き る の だ 。 わ れ わ れ は 遺 伝 子 機 械 と し て 組 立 て ら れ 、 ー ム 機 械 と し て 教 化 さ れ て き た 。 し か し わ れ わ れ に は 、 こ れ ら の 創 造 者 に は む か う 力 が あ る 。 こ の 地 上 で 、 唯 一 わ れ わ れ だ け が 、 利 己 的 な 自 己 複 製 子 た ち の 専 制 支 配 に 反 逆 で き る の で あ る 。 32 ー