検索 - みる会図書館

全データから 13429件見つかりました。
コミック ボーア&ハイゼンベルク

第章 量子力学の完成

コミック ボーア&ハイゼンベルク

世紀の物理学・量子力学はどのように作られたのか ? 国籍を越えた科学者たちの協力と対立など 人間ドラマに迫ります。

コミック ボーア&ハイゼンベルク

MARUZEN COMICS まイゼンベルク 量子力学の創始者たち 監修・渡辺正雄 朝中川佳昭 作画

木田元の最終講義 : 反哲学としての哲学

力学主義的物理学 現象学的物理学 感性的要素一元論 ホーリズム 全体論 現象学的物理学とエネルゲティーク マッハとアインシュタイン 進化論的認識論 マッハとニーチェ 思考経済説 マッハ主義 ウィーン学団 ウイトゲンシュタインの〈現象学〉 ホ 1 フマンスタール ムージル マッハとヴァレリー 〈現象学〉の意味 115 104 101 99 97 94 91 88 87 85 8 ろ 80 78 76 75 74

コミック ボーア&ハイゼンベルク

ョ『ポーア & ハイゼンベルク』 ( 量子力学の創始者たち ) プロローグ ハインベルクの丘 第量章新しい潮流 第 2 章初期量子論の時代 第、章量子力学の完成 目次 707

コミック ボーア&ハイゼンベルク

力学にもとづく 素粒子物理学よ 物質の根源や あらゆる力の本質を 解きあかそうとして、 0 起源を解明 にも役立 0 ( , こ耐 : に

木田元の最終講義 : 反哲学としての哲学

わすことができ、ある物質の位置と運動量が与えられれば、無限小時間を隔てた 次の瞬間のその物質の位置と運動量は因果必然的に一義的に決定されます。すべ て ての自然現象は、こうした絶対的な時空間内での質点の運動に還元されてはじめ て説明されたことになるのです。これが〈力学的自然観〉と呼ばれるもので、一 九世紀の半ば以降ヨーロッパの物理学界は、熱現象や電磁気現象をすべて力学的 マ 過程に還元しようと大わらわになりました。ということは、熱力学や電磁気学、 ス光学といった物理学的諸学科をすべて力学に従属させようとすることであり、こ れが〈力学主義的物理学〉と呼ばれるものです。そして、これは同時に、直接知 工 学覚しえない絶対的時空間内での質点の運動からなる力学的世界こそが窮極の実在 けいじじよう であり、われわれの経験に与えられる熱現象、電磁気現象は、そうした形而上学 学 的実在のわれわれにとっての現われ、現象にすぎないと見ることです。 演 講 現象学的物理学 終 最 こうした力学主義的な考え方に対して、マッハは〈原因〉だの〈結果〉だのと う概念はア = ミスティックな思考の名残りだし、〈絶対空間〉〈絶対時間〉、現

コミック ボーア&ハイゼンベルク

ーⅧ 一ー 4 リ ー↓ー川お 一はⅡヂ . ー ・】ー一守 92 丁年 3 月 ~ ー ~ 導ンバーゲン大学 箋理論物理学研究所 旧 0 田囲竊 田新 圉田圏 クイ「をこに . ・ .1 イ 先生′・ おめでとう ございます ワラーマース クラーマース ( 1894 ~ 1952 ) 。オランダの物理学者。ボ、一アの協力者。光の 分散理論など量子力学の先駆をなす研究をする。

湯川秀樹&朝永振一郎 : 二つのノーベル物理学賞 コミック

戸のを第当第 4 第 近年の物理学界は 大きな変革の時を 迎えよ , フとして おります ハウリ ( ー 1958 ) 。スイスの理論物理学者。排他原理などを発見。 量子物理学が 誕生して余年 昔今ノ學理物 ロロロ 0 崎 ハイゼンベルクや シュレーディンガーの 新たな論文の発表は 今後の物理学に 多大なる影響を 与えることは 間違いありません / ドイツの理論物理学者。行列力学、不確定 ハイゼンベルク ( 1901 ~ 1976 ) 。 41 性原理などを発見。量子力学の基礎を確立した。

コミック ボーア&ハイゼンベルク

ヨ MARUZEN C 0 M ー C S ボーア & ハイゼンベルク 量子力学の創始者たち 監修・渡辺正雄 ①石川宏 0 中川佳昭