検索 - みる会図書館

全データから 213667件ヒットしました。

創造力なき日本ーアートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」


村 上 隆 創 造 力 な き 日 本 ア ー ト の 現 場 で 蘇 る 「 覚 悟 」 と 「 継 続 」 角 川 one テ ー マ 幻

日本の街道 8 日燃ゆる九州


: み 三 第 ・ や 第 至 田 \ ′ 至 小 倉 瀬 高 南 関 前 崎 大 至 住 竹 田 山 鹿 街 菊 溪 谷 ・ ・ ・ 内 牧 道 高 新 一 大 尾 小 重 △ 阿 蘇 、 - 熊 本 津 野 屋 峠 山 坂 野 津 古 墳 群 を 火 君 の 墳 墓 と み 、 そ の 付 近 の 氷 川 流 域 り 、 末 社 の 健 宮 社 ・ 甲 佐 社 ・ 郡 浦 社 を 支 配 し た 。 阿 に 起 源 を 求 め る 説 も 有 力 で あ る 。 火 君 は 、 六 世 紀 以 蘇 社 領 は 平 安 時 代 、 村 上 源 氏 に 寄 進 さ れ 、 阿 蘇 荘 と つ く し の 後 、 筑 紫 火 君 と し て 、 ま た 八 世 紀 に は 大 領 ( 郡 司 ) 呼 ば れ た 。 本 家 は 後 白 河 院 で あ り 、 院 ( 本 家 ) ー 村 肥 君 猪 手 の 戸 籍 が あ る な ど 、 筑 前 で も 活 躍 し た 有 力 上 源 氏 ( 領 家 ) ー 阿 蘇 大 宮 司 ( 下 司 ) の 領 主 体 制 が で き あ が る 。 阿 蘇 社 領 の う ち 南 郷 谷 の 下 田 ・ 久 木 野 な 氏 族 で あ る 。 ひ の あ し き た 火 国 の 南 に 火 芦 北 国 が あ っ た 。 『 日 本 書 紀 』 の 敏 ど 一 〇 カ 村 は 大 宮 司 の 領 地 で あ る 。 大 宮 司 は こ こ を お さ 達 天 皇 十 二 年 (lfp) 七 月 条 な ど に 、 火 芦 北 国 造 刑 本 拠 地 と し 、 武 士 の 棟 梁 と し て 勢 力 を ふ る い 、 南 郷 に ち ら か べ の あ り し と 部 阿 利 斯 等 と そ の 子 達 率 日 羅 の 名 が 出 て い る 。 日 大 宮 司 と よ ば れ た 。 阿 蘇 荘 は 院 側 の 荘 園 で あ っ た の で 、 鎌 倉 時 代 に 羅 は 百 済 に 仕 え 、 官 僚 と し て 第 二 階 の 達 率 位 に の ば 発 国 境 年 開 蘇 。 8 る は 、 北 条 氏 が 阿 蘇 荘 の 地 頭 と な っ て 阿 蘇 氏 の 弱 体 化 っ て い た 。 国 際 感 覚 を そ な え た 氏 族 で あ っ た こ と が 蘇 阿 る R れ 阿 、 祭 齢 は を は か り 、 嘉 禄 一 一 年 ( 一 一 一 、 ) 新 た に 健 軍 大 宮 司 を 独 立 れ を 樹 呼 わ か る 。 」 〈 叩 は 一 、 わ 社 と 玉 彡 」 火 国 の も う 一 つ の 火 は 、 阿 蘇 の 御 神 火 で あ る 。 山 さ せ た 。 承 久 の 変 後 、 甲 佐 社 領 は 北 条 氏 の 地 頭 請 所 神 祥 瓶 対 杉 た た 造 発 速 の 代 と な り 、 一 兀 寇 に 際 し て は 、 小 国 満 願 寺 を 建 て て 、 頁 こ 満 々 と 湛 え た 五 色 の 池 は 、 霊 池 と さ れ 、 中 岳 は 国 の 造 内 神 丁 。 、 た け い わ た つ の み こ と 阿 蘇 の 神 ( 健 磐 龍 命 ) と し て あ が め ら れ た 。 そ し 条 一 族 の 時 定 を 小 国 へ 派 遣 し た 。 さ ら に は 、 一 族 を 甲 佐 社 領 ・ 郡 浦 社 領 の 地 頭 に 任 命 し て 、 阿 蘇 荘 支 配 て 、 激 し い 噴 火 や 爆 発 は 神 の 怒 り と し て 怖 れ ら れ 、 霊 池 の 異 変 は た だ ち に 大 宰 府 か ら 都 に 報 じ ら れ 、 朝 を 強 化 し た 。 南 北 朝 時 代 、 足 利 尊 氏 が 庶 家 の 坂 梨 孫 熊 丸 を 大 宮 廷 は 神 の 怒 り を な だ め る た め に 封 一 尸 を 寄 進 し 、 神 階 を 贈 っ た 。 こ う し て 健 磐 龍 命 を 主 神 と す る 阿 蘇 神 社 司 に 任 じ る と 、 恵 良 惟 澄 は 実 力 で 孫 熊 丸 を 倒 し て 阿 が 成 立 し 、 阿 蘇 国 造 の 系 譜 を ひ く 阿 蘇 氏 が 祭 祀 を 司 蘇 一 族 の 惣 領 と な り こ こ に 南 朝 大 宮 司 が 成 立 す る 。 惟 澄 の あ と 、 惟 村 は 北 朝 大 宮 司 と な り 、 惟 武 が 征 西 る よ う に な っ た 。 こ の 地 方 は 古 く は 阿 蘇 国 で あ り 、 ち み 阿 蘇 君 が 国 造 に 任 じ ら れ た 。 手 野 の 大 杉 で 名 高 い 国 府 か ら 大 宮 司 に 任 じ ら れ て 、 南 ・ 北 両 大 宮 司 の 併 立 代 交 造 神 社 、 上 御 倉 ・ 下 御 倉 古 墳 は 阿 蘇 国 造 を 祀 っ た も 時 代 が 一 五 世 紀 半 ば ま で 続 い た 。 宝 徳 三 年 (l 四 ) 北 朝 大 宮 司 惟 忠 の も と に 南 朝 大 宮 司 惟 兼 の 子 惟 歳 が 養 の の で あ る 。 国 子 と し て 迎 え ら れ 、 大 宮 司 職 を 継 承 す る こ と で 一 族 の 阿 蘇 荘 を め ぐ る 勢 力 の 分 裂 が 回 避 さ れ た が 、 さ ら に 文 明 十 七 年 ( 」 し 阿 一 3 蘇 惟 憲 が 大 宮 司 に 就 任 し て 継 承 問 題 は 解 決 し た 。 阿 蘇 氏 は 阿 蘇 神 社 大 宮 司 と し て 社 領 の 経 営 に あ た

天皇権の起源


弟 王 か 継 体 天 皇 の 在 位 は 一 一 十 八 年 安 閑 ・ 宣 化 天 皇 は 実 在 し た そ の 後 の 大 兄 と 男 弟 王 第 四 章 蘇 我 氏 の 専 横 一 仏 教 伝 来 と 蘇 我 氏 大 伴 金 村 の 引 退 と 蘇 我 氏 の 起 こ り 蘇 我 氏 を め ぐ る 百 済 帰 化 人 蘇 我 ・ 物 部 の 崇 仏 論 争 怨 念 に か わ る 崇 仏 論 争 二 蘇 我 政 権 へ の 道 蘇 我 の 血 を う け た 天 皇 の 誕 生 物 部 大 連 の 滅 亡 天 皇 を 弑 す る 馬 子 の 勢 力 三 飛 鳥 仏 教 と 蘇 我 氏 ロ ポ ッ ト と し て 推 古 女 帝 を 擁 立 三 つ の 金 堂 を も っ 法 興 寺 蘇 我 の 私 寺 が 国 家 的 寺 院 に な る 仏 教 興 隆 に 馬 子 の 政 治 理 念 四 法 隆 寺 と 聖 徳 太 子 暦 日 の 異 な る 聖 徳 太 子 の 死 聖 徳 太 子 を 聖 と し た 由 縁 民 衆 の 基 金 に よ る 法 隆 寺 の 創 建 188 173 162 148 147 0

日本書紀はなにを隠してきたか


き ま え ぬ 蘇 我 氏 の 大 王 家 に 対 す る 挑 戦 的 行 為 と し て 、 『 日 本 書 紀 』 編 者 が 蘇 我 父 子 滅 亡 の 必 然 性 を 強 調 す る た め に 配 置 し た 記 事 で あ り 、 か な り の 誇 張 が あ る と さ れ て い る 。 と こ ろ が 、 蘇 我 氏 と 同 様 、 王 権 の 身 内 的 氏 族 、 王 権 の 補 完 的 要 素 だ っ た 藤 原 氏 が 、 不 比 等 を 中 心 に し て 、 天 皇 同 様 の 忌 諱 の 適 用 ( カ バ ネ 史 の 眦 登 へ の 改 称 ) 、 造 墓 の さ い の 皇 太 后 ・ 皇 后 扱 い ( 養 民 司 の 設 置 ) な ど 、 准 皇 族 待 遇 を う け て い る こ と を 思 え ば 、 蘇 我 父 子 の 墓 を 「 大 み か ど は イ 、 ま - 陵 」 「 小 陵 」 、 父 子 の 甘 檮 岡 の 邸 宅 を 「 上 の 宮 門 」 「 谷 の 宮 門 」 と よ ば せ 、 蘇 我 の 子 女 ら を 「 王 子 」 と 称 さ せ た こ と な ど は 、 一 概 に 、 蘇 我 氏 を 故 意 に お と し め よ う と し た 『 日 本 書 紀 』 ? 編 者 の 創 造 の 所 産 と は 考 え ら れ な い 。 実 際 に 蘇 我 氏 に 対 す る 准 王 族 待 遇 が あ っ た こ と を 想 定 の し て よ い か も し れ な い 。 っ あ 『 日 本 書 紀 』 編 者 は 、 蘇 我 氏 へ の 准 王 族 待 遇 に 関 す る 断 片 的 記 録 を 、 巧 妙 に 蘇 我 氏 の 専 横 記 当 事 に 仕 立 て 上 げ た の で は な い だ ろ う か 。 蘇 我 氏 の 歴 史 的 復 権 は 、 大 化 改 新 の 再 評 価 に 加 え 、 こ う し た 蘇 我 氏 の 氏 族 と し て の 特 質 を 正 当 に 評 価 す る こ と に よ っ て 、 は じ め て 可 能 に な る と 改 考 え る も の で あ る 。 大 章 第

まっぷる上海 蘇州・杭州


0 不 思 議 な 伝 説 が 残 る 場 所 が 敷 地 内 に あ る 。 急 な 坂 や 階 段 も あ り 、 ち ょ っ と し た 登 山 気 分 が 味 わ え る を 心 一 〔 0 第 「 黄 色 、 が 印 象 的 な 漢 詩 の 舞 台 の 古 刹 ー 寒 山 寺 ハ ン シ ャ ン ス ー / 寒 山 寺 い 寺 院 , 502 ~ 519 年 ( 天 監 年 間 ) に 建 立 さ れ た 禅 宗 の 古 刹 。 唐 代 の 僧 ・ 寒 山 が 住 ん た 。 こ と か ら 寒 山 寺 と 呼 ば れ る よ う に な っ ! た 。 漢 詩 楓 橋 夜 泊 』 の 舞 台 。 新 寒 山 寺 弄 24 号 0512-6533-6634 圃 7 : OO ~ 17:00 冬 季 7 : 30 ~ 16 : 30 無 休 圏 20 元 ( 鐘 楼 は 別 途 5 元 ) 一 号 線 濱 河 路 駅 か ら 徒 歩 10 分 / 蘇 州 駅 か ら 車 で 20 分 ド ラ マ チ ッ ク な 歴 史 の 世 界 へ 所 開 料 交 紀 元 前 514 年 か ら の 歴 史 を 持 っ 蘇 州 に は 歴 史 フ ァ ン 必 見 の 見 ど こ ろ が 数 多 く 残 る 晦 鐘 毎 大 湖 ト 大 の で に き 。 夜 人 う で の ス 楼 除 く よ が 内 影 っ 鐘 は つ の 列 一 〇 日 を 年 行 〇 石 の 史 跡 名 「 マ ッ ( ) 日 本 で も 有 名 な 漢 詩 ( ) 鐘 は 1 回 っ く と IO 歳 若 返 る と い わ れ て い る 。 「 カ ー ン 」 と 乾 し 、 た 音 が す る 。 詩 人 ・ 張 継 「 楓 橋 夜 泊 」 の 石 碑 は は 楓 橋 で こ の 音 を 聞 き な が ら 詩 を 詠 ん た 必 見 唯 一 現 存 す る 城 門 神 秘 的 な 伝 説 を 持 つ 丘 盤 門 虎 丘 ハ ン メ ン / 冂 フ ウ チ ウ / 虎 丘 蘇 州 城 に 紀 元 前 紀 元 前 、 春 秋 時 代 の 呉 王 ・ 夫 差 が 父 の 508 年 に 築 か れ た め に 築 い た 陵 墓 。 埋 葬 直 後 に 白 い 虎 が 墓 前 に う す く ま っ た と い う 言 い 伝 え た 8 つ の 門 の ひ と つ 。 現 存 す る が あ る 。 丘 の 上 の 塔 ー 門 は 元 代 の 再 建 。 は 961 年 竣 工 。 付 近 の 寺 院 と 橋 、 、 、 門 が 生 み 出 す 光 景 が 風 情 を 誘 う 。 ( ) 美 し い 風 景 か ら 付 近 の 呉 門 橋 、 瑞 光 寺 と と も に 盤 門 三 景 と 呼 ば れ る 冫 ナ も い ハ 7 新 虎 丘 山 門 内 8 号 0512-6723-1305 圃 7 : 30 ~ 18 : 00 ( 11 月 1 日 ~ 4 月 15 日 は ~ 17 : ) 無 休 圏 40 元 ( 4 月 16 日 ~ 10 月 30 日 は 60 元 ) 蘇 州 駅 か ら 車 で 5 分 / 遊 2 路 の バ ス で 虎 丘 山 下 車 www.tigerhill.com の % 1 年 創 建 の 中 国 最 古 の レ ン ガ 塔 。 地 盤 沈 下 で 少 し 傾 斜 し て い る 新 東 大 街 49 号 0512-6526-0004 圃 7 : 30 ~ 1 7 : 30 ( 12 ~ 2 月 は ~ 17 : 00 ) 無 休 圏 40 元 、 瑞 光 塔 は 別 途 6 元 、 英 語 ガ イ ド 60 元 ( 要 予 約 ) 一 号 線 養 育 巷 駅 か ら 徒 歩 12 分 / 蘇 州 駅 か ら 遊 5 路 の バ ス で 20 分 、 盤 門 景 区 北 下 車 、 徒 歩 1 0 分 太 平 天 国 ・ 忠 王 の 住 居 チ ョ ン ワ ン フ ウ / 忠 王 府 み を 培 萼 - づ し 六 、 年 を ハ 西 日 公 ~ を 物 市 秋 要 象 鰤 URL 所 三 国 時 代 の ラ ン ド マ ー ク べ イ タ ー バ オ 工 ン ス ー / 北 塔 振 恩 寺 北 塔 報 恩 寺 呉 の 孫 権 が 母 の 恩 に 報 い る た め に 建 て た 寺 の 境 内 に 建 つ 塔 。 現 在 の 名 は 北 周 時 代 に つ い た 。 8 角 9 層 の 構 造 で 、 最 上 部 ま で は 階 段 で 登 る こ と が で き る 。 ( ) 賑 や か な 観 前 街 に 建 つ 巨 大 寺 院 。 宋 代 以 降 の 立 派 な 建 築 が 建 ち 並 び 、 周 辺 や 裏 手 に は 市 場 や 屋 台 が 出 る 通 り が 入 り 組 ん で い る 「 観 前 街 」 を 見 守 る 道 教 寺 院 玄 妙 観 シ ュ エ ン ミ ヤ オ グ ワ ン / 玄 妙 寺 院 晋 代 に 創 建 さ れ た 道 教 寺 院 。 中 央 の 三 清 殿 に は 道 教 の 至 高 尊 神 で あ る 玉 清 、 上 清 、 太 清 の 三 清 像 が 祀 ら れ て い る 。 観 前 街 94 号 0512-6727-6616 圃 7 : 30 ~ 17 : 1 5 ( 冬 季 は ~ 16 : 45 ) 無 休 圏 10 元 一 号 線 楽 橋 駅 か ら 徒 歩 7 分 / 蘇 州 駅 か ら 車 で 5 分 / 遊 1 路 の バ ス で 観 前 街 下 車 忠 王 府 邸 宅 博 物 館 太 平 天 国 の 乱 の 最 中 、 李 秀 成 が 指 導 本 部 兼 住 宅 と し て 建 て た 大 邸 宅 。 館 内 で は 青 銅 器 や 絹 織 物 を 展 示 し て い る 。 の 建 物 は 1860 年 に 建 て ら れ た も の 。 か っ て は 拙 政 園 の 一 部 た っ た 新 東 北 街 204 号 蘇 州 博 物 館 内 0512-6757-5666 ( 蘇 州 博 物 館 ) 09:00&16:00 月 曜 圏 無 料 蘇 州 駅 か ら 車 で 10 分 / 遊 2 路 の バ ス で 蘇 州 博 物 館 下 車 MAP 付 録 P20 C-I 新 人 民 路 1918 号 0512-6753-1197 圃 7 : 45 ~ 17 : 30 ( 冬 季 は ~ 17 : 00 ) 無 休 圏 25 元 蘇 州 駅 か ら 車 で 5 分 / 遊 1 路 の バ ス で 北 寺 塔 下 車 ( 階 ま で は 南 宋 時 代 に 、 7 ~ 9 階 は 0 黄 色 い 壁 に ぐ る 明 代 に 改 修 さ れ て い る 。 三 国 志 フ ァ り と 囲 ま れ た 境 内 ン な ら せ ひ 最 上 部 ま で 登 り た い 所 ( 開 〇 塔 の 最 上 部 か ら 眺 め た 蘇 州 市 街 地 。 遠 く ま で 見 渡 す こ と が で き る ( ) 往 時 の 会 議 所 に は 干 座 が 置 か れ て い る 108

最新危機管理マニュアル 2008 SUMMER


【 侵 入 盗 】 ( 用 語 ) 空 き 巣 泥 棒 の こ と 。 施 錠 さ れ て い な い 郵 便 受 け か ら 勝 手 に 配 達 物 を 読 ま れ た り 、 表 札 な ど か ら 家 族 構 成 や 生 活 ス タ イ ル を 把 握 さ れ て 、 不 在 時 を 狙 わ れ る こ と が 多 い の で 警 戒 が 必 要 で す 。 不 在 時 に は 、 敷 地 外 か ら は 在 宅 ・ 不 在 が わ か ら な い よ う に 注 意 し 、 夜 間 で は 居 間 の 明 か り を 点 灯 さ せ た り す る 自 衛 手 段 が あ る 。 ま た 家 族 構 成 を 伏 せ る 場 合 、 表 札 に 家 族 構 成 を 書 か な い 、 郵 便 受 け は 施 錠 す る 、 ま た 女 性 の 場 合 は 男 性 と 同 居 し て い る よ う に 装 う ( た だ し 賃 貸 契 約 な ど の 際 、 1 人 暮 ら し の は す な の に 連 名 が あ る と 管 理 人 と ト ラ ブ ル に な る こ と も あ る の で 、 事 前 に そ の 旨 を 伝 え て お い た ほ う が 良 い ) な ど の 対 策 を し た 上 で 、 窓 や 玄 関 ド ア に 防 犯 対 策 を 実 施 す る の が 望 ま し い 。 【 心 肺 蘇 生 法 】 ( 用 語 ) 呼 吸 停 止 、 心 臓 停 止 状 態 の 傷 病 者 に 対 す る 人 工 呼 吸 と 心 臓 マ ッ サ ー ジ の 一 連 の 動 作 。 赤 十 字 社 と 消 防 署 、 免 許 取 得 時 な ど に 講 習 が 受 け ら れ る 。 対 応 方 法 に つ い て は こ こ で は 詳 細 を 省 略 す る が 、 意 識 の 無 い 人 が 倒 れ て い た ら 呼 吸 ・ 出 血 の 有 無 を 確 認 し て す ぐ 1 19 番 通 報 し よ う 。 駅 や 施 設 内 の 場 合 に は 、 職 員 を 大 声 で 呼 び AED を 持 っ て き て も ら お う 。 な お 、 2005 年 に 国 際 ガ イ ド ラ イ ン が 改 定 さ れ こ れ ま で の 心 臓 マ ッ サ ー ジ 1 5 : 人 工 呼 吸 2 か ら 3 0 : 2 に 改 め ら れ て お り 、 現 在 の 講 習 に は 後 者 が 採 用 さ れ て い る 。 ま た 心 肺 蘇 生 法 は 心 肺 停 止 確 認 か ら 3 時 間 52 分 後 に 蘇 生 し た 事 例 が あ る と さ れ 、 交 代 者 や 救 急 隊 員 に 引 き 継 ぐ ま で 継 続 す る 必 要 が あ る 。 ハ ッ キ リ 言 う が も し 交 代 者 が な く 救 急 隊 到 着 ま で 1 人 で 実 施 す る 場 合 は 、 体 力 的 な 負 担 が あ る こ と で 相 当 の 覚 悟 が 必 要 。 も ち ろ ん 、 2 分 以 内 に 蘇 生 を 開 始 す れ ば 生 存 率 は 非 常 に 高 く な る 。 【 ス ー ノ ヾ ー ア ン ビ ュ ラ ス 】 ( 用 語 ) 東 京 消 防 庁 が 保 有 す る 特 殊 救 急 車 の 名 称 。 大 規 模 災 害 や 多 数 傷 病 者 が 発 生 し た 災 害 現 場 に お い て 車 両 ボ デ ィ を 左 右 に 拡 張 展 開 す る こ と で 最 大 40m ' 、 べ ッ ド 8 床 の 救 護 所 と し て 運 用 す る こ と が で き る 。 2008 年 に 発 生 し た 秋 葉 原 無 差 別 殺 傷 事 件 で DMAT と と も に 展 開 さ れ た 。 東 京 消 防 庁 に は こ れ ま で 3 台 の ス ー ノ ヾ ー ア ン ビ ュ ラ ス が 配 備 さ れ 、 1 台 目 は 東 京 消 防 庁 第 八 消 防 方 面 本 部 、 消 防 救 助 機 動 部 隊 ( 立 川 市 ) に 配 備 さ れ 、 地 下 鉄 サ リ ン 事 件 な ど で 出 動 、 2006 年 に 引 退 。 2 台 目 は 、 第 ニ 消 防 方 面 本 部 消 防 救 助 機 動 部 隊 に 配 備 さ れ 2008 年 の 秋 葉 原 連 続 殺 傷 事 件 に 出 動 。 3 台 目 は 、 引 退 し た 1 台 目 の 後 継 と し て 配 備 さ れ 渋 谷 温 泉 施 設 爆 発 事 故 に 出 動 し て い る 。 【 ス ト ー カ ー 】 ( 用 語 ) 特 定 の 人 物 に つ き ま と う 者 を 指 す 。 ネ ッ ト を 介 し て 行 う 者 で あ れ ば 、 ネ ッ ト ス ト ー カ つ き ま と う 行 為 を " ス ト ー カ ー 行 為 " と 言 う 。 一 方 的 な 好 意 や 怨 恨 が 原 因 で 始 ま る が 、 " ス h— カ ー 行 為 等 の 規 等 に る 法 ' に よ り 犯 罪 と 定 め ら れ て い る 。 但 し 、 親 告 罪 の た め 被 害 届 を 出 さ な い と 司 法 機 関 が 動 け な い た め 、 反 復 し て 2 回 以 上 の ス ト ー カ ー 行 為 が あ れ ば 被 害 届 を 出 す こ と で 対 処 で き る 。 【 ス ト ー カ ー 行 為 】 ( 用 語 ) 定 義 さ れ て し 、 る ス ト ー カ ー 行 為 は 次 の 通 り 。 1 . 2. 3. 4. 5. 6. 自 宅 ・ 学 校 ・ 職 場 な ど で の 、 つ き ま と い ・ 待 ち 伏 せ ・ 押 し か け 等 監 視 し て い る と 告 げ る 行 為 面 会 ・ 交 際 の 要 求 乱 暴 な 言 動 ( 生 命 ・ 身 体 ・ 自 由 ・ 名 誉 ・ 財 産 ・ に 危 害 を 加 え る 言 動 が 必 要 ) 無 言 電 話 、 拒 絶 後 の 連 続 し た 電 話 ・ FAX 汚 物 ・ 動 物 の 死 体 な ど の 送 付 93

日本書紀はなにを隠してきたか


で 暗 殺 さ れ た と い う 。 な か の お お え て ん し 入 鹿 暗 殺 を 決 行 し た の は 現 大 王 で あ る 皇 極 女 帝 の 長 子 、 中 大 兄 皇 子 ( 天 智 天 皇 ) と そ の 腹 か ま た り ・ な か と み 心 の 中 臣 ( 藤 原 ) 鎌 足 で あ り 、 か れ ら は 中 国 の 隋 や 唐 の よ う な 中 央 集 権 国 家 を 建 設 す る た め に は 、 王 位 継 承 を 専 断 す る 蘇 我 本 宗 家 の 存 在 を 実 力 で 排 除 す る 必 要 が あ る と し て 決 起 し た と い わ れ て い る 。 若 く し て 英 明 の ほ ま れ 高 く 、 ま た 有 力 な 王 位 継 承 候 補 で も あ っ た 中 大 兄 は 蘇 我 本 宗 家 に 睨 ま れ て も い た 。 座 し て い れ ば 、 山 背 大 兄 王 の よ う に 蘇 我 入 鹿 の 餌 食 と な り 、 滅 ば さ れ て し ま う お そ れ が あ っ た と い う の で あ る 。 だ か 、 こ れ は 事 実 と か な り 異 な る よ う で あ る 。 ま す 、 入 鹿 は 飛 鳥 板 蓋 宮 の 大 極 殿 で 謀 殺 さ れ た と い う が 、 七 世 紀 半 ば の 飛 鳥 板 蓋 宮 に 大 極 殿 に 相 当 す る 建 物 は ま だ 存 在 し な か っ た 。 当 時 は 宮 室 の 南 に 開 い て い る 宮 門 を 入 る と 左 右 に 史 興 朝 堂 が 並 ぶ 朝 庭 が あ り 、 朝 庭 の 北 に あ る 大 門 を く ぐ る と 、 そ こ に 大 王 の 日 常 起 居 空 間 で あ る 族 大 殿 が あ る と い う 構 造 だ っ た 。 王 族 や 有 力 群 臣 を の ぞ く 一 般 の 臣 下 や 外 国 の 使 節 が 入 れ る の 名 は 朝 庭 ま で で 、 大 殿 に 出 入 り で き る 者 は 身 分 的 に 限 ら れ て い た 。 入 鹿 暗 殺 の 現 場 に は 皇 極 女 帝 代 入 鹿 が 当 日 ど の よ う な 名 目 で 招 き 寄 せ ら れ た か は 不 明 だ が 、 章 と 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 呂 ら が い た と い う か ら 、 そ こ は 出 入 り す る 者 が 限 定 さ れ て い た 大 殿 だ っ ル た と 考 え ら れ る 。 入 鹿 は 大 殿 と い う 「 閉 ざ さ れ た 空 間 」 で 突 然 刺 客 た ち に 襲 わ れ 、 一 切 抗 弁 2 引

九州(楽楽 九州 1)


阿 蘇 内 牧 温 泉 い ZENZÖ 社 い を ー を 1 亠 宀 並 奇 り 冫 勿 巡 り あ そ お と ひ め お ん せ ん 阿 蘇 乙 姫 温 泉 湯 ら 癒 ら 館 内 は 山 の 宿 谷 0967-32-5526 谷 0967-32-0821 ら し い 雰 囲 気 円 67A -1 に 満 ち た 造 り 円 67 B-I に な っ て い る 阿 蘇 杵 島 岳 の 麓 、 周 囲 を 木 々 に 囲 ま れ た 離 れ ・ 長 屋 阿 蘇 の 赤 土 を 混 せ た 壁 、 間 接 照 明 を 使 っ た 明 か り 阿 形 式 に な っ て い る 。 浴 槽 は 、 丸 太 を く り 抜 い た 「 命 の 湯 」 や 畳 敷 き の 「 寿 の 湯 」 な ど 多 種 多 彩 だ 。 蘇 と 、 ど こ か 懐 か し さ を 感 じ さ せ る 宿 。 料 理 自 慢 の の 宿 で も あ り 、 囲 炉 裏 を 配 し た 食 事 処 で ヤ マ メ や 肥 朝 」 R 内 牧 駅 か ら 車 て 5 分 吩 1 0 ~ 24 時 ( 受 付 は ~ 23 DATA 時 ) の 不 定 休 朝 貸 切 リ 湯 70 分 1600 円 ~ ( 土 ・ 日 曜 、 後 牛 を 使 っ た 和 洋 折 衷 の 料 理 が 味 わ え る 。 祝 日 は 50 分 ) 040 台 泉 1 泊 2 食 付 1 万 3800 円 ~ 宿 そ ほ う お ん せ ん 蘇 烽 温 泉 朝 」 R 阿 蘇 駅 か ら 産 交 パ ス 内 牧 行 き で 1 1 分 、 ハ ス 停 温 泉 DATA 入 口 下 車 、 徒 歩 1 分 な し (D 16 :[email protected]!DIO: OO 罰 8 室 ゆ う や け ー / 半 露 天 風 呂 20 単 純 温 泉 020 台 谷 0967-67-4126 円 67A -2 栃 木 温 泉 】 お や ま り よ か ん 南 阿 蘇 の 高 台 に あ り 、 大 浴 場 、 貸 切 り 湯 と も に 大 き 小 山 旅 館 く 窓 が と っ て あ る の で 阿 蘇 の 南 外 輪 山 が 一 望 で き る 。 な か で も タ 暮 れ 時 の 美 し さ に は 定 評 が あ る 。 ・ 南 阿 蘇 鉄 道 長 陽 駅 か ら 車 で 5 分 朝 1 2 ~ 20 時 ( 受 DATA 付 は ~ 19 時 ) の 火 曜 ( 祝 日 の 場 合 は 営 業 ) 朝 入 浴 500 円 、 貸 切 り 湯 60 分 1600 円 015 台 つ き ま わ お ん せ ん か ん 月 廻 り 温 泉 館 露 天 風 呂 で は BGM の 滝 の 谷 0967-67-0002 音 が 心 を 和 ま 谷 0967-62-0141 円 67 A-2 せ て く れ る 円 6 / ( -2 阿 蘇 外 輪 山 の 麓 に 位 置 す る 創 業 300 年 以 上 の 老 「 新 ・ く ま も と 百 景 」 に も 選 ば れ た 月 廻 り 公 園 内 に あ 舗 旅 館 。 ロ ヒ ー か ら は 、 落 差 40m の 「 鮎 返 り の 滝 」 り 、 間 近 に 迫 る 根 子 岳 を は じ め 、 ダ イ ナ ミ ッ ク な 阿 と 「 白 糸 の 滝 」 を 眺 め る こ と が で き る 。 四 季 折 々 の 蘇 五 岳 の 眺 め を 堪 能 で き る 。 景 観 と 滝 を 眺 め な が の 湯 浴 み は 開 放 感 抜 群 だ 。 ・ 南 阿 蘇 鉄 道 高 森 駅 か ら 高 森 町 民 バ ス 色 見 環 状 線 高 森 温 泉 館 DATA 経 由 ( 1 日 4 便 ) で 8 分 、 バ ス 停 月 廻 り 公 園 入 口 下 車 、 徒 歩 す ぐ の 1 泊 2 食 付 1 万 6950 円 ~ 10 ~ 20 日 浦 第 2 火 曜 朝 入 浴 58 円 、 貸 切 り 湯 60 分 208 円 0500 台 朝 」 R 立 野 駅 か ら 車 で 5 分 、 あ り e16 ℃ 冖 10 : DATA ー OO 20 室 / 内 湯 2 / 露 天 2 / 貸 切 (C) 炭 酸 水 素 塩 あ そ け ん こ う 阿 蘇 健 康 泉 020 台 火 山 温 泉 0 南 阿 蘇 村 】 谷 0967-67-0001 円 67A -1 展 望 風 呂 や ア ロ マ 湯 、 洞 窟 風 呂 な ど 、 多 彩 な 湯 が 点 在 す る 大 庭 園 露 天 風 呂 。 加 え て 屋 内 大 浴 場 や 、 岩 風 呂 、 ミ ネ ラ ル 湯 な と が あ る 露 天 風 呂 ゾ ー ン も あ る 。 ・ 」 R 赤 水 駅 か ら 車 で 7 分 07 ~ 9 時 、 1 1 ~ 23 時 ( 受 DATÅ 付 は ~ 22 時 ) の 無 休 朝 大 人 1200 円 、 小 人 500 円 ( 変 動 あ リ 、 要 問 合 せ ) ・ 2500 台 敷 地 内 の 水 上 あ そ お ん せ ん 阿 蘇 温 泉 セ ン タ ー 神 楽 殿 は 夜 に 谷 0967-67-4188 ラ イ ト ア ッ プ 阿 蘇 の 湯 円 67 A-2 さ れ る ( 旅 の 宿 谷 0967-32-1521 客 室 は 離 れ 形 式 で 、 す べ て 内 湯 と 半 露 天 風 呂 付 阿 蘇 乃 湯 ) 円 67A -1 き と 、 プ ラ イ ベ ー ト 感 覚 を 大 切 に し た い 人 に は 最 阿 蘇 内 牧 温 泉 街 に 点 在 す る 8 つ の 町 湯 の 一 つ 。 男 女 適 。 料 理 は 個 室 の 食 事 処 で 、 肥 後 牛 や 久 木 野 そ ば と も 広 々 と し た 大 浴 場 に 、 露 天 風 呂 付 き だ 。 ほ か に な ど 、 地 元 の 食 材 を 使 っ た 和 風 懐 石 が 楽 し め る 。 家 族 湯 も 完 備 さ れ て い る 。 1 泊 2 食 付 1 万 8500 円 ~ R 阿 蘇 駅 か ら 産 交 バ ス 内 牧 行 き で 17 分 、 / ヾ ス 停 内 牧 下 DAiA 朝 南 阿 蘇 鉄 道 長 陽 駅 か ら 徒 歩 15 分 あ り ( 要 問 合 せ ) 車 、 徒 歩 10 分 朝 10 ~ 20 時 、 土 曜 、 休 前 日 ~ 16 時 の 第 1 火 曜 DATA e15 : 3 冖 11 : OO 創 O 室 ( す べ て 内 湯 と 半 露 天 付 ( 祝 日 の 場 合 は 翌 日 ) 朝 入 浴 500 円 、 貸 切 り 湯 50 分 1200 円 020 台 き ) 単 純 温 泉 020 台 阿 蘇 市 ア シ ア ン テ ィ ス ト と 和 の 趣 を 融 合 料 金 南 阿 蘇 村 阿 蘇 の 大 自 然 を 実 感 で き る 南 阿 蘇 村 か ざ ん お ん せ ん リ よ か ん 旅 館 み な 和 贅 沢 な 離 れ の 客 室 て 至 福 の 時 を 阿 蘇 市 料 金

九州(楽楽 九州 1)


【 山 岳 】 中 岳 か ら 見 下 ろ し た 中 岳 火 ロ 草 千 里 阿 浜 蘇 の 眺 望 と 光 乗 ・ 馬 を 阿 蘇 山 口 一 プ ウ ェ ー は 見 晴 ら し も 抜 群 と き に は 「 涅 槃 像 」 に 例 え ら れ る ( P170 大 観 峰 参 も が 火 口 縁 に 近 づ き 、 火 口 の 中 ま で 見 ら れ る 実 に 照 ) よ う に 、 眺 め る 場 所 や 角 度 に よ っ て さ ま ざ ま な 珍 し く 貴 重 な 存 在 だ 。 火 口 縁 へ は 、 中 岳 西 麓 の 阿 表 情 を 見 せ る 阿 蘇 山 。 実 は 高 岳 、 中 岳 、 根 子 岳 、 烏 蘇 山 西 駅 と 火 口 西 駅 を 約 4 分 で 結 ぶ 阿 蘇 山 口 一 帽 子 岳 、 杵 島 岳 で 構 成 さ れ る 阿 蘇 五 岳 の 総 称 で 、 プ ウ ェ ー と 、 東 麓 の 仙 酔 峡 ( 阿 蘇 山 東 ) 駅 と 火 口 東 阿 蘇 山 と い う 名 の 山 は 存 在 し な い 。 こ の 五 岳 の 中 駅 を 約 9 分 で 結 ぶ 仙 酔 峡 ロ ー プ ウ ェ イ ( P168 仙 酔 心 で 今 も 活 動 を 続 け る 中 岳 は 、 ロ ー プ ウ ェ イ で 誰 峡 参 照 ) の 2 ル ー ト が あ る 。 阿 蘇 山 口 一 プ ウ ェ ー 谷 0967 ー 34 ー 0411 ノ ヾ ス 停 阿 蘇 山 西 駅 か ら 徒 歩 す ぐ 朝 8 時 30 分 ~ 17 時 ( 12 月 ~ 4 月 上 旬 は 9 時 ~ ) ※ 上 り 最 終 便 16 時 25 分 の 無 休 ( 火 山 規 制 時 は 運 休 ) 朝 片 道 600 円 、 往 復 1000 円 0250 台 小 国 へ イ . ・ . 美 寿 ; 、 湯 市 向 蘇 ボ テ ル ー 番 館 ル ・ バ テ ィ オ 牧 ・ / ー - 阿 蘇 ・ ま フ り メ イ ン 場 農 村 パ キ ン グ ス ト ラ 72 風 旅 館 金 時 21 乃 阿 蘇 温 泉 セ ン タ ー 阿 蘇 の 湯 あ か 牛 料 理 専 門 店 テ ル 望 蘇 閣 家 れ す と ら ん 田 子 山 阿 蘇 瘟 泉 、 、 、 町 湯 - -Y ZE 庭 旅 館 鵬 Bake 阿 蘇 ネ ャ ラ 、 、 p. 角 萬 蘇 市 Genki)p. 173 民 宿 舎 阿 蘇 阿 蘇 阿 蘇 市 役 所 0 、 \ \ 阿 蘇 の 司 ビ ラ ヾ バ 、 ク ホ テ ル 菓 心 な か む ら リ ゾ ト ホ ル - 、 〕 2173 阿 蘇 小 町 ガ ェ 217 阿 蘇 姫 温 泉 湯 う 癒 ら 大 175 い い の 翩 地 津 阿 白 雲 山 御 宿 小 笠 原 町 み 永 駅 前 ノ 川 - 、 あ そ 路 p. ⅲ ム 阿 蘇 カ ド ・ ト ミ オ ン 水 温 皋 阿 蘇 高 . 、 テ ル . 69 阿 蘇 リ 、 ト グ ラ ン ヴ ィ リ オ ホ 、 テ レ 阿 蘇 赤 阿 蘇 健 康 火 山 温 泉 米 塚 阿 蘇 お さ る の 廴 ) △ 1238 尸 .1 磁 猿 ま わ し 劇 場 第 7 ア ー ム ? ン を 葉 祥 明 阿 蘇 高 原 。 訂 , 山 酔 峡 也 p. 172 味 工 房 ナ ウ シ ガ ロ ー プ ウ ェ イ を 本 美 術 館 博 千 蘇 火 山 博 館 、 、 - 根 子 岳 南 阿 蘇 P の ん び り 村 中 岳 火 口 p. 1 ? 1 、 . 彎 物 里 9 一 △ 1433 阿 蘇 焼 窯 元 7 ー - , 4.1592 の 温 泉 璽 阿 - ・ ・ を = , " = イ , 、 0 、 中 岳 一 高 岳 四 季 見 茶 家 p. 1 乃 阿 蘇 髮 。 、 Q.* ・ 1500 温 泉 小 山 旅 館 p. 1 乃 蘇 砂 千 里 阿 蘇 山 口 一 プ ウ ェ 鬲 森 田 楽 保 存 会 p. 173 西 阿 蘇 山 公 園 道 路 0 朝 陽 。 泉 旅 照 、 ホ ル 阿 蘇 高 森 倶 、 p. 17 ノ ・ 垂 玉 泉 ・ ′ 駅 、 、 異 当 ) 碑 ! 。 南 阿 蘇 、 、 高 森 町 蘇 村 長 陽 庁 蜂 温 泉 上 色 見 融 協 前 、 、 バ バ 展 第 俵 山 展 望 、 ゆ う 卸 九 。 、 禽 森 温 泉 館 高 森 瘟 泉 館 色 見 熊 野 地 獄 温 泉 清 風 荘 p. 174 阿 蘇 白 水 温 泉 瑠 璃 p 擺 休 暇 村 南 阿 蘇 p. 1 乃 旅 館 み 和 曾 フ フ グ フ 珈 琲 と 骨 董 の 店 阿 蘇 白 水 郷 美 術 館 加 0 ー 月 廻 り 温 泉 館 査 7 ー 俵 山 △ 山 の 明 神 そ ば 月 廻 り 公 園 ダ ル 1095 21 ー ド ギ ャ ラ リ ー 、 南 阿 蘇 水 生 ま れ る 日 祖 母 神 社 火 琲 風 の 音 原 ホ テ ル 0 一 白 水 高 原 P. 169 山 野 草 料 理 花 門 叩 7 和 風 旅 館 高 森 品 温 泉 蘇 見 晴 芦 、 ・ 阿 蘇 高 湧 水 ト ン ル 公 朝 p. 176 ル / - P ・ 174 華 も じ 手 打 ち そ は ・ そ ば ~ 1154 △ ル 夢 し ず く あ か 牛 の 館 ハ ヶ 岳 蘇 庵 実 原 村 フ ェ あ そ さ ん 阿 蘇 山 今 も 噴 煙 を 吐 く 熊 本 の シ ン ホ ル 谷 0967-32-1960 ( 阿 蘇 イ ン フ ォ メ - シ ョ ン セ ン タ ー ) 円 6 / B-2 5 月 こ ろ に は 仙 酔 峡 一 帯 に ミ ヤ マ キ リ シ マ カ 鮮 や か に 咲 く DATA 阿 蘇 菊 池 市 ロ 波 野 0 ー J 日 豊 自 巴 本 線 波 野 。 / ( 阿 蘇 高 原 線 ) 美 術 館 p. 1 阿 蘇 山 / 後 竹 田 へ 箱 石 峠 2175 2167 21 月 P. 171 0 0

日本書紀はなにを隠してきたか


当 時 の 宮 廷 に お い て 韓 人 と よ ば れ て 建 内 宿 禰 ー 蘇 我 石 川 宿 禰 ー 満 智 ー 韓 子 ー 高 麗 い た 可 能 性 の あ る 人 物 、 そ れ は 、 入 鹿 暗 殺 の 現 場 に 居 合 わ せ 、 そ し て 現 に 、 こ の 稲 目 馬 蝦 夷 ー ー 入 鹿 孝 徳 天 皇 暗 殺 に 一 役 買 っ た と い わ れ て い る 人 物 に 摩 理 勢 乳 娘 ま か な ら な い 。 名 を 蘇 我 倉 山 田 石 川 麻 呂 、 雄 正 麻 呂 遠 智 娘 と い う 。 蘇 我 蝦 夷 ・ 入 鹿 父 子 の 蘇 我 本 宗 ( 当 ) 図 中 大 兄 皇 子 家 か ら 見 れ ば 、 数 多 い 蘇 我 分 家 の ひ と っ 系 氏 姪 娘 の 長 に す ぎ な い 。 蝦 夷 に は 甥 、 入 鹿 に は 法 提 郎 媛 我 〒 ー ー 古 人 大 兄 皇 子 い と こ に 当 た る 。 舒 明 天 皇 図 麻 呂 の 家 系 は 蘇 我 倉 家 と よ ば れ 、 麻 お ま き 呂 の ハ 雄 当 ( 雄 正 ) 以 来 、 蘇 我 氏 の な か で も 宮 廷 の 倉 の 出 納 ・ 管 理 を 職 掌 と し て き た 家 柄 だ っ た 。 蘇 我 本 宗 家 や そ の 分 家 の 多 く が の ち の 大 和 国 高 市 郡 に 本 拠 を か ま え て い た の に 対 し 、 麻 呂 の 家 は そ こ か ら は な れ た 、 の ち の 河 内 国 石 川 郡 に 本 拠 を 営 ん で い た 。 麻 呂 の 通 称 に ふ く ま れ る 山 田 ・ 石 川 は 河 内 石 川 地 方 の 地 名 だ っ た 。 倉 の 出 納 ・ 管 理 を 父 か ら 引 き 継 い だ 麻 呂 の 代 、 す な わ ち 舒 明 ・ 皇 極 両 天 皇 の 頃 に 、 こ の 地 方 が 蘇 我 倉 家 の 本 拠 地 と し て 占 拠 さ れ て い っ た こ と が 窺 え る 。 0